つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『それでも人を愛する犬』

まゆです。こんにちは。

日記がまだアップデートされていませんが・・・緊急でみなさまにお知らせ、お願いしたいことがあり、しばらくこの記事をブログのトップに置かせていただきます。よろしくお願いします。
通常の日記は順次アップしていますので、お手数ですがスクロールしてひとつ下の記事をご覧ください。

既にご存知の方も多いと思いますが、リュウを保護してくださった「幸せの703号室」のハハさまが、このたび本を出版されました。
『それでも人を愛する犬』というタイトルで、これまでに保護してきた犬たちの話です。
さて、この本の表紙の犬、ご覧になったこと、ありませんか?
そうなんです。実はこの本の表紙、リュウなんです!

090529-0

ハハさまが土手の犬たちの保護活動を始めたきっかけがリュウだったということで、本の中にももちろんリュウが出てきます。
先日小金井公園へ行ってプロのカメラマンさんに撮っていただいた写真も、いくつか中で使われています。

私は夕べ一気に読み終えたのですが、削ぎ落とした文章の行間にハハさまの思いがギュ―っと詰まっていて、淡々と書かれているにも関わらずボロボロと泣きながら読んでいました。
それはかわいそうだった頃の犬たちの境遇を読んだからとか、そういうこともあるとは思うのですが、ひとりのごくごく平凡な女性が、自分の今いる場所を認識し、奮起してそこから自分の本当の人生を手に入れていく過程で、しなやかに物事や人の言葉を受け止めるさまに感動した、というのが本当のところです。

単なる犬猫本ではない、読んだ人がそれぞれの立場で何かしら前向きなものを掴めるような、そんな本に仕上がっていると思います。
心からお勧めします!

これからも長く、大勢の方に読んでいただきたいと思っています。
初版本の売れ行きがいいと増刷になり、そうするとずっと長く売られるようになるそうです。
どうぞ、皆さまの大切な方々へもご紹介いただければ嬉しいです。
きっと読んだ方の心に、素敵な何かが残るに違いありません。

大きな本屋さんでないと置いてない可能性があります。
ネットでの購入に抵抗のない方は、こちらからどうぞ。

『それでも人を愛する犬』
http://www.amazon.co.jp/dp/4062154242/

お近くの本屋さんで取り寄せてくださる方は以下の情報を本屋さんにお伝えください。

『それでも人を愛する犬』
田辺アンニイ著/講談社刊/ISBN978-4-06-215424-6

どうぞよろしくお願いいたします。


「ボクもいっぱいでてくるよ!よんでくださいね!!!」
090529-00



2009.05.29








スポンサーサイト
  1. 2009/06/30(火) 23:59:28|
  2. お願い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。