つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年6月24日 夕方~夜

しつけ

夕方のお散歩に行くよ、とリュウに言うと、

リュウはいつものようにボールを捜して
080624-19


くわえて持ってきました。

「お散歩、うれしいな♪」
080624-20


リュウは、本当にお散歩が大好きだよね。
今日は朝からずっとお天気がよくて、お散歩も、とっても気持ちがいいね。

いつもの遊歩道で。
080624-21


歩いていたら、ワンタくん公園で会う、ハスキーのユウちゃんと会いました。
これから大きい公園へ行くそう。「リュウちゃん、一緒に行きましょう」と、ユウちゃんママに言われ、一緒に行くことにしました。

リュウも、ユウちゃんと歩くのはこれで2回目だから、少しは慣れたかな?

「うん♪ボク、ユウちゃん、すきだよ」
080624-22


公園の入口で、黒ラブのラブちゃんに会いました。
後ろの脚を怪我してしまって、ようやくこの公園まで歩けるようになったのだそうです。
とっても人懐こくて、私にもすぐにご挨拶してくれました。

リュウは、ほんの少しはにかんでいました。
080624-23


さて、公園の原っぱの中に入って行くと、ユウちゃんのお友達わんこたちが、既に集まっていました。
リュウは最初、その頭数の多さにびびってしまっていたのですが、それでも恐る恐る近寄って、輪の中に入ることができました。

ほら。ワンタくん公園で会ったお友達。
080624-24


お互い覚えているのか、すんなりとご挨拶。

この子はまいちゃん。
080624-25


1年半ほど前に、全然目が見えないまいちゃんを、パパさんが引き取ったそうです。
まいちゃん、お散歩中にすれ違ったわんこに、背中を噛まれてしまって、痛々しい傷跡がありました。
早くよくなるといいね。

リュウも、優しいまいちゃんのことは、すぐに気に入ったようで、このあとも何度もまいちゃんのそばへ行っていました。

フレンチブルドッグのサンちゃんのパパさんが、「リュウくん、おいで」と優しく声を掛けてくれたのですが、

最初はあまり近寄れなかったリュウ。
080624-26


でも、撫でてもらっているあいだに、

徐々に、徐々に近寄ることができて、
080624-27


しまいには、ちゅーするまでに。

「サンちゃんのパパさん~、やさしいからすきだ~heart03
080624-28


シンちゃんとシンちゃんのパパさん。それから、後から登場するトウェルちゃん。
シンちゃんのパパさんは「シンは全然愛想がなくって、ごめんね」なんておっしゃってました。

080624-29


そのうち、リュウも段々慣れてきて、みなさんに自分からご挨拶に行ったり。
すごい進歩だねえ。


080624-30


しばらく一緒に過ごしてから、ボール遊びをしました。
リュウはボールをくわえたら放さず、どこまでもくわえて歩いていました。

「ボクのだいじなボールだもん」
080624-31


そして、時々自分で投げて遊んだり。
080624-32


しばらく遊んで、そろそろ帰ろうと出口に向かったら、トウェルちゃんがママとやってきました。
12月12日生まれだから、「トウェルヴ」の「ヴ」を取って、「トウェル」という名前にしたんだそうです。
リュウも珍しく自分から挨拶に行っていました。

「はじめまして」
080624-33


トウェルちゃんも、静かにご挨拶してくれたのですが、ママさんが言うには、以前は初めて会うわんこや、相性の悪いわんこには、ワンワンと猛烈に吠えてしまって、本当に困り果てていたのだそうです。
どうしよう・・・と途方に暮れ、いろいろ調べて、テレビチャンピオンで優勝もした森田誠さんの犬のしつけの本を買って、それに従ってしつけをしたんですって。
今では、そんなにワンワン吠える子だったなんて、信じられないほどのいい子でしたよ。

森田さんのしつけの方法は、犬の本能のうち、
獲物を獲得しようとする【狩猟本能の心理】ではなく、
群れの上下関係の中で上位の者に従いたいという【服従性の心理】を利用して、
人間との間に上下関係と信頼関係を築き、犬の感情を人間の愛情で受け止めて、包み込むことによって、飼い主の愛情に従う喜びを育む犬に育てる方法なのだそうです。

ママさんとトウェルちゃんと、悩みながらがんばって1年半、ようやくここまでになった、と話してくださいました。
リュウは、特に問題行動と言うほどのことはなく、まあ強いて言えば、人見知りや犬見知りが激しいのと、我慢をしたあとに嬉しいことがあると、突然ガウガウしてしまうくらいのことだけれど、しつけということ以前に、私はリュウのことや、そもそも犬という動物がどんな生き物であるかということを、もっと知りたいと思っています。
いろいろなしつけの本などもあるけれど、幅広い目で選ばないと大変なことになりそう。
今日は、トウェルちゃんとトウェルちゃんママさんに、大切なことを学ばせていただきました。
ありがとうございます。

撮影ボイコット犬にしては珍しく、ニコニコ笑顔のリュウ。
080624-34


楽しくも有意義なお散歩でした。
リュウのお陰で、いろいろな人や犬たちと出会って、今まで全然知らなかったことを知るきっかけをいただいたりして、どんどん世界が広がっていく気がするよ。
リュウ、どうもありがとう。

お散歩から帰ってくると、リュウがまたリビングのドアに張り付いて、ブンブンと尻尾を振り回していました。

つよさん、帰ってきた?

「つよさん、帰ってきたです」
080624-35


う~ん、でも全然来ないね。間違いじゃない?

「そんなことありません。つよさんです!」
080624-36


そうしたら、しばらくして、本当につよさんが帰ってきました。

「わーい、わーい。ほら、ほんとでしょ?」
080624-37


ほんとだねぇ。
リュウのその能力には、どうしても太刀打ちできないわ(笑)
人間は偉そうにしてるけど、動物が優れていることだって、いっぱいあるよね。

「ふわぁ~!」
086024-38


ね。ただそこにいるだけで、人を和ませるところとか、ね。

私も、いっぱい勉強しよう。
種別の違いはあっても、きっと心と心は通じるって思うから。
本当にこれから修行だわ!



スポンサーサイト
  1. 2008/06/24(火) 23:32:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年6月24日 朝~夕方

修行の序章

まゆです。こんにちは。

「おはよございます」
080624-1


今朝も、いつものようにお散歩から始まりました。
今日は珍しく、遊歩道の途中にある原っぱの中へ。
前回入ったときより、草の丈が長くなっていました。

ここは、クローバーがいっぱい。
四葉のクローバー、見つかるかな?

「う~ん、見当たらないな~」
080624-2


そんなこと言って~。
リュウが探しているのは、オンナの子の匂いとか、いい匂い(臭い匂い?)とかでしょ(笑)

そのまま、素直に大きい公園へやってきました。
大きい公園も、草が伸びてすごいことになっていたのですが、半分くらいのスペースの草が刈られていました。

080624-3


リュウは、他の犬がいる方向へは行こうとしませんでした。

「ボク、あっちはイヤ!」
080624-4


そして、ひとりで草の匂いを嗅いで楽しんでいました。

「ボクは、こういう静かなのが好きなんだ」
080624-5


今日はね、でしょ?

「うん。今日は」
080624-6


こちら側はまだ、草を刈り取られていないので、足が埋まってますね。

いつもの帰り道も、街の匂いを楽しみながら歩いたリュウ。

「クンクン、クンクン」
080624-7


ゆっくり歩いて、小一時間のお散歩タイムです。

マンションまで戻ってきました。
080624-8


リュウの写真撮影ボイコットはまだ続いていて、どんな感じかと言うと

「ふ~んだっ!」
080624-9


「ふ~んだっムカッ
080624-10


そして、ようやくこちらを向いてくれたので、チャンス!と思ってシャッターを切ると

あらら・・・
080624-11


と、まあこんな具合汗

帰ってきて、ごはんを作っていたら、匂いにつられたのか、リュウがキッチンを覗きにきました。

「ごはんが待ちどおしいよ」
080624-12


それ、ほんとう~?
その割には、最後にひと口、いっつも残すじゃない。

そうなんです。どうしてでしょう?
ひと口ダイエットでもしているの?
でも、私が手ですくって食べさせると食べるから、ダイエットじゃないよね汗
それに、食べるってことは、お腹がいっぱいっていうことでもないし、まずいってことでもないよね・・・
なんでかな~。原因究明しなくちゃ。

私は仕事タイムに突入。
リュウも一緒に納戸な仕事部屋で寝そべっていました。

で・・・でも、椅子の真後ろって、危ないよ~!大丈夫?
080624-13


「ここがきもちいいんです」
080624-14


あらら、そうなの・・・
不用意に椅子を動かしちゃいけません、ってことね。気をつけなくっちゃ。

でも、そのうち、自分からクッションに移動していました。

そして、スヤスヤ。
080624-15


午後は、気づいたらそっと納戸な仕事部屋を出て、ひとりで和室に行ったもよう。
覗いたら、静かに横になっていました。

080624-16


お~!完全に親離れかしら?ひとり行動ができるなんて。

な~んて言っていたら、また戻ってきちゃいました汗

「まゆさんのために、戻ってきてあげました」
080624-17


あ、あら、そう・・・
まあ、確かに、いつもいるリュウが横にいないのは、ちと淋しい感じはしてたけど。
見破られてたか~!

そうこうしていたら、宅急便のお兄さんが来て、本を届けてくれました。
リュウには、毎日手作りごはんをあげているのですが、遅まきながら、ちょっと勉強してみようと、
須崎先生の本を2冊購入。

「おいしいごはん、作ってね」
080624-18


うん。がんばるわ。
おいしいだけじゃなくて、リュウがいつまでも元気で過ごせるようなごはんを作るからね!
これから、まだまだ修行がいっぱいあるのよ。

そう、これは修行の、ほんの序章だということが、これから判明するのでした・・・


  1. 2008/06/24(火) 17:32:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。