つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年6月29日 夜

リュウ、固まる

今日で4日連続のお留守番という、今までにない試練のリュウだったのですが、今日はつよさんが早い時間に帰ってくると言っていたので、安心して出掛けました。

でも、それにしてもお昼過ぎには帰ってくるようなことを言っていたハズなのだけれど、私が予定より少し遅く、1時半に出掛けるときには、まだ帰宅していなかったので、ちょっと気にはなっていたんです。

それで、夕方過ぎた頃につよさんに電話をしてみたのですが、一向に出ません。すぐに留守電になってしまいます。これは怪しい・・・
だいぶ経って、ようやくつよさんから電話がかかってきました。聞けば、まだ仕事中というではありませんか。

な、なんてことっ!ムカッ

予定が変わったんなら、その時点で連絡してよねっ!と心の中では思い切り叫びながらも、ここはオフィス、努めて冷静を装い、でもちょっと怖さも漂わせつつ静かな口調で言うと、
「ごめん・・・仕事に集中していて、忘れてた・・・」

その時点で既に夜の8時近く、私は明日が締め切りだというのに、ようやく光が見えてきたかしら、という程度の進み具合、まだまだかかりそうですし、もう投げ出しては帰れません。
もう、つよさんか私が帰るまで、リュウがいい子で、何事もなく無事でいてくれることを祈るしかありません。

ようやくオフィスを出たのが9時10分過ぎ。すぐにつよさんに電話をかけました。
「あ、ちょうど今帰ってきたところ」とつよさん。でも、まだマンションの玄関にいたらしく、リュウがどうしているのかはわからない、と。
まずはお腹をすかせていると思うから、ごはんだけはすぐにあげて、とお願いしたところで、ホームに電車が入ってきました。
あとはつよさんに任せて、電話を切り、私はすぐに来た電車に飛び乗りました。

大急ぎで帰ると、リュウはごはんも食べ終わり、リビングのクッションの上で、ボールを抱えて遊んでいました。
080629-14


「あれ?まゆさん、かえってたの?」
080629-15


リュウ~!
今日は結局8時間近くもお留守番させちゃったよ・・・ごめんね。
今までで、一番過酷なお留守番になっちゃったよね。

「ん?そんな話?ボク、今ね、ちょっと忙しいんだ~」
080629-16


ごはんはあっという間に食べてくれたそうで、家の中を荒らしたりもしておらず、「いい子にしてたみたいだよ」とつよさん。
ああぁ、いつもながら、リュウに感謝です。

私がごはんを食べているあいだ、つよさんはリュウのクッションの上で、一緒に寝そべっていました。
毛だらけになるよ・・・と言おうとしたけれど、まあいいか、と思い直して言うのをやめました。

つよさんと仲良しだね、リュウ

「うん、ボク、つよさんと大の仲良しだよ!」
080<br />629-17


「つよさん~ハート(赤)
080629-18


「エヘヘ!つよさんに、ちゅーしちゃった♪」
080629-19


心なしか、照れくさそうです。
まるで女の子にでもなって、「あたしのつよさん♪」なんて言ってるみたいな。

つよさんにちゅーをしたら、いきなり何かのスイッチが入ってしまったらしく、リュウは突然起き上がって、かじっていたボールを追いかけてひとりで遊び始めてしまいました。

くわえたボールを投げようとしている瞬間
080629-20


そうやってしばらく遊んでいるリュウに、つよさんが「よし、じゃあ、今夜は俺が散歩に行こうかな。おい、リュウ、散歩に行くぞ」と誘ってくれました。

ニッコニコでお散歩に出掛けたリュウ
080629-21


行ってらっしゃい~!
「つよさんとお散歩、嬉しいです~!」
080629-22


のハズが・・・

なぜか、1分も経たないうちに戻ってきてしまいました。

「ボク、なんか忘れ物したみたい」
080629-23


忘れ物?してないよ。早く行っておいで。

また出掛けました。
・・・が、すぐにまた戻ってきました。

「キミがいないと嫌だってさっ」と、少々面白くなさげにつよさん。
「え~!なんでなんで?早く行ってきてよ~。今日は夕方のお散歩してないんだから、うんぴーもおしっこも我慢してるんだよ。かわいそうだよ」
「でも、一歩も動かないんだもん。嫌だって」

リュウ・・・

つよさんがもう一度「お散歩行くぞ」と言ったのですが・・・

「まゆさんが行かなくちゃ嫌だ!」
080629-24


リュウ、お散歩に行きたくないの?
それとも、つよさんが嫌い?

「ううん、ううん!そんなこと、ないよっ!!!」
080629-25


そうなの?でも、つよさんとお散歩に行くのは嫌なんでしょ?

「ボク、つよさんのこと、大好きだよ・・・」
080629-26


その後、リュウは口をパカっと開けたまま、キョトンとした表情で、つよさんと私の顔を代わる代わる見ていたかと思うと、その表情のまま、じっと固まってしまいました。

「ボク、なんだかわからなくなっちゃった・・・」
080629-27


・・・5分後

080629-28


ま~だ固まってるよ!
わけがわからないのは私たちの方でしたが、仕方ない、今日も夜更かしだ!リュウ、散歩に行くよ!と、私が散歩に連れ出したのでした。

う~ん。なんだったんだろ・・・






スポンサーサイト
  1. 2008/06/29(日) 23:37:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2008年6月29日 朝から午後

神様に一番近い存在

まゆです。こんにちは。

朝起きると、必ず身体をブルブル振るリュウ。今日もさっそくやっていました。

「こうやると、目が覚めるよ!」
080629-1


でも、早起きのリュウはとっくに目なんか覚ましてます。
さあ、お散歩!リュウの一番の楽しみだもんね!
早く行こう!

今日は雨だけれど、めげずに傘と長靴の雨仕様で出かけました。

いつもの遊歩道。
雨のせいか、誰もおらず、ひっそりしています。
080629-2


小さい公園に行くと、ここもリュウの独り占め・・・と思っていたら、先客がいましたよ。

ベルちゃん、自転車で来たそうです。
080629-3


リュウが珍しく自分から近寄って行ったのですが、う~ん、どこかでお会いしたような?
と思っていたら、やはりそうでした!
3~4日前の夕方に、ワンタくん公園に行ったときに会ったわんちゃん。
あのときはお嬢さんが連れてらしたんだわ。
今日はママさんが一緒で、リュウのことをいっぱい撫でてくださいました。

ベルちゃんもシャイな子らしいのですが、シャイな者同士わかるみたい。
類は友を呼ぶっていうけれど、犬の世界でもそうなのかも・・・
リュウを見ていて、最近、とみにそう感じるようになりました。

さて、とっても大人しく、人見知りなベルちゃんですが、水が大好きだそうで。
小さい公園には人口の池があるのですが、そこに入りたがって仕方ないので、ママさん、ついに根負けして中で遊ばせていました。

この池はなみなみと水が張られているときもあるのですが、空っぽのときもあり、今日は水深5~10センチ程度の浅さ。淵がゆるくせりあがっているので、足だけちょこっと水に入れたりもできます。

でも、ベルちゃんはこの中に入って、バシャバシャとはしゃいでいました。
リュウはそんなベルちゃんを、呆然と見つめていました。

「ベ、ベルちゃん、すごいな~!」
080629-4


ベルちゃんとさよならしたあと、リュウもこっそり挑戦してみました。
階段を下りて、池の中に入っていきました。
でも、ベルちゃんのように、水の中にジャボジャボは入っていかれないみたい。

「ボク、ここより向こうはこわいな」
080629-5


何度もこの顔で私を見上げるので笑ってしまいました。

雨のせいか、うんぴーもせずに、早々に散歩を終了しようとするリュウに、他の公園などを誘ってみたのですが、帰るの一点張り。仕方ないので用を足さずに帰ってきました。

玄関でタオルドライをして、足の裏をきれいにして、ようやく中に入れてもらえました。
リュウは脚が長いそうで、お腹のあたりは多少濡れますが、それほどでもありません。
それだけでもありがたいのかも。そんな気がします。

ようやく、ひと息ついてくつろいだリュウ。
080629-6


しかしながら、私は今日は戦争です。
今日は日曜日ですが、木曜日に途中で放り出した仕事の続きをやるために、海岸オフィスへ行かねばなりません。
それ以外にも、他の仕事もあるので、家のことをやったり、家での仕事をやったり、出掛けるまでの間、せわしなく動いていました。

あ~、お腹すいた!
朝ごはんを食べるのも忘れてたわ!

というわけで、バナナを食べることに。
ダイエット・・・ええ、私にはとぉっても必要です。
そして、先日、わざわざ実家の母から電話があり、バナナダイエットというのがあるそうよ、と言われたのですが、そういうわけでもなく。
目の前にバナナがあったから(笑)

リュウにもちょこっと分けてあげました。

「ボク、バナナは好きだよハート
080629-7


知ってるよー。
リュウは甘いものが好きだもんね。

もっと欲しそうにしていたし、私も食べたかったけれど、バナナは1本しかなく、これでおしまい。
とにかく仕事しろって、神様が叫んでるよ・・・頑張ります・・・

リュウは、そのうち寝てしまいました。
080629-8


アタフタと仕事をしていても、ふと横を見ると、こんな天使のような安らかな寝顔があって、思わず微笑んでしまいます。
リュウがうちに来る前と、来てからとでは、私が笑ったり微笑んだりする回数は、どれだけ増えたことか。
微笑むたびに、気持ちが穏やかになるのを実感します。

私がリュウをうちに迎えることになったときに、親友にメールをしました。
すぐに返事が返ってきました。

『素敵なニュース
リュウくんはまゆさん、つよさんにとって幸運を運ぶワンちゃんのような気がする
最近読んだ小澤征良の「そらいろいろ」に、Dogを逆から読むとGod、イヌは純粋に愛することができる動物で、神様に一番近い動物。イヌは基本的にきちんとその瞬間、瞬間をいつくしみながら生きている。常に自分の身体の声に、忠実に耳を傾けながら。とありました。
生きているってすごい身体に気をつけてね!』

本当にそうだわ・・・。
現に、リュウを見るたびに幸せな気持ちをもらっている私がここにいるんだもの。

私もリュウを見習って、瞬間、瞬間をいつくしみ、純粋に愛することを全うしよう!と、このメールを読み返すたびに思います。

リュウは、いつの間にか場所を移動して、和室に行って寝そべっていました。
080629-9


なんか、和室だといつも壁に頭をくっつけて寝そべるよね?
安心するのかしら?

それから、今度はリビングに移動したクッションのところへ来ました。
そろそろ、お留守番だということに勘づいたでしょうか?
ちょっと憮然とした表情のリュウ。

「ここにクッションがあるってことは・・・」
080629-10


いや、でもリュウは、そんな勘ぐりをしない犬です!
それが証拠に・・・ほら!

無邪気に寝てしまいました。
080629-11


出掛けるまでにやろうと思っていたことをほぼ片付け、
今日もこっそり出掛けるのはやめて、リュウにお願いしてみました。

「きょうもお留守番ですね。わかりました」
0800629-12


リュウ、ほんと?!
泣きたくなるほど嬉しくて、ありがたいよ!
私が外で集中していられるのは、リュウがいい子でお留守番してくれているからなの。
本当にいつも、いつも、どうもありがとう!!!

「おやつ、ください」
080629-13


お!そうきたか!
いいよ。お留守番だもんね。
リュウが大好きなチーズね。

あっという間にチーズを食べてしまい、私が部屋から出て行くのを、じっと見ていたリュウ。
玄関で扉を開けて、閉じて、出掛けた振りをして、息を潜めていたら、しばらくしてリュウが鼻をピーピーと鳴らし始めました。
前につよさんが言っていた通りでした。
つよさんがお休みで家にいるときに、私だけ出掛けて、リュウはつよさんがいるのを忘れて、しばらくピーピーと鼻を鳴らしていたって。

1分ほど、リュウの鼻笛を聞いていましたが、そのうち鳴り止みました。

もう一度、そぉーっと玄関ドアを開けて、そぉーっと閉めて、鍵をかけて。
この瞬間、いつもまたドアを開けて、家の中に戻っていきたくなる。
戻って行って、リュウを抱きしめたくなる。
その衝動を抑えて、足早に階段へ向かいました。
心の中でずっと、「リュウ、お願いね。ありがとう」って繰り返しながら。







  1. 2008/06/29(日) 12:56:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。