つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年7月16日水曜日 朝~夜

あぶく銭の誘惑

まゆです。こんにちは。

今日締め切りの仕事をやるために、朝早起きした私。
今日はつよさんがお休みだというので、朝のリュウのお散歩をお任せしました。

帰ってきたふたり
080716-1

リュウくん、リュウくん、インタビューお願いできますか?

「あーあー、マイクのてすとちゅう」
080716-2

あ、マイクテストはいいですよ。
今日はどちらへ行かれたんですか?

「大きいこうえんに行ったよ!」
080716-3

つよさんに聞くと、ラジオ体操をやってきたそうです。
「リュウは?」と聞いたら、「リュウも」と言うんですが・・・
ウソにきまってます。

つよさんのラジオ体操に付き合わされたそうですね~。
それは大変でしたね!

「そんなことないよ!たのしかったよ太陽
080716-4

様子がわかったので、私はひとまず仕事部屋へ引っ込みました。
朝一番の締め切りに間に合わせねば・・・

つよさんにリュウのお散歩を引き受けてもらったお陰で、余裕で間に合ったのですが、それにしてもオトコたち、静かだな・・・
何をやってるのかしら???

リビングにはいません。
和室を覗いてみました。

げっ!

また寝てるしっ!
080716-5

せっかく早起きしてラジオ体操までやったのに、これじゃ意味ないですね~!
リュウだけ私にくっついて納戸な仕事部屋に入ってきました。
相変わらず、ものとものに挟まれた、狭っ苦しいところにいます。

リュウくん、リュウくん。
せっかく落ち着いたところで悪いんだけど、キッチンに行きたいんだな~。
ちょっと通してくだしゃんせ。

「キッチンですね」
080716-6

そうよ。だって、そろそろリュウも朝ごはんを食べたいでしょ?

「食べたいです~」
080716-7

キッチンまでくっついてきました。
隙間からジトーっと覗いていました。

ごはんを食べ終えると、私がいる納戸な仕事部屋へ入ってきたリュウ、
「ボク、食べ終わったよ!」とでも言うように、私の脚に濡れた鼻をちょんとくっつけて合図しました。
そして、そのまま部屋の奥のクッションへ。
私がリュウの方を見ると、リュウもいたずらっぽい顔でこちらを見ていました。

「エヘヘ」
080716-8

今日は、週末に納品をしたお客さまの件で、施工をしていただいた会社のショールームへ出向くことになっていました。
来週お引越しなので、最後の詰めといったところ。
まだ、決まっていないアイテムもあり、私が選定を一任されたので、候補になるものを探さなければなりません。
ということは、リュウはまたお留守番です。
つよさん、さっきまでゴロゴロと和室で寝ていたのに、少しするとシャッキリと起きてきて、これから出掛けると言います。
でも、夕方の早い時間に帰ってくるから、というので、私は安心して出掛けることに。

支度をしているあいだはリビングにいてもらうことにして、リュウのクッションも移動してきました。
既に床に寝そべっていたリュウにクッションを差し出すと、かったるいのか全然起き上がろうとせず、顔だけクッションの上に乗せていました。

リュウ、やっぱり無精犬です・・・
080716-9

ちょっと変わった健康法を不真面目に実践している私。
朝はごはんを食べません。
お昼にちょこっとだけ。何か食べておこう・・・

うちはいつも玄米ごはん。
私の玄米ごはん歴はうん十年。
小学校4年生のときに、母が突然圧力釜を買ってきて、我が家のごはんが玄米ごはんになりました。
まあ、ひとりで上京して、かなりの中断期間はあったのですが。

玄米ごはんに、大根の漬物に海苔。
リュウのおやつのみならず、私のお昼ごはんも渋いです・・・汗
まあ、こんなおばあさんメニューですが、その方が体調がよかったりします。
・・・ってことは、既におばあさん?
いやいや、考えるのはよそう・・・

リュウに海苔をプレゼントしてみました。
080716-10

またしても上あごにくっつけちゃって、大騒動になっていました。
それなのに・・・
食べる?と聞いたら、またおねだりしてきましたよ。
そしてまた



しっかり上あごにくっつけてました。全然懲りないリュウなのです。

さてさて、そろそろ出掛ける時間。

ねえ、リュウ、またまた申し訳ないんだけど、お留守番をお願いしますm(__)m
今日もお仕事で、どうしても行かなくちゃいけないの。

リュウは神妙な顔をして聞いていました。

080716-11

でも、つよさんが早く帰ってきてくれるって。
だから、ちょっとのあいだだけ、待っていてね。

リュウがいつもいい子でお留守番をしてくれるので、私は安心して出掛けられるのですが、それでもやっぱり、いないあいだにリュウがどうしているのか、部屋の温度は適切か、考えると心配になってしまいます。
でも、今日はつよさんがいるから大丈夫!

仕事の方は順調に終わり、お客さまに喜んでいただけそうなものも見つかったので、いい気分で電車に乗りました。
そして・・・いい気分ついでに、ちょっと前から考えていた、携帯の機種変更を思い立ち、ひとつ前の駅で降りてお店へ立ち寄りました。

データコピーにしばらく時間がかかるというので、30分ほど、向かいにあるペットショップをブラブラして、リュウには「穴子の皮」というのを買ってみました。
血液浄化、皮膚・目・骨や歯の健康に役立つって書いてあったからです。
新鮮な素材を自然のまま乾燥させただけ、という製法も安心ですし。
それから、お客さまへお渡しする、いろいろな製品のメンテナンス方法や、取り扱い説明書などを入れるファイルも買いました。

無事、データコピーの済んだ携帯をピックアップして、荷物も増えたので、バスで帰ることに。
おや、ちょっと雨が降ってきましたよ。

バスを降りて、折り畳みの傘をさして家に帰ると、なんだか家の中の様子が変です。
ん?
リビングの中へ入ってみると・・・
なんと!リュウがひとりでお留守番をしているではないですか!
あ、あり得ない・・・つよさんは?

慌てて新しく買った携帯を取り出して電話をしてみました。
出ないし!出ないし!どこで何をしているの?

ともかく着替えをしようと和室に入って唖然としました。
なんと、携帯が畳の上に転がっているではありませんか。
怒りが脳天にきて、頭がおかしくなりそうだったので、気持ちを静めようと深呼吸。
まずは、リュウのお散歩に行こう。

もう、真っ暗になっていたので、写真も撮れず・・・
リュウは暗くなると大きい公園へは行きません。今日は住宅街コースを選んで歩き出したので、私もそれに従うことに。
リュウ、本当にごめんね。
お留守番させてしまったのもそうだけれど、つよさんがすぐに帰ってくるから、なんてウソになっちゃって。

帰ってきて、リュウにごはんを食べさせて、夕飯づくりは放棄することにしました。
明日の朝に必着の仕事も、まだほとんど手付かずだったので、それをさっさとやらなくちゃ汗

つよさんには頭にきたので、転がっていた携帯をゴミ箱に捨てて、ちょっと気分をすっきりさせました。
どうせいらないんでしょ?
私って、意地悪かしら・・・まあ、いいや。

しばらくすると、つよさんから電話がかかってきました。
「リュウは?リュウはどうしてる?大丈夫?」
第一声がこれでした。まあ、気にはしていたのね。でも、まだ許す気持ちになれません。
「大丈夫なわけ、ないでしょムカッ
「いやさ、まだちょっと帰れないんだよね・・・。エヘヘ。
実はさ、朝から出っ放しで、全然止まらなくってさ~」
それはひょっとして、パチXXでしょうか?そうなのね、もうけてるのね。
「それ、絶対減らさないで帰ってきて!それから、半分ちょうだい!」

負い目のあるつよさんは、儲けの半分を私にくれることを約束してくれました。
やった!ラッキーheart03
すっかりつよさんを許す気になってしまった私。我ながら現金過ぎます・・・汗

つよさんから電話がかかってきたときの着信音がよく聞こえなかったので、せめてそれだけでも設定しておこうと、携帯をいじっていたら、リュウも興味津々でやってきました。

着信メロディを鳴らすと、リュウが反応を示します。
一番反応したのは、鳥の鳴き声が使われていたメロディ。やっぱり血が騒ぐのでしょうか。
リュウの反応を見ながら、携帯の着信音とメールの着信音の設定をしました。

080716-12

そうだ、そういえば、リュウにお土産があったんだ。
つよさんに頭にきていたのと、仕事をやってなくて焦ってたのとで、すっかり忘れたわ。
もう夜だから、ちょっとだけ、食べてみる?

「なんですか?これ」
080716-13

穴子の皮なんだけど・・・汗
お気に召さなかったかしら・・・

「くださいっ!」
080716-14

リュウは穴子の皮をぺろっと食べてしまいました。

しばらくすると、つよさんが私の分まで食べるものを調達して帰ってきました。

「つよさん、おかえりなさい」
080716-15

ひとりぼっちにさせられたというのに、寛大なリュウです。
つよさんが帰ってきたら、一気に遊びモードのスイッチが入ってしまったらしく、和室でかくれんぼ?を始めたリュウ。

「ボク、ここだよ~!」
080716-16

そのうち、つよさんが布団を敷き始めたというのに、

ボールを持ち込んできました涙
080716-17

でも、昼間散々淋しい思いをさせてしまったから、これくらい仕方ないか・・・と思ってしまう私。
これが人間の子供だったら、本当にただのバカ親です・・・汗

☆おまけ☆

ところで、機種変更した携帯なのですが、データコピーはアドレス帳だけ、とお願いしていました。
音楽も聴いていなかったし、写真も特に重要なものもなかったし、まあいいかって。
なのに・・・
携帯をちょっといじっていて、こんな画像を見つけました↓

080716-18

これ、前の携帯のデータフォルダーに保存してあった画像なんですが・・・
なぜに、これだけコピー???
これ、浜松町にある、ハマサイトグルメのマスコットキャラクター。
この画像は、ハマサイトグルメの入口受付にいるところを激写したもの。
ちなみに、プロフィールは

浜 松男(はま まつお) 45歳
好きな言葉、ナンバーワンよりロンリーワン

だそうで汗

こんな脱力キャラクターの画像だけコピーされてきたなんて・・・
本気で脱力しますがーん






  1. 2008/07/16(水) 23:38:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月15日火曜日 午後~夜

冷え冷えタイム

納戸な仕事部屋でしばらくボール遊びをしていたリュウでしたが、この暑さに、いつの間にか涼しいリビングへ退散していました。

私が様子を見に行くと、寝ていたリュウが起き上がりました。

「おやつですか?」
080715-17


おやつじゃないよ汗
リュウが元気か見に来ただけよ。

リュウは、納戸な仕事部屋に戻る私にくっついて、部屋に入ってきました。
リュウ、ここは暑いと思うよ~。やめておいた方がいいよ。

「ボク、ちょっとおひるねするね」
080715-18


と寝ていたリュウでしたが、

「あぢ~よ、あのへや、あぢ~!」
080715-19


と、リビングにすぐに戻っていきました。
時々覗いてみると、なんだかとっても暑苦しそう。
そんなふかふかの毛皮を着込んでるしね、無理もないか。

・・・と、そこでひらめきました

「まゆさん、なんですか?これ」
080715-20


うっふふのふ~♪
これはね~、冷え冷えタイムグッズだよ~ん!
これから、リュウくんを素晴らしき冷え冷えの国へ連れて行ってあげましょう~オレンジのきらきら

冷凍庫で凍らせた保冷材で、リュウの背中や脇腹を撫でていたら、リュウは気持ちがいいのか、だんだん寝そべって、仰向けになってきました。

「つめたくて、きもちいいよ」
080715-34

そして、しまいには、こんな犬の開き状態に。

「う~ん、まいった・・・」
080715-22


お気に召していただけたかしら?

「えへへ。きもちよかったよ!」
080715-23


じゃあ、また冷え冷えタイム、やってあげるね!

しばらくすると、リュウはすやすやと眠ってしまいました。
080715-24


昨日のお散歩のときは、時間が早すぎて暑かったのか、すぐに戻ってきてしまったので、昨日より少し遅い時間にお散歩へ出掛けることにしました。

待ちわびていたらしいリュウ、またしてもボールをくわえてきて大騒ぎです。

「アヘアヘアヘアヘアヘ~!」
080715-25


アヘアヘじゃないよ。お散歩だってば。

「あれ?」
080715-26


今日はちょっと買い物もあったりしたので、いつもとは全然違う道を行きました。
すると、思いもかけない通りの角で、なんと!凛ちゃんに会いました。

リュウったら、すごく嬉しそう。
080715-27


買い物があったので、凛ちゃんには先に行ってもらって、後から凛ちゃんを追いかけたリュウ。
「あそこの公園にいるから、ゆっくり来てね~!」という凛ちゃんママの言葉など、全く聞こえなかったらしく、ものすごい勢いで走ること、走ること・・・
私はちょっとばかり嵩張る荷物を持っていたので、ゼエゼエ言いながら引っ張られる羽目に。
かっちょわりっ汗

いつも切羽詰まってから、目的の場所に駆け込む凛ちゃん、今日もそんな感じで100メートル以上走らされてしまった凛ちゃんママと、それを追いかけたリュウに走らされた私、ふたりで「ちかれた~」とバテてました。

今日のリュウはいつも以上に凛ちゃんストーカーと化していました。
常に凛ちゃんの居場所を確認。

「凛ちゃん、いる?」
080715-28


いるよorz

またしても凛ちゃんママに、住宅の影にひっそりと隠れた場所にある、「寂れた」公園を教えてもらい、そこから遊歩道へ行って、いつもと違う道を通っていたら、向こうからとっても小さなキャバリアがやってきました。

ののちゃんです。はじめまして。
リュウと同じ6歳の女の子。
リュウが大きいから、ちょっと怖かったみたい。

リュウは、かなり積極的にご挨拶に行っていました。
080715-29


「ボク、怖くないよ。ボクのお尻のにおいをかいでみて!」
080715-30


でも、やっぱりちょっと怖かったみたい。
しばらくお話をして、ののちゃんと別れました。

凛ちゃんともその先の分かれ道でバイバイして、家に帰りました。

今日はつよさんがまだ帰ってきていませんでした。
用事で出掛けて、そのままつかまってしまったもよう。
遊んでくれる人がいないので、リュウも退屈です。

おっさんくさい、下ぶくれ犬になっていました。
080715-31


納戸な仕事部屋で仕事をしていると、しばらくしてつよさんが戻ってきました。
リュウは私の横にいたのですが、つよさんが帰ってくるとリビングへ引っ越していきました。
少しして、つよさんがお布団を敷いたらしい気配。
リュウはどうしてる?

「ボク、ここのクッションにいるよ」
080715-32


リュウも、つよさんと一緒に寝たら?
こっちに来てもいいし、そこにいてもいいし、つよさんと一緒に寝てもいいけど、寝るならつよさんと一緒に寝たら?

リュウはきょとんとした顔で私を見上げていました。

納戸な仕事部屋に戻った私、少しして気になったのでリュウの様子を見に行くと、
リビングにいません。
あれ?
和室を覗いてみました。

なんだ~、つよさんと一緒に寝ることにしたのね!よしよし!
080715-33


忠臣リュウは、夜遅くまで仕事をしている私に、いつも控えている犬でしたが、自分の身体のことを考えて、健康第一の生活を送ることに決めたようです。
めでたし、めでたし。


  1. 2008/07/15(火) 23:26:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月15日火曜日 朝~昼

1周約30分コース

まゆです。こんにちは。

朝、眠い目をこすりながら起きて、顔を洗い、着替えようと和室へ戻ると、
リュウがつよさんの寝相に呆れているところでした。

「ひどいすがたですよ」
080715-1


ひどいね(笑)
でも、こんなのまだマシ。

「えっ?そうなんですか?」
080715-2


リュウはいつも私の横で寝ているからわからないと思うけど、ホント、ひどいのよ~。
だいたいお腹を出して寝てるしね!真冬でもそうなんだけど、どうしてなのか知りたいわ。

つよさんの寝相の件をこんなところで暴露してどうする!っていう感じなのですが、夕べ、ちょっと言い合いをしたので、仕返しです。ええ、ええ、わかっておりますとも。陰険ですよね。たまには陰険にもなってみたい私なのです。

私がそんな愚痴を言っているあいだに、お散歩という言葉を聞いたリュウは、いつものようにボール遊びスイッチが入ってしまっていて、既にボールと格闘中でした。

リュウ、お散歩だよ。

「・・・」
080715-3


リュウ、お散歩に行かないの?

「・・・」
080715-4


しばらく放っておいてみようと思って、リュウを成すがままにしていたら、ボールをくわえて和室へ入り込んでいきました。
これはこれは。そこで本格的かじりに突入する気ですか、リュウくん?

080715-5


このままでは、いつまで経ってもお散歩に行かれそうにありません。
だいたい、お散歩に行くよ、とリードを手にして、かれこれ10分近く経っています。

リュウ!お散歩だよ~!さ、ん、ぽっ!

「はーいハート
080715-6


ようやく気づいてもらえました。
お散歩の前のボール遊びタイムが、どんどん長くなる気がするんだけど・・・
どういうわけ?

私の問いは軽~く無視して、気持ちはすっかりお散歩モードに切り替わったらしいリュウ、

にこにこで出掛けました。
080715-7


ねえ、さっき思いついたんだけど、前につよさんが夜、リュウのことを連れていってくれた、施設のまわりを一周する遊歩道、あっちに行ってみようか?

リュウはいつもと違うコースを歩き始めたので、更に嬉しそうな顔になりました。

「ここをまっすぐ行くんだよ!」
080715-8


右側は車道で、かなりの交通量があります。遊歩道の方が高いところにあって、車の屋根を見下ろしながら歩きました。
でも、リュウには回りの草しか見えないよね。
車の音はちょっとうるさいけど、まあまあの道かな。

いつもより、クンクンする場所が多いね。
080715-9


遊歩道が途切れたので、左に曲がって、建物の向こう側の道へ。

「こんどは、このみちだよ!」
080715-10


また同じくらい歩いて、家のある方向へ折り返していきます。
こちらの道は車も通らないし、土の上を歩けるし、断然いいね!

結構な距離があると思っていたけれど、歩いてみると30分ちょっと。
距離的にも、なかなかいいコースかもしれません。

リュウも穏やかな顔をして歩いていました。
080715-11


遊歩道から、我が家の前の道へ曲がって帰りました。

家に帰ると、リュウはすぐさまダイニングテーブルの下へ入り込んでいました。

「ここ、ボクのおうちだよ!」
080715-12


と思ったのかどうか・・・
ともかく、ごはんだよ、と言うまで、そこにいたリュウ、

かなり寛いでいます。
080715-13


リュウ、そこの居心地はいかがかな?

「かいてきだよ!」
080715-14


そう言えば、リュウは『幸せの703号室』のハハさまとチチさまに連れられて、初めてうちに来たときにも、すぐにこのテーブルの下に入っていたよね。

リュウにごはんをあげて、私は納戸な仕事部屋にこもりました。
しばらくすると、リュウが入ってきた気配がしました。

「ボク、来たよ!」と合図するように、濡れた鼻先で短パンをはいていた私の太もものあたりをつつきました。

「あそぼうよ!」
080715-15


じゃあ、ちょっとだけね。

ボールを転がすと、リュウは追いかけていって、くわえて戻ってきました。
私はまたそのボールを奪って転がして。

時々、自分でもボールを投げるリュウ。
080715-16


仕事の合間の、平和なひとときなのでした。


  1. 2008/07/15(火) 13:18:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく

日記のアップデートを完了することができました。
またしてもマイペースな私、
一気に書いてしまって、ごめんなさい m(__)m
ゆっくりマイペースでお読みいただければ、
あるいは、読み飛ばしいただければと思います。

たくさんいただいていたコメントにもお返事をせず、
ひたすら日記のアップデートに集中していたので、
ずいぶん前の日記にコメントいただいた方には
長らくお待たせしてしまいましたが、コメントのお返事も
全て書き終えたつもりです。
漏れはないですよね?ないつもりなのですが、
もしあったらご指摘くださいまし m(__)m

それから、拍手コメントをいただいた方々の中で、
お返事の書き込めない方もいらっしゃって、
お礼をお伝えできないので、この場を借りまして、
コメント、どうもありがとうございます!
とっても励みになっております。
そして、いろいろ感じ、考えさせていただいています。

これからも、よろしければ遊びにいらしてください。
つよ、まゆ、リュウ、いつでもお待ちしております。


「またきてね!」
080714-41


2008・07・15


  1. 2008/07/15(火) 01:02:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月14日月曜日 夜

ひとり大運動会

ごはんの支度をしているあいだ、リュウは涼しい顔でリビングのクッションの上にいました。

あどけない顔になってる。
080714-28


さあ、ごはん。
最近は、全く残すことがなくなりました。
それどころか、ごはんの器をきれいに舐めて、舐めて、舐めまくって、ピッカピカにしてくれます。
まあ、リュウのヨダレコーティングで、洗うときにはなかなか大変ではありますが。
でも、そんなこと、どーでもいいですよね。本当に嬉しいですheart03

今日も夢中で食べているリュウ。
080714-29


最後の方になると、器の隅に残っているごはんを食べようと、いろいろ技を駆使しています。

鼻乗っけの技
080714-30


器の縁に鼻が乗っかって、鼻先にシワが寄っちゃって、なかなか私好みの顔です。
リュウは時々、ごはんのあと、目から涙が出ていることがあるんです。
左目だけ、ということが多いのですが、今日は両目から涙が出ていました。
最初は私の手作りごはんがあまりにもおいしくて、感激して泣いているのかな~!なんて、アホなこともチラッと思ったりしたのですが、まさかね・・・と冷静になり、気になったので病院へ行ったときに、先生に聞いてみました。
時々そういう子がいるらしいのですが。
ごはんに真剣になり過ぎて、瞬きしないくらい凝視して涙が出ちゃう子。
ごはんを食べるときに、普段使わない筋肉を使って、それで涙腺を刺激して涙が出ちゃう子。
ということだったのですが・・・リュウは、なんでだろ?
いつもというわけでもないのですが、たま~にでもないので、ちょっと気になっています。

さて、ごはんを食べ終えたリュウは、ボール遊びに余念がありません。
今日は朝も夕方も、お散歩短めだったから、遊びたくなったのかな?
最初はクッションで、ボールをかじっているだけのおとなしい遊びでした。

080714-31


リュウは、なかなか手の使い方が上手です。
今日も、リュウがボールをかじっている最中に「リュウ!」と声を掛けたら、ボールが転がりそうになって、慌てて手で食い止めていました。

080714-32


手の部分をアップにすると、こんな感じ。
080714-33


転がったボールを取るときにも、すぐくわえればいいのに・・・という場所でも、手で引き寄せてからくわえています。
手を使いたいのかな?

かじり疲れて、ちょっと休憩。
080714-34


このあと、私は納戸な仕事部屋にいたのですが、しばらくするとリュウが入ってきて、濡れた鼻先で、私の脚をツンツンしました。
遊んでくれってか?
リュウからお誘いがあるなんて、ちょっと珍しいので、誘いに乗ることに。

いい?いくよ!
080714-35


狭い納戸な仕事部屋でボールを転がして遊んでいたら、リュウはすぐにボールをくわえて、部屋から出て行ってしまいました。
おいおい。
もう、おしまい?

リュウを追いかけていくと、和室に駆け込んで、そのまま自分でボールを投げては遊んでいましたよ。
ひとり大運動会です。
相変わらずカメラを直しておらず、ストロボを焚くことができないので、ブレブレで、しかもリュウの動きを追いきれておらず、構図もひどいもんですが、リュウの大運動会の感じは伝わるでしょうか・・・

洗濯物もなんのその。
080714-36


くわえて持ってきましたが、放しません。
080714-37


自分で投げています。
080714-38


散々遊んで、ようやく落ち着いたリュウに、つよさんが「暑いか?暑いだろ」と言って、氷をくれました。

つよさんから氷をもらって、
080714-39


それを口の中でかじろうとするのですが、冷たすぎて、かじる前に

ペッと口から出してしまいました・・・
080714-40


何度もトライしていたのですが、ねえ。
何度もペッと口から出していましたよ。
でも、ようやく最後に、ちゃんとかじることができました!




  1. 2008/07/14(月) 23:28:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月14日月曜日 午前~午後

おしゃれ犬、リュウのうた

リビングの快適さがよ~くわかってきたらしいリュウ、
今日は一日、ひとりでリビングで過ごしていました。

「ここ、すずしくてきもちいいよ!」
080714-14


でしょ、でしょ?
リュウも自立できるようになって、かーさんは嬉しいよ涙

な~んて油断していたら、

また来ちゃいましたよ。しょーがないですね、このストーカー犬!
080714-15


どう考えたって、そこは涼しくないよ、リュウ。
本人も、まんじりともせず、
そりゃー、できないでしょーよ。

目がぱっちりあいたまま。
080714-16


今日もモップの柄作戦。「犬、立入禁止!」と言ったら、すごすごと出て行きました。

しばらくしてリビングを覗いてみたら、

リュウ、ぐったりと寝ていました。
080714-17


リュウ、リュウ、

「なあに?」
080714-18


起きたね、起きたね、
おやつなんだけど、食べる?

「おやつ!」
080714-19


居住まい、正したね。
じゃあ、今日は久々に「はーい♪」って、お返事してみる?
おやつ、欲しい人~!

「はーい!」
080714-20


はい、じゃあ、おやつ。

「・・・また、だいこんだ。うちのおやつはしぶいなあ」
080714-21


でも、甘くておいしいでしょ?
私もおやつにするくらい、ほんのり甘くておいしい大根なんです。

午後になって、さすがに納戸な仕事部屋も涼しくなってきました。
そんなわけで、犬、解禁になりました。
リュウはさっそく入ってきましたよ。いいお客さんです(笑)

納戸な仕事部屋には、小さいクッションしかありません。
あんまり快適なものを置いて、居座られても困るからね。

でも、使いこなしています。
080714-22


案外、居心地よさそうだね・・・
午後のひと時を、納戸な仕事部屋で一緒に過ごしました。

さて、と。そろそろお散歩に行こうか?

「おさんぽ!やったー♪」
080714-23


私がリードをつけようと思ったら、リュウは部屋の中をうろうろ、キョロキョロして、またしてもテニスボールを探していました。

リュウ、ボール遊びするの?それとも、お散歩に行く?

「そうだ、おさんぽだった」
080714-24


夕方のお散歩は、いつもこっちへ行ってます、っていうくらい自然な感じで、リュウが住宅街の方へ向かって歩いていったので、そのまま、そのコースを行くことにしました。
住宅街の中に、リュウがうんぴー場所に指定している駐車場があります。
前にも写真を載せたことがあると思うのですが、小さな花が咲いていたりして、原っぱをそのまま駐車場にしたみたいなところです。
リュウは、そこへ迷わずまっしぐらに行きました。
そして、用が済んでしまったら、もういいや、っていう感じに、家に向かって歩き出しました。

えっ、えっ、え~っ!もうお散歩、終わり?
せめて、もうちょっと歩こうよ。
ほら、遊歩道まで行ってぐるっと回って帰ってこようよ。

リュウはそれも悪くない、という感じで、遊歩道に向かって行きました。
遊歩道の入口で、向こうから小さいわんこを抱っこした女の人が来て、「リュウくんですか~?ユメタンですよ~!」と声を掛けてくださいました。
お~、ユメタン!お久し振りでございます!
ユメタン、とてもちっちゃなヨークシャテリヤ。相変わらず美人さんでした。

ユメタンのママが、「リュウくんのお顔の真ん中の白いラインが、遠くからでもはっきり見えて、すぐにわかったの。それから、尻尾の先の白いところも・・・リュウくんって、おしゃれさんよね。脚も白い靴を履いてるしね」と言いました。
リュウ、おしゃれさんだってさ。
でも、確かに。私はお出掛けのとき意外はお化粧しませんが、リュウはいつでもアイラインを引いてるしね。

そこへ、通りかかった女の子が、「この子はなんていう種類の犬ですか?」と聞きました。
「雑種なんですよ」と言うと、とってもびっくりして、「綺麗な犬ですね」って言ってくれました。

そうそう、ユメタンのママが褒めてくれた尻尾は、リュウのチャームポイントよね。
トロリーバスのトロリーポールみたいで、ぽっと明かりが灯っているみたな尻尾。

実はリュウの歌を作ってみたんです。
この夏公開される、スタジオジブリの映画、『崖の上のポニョ』の主題曲の替え歌なんですが汗
このあいだ、『ゲド戦記』を見ていたら、合間に予告をやっていて、そのときに聞いた曲が耳を離れず、そのままリュウの歌を作ってみてしまいました。

元の歌はここで視聴できます。→『崖の上のポニョ』
この曲のサビの部分だけっていう、とっても短い歌です。


      音符リュウのうた

リュウ、リュリュウリュリュリュ 雑種の子
かわいい 尻尾の 男の子

土手の上で暮らしてた
今では つよまゆの たからもの音符


つよさんに歌って聞かせたら、クス笑いされてしまいました汗
なかなかいい出来だと思うんだけど、な~っ!!!

「しっぽって、このしっぽのこと?」
080714-25


ほーら、明かりが灯ってる、かわいい尻尾じゃない!
親バカ全開してしまいました・・・

遊歩道脇の原っぱを出ようとしたら、入口でリュウのことをじーっと見ているわんこがひとり。
でも、リュウもそのわんこのことをじーっと見ていました。
わんこの飼い主さんが、クスっと笑って、「なんだか、気になっているみたい」と。
私も笑って、「そうですね、お互いに」と言いました。
でも、どちらもご挨拶することなく、なんとなく離れていきました。

でも、リュウは・・・

やっぱり、見てるし!

「あ~あ、行っちゃった」
080714-26


短いお散歩を終えて、家に辿り着いたリュウ。
どーしたの?

眉間にシワが寄っちゃってるよっ!
080714-27


今日はまだちょっと外が暑かったのかな?
それで、早く帰りたかったのかな?
そして、その眉間のシワ?
・・・そうかも汗


  1. 2008/07/14(月) 18:26:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月14日月曜日 朝

ボール探しの旅

まゆです。こんにちは。

いつものことですが、お散歩へ行こう!というと、リュウは必ずテニスボールを探します。
そして、そのまま遊んでしまうことも。
今日も和室に持ち込んで、かじって遊んでいるところを、「お散歩、行、く、よっ!」と呼ばれて、ようやく立ち上がったところです。

「そうだ、おさんぽだ」
080714-1


今日もいつものコース。
おしっこする場所も、だいたい同じです。

「ここもいっちょやっとくか」
080714-2


遊歩道で用を足し、
080714-3


小さい公園を無事通過。
ということは、大きい公園へ行く気があるってことね!

途中の原っぱの手前で、少々道草。
ここはノラの猫がたくさんいる場所です。
毎日、猫のごはんを運んでいる人もいます。

080714-4


順調に歩いています。
顔もちょっと嬉しそうだし。今日は大丈夫そう。

080714-5


というわけで、大きい公園へやってきました!
大きい公園も、少し前に草刈りがされたのだけれど、もうすっかり雑草に埋め尽くされていました。
またボウボウになるのも、時間の問題だね。

080714-6


今日、大きい公園へ来る途中で、私はちょっと決心したことがあります。
あの、いつもリュウが立ち止まって、引っ張られては、何度も引っ張り返して戻る場所。
あそこに、何があるのかを突き止めよう。リュウが何を見つけたのか・・
場所はちょうどテニスコートの脇。私の予想では、たぶんテニスボールが落ちているのだと思うのだけれど、本当にそうなのか、ちょっと怖いけど、確認してみよう・・・

生垣は途中で所々途切れていて、向こう側も歩けるようになっています。
そちら側へ入ってみました。
リュウは、一目散に、以前来たときにクンクンしていた場所のあたりへ行きました。
そして、公園とテニスコートを隔てている金網フェンスに駆け寄ると、鼻をフガフガとフル稼働させていました。

う~ん、テニスボールらしきものは、見当たらないな・・・
でも、やっぱりリュウの様子からすると、テニスボールだったんだろうな。

080714-7


リュウ、まだ諦めずに、金網に鼻を突っ込み始めました。
080714-8


何度も、いろいろな場所に鼻を突っ込んでいました。
そして、見つけました!
やっぱりテニスボールです。

残念ながら、金網の向こうに更にネットがかけられていて、ボールはそのネットの向こう側、どうにもこうにも取れない場所です。
リュウに、「あのボールは、無理。取れないよ」と言い聞かせ、その場所を離れました。

それにしても、リュウの鼻ってすごいね~!

「ボク、すごいでしょー!」
080714-9


歩いていたら、土曜日に一度会ったわんこに遭遇しました。
まだ1歳ちょっとなんですって。なので、好奇心旺盛。リュウのところへも、積極的に近寄ってきました。
でも、リュウったら、ちらっと見ただけで、ご挨拶もしませんでした。
飼い主さん、「おまえはまだちびすけだから、相手にしてもらえないよ」と笑っていました。
す、すみません汗

「あ、このあいだのチビ」
080714-10


そのくせして、リュウは、バイバイしてから急に名残惜しそうに、相手の背中を見つめたりしていました。
なんだかねえ。
いっつもそうなのよね・・・
そんなだったら、最初から仲良くすればいいのに。

「あ~あ、行っちゃった」
080714-11


そりゃ、そうよ。普通は行っちゃうよ汗

奥の道のはずれまで来ると、トイレがあるのですが、そこでトロイくんと久々に会いました。
「どうしているかと思ってたのよ~!」なんて言われちゃいました。
トロイくんは、ちょっと興奮すると、嬉しくても「う~」と唸ってしまうクセがあります。
リュウはそれがちょっと怖いみたいで、少し距離を置いてしまいます。

ほんとはリュウに会えて、嬉しいんだってよ。
080714-12


トロイくんのことも、バイバイしてから見送ったリュウ
080714-13


でも、少しずつ慣れていって、少しずつお友達になれれば、いいよね!

それにしても、リュウが探し当てたものがやっぱりテニスボールで、ほっとしている私です。


  1. 2008/07/14(月) 08:16:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月13日日曜日 昼~午後

犬、立入禁止

リビングにいるリュウの様子を時々見に行くと、

最初は優しい顔で迎えてくれるリュウですが、
080713-12


しばらく経つと、こんなジト目に。
080713-13


何度行ったって、

最初は優しい顔で、
080713-14


すぐにジト目犬になります。
080713-15


なので、気分転換も兼ねて、ちょっとリュウと遊ぶことに。
最近、リュウに遊んでもらうコツを、ちょっと覚えました。

テニスボールを、コロコロとゆっくりめに転がします。
すると、ジトーっとこちらを見て、腹ばいになってまったりしていたリュウが、水を得た魚のように、ピョン!と立ち上がって、急に生きがよくなります。

転がったボールを追いかけて、くわえて戻ってくるリュウ。
080713-16


それを何度か繰り返して満足すると、今度は座り込んでボールかじりを始めます。
080713-17


こうなったら、私はお役御免。
また仕事に戻ります。

ボール遊びの次の休憩のときには、おやつを出してみました。
今日も渋いおやつ。きゅうりです。

080713-18


おやつを食べたあと、リュウは私にくっついて納戸な仕事部屋に入ってきました。
ダメよ、と言って、リビングへ追い返すのに、すぐまた入ってきてしまいます。

う~ん・・・困ったな。
そこで思いついたのが、モップの柄をドアに立てかけること。
まあ、子供だましみたいなもんですよ。
だって、リュウだったら、楽々下をくぐって入ってこられますもの。

でも、リュウは、和室だって、襖がちょっとしか開いていないと、自分で襖を開けて入ってくるようなことをしない犬なので、ひょっとしたら、これでもうまくいくかも・・・

部屋の入口に立てかけてみました。
リュウがこちらへ寄ってきて、下をくぐって入ってこようとしていたので、
「リュウ、ダメ。犬、立入禁止!」と言うと、すごすごと戻っていました。
(なぜ「犬、立入禁止」の部分だけ太字かと言うと、本当に太い声で言ってみたんです)

リュウはドアを遠巻きに眺めていました。
080713-19


おっ!どうやら、こんなものでも機能するみたい。よしよし。

しばらくすると・・・
リュウも考えたようです。

これって、ギリギリ捕まらない、っていうぐらいの感覚でしょうかしらね。
080713-20


う~ん・・・
ちょっと唸っちゃうけど、切符は切れないって感じ?
まあ、そこならいいかな。まだ、中に比べたら涼しいから。

今日はお昼過ぎから、納品立会いの仕事があったので、出掛けなければなりません。
またしてもお留守番です。
このところ、ちょっとお留守番が多いよね。ごめんね汗

「ボク、いい子でおるすばんするよ!」
080713-21


4時間ほどで納品が終わる予定だったのですが、高さや水平の調整があったり、既に取り付けてあったものをはずして、位置を変えてもらったり、細々したことで思いのほか時間がかかり、2時間オーバー。
帰ったら、すっかり夜になっていました。

一度、仕事から戻ってきたつよさんが、リュウのお散歩を済ませてくれていました。
でも、また出掛けたようで、家に帰ると、リュウがひとりで待っていました。

ガラスのスリット越しですが、ピョンピョンしているのがわかりますか?
080713-22


私が靴をしまったりしていて、リビングに入るのに手間取っていたら、「早く来~い!なにやってんだ~!」的な、リュウの吠え声がしました。

・・・吠えてるし。
う~ん。
森田さんによると、これは犬の方が飼い主より上の意識のなせる業だそうです。
早いとこ、本格的勉強に入らねばっ汗

妹よ、早く森田さんの本を回してくださいっ!←業務連絡

それでも、リュウはすぐに落ち着いて、ひとりでボールをかじり始めました。
080713-23


そして、そのままスイッチが入ったらしく、ごはんを食べたあとも、ずっとボール遊びをしていたリュウ。
つよさんとボールで遊んでもらったあとは、ひとりでまたかじっていました。

今日はお留守番、どうもありがとうね。
080713-24


リュウの大好きなテニスボール、ひょっとしたら、結構大量に調達できそうよ。
こんなことくらいしか、してあげられないのがもどかしいけれど。





  1. 2008/07/13(日) 23:33:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月13日日曜日 朝~午前

ストーカー犬

まゆです。こんにちは。

お散歩を待つリュウ、
080713-1


朝から、下ぶくれ犬です。
080713-2


今日もいつものコースを歩き始めたリュウ。
いつものように遊歩道へ来て、うんぴーをしました。

もうこんなに草が生えてきて、うんぴーの場所も増えたね。
080713-4


そのまま、小さい公園へ。
しかしながら、よくあることですが、この公園を突っ切る道の真ん中で、リュウは突然立ち止まってしまいました。

なんとなく抵抗?
080713-3


大きい公園へ、行きたくないの?
困ったなあ。じゃあ、どこへ行こうか。

「どこにも行かなくていいよ!」
080713-5


歩いてきた道を引き返したら、にこにこ顔になってしまいました。
えっ?まさか、これでお散歩は終わりってこと、ないよね?

・・・・・

終わりでした・・・汗

家の中は、リビングしかエアコンが入っていません。
和室は、普段は夜寝るときくらいしか使わないし、納戸な仕事部屋は、今でこそ、毎日フルに使っていますが、今年の春先までちゃんと動いてしっかり働いていたノートパソコンで仕事をしていたので、暑い夏には、エアコンのあるリビングに来て仕事をしていたんです。
リビングはテーブルも広くて、資料をいっぱい広げられるし、キッチンもすぐだから、お茶もすぐに淹れられるし、仕事をするには快適すぎるくらいで、できればここを仕事部屋にしたいくらい~heart0なんて、勝手なことをほざいていたので、今年度になって、いきなりノートパソコンが壊れ、このクソ暑い納戸な仕事部屋に追いやられてしまった私です・・・
つよさん!エアコン、入れようよーーーーーぉーーーーー!

そのクソ暑い部屋に、毛皮を着たリュウがすぐにやってきます。
私がいると、必ずやってきます。
リュウ、暑いよ。暑いから、リビングにいなさい、と言ったって、動きゃしません。
それで、手招きをしてリビングのソファに座らせると、一旦はそこに落ち着くのですが、すぐにまた、この納戸な仕事部屋にやってきます。
人間の私だって倒れそうに暑いのに、犬のリュウには危険すぎます。
家の中で一番日当たりがよくて、でもエアコンがなくて、その上、デスクトップのパソコンが常時2台稼動しているという部屋。
リビングには、ソファだけでなく、リュウのクッションも置いてあるのに。それも、一番涼しい場所に。

どうやら、私の姿を見ていたい様子。
見ていたいというのは、語弊があるわね。私、そんな綺麗じゃないし。うっしっし。
見ていたいというより、気配を感じていたい、というところでしょうか。

仕方ないので、ギリギリ許せるあたりにクッションを置いてみることにしました。
リュウをそこへ座らせて、時々、にこにこ顔でリュウの方を振り返って、手を振ります。

あんまり嬉しそうじゃないな・・・汗
080713-6


でも、そんなこと言ってられませんもん。
そのうち、リュウも部屋の中に入るのは諦めた様子で、どうにかそこで落ち着き始めました。

「しょうがない・・・」
080713-7


時々、にっこり笑っては両手でリュウに手を振る私。まるでピエロのようです。
人が見たら、頭がおかしいと思われるかもしれません。

さて、これで集中して仕事ができる!
ありがたいことに、今週も忙しいよ~!

ガシガシ仕事をして、ふと気づいたら

きゃ~!!!

あんた、なんでそこにいるのっムカッ
080713-8


リュウは、入口にあったクッションを撤去され、リビングのソファへ連れ戻されてしまいました。

「まゆさん・・・」
080713-9


「ボク、つまんないよ。さみしいよ」
080713-10


そうだよね、私だってリュウの姿が見えないのは淋しいよ。
隣の部屋でひからびていないかって、気になるしね。

仕事の合間にリュウの様子を見に行くと・・・

びっくり

い、いないし・・・

と思ったら、和室にいました。
そこも、そこそこ暑いと思うんだけど・・・

「リビングは、もう、ボク、あきました」
080713-11


リュウ対策をなんとか講じねば。
つよさん!やっぱりエアコンじゃない?(←私の強い願望)


  1. 2008/07/13(日) 12:22:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月12日土曜日 夜

理科の実験

飲み会は一次会で失礼して、早めに帰宅した私たち。
リュウは、リビングのドアのスリットから、こちらを覗いて待ち構えていました。

なんか、今にも飛びつきそうな顔をしています・・・汗
080712-35


帰る途中、アイスクリームショップの前を通ったら、どうしてもアイスが食べたくなってしまったので、つよさんが買ってきてくれました。
狭い店内はぎっしり人で埋まっていて、でもほとんどが20代の若い女性、どう見てもつよさんは浮きまくっていました。

つよさんが、買ってきたアイスクリームを袋から出していると、すかさずリュウがやってきました。

「なんだろう、なんだろう!」
080712-36


ここのアイスクリームを食べるのは、実にウン十年振り・・・

「わ~お!おいしそう!」
080712-37


キッチンで何やらつよさんがゴソゴソやっていると思っていたら、煙をボウボウ吐くボウルを持って出てきました。
ドライアイスにお湯をかけたんですね!

もう、アイスのことなんか、すっかり忘れて見入っているリュウ
080712-38


「その白いのは、なんだろう?」
080712-39


つよさんとリュウのコンビ、傍から見ていると、すごくおかしい!ぷぷぷのぷって感じでした。
下の2枚続きの写真をご覧くださいな!

080712-40


080712-41


ねっ!ぷぷぷのぷって感じに笑ってしまうでしょ?

リュウは煙がもくもくするのに合わせて、なんだか小刻みな、変な動きをしていました。
それを見て、つよさんが大笑いしていたけど、あなただって充分おかしいわ!

「けむりが出なくなっちゃいましたね」
080712-42


「いや、出るんだよ、こうやってぐるぐるかき回すと・・・」
080712-43


「ほんとだ、もくもくしてきました・・・」
080712-44


もくもくしたとたん、腰が引けてへっぴり腰になったリュウ。後ろ脚で踏ん張っていて、変な格好!
私はふたりを横から見て大笑いしていました。

アイスクリームを食べ終えて、酔っ払った勢いでリュウに「背中に乗せて~heart03」とお願いしてまたがると、リュウは背中に乗せてくれました。
もちろん、本気で乗ったら潰れますから、真似だけですけれど。

それを見ていたつよさん、「俺も乗せて」と真似しました。
最初は逃げていたリュウでしたが、つよさんがどこまでも追いかけるので、仕舞いには観念して、仕方なく乗せてくれました。

「ドウドウ~」
080712-45


リュウはちゅーで誤魔化そうとしていました。

酔っ払いのつよさん、それだけでは飽き足らず、いきなり
「おーし、リュウ、散歩に行くぞ~!!!」なんて張り切って、リュウを散歩に誘っていました。
酔った勢いって、すごいね・・・
私は酔ったから、ヘナヘナになってしまったわよ。
とてもじゃないけど、散歩なんて、無理・・・

「じゃ、ふたりで行ってくるね~heart0
080712-46


と、元気に出掛けていったふたりでしたが・・・
あっという間に戻ってきました。

リュウは、マンションの玄関を出ると、すぐの電柱でおしっこをして、それから次の角まで歩いて行って、そこの電柱でもおしっこをして、おしっこが終わったとたん、突然ヘラヘラな顔になったそうです。
そして、ピョンピョン飛んでリードをかじるので、走りたいんだ、と思って走り始めたら・・・

「元来た道を走って戻って、マンションの入口に飛び込んだんだよ。なんだこいつ」

ということだったらしく。
つよさん、「あのヘラヘラ顔はなんなんだ?」とまだ言ってました。

リュウは帰ってきてからもボール遊び。

「おい、リュウ、もっと散歩に行きたかったんじゃないのか~?」
080712-47


「もう、つよさん、じゃまです!」            「ガクッ」
080712-48


あ~あ。あっさりフラれてしまったつよさんなのでした。


  1. 2008/07/12(土) 23:19:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月12日土曜日 昼~夕方

花より団子よりボール!

つよさんが行ってしまったあと、リュウはふて寝していました。
080712-14


な~んてのは冗談、リュウはいつもこんなです。
決してバナナダイエットをしているわけではないのですが、
またしても午前中はバナナ1本で済ませてしまった私。

ひと口だけ、お裾分けね。
080712-15


私がバナナを食べるたびにリュウにあげていたのでは、メタボ犬や糖尿病になる危険性があるから、
本当にひと口だけ。

夕べ、遅くまでいろいろやっていたので、今日は寝不足のせいか眠くてだるくて仕方ありません。
なので、少しお昼寝することにしました。
お昼寝する時間を与えてくださった神さまに感謝!

目を覚ますと、隣でリュウも寝ていました。
夜寝るときもそうなのですが、リュウはぴったり身体をくっつけてきます。
寝ている私に、わざと身体をぶつけるようにして腹ばいになってくるんです。
でも、今日のお昼寝のときには、リュウはリビングにいたの、起きたときに、ぴったりくっついて寝ているリュウを見て、ちょっとびっくりしました。

リュウは、私が起きても、まだしばらく寝ていました。
080712-16


夕方の早い時間に、つよさんが帰ってきました。

「こんどはほんとに帰ってきたの?」
080712-17


つよさんにまとわりつくリュウ。
遂にちゅーに成功!

というより、鼻をかじっています(笑)
080712-18


つよさんがシャワーを浴びに行ってしまうと、またヒマそうに寝そべっていました。

「つまんな~い!」
080712-19


私は、現実逃避したくなったとき、時々リュウになりたくなります。

「ボク、ヒマすぎる・・・」
080712-20


そんなリュウを、少し早い夕方のお散歩に誘ってみました。
リュウは、どういうわけか、お散歩というとボール遊びのスイッチが入るらしく、今日もひとりでボール遊びを始めてしまいました。

080712-21


リュウ、お散歩だよ!お、さ、ん、ぽっ!
と叫んで、ようやく外に連れ出しました。

「ワンタくんこうえんへ行くんだよ」
080712-22


リュウは、お散歩で歩く道はほぼ覚えたらしく、ひょっとしたら、私より正確にわかっているかもしれません。
ワンタくん公園へ行く道も、私はいつも曲がり角を間違えそうになるのですが、リュウが教えてくれました。

「まゆさん、ここでまがるんだよ!」
080712-23


お~、そうでした、そうでした。

この公園ではあまりうんぴーをしないリュウですが、

今日はこの枯れ草の山の上でしました。
080712-24


何故に、こんな場所で・・・

この公園へ来ると、時々リュウに「走ろうぜ~」と誘われるのですが、今日も嬉しそうに突然ピョンピョンと飛び跳ね、リードをかじって誘ってきました。
が、がんばって走るわ・・・ダイエット中だもの!

走ったあとのリュウは、ご機嫌な様子。
080712-25


公園の入口の方で、小さな女の子がパパとママと一緒に、自転車の練習をしていました。
まだ補助輪をつけてはいるものの、ちょっと待って・・・この子、いくつ?このくらいの子って、まだ三輪車なんじゃ・・・というくらいの小さな女の子。
足が届かない、ちょっと大きめの自転車を、それでも上手に乗っていました。
絶対私より上手だわ。私は超が5個はつくくらい、自転車乗りが下手ですから。

リュウも、ずっとその女の子が練習するのを見入っていました。

「あの子、すごいな~!」
080712-26


リュウは自転車には乗れないものね・・・

ワンタくん公園を出て、同じ通りを少し歩いたところにある、もうひとつの公園へ。大人のしっとり公園です。
080712-27


ここでリュウは、珍しくお水を飲みました。ほんのひと口でしたが。
080712-28


お散歩に出掛けるときに、和室に寝転がっていたつよさんが、本格的昼寝に突入していました。

リュウ、さっそくぴったりくっついていました。
080712-29


さてさて、そろそろ出掛ける時間だよ・・・
つよさんを起こして、リュウに、いつもよりかなり早いけれど、晩ごはんをあげました。
リュウがごはんを食べているときに、留守中遊べるようにと、リュウが凛ちゃん公園その1で見つけたテニスボールを、リュウのクッションの上に置きました。

080712-30


すると、リュウったら、ごはんを食べるのを中断して、ボールをもらいに来てしまいました。

「あっ!あのボールだ♪」
080712-31


そして、そのまま、ごはんそっちのけでボールかじりに突入・・・
リュウくん、リュウくん


「なんですか?ボク、いまちょっと、とりこみちゅうです」
080712-32


取り込み中って・・・汗

「カジカジ、カジカジ」
080712-33


う~ん、ごはんも食べてくれよ~と思いながら、遅れるといけないので、出掛けることにしました。
リュウ、お留守番、お願いね。

私たちのことはまるで眼中にない感じで、ひたすらボールをかじっていたリュウ。
なのでしたが・・・

びっくり

どういうわけか、いきなりまたごはんを食べ始めました。
080712-34


なぜにまた、突然?
つよさんとふたりで、大笑いしながら出掛けた今宵なのでした。



  1. 2008/07/12(土) 18:13:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月12日土曜日 朝

ぬか喜び

まゆです。こんにちは。

毎朝、お散歩へ行くときには、何かなければエレベーターではなく、階段を下りていきます。
階段をものすごい勢いで下りていくリュウ。私も覚悟がいります。

「かいだん、おりますよー!」
080712-1


いつものように、遊歩道へ。
梅雨は明けたのかな?このところ、いいお天気が続いています。

このあいだ、禿げ原っぱになった遊歩道脇のスペースも、もうこんなに草が生えてきていました。

「あっというまだね!」
080712-2


ほんとね。
でも、これでリュウも、うんぴーがしやすくなったでしょ。

今日は前に一度会ったランちゃんと会いました。

「こんにちは」
080712-3


元アイドルに、あまり相手にされなかったリュウ。
でも、関係ないみたい(笑)

結構、ご機嫌よさそうです。
080712-4


「ボク、いつだってごきげんだよ!」
080712-5


そうだね、そうだね。
家の中ではジト目になってたりもするけどね・・・

朝日が眩しく輝いています。
遊歩道もピッカピカ。

「ボクもピッカピカだよ」
080712-6


遊歩道の途中の原っぱにある池の縁で、向こう側に飛んで渡ろうとしたリュウでしたが・・・
080712-7


やっぱりやめた~と、私のうしろから橋を渡ってきました。
途中で嫌がることもなく、今日はまっすぐ大きい公園へ。
お寺の鐘のこと、もう忘れたかな?

公園の中へ行くのは嫌がったリュウ、外に近いあたりを少し歩いて出口の方に向かって歩いていたら、ず~っと前を歩いていたわんこが立ち止まってこちらを見ていました。
他の犬を連れた人に、飼い主さんが「あのわんちゃんが気になるみたい」と言っていて、リュウのことでした。

「こんにちは」
「はじめまして」
080712-8


初めてなのに、上手にご挨拶ができたリュウ。
前に比べると、ずいぶんと社交的になってきました。

今日は鐘が鳴ることもなく、無事にお散歩終了。

「あ~、たのしかった!」
080712-9


そんな顔をされると、一日に何度でもお散歩に連れていってあげたくなっちゃうよ!

まだお昼前だというのに、玄関のドアが開いた気配。
ん?つよさん?

「つよさんです」
080712-10


え~、ほんと?こんなに早く?
もう仕事が終わったのかしら???

「リュウ~」
080712-11


仕事が終わったのではなく、これからまた出掛けるそう。
な~んだ。
でも、今日はいつもよりずっと早く帰ってこられるそうで。
今日はつよさんと初めて会ったお店のマスターのお誕生日会で、飲み仲間と久々に会う予定。
つよさんの帰りが遅いので、いつも1次会が終わったころに駆けつけるのだけれど、ひょっとしたら、
今日はもっと早く行かれるかもね。

つよさん、すぐにまた出掛けてしまいました。
リュウ、どういうわけか、リビングのドアのところでお見送りです。

「つよさん、行ってらっしゃい」
080712-12


リュウ、こっちへ来てお見送りしたら?
どうしてそんなところにいるの???

「つよさん、どうしてまた行っちゃったんですか?」
080712-13


ほんと、そうよね~。
っていうか、どうして帰ってきたのかしらね~???

リュウはぬか喜びでがっかりしちゃったのかな?
でも、つよさんは、リュウの顔が見たくて帰ってきたのかもよ!


  1. 2008/07/12(土) 12:08:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月11日金曜日 夜

しあわせな時間

すなをさんが音楽を手掛けたから、という理由で出掛けたミュージカルでしたが、本当にいろいろな刺激やパワーをもらって帰ってきました。
一緒に行ったS氏とやすこ嬢と、ひと息つこうとミュージカルのあとで駅前のミスタードーナツに立ち寄りました。
ちょっと息抜きのつもりで入ったのですが、メンバーが仕事仲間だったので、ミュージカルの感想などを話しているうちに、私たちも、もっと前へ進んでいこう!と、今後の計画や具体的にやるべきことなどについての話し合いが進んでしまい、予定時刻を大幅にオーバー。
海岸チームのメンバーは、それぞれに専門分野の仕事を持ちながら、海岸オフィスでのプロジェクトに参画しているため、毎日のように会って話し合うということができません。なので、話し合いを進めるのは、メールやスカイプなどを駆使するのですが、こうして会って話すと、やはり何倍ものスピードで先へ進むので、予定外でしたが、こういう時間が持てて、とてもよかったです。

ただ、気がかりはリュウ。
地下鉄に乗る前につよさんに電話をしてみたら、もうすぐ家に帰るから、リュウを散歩に連れ出してくれるとのこと。よかった。

駅に着く少し前につよさんから電話がありました。
駅に着いて電話を掛け直すと、「雨降ってるよ!傘、持ってる?今、散歩中だから、持っていってあげる」というので、駅前でつよさんとリュウを待っていました。

リュウは訳がわからずにここまで来た様子。

私に全然気づきません汗
080711-32


リュウ!と声を掛けたら、ようやくこちらを見上げました。

「まゆさんだ~!」
080711-33


人通りの多い道は、リュウが小走りになってしまうので、一本裏の静かな道を歩くことにしました。

バスのヘッドライトを浴びながら、横断歩道を渡ります。
080711-34


そこから、ワンタくん公園に向かって歩くことにしました。
リュウは歩きながらも、時々とっても嬉しそうな顔で、つよさんや私を見上げました。

「みんなでおさんぽ、たのしいね♪」
080711-35


帰ってくると、私は慌てて夕飯の支度。
下ごしらえをしておいたし、つよさんも手伝ってくれたので、あっという間に出来上がりました。

「ボクもごはんです~」
080711-36


リュウは私たちよりひと足先に食べ終わってしまいます。
最近は、ほとんどおねだりに来ることもなくなりました。
たま~に、いつもと違うようなものを食べていると、すぐに嗅ぎつけてやってきますが(笑)

今日もひとりでボール遊びをしていました。
080711-37


かじっているあいだに寝そべってみたり。
080711-38


でも、「リュウ!」と呼ぶと、びっくりしたような、期待満々なような顔で見上げます。
080711-39


つよさんが、何気なくつけたテレビでアニメ映画「ゲド戦記」をやっていました。
途中からだったけれど、なんとなく見入ってしまった私たち。
私は食事も終わったので、椅子から降りて、すぐ脇にいたリュウの横に座りました。

リュウの肩に手をかけて
080711-40


リュウは、時々私の腕を舐めていました。
080711-41


それから、今度はつよさんの方へ
080711-42


テーブルの下をくぐって、つよさんの足元から、ちょこっとだけ顔を出したりしていました。

「つよさ~ん」
080711-43


つよさんがトイレに立つと、気になるのか、ドアに詰め寄っていったり。
080711-44


こんななんでもない時間が、とってもとってもしあわせに感じます。
今日もやるべきことはたくさんあるのだけれど、家族でこうしてゆっくり過ごす時間は、もっと大事。
毎日こんな風に過ごす時間があればいいけれど、いつも忙しがっていて、なかなかゆっくりできないから、今日ぐらい、いいよね。
いつもより、少し遅い時間に夕飯がスタートしたので、寝るまでのあいだに、それほどの時間があったわけではなかったのですが、このしあわせな時間のお陰で、本当にゆったりした気持ちになって、気分がリフレッシュされました。

つよさんも、リュウも、ありがとう。



  1. 2008/07/11(金) 23:39:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月11日金曜日 昼

リュウのファッションチェック

お散歩から帰ってくると、すっかりヒマ犬になってしまうリュウ。
今日もごはんを食べると、夕方までな~んにもやることないモードになっていました。

「は~あ、ボク、ヒマ・・・」
080711-19


いつものように、納戸な仕事部屋にいる私の脇で寝そべっています。
080711-20


ほんと、踏みそうになっちゃうんだよな・・・
下手すると、椅子で踏みそうになっちゃうんだけど・・・
でも、まだ一度も踏んでいません。
そのうち、いつ踏むかわかりませんが。
私、集中すると他に目がいかなくなっちゃう性質なので・・・思いっきりアブナイです。

お昼に気分転換のおやつをちょこっと、ほんのひと口もらいます。
080711-21


今日は夕方出かける用事があったので、支度を始めました。

洗面所にいるあいだ、リビングのドアに詰め寄っていたリュウ。
080711-22


このところ、お留守番続きで申し訳ないんだけど、今日も出掛けてくるから、お願いね。

「はあ~、またですか・・・」
080711-23


リュウ、どんよりしてしまいました汗

今日のお出掛けは、海岸チームのS氏とやすこ嬢と一緒に、仕事でもお世話になっている、西遊記というバンドで活躍中の、すなをさんが音楽を手掛けたというミュージカルを観に町屋まで。

ミュージカルだから、こんな感じで、どう?
080711-24


私が着替えて鏡の前に立つと、リュウは必ず品定めするような顔をして見上げます。

「どれどれ?」
080711-25


そして、立ち上がって、私の周りを回ったり、フンフンと匂いを嗅いだりして、またクッションに座ります。
それはOKの合図かな?
・・・と、勝手な解釈をする私(笑)

靴の用意のために玄関に行き、リビングに入ろうとしたら・・・
じ~っと、廊下の様子を伺っている風のリュウの姿が、ドアのスリット越しに見えました。
ドアには詰め寄っていないけれど、気にはなっているのね。

080711-26


リュウに、もう一度ちゃんとお留守番のお願いをしました。
リュウはいつも優しい顔で聞いています。

080711-27


いよいよ出掛ける段になって、ご褒美のチーズをあげました。
一心不乱に食べるリュウ。

「ちーず、ちーず、ちーず、久しぶりだな・・・、おいしい、ムニャムニャ」
080711-28


リュウ!行ってくるからね!

「まゆさん、もう行くの?」
080711-29


リュウ、そっちじゃないよ(笑)
とにかく、よろしくね。

「あ、そっちでしたか」
080711-30


お留守番ばっかりでごめんね。
できるだけ早く帰ってくるようにするから、待っててね。

080711-31


リュウは無言でお見送りしてくれました。
ちょっと淋しそうだったな・・・
私が淋しいから、そう感じたのかな・・・

リュウが我が家に来て、もうすぐ2ヶ月。
リュウがいない生活が考えられなくなってしまった私なのでした。


  1. 2008/07/11(金) 14:36:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月11日金曜日 朝

わんわんパトロール体験

まゆです。こんにちは。

リュウは朝からつよさんの朝ごはんを狙っていました。
バナナ!バナナは特に危険です。

「バナナ、食べたいな~」
080711-1


つよさん、遂にリュウにバナナをひと口あげてしまいました。

リュウの完全勝利のシーン
080711-2


つよさんが出掛ける時間と重なったので、お散歩に行く私たちと、みんなで家を出ました。
うちに初めて来たときには、エレベーターに慣れていなくて、少々怖がっていたリュウも、すっかり慣れて平気で乗れるようになりました。

「ボク、えれべーたー、だいじょぶになったよ!」
080711-3


いつもはお見送りのあと、反対方向へ歩いて行って、遊歩道や大きい公園へ向かうのですが、今日はそのまままっすぐ歩いていってみることにしました。

久しぶりのワンタくん公園
080711-4


もう、何回か会っているから、全然平気だね。
080711-5


しばらく、リュウと走って過ごしました。
ちょっと辛いけれど、これがあるから痩せられたと思うと、走らずにはいられません(笑)

080711-6


しばらくすると、みなさんが集まってきました。
私とリュウが公園に着いたときに、すでにハスキーのゆうちゃんとゆうちゃんママさんがいて、「夏はね、ここでみんなでラジオ体操をやって、それからお散歩の行くのよ。それで、もっと暑くなったら、もっと早くきて、お散歩してからラジオ体操をするの」と教えてくださいました。
ラジオ体操か~!
知っていたら、もっと楽チンな格好で来たのに・・・

今日は見学。リュウは見学すらしていません(笑)
080711-7


ラジオ体操の最中に、新しいお友達とご挨拶したリュウ。

サンちゃんです。
080711-8


あとから来たコテツくんともご挨拶。

なんだか、リュウの方が積極的?
080711-9


さあ、みんなで連れ立ってお散歩です。

080711-10


犬8頭が遠足のように連なって歩きます。

なかなか壮観です。
080711-11


リュウは団体行動があまり得意ではありません。
でも、今日はちょっと嬉しそうでした。

「みんなで歩くのって、たのしいねラブリィハート
080711-12


途中で、ラブのアクアちゃんたち親子も加わったので、総勢10頭になりました。ますますもって壮観です。


080711-13


みなさん、わんわんパトロールの方たちなので、途中のゴミを拾ったり、飼い主の不始末の糞を片付けたりしながらのお散歩。
公園がいつもきれいなのも、こういう方たちがいるからなんですね。
私もお散歩の途中で、他の犬の落し物を見つけると、拾って帰って始末していますが、これからも続けようっと。みんなでそうやっていくことで、自浄効果のようなものがあればいいな・・・と、ほんの少しの期待もこめて。

リュウとサンちゃんは団体行動が苦手なので、途中の茂みでおしっこしたり、木の匂いを嗅いだり、とってもマイペースに歩いていました。
なので、一番尻尾からくっついていく感じ。
サンちゃんは小さいわんこなので、リュウの更に後ろからくっついてきていました。

080711-14


茂みの匂いを嗅いでいて、すっかりみんなから遅れをとってしまいました。
リュウ、慌ててダッシュです!
おお、みんなについていく気があるんだ。

「みんな、まって~絵文字名を入力してください
080711-15


そうは言っても、やっぱりマイペースなリュウ。
また、何かに気を取られて、遅れをとります。

「あれは、なにかな?」
080711-16


ようやく追いつくと、アクアちゃん親子が、高いコンクリートの台の上にピョーンと飛び乗るところでした。

かっこいいね~!
080711-17


川沿いの道の向こう岸を歩いて、橋を渡ってこちらに戻ってきて一周するという、なかなか楽しいコース。
みんな歩いている途中で、三々五々散っていきます。
最後はアクアちゃん親子、黒ラブのボニーちゃん、ハスキーのユウちゃんと、大きな子たちの中で、ちびっこのリュウひとり、頑張って歩きました。
ユウちゃんと別れ、ボニーちゃんと別れ、リュウはアクアちゃんたちと、最後まで一緒でした。

アクアちゃんたちとも別れたあと、

「ボク、たのしかったよ!」
080711-18


にこにこ顔で振り向いてくれたリュウ。
そっか、リュウ、楽しかったの。
私も楽しかったけど、リュウが楽しかったんなら、もっと楽しいよ。
じゃあ、また時々、みんなとお散歩に行こうね!



  1. 2008/07/11(金) 08:27:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月10日木曜日 夜

浪費家のボール遊び

海岸オフィスから戻ると、リュウが出迎えてくれました。
今日は、ひとつ前の駅で降りて、量販店へ寄ったり、いつも使っているお醤油とごま油を調達したりして、バスで帰ってきました。
バスを使っても電車を使っても、かかる時間はほぼ同じなのですが、用が済んで、すぐのところにバス停があったので乗り込んでしまいました。でも、歩く距離が全然違うので、荷物が多いときには、とっても楽チン。

リュウはおねしょなんて全然していませんでした。
リビングのドアまで出迎えに出て、すぐに自分のクッションに戻り、ボールで遊び始めたリュウ。

ひとりでいるあいだ、ずっとこうしていたの?
080710-30


すぐにお散歩に出掛けました。
遅くなっちゃってごめんね。
待たせて、ごめんね。

いつもの遊歩道で用を済ませたリュウ
080710-31


誰もいない原っぱ、静かでのんびりしていて。
ようやくざわざわしていた心が静まりました。
しゃがんで、リュウを撫でながら、今日のお留守番のお礼を言うと、リュウは顔をペロペロと舐めてくれました。
わたしがぎゅっと抱きしめると、そのままじっとして、それを受け入れていたリュウ。

帰ってきて、足を拭いているあいだ、やっぱり洗面所が気になるらしく、覗く素振りを見せるリュウを、洗面所にお誘いしてみましたが・・・

080710-32


誘われると、嫌みたい汗
お風呂場に突っ込まれるとでも思っているのでしょうか?

それでも、元々覗きたい気持ちがあるリュウは、少しするとゆっくりながら洗面所に入ってきました。

「クンクンクン、このあたりからにおいがするぞ!」
080710-33


「でも、みつからないな~」
080710-34


遂にテニスボールを見つけることはできずに、また私に促されて洗面所を出たリュウなのでした。

ごはんができるのを待つあいだ、リュウはずっとこちらにお尻を向けて、何かしていました。

リュウ、何をしているの?
080710-35


あ、ボールをかじっているのね。
もしかしたら、ひとりでいるときには、ほとんどボールでは遊んでいなかったのかもしれません。

夢中になってかじっていました。
080710-36


時々、手を使ってボールを押さえたりしています。
080710-37


かじっているあいだに、すっかり向きも変わってしまいました。
リュウ、楽しい?

「うん!たのしいよ!」
080710-38


壊れたボールでは絶対遊ばない、浪費家のリュウなのでした(笑)



  1. 2008/07/10(木) 23:42:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月10日木曜日 昼~午後

おねしょ対策

家に帰ってくると、ソファでまったりしていたリュウ
080710-16


でも、時々ソファから降りて、しきりとリビングのドアに詰め寄っていました。
たぶん、洗面所のテニスボールが気になっているのでしょうね。

「向こうに行きたいな・・・」
080710-17


しばらくすると、諦めてソファの上に戻ってきます。

尻尾で顔を隠すように座るリュウ
080710-18


私が洗面所にいると、気配を感じたのでそちらを見ると・・・
080710-19


うっかり開けっ放しになっていたリビングのドアから、顔をちょこっと覗かせたリュウがこちらを見ていました。
覗き込んでいるだけで、リビングから出てきもしないのがリュウらしい。
その様子がちょっとかわいかったので、思わず「クスっ」と笑ってしまったら、リュウはリビングに引っ込んでしまいました。
でも、しっかりこちらの様子は覗いています。

今度はガラス越しに、しかもジト目(笑)
080710-20


今日は木曜日、またお出掛けの日です。
私がいないあいだに、またおねしょをしてしまったら・・・と考えて、クッションのバスタオルやソファのシーツの下に、ビニール風呂敷を入れてみました。
リュウ、座ってみて!
ちょっともそもそするけど、居心地はいかがかな?

リュウは、私がおいで、と手招きするとすぐにやってきて、クッションの上に座りました。
ガサガサとビニールの音がしたりして、絶対普段とは違うと思うのだけれど、気にしている風もなく。

「だいじょぶだよ!」
080710-21


ちょっと変な感じかもしれないけど・・・
ひとまずそれで我慢してもらおうかな。

今日のおやつは大根でした。
080710-22


我ながら、渋いおやつ・・・
でも、生で食べるとほんのり甘い大根だったので、リュウはおいしそうに食べていました。

出掛ける支度をしているあいだ、いつもと変わらない様子で、リュウはずっとソファの上にいました。

080710-23


実は、今朝のお散歩から帰ってきたときに、いつもより大量にお水を飲んでいました。
このあいだおねしょをしてしまったときも、朝のお散歩のあとで、大量にお水を飲んだんだっけ・・・
出掛ける前に、ちょこっと外に連れ出して、おしっこさせておこうかな。
外はものすごい炎天下というわけでもなかったので、ほんの少しならきっと大丈夫。

ポストに投函したいものがあったので、まあ出掛ける途中に投函すればいいのですが、リュウを外に連れ出すにはちょうどいい感じだったので、リュウを誘って外に出ました。

いつもは出掛けない時間のお出掛けだったので、リュウは大喜び。

「わ~い!おでかけですねハート
080710-24


うん、ほんのちょっとだけだよ。
ほら、そこの角を曲がったところにあるポストのところまで。

案の定、ポストへ行くまでに何度かおしっこをしていましたが、結構な量が出ていました。
これで、リュウもかなりすっきりしたと思うから、病気や心的ストレスでない限り、おねしょの心配はなさそう。

あっという間のお出掛けから戻ってくると、

リュウは相変わらずリビングのドアに張り付いていました。
普段は洗面所のドアを開けているので、外に出て戻ってくると、テニスボールの匂いがして思い出すのかな?

リュウ、なにをやってるの?
080710-25


今日も、お留守番をお願いね、とリュウにお願いしました。
そして、コラーゲンチップスをひとかけらあげました。

080710-26


リュウが留守中に少しでも楽しめるように、新しいボールをおろすことにしました。
ボールは全部かじっちゃって、どれもパンクしていたので汗

コラーゲンチップスをバリバリ食べていたリュウに差し出すと・・・

おやつを放り出して、ボールに釘付けのリュウ。
080710-27


そのままボールかじりに突入してしまいました。

散々ボールをかじった挙句に、ようやく食べ残したおやつに気づいたリュウ。
080710-28


私は、「リュウ、リュウ、じゃあね。出掛けてくるから、お願いね」と言ってリビングのドアを閉めたのですが、リュウはこちらをちらっと見ただけでした。

080710-29


しばらくのあいだ、玄関に佇んで中の様子を、息を殺して伺っていると、
リュウはリビングのドアに詰め寄るでもなく、
そのうち、テニスボールが弾む音が聞こえました。

びっくり

リュウ、ひとりでボールを投げて遊び始めたようです。

なんだか、それが「ボク、平気だよ。ひとりで遊べるから、安心してね」と言っているような気がして、
ほっとすると同時に、ものすごく切なくて、
玄関のドアを閉めながら、目に涙が浮かんできてしまったのでした。





  1. 2008/07/10(木) 14:49:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月10日木曜日 朝

ボール遊びに最適な場所

まゆです。こんにちは。

リュウ、おはよう!お散歩に行こうよ!

「ボク、ずっと待ってたよ」
080710-1


早起きのリュウは、早く起きて!と催促したり、お散歩に行こうと誘ってきたりもせず、目を覚ましてからも付き合いよく、私の横で寝そべっていて、私が起きると一緒に起き上がります。

今日は家を出て、最初の角を曲がったところで、凛ちゃんの姿を発見しました。
リュウは凛ちゃんに向かって走り出しました。

「凛ちゃ~ん!」
080710-2


そして、朝のご挨拶。

「凛ちゃん、おはよう」
「リュウくん、おはよう」
080710-3


一緒に遊歩道へ。
遊歩道では、思い思いの場所を散策して、リュウはうんぴーをしました。
凛ちゃんと一緒にいてうんぴーをするのは、初めてのことです。

そうこうしていたら、凛ちゃんの幼なじみのフクちゃんが来ました。
080710-4



リュウと会ってから、フクちゃんに素っ気無くなってしまったらしい凛ちゃんなのですが、今日はフクちゃんと仲良くしていましたよ。

少し離れたところから、ふたりを見守るリュウ
080710-5


しかも、余裕の笑顔です。なかなか頼もしいゾ!
080710-6


少し離れたところにいたわんこちゃんたちと合流。
白いわんちゃんは、前にも一度会ったことのある子で、そのときも、今日も、リュウが気になって仕方ない様子でした。

080710-7


小さい方の子は、まだ6ヶ月の柴犬の子犬の小梅ちゃん。
080710-8


小梅ちゃんは、じゃれたくてじゃれたくて、ハチャハチャしていて、みんなにからみまくっていました。

小梅ちゃんたちと別れて、凛ちゃんとふたりで凛ちゃん公園へ向かってGO!
080710-9


凛ちゃんは、うんぴーギリギリまでのんびりしていて、突然ダッシュをかけて目的地へ滑り込み、用を足すというクセがあって、今日も途中で凛ちゃんが突然走り始め、すっかり遅れをとったリュウでした。
凛ちゃんが用を足し終わったあたりで到着。
凛ちゃん公園その2の真向かいにある、ちょっと綺麗で犬の散歩向きじゃないな、と以前の日記に書いた公園です。

凛ちゃん、「用事は済ませたから、あたし、なんでもいいわ」って感じ。
080710-10


凛ちゃんのママが、「リュウくん、ボール遊びが好きだから、ここはぴったりかもよ!」と言いました。

ボール遊び、やってみる?
080710-11


バッグからボールを取り出したら、急にスイッチが入って、ピョンピョンと飛び跳ね始めたリュウ。
私がバウンドさせたボールを追いかけていました。
そして、GETしたボールをくわえて、隅っこの草のところへ持って行き、そこで腹ばいになってボールをかじり始めてしまいました。

「ここ、きもちいいよ!」
080710-12


まるで、家にいるときみたいに寛いでいるリュウ。
そのうち、寝そべってしまいましたよ!

080710-13


リュウからボールをもらうと、また投げて遊んで、かじって、また投げて遊んで・・・としばらく遊びました。

リュウ、大満足の笑顔
080710-14


帰り道、「今日のお散歩、楽しかった?」と聞くと、リュウは嬉しそうにこちらをちらっと見上げました。

「たのしかったよ!またあそこで遊ぼうね」
080710-15


いつもボール遊びをすると、リュウがくわえたところに砂や土がついてしまい、口の中に砂が残るのか、そのうち、ボールを投げて知らん顔になってしまうリュウ。
でも、あそこならボールが汚れないから、好きなだけボール遊びができるね。
もう少し長いリードを買ったら、もっといいかもね!
ちょっと楽しみが増えた気がした今朝のお散歩なのでした。




  1. 2008/07/10(木) 11:23:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月9日水曜日 夕方~夜

お寺の鐘の後遺症

ずっと寝てばかりいたリュウですが、そろそろお散歩に行こうと立ち上がると、すぐに目を覚ましました。

「おさんぽですね」
080709-30


今日はどこへ行こうかしらね。
前々から、リュウにコングを買ってあげたいな~と思っていて、今日はお散歩の途中でペットショップに寄ってみよう!とひらめきました。
我が家の近くにペットショップが数件ありますが、1軒は普通の人は歩いては行かないだろう距離の場所。お散歩で立ち寄るには、ちょっと遠いかな・・・。それに、リュウがうちに来るときに、食器などをそこで揃えたのだけれど、コングは売っていなかった気がする。
一番近いペットショップにも、コングは置いてありません。
あと2軒、同じ道沿いにあるペットショップのうち、片方はおしゃれそうなお店だから、ひょっとしたらあるかも。今日はそこへ行ってみよう!

リュウと、大きい公園からの帰りに使う道を、逆行するように歩いて行きました。
リュウは、ちょっと「あれ?」と思った様子でしたが、そのままトコトコと歩いていって、すぐのところにある、小さい公園の中に入っていきました。

080709-31


いつもと違うコースだから、リュウはとっても嬉しそう。
080709-32


私の顔を見上げては、笑っていました。
080709-33


その道をず~っとまっすぐ歩いていくと、広い通りに出ます。ペットショップはその通り沿い。その通りを渡って、更にまっすぐ行く道が、例の不思議な道で、今朝、お寺の鐘がゴオォンと鳴った道です。
リュウは、広い通りに出る少し手前で、急に立ち止まりました。

「ボク、この先には行きたくないよ!」
080709-34


リュウ、このまままっすぐ歩いて行って、大きい公園へ行くと思ったようです。
行きたくないよね~。今朝の鐘の音は衝撃だったもんね。もう、二度と御免だと思ってるよね。
リュウがそのまま動かないので、「リュウ、まっすぐじゃないよ。そこの道をこっちに曲がるんだよ」と、いつものように、腕を大げさに振って、これから行こうとする方向を指すと、「それならいいよ!」と、また歩き出してくれました。

通りを渡って右に曲がると、ちょっと変わった色に外壁を塗った、例のペットショップがありました。
今まで、お店があいている時間に通ったことがなかったのですが、今日はお店の前にケージが出ていて、中に1頭、パピヨンがいるようでした。
近くまで来て、あらら・・・ここはペットショップじゃないわ。ドッグホテル?それにしては、中のケージにはパピヨンばかり。ブリーダーかしら?
ともかく、私の思い違いだったので、当然コングは買えず。
仕方ないので、広い通りを少し歩いて、道を渡って、住宅街をブラブラと歩きました。

結局、近所の商店街の中にある公園へ来てしまいました。
リュウが我が家に来たばかりの頃は、ここで毎日、夜のお散歩のときに走り回ったっけ。

今日はうんぴーをしたリュウ
080709-35


商店街を家に向かって歩いて、途中でパンダ公園に寄りました。
リュウはこの公園がどういうわけか、結構お気に入りなんです。
今日も自分から、当然のように道を曲がって、この公園へ入っていきました。

「あいかわらず、こわい顔のパンダだな~」
080709-36


「でも、ボク、もうちっとも怖くないも~ん!」
080709-37


家に戻ってきて、玄関で足を拭いているあいだ、いつもは大人しくしているリュウが、家の中へ入ろうとして大変でした。
鼻をクンクンさせています。なぜ?

足を拭き終わって、私が洗面所で雑巾を洗っているあいだ、リュウがしきりとこちらを気にしている様子でした。

080709-38


洗面所を出て、待たせていたリュウのリードを持ってリビングへ入れようとしたら、リビングのドアに阻まれた洗面所の方を向いて、しきりとクンクンしています。

「クンクンクン」
080709-39


やっぱり何か、洗面所に気になる匂いがある様子。
そこで、はっと気づきました。
昨日の朝、リュウが茂みの中から発掘してきたテニスボール、洗って洗面所に置いてあったんです。
ためしにリュウの行きたい方へ行かせてみました。

「クンクンクン。ボクが気になるのは、この中なんだ・・・」
080709-40


案の定、洗面所の中へ入り込んで、ボールが置いてある方向を見ていました。
普段、リュウはお風呂が怖いのか、洗面所へは入ってこようとしません。
それなのに、どんどん中へ入っていこうとしていました。
やっぱり、目当てはテニスボールだわね・・・
それにしても、本当によく利く鼻だねぇ。

リビングに入ったリュウ。
背中をこちらに向けて、一心不乱に何かやっています。

080709-41


回り込んで見てみると・・・
ああ、やっぱり!

ボールをかじっていました。
080709-42


なんとなく、クッションが手狭な感じね汗
080709-43


しばらくすると、かじりつかれたのか、寝てしまいました。
080709-44


そして、更に時間が経過して見ると・・・

あ~あ、すっかりはみ出しちゃってるよ・・・
080709-45


夜、いつもお布団を敷くのはつよさんの役目なのですが、今日は酔っ払ったまま、リビングの椅子で寝てしまったので、私が代わりに敷きました。
敷布団の上にシーツを掛けるや否や、リュウが布団の上に陣取ってしまいました。
暑くなると、我が家では上に掛けるのはトップシーツだけなのですが、リュウが陣取っていたところは、ちょうど私が寝る場所の足元あたり。トップシーツを掛けると、リュウが埋もれてしまいました。

でも、全然へっちゃらで、出てこようともしないリュウ
080709-46


リュウは無精なところがあると、前の日記にも書きましたが、今日もその無精が出てしまいましたね。
リュウったら、修道女にでもなった気分なのでしょうか。
すっかりその気みたいな顔で、ずっとシーツを被りっぱなしでした。

080709-47


でも、こんなところもかわいいと思ってしまう、心底親バカな私なのでした・・・



  1. 2008/07/09(水) 23:32:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月9日水曜日 午後

はみ出し犬

私がこのブログにかかりきりになっていたので、リュウはそのうちリビングへ行ってしまいました。
しばらくして覗くと、ぐっすり眠っています。

「zzz~」
080709-22


リュウの寝顔を見ていると、とっても幸せな気持ちになります。
リュウは、本当に魔法使いのようだね。

「zzz~」
080709-23


でも、何かがちょっと、いつもと違う・・・
よくよく、リュウの寝姿を見てみました。

あら、ま。
080709-24


お尻がソファからはみ出していますね~!
080709-25


このままでは、落っこちてしまいそうです。
それにしても、この、ダランと垂れ下がった、ふさふさの尻尾がキュートheart03
リュウの尻尾は、くるりんと上がっているときには、トロリーバスのトロリーポールのようで、しかも、その先っぽだけが白くて、とってもチャーミング。
でも、垂れ下がると、これはこれでまたかわいい・・・
と、見入っている、ただの親バカ。

落ちてしまってはかわいそうなので、ほんの少し、ソファの上でバランスを取ってリュウの身体をずらしてあげました。

動かされても、寝入っているリュウ。

「zzz~」
080709-27


頭の方から見ると、脚を投げ出したような格好に見えます。
真剣に寝ている姿、本当に愛らしい。

「zzz~」
080709-28


しばらくすると、納戸な仕事部屋へまた戻ってきたリュウ。
でも、やっぱり眠りこけていました。

「zzz~」
080709-29


お散歩まで、こうして、ほとんどの時間を寝て過ごすリュウなのでした。


  1. 2008/07/09(水) 18:42:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月9日水曜日 朝~昼

ゴォンとお寺の鐘が鳴る

まゆです。こんにちは。

今朝もいつものようにお散歩に出掛けました。
080709-1


禿げ原っぱでうんぴーをしたリュウ。
やはりまだ、写真ボイコット中の様子。

「ふーんだっムカッ
080709-2


普段、家にいるときにカメラを向けても嫌がらないのに、お散歩のときは嫌みたいです。
リュウは途中で鳩を追いかけようとして、私に引き止められました。

「ハト、まて~!」
080709-3


写真を撮られるのは嫌だけど、気分は概ね良好の様子。
080709-4


写真、ブレまくりでごめんなさい汗

遊歩道の途中の、池のある原っぱに来ました。
ここを散策するのも好きなリュウ。
ここはクローバーがいっぱいなのですが、四葉はなかなか見つかりません。

橋を渡って、道に戻ろう!
080709-5


リュウ、今日はなんだか慎重に歩いていますね。
080709-6


時には、橋を渡る私の横を、ピョーンと池を飛び越えていくこともあるのですが。
今日は嫌がらずに歩いたので、大きい公園へ向かいます。

気分は上々の様子。
080709-7


またしても、ブレまくり写真でごめんなさい汗

公園の手前で横断歩道を渡って
080709-8


大きい公園に到着しました。

「こうえん、きもちいいな~♪」
080709-9


公園の真ん中付近で、小さいわんちゃんたちが大勢集まっているのが見えました。
リュウはそれを見て、中には入りたくないと言うので、公園の外側を歩いて、いつも帰るときに出る出口の方向へ向かいました。

また横断歩道を渡って、例の不思議な道に入ります。
途中でおじさまがひとり、「楽楽荘 楽しく遊んで学ぶ」と書いてある建物の入口から中を覗き込んでいました。
私も覗いてみると、入口に置いた台の上で、猫が爪とぎをしていました。
でも、なんだかちょっと様子が・・・
おじさまがこちらを振り返って、「本当はもう1匹いるんだよ」と言って立ち去っていきました。

リュウ、ご対面してみました。

「ちょっと怖そうな猫さんだな・・・」
080709-10


猫は、リュウを見つけると、思いっきり身体をガラスドアにくっつけて、まるで猫の拓本状態でした。
さっき、様子が変だと思ったわけがわかりました。猫は爪とぎをしていたのではなくて、下に敷いてあったカーペットを引っかいていたんですね。それで、時々爪が引っかかってしまって、ちょっと変な動きになっていたのでした。
猫のご機嫌がよろしくないようだったので、早々に退散しました。

しばらく歩くとお寺があります。
ちょうどお寺に差し掛かったあたりで、突然、ものすごい音が鳴り響きました。

ゴオォォォォ~ンびっくり

リュウ、その音で、びっくりして飛び上がったかと思うと、スタコラサッサと走り始めました。

「怖いよ、怖いよ、こわいよ~~~ビックリマークビックリマークビックリマーク
080709-11


ちょうど真上に鐘があったようで、ものすごい音だったことは確か。
人間の私もびっくりしたのだから、耳のいいリュウには、どれほどの爆音に聞こえていたことか。
パニック状態になるのも、無理ありません。

不思議な道のはずれまで来て、道を渡ったところで立ち止まり、しゃがんでリュウを抱きしめながら「びっくりしたね、びっくりしたね。でも、大丈夫よ。あそこはお寺で毎日鐘を鳴らしているの。今日はたまたまその時間に通っちゃったね。でも、もう大丈夫よ」と言いました。
リュウもようやく落ち着いて、私の顔をペロペロと舐めました。
「リュウ、何があっても、私がリュウのことを守ってあげる。だから、安心してね」と言うと、また、ペロペロと顔を舐めてくれました。
はあ~、これでまたひとつ、大きい公園を嫌がる要因ができてしまった気がします・・・

家へ帰ってくると、リュウはクッションやソファではなく、フローリングの床に寝そべっていました。

080709-12


冷たくて気持ちがいいのでしょうね。
キッチンにいる私がリビングに出て行くたびに、顔を持ち上げるリュウ。

「ごはん、まだ?」
080709-13


そのうち、猫さんみたいにグルーミングを始めました。

080709-14


リュウ、そろそろお風呂に入れないと。
自分でグルーミングを始めたということは、その合図のように思います。
撫でると、そこの毛が元に戻りにくくなっているくらい、ちょっと脂ギッシュなオトコになっているし、額のあたりはダシ昆布の匂いがして、いいダシが出そうなくらい。
前回大暴れだったので、今回も相当の覚悟で挑まねば・・・

ごはんを食べ終えて、私がいる納戸な仕事部屋にやってきたリュウ。
静かだと思ったら、またもやグルーミングに余念がない様子。
そのうち、お尻をペロペロと舐め始めました。

080709-15


リュウ、リュウ!

「なんですか?」
080709-16


どうしてお尻をペロペロするの?かゆいの?

私の質問を無視して、またお尻をペロペロしていました。

080709-17


そして、「カッ!」と何やら吐きそうになっていました。
それが3回ほど続いたので、リュウに「やめなさい!」と言いました。
やめろと言ったって、相手は犬ですから、すぐには聞きませんでした。
そこで、リュウがお尻に顔を向けたところで、手で制して「リュウ、そのうちお風呂で洗ってあげるから。今日は舐めるのをやめなさい」と言いました。

3回くらいそんなことを繰り返しました。

私が話しかけるたびに、神妙な面持ちで聞いているリュウ
080709-18


お尻を舐めようと顔を向けて
080709-19


舐めるのをやめていました。
080709-20


おおおお!
私の願いを聞き入れてくれた!
かなり感動~オレンジのきらきら

そのうち、寝入ってしまったリュウ
080709-21


今日は吐きそうになっていたからやめさせたのですが、本当のところ、やめさせてよかったのかどうなのか、わからずにいる私。
きっと、リュウは今まではずっと、自然に自分で自分の身体をお手入れしてきたのでしょうし、それは自然なことなのだとも思います。
放っておいて、いいものなのか。
勉強しなければならないことが、山のようにあると感じた今日なのでした。







  1. 2008/07/09(水) 12:25:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月8日火曜日 午後~夜

いつもと違う散歩道

今日、私は先週の疲れが出たのか、身体がだるくて仕方ないので、2時間ほどお昼寝をしました。
目を覚ますと・・・

リュウも横で寝ていました。
080708-19


つきあいのいい犬オレンジのきらきら

少しすると、リュウも起き上がってリビングに来たので、おやつを食べることにしました。
今日のおやつは・・・

キウイ!
080708-20


くだもの恐怖症の私でも食べられる、甘いキウイでした。
私、酸っぱいくだものが苦手で、酸っぱいかもしれない可能性のあるくだものを、ついつい食べずにいてしまう、という悪いクセがありんです汗

キウイを食べ終わると、リュウはまたお昼寝してしまいました。
私が立ち上がったり、他の部屋へ行ったりすると、そのたびに目を覚まして、なんとも言えない顔でこちらを見上げます。

080708-21


今日は体調がいまひとつなので、計画していたことは全部明日に回して、ゆっくり過ごすことにしました。
クッションも洗おうかとちらっと思ったのですが、身体がだるいのに、無理してやることないな、と思ったのと、お天気が不安定で降りそうな、降らなさそうな変な感じだったので、今日はやめにしておきました。

ゆっくり過ごしたお陰で、夕方、リュウのお散歩に行くころには、少し気分がよくなっていました。
リュウ、お散歩の最初は張り切っています。

「お散歩、お散歩~♪」
080708-22


遊歩道のあたりまでは、すごく嬉しそう。

「ラんララランランラン♪」
080708-23


でも、小さい公園の途中で、スタックしてしまいました。
このところ、このパターンが結構多く、こういうときは、大きい公園へは行きたくないんだな・・・と考えます。
他の犬と会うのが嫌なのかな?そうかもしれません。

「ボク、いやだ~!」
080708-24


う~ん、どうしようか。
どこへ行こうかしらね。
ここまで来ちゃったから、ワンタくん公園は遠いしね・・・

そこで、ひらめきました。
そう言えば、ほら、凛ちゃんママに教えてもらった川沿いを歩くコース、そっちへ行ってみようか?

嫌だ~と、リードを引っ張っているリュウに、まっすぐ行ってあっちへ行こうよ、と指で示すと、リュウは「それならいいよ」というような顔で、また歩き出してくれました。

川沿いの道までは、ちょっと歩いたけれど、まっすぐだったのですぐにわかりました。
こちら側の岸には、川っぺりをず~っと歩いて行かれるスペースがありました。
向こう側はどうかしらね。さっき、橋があったから、きっと歩けるよね。
もう少し先まで行ったら、今度は向こう側を折り返してみようか。

川はどこまでも続いているようだったので、適当なところで向こう岸に渡って、折り返してきました。
折り返す方の道は、川の外側を歩くようになっていました。
あまり面白くありません。
すぐに橋を渡って、またさっきの側を戻るように歩いていきました。

川の縁には、フェンスも何もありません。
080708-25


リュウ、たまにはここへ来るのもいいね。
080708-26


いつか、もっとずっと先まで歩いてみようか。
080708-27


川のはずれで、大きな通りに出たので、そこを左に曲がって、凛ちゃん公園その1へ行きました。

080708-28


リュウ、今朝ボールを取ったのに、すっかり忘れたように、またロープの向こうに入り込んで探していました。
そして、あれ?ないよ、という顔で戻ってきました。

「おっかしいな~。ボール、どこへいっちゃったんだろう???」
080708-29


リュウ、リュウ!
ボールはうちにあるよ。
今朝、自分で取ってきたんじゃない。
思わず笑ってしまいました。

家に戻ってきて、夕食を食べ終えると、つよさんと遊ぶ時間です。
リュウは、なんだか最近、自分でそう決めているみたい。
私たちがごはんを食べ終えると、つよさんの横に張り付いています。

「つよさん、きょうもあそぼうよ」
080708-30


「お前、かわいいヤツだな」
080708-31


「つよさんもかわいいです~ハート
080708-32


あ・・・そんなことは言ってないか汗
でも、いや、言ってるかもしれません。
そのくらい、夜はつよさんとラブラブなリュウなのでした。



  1. 2008/07/08(火) 23:30:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月8日火曜日 朝~昼

戦利品

まゆです。こんにちは。

「おはよございます」
080708-1


今日のお散歩は、いろいろと事件がありました。
いつものように、遊歩道を通って小さい公園へ行ったのですが・・・

080708-2


入口のところで、小学校高学年くらいの女の子がふたり、黒い猫を抱いていました。
まだほんの小さい子猫のようでした。

公園の真ん中付近へ来たときに、リュウが急に立ち止まって、その子たちのいる方をしきりと振り返って見るんです。

「気になるな~」
080708-3


前に進もうと思っても、リュウが立ち止まってしまって、何度も何度も振り返るので、遂に戻って行くことにしました。
通り過ぎたときにはピンとこなかったのですが、こうして眺めていると、なんとなく不自然な光景だということに気づきました。

080708-4


私たちが行くと、お散歩のときに時々行き会う、ミニチュアダックスを連れた女性が、女の子たちと話しているところでした。
どうやら、少し前に捨てられていた子猫を、隠しながら育てているということのよう。今日も子猫にごはんをあげにきていたようでした。

子猫はとっても痩せていて、何度かくしゃみをしていました。
「もしかしたら風邪をひいてるかもしれないね。一度、病院に連れていった方がいいと思うよ。おばちゃん、お金出してあげるから、病院に連れて行きましょう」と、その女性が言いました。
「それから、暖かい毛布とかも必要だよ。おばちゃんちに、これから来られる?時間があるなら、一緒にいらっしゃい」

そんな話をしているところへ、ふたりの女の子のうちのひとりの母親が、自転車で女の子を迎えに来ました。
女性が、母親に「捨てられた子猫を助けたんですってね。お嬢さん、偉いわね。でも、このままじゃ、この猫、死んでしまうかもしれないですよ。ちゃんと病院へ行って見せないと。それに、まだ小さいから、ミルクじゃないとダメだと思う。牛乳じゃだめで、猫のためのミルクを売っているから、それを買って与えないと」と言いました。
母親は「はあ・・・そうなんですか」と、なんだか心もとない感じで返事をしていました。
女性は「命なんですから」と言って、この母親には任せられないと判断したらしく、もうひとりの女の子と、夕方またここに来るから、と会う約束をしていました。

リュウには、あの黒猫が捨て猫だったということがわかったのかもしれません。
私は何も考えずに、脇を通り過ぎてきてしまったというのに。
自分で自分が情けなくなりました。
リュウは、自分が一度捨てられたことがあるからわかったのかな。
それで、同じ境遇のあの子猫が気になって仕方なかったのかな。
私ったら、何もわからずに、脳天気に通り過ぎてきてしまったよ。
なんで気づかなかったんだろう・・・
そのことが、本当にショックでした。
私、バカな人間だよね・・・

女の子たちは、茂みの影からダンボール箱を取り出して、中に子猫を入れました。
ミニチュアダックスを連れた女性も立ち去ったので、私たちもお散歩の続きをすることにしました。

080708-5


少し歩いて、やはり気になるらしく、リュウは女の子たちの方を振り返って見ていました。
080708-6


私はリュウに、「あの人がついていてくれるから、きっと大丈夫よ」と言いました。
そして、もしまた今度こういうことがあったら、今度は私が声を掛けようと思いました。

さてさて、凛ちゃん公園コースを歩き、凛ちゃん公園その1へやってきました。

リュウ、相変わらず猛烈な勢いで、ロープの中へ入っていこうとしています。
080708-7


私はリュウに「リュウ、ダメだよ」と言いながら、リードを引っ張り返していたのですが、一体、リュウは何に反応してこんなに引っ張るのだろうと、茂みの中を目をこらしてよく見てみました。
すると、リュウが向かっていこうとしていた先に、黄色いものがちらっと目に入りました。
もう一度、よくよく見ると・・・テニスボール!
リュウ、あのテニスボールが取りたかったんだ!!!

私は、リュウにボールを取らせることを決心し、リュウがボールに届くように、思い切りリードを持った手を伸ばしました。
リュウ、一生懸命に取ろうとするのですが、もう少しのところで届きません。
私は少し身体を傾けて、リュウが更に奥へ行かれるようにしました。
・・・ようやくGETしました!

リュウ、ニコニコして、とっても嬉しそう。
080708-8


戦利品のテニスボール
080708-9


どうしようかな、と思ったけれど、持って帰ることにしました。
リュウ、これ、きれいに洗って、乾かして、そうしたら遊べるからね。

「ボクのボールになる?」
080708-10


うん。そうだよ~!

「やった~ハート
080708-11


帰る道々、リュウは本当に嬉しそうでした。
リュウ、テニスボール見つけて、嬉しいね!

「うん、嬉しい!」
080708-12


ほんとに、よかったね!

「うん!よかった!」
080708-13


家に帰ってきてから、せっかくボールを探し当てたリュウに、別のボールをおろしてあげることにしました。
リュウは、ボールを見て、私につかまり立ちをしてきました。

はい、ボール。
080708-14


「ありがとう♪」
080708-15


リュウは、ボールをくわえて和室に行くと、そこで腹ばいになってかじり始めました。
080708-16


しばらく和室にいたと思ったら、いつの間にか納戸な仕事部屋へ移動していたリュウ。
背中をこちらに向けて・・・

なにやってるの?
080708-17


やっぱりボールかじりでした。
080708-18


よほど嬉しかったらしく、ず~っとずっとボールで遊んでいたリュウなのでした。



  1. 2008/07/08(火) 13:00:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月7日月曜日 夕方~夜

凛ちゃんに叱られる

洗濯しているあいだに、すっかり夕方になってしまいました。
あまりにいろいろ洗いすぎて、リュウのクッションのカバーを干す場所がなく、仕方なくリビングの椅子に掛けて干す始末・・・

080707-17


お散歩、行こうか。

「おさんぽのこと、わすれてるかと思ったよ!」
080707-18


忘れたりしないよ~。
ただね、ちょっと忙しかっただけよ。

今日も遊歩道に向かって行ったのですが、小さい公園に入るのもためらっている様子のリュウ、じゃあ、どっちに行く?と聞いたら、考え込んでしまっていました。

080707-19


遊歩道の脇の原っぱの中も、入ろうかどうしようか迷っていたリュウ
080707-20


と、そこへ、凛ちゃんがやってきました。

「リュウくん、こんにちは」
「凛ちゃん、こんにちは」
080707-21


凛ちゃんママが大好きなリュウ、凛ちゃんママのあとにくっついて歩いていました。
080707-22


やれやれ、助かった・・・
このまま途方に暮れるところだったんだけど、これでお散歩ができるわ。
凛ちゃんと一緒なら、大きい公園だって嫌がらずに行くだろうし、それでなくたって、どこだっていいのよ、お散歩ができれば。

リュウ、凛ちゃんママに撫でてもらいました。
080707-23


いつものように、凛ちゃんと仲良く並んで歩き始めました。
080707-24


ところが、この少し先で、凛ちゃんが匂いを嗅いでいるところを、後ろからリュウが忍び寄ってクンクンしたものだから、凛ちゃんに「ワン!」と叱られてしまいました。
凛ちゃんは超マイペースなので、自分のペースや考えを邪魔されるのが嫌みたい。
リュウは、思いがけず凛ちゃんに吠えられて、かなりびっくりした顔をしていました。
凛ちゃんの代わりに、凛ちゃんママがリュウに謝っていました。

でも、リュウは全然へっちゃらで、いつものように凛ちゃんの後ろを歩いていました。
この、一歩引いたところが凛ちゃんにはいいらしく・・・凛ちゃんは、横を並んで歩くのも嫌がることが多く、ましてや、自分の前を歩くなんて、そんなわんこは許せない!というタチなのですって。

凛ちゃん公園その1へやってきました。
ここで、リュウはまたしても、先日から気になっているロープの中へ入りたくて、私がダメ!と引っ張り返しているのに、しつこく中へ入って行こうとしていました。
そこへ、一発、またしても凛ちゃんの喝が入りました。
リュウ、びっくりして、それからシュンとして、ロープの中へ入るのはやめにしたみたい。
いや~、凛ちゃん、助かったよ!ほんとに。

それにしても凛ちゃんの一喝、迫力ありました。
まるで、「ダメっていわれてるのに、うるさいわよ!あたし、しつこいオトコ、嫌いなの!」って言ってる感じでしたもの。

でも、リュウはすぐに気を取り直したようで、ご機嫌でした。
凛ちゃんと一緒というだけで、ご機嫌なんだもんね。

「うん。ボク、凛ちゃんに叱られても、平気だよ!」
080707-25


途中で、パレットちゃんという猫ちゃんに遭遇。
凛ちゃんママが、パレットちゃんの飼い主さんがお引越ししちゃってからも、ずっとこのあたりにいると話しているところへ、すぐお向かいのおうちからおばさまが出てらして、「今はうちで飼ってるのよ」とおっしゃいました。
パレットちゃんの元の飼い主さんが、マンションへ引っ越すことになり、連れて行くことができないから、お願いしますと言われ、引き取ったそうです。
パレットちゃんは猫は好きではないけれど、犬が大好きな変わった猫ちゃん。
毎朝夕、飼い主さんの息子さんと一緒に、お散歩もするんですって!

リュウは、ちょっと怖々、離れたところから見ていました。
080707-26


パレットちゃんの飼い主のおばさまとしばらく立ち話をしているあいだに、犬たちはすっかり飽きてしまったもよう。
リュウ、しっぽがダランと下がっちゃって・・・

私がちらっと見たら、こんな訴えるような顔をしていました。
080707-27


凛ちゃんもすっかり飽き飽きという様子になったので、おばさまとさよならしました。

今日のコースは、凛ちゃん公園を最初に教えてもらったときと同じコースでした。
でも、途中、この少し先に川があって、川沿いを歩くコースがあると、凛ちゃんママが教えてくれました。
今度、行ってみようね。

凛ちゃんとバイバイする分かれ道。

「凛ちゃん、バイバイ。またね」
「うん、またね。リュウくん、今度はオトコらしくしてね」
080707-28


名残惜しく、ダラダラと話をしていたら、そこへ別のわんこがやってきました。

リュウ、少々怖がっていたようですが、一応ご挨拶。
080707-29


凛ちゃんママが、あの子はミニチュアコリーなんですって!と教えてくださいました。
ミニチュアコリー!そんなのがいるのね。
確かに、ちょっとシェルティーとは違う気がしたわ。

さてさて、家へ帰ってきて、ごはんを食べたあと、またしてもつよさんがリュウに「右、左」の特訓をしていたようです。

「左!おーしおし」
080707-30


って、つよさん、嬉しそう・・・

ではここで、こっそりとつよさんの親バカっぷりを、ほんのちょっぴりご覧に入れましょう!



今日の締めくくりはこれ。
がっかりしないでね・・・



  1. 2008/07/07(月) 23:17:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月7日月曜日 朝~午後

洗濯三昧


まゆです。こんにちは。

今朝は雨が降っていました。

お散歩までのあいだ、待ちくたびれたようにソファに寝そべるリュウ
080707-1


つよさんも出掛ける時間で支度をしていたのですが、ひと足先にお散歩に出てきてしまいました。
リュウは住宅街コースを選んで歩き出したのですが、途中で止まって、それからマンションの方を振り返って、しばらくじっとしていたかと思ったら、元来た道を戻ってしまいました。
どうやら、つよさんをお見送りするつもりのようです。

マンションの脇の出入り口からつよさんが出てくるのを待つリュウ。
080707-2


つよさんがなかなか出てこないので、中に入って待つことにしました。

「つよさん、まだかな~」
080707-3


本当になかなか出てきません。
まさか、また寝てしまったなんてことは、ないよね・・・

「つよさん、おそいですね」
080707-4


ほんとに遅いね~。
でも、大丈夫。きっともうすぐ出てくるよ。

・・・と言っていたら、本当にすぐにつよさんが出てきました。
リュウ、嬉しそうに後ろからくっついて行って、つよさんに頭をつんつんされていました。
つよさん、リュウが待っていてくれたから、嬉しかったみたい。

080707-5


ニコニコしながら、つよさんと並んで歩くリュウ
080707-6


リュウは、もうちゃんとお見送りのつもりでいるらしく、つよさんのバイクを追いかけようとしたりはしなくなりました。
バイクはちょっと怖いみたいで、エンジンがかかると、それまでつよさんにくっついていても、少し離れます。

「つよさん、いってらっしゃい」
080707-7


今日も、後ろ姿が見えなくなるまでお見送りしたリュウ
080707-8


さてさて、今日は凛ちゃん公園コースを行きました。
途中の住宅地図で、凛ちゃん公園の先に、もうひとつ公園があることがわかったので、そちらまで足を伸ばしてみることに。

細長い公園。またまたちょっと趣が違います。
ブランコやお砂場があったりして、子供の遊び場という雰囲気。

080707-9


ゆっくり歩いて、凛ちゃん公園その1へ向かいました。

今日も鴨を探すリュウ
080707-10


烏除けのネットが取り外されていました。
これでまた鴨が戻ってくるでしょうか。
リュウがいるから、戻ってこないかもしれません汗

それにしても、リュウはまたしても例の場所でロープの中へ入るといって聞きませんでした。
本当に、一体何があるっていうの~?
必死に引っ張って、公園の外へ出ました。やれやれ・・・
それから、凛ちゃん公園その2へも寄って、うんぴーを済ませ、遊歩道へ戻ってきました。

それにしても、こざっぱりしたな~、この原っぱも遊歩道も。
087070-11


リュウ、なぜか嬉しそうです。
080707-12


雨、大降りじゃないけれど、長い時間外を歩いていたから、リュウもいっぱい濡れちゃったね。

「うん。ボク、いっぱい濡れちゃった」
080707-13


リュウの顔の模様がにじんで見えるから、いっぱい濡れたのが、触らなくてもわかるよ。
080707-14


さてさて、家に帰ってきてからは、雨だというのに洗濯三昧でした。
ただですら毎日洗濯機を回さなければならないのに、仕事ばかりしていて、洗濯そっちのけだったので、溜まりに溜まった洗濯物。
プラス、リュウのおしっこ被害に遭った、クッションのカバー、布団カバー、シーツ、バスタオル、それからクッション。
今日になったら、匂いが更にひどくなって、もう耐えられなくなったので、クッションからカバーをはずし、バスタオルと、昨日ひっぺがした布団カバーとシーツと一緒に洗濯機にぶち込みました。
クッションも洗うつもりだったのだけれど、今日はお天気が悪いのに、サイズは小さいとはいえ、布団のような分厚いものを洗ったら、いつ乾くのかわからないし、干す場所もないし、クッションだけは断念しました。
でも、絶対に洗ってやる~!!!もう決心しました!
だって、そこにあるだけで臭いんですもの。頭が痛くなりそうです。
なんだか、このクッションひとつで、家中のものが全ておしっこくさい感じがしてきて、憂鬱な気分になりそうだったので、クッションを丸めて、和室の隅っこに突っ込みました。洗う日が来るまで、そこで大人しくしていてもらうつもりです。

お布団は、袋状になったシーツの上に更にシーツをかけてあったし、袋状のシーツがダニを通さないという、非常に目のつまったもので、普段洗うときにも、なかなか水分が浸透しないくらいのものなので、それが幸いして浸み込んでいない様子でした。不幸中の幸いとでもいうのでしょうか。

私が洗濯にかかりっきりになっているあいだのリュウは・・・

相変わらず、ヒマ犬丸出しな感じ。
080707-15


時々納戸な仕事部屋へ行って、眠りこけたりしていました。
080707-16


今日は洗濯しかしなかったかも!というくらい、洗濯三昧な一日だったのでした。



  1. 2008/07/07(月) 18:33:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月6日日曜日 午後~夜

犬のおねしょ?

今日は本当にじっとり湿っぽく、しかもお天気がよくて暑い一日でした。
つよさんと喪服を着て、つよママの家まで歩くこと20分。
いつもなら10分ちょっとで到着の道のりですが、ものすごく暑くて早く歩けなかったのと、農家の方がご自宅でやっている、お野菜の直売所で、いんげんとじゃがいもを買っていたのとで、20分もかかりました。あぢーよー!

つよママの家から法要の会場までも5分ほどのところだったのですが、暑いのと、家族みんなで連れ立って、ぺちゃくちゃおしゃべりしながらダラダラ歩いたのとで、10分ちょっとかかりました。あぢーよー!

法要が終わり、つよママの家に戻って、みんなで食事。お寿司をとったのですが、いろいろあって到着が1時間ほども遅れ、仕切っていたつよさんは珍しく、ちょっとイライラしている感じでした。
でも、つよさん、以前はこういう場合にも仕切ったりしなかったらしいのですが、おとうさんが亡くなって、急に長男としての自覚が芽生えたのか、長男らしいことをきちんとやるようになったんです。
人間、変われば変わるものです。

食事が終わって、すこしのんびりしてから、また歩いて帰りました。
車で来ていた妹夫婦に「乗せてってあげようか?」と言われたけれど、反対方向だし、お腹がいっぱいで苦しかったので、少し歩きたかったし、それで歩くことに決めました。
ですが~、ちょうど3時前の一番暑い時間帯。なんていうんでしょ、このジメジメした暑さ。
まるで水槽にぶち込まれて、外から熱を当てられている両生類になった気分でした。
私たちは熱帯生物じゃな~い!!!と叫びたい気分で、でも叫ぶと余計に暑くなりそうなので、ふたりで無言で黙々と歩きました。
よりによって、このクソ暑い中を、真っ黒な喪服を着て歩くとは、あぢーよ、あぢーよ、あぢーよーーー!

途中でつよさんが「アイス買っていこうか?」と言うので、ちょっと迷って「うん」と答えました。
迷ったのは理由があって、アイスを買うには、ほんの少し遠回りをしないといけないのですが、そのほんのちょっとの遠回りも億劫なくらい、ものすごく暑かったんです。でも、アイスの誘惑が勝ちました。

家に到着したら、リュウのために冷房していた部屋は涼しくて別天地!急に生き返った気分。
ふたりで、暑苦しい喪服を脱ぎ捨て、涼しい格好に着替えて、アイスを食べました。

リュウにアイスはないけど、冷蔵庫の中から氷をひとかけら出してあげました。
リュウ、氷は初めてだったのかどうなのか、最初はペロペロと舐めているだけでしたが、そのうちガリっとかじって食べたり、残りをまたペロペロ舐めたりしていました。

「つめたくて、おいしいな~♪」
080706-18


アイスを食べ終えると、だいぶ身体が楽になりました。
実はこのあとも用事があって、出掛けなければならなかったのですが、あまりにくたびれたので、少しお昼寝をすることにしました。

つよさんがお布団を敷いてくれたので、そこで倒れこむようにして寝ると、リュウも来て、一緒に寝ました。

目覚ましが鳴って、慌てて飛び起きると、いけない!寝坊だ!最初に鳴ったときに、ふたりとも起きなかったらしい・・・。
行こうと予定していたのは、私が以前勤めていた事務所の所長が入院したというので、そのお見舞いでした。
早くしないと夕飯時になってしまう~。

私が飛び起きると、リュウも飛び起きました。
何気なくリュウが寝ていたところを見て、シーツが濡れているのに気づきました。
あれ?なんだろう???
匂いを嗅いでみたら、なんだか変な匂い。
原っぱで、時々もわ~っと立ち上ってくる、あんまり芳しくない、そんな匂い。
ひょっとして、おしっこ?
リュウ、おねしょしたの???

聞いても、答えるわけはなし。
それより、早く出掛けなければ、と焦っていたので、またアタフタとふたりで支度を始めました。

リュウ、再びの不穏な動きに、何やら勘づいた様子です。
080706-19


リュウ、よくぞ気づいたね。
そうなの、一日に2回もお留守番なんて、本当に申し訳ないんだけど、どうしてもリュウを連れて行かれない場所なのよ。

「ふ~ん」
080706-20


だから、お願い!

「わかったよ。ボク、もういちどお留守番するよ」
080706-21


リュウを置いて、再びふたりで出掛けました。
今度は車に乗って。
そこで、大変なことが発覚。
なんと!エアコンが効かない!!!
え~!この季節に?
つよさん、いろいろいじくって「コンプレッサーが動いてない」と言っていました。
修理したら、いくらかかるんだろ・・・汗
でも、修理しないことには、リュウを乗せては走れません。それは困る!絶対困る!
夏休みには、私の実家へ車で帰る予定にしていて、そのときにリュウも連れて行こうと思っているし。

目的地の病院は比較的近かったし、夕方になっていたので、窓を開けると涼しい風が入ってきたので、今日のところはそれほど支障なく移動することができました。
所長、思っていたより元気で、ほっとしました。
肺に水が溜まったのと、貧血と、ダブルだったそうです。
既にお見舞いに来ていた方々とも顔見知りだったので、話が弾んでしまい、予定より大幅に長居してしまいました。

大急ぎで帰ると、リュウはいい子で待っていてくれました。
帰りにつよさんと相談して、私が夕飯を作るあいだに、つよさんがリュウのお散歩をする、という算段になっていたので、つよさんがさっそくリュウをお散歩に誘うと、リュウは大喜び。

「つよさん、ボク、まってたよー!」
080706-22


ドカドカとふたりで出掛けていきました。

夕食は、つよさんの希望で超簡単な納豆パスタだったので、ふたりが帰ってくる前にできあがってしまいました。
私は、リュウのクッションが少し曲がっていたので、整えようとして、気づきました。
クッションの上のバスタオルが、2箇所濡れています。
ひょっとして、また?
匂いを嗅いでみました。
やっぱりだ・・・

さっきのお布団のところへ行って、もう一度匂いを嗅いでみました。
嗅げば嗅ぐほどおしっこの匂いです。
リュウ、お留守番が嫌で、腹いせにおしっこしたのかな?
それとも、またまたおねしょしちゃったのかな???

あれこれ考えていたら、つよさんとリュウがお散歩から戻ってきました。
つよさんが、帰ってくるなり「すげーおしっこだった。30秒くらい、ずっとおしっこしてた。あの、お水の器に5杯分くらいのおしっこが出てた」と言いました。
そう言えば、リュウ、今朝のお散歩から帰ってきて、今まで見たことないくらい、ガバガバとお水を飲んでいたっけ。
それから、氷を食べたでしょ。
それに、うちは手作りごはんだから、ドッグフードより水分が多いはず・・・

ねえねえ、リュウ。
お留守番のときに、あのクッションにおしっこ、した?

「???」
080706-23


リュウは、私が指差したバスタオルの濡れた部分の匂いを、クンクンと嗅いでいたのですが、なんだか不思議そうな顔をしていました。

やっぱり、おねしょかな・・・

「おねしょ?ボク、おねしょしちゃったの?」
080706-24


リュウがおしっこした記憶がないとすれば、おねしょだわね。
犬のおねしょなんて聞いたことないけど。
でも、ちょこっとネットで検索をしてみたら、おねしょをしちゃったわんちゃんを見つけました。
今回のリュウの場合は、原因は水分の取りすぎだと思うのだけれど、もし続くようなら病気の可能性もあるし・・・しばらく気をつけていなくちゃね。

当の本人は、おねしょしたことなんて全然意に介しておらず、つよさんに張り付いておねだり中でした。

「ジ~」
080706-25


無言の圧力をかけているみたいですが、つよさん、動じず。

「つよさん、ボクもなっとが好きです~」
080706-26


つよさん、知らん顔です。

リュウは諦めて、ひとりで和室へ行ってボール遊びを始めました。

080706-27


つよさんも食事を終えて、私に言われてリュウがおしっこしたあたりの匂いを嗅ぎに行きました。
「確かにおしっこっぽい匂いだな」とつよさん。

やっぱり、そうだよね・・・おしっこだよね。

つよさんがリビングに戻ってくると、リュウもあとからくっついて戻ってきました。
そして、またしてもつよさんに張り付いていました。

リュウ、そこで何やってるの?

「なんでもないですぅ」
080706-28


「ね、つよさん!」
080706-29


私は、デスクより広いリビングへ仕事の資料などを持ち込んで、最後のチェックをしていました。
しばらくすると、つよさんが「うわ~、なんだよ、すごいヨダレだな!」と叫びました。

見ると、つよさんのパンツの膝の部分にリュウのヨダレが・・・
080706-30


ま、この程度、たいしたことないですね。
リュウはヨダレは少ない方だと思います。

そのうち、つよさんがリュウに「右、左」を教え始めました。

「リュウ、今から右と左をやるぞ。いいか?」
「ボク、がんばります!」
080706-31


「おーし、やる気、満々だな!」
080706-32


「じゃあ、いいか~、集中!」

この、「集中!」っていうのがいいらしく、リュウはどちらかというと気が散りやすいようなのですが、このひと声でつよさんの顔をじっと見つめます。

「いいか、じゃあ、右!」
080706-33


リュウ、ちゃんと右手を出したようです。
私はチェックをしていて見ていなかったのですが、つよさんの声でわかりました。

「おし!できた。よ~しよし、よ~し、よしよし」
080706-34


すごいヘラヘラした声で言いながら、リュウの頭をぐしゃぐしゃに撫でていました。
こんなのをしばらくのあいだ、ずっと続けていました。

なんか、初めてつよさんの親バカっぷりを見てしまった気がします。
リュウも、長々と付き合わされて、大変だったね。それもご褒美もなしに。
お疲れさま。



  1. 2008/07/06(日) 23:31:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2008年7月6日日曜日 朝

リュウの演説

まゆです。こんにちは。

今朝も早朝散歩だよ~!
080706-1


今日は朝からちょっと蒸すね。なんだか暑くなりそう。
いつものように遊歩道を通って、遊歩道脇の禿げ原っぱへ行きました。

080706-2


原っぱでブラブラしていたら、遊歩道の脇のベンチに腰を下ろしていたおじさまが、こちらに向かって、「おはよう!」と言いました。
私も「おはようございます」と返すと、急にリュウがそのおじさま目掛けて走り始めました。

初めての人なのに。珍しいね~。

おじさま、リュウの頭をいっぱい撫でてくださいました。
080706-3


リュウも嬉しそうに、おじさまにちゅーしていました。
おじさまと別れて、遊歩道の先の原っぱへ行き、原っぱの脇道を久しぶりに歩きました。
いつ通っても、ちょっとだけ別荘地気分を味わえるねぇ。

080706-4


そのまま、大きい公園へ行こうとしたら、リュウが途中で抵抗しました。

「ボク、行きたくない!」
080706-5


リュウ、大きい公園に行きたくないの?
でも、今朝はまだ早いから、あんまり人がいないと思うし、きっと気持ちがいいよ。
ちょっとだけでいいからさ、行ってみようよ。せっかくここまで来たんだし。

本当に行きたくないときには、どこまでも抵抗するのですが、今日はそれほどでもなく、すんなり前へ進んでいったリュウ。

大きい公園へやってきました。
080706-6


日曜日だったせいか、いつもの同じ時間に比べたら人は多かったけど、でもやっぱり気持ちがいいよね。

「うん♪きもちいいよ」
080706-7


すぐ近くで、お手製の飛行機を何機も飛ばしているおじさまがいました。
リュウは、飛行機が飛ぶたびに、顔を輝かせて見入っていました。

「ひこうき、かっこいいな~♪」
080706-8


原っぱを出て、ぐるりを歩く道を歩いていつもの出口へ向かいました。
小学生の男の子が、お父さんと一緒にサッカーの練習をしていたり。
小さな女の子が、パパとロープで向こう側まで降りていく遊具で遊んでいたり。
そんな日曜日ならではの光景を眺めながら、のんびり歩いていきました。

080706-9


途中で立ち止まったり。
080706-10


朝早いからか、リュウはあくびもしていました。
080706-11


公園を出て、家に向かう道すがら、リュウはとっても嬉しそうな顔でこちらを見上げていました。
珍しく、カメラを向けても、顔を背けませんでしたよ。

「やっぱり、こうえん楽しかったよ~♪」
080706-12


そうでしょ、そうでしょ。
ちょっとやだな、って思っていても、やってみたら案外楽しかったり、気持ちよかったり、いいことあったりするものよね。
私も、ちょっとやだな~って思うことがあっても、そう思って頑張ることにしてるんだ。
だから、今日、リュウがあのままおうちに帰るって言わなくて、本当によかったって思うよ。

さてさて。早起きなのには理由がありました。
今日はつよさんのお父さんの一周忌の法要があります。
10時にはつよママのところへ行かないといけないので、早め、早めに行動!

はい、リュウ、朝ごはん。
080706-13


お腹がおかしくなる前は、時々ひと口ダイエットをしていたリュウでしたが、このところ、気持ちいいくらい、きれいに食べてくれます。
まるで、リュウのごはんの器、洗った?っていうくらい、ピッカピカになるほど。
今日も気持ちよく完食。リュウ、ありがとう。
食べることは生きることだからね。食べてくれないと、本当に心配になるけど、このところのキミは、ちゃんと全部食べてくれて、とっても嬉しいよ。

バタバタと着替えたりなんだり、支度をしている私たちを見て、リュウも不穏な空気を察知したもよう。

「なんだか、いつもとちがいますね」
080706-14


そうなのよ、リュウ~!
今日はね、つよさんのお父さんの法要があるから、しばらくのあいだ、リュウにお留守番してもらわなくちゃなの。
いつもいつも悪いんだけど。お願いできる?

「そ~ゆ~ことか!かんがえとくよ」
080706-15


私がシャワーを浴びて、お化粧を済ませてリビングに入っていくと、いきなり、リュウが演説を始めました。びっくりです。

「え~、みなさん!」
080706-35


「きょう、ボクはひとりでお留守番しなさいといわれました。
ボク、いつもいい子にお留守番しています。
こんなボクに、たまにはホウシュウというものがあっても、いいと思いませんか?」

「ねね、どうでしょう?そこのあなた」
080706-16


わかったよ、わかったよ。
ちゃんとおやつをあげるから・・・汗
キミが立ち上がって、さっきから狙ってるおやつは、ご褒美にあげようと思ってたおやつだよ。
・・・ったく、一体、どこでこんなこと覚えたのかしらね(笑)

それにさ、横から見ると・・・

080706-17


なんか、かっちょわるっ!!!




  1. 2008/07/06(日) 10:36:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月5日土曜日 夕方~夜

ボール、大好きラブリィハート

ヒマ犬には長い一日だったようですが、私にとっては、あっと言う間に夕方になってしまいました。
でも、でもでも!
ぃやったぁ~!!!
仕事、なんとか片付きましたっ!
あとはチェックをして納品するのみ。納品は月曜日の朝必着ということなので、明日の夜にでもじっくりチェックをして送ることにします。
なにしろ、この朦朧とした頭でチェックしても、あんまり意味なさそうなので。

っていうくらい、ボーっとした頭で、夕方のお散歩へ行くことに。
結構、ヨレヨレの私。

リュウは、一日寝て過ごしたので、エネルギー満タン。
080705-17


ですが、今日もまたいつものコースは嫌だというので、住宅街コースを行くことになりました。
今日のリュウですが、何を考えたのか、とんでもない場所でうんぴーをしました。

ここです。
080705-18


リュウの背後にある竹が組まれた柵の、ちょうど横桟になっている竹の上に載るように、計算したとしか思えない場所でうんぴーをしました。
ええ、ええ、しっかり紙でキャッチしましたよ、いつものように。
かなり難儀しましたが汗
それでなくても、ただでさえヨレヨレだった私。
これで、完璧にヨレヨレになりました。

住宅街から、珍しく商店街の方へ出てきてしまったので、途中のツバメの巣をチェック。
雛がだいぶ大きくなっていてびっくりしました。

この巣は、去年、雛の重さに耐え切れず一部崩落したことがあります。
落ちた雛4羽を救助し、この巣の隣の八百屋のおじさんが、ダンボールでこしらえてくださった仮設の住まいで、巣立ちを迎えた雛たち。
今年は、崩落を免れた巣を土台に作ったらしく、やっぱりかなり小さい巣で、雛もパンパン状態につまっています。
また落ちるんじゃないかしら・・・大丈夫かな?

080705-19


「ツバメさんたち、はやく大きくなるといいね~♪」
080705-20


リュウ、ずいぶんと嬉しそうだけど、ツバメの子を追いかけようって魂胆じゃないの?
でもね、ツバメはそんじょそこらの鳥たちと違って、ものすごい、マッハの速さで飛ぶし、とにかく飛びっぷりがかっこいいのよ!
リュウなんかには、絶対捕まえられないって思うな~!

リュウがふてくされてしまったので、車を遮断している通りでボールを転がすと、喜んで追いかけ、くわえて歩きました。

ツバメの一件は、すっかり忘れた様子。
080705-21


クンクンするときにも、ボールだけは放しません。
080705-22


そのまま、ずっと歩いていました。
080705-24


リュウは、くわえて歩くのが面倒になると、そのままポーンとボールを口から放してしまいます。
その瞬間、下僕になった気分を味わいながら、ボールを拾う私。
リュウがくわえていたせいで、ボールが湿っていて、所々に砂がついたりしているので、地面で弾ませて砂を落としていると、それをまたリュウが追いかけたがって困りました。

ボール、もういらなかったんじゃないの?

「ボール、だいすきです~ハート
080705-23


さっき、ちょっとだけ放したんだと言いたげな顔でした。

さて、帰ってくると、またしてもいつものようにまったりしていたリュウでしたが、いきなりむっくりと起き上がって、リビングのドア付近にやってきました。
どうやら、つよさんが帰ってきた様子。

「つよさんです、ぜったいつよさんです」
080705-25


まあ、これに関しては、リュウははずしたことないからね。
つよさん、帰ってきたのね。
帰ってきて、着替えを済ませたつよさんをつかまえて、さっそくボールで遊んでもらったリュウ。



遊びつかれて、そのあとはぐったりと寝そべっていました。

さっきとは別犬だわね~!
080705-26


夕食時になると、つよさんの脇に控えていました。
何かもらえると思っているらしいが、そうは問屋が卸さんよ~!

080705-27


その代わり、デザートのスイカをお裾分け。
リュウは、皮まで食べようっていうくらいの食べっぷりでした。

「スイカ、おいしい~!」
080705-28


この写真、向きが間違ってるって思いました?
間違っていないんです。後ろのソファを見てください。
リュウが、寝そべったまま食べてるだけなんです・・・
本当に横着でお行儀の悪いわんこ!

「まだ、食べるところあります~!」
080705-29


いや、ないない。ないってば。
まあ、スイカの皮は漬物にするっていうし、このスイカの皮は漬物にしたら美味しそうだわね。
でも、お腹壊すといけないから、もうやめとけってば~!

リュウを制すのに、ひと苦労なデザートタイムだったのでした。







  1. 2008/07/05(土) 23:28:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月5日土曜日 朝~午後

今日もヒマ犬

まゆです。こんにちは。

私、いよいよお尻がボウボウと燃え盛ってきてしまいました。
昨日終わらせるハズだった仕事が、まだ終わってませ~ん(涙)
昨日終わるどころか、今日丸々一日かかってしまいそう・・・

そんなわけで、今日も早起き、と言っても2時半はさすがに無理で4時に起きました。
仕事やる気、満々です。(?)

そんなわけで同じく早起きのリュウ、いつもより早い時間にお散歩へ行くことにしました。
この季節、ほんの1時間でも空気が全然違いますし、気温も全然違います。
爽やかなうちに、お散歩に行ってこよう!

「ボクはいっつもはやおきなんだよ!」
080705-1


そうだよね汗
でも、私もこれでも早起きになったんだよ。

「まゆさん、まだまだ甘いですよ」
080705-2


しゅ、修行しますっ汗

朝っぱらからリュウに突っ込みを入れられましたが、これから更に暑くなって、もう寝坊は許されなくなるので、心して早寝早起きを習慣づけたいと思っています、ハイ。

さてさて、今日も定番の遊歩道から大きい公園コース。
いつもよりちょっと早いっていうだけで、特に変わったこともなさそうだわね。

・・・と思ったらびっくり

「まゆさん、たいへんです~。ボクがうんぴーするばしょが、ありません!」
080705-3


ほ、ほんとだ・・・。
遊歩道脇の原っぱ、いつの間に禿げちゃびんになってるよ!
昨日の朝はまだいつもと同じだったのに・・・

リュウが時々駆け上って、ライオンキングをする丘みたいなところも・・・

あらま~、こんな禿げちゃって!
080705-4


見る影もないね~(笑)
ここ、あそこよね。リュウがお腹おかしくなったときに、草をいっぱい食べに来た原っぱよね。
あのときはサラダバー状態だったのにね~。
今や、すっかり

禿げ~!!!
080705-5


いつもなら、ここで背の高い草を見つけて、そこでうんぴーをするリュウも、仕方ない・・・

こんなところで、堂々とうんぴーです!
080705-6


いや~、それにしてもびっくりした!
このあたりの公園や遊歩道は、時々こうして草刈をしたり、花の植え替えをしたり、定期的にこまめにメンテナンスをしているのは知っていたのですが、結構隅々まで全部やってるんだ~。
そういえば、先週、草ボウボウだった遊歩道が、すっかり草むしりされて別の場所みたいになっていたけれど、この原っぱまで手をつけるとはね~。そのくらい、荒れ放題というか、草生え放題な感じだったんです。
これから、どんどん草が伸びる季節、その前に片っ端から、という感じでやっているのがよくわかります。今度はどこの公園かな?

大きい公園も少し前に草刈されたばかりだけれど、すっかりまた草が生えてきています。

公園の中は朝早いせいか、犬はほとんどいませんでしたが、みなさん、朝早くから活動なさっているのですね。
今まで、どちらかというと夜更かし型の人間だったので、こういう世界があるなんて、全然知りませんでした。
思い思いに体操をしたり、ウォーキングをしたり、ランニングをしたり、お父さんと野球の練習をしたり、それから、犬を散歩させたり。
私、朝早い時間が大好きになっています。

リュウは久々に公園の原っぱの中の方まで入っていきました。
080705-7


普段、犬の姿がたくさんあったりすると、行くのを嫌がるリュウなのです。

大きい公園でしばらく過ごして、いつものコースで家に帰る途中、最近はスルーしていたちっちゃい公園に立ち寄ってみました。

久しぶりだからかな?ちょっと嬉しそうなリュウ
080705-8


今日は朝から少し蒸していて暑いので、早い時間からエアコンを入れました。
リュウのクッションもリビングへ移動。キミはこっちで過ごしていなさい。

言われるまでもなく、という感じで寝ているリュウ
080705-9


しばらく仕事をしているうちに、リュウの朝ごはんの時間になりました。
私がキッチンに立って用意をしていると、寝ていたリュウ、起き上がってきましたよ。

「なんか、いいにおいがしてきたぞ!」
080705-10


待ちきれなかったのか、キッチンを覗きにきました。

「まゆさん、まゆさん、それ、ボクのごはんだよね?そうだよね?」
080705-11


そうよ。リュウのごはんよ。ちょっと待っててね。もうすぐだから。
ごはんの時間はあっと言う間。
人間もそうですが、作る時間と食べる時間の比率が悪すぎます。せめて同じくらいの時間をかけて、ゆっくり味わって食べようよ・・・と言いたいくらい(笑)

ごはんのあと、リュウがなぜか納戸な仕事部屋へ来たので、一度は追い返したのですが、またまた入ってきてしまい、床で寝そべっていました。
それで仕方なくクッションを持ってくると、そこで寝ていました。

というか、下ぶくれのジト目犬になってました。
080705-12


いくら目で訴えても、私が構ってくれないからか、リュウはしばらくすると、またリビングのソファの上へ戻っていきました。

本格的に寝ているようです。
080705-13


そういえば、リュウの下あごってどうなってるの?・・・と思って、覗いてみました。

こんな風になってました。
080705-14


唇ですが、重力にはやはり逆らえないようで、下側の唇に少し隙間が開いていました。
(写真で見ると、下の方の縁です。ちょっとわかりますか?)
面白がって、そこをビロビロと触っていたら、リュウがさすがに起きてしまいました。
そして、ソファの上で立ち上がると、向きを変えて、顔を向こうに向けてしまいました汗

少しすると本当に寝てしまったようだったので、顔を見てみると・・・

な~んか、かわいいなあ!
080705-15


なにやってても、かわいいよ、リュウは!

親バカな私はそれで大満足して、また仕事にかかりました。
しばらく経ってから、リュウがまた納戸な仕事部屋に入ってきて、クッションの上で寝ていました。

080705-16


リュウは、うちにいるあいだ、昼間はほとんどこうして寝ています。
今年7歳だから、こんなもんでしょうか?
ロンちゃんがあまり寝ない犬なので、寝てばかりいるリュウを見てちょっと心配になったのですが、これって普通ですか?

ともかく、こんな感じで今日も一日、ヒマ犬なリュウなのでした。






  1. 2008/07/05(土) 18:22:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月4日金曜日 夕方~夜

騙まし討ち

今日は4日。
4日は、毎月、リュウにフィラリアのお薬を飲ませなければいけない日です。
先月は、「幸せの703号室」のハハさまが、リュウを我が家に連れてきてくださった時に、フィラリアのお薬もくださったのでそれを飲ませたのですが、今月からの分をお医者さまのところへ行って、買ってこなければいけません。
お薬をもらうのに必要なのはリュウの体重で、それは一昨日、お腹がおかしくなったときに量っていただいたので15.1キロとわかっています。
普通なら、そのときにフィラリアのお薬も一緒にもらってくるところなのでしょうが、今はまだ、いろいろな病院情報をいただいて、どこにしようかと考えている最中なので、もうひとつ別の病院へ、偵察がてらフィラリアのお薬をもらいに行こうと、前から決めていたんです。なので、やはりリュウを連れていかなければなりません。
同じ週に2回も病院へ行くなんて、リュウにしたら相当嫌だよな~汗
でも、連れて行かないわけにもいかないので、お散歩の途中で立ち寄ることにしました。

病院は7時までなので、それまでに行かないと!
でも、今日はお天気がよくて、とっても暑かったので、少し涼しくなるのを待っていたら、6時近くになってしまいました。

リュウ~、お散歩に行くよ!

「やった~ラブリィハートおさんぽだ~」
080704-34


こんな顔を見ちゃうと、病院に連れていくのも気が引けますが、もう日にち的に後へは引けない。
それに、今日は痛い思いとかはしなくて済むし、リュウも許してくれるかな。
意を決して、いつもとは逆方向へ歩いていきます。
リュウは、歩き始めたときには「あれ?」という表情をしていましたが、そのうち、いつもとは違う方向なので、ルンルンしてきたもよう。

「ルンルルルンルンル~ン音符
080704-35


あ~あ、顔が輝いちゃってますね~。かなり嬉しいらしい・・・汗

でも、やはり、行かないわけにはいかん。
というわけで・・・

いきなり、診察台の上です。

orz
080704-36


いや~、この台の上に乗るまでが大変でしたよ。
その前に、病院に入るところからして大変でしたが。
以前、朝のお散歩のときに偵察しに行ったときには、リュウは中を覗きたがって困ったくらいだったのですが、あのときはまだ病院も閉まっていたから、わからなかったのね・・・
今日は、入口ですぐさま引き返そうとしていました。
病院のドアを開けたって、中に入りゃしないし、それを無理矢理押し込んで、中に入ったら入ったで、また脱走しようと引っ張るし、そんなリュウのリードを持ちながら問診票に記入、汗たらたらでした。
そんなわけで、その間の写真はゼロ。いきなり診察台です(笑)

病院に入るときに、「今日は怖いことも痛いことも、な~んにもないから大丈夫よ~」と言ったら、それなら、という感じで、急に諦めたように病院の中に入ったリュウだったのですが・・・
実は血液を取られました。
「チックンはなしだって言ってたのに~!」←リュウの心の叫びです。

このチックン、本当はいらなかったのです。
というのも、リュウを連れてきてくださったときに、ハハさまがちゃんとフィラリアが陰性かどうか、血液検査を済ませてくださっていたから。
病院の受付で、フィラリアのお薬をいただきに来ました、と言ったら、受付の人が「初めての方の場合は、血液を採血しますが、よろしいですか?」というので、「はい」と答えてしまったのですが・・・
なんのためにって、最初に言ってよ~!!!
受付の人は、にこにこしながら、リュウに「だから、今日はやっぱりちょっと痛いことがあるんだな~♪」なんて言ってましたよ。Sですかしらね?あの受付の人。

診察室に呼ばれて、リュウを台に乗せているときに、私はリュウの里親で、リュウを引き取ったのは5月半ば頃で、それまでは荒川の土手にいた、というような話をしたら、先生が「それじゃ、フィラリアは心配ですね」って言ったんです。なので、ハハさまの話をして、「医療的なものは、全部バッチリやってくださっていて、フィラリアもうちに連れてくるときに検査をして、陰性だって言われたんです」と言ったら、先生、「えっ?」って、目が点に・・・
「そうか~、そうだったのか~、それじゃあ、この採血は必要なかったんですよ~!」って。
でも、リュウが痛い思いをしてせっかく採ってもらった血だから、一応検査してください、とお願いしました。
リュウ~、ごめんよ、ごめんよ~Tear Perspiration

「はあ~、ボク、ちょっと怖かったよ」
080704-37


そうだよね~、それに、痛かったよね汗とか

10分ほど待たされて、また診察室に呼ばれました。リュウ、今度も大抵抗です。さっきは診察室に入るのは、それほど抵抗しなかったのですが、今度はさすがにね~。しかも、入ってから、落ち着きなく、ドアを開けてくれ、とカリカリ引っかきまくって大変でした。

先生に、フィラリア陰性で、血液を顕微鏡で見たところ、子供の虫もいないと言われ、ほっとひと安心。
その他にも血液の数値を見てくださって、どれも異常なしで、とても優良ですと言われました。
「毛艶はいいし、さわり心地も申し分ないし、体型もかっこいいですし、とってもいい状態ですね」とお墨付きをいただいて、本当にほっとしました。
リュウも、話をしているあいだに、だんだん落ち着いてきて、引っ張ったりしなくなってくれました。

待合室に出て、名前を呼ばれるあいだは、もうすっかり落ち着いていい子になっていました。

080704-38


この病院はフィラリアのお薬を半年分買うと、1か月分、おまけにもらえるそうです。
ドッグドックの金額なども聞いたのですが、毎年のワクチンや狂犬病の予防接種など、基本的なことをしていると、サービスで血液検査やレントゲン撮影などもして、健康状態を見てくださるということで、ある程度の健康状態はそれでわかりますよ、と言われました。
帰りにうんぴーバッグを5回分もいただいてしまいました。
まだできて3年ほどの新しい病院なので、こういういろいろなサービスで、患者さんを増やそうとしているのかな。
ここは病院自体が新しいせいもあるけれど、とっても清潔できれい。それに、基本的なケアを受けている犬の預かりもしてくださるということで、お散歩付きでリュウの大きさだと1日3500円。このあたりの他の場所と比べても、そんなに高くないかな。それに、問題がなければ、ずっとゲージに入れっぱなしというわけではなく、部屋に出してくれるということで、ストレスも少なそう。短い預かりもしてくださるそうで、リュウはお留守番ができる犬だからあまり関係なさそうだけれど、何かのときに、こういう場所が近くにあるのはいいかな、と思います。
ただ、水曜日と日・祝日の午後がお休みで、もうひとつの病院は24時間体制なので、この違いも大きいですね。いろいろ迷うところです。

病院を出て、お隣のペットショップで給水器を買いました。だんだん暑くなってきて、このあたりは公園がいっぱいあるし、公園には水飲場もあるし、遊歩道にもあるけれど、あれば便利だし、場所によってはないと困るグッズ。
以前にお会いした「ふみバカ日誌」のゆうこさんが持ってらして、いいな~って思っていたんです。
今日、ちょうど出掛けるときに、つよさんにも「そろそろリュウに水を飲ませるやつが必要だね」と言われたところだったので、ついでだし、買ってきてしまいました。

帰り道、ワンタくん公園に寄ることに決定!

「ワンタくんこうえんに、早く行こう~!」
080704-39


病院へ行くと、いつもどうして舌が横から出ちゃうのだ?

ワンタくん公園の前に、もうひとつの大人なしっとり公園にも立ち寄りました。
病院を出て、かなり時間も経ってワンタくん公園に到着。

でも、まだ舌が出ちゃってます汗
080704-40


ワンタくん公園でしばらく過ごして家に戻ると、これから仕事に出るつよさんが仮眠していました。
でも、ほら、そろそろ起きないと!遅刻しちゃうよ!

「つよさ~ん、起きるじかんですってよー」
080704-41


リュウに起こされて、すっかり目を覚ましたつよさん、無事に遅刻せずにお仕事に向かいました。

それにしても、リュウ、今日は本当に騙まし討ちみたいになっちゃったね。
そんなつもりじゃなかったんだけど。ごめんね。

そうそう、フィラリアのお薬も無事に飲ませましたよ。
先月はチーズにくるんであげたのですが、今日はお薬を出したとたんにクンクン匂いを嗅いで近寄ってきたので、そのままあげたらどうなるかな?と興味半分でそのままあげてみました。
リュウはぺロっと舌で薬を口にいれると、カリっとかじって、そのままむしゃむしゃと食べちゃったんです~!!!
薬が嫌いなロンちゃんに投薬するときには、口をぱかっとあけさせて、喉の奥に突っ込んで飲ませる、というのをやっているので、いよいよだったらそうしようと思っていたのですが。
そのために、1週間くらい前から、リュウに「あ~ん」と言ったら口をあける、という訓練までさせていたくらいなんです。なのに。
なんだよ~。食べちゃったの?

簡単な犬っ!(笑)



  1. 2008/07/04(金) 23:15:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。