つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年7月31日木曜日 昼~夜

喧嘩の仲裁

お散歩から帰ってくると、つよさんがまだ和室で出掛ける支度をしているところだったので、リュウはすぐさま和室へ行って、敷いてあった布団の上で寛いでいました。

支度をしているつよさんを見ています。
080731-13

でも、つよさんが出掛けてしまうと、とたんにこんな、ダレ犬に。

080731-14

しかしながら、ごはんができたとたんに、むっくり起き上がりました。

080731-15

食べ物が出てくると、リュウは必ずこんな感じになります。

「ごはん・・・かな?」
080731-16

「クンクンクン!う~ん、いい匂い!」
080731-17

食べ始めると、何も耳に入らないようです。
一心不乱に食べています。

080731-18

そして、食べ終わるとすぐさま、またダレ犬に。
最初は冷たい床に、じかに寝転んでいました。

080731-19

クッションの上に移動しても、ダレているのは変わりなし。

080731-20

リュウ、あのね。
今日、私はこれから出掛けるのだけれど・・・

リュウ、真剣に聞いています。
080731-21

お留守番をお願いしまーす!
そのお礼というわけじゃないけど、はい、おやつ。

食べ物が出てくると、ほら、またこんな感じ、ごはんが出てきたときと同じ格好です。
080731-22

かぼちゃのおやつをあげたのですが、リュウは全部口の中に入れてしまいました。
本当にあっという間だわねぇ。

080731-23

リュウ!行ってくるよ!

声を掛けても、食べるのに夢中。

ちらっと、目だけで私を見ていました。
080731-24

リビングを出るときに、もう一度見たら・・・

椅子の隙間から、こちらを覗いていました。
080731-25

以前はドアまで駆け寄ってきていたものでしたが、リュウもお留守番に慣れてくれたのかな・・・
それとも、ただ単に諦めているのか、それとも心底ダレ犬なのか・・・

今日は恒例の海岸オフィスでの仕事の日。
このところ、毎週のように締め切りのある仕事に取り掛かっています。
今日も、ともかくできるところまでやって家に帰ってきました。

リュウ、ただいま。
すっかり遅くなっちゃった。ごめんね羆

「ボク、おさんぽに行かれればいいんだ」
080731-26

リュウは、まっすぐ遊歩道へ向かって行きました。
そして、昨日の夜からずっと出ていなかったうんぴーが、ようやく出ました。
あー、よかった!あー、よかった!
うんぴーが、こんなにありがたいものだと思ったことが、かつて、あったでしょうか。

途中でわんこがやってきました。

このあいだ行き会った、こうちゃんです!
080731-27

ですが、男の子同士なので、それほど仲良しになるという感じでもなく、バイバイしました。
夜のお散歩は、用が済むとさっさと家に帰ろうとするリュウ。
今日も草むらを出ると、すぐに家の方向へ歩き出しました。

家に帰ると、つよさんも帰ってきたところでした。
ところがこのあと、本当に些細なことから喧嘩になってしまいました。
喧嘩って、自分の気持ちや相手の気持ちを探っていくと、原因だったことなんていうのは、どうでもいい些細なことで、本当はもっと違う問題が奧に潜んでいるものですね。
それが解決されないと、何十年も経って熟年離婚とかになっちゃうのかな。
今回は珍しいくらいの大喧嘩になったのですが、奥に潜んでいたものがわかったので、まあ、雨降って地固まるという感じ?
リュウには申し訳なかったけれど、よしとしよう。
リュウ、つよさんのところへ行って気を遣い、私のところへ来て慰め、結構大変だったものね。
ごめんね・・・

「ボク、つかれちゃった」
080731-28

そうだよね・・・羔
ごめんね。

大喧嘩のあと、私たちが仲良くしているのを見て、ちょっと不思議な顔をしていたリュウなのでした。





スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 23:22:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月31日木曜日 朝

早起きの効用

まゆです。こんにちは。

今朝も早起きしてお散歩です。

リュウ、行くよ!

「はあい」
080731-1

今日は素直にいつもの道へ。
080731-2

遊歩道へ向かいます。
080731-3

いつもなら、この草むらで相当の時間を過ごすのですが、今日は入っていきませんでした。

080731-4

「ん?誰かいる?」
080731-5

リュウ、こうやってずっと覗いていたのですが、誰もいませんよ。
一体、何を見ていたのかしら・・・?

小さい公園では、手前の池のデッキの修理が終わって、歩けるようになっていました。
ちょっと歩いてみようか。

リュウ、恐る恐る、階段を下りていきます。
080731-6

縁の方は怖いのか、近寄っていきません。
080731-7

大きい公園へ行くのに、まず小さい公園を抜けるのが第一関門。
小さい公園の先を歩いていくと、大きな通りがひとつあって、そこを横切ると第二関門突破という感じ。
大きい通りを抜けると、もうひとつの原っぱに来ます。

私も好きだけれど、リュウも好きで時々立ち寄るよね。

「うん♪」
080731-8

ここまで来たら、もう公園は目の前です。
すごいわ!3日連続で大きい公園に来ちゃった!

080731-9

リュウはどういうわけか、時々大きい公園へ行くのを嫌がったりしたのですが、3日連続とは。
他のわんこにあんまり会いたくない日とかもあったりしたのでしょうけれど、このところは、朝から暑い日が続いていたから、お散歩の距離も短くなっていたし、大きい公園まではなかなか行く気になれなかったのね、きっと。

リュウが嬉しそうにしていたので、もう少し公園で過ごすことにして、ぐるりの道を歩きました。
080731-10

テニスコートの脇を通るときには、鼻をクンクンさせていました。
ゆっくり一周して、歩き始めたところとは反対の方に来ました。
ちょうど太極拳が始まったところ。

リュウ、やっぱり嬉しそう。
080731-11

暑くなければ、いっぱい歩くのは好きなんだね。
再認識しました。
リュウはお散歩が大好きだものね。
これからも、毎日早起き、がんばろう!

いつもなら、もっと家の近くに出る道を通って帰るのですが、今日はまだうんぴーが出ていなかったので、遊歩道を帰ることにしました。
遊歩道の途中に何箇所か、リュウのうんぴースポットがあるし、いつもの草むらでもいいし。

でも、リュウ、今朝もまたうんぴーをしませんでした。
う~ん。1回しなかったことはたびたびあったけれど、2回連続は初めてだねぇ。
ちょっと心配・・・。

でも、私の心配をよそに、リュウはこの笑顔!
気分は爽快のようです。

「やっぱり、おさんぽはたのしいな~!」
080731-12

ちょっと早起きしただけで、こんなにちゃんとお散歩できるなんて。
それで、リュウのこんな笑顔がいっぱい見られるなんて!
早起きの効用は大きいですね。
それに、私の犬ダイエットも、真夏は効果なしかと思っていたところでしたが、ちょっとは期待できそう?!



  1. 2008/07/31(木) 09:23:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月30日水曜日 夕方~夜

リュウの塩分補給法?!

夕方になったので、昨日からの計画通り、夕飯の準備を始めました。
さあ、そろそろお散歩の時間。

リュウ、リュウ!
寝ていたリュウを起こします。

「なあに?まゆさん」
080730-38

お待たせしたね。お散歩に行こう!

「やったー!おさんぽだー!」
080730-39

出掛けにつよさんが帰ってきました。
ちょっと用事で出るけど、すぐ戻るからって。

リュウがいつものように遊歩道の方へ向かって行き、いつもの角を曲がりかけたのですが、その向こうに、例の屋上の犬が飼い主のおじさんと一緒にいるのが見えました。
おじさん、ガードレールに寄りかかるようにしています。

もしかして、私たちが来るのを待っていたりして?
いや~、そんなことはないだろう・・・
でも、通りかかったら、またいろいろ話しかけられるだろうな・・・

私は、自分が遭遇したおじさんのギャップのある印象や、近所の評判などが自分の中でごちゃごちゃになっていて、おじさんとどのように接していくか、決めかねている部分がありました。
別に、会ったときの状況で対処すればいい話ではあるのですが、まあ、早い話、今日はおじさんに会うのに気乗りがしなかったのです。
明日締め切りの仕事がまだ残っていて、ゆっくり話ができる時間もなかったし、どうせなら、時間のあるときの方がいいな、そう思ったのでした。
それで、リュウを引っ張って、1本先の道まで行き、そこから遊歩道へ向かって行きました。

リュウも、問題ない様子。
080730-40

歩いていくと道が交差するところへ来て、畑が広がっているので、おじさんがいたあたりが見渡せます。
おじさんが、ガードレールに寄りかかるのをやめて、犬を連れてちょうど歩き出しました。
おじさんと犬の姿が建物の陰に消え、私たちが畑のところへ来ました。リュウと、遊歩道と平行にある、畑の間の道にいると、女の子に連れられた犬が、ひょこひょこと潅木の間から後ろ足で立ち上がってこちらを見ているのが見えました。
その姿があまりにかわいらしくて笑ってしまうと、犬と女の子がこちらにやってきました。
リュウも、自分からそのわんこにご挨拶に行っていました。

「こんにちは。ボク、リュウです」
080730-41

思っていたより小さな犬でした。脚が長いから、立ち上がったときに背が高く見えたみたい。
ちょびちゃんという名前で、怖がりわんこさんで、初めての犬にこんなに近寄れたのは、リュウが初めてだと、びっくりされていました。

リュウと一緒にいると、そういうわんこに時々出くわします。
リュウは、そういうわんこちゃんだと、自分からご挨拶ができるのね。
自分と同じ、怖がりさんだって、ちゃんとわかるんだね。

ちょびちゃんと別れて、遊歩道の脇の草むらへ行きました。
向こうの、小高いところの上で、2頭の犬がじゃれている様子、飼い主さん同士の明るい声が響いていました。
リュウと、その様子を見るともなく見ていました。

080730-42

しばらくして、「さようなら~」と声がして、そのうちの1頭がこちらに向かってやってきました。

リュウはすぐにピョンピョンと跳ね始め、プレイバウなどもしていましたよ。びっくり!
080730-43

あれ?それにしても、どこかでお見かけしたような・・・
あ!そうだ、リュウがおさんぽれぽーとをした日に会った、くうちゃんだ!

くうちゃんはお転婆さんで、いっぱい遊びたがっていましたが、リュウも2度目だからか、おどおどせずに一緒にいました。

「えへへ!あそびましょうよ!」「ついていかれるか、ボク、ちょっとしんぱい・・・」
080730-44

くうちゃんは、さっきじゃれていたわんこさんが大好きで大好きで仕方ないんですって。
リュウも、こうして何度も会っているうちに、もっと仲良しになれるかもね。

くうちゃんと別れたあとも、しばらく草むらにいたのですが、今日はうんぴーをしませんでした。

080730-45


それにしても、ちょっと前にあんなに禿げ原っぱになったばかりだというのに、草が伸びましたよ。

リュウ、草のお風呂に入っているみたいです。

080730-46

家に帰ってくると、ごはんの時間まえ居眠りタイム。
お散歩で消耗したエネルギーを取り戻すつもりでしょうか。

080730-47

出掛けにすれ違ったつよさんですが、すぐ帰ると言ったのに、なかなか帰ってきません。
電話してみましたが留守電なので、連絡があるまで待つことに。
でも、リュウはかわいそうだから、先にごはんを食べさせました。

リュウがごはんを食べてしまってからも、つよさんは全然帰ってきませんでした。
リュウはひとりでボールをかじって遊んでいました。

080730-48

つよさん、11時近くになって、ようやく帰ってきましたよ!
全然すぐじゃないし・・・羔

帰ってくると、リュウを撫でまくっていました。
080730-49

食事を終えて、寝る支度にかかったつよさんを追いかけて、リュウも和室に行きました。

「つよさん、つよさん~!」
080730-50

つよさんのことを、ベロベロに舐めまくっていましたよ。
ベロベロ、ベロベロ、どこまでもベロベロ。

顔が終わると、今度は腕をベロベロ

「つよさん、おいしいです~!」
080730-51

やっぱりね。そうだと思ったよ。
つよさん、汗をかいているから、しょっぱくてちょっとおいしいのでしょう。
さしずめ、リュウの塩分補給っていうところ?
犬に塩分は必要ないんだけどな~羆

ところで・・・

つよさんが帰ってくる前にリュウがかじっていたボールですが・・・

こんな無残な姿に!
080730-52




  1. 2008/07/30(水) 23:59:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月30日水曜日 午前~午後

気配を感じて


お散歩から帰ってすぐはまだ早いので、ごはんまで少し時間があります。

得意の下ぶくれ犬に大変身!
080730-25

しばらくすると、ぐっすり寝てしまったリュウ。

安心するのか、頭をソファにくっつけて寝ていました。
080730-26

ごはんの時間。
リュウ、ごはんだよ!

「ごはん!」
080730-27

リュウは一生懸命、おいしそうに全部食べてくれます。
須崎先生の本には、噛むこともできるから、鶏の手羽元を生であげるとよい、と書いてあったのですが、リュウは硬い骨を噛み砕くことがあまり好きではないみたい。
最初の頃はそれでもバリバリと食べていたのですが、何度かあげているうちに、骨をかじらなくなってしまいました。
まだ手羽元が少し残っていたので、茹でてお肉だけほぐして、今日はそれをトッピング。

080730-28

リュウがごはんを食べているあいだに、私はお客さまに出すいろいろな書類の整理をしていました。
支払いもあるし、朝一番に郵便局へ行こう。

ごはんを食べ終えたリュウ、いつものように、私に「食べ終わったよ」と合図に来ました。
ごはんを食べ終わると、私の脚を鼻先でツンとつつくんです。

そして、とたんにあけていた箱に興味を示し始めました。

「なんですか?これ」
080730-29

お仕事で使う、いろんなものが入っているのよ!

さて、準備ができました。ちょっと郵便局に行ってくるわ。
リュウは既にリビングのクッションの上で、つまらなそうにダレ犬になっていました。

「あぢー」
080730-30

ねえ、リュウ!

「えっ?なんですか?」
080730-31

こ~んないいもの見つけちゃった!
無添加手作りクッキーだってよ。
このあいだ、いただいたのを忘れてたわ。食べる?

「たべます、たべます!」
080730-32

それでね、悪いんだけど、ちょっと郵便局へ行ってくるから、お留守番をお願いね。
すぐに帰ってくるからね。

玄関を出ると、お向かいのTさんが上の階の方とお話しをしていました。
上の方はミニチュアダックスを飼ってらして、もう17歳らしいのですが、具合が悪くて食事もできないので、流動食を作って、もう3週間、自宅で介護していらっしゃるというのです。
ここでもまた、例の屋上の犬の話が出ました。
あの飼い主はひどい人で、前にミニチュアダックスを飼っていたのだけれど、お散歩のときには自転車で、犬が血だらけなのに引きずり回していて、結局死んでしまった、なんていう話まで出てきました。
あそこのおばあさんっていう人も、同じように犬を殴るのよ、とも。
う~ん・・・昨日話した限りでは、そんなことをするような人にはとても思えないのですが、でも、私も自分で怒鳴られているし、近所の人の話はこんな話ばかりなのです。
・・・だとすると、やっぱりジキルとハイド?
ちょっと、何が何やら混乱状態になっています。

気を取り直して郵便局へ行き、帰ってきて仕事にかかりました。
リュウは、リビングから納戸な仕事部屋にやってきました。
少しの時間でもお留守番が淋しかったのかな。

でもね、リュウ。

「なあに?」
080730-33

リュウが今いるところは、コンピューターのすぐ前なの。
電磁波っていうのが、すごいのよ。
ダンボールのふたが立てかけてあるのは、前にリュウがこの近くによくいたから、まあ気休めにしかならないようなものだけど、何もないよりはいいと思って置いてあるの。
でも、そんなすぐ前にいるのは危険だわ。
そこじゃなくて、こっちに来なさい。

リュウは、すぐに立ち上がって、入口の方のスペースに移動してくれました。

「ここなら、いい?」
080730-34

うん。そこならいいわ。

でも、しばらくして、だんだん部屋も暑くなってきました。

ねえ、リュウ、この部屋にいるのは、リュウにはちょっと危険だから、リビングに行きなさい。おいで。

手招きしたけれど、リュウはリビングに来ようとしません。
困ったなあ・・・

そうだ、じゃあ、ここなら、どう?

リビングと納戸な部屋の間のドアのところへ、クッションを移動させてきました。

ここなら、お互い見えるし、リュウも涼しくて快適だよ!

リュウ、クッションに移動してきてくれました。

080730-35

「リュウ~!」と手を振って、「ほーら、見えるでしょ!」と言うと
しばらくして、リュウはほんのちょっと、向きを変えていました。

「このほうがみえる」
080730-36

すぐそばにいるわけじゃないけれど、気配を感じていられるっていうのは、とってもいいね!
私にとっても、それはとても心安らぐことです。

少しすると、リュウはいつものこんな格好で寝てしまいました。

「zzz~」
080730-37

この寝姿も、私に癒しを与えてくれるもののひとつ。
リュウの動きのひとつひとつが、リュウの持っているもののひとつひとつが、
リュウの存在そのものが、私にどれだけのものを与えてくれていることか。

この幸せに感謝します。





  1. 2008/07/30(水) 18:29:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月30日水曜日 朝

リュウとリュウの飼い主


まゆです。こんにちは。

リュウ、リュウ、ほら、お散歩に行くよ!

「まゆさん、はやいですね・・・」
080730-1

そうよ、だって6時過ぎちゃうと、とたんに暑くなるんだもん。
涼しい時間のお散歩の方が、リュウだっていいでしょ?

「うん♪」
080730-2

今日はいつもの道を曲がらず、1本先の道を曲がったリュウ。
どうやら、彼なりに今日のお散歩コースを考えているようです。

「こっち、こっち!」
080730-3

遊歩道まで行かず、手前の畑のあいだの道を曲がりましたよ。

「きょうは、こっちからいくよ!」
080730-4

まっすぐ、まっすぐ。このまま行くと、大きい公園だね。

080730-5

いつもとは違う道で、大きい公園までやってきました。

080730-6

それにしても、今日のリュウは全然カメラの方を向いてくれません。

「ふんっだ!」
080730-7

リュウ、ちょっとこっち向いてよ~!

「やーだよっ!」
080730-8

やれやれ
全然平気なときもあるのに・・・
気まぐれお坊ちゃまか?

080730-9

原っぱの少し中まで入って行ったけれど、集まっていた他の犬の方へは行きませんでした。

公園を出るところで、リュウに
「ねえ、リュウ。リュウは写真を撮られるのが嫌かもしれないんだけど、記念に残るし、リュウが毎日どうしているかなって、気にしてくれている人たちがいっぱいいるんだ。だから、お願いだから、たまにはカメラを見てくれると嬉しいな。お願いします」と言ってみました。

すると!!!

「うん、わかったよ!」
080730-10

ほんとに?!

「こんな感じ?」
080730-11

うん、うん、そんな感じ。
リュウ、ありがとう・・・

いつもとは逆で、遊歩道を歩いて帰りました。

遊歩道脇の原っぱで
080730-12

途中でうんぴーもしたし。

080730-13

小さい公園に来ると、ジャブジャブ池に下りる階段に、男の子がふたり缶コーヒーを片手に腰掛けていました。
通りかかると、そのうちのひとりがリュウに手を差し伸べ、リュウもその人に近寄っていきました。
手を差し伸べてくれた人のお友達の方が、最初にリュウの頭を撫でてくれました。

「おー、かわいーなー、おまえー」
080730-14

撫でているうちに、リュウの迷子札が目に入ったらしく、「お!今、リュウって書いてあった!」と言いました。
「リュウ?リュウって、うちの犬とおんなじ名前だ~!」と、手を差し伸べてくれた方の人が言いました。

「なんだー、おまえ、リュウっていうのか~」と、しきりに撫でてもらい、
「なんだよ、リュウ、おまえ気持ちいいな~!」

080730-15

「リュウくんはどんな犬?」と聞いたら、「柴系の雑種なんだけど・・・シェパードが入っているみたいな・・・」と言って、「あ、そうそう、写真があった」と携帯の写真を見せてくれました。
おお、そちらのリュウくんは、ちょっとかっこいい感じね。確かにシェパードが入っていそうな・・・
「なんか、耳がやたらでっかいんですよ~」と言っていました。

大きい公園にもお散歩で行っているようだから、もしかしたら、今までも会っていたかもね、という話になりました。
今度会ったら絶対わかるわ。耳が大きくて、かっこいい犬だもん。

彼らにお礼を言って別れると、リュウが嬉しそうにぴょんぴょん飛び跳ねました。
走る?走ろっか?
リュウ、走り始めました。嬉しくて、

リードをくわえようとしています。
080730-16

公園の端まで行き、また戻って、折り返して端まで行き、また戻って・・・と、何往復したでしょうか。

「はぁ~、たのしかったよ!」
080730-17

そう!それならよかった!

「うん、ボク、走るの、だいすきなんだ!」
080730-18

小さい公園を出て、いつものうんぴー原っぱがある遊歩道へさしかかると、向こうから「あら、リュウちゃん」と声を掛けられました。
小次郎くんのママさんです。

「リュウくん、おはよう!」
080730-19

小次郎くん、おはよう!
080730-20

小次郎くんと別れ、遊歩道を抜け、家までゆっくり歩いて帰りました。
マンションの玄関で、オートドアを開けていると、突然リュウがクンクンと床の匂いを嗅ぎ始めました。
そして、裏口から外へ飛び出して行こうとしました。

なに?どうしたの、急に。
リュウが引っ張るので、そちらに出て行くと、すごい勢いで走り出し、駐車場の方へ向かって行きました。

なんと、つよさんがちょうどバイクに乗って出掛けるところでした。

080730-21

「つよさん、行ってらっしゃい・・・」
080730-22

テールランプが道を曲がって見えなくなるまで、忠犬よろしくお見送りをしたリュウ。
階段を上がって玄関で足を拭いて、中に入ると、どういうわけか和室へ一目散に駆け込んで行きました。
???
どうしたの?

「えっとね・・・」
080730-23

リュウが行った先は、つよさんの物が置いてある場所。
その中に、つよさんの靴が入っている箱があったのですが、リュウはそこへ駆け寄って、クンクンと匂いを嗅いでいました。

そういえば

その箱、ちょっと前には納戸な仕事部屋にあったのですが、最近ちょっと片付けをしたときに、こちらの部屋へ移動させたのでした。
納戸な仕事部屋で、時々リュウが鼻をクンクンさせて嗅ぎまわっていたことがあったけど、この箱だったんだ・・・

近寄ると、テニスボールのようなゴムの匂いがしたんです。
この匂いのせいだわ。

リュウ、そうだったんだ。ボールだと思ったんだ。
ボールじゃなくて、残念だったね。
それにしても、リュウの鼻ってすごいね!
玄関にいるときからクンクンしてたもんね!

「えへへ。ボクのはなって、いいでしょう?」
080730-24

リュウの鼻の威力に感心してしまった今朝なのでした。




  1. 2008/07/30(水) 08:51:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月29日火曜日 夕方~夜

ジキルとハイドの犬

リュウくん、リュウくん!

「なあに?」
080729-30

お散歩タイムだよ~ん!お散歩に、行くよ!

このところ、夕方がとぉ~っても暑いので、時間を少しずらしてみることにしました。
ちょうど夕飯の支度時と重なるので、半分下ごしらえを済ませて、リュウとお散歩に行き、帰ってきてから仕上げるという段取りで、今日からやってみることに。

ところで、この日記は訳あって、写真が極端に少ないです。というより、お散歩タイムの写真はほとんどありません・・・
ことの顛末は、長くなりますがお読みいただければと思います。

さて、張り切って散歩に出た、リュウと私。

「きょうはすずしくなってて、ボク、うれしいな
080729-31

うん、私も嬉しいな。
少し遅くしただけで、こんなに違うなんてね~。快適だわ~。
やっぱり、夏はこの時間にお散歩に出ようかしらね、気に入ったわ!

いつものように遊歩道目指して歩いていきました。
すると、途中で向こうからくるワンコと遭遇。あれ?あの子、ひょっとして・・・

実は、うちの近所に屋上で飼われている犬がいるんです。
いつも通るたびにワンワン吠えていて、お散歩してもらっていないのかな・・・と、かなり気になっていた犬なんです。
実際、やっぱりお散歩してもらっていないらしい、というような噂を何度か耳にしていました。

先日、凛ちゃんとお散歩中に行き会って、遊歩道で凛ちゃんのママさんと立ち話をしていたときに、草むらにいた犬を連れたおじさんが、いきなり私たちに「おい、そこ、ずっといるのかよ!」と怒鳴ったことがありました。
びっくりして、慌てて場所を移動したのですが、そのときに凛ちゃんママさんが、「あの犬、すごくかわいそうなの」といろいろ教えてくださいました。
どうも、他の犬と喧嘩になるのが嫌ならしく、自分の犬が他の犬の方へ行こうとすると、持っているシャベルで叩くんだ、と。
いろいろ聞いていたら、その犬が例の屋上の犬だということが判明。やっぱり、そんなかわいそうなわんこだったんだ・・・と、かなりショックだったのですが・・・

今日、遭遇したわんこが、どうもその犬のように見えたんです。
用心に越したことはないと思い、道の反対側へ行くと、その犬が立ち止まって、ガードレールの下から、こちらを覗き込んでいました。
私もつい、犬の顔を見たくて、しゃがんで覗き込む犬を覗いていたら、急に連れていた飼い主のおじさんに、ニコニコと話しかけられました。

「その犬、おとなしいね~」
そして、そこで立ち話になったのです。
おじさん、とっても人が良さそうにニコニコして言うには、
製造業を営んでいて、すぐそこに工場があるのだけれど、山梨にも工場があって、そこに行ったときに、ちょうど役場に処分する犬を集める日で、この犬が生まれたばかりで連れてこられていたこと。
殺されてしまうなら、かわいそうだから、と連れて帰ってきて飼っていること。
でも、かなり気性が荒くて、すぐ他の犬と喧嘩になってしまうので、一度親犬に会わせようと、山梨に連れて行ったけれど、車の中で大暴れして大変だったこと、等など。

見れば見るほど、あの犬のような気がして、「いつもは外で飼ってらっしゃるんですか?」と聞いてみると、「うん~、外って言うかね、屋上みたいなところで飼ってるんだよ」と言いいました。
やっぱり!
「あ!もしかして、あそこの通りのわんちゃんかしら?」と確認すると、「そうそう!」と言いました。
やっぱり!

やっぱり、やっぱりあの犬だ!

でも、おじさんが、この間の人と似ているようでいて、顔つきが全然違うんです。目つきが、この間の人はもっと鋭くて怖い目つきだったし。
でも、被っている帽子は同じだし、手には袋に入ったシャベルを持っているし・・・
「お散歩は何人かでなさっているんですか?」と聞いてみました。
「いや、俺だけだよ。い~っつも、俺が連れてるんだよ。俺だと、この犬も多少はわかっているっていうか、少し大人しくなるみたいなところがあってね」と言いました。

ということは、このあいだ、私たちに怒鳴ったおじさんと、目の前にいるこのおじさんは、同一人物ということです。
おじさんはそのあとも、ニコニコしながら、このあたりの話や、商売の話や、犬の散歩コースの話などいろいろしていました。
リュウが後ろから、時々鼻先でツンツンとつつくのですが、話の腰を折れないような感じで、後ろ手でリュウを撫でながら、ずっとその話を聞いていました。

こんな状況だったので、犬の写真も撮ることができず・・・。
でも、名前はバッチリ聞いてきましたよ!

おじさんは「いつもこの時間にこのあたりを散歩しているから、また会ったら、ゆっくり話しましょう」と言いました。
「そうですね、また」と私もニコニコしながら別れました。

家を出たときにはまだ明るかったのですが、もうすっかり暗くなってしまいました。

こんなに真っ暗。
080729-32

リュウ、ごめんね、ごめんね

リュウは、私の顔をペロペロと舐めてくれました。

さてさて、家に帰って夕飯の支度をしているあいだ、リュウは大人しくクッションの上で待っていました。

080729-33

さあ、ごはんができましたよ!

「クンクン」
080729-34

どうかな?いい匂い、する?

「うん!おいしそう!」
080729-35

今日も残さず、しっかりごはんを食べてくれたリュウ。
平和な夜のひとときを過ごしました。

080729-36






  1. 2008/07/29(火) 23:36:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月29日火曜日 昼~午後

省エネ大臣

お散歩から帰ってくると、リュウはすぐにスイッチを入れ替えて、ダレ犬仕様になります。

「だって、あついんだもん」
080729-13

ごはんのときだけ、ちゃんと立ち上がります。

「やっとごはんだ!」
080729-14

もう一度、ちゃんと立ち上がるときがありますが、それは宅急便が来たり、お客さまが来たりで、玄関のチャイムが鳴ったとき。

今日は宅急便で野菜が届きました。リビングのドアに駆け寄ってきたリュウに、「リュウ、待てだよ」と言うと、ご覧の通り。
ドアから廊下には出てきません。

「だって、まてって言われたんだもん」
080729-15

リュウ、とっても素直です。

宅急便のお兄さんが帰ってしまうと、リュウはまたダレ犬に戻っていました。

080729-16

最近はこの、「ぶっ倒れスタイル」がリュウのマイブームなようで・・・
必ずどちらかの前脚を前に伸ばして寝そべっています。

おっ!またリュウが立ち上がっています。今度はキッチンを覗いていますね・・・

080729-17

やっぱり立ち上がるときは食べ物のときのようです。
はい、おやつのキウイ

リュウ、キウイをペロペロ舐めていますが、なかなかパクっといきません。
080729-18

さあ、どうぞ。

「ジーッ」
080729-19

ずっと凝視しているだけなので、仕方なく食べさせてあげました。
過保護です・・・

080729-20

ひとつ、ふたつ食べさせてあげると、あとは弾みがついたようで、自分でお皿から食べていました。

その後はもう、ダレ犬街道まっしぐら。

「zzz~」
080729-21

「zzz~」
080729-22

リュウくん、リュウくん!

「なんですか?」
080729-23

気持ちよくお休みのところ悪いんだけど、今からガーって掃除機かけるから、よろしく。

リュウはすぐに和室に退散していました。

でも、やっぱり和室でもダレ犬・・・
080729-24

リュウくん、リュウくん・・・

「あ、こんどはこのおへやですね」
080729-25

「よっこいしょっと」
080729-26

リュウ、心得たもんです。
それにしても、ソファに座ってまでもこのスタイルなのねぇ。
前脚を前に垂らしちゃって、ぶっ倒れスタイル・・・

「そうですけど、なにか?」
080729-27

いえいえ。まあいいや。

久々に煮干のおやつをあげてみました。
最近、食べる煮干で塩を使っていないものを見つけたので買ってみました。
普通の煮干よりサイズが小さいし、リュウにもちょうどいいかなって。

煮干で一緒におやつタイム
080729-28

食べているときは目が輝いてますな。

でも、食べ終わると、ほら!

「zzz~」
080729-29

まあ、この暑い夏をダレ犬三昧で過ごすというのは、省エネには違いないね、うん。
リュウを、我が家の省エネ大臣に任命します!





  1. 2008/07/29(火) 18:29:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月29日火曜日 朝

Tさんおっかけ隊

まゆです。こんにちは。

「リュウです。おはよございます!これから、おさんぽいってきます」
080729-1

今朝は、いつもの遊歩道へ行く途中で、Tさんと行き会いました。
リュウはTさんの姿を見たとたんに、遊歩道の方ではなくてそちらに引っ張りました。

「あっ!Tさんだ!」
080729-2

「リュウくん~!おはよー!」と、Tさんはリュウをいっぱい撫でてくれました。
080729-3

Tさんはこれからランニング。リュウはトイレをしながらのお散歩だから、おのずとスピードが違います。
Tさんとは、朝の挨拶をして、すぐに別れました。

ところが、リュウはTさんが走り去ってしまったあとも、気もそぞろな感じで、Tさんを追いかけたくてたまらない様子。
いつもなら、畑の横の道から遊歩道へ、いつもとは反対側から戻っていくのに、遊歩道には目もくれず、小さい公園へと入って行きました。

小さな公園で、一度Tさんに追いついたのですが、またTさんが走り始めたので、2度目のバイバイ。
リュウは公園での道草もせず、しばらくずっとTさんの背中を見つめていました。

私が、「行こうか」と言うと、嬉しそうに歩き出し、小走りになって、Tさんに追いつこうという気満々な様子。
遊歩道をどんどん走っていくTさんの背中を見つめながら、脇目も振らずに歩き続けました。
リュウがどんどん小走りで行くので、遊歩道の途中で歩いているTさんにまたも追いつきました。
ところがそこへ、ヤマトちゃんが通りかかり、いつものようにご挨拶に来たので、リュウはまたTさんとはぐれてしまいました。

「リュウくん、きょうはつれないのね」
080729-4

リュウは途中の原っぱでうんぴーをしました。
それで、どんどんTさんとの距離が離れてしまいました。

「Tさん、見えなくなっちゃった・・・」
080729-5

でも、公園の入口が見えたところで、Tさんが公園の中を歩いているところがみえました。
そのまま、原っぱの外周を軽くランニングするもようです。

さすがにリュウの鼻をもってしても、そこまで離れてしまったTさんを嗅ぎ当てるのは難しかったらしく、リュウは公園の原っぱの真ん中で、キョロキョロしながらTさんの姿を探していました。

「Tさん、どこに行っちゃったんだろう・・・」
080729-6

「おかしいな~。いないなぁ・・・」
080729-7

私は、外周の道を、Tさんとは反対の方向から入って行きました。途中できっと行き会うと思ったからです。
リュウは、歩きながらも時々立ち止まって、まだTさんを探している様子でした。

080729-8

リュウ、Tさんを探してるの?

「えへへ」
080729-9

照れなくてもよいだろう・・・

ゆっくり歩いていると、しばらくして、向こうからTさんがやってくるのが見えました。
リュウはもう大喜び。
ずっと探していたんだものね。
Tさんに飛びついていました。

Tさんは、またまたリュウを撫でながら、「ほんと、リュウくんって気持ちいい~。ああ~、癒されるわ~!」
なんておっしゃっていました。

リュウ、なんだか、すんごく嬉しそうです。
080729-10

本当は帰りもランニングをするハズだったTさんなのに、リュウに付き合って一緒に歩いてくださいました。
リュウはもうにっこにこ。

080729-11

行くときに、あんなに小走りで元気に走っていたのに、その疲れがどっと出たのか、帰りはものすごいのろのろ歩きになっていました。
この季節、朝でも熱中症に気をつけないとね。
犬は前後の見境なく、ハチャメチャにやってしまって、あとからドーンと出ることが多いから、飼い主の私が気をつけてあげないといけないんだ。
今日はちょっと反省・・・

うちと通りを隔てた斜向かいのマンションにお住まいのTさん。
こんなに近くにいらしたとは。最近知りました。
リュウと、Tさんの家のある通りまでお見送り。

080729-12


Tさん、今日は本当にどうもありがとうございました。
リュウ、とっても嬉しかったようです。
またお見かけしたらおっかけになってしまうかもしれませんが、よろしくお願いします!




  1. 2008/07/29(火) 12:15:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次の更新

まゆです。こんにちは。

日記の更新が滞っていてごめんなさいm(__)m
今日のお昼にはひとつアップする・・・を目標にしていますが、遅くとも今日中には!と思っています。
せっかくいらしてくださったのに、新しい記事がなくてごめんなさい。
なるべく早くアップできるようにがんばります!

「リュウです。こんにちは!」
080729-37

「こんなカッコでしつれいします。ボク、まいにちあつくて、こんなダレ犬になってるけど、げんきです!
まゆさん、またちょっとしごとだって言ってます。まいにちちゃんとこうしんできなくて、ごめんなさい。よかったら、また来てくださいね!」



2008・07・31



  1. 2008/07/29(火) 00:00:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月28日月曜日 夕方~夜

リュウの心の後遺症

仕事、終わった~!
予定より早く終了~!!
リュウ、お散歩に行こう!!!

「ボク、ずっとたいくつだったよ」
080728-19

一日ヒマ犬のリュウは、だからこそ、お散歩は余計に楽しい時間のようです。

だって、こんなににっこにこ。
080728-20

いつものように、遊歩道脇の原っぱに入っていきました。
080728-21

リュウはあまりウロウロもせず、ジーッとしていました。
そして、そのうち、ちょっと小高くなったところの天辺で、お座りをはじめました。
家でもお座りなんて、滅多にしないのに。
というより、お座りが苦手なのかと思っていたくらいです。
でも、お座りをしたら、そのままの格好で、ずっと座り続けていました。

リュウ、もしかして、ちょっとかっこつけてる?
080728-22

そこへ、自転車に乗った小学生が3人、遊歩道をやってきました。
そして、どうやらリュウを見かけた様子。

「あ!犬がいる」
「ほんとだ!あ~、かわいい~!」
「かわいいっていうか、かっこいいっていうか・・・」
「かっこかわいい!」

そんなことを口々に言いながら、自転車を降りてリュウに見入っていました。
そして、「犬のところへ行ってみよう!」とひとりが言い出し、3人で原っぱに入ってきました。

080728-23

ところが、リュウは以前から子供がちょっと苦手な様子だったのですが、3人も一度に来てしまったので、恐怖が絶頂にきたもようで、ものすごい声で唸ってほえて、いつものリュウじゃないみたいになってしまいました。

子供たちはびっくりしていたのだけれど、それでひるんでしまうことはなく、どうにかリュウと仲良くしたいと思っている様子でした。
そこで、リュウが少し前まで、荒川の土手に住んでいたこと、土手にいた頃に子供にいじめられて、石を投げられたり、小屋に火をつけられてお尻を焦がしたりしたことなどを話し、だからもしかしたら、同じくらいの年頃の子が来ると、怖いのかもしれない、と伝えました。

すると、3人は「そんなことするなんて!」「火をつけられたの?身体も燃えちゃったの?」と驚き、「怖いのか~」とちょっと残念そうに言いました。

その中のひとりが、「怖いなら、犬の気持ちになってみよう」と言って、犬のように腹ばいになって、そ~っと近寄ってきました。

「リュウくん・・・」

080728-24

でも、ダメ。リュウはもう恐怖で頭がいっぱいの様子で、子供たちの状態が全然見えていないようでした。やっぱりワンワンほえてしまいました。
でも、果敢に頭を撫でようとして、リュウに「ガウ!」と威嚇され、私が「最初は下から手を出した方が、犬も怖くないのよ」と言うと、素直にそーっと差し伸べるように手を出したところを、やっぱり「ガウ!」と威嚇してしまったリュウ。

みんなごめんね・・・
今日仲良くなるのは諦めて、帰ることにしたようです。
また会ったら声を掛けてね~と言ったら、自転車のところから「リュウく~ん!バイバ~イ!!!」と、3人で手を振ってくれました。

080728-25

子供が苦手な理由は、あくまで私の憶測なのですが、703号室のハハさまからの話を考えると、やはりいじめられたことに起因するのでは、と思うと、いつもあんなに穏やかなリュウが、別の犬のようになる様を見て、リュウの心の中の大きな傷痕を感じずにはいられませんでした。

リュウ、子供だからって、ひどいことする子ばっかりじゃないんだ。
いつか、リュウがそのことをわかって、子供の前でも怖がらなくてもいられるようになるといいね。
リュウの心の後遺症は、どうしたら修復することができるのかしら・・・

子供たちが帰ってしまうと、ほら、もうこんな、いつもの穏やかな表情に。
080728-26

さあ、ちょっと歩こうか?
リュウは嬉しそうに立ち上がって、小高い丘を駆け下りました。

080728-27

リュウが走りたそうにしているので、遊歩道へ出てスキップをしてみました。

リュウ、嬉しそうに走り出しました!
080728-28

リュウと一緒に走りながら撮ったので、ブレブレでごめんなさい
でも、リュウが楽しそうにしている顔は、なんとなくわかるかしら・・・

080728-29

遊歩道を行って帰ってひとっ走り、それで気が済んで家に戻りました。

つよさんの帰りが遅くなると連絡があり、また母子家庭のようなひと時。
080728-30

ようやくつよさんが帰ってきて、食事をしていると、とっくにごはんを食べてしまったリュウは、私とつよさんを代わる代わる見ていました。

080728-31

ごはんを食べ終えると、つよさんが「リュウ、お散歩に行くか?」と言いました。

「おさんぽ、やった~!
080728-32

私も一緒に行って、途中でアイスを買おうという話になり、くっついていきました。

つよさんと一緒だと、必ずエレベーターに乗るんだよね。
080728-33

住宅街をぐるりと回って、コンビニまでやってきました。
「ここで待ってるから、買ってきて」と言われ、使いっぱしりになる私。

080728-34

アイスクリームを買って外へ出たら、リュウがいい子でお座りをして待っていました。
つよさんに、「お座り」と言われたらしいです。

080728-35

こういう、なんでもない日常のひとこまが、実は宝石のような煌めきを持っている・・・そう思います。
こんな日が、ずっと、ずっと、ずっと続きますように。



  1. 2008/07/28(月) 23:39:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2008年7月28日月曜日 朝~午後

甘えっ子

まゆです。こんにちは。

一昨日、どうにか終わらせた仕事ですが、昨日取りまとめをやっているスタッフと話をしていて、まだ足りない文書があるというので、私の担当ではなかったのですが、引き受けることにしました。夕べ着手していたのですが、なかなか進まないので、早く寝て朝やることにして、今朝は4時に起きました。

リビングで仕事をしていたら、しばらくして、背後にのっそりと気配が。
リュウでした。
リュウったら、寝ていた寝室から、リビングに移ってきちゃったよ~!
そっちで寝てればいいのに・・・。

私のすぐ脇のクッションで、もう一度寝直すリュウ。
080728-1

私は部屋の灯りを消して、テーブルの上だけランプを灯して、仕事の続きにかかりました。
1時間ほどで、文書が書きあがったので、納品を済ませてお散歩に出ることに。
まだ5時だから、いつもよりは少し涼しいはず。

リュウ、お散歩だよ!

「やったー!」
080728-2

今日もいつもの遊歩道へ行きました。
原っぱはもう草ボウボウになってしまいましたよ。

リュウの向こう側、かなり茂っていますよね。
080728-3

でも、犬たちはここで用を足すのが好きならしく、多くの犬が歩くので、ちゃんと道もあります。
080728-4

リュウは用を足さずに、ブラブラと原っぱを歩いたあと、小さい公園へ向かいました。
小さい公園はきれいに草刈がされていて、リュウは「どこでうんぴーしよう・・・」とちょっと戸惑い気味でしたが、無事に用を足すことができました。

080728-5


大きい公園に向かって、更に進んで行こうとしたのですが、リュウが途中でいやだ~!とスタックしてしまいました。
そうか・・・じゃあ、凛ちゃん公園の方へ行ってみようよ!
いつもとは1本違う道から行ったので、歩いたことのない住宅街を歩いたりして、「知らない道って、おもしろいね」なんて言いながら、凛ちゃん公園その2に到着。

凛ちゃん公園も、すっかり草が抜かれていて、こざっぱりとしていました。

「いつもはここも草ボウボウなのに!」
080728-6

一段高く、ちょっとステージのようになった場所があるのですが、そこもいすもは草ボウボウで、リュウも入るのをためらうほどなのですが、

「こんなにきれいだったよ!」
080728-7

凛ちゃん公園その1へ行きました。
木の陰で、鳥がバサバサと飛んでいる音が聞こえ・・・結構大きな鳥という感じなのだけれど、姿は見えず。
鳥好きなリュウも、どこにいるのかと目を凝らしていました。

080728-8

リュウはいつもこの芝生に入りたがります。でも、ダメなのよ。
080728-9

その先にもうひとつ公園があるので、今日はそこへも足を伸ばしてみました。
080728-10

細長い敷地の公園で、誰もいないと思っていたら、奥の方のベンチにおじさんがひとり、座っていました。
リュウはそのおじさんが気になるらしく、最初は遠慮がちに見ていたのだけれど、そのうち近寄っていこうとしていました。
おじさんがチョコレートを食べていたからかな。
リュウは食べちゃだめなものなんだよ~。

リュウ、私に引っ張られるように出口に向かう途中で、舌なめずり。
080728-11

またいつもの遊歩道に戻ったら、朝日が眩しく照らしていました。
6時になると、もう空気が変わって暑くなってきます。

080728-12

さあ、帰ろうか。

「うん♪」
080728-13

リュウはごはんを待つあいだ、こんな格好をしていました。

なんか、寝違えそうだけど、大丈夫?(笑)
080728-14

私は、今日は納戸な仕事部屋でやる仕事が待っていたので、そちらにこもって仕事を始めたのですが、気づくとリビングにいたリュウが入ってきて、私の椅子のすぐ後ろに、椅子にくっつくように寝そべっていました。
う~ん、この部屋、暑いよ。
リュウ、あっちのお部屋にいなさい。

そう言うと、一度はリビングに戻ったのですが、しばらくして、またこちらの部屋に入ってきてしまいました。
まったくもって甘えっ子です。
でも、夏の盛り、熱中症になったら困るので、かわいいからって、そのままにはしておけないよ。

仕方ないので、納戸な仕事部屋の入口の、リビング側にクッションを置きました。
ここならまだ涼しいから大丈夫。
それに、私のことも、見えるでしょ?

リュウ、妥協してくれました。
080728-15

しばらくして見ると、向きが変わっていました。
リュウはほとんど寝て過ごしていますが、時々立ち上がって、クッションの上でぐるぐると回って、位置を変えたりしています。
座るときに、ドサっという感じで座るのですが、その座り方もなんだかかわいいんですよ。
な~んて、また親バカが出てしまいました

リュウくん、リュウくん、ご機嫌はいかが?

「ふつう~」
080728-16

あ、そ。

「あついから、うごきたくないよー」
080728-17

リュウ、じゃあ、ちょっとブラッシングでもしようか!
ブラッシングは犬とのスキンシップで、犬の心が充分に満たされるんだって!
リュウ、ちょっとこっちに来て。

リュウ、お掃除をすると勘違いしたのか、クッションから立ち上がったのはいいのですが、すぐにソファに寝そべっていました。
080728-18

それにしても、あんなにしょっちゅう座っていたソファなのに、このところ全然使わなくなってしまいました。
温度が違うのかな?そんなに?

このあと、ようやくリュウがソファから下りてきてくれて、ブラッシングができました。
手触り、最高~heart03
って、最後まで親バカでごめんなさい~





  1. 2008/07/28(月) 13:17:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月27日日曜日 夜

今度は変な催眠術師

公園から帰ってきてすぐ、私たちはまた出掛けなければなりませんでした。
つよさんの会社の会長さんが、入院をしてしまったので、そのお見舞いです。
さっきの公園からすぐの病院だったのですが、リュウを連れていくわけにはいかないし、つよママも一緒に行くことになっていたので、一旦家に戻ってきたのでした。

リュウにお留守番をお願いして、お見舞いに行きました。
半年ほど前に心臓の手術で入院なさったばかりだったので、ちょっと心配だったのですが、今回の入院は糖尿の方だとかで、見た目はお元気そうだったので良かったのですが、まだまだお若いので、元気で頑張っていただきたいものです。

お見舞いを終えると5時少し過ぎ。夕食にはまだ少し早いけれど、普段お店をやっているつよママも、今日はお店がお休みでゆっくりできるので、一緒に夕飯を食べることになり、近所のパスタレストランへ行きました。パスタなら、さくっと食べて帰って来られますしね!

家に帰ると、リュウは寝ぼけ眼で出迎えてくれました。
080727-39

まだ7時前だし、お散歩にはちょうどいい時間だと思うんだけど・・・と言うと、つよさんが、「さっき公園に行ってきたばっかりだから、いいよ、俺が夜連れてくよ」と言いました。

それでいいかな?リュウくん。
080727-40

リュウはキョトンとしていました。
つよさんは、本屋へ行ってくると出掛けてしまい、私は明日締め切りの仕事にようやく取り掛かりました。
リュウは、昼間公園へ行って、お昼寝タイムが大幅に縮小されてしまったので、爆睡状態で寝ていました。
途中で何度も高い声を出したりしていて、何か夢でも見ているのかな・・・

だいぶ経って、ようやくつよさんが帰ってきました。
つよさんは、もし犬だったら、絶対に何があっても放し飼いにできない犬ですね・・・
放っておいたら、放浪の旅に出てしまいそう・・・
まあ、犬とて絶対に何があっても放し飼いにはしませんが。

つよさんが帰ってくるなり、リュウに「さあ、散歩に行こうか!」と誘いました。

リュウ、大喜び。
080727-41

おもちゃ入れからボールを持ってきました。

「おささんぽ、いってきます!」
080727-42

リュウはそのまま、ボールを持っていくといってくわえて出たのですが、ボールは置いていきなさいと言われ、つよさんが履こうと思っていた靴の中に入れてしまいました。

リュウ、そこはボール入れじゃないよ。

「あれ?ちがうの?」
080727-43

私は留守番をしていたので、ふたりの旅路がどんなものだったのか、全くわかりませんが、しばらくして戻ってきました。
こんな時間になっても、リュウは用だけ済ませると、すぐに帰ると言い出したそうです。
ヘラヘラした顔をして、つよさんを見上げ、おもむろに家に向かって歩き出すんですって。

うん、まあ、目に浮かぶわ。

つよさんはリビングで再び晩酌を始め、私はリビングにモバイルPCを持ち込んで仕事をしていました。

リュウは、そのふたりの間にあるクッションで寛いでいました。
080727-44

つよさんが、自分の帽子をリュウに被せ始めました。最初はうっとうしがっていたリュウでしたが、
「どれどれ、リュウ、かわいいな~!」と声を掛けたら、

「えへへ・・・そうかな・・・」
080727-45

と、まんざらでもない顔に。素直です。
その素直さに笑ってしまうくらい。

そういうところも、リュウのいいところなんだよね~!

「ボク、いい子だよ!」
080727-46

うんうん。充分過ぎるぐらいにね。
リュウのチャームポイントはいろいろありますが、それを挙げだしたら、ただですら親バカブログなのに、どうしようもなく親バカなブログになりそうなので、今日のところはこれにて終了。
お粗末さまでした・・・

そうそう!
終了してはいけませぬ。
タイトルに「変な催眠術師」って書いてあるのに、そんな催眠術師が出てきてない~!と言われてしまいますね。

どうぞ、これをご覧ください。








  1. 2008/07/27(日) 23:55:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月27日日曜日 昼~午後

変な気功士とリュウ

つよさんは今日お休みで、先日修理に出した車が直ったというので、取りに行ってくれました。
午後、戻ってくると、すぐにリュウのところへ行って、

「よーし、よしよしー」
080727-11

「よーし、よしよしー。お前はいい犬だな~♪」
080727-12

な~んて、親バカっぷりを披露していました。
今日はつよさんと一緒にお昼を食べようと約束していたのですが、どこに行く?何を食べる?リュウはどうする?と話しているうちに、せっかく家族3人が揃っているのだから、リュウも一緒に連れて行かれるところにしよう!という話になりました。

車はクーラーが壊れていたのですが、どうにか直ったもよう。
でも、車内が冷えるのに時間がかかるからと、私が支度をしているあいだ、ひと足先にエンジンをかけて冷やしておいてもらうことにしました。

リュウは、つよさんに撫でられているときには、あんなにへらへらした顔をしていたのに、つよさんが出掛けてしまうと、とたんにつまらなそうな表情になってしまいました。

080727-13

しかも、私の支度が整うにつれ、どんどん憂鬱そうな顔に・・・

「は~あ、またおるすばんか~」
080727-14

リュウを連れて行くので、リュウの給水器に水を入れていたら、リュウは「ほんとのほんとに、でかけちゃうの?」という顔で、キッチンを覗いていました。

080727-15


出掛けるよ~!出掛けるよ~!
それに、リュウも一緒だよ~ん!

「えっ?ボクも?ボクもいっしょなの?」
080727-16

最初、ちょっと信じられないというような顔をしていたのですが、リードをつけると、もう大はしゃぎになっていました。

自分からさっさと車に向かって行くリュウ
080727-17

「きょうは、どこへ行くんだろう・・・」
080727-18

途中、ドライブスルーのマックでハンバーガーと飲み物を調達して、公園へ向かいました。
結局、いろいろあった候補は全部次回へ回すことになり、ドッグカフェはどこも混んでいそうなので、平日のお休みのときに行くことにして、のんびり公園でランチとなりました。

車を降りて歩き出すと、リュウがいきなりおしっこをしたのですが、こんなに溜まってたの?っていうくらい、長い時間、シャーシャーとおしっこをしていました。
連れてきてよかった。そういえば、今日はお散歩のあとで結構お水を飲んでいたし、ごはんも少し水分が大めだったかも・・・

リュウのおしっこが終わったので、落ち着けそうな場所を探して歩き出しました。

つよさんが、よさそうなベンチを探しに行ってくれました。
080727-19

落ち着いた場所にある、日陰のベンチを見つけて、リュウのリードをベンチにくくりつけ、ようやく落ち着きました。
080727-20

私たちがハンバーガーを頬張っているあいだ、リュウは最初は立っていたのですが、だんだん寛いできて、しまいには、家にいるときのように、腹ばいになっていました。

080727-21

「ねえねえ、つよさん」「ん?なあに?」
080727-22

はーい!おふたりさ~ん!こっち向いて~!!!

パチリと記念撮影。
080727-23

私もリュウと撮ってもらいました。
080727-24

リュウったら、我が家並みにくつろいじゃって。
080727-25

つよさんから、氷をもらいました。

カリカリかじりながら氷を食べるリュウ。
080727-26

「氷なら、まだちょっとあるぞ~」と、空になった飲み物のカップを差し出されて、氷を舐めるリュウ。

「つめたくて、おいしい♪」
080727-27

リュウは、まだ何かもらえるのでは?と期待満々の顔でつよさんを見上げていました。
でも、つよさんはリュウに何もあげませんでした。

080727-28

それで、というわけではないですが・・・

「犬に鼻をかじられるオトコ」になってしまったつよさん。
080727-29

な~んてね。リュウはつよさんの顔を舐めているのですが、鼻をかじっているみたいですよね。
そこへ、変な気功士が登場!

「お前の頭がよくなるように、気功を施してやる~」
080727-30

な~んてね。変な気功士の正体は、つよさんでした。
でも、こうして見ると、ちょっと怪しげに見えなくもない。

食休みも済んだので、少しブラブラすることにしました。
つよさんが「グラウンドの方に行ってみようか?」というので、くっついていくことに。

リュウも嬉しそう。
080727-31

子供の頃はこのあたりも遊び場だったらしく、広い公園の隅々がわかているつよさんの案内でグラウンドへ。

080727-32

日曜日だったので、今日は結構大勢の人がいて、それぞれトレーニングなどをしていました。
つよさんが、「この先にくぬぎ林があって、よくカブトムシを捕りに行ったな~、あそこ、今どうなってんだろ」と懐かしそうに言うので、じゃあ、ちょっと行ってみようかということに。

080727-33

「この道をずーっと行ったところだったんだけどな~」とつよさん。
「ここから遠いの?そうでもないの?」と聞くと、
「う~ん・・・いつも自転車だったしな~。それに子供だったから、遠かった気もするけど、案外近い場所だったのかも」
私も、子供の頃に住んでいた場所に10年以上経ってから行ったことがあるのですが、道幅の感覚などが全く違っていたことを思い出しました。

080727-34

歩いていくと、もうこの先は住宅街というところへ出てしまいました。
くぬぎ林は宅地になっちゃったんだね。
仕方ないので、小さな川を挟んだ向こう側の道を折り返して、元の場所へ戻ることにしました。
さっきから、ゴロゴロ雷の音が遠くでしていて、空気もほんの少しだけど涼しくなってきたから、どこかで雨が降っているのは間違いありません。
きっとそのうち、ここも大雨がくるね。それまでに帰ろう。

080727-35

帰り道は、リュウももうちゃんと道がわかっていて、自分から橋を渡ろうとしたり、正確な方角へ進んでいました。
犬ナビはさすがだね~!

ランチを食べた場所とは違うところから、近道で駐車場に抜けて、車に乗り込んだとたんに雨がポツポツと。
あ~、よかった!いいタイミングだったね!

帰りは車の乗り方も上手になったリュウ。
080727-36

つよさんが私とリュウをマンションのエントランスで降ろしてくれました。
エントランスでつよさんを待とう!

080727-37

リュウはエントランスと裏口の間を行ったり来たりして、つよさんが来るのを、今か今かと待っていました。

ようやくつよさんが来ました。
080727-38

豪勢なランチは無理だけれど、自然の中で家族みんなで過ごすランチタイムは、どんなご馳走より楽しくて、心に残って、こっちの方がいいや。
リュウが我が家に来てくれたから、増えた楽しみです。
リュウ、ありがとう。





  1. 2008/07/27(日) 16:19:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月27日日曜日 朝

リュウのおさんぽれぽーと


リュウです。こんにちは!

080727-1

今朝の日記は、ほんとにただの記録でおもしろくないからって、まゆさんがボクにれぽーとをやらせることにしたって。
初めてだから、うまくいかないかもしれないけど、よろしくおねがいします。

今日は、マンションの入口を出たところで、ボクたちが住んでいる部屋の下の部屋に住んでいる、ラブラドールのアンディくんと会いました。
ボク、アンディくんは大きいし、いつも思わず「う~」ってうなっちゃうんだ。
でも、今日はうならなかったよ!
いつもはパパさんとお散歩しているアンディくんが、珍しくママさんとお散歩していて、まゆさんとちょっと立ち話してました。
アンディくんは10歳なんだけど、10歳になったとたんに、脚が弱くなっちゃったんだって。いつも片足を引きずって歩いているよ。
まゆさん、アンディにがんばれって言ってたよ。

道を曲がって遊歩道に向かって歩いていると、途中で女の人がしゃがんでいたの。小さい犬もいるみたいだったから、道の反対側を歩いていたら、ちょっと前に夜、1回だけ会って、病院の話をいっぱいした人で、ロンちゃんも一緒でした。
ロンちゃん、あいかわらず白くてきれいだったけど、ボクはちょっと怖くて、離れたところにいたんだ。

080727-2

今日は、いつもの原っぱに寄ってから、遊歩道を反対の方に向かって歩いて行ったんだよ!
原っぱで草を食べていたら、まゆさんにダメって叱られちゃった。

080727-3

ずっと歩いていくと、大きい道に出るんだけど、そこの信号を待っていたら、向こう側に犬を連れたご夫婦がずっとボクのことを見ていたの。
道を渡っていくと、「うちの子がどうしても気になっているみたいで」って、ボクに会わせてくれたよ。

くうちゃんだって。
080727-4

お転婆さんなんだって。ボク、ちょっと腰が引けちゃったんだけど、ご挨拶はできたよ!
今度会ったら、もっと上手にご挨拶するよ。

公園の脇を通って、また遊歩道の続きを歩いていたんだけど、ボク、隣の自転車専用レーンの方に行きたくなっちゃった。まゆさんが、いいよって言ったからそっちの草むらの道を歩いたんだよ。

080727-5

今日はこの道でうんぴーが出ました。
でも、ボク、そのあとでちょっと気持ちが悪くなっちゃって、ワンタくん公園の方へ曲がって歩いている途中でゲボしちゃったの。まゆさんがびっくりして、「リュウ、大丈夫?」って背中を撫でてくれたんだ。
さっき食べた草のせいかな。草がいっぱい出たよ。

ワンタくん公園でちょっと過ごして、そのままおうちに帰りました。
ボクがゲボしたから、まゆさんがすごく心配して、ゆっくりゆっくり歩きました。

080727-6

おうちに帰ったら、つよさんはまだ寝ていたよ。
まゆさんが「これがほんとの行き倒れって感じよね」なんて言って笑ってました。
ボクもつよさんに付き合って、ごはんができるまで寝る部屋にいたんだ。

080727-7

でも、おなかすいたよー。
朝ごはん、まだ~?って、まゆさんに聞いたら、「ごめんね、今作っているから、あとちょっと待ってて」って言われちゃった。

だから、もうひと眠りすることにしました。退散、退散。
080727-8

いつもの時間より、ちょっと遅かったけど、ごはんができあがりました。
ボク、ゲボしちゃったけど、全部きれいに食べたんだよ!
まゆさんが、「消化がいいように」って、おじやをミキサーにかけて、ドロドロにしてくれたんだ。

080727-9

は~あ、おいしかった!
おなかがいっぱいになったら、眠くなっちゃって、あくびしたんだよ。
そうしたら、こんな顔になっちゃって、まゆさんがおもしろい顔だって、大笑いするんだ。

そんなにおもしろい?
080727-10

今日は初めてボクがれぽーとしました。
読みにくかったらごめんなさい!




  1. 2008/07/27(日) 10:09:33|
  2. 我が家の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月26日土曜日 朝~夜

リュウの交友関係

まゆです。こんにちは。

昨日は結局、仕事の一部が残ってしまい、締め切りはなんとか延びたようなので、引き続き今日もやらねば・・・なのですが、夕べ遅かったので、かなり眠い朝を迎えました。

「ボクもちょっとねむいけど、へいきだよ!」
080726-1

そう、リュウはまた忠臣になってしまって、しばらく私に付き合って夜更かししていたのです。でも、私に「つよさんと一緒に寝なさい」と言われ、寝室に行き、でも1時間ほどでまたリビングに来て忠臣をやり、また私に「いいから寝なさい」と言われ、ようやく寝室で寝たのです。眠いはずです。

なのですが、今日もふたりで元気よくお散歩に行きました。
飽きもせず、いつもの遊歩道脇の原っぱです。
飽きもせずというより、ここはリュウにとって一番心安らかにうんぴーができる場所のようなので、どうしても来る頻度が高まります。

080726-2

でも、今朝はすぐにうんぴーが出なかったリュウ。
小さい公園に向かって歩いて行きました。
公園の入口で2ワンに遭遇。

見るからに女の子っぽい、かわいいわんこにご挨拶され、リュウもまんざらでもない様子。
080726-3

コナツちゃんです!かわいいでしょ?
080726-4

白い色の入り方がリュウと似てる?

一緒にいたこちらは、コナツちゃんの兄弟のコウちゃんです。
080726-5

兄弟が近くにいて、時々でも一緒にお散歩できるというのは、なんか楽しいですね。
リュウもナナちゃんと、お散歩は無理でも、時々会えるといいよね。

リュウが、小さい公園へ入るのを嫌がったので、凛ちゃん公園へ行くことにしました。

なんか、にこにこ嬉しそうなリュウ。
080726-6

このまま順調に行くと思いきや・・・
途中でまたストップしてしまいました。
じゃあ、戻る?と言って、小さい公園の入口まできて、何気ない感じで小さい公園に入っていったら、今度は抵抗なく一緒に入ってきました。

気まぐれさんだね
080726-7

公園にはなだらかな丘のような原っぱがあって、その脇の天辺に東屋のような休憩できる場所があって、そこに職人さんのような方がふたり座っていました。

リュウ、ずっとその方たちが気になっている様子。
080726-8

あちらも手招きしているので、「行ってみる?」と上がって行こうとしたら、どうやらそれは嫌ならしく。
でも、やっぱりじっと見ていて、原っぱから出ようとしません。
「じゃあ、行ってみる?」「いやです~」というのを何度か繰り返し、ようやく原っぱを下りたのでした。

そのまま、小さい公園の真ん中あたりにある脇門から出ようと、リュウに引っ張られ、仕方なくそこから出たのでした。

「こっちから出るです!」
080726-9

今日は大きい公園は行かないのね。

「うん♪もう、おうちへかえるよ!」
080726-10

そうなの・・・でも、うんぴーしてからね・・・

遊歩道脇の原っぱに戻ると、昨日も会ったゴクウくんにまた会いました。
ゴクウくんのママさんは、もうずっとこの土地に住んでいらっしゃるようで、ぐるっと回れるお散歩コースなどを教えてくださいました。
「このあたりも、ず~っと全部、見渡す限り畑だったのよ~!」って。今も畑は多いですが、家も建っているものね。

080726-11

家に帰ってくると、いつもリュウにお水を飲みなさいと言うのですが、なかなか進んで水を飲みません。
今日もリュウが寝そべっているソファへお水の器を持っていきました。

080726-12

こうすると飲むのだから、喉も乾いているんじゃないの?どうしてすぐにお水を飲みにいかないのか、不思議です。

お水を飲み終わったリュウは、行き倒れの犬みたいになっていました。
左の前脚が行き倒れっぽいよね。

080726-13

そして、ごはんを食べたあとは、床で横になっていました。
そこ、気持ちいいの?

「うん」
080726-14

今日も昨日の続きの仕事をしていたのですが、途中でリュウが起き上がってやってきました。

「ま~ゆさん!」
080726-15

こういう、飼い主のツボをつくようなことをするから、たまんないわ~!

でも、その後のリュウはずっとクッションの上で横になっていました。

こんな風に起き上がっていることは珍しく、
080726-16

たいていはこんな風です。
080726-17

と、そこへチャイムが。
宅急便ですって。なんだろう???
出てみたら・・・妹からでした!
そうです。森田誠さんの犬のしつけの本とDVDが届きました。

「それ、なんかいいものですね!」
080726-18

そうよ!とってもいいものよ!
リュウともっともっと仲良くなれるようなものが入っているのよ!いいでしょ~。

ですが、今日はこれを開けて勉強している時間がありません。
とにかく、早いうちに仕事を片付けてしまわねば!

私は超忙しかったのですが、リュウは超ヒマだったようで・・・

その後もずっとこんな感じでした。
080726-19

リュウ、リュウ!
そろそろ、お散歩に行こうか!

「えっ!おさんぽ?」
080726-20

今日はどこへ行こうかしらね~と言っている先から、リュウはいつもの遊歩道を目指して歩き始めました。
遊歩道にいたら、後ろから「リュウちゃん!」と声を掛けられたので見ると、ワンタくん公園で会う、ハスキーのユウちゃんでした。

今日はいつもよりちょっぴり涼しいから、久しぶりに大きい公園へ行くようです。
リュウも一緒に行ってみる?

一生懸命、ユウちゃんについていこうとするリュウ。
途中でおしっこをしていたりして、ユウちゃんとのあいだがあくと、一生懸命に走って追いつこうとしていました。
080726-21

ユウちゃんは途中で水分補給。リュウはいらないというので、水は飲みませんでしたが、ふたりともよく頑張って歩いて、大きい公園に辿り着きました。

公園の入口で、ずいぶん前に森田さんのしつけの本のことを教えてくださった、トウェルちゃんとママさんに会いました。
お久しぶり!ちょうど今日、本が届いたんですよ~とお話しして、

犬同士も「こんにちは」って、挨拶まではいかなかったようですが・・・
080726-22

ユウちゃんはお仲間さんたちが集まっているところへ行ってしまったので、リュウは気ままに原っぱの中をクンクンしていました。

080726-23

そこへ、元気なジャックラッセルテリアちゃんの登場!
まだ1歳になっていないらしく、好奇心旺盛で、誰のところへも行きたくて行きたくて仕方ないそうで。

「こんにちは!あたち、ベッキーよ!」
080726-24

と挨拶したと思ったら、すぐ脇を通った他のわんこの方へ、もう飛び出していっていました。
リュウがものすごく落ち着いた大人に見えたよ。

でも、私が「ちょっと走る?」と言ったとたん、顔が輝いて、リードをかじりはじめたリュウ、

「わーい!」とリードをかじったまま走り回っていて、子供みたいになっていました。
080726-25

「わーい、わーい!!」
080726-26

リュウは走るのが大好きだね。

「わーい、わーい、わーい!!!」
080726-27

しばらく走り回ったけれど、もう大人のリュウは、いつまでも走り続けたりはしません。
気が済むと、もう普通に歩き始めました。

「あー、たのしかった!」
080726-28

じゃあ、そろそろ帰ろうか。

公園の出口のところで、「あら、リュウくん!」と声がしたので見ると、

ワンタくんと小次郎くんでした。
080726-29

ふたりとも、自転車で来ていたので、「バイバーイ!」と別れたのですが、途中でうんぴーをしたり、大きな通りを渡る信号を待っていたりで、すぐに追いついてしまいました。
でも、あちらは自転車なので、すぐにまたバイバイになってしまうのですが、リュウったら、

「このくらいの速さなら、ボク、はしって追いつけるよ!」
080726-30

とばかりに、ふたりを追いかけようと走るので、私も一緒に走る羽目に・・・
結局、遊歩道脇の原っぱのところで、本当にバイバイをしたのでした。

遊歩道の途中でつよさんから電話がかかってきていて、もうすぐ帰ると言っていたので、そろそろ帰ったころかな?と思いながら歩いていたら、マンションの前で必要以上にこちらに迫ってくる、変なバイクが。よく見たら、つよさんでした。

リュウは大喜びでつよさんのバイクを追いかけたので、私はまた走る羽目に。痩せそう・・・

みんなで一緒に帰ってきました。
080726-31

それにしても、リュウもずいぶん交友関係が広がったね。
前は他のワンコに近づくことさえ、恐る恐るだったのにね。
今では、興味のある子には、自分から近づけるようになったものね。
少しずつお友達もできて、お散歩も変化が出てきたよね。嬉しいね。

しみじみ、リュウに話しかけていたのに、リュウときたら・・・

つよさんのおつまみに釘付け!
080726-32

まあ、人生、こんなもんだ




  1. 2008/07/26(土) 21:29:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月25日金曜日 朝~夜

朝ごはんピクニック

まゆです。こんにちは。

先日、愛者くんご家族と大きい公園でプティ・ピクニックをしてからというもの、その楽しさにすっかり虜になってしまった私。
輝さんが来るなら!と、またしてもいきなりのピクニック企画を立ててしまいました。
今日はつよさんもお休みというし。

おにぎりを結んでいるあいだ、リュウも大人しく待っていました。
080725-1

おにぎりとお茶とお漬物と、デザートにスイカと輝さんが持ってきてくれたお菓子の簡単メニュー。
準備が揃ったので、いざ出発!

「きょうはみんなでおさんぽだよ!」
080725-2

輝さんが来ているか、しきりと気にしているリュウ。

「てるさん、ちゃんときてますか?」
080725-3

時々後ろを振り返っていました。

いつものコースを歩いて、遊歩道から公園へ向かいます。

080725-4

途中、小さい公園でゴクウくんに会いました。

「おはよう!」「久しぶりだね」
080725-5

前々から輝さんには、この遊歩道を案内してあげたかったのですが、いい機会になりました。
最近、お散歩も短めのリュウでしたが、みんなと一緒だから、頑張って歩いたね。

080725-6

さあ、到着。
お目当てのテーブルは既に人が座っていたし、もう少し日陰になる場所の方がいいだろう、ということで、大きな木の下で持ってきた朝ごはんを広げました。

080725-7

リュウの朝ごはんは、おうちに帰ってからね

「うん。かえりもいっぱいあるくもんね!」
080725-8

でも、スイカは食べていいよ。

と言いながらも、リュウはさっそく輝さんのおにぎりを狙っていました

「てるさん、おいしそうですね」
080725-9

つよさんも私も絶対にあげないので、うちに来たお客さまはみんな、リュウの標的になってしまいます。
でも、輝さんは手強い相手。というより、この私の母ですからね。私がこの人に育てられたわけですから、彼女に比べたら、私なんて甘い甘い。
そんなわけで、リュウは何もありつけませんでした。

でも、ちゃんとわかって、すぐに大人しくなっていましたよ。
080725-10

時々スイカを食べたり、

あたりを眺めたり・・・
080725-11

何かの選手たちが、原っぱの周りをランニングしていて、ちょうど私たちの横を通るように、原っぱを横切っていきます。
そんな朝の公園の風景を眺めながらの朝ごはん。
おにぎりを食べ終わって、輝さんが持ってきてくれたお菓子を出したら、

「これも、やっぱりダメなんですよね?」
080725-12

って、興味津々で食べたそうにしていましたが、

「そうだ、リュウ、ちょっと走ろうか?」と言ったら大喜び。
木の周りを何周か走りました。

とっても嬉しそうに走るリュウ。リードをかじって嬉しさをアピール。
080725-13

これで大満足だったみたいです。

080725-14

朝ごはんピクニックと言っても、持って行ったおにぎりを食べただけですが、結構いい気分転換になるね。
またやろうね!

「うん!またみんなでこようね」
080725-15

公園を出て道を渡ったところで、輝さんがサングラスを忘れたことに気づきました。
引き返して取りに行くあいだ、ちょっと待ってようね。
私が日陰へ引っ張って行こうとすると、リュウが公園の方を振り返りながら、「輝さんがいないよ」と引っ張り返しました。

リュウ、大丈夫。あそこの日陰にベンチがあるから、あそこで待ってようよ。

ベンチを指差して進むと、ようやくわかったのか歩き始めました。

しばらく経つのに、なかなか輝さんが戻ってきません。
つよさんが様子を見に行ったところで、輝さんがこちらに向かってくるのが見えました。

「てるさん!」
080725-16

リュウもお出迎え。

「リュウちゃ~ん、ごめんね~、忘れ物しちゃって!」
080725-17

サングラスは無事に見つかったそうです。
いつもは帰りは違う道を通るのだけれど、今日は来たときと同じ遊歩道を帰りました。

途中のコンビニで、つよさんが買い物をしてきてくれました。

080725-34

何を買ったかというと・・・
毎日新聞です。
今日から、「君と一緒に生きよう」というコラムで、リュウをはじめとする土手の犬たちの話が、隔週の3回連続で連載されるというので、さっそく買ってみました。

ジャーン!
080725-19

ほんとだ!リュウの名前も出てきてる!(名前だけだけど・・・でも、一応新聞デビュー?)
次回、リュウの話も少しは出るのかな・・・。ちょっと楽しみですね。

さてさて、家に帰ってくると、ぐうたらな親子は布団も片付けず、そのまままったりと過ごしていました。
本当は今日のうちに仕上げなければならない仕事があって、私はお尻に火がついて、ボウボウ燃えているくらいだったのですけれど、つよさんもお休みで、こうしてみんなでのんびり過ごせるときって、あるようでなかなかないので、輝さんが帰るまでは、この時間を楽しもう、あとは黒焦げになってもいいや!と思っていたのです。

輝さんは子供も動物も大好きな人。というか、自分が子供や動物になって、一緒に遊んでしまうような人です。
なので、リュウともすぐに遊んでいました。

080725-20

ボールに目が釘付けのリュウ
080725-21

輝さんがゆっくり動かすボールをジーッと見つめています。
080725-22

どこへボールをかざしても
080725-23

目を離しません。
080725-24

おっかしいな~。
私が同じことをやっても、「何やってるの?」って顔で、まともに取り合ってもらえないのにな・・・。

そんなわけで、リュウはすっかり輝さんがお気に入りの人になったようで、そのうちクッションから下りてテーブルの下に潜り込んだと思ったら・・・

輝さんの足にぴったりくっついて寝そべっていました。

「ボク、てるさんが好きだ~
080725-25

しかし、輝さんも家にトトロというシーズーがいます。
今日は帰らなくちゃなのよ、リュウ。

午後、輝さんが帰るので、つよさんが駅までお供してくれました。
私は仕事に取り掛かりました。

さっきまで、みんなでのんびり過ごしていたのに、好きな人は帰っちゃうし、私は仕事に没頭しているし、リュウはとたんにこんな顔・・・

「つまんねー」
080725-26

おお、これはこれで、かわいい顔だ♪
親バカはそんなことを思っていましたが。

今日は文書を作る仕事だったので、モバイルPCをリビングに持ち込んで、リュウのすぐ脇でやっていたので、仕事の合間にリュウをちらっと見ると、

「ヒマ過ぎ・・・つまんね~」
080725-27

と、無言の訴えをしていました。
でも、そのうち、すっかり眠りこけてしまいました。

「zzz~」
080725-28

夕方になって、まだ仕事は全然終わっていなかったけれど、お散歩の時間になったので、気分転換も兼ねて出掛けました。

いつもの遊歩道脇の原っぱで。最近はここでの~んびり過ごすことが多くなりました。
080725-29

ごきげんなリュウ。
080725-30

ようやく遊歩道脇の原っぱを出て、小さい公園の方へ行こうとしたら、元来た道を戻っていこうとします。
今朝、大きい公園へは行ったから、じゃあ、遊歩道のいつもとは反対の方へ歩いて行こうか。
そう言って、遊歩道をどんどん歩いて、ワンタくん公園まで行きました。

「きょうは、あんまり人がいないな・・・」
080725-31

この公園へ来ると、このところいつもお父さんとお母さんに連れられて、野球の練習をしている男の子がいるのですが、今日もお父さんの特訓を受けていました。

遠くの方にわんこがいて、少しずつこちらに近づいてきました。
「そちらに行っても、大丈夫ですか?どうしても行きたいみたいで・・・」

ボタンちゃん、まだ1歳になっていないそうです。
080725-32

最近、歳若いわんこに会うことが多いね。
それも純血種ばかりです。
みなさん、ペットショップで買ってらしたのかしら。
ペットショップの命たちも、リュウたちと同じ命なので、なんとも言えない気持ちになるのですが、ひとりでも多くの方に、リュウのような犬の存在、保健所で今日も命を落とした犬たちのこと、日本の国の中での動物たちの扱われ方の現実を知っていただいて、目を向けていただけたら・・・と切に願っています。

毎日新聞の「君と一緒に生きよう」も、そういう部分で意味のあるものだと思うのですが・・・本当に読んでもらいたい人には、なかなか読んでもらえないんですよね
でも、全く興味がないわけじゃない人が、たまたまご覧になって、そういう犬たちの現実を知ってくださるだけでも、大きな意味があると思っています。

土手で6年も生きてきたって、リュウはこんなにいい子で家庭犬として暮らしています。
ひょっとしたら、ペットショップで売られていた、血統書つきの子より、いい子かもしれません。
リュウは、たぶんいろいろなこと全てをちゃ~んとわかっていて、感じ取っていて、わきまえている気がします。
な~んにもしつけなんてしてないのにね。それなのに、キッチンに入ってきたり、留守番のときにゴミ箱を荒らしたり、テーブルの上の食べ物をかっさらったり、全然しないものね。
本当にいい子です。

土手出身の中型犬だから、番犬にしかならないなんて、そんなこと言うのは、単なる無知だと思ってしまいます。
土手出身だから、とってもわきまえがあります。そう断言できるくらい、いい子です。

リュウの実家の「幸せの703号室」で、リュウの甥っ子のたろうを保護したようです。
顔の造作も表情も、リュウに似たかわいい子です。
なにより、澄んだ瞳がすばらしい!ハハさまが、「涙が出るほどいい子」と書いていらっしゃいましたが、よくわかります。
たろう、いい方と巡り会えたらいいな。心から祈っています。




  1. 2008/07/25(金) 19:17:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2008年7月24日木曜日 午後~夜

まゆママ、輝さん来訪

そうそう、今日は木曜日。海岸オフィスへ行く日でした。
リュウ、今日もちゃんとお留守番を引き受けてくれました。
それも、おやつなしで!
朝、いっぱい食べちゃったもんね。

「おやつないのはいやだけど・・・ボク、おるすばんできるよ!」
080724-19

相変わらずいい子のリュウは、ひとりで静かにお留守番していたようです。
つよさんが、私より早く帰ってきて、また出掛けてしまったのですが、「ちゃんとお留守番してるよ」と連絡がありました。

リュウ、いつもどうもありがとうね!

明日、締め切りの案件のため、ギリギリまでオフィスで作業。
帰ってくると、リュウは相変わらずクッションの上にいました。

「まゆさん、おかえりなさい」
080724-20

すっかり遅くなっちゃって、ごめんね
リュウ、お散歩に行こう!

お散歩、という言葉を聞いて、リュウはいつものようにボールをくわえようと、リュウのおもちゃ入れになっているバスケットのところへ行きました。

080724-21

そして・・・

あ~、やっちゃった!
080724-22

全部ひっくり返してしまいました~!
でも、全く動じないリュウ。お目当てのボールにかじりついていました。

これでリュウが転がしてしまったボールを全部、バスケットに入れてくれたらすごいんだけど、さすがに犬はそんなこと、しませんよね・・・
・・・下僕が拾って片付けました

階段室の入口で、

「はやくあけてくださ~い!」
080724-23

と、嬉しそうなリュウ。
今日はすっかり暗くなってしまっていたのですが、遊歩道まで行って、用を足して戻ってきました。

ごはんを食べたあと・・・
080724-25

今日はつよさんはお友達と飲みに出掛けてしまったので、私とリュウのふたりっきり。
しかも私は海岸プロジェクトの続きにかかりきりになっていました。

「まゆさん、ボク、とってもヒマです・・・」
080724-24

リュウが、たびたび情けない顔で見上げるので、少し遊ぶことにしました。

リュウ、ちょっと遊ぶ?ボールを持っておいでよ!

「あそびます!」
080724-26

珍しく私からの遊びの誘いに乗ったリュウ、ボールをくわえて和室に来たのはいいのですが、いきなりボールを投げて、それを取ろうとして蹴飛ばして、室内物干しの向こうへ転がしてしまいました。

「ボール~、あ、あんなとこだ・・・」
080724-27

リュウはボールを見つけたらしいのですが、ジーっと固まって動かないので、「リュウ、こっちから、こっちから」と脇から回って取ることを教えてあげました。

脇から探しに行ったリュウ、
080724-28

無事にボールをくわえて出てきました。
080724-29

「ここでかじろうっと!」
080724-30

リュウ、楽しい?

「うん!たのしいよ!」
080724-31

しばらくボールかじりをしていたリュウでしたが、じきに落ち着いてしまいました。
まあ、もういい大人だからね。

080724-32

夜の長~い時間、リュウとふたりっきりで過ごしていたのですが、今日もそろそろ終わり・・・という頃に、玄関のチャイムが鳴りました。
私の母、輝さんがお友達との食事会を終えて、我が家にお泊りにやってきたのです。

私と一緒に、玄関まで出迎えたリュウ、

輝さんに会うなり、いきなりちゅー攻撃でした。

「てるさん、こんにちはです~!」
087024-33

輝さんと積もる話をしていると、リュウも話に聞き入っているようでした。

輝さんの顔を見ているリュウ
080724-34

しばらくして、ようやくつよさんも帰ってきましたが、かなりの酩酊状態でした。
でも、楽しいお酒だったようで、ごっきげん!よかったね!

リュウがうちに来てからは、朝早起きなので、こんな夜更かしはあまりしないのですが、みんなで楽しいひと時を過ごしました。

「リュウくん、かわいいわね~
080724-35

リュウ、みんなと一緒は楽しいね!

「うん!たのしいね!」
080724-36

このあと、誰がどこに寝るかでつよさんと輝さんの間で激しい譲り合いがあったのですが、輝さんがひとりでリビングに寝ることになり、私たちは3人でいつものように和室で寝ていました。
ふと気づくと、リュウがいません。
あれ?リュウ?
そ~っとリビングを覗くと、リュウは輝さんのお布団の脇にある、自分のクッションの上で寝ていました。
輝さんが言うには、私たちが静かになってすぐに、リュウがリビングに移動してきたんだそうです。
「きっと、私がひとりだから、かわいそうだと思ったのよ」と輝さん。
私も、リュウのことだから、きっとそうだろうなと思います。
リュウはやさしい犬だから。
本当にやさしい犬だから。


  1. 2008/07/24(木) 23:14:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月24日木曜日 朝~昼

リュウの熱中症対策!?

まゆです。こんにちは。

今日は朝からご機嫌うるわしい様子のリュウ、
080724-1

いつものように遊歩道を進んで、まずは小さい公園をクリア。
遊歩道を更に進んでいきました。そうなると、大きい公園へ行く可能性は90パーセント。

080724-2

遊歩道脇の原っぱにも立ち寄りました。
080724-3

そしてそして、大きい公園に到着。
公園の原っぱの真ん中あたりに、またしても犬の集団がいたのですが、みんな小さな犬ばかり。
リュウは、遠目にそれを突っ立って見ていました。
今日はせっかく来たから、ぐるりと一周してみようか?

と、歩き出したら、後ろから「リュウく~ん!」と呼ぶ声が。
見ると、サスケくんとママでした。

「おはよう!」
080724-4

サスケくん、例の集団の常連メンバーらしく、これからそちらへ合流するとのこと、「リュウくんも一緒に行こう」と誘ってくださいました。
どうする、リュウ?行ってみる?

リードを引っ張ってみると、抵抗せずに歩き出したので、ゆっくりながら中心にいる集団に向かっていきました。
リュウはそれほど嫌がらずに進んで行ったのですが、今日はサスケくんの方がスタックしていて、原っぱで腹ばいになってしまうことがしばしば。
でも、リュウが歩くと少し歩くので、リュウにつられてみんなの所へ向かっているという感じでしたが・・・

途中でお迎えが来ました。

「ボク、リュウです」「リュウくん、よろしく」
080724-5

リュウは、いっぱいマッサージをしてもらって、とっても気持ちよさそうでした。
080724-6

朝からこんなマッサージが待ち受けているとは!今日はいい日だねえ!
しかも、しかも、それにとどまらず・・・

リュウ、おやつまでもらってしまいました
080724-7

すみませんね~。ありがとうございます。
おやつをくれたのは、トイプードルのボブくんのパパさん。
「ここに通うようになったら、すぐに太っちゃうよ!」と言われました。
いや、それは困る・・・
私が相当困った顔をしたのか、ボブくんのパパさんはじかにリュウにあげるのをやめて、私に手渡してくださいました。リュウは既にそこそこおやつをいただいていたので、後からいただいた分は、バッグのポケットへ。

いろいろな方がリュウにご挨拶をしてくださって、みんなにいっぱい撫でられたリュウ。

にこにこ対応しています。
080724-9

みんなにかわいがられて、嬉しいね!

どうやらリュウは、やはり小さいサイズの女の子がお好きなようで、最初はシーズーのさくらちゃん、そして次にはイタリアングレーハウンドのグレイスちゃんにくっついていました。

おやおや、くっついて、というより、ストーカー?
080724-10

そのあと、またさくらちゃんと一緒にいたら、アラシくんがやってきました。
アラシくん、今までもニアミスしてたよね。

080724-11

今日は他にも、シェルティーのボブくんや、この間もあったメソくん、それからシーズーのムックともお友達になりました。
それにしても、リュウが他のワンコと、ここまで交流できるようになったなんて・・・
リュウ、偉いね!がんばってるね!

と、そのうち、急にみんなが騒がしくなったので何事かと思ってみたら・・・


080724-12

大変!さっきまで、ハチャメチャにボールを追いかけて遊んでいたトイプードルのボブくんが、痙攣を起こしていました。
ボブくん、どうしたの?大丈夫?とみんな口々に言いながら、お水を飲ませたりさすったり。
きっとこれは、熱中症ではないか、だとしたら痙攣は危ない状態だから、と氷水を持っていた方が、水筒から首筋に冷たい水をかけてくれました。タオルと着ていたお洋服も濡らして、扇いだりしていたら、そのうち痙攣が止まって、ボブも自分で立ち上がろうとし始めました。
ボブのパパさんが抱っこして、必死になって声を掛けていました。ママさんが車で迎えに来てくれるまで、もう少し、頑張って!

今日は曇っていて日差しはなかったのですが、妙に蒸し蒸しと蒸し暑く、ボブくんはハチャメチャに走り回っていたから、体温も上がっていたのでしょう。
蒸し暑い日は、曇っていても水分の蒸発が鈍るので、熱中症に気をつけないといけないのだそうです。
ボブくんのパパさん、「今日は初めて会ったというのに、ほんと、ごめんなさいね」と恐縮していらっしゃいましたが、ボブくんが落ち着いてくれて何よりです。

熱中症騒動で、30分ほどリュウを待たせていたので、ボブくんの容態が落ち着いて、ママさんがお迎えに来たところで、帰ろうということになったら、大はしゃぎになっていました。

「やった~♪もう帰る?おうちに帰る?」
080724-13

でも、リュウはどちらかというと横着犬なので、はしゃぐのもほんのちょっと。
すぐに落ち着きました。

「ボブくん、だいじょうぶそうで、よかったね!」
080724-14

うん、本当に。
リュウも気をつけようね・・・

家に帰ってきてごはんを食べたあとは、いつものように居眠り三昧だったリュウ。

「zzz~♪」
080724-15

気持ちよさそうに寝ているねぇ。

リュウ、おやつのスイカ、食べる?

「えっ?スイカ?」
080724-16

どうぞお食べなさい。

でも、リュウはクッションから離れず、テーブルの私のスイカばかりを見上げていました。

「それをちょこっともらえませんか?」
080724-17

出たよ、横着犬め~(笑)
いいから、自分の分のを食べなさい!

リュウ、だいぶ経ってから、渋々立ち上がって、スイカを食べに行きました。

「ブ~!まゆさんの、ケチッ
080724-18

ブーって顔になっていて、笑ってしまいましたが・・・
案外、これがリュウの熱中症対策だったりして。あんまりジタバタ動かないっていう。
ほんと、そうかも。





  1. 2008/07/24(木) 12:18:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月23日水曜日 朝~夜

マイノリティーの集い

お散歩から帰ったリュウは、朝ごはんまでのあいだ、キッチンの入口に這いつくばるような格好で寝そべって、私にプレッシャーをかけていました(笑)

「ご・・・ごはん・・・」
080723-18

今日は、もう二度とご免だと思っていた、先週、先々週の私を苦しめていた仕事の、変更作業が勃発していたので、泣きながら納戸の仕事部屋にこもっていた私。
リュウも、しばらくのあいだ、入口付近で寝そべっていたのですが、突然立ち上がってリビングへ去っていきました。
その立ち上がり方が、「あぢっ!もーだめだ・・・」っていう感じだったので、思わず声をあげて笑ってしまった私です。

しばらく経って様子を見に行くと、リュウはクッションの上でおとなしくしていました。
そういえば、最近はリビングにいても、クッションの上にいるか、床にじかに寝そべっているかのどちらか、すっかりリュウ専用になってしまったと思っていたソファは出番がなくなっています。

先日、またしてもお向かいのTさんから、美味しい美味しいスイカのお裾分けをいただいていたので、おやつにリュウと一緒に食べました。

おやつ、食べる?
080723-19

「スイカだ、スイカだ~!」
080723-20

「ください!」
080723-21

はい、どうぞ
080723-22

横着犬のリュウは、ソファに座ったまま、というより寝そべっていた姿勢のまま、上半身だけ持ち上げて、スイカにかぶりついていました。

そして、食べ終わると食べたりないような顔をして、下ぶくれっていました。

「もっとください・・・」
080723-23

スイカは冷たいから、食べ過ぎてお腹を壊したら困るな・・・
そうだ、ふかし芋がちょっとだけ残っているよ。食べる?

差し出したふかし芋を、ペロペロとずっと舐め続けるリュウ。

「おいしいです~!ペロペロ、ペロペロ」
080723-24

いつまで経っても舐めてばかりなので、遂に私の実演が出てしまいました。

リュウ、こうやって奥歯でかじるのよ!ガブってやってごらん。
それを見たリュウ、ようやくお芋にかじりつきました。

「こうですか?」
080723-25

そうそう!上手上手!

なんのこっちゃ・・・

さてさて、今日はお待ちかねのものが届きました!
「ファーミネーター」です。
以前のブログで、黒ラブのボニーちゃんのママが持っていた、驚異的に毛が取れる、噂のファーミネーターです。
すごく威力があるというコメントもいただいたので、5250円だったし、買ってみてしまいました。

リュウは、最近はスリッカーブラシでブラッシングしても、ほとんど毛が取れない状態でした。
お掃除のときによく見ると、多少落ちてはいるので、抜け毛皆無というわけではもちろんないのですが、全然気にならない程度です。

さて、ファーミネーター、どうでしょう。

やさしくリュウの背中を撫で付けてみました。

「ボク、きもちいいよ」
080723-26

スリッカーはどちらかというと嫌がるリュウなのですが、ファーミネーターは気持ちよさそうです。

3回ほど撫でて、これ。結構抜けてます。
080723-27

なかなかやるじゃん、ファーミネーター。
換毛期が待ち遠しいくらい。

さてさて。そうこうしているあいだに夕方になってしまいました。
お散歩、お散歩。

出発してすぐ、遊歩道へ行く途中で、またしても凛ちゃんと遭遇。
今日は凛ちゃんデーだね。

しかしながらリュウは、今朝、凛ちゃんに叱られたことが、まだショックなのか、いつものように駆け寄ることもなく、ちょっと遠巻きに凛ちゃんを見ていました。

「リュウくんったら、あれくらいのことでビビっちゃって・・・ケケケ!」
080723-28

「ケケケって、きょうの凛ちゃんは、あさからこわいです~!へんです~!」
080723-29

「そんなこと、ないわよ」            「あ!いつもの凛ちゃんにもどった!」
080723-30

凛ちゃんのママに会うと、いろいろな話で盛り上がって、ついつい長話をしてしまいます。
凛ちゃんもリュウも、一生懸命待っていてくれました。

「おはなし、まだまだつづきそうですね・・・」
080723-31

ごめんね

一箇所で立ち止まって話をしつつも、ちょっとずつ移動もしたりして、もう帰りたい凛ちゃんに引っ張られて、みんなで遊歩道を出て、家の方向へちょこっとずつ歩いていました。

その途中、またまた会いましたよ!
昨日も会った、ののちゃん。

ののちゃん、すっかり慣れてくれたかしら・・・
080723-32

でも、さっぱりした性格らしいののちゃん、すぐにバイバ~イと去っていきました。

そのあとも、凛ちゃんのママと、分かれ道のところで立ち止まって、いろいろな話をしていました。
凛ちゃんのママとは、犬に対しての考え方というか、思いが似ているので、共感が持てることばかり。教えていただくこともたくさんあって、話していてとても楽しいんです。

私はいろいろな部分で、考え方がマイノリティーだと感じることが多々あるのですが、犬に対してもそうで、一般的な犬の飼い主とは、考え方がやや違う部分が多いようです。
703号室のハハさまのブログをご覧になっていたり、このブログに訪れてくださる方々は、きっと共通する思いがあると思うのですが、世間一般的には、ちょっと外れたところにいる気がしなくもない。
でも、凛ちゃんのママとは、そういう部分でのズレを感じることなく犬の話ができるので、心安くて楽しくて、ついつい時間を忘れて話し込んでしまいます。

そんなわけで、今日もずいぶんと話し込んでしまいました。
凛ちゃんのママは、この地域のことにもとても詳しいので、ドッグフードのお店の情報や、遊べる公園のことなど、いろいろ教えてくださいました。凛ちゃんママさん、どうもありがとう!

気づいたら、あたりはすっかり真っ暗

凛ちゃんもリュウも、待っていてくれて、どうもありがとう。
いっぱい待たせて、ごめんね!

「いいよ~」
080723-33

いつも、そんなリュウの穏やかさと明るさに救われている私なのでした。





  1. 2008/07/23(水) 23:40:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2008年7月23日水曜日 朝

凛ちゃんに叱られちゃった

まゆです。こんにちは。

夕べは最悪でした。身体が痛くて目が覚めました。
実は、どうやら和室でうたた寝のつもりで寝転がって、そのまま眠り込んでしまったようなのでした。
時計を見たら4時で、それもリュウが脚を舐めて教えてくれたので起きることができたものの、それでなかったら、朝まで爆睡していたかもしれません。
ちなみに、つよさんも酔いつぶれて、リビングの床で、なぜか新聞紙の上で、大の字になって寝ていました。なんなんでしょうね、この夫婦は。
まともだったのはリュウだけ。リュウ、こんなふたりを見て、すっかり呆れてしまっただろうな・・・

痛い身体を引きずりながら支度をして、既にお待ちかねのリュウに声を掛けました。

「ふぁ~。まゆさん、やっとおきたですか」
080723-1

リュウの向こう側に見えるのは、夕べのつよさんの寝床になった新聞紙です・・・

あ~、それにしても、こんな寝方をするもんじゃありませんね。全然身体が休まった気がしません。
でも、そんなことは言ってられない。リュウといつものお散歩コースを歩きました。

遊歩道脇の原っぱは、すっかり草が生えてしまいました。
080723-2

そのまま小さい公園へ順調に進みました。

「クンクンクン」
080723-4

お散歩のときに時々出会ってはいたけれど、ご挨拶は初めてのお友達。
080723-3

低い丘のようになった草むらにいたら、向こうからランニング帰りのTさんを発見。
リュウとふたりで駆け下りていきました。

「リュウくん、おはよ~!」
080723-5

「Tさん、おはよございます!」
080723-6

しばらくお話しして、Tさんと別れると、リュウの気分がすっかり変わってしまったらしく・・・

「ボク、もう行かない・・・」
080723-7

ゲゲゲのゲッ!
またですかい。
それにしても、お散歩が少なすぎますね~。
それに、今日はまだうんぴーもしてないよ。じゃあ、大きい公園は行かないから、もうちょっと歩いて、うんぴーしようよ。それで、途中の道で曲がっておうちへ帰ろう。

そう言うと、リュウは「ほんとに大きい公園は行かない?」とでも言うように、恐る恐る歩き始めました。

遊歩道の途中でうんぴーをしたリュウ。
でもね・・・あのね・・・

この、木の切り株の上でしたからっ
080723-8

ようやっと、切り株とリュウのお尻の間にティッシュを滑り込ませた瞬間に、ニョーっと・・・コホン、失礼・・・お食事中の方はいませんね?
危うく、手の上にされてしまうところでした。やれやれ。

うんぴーも済んだし、約束通りその先の大きい通りを曲がって、畑の間の道を折り返して行くことにしました。
本当はもっと家に近い通りを歩くつもりだったのですが、リュウがこの道を選びました。

得意の覗き・・・
080723-9

大きいおうちだね。
その先は右も左もずっと畑。

「きもちいいよ~!」
080723-10

ここを通ると、田舎に帰った気分になります。
(もっともっと田舎ですが)

さ~てと、どこを曲がって家に帰ろうか・・・と考えていたら、

「あっ!凛ちゃんだ!!!」
080723-11

ほんとだね!凛ちゃんだ!

「凛ちゃん、おはよー」
「リュウくん、はやいわね。あたちはこれからなの」
080723-12

大好きな凛ちゃんママに撫でてもらったので、リュウは嬉しそう。
080723-13

凛ちゃんは相変わらず美人さんです。
080723-14

いつものように和やかに、お散歩デート・・・のハズでしたが・・・
何かの弾みで、リュウが凛ちゃんの気に入らないことをしたらしく、

「やめてよっ!
080723-15

と、凛ちゃんに叱られてしまいました
それが2~3回続いて、リュウもすっかり意気消沈・・・

「きょうの凛ちゃん、ボク、こわい・・・」
080723-16

凛ちゃんママは「ごめんね~、リュウくん。でも、凛はほんとはいつもこうなんだよ~」って言いました。
逆に今まで、リュウと一緒のときには、ガウをしなかっただけだったのね。
「結婚してわかった、妻の本性・・・みたいな感じ?」と言ったら、凛ちゃんママに「あはは、そうかもね~」と笑われました。

でも、リュウはすぐに気持ちが切り替わる犬です。
凛ちゃんがうちの前まで一緒に来てくれて、バイバイした頃には、すっかりいつものリュウになっていました。

「きょうもおさんぽ、たのしかったよ!」
080723-17

階段の踊場で、私よりひと足先に上に上がったリュウ、私を待ちながら笑顔になっていました。


  1. 2008/07/23(水) 11:57:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月22日火曜日 午後~夜

横着犬のやさしさ

今日は真剣に仕事をする日。でも、納戸な仕事部屋に引っ込む前に、ちょこっとやりたいことがあったので、リビングのテーブルでやっていると・・・

またしても踏みそうな場所にリュウが寝そべりました。
080722-16

このあと、お茶を淹れて戻ったら、椅子の下に入り込んでいたので、そこからは出ていただきましたが・・・こういう狭っ苦しい場所が好きなのかしらね。

10時のおやつの時間。
例の健康法を不真面目ながらやっている私としては、食べてはいけない時間なのですが、今日は死にそうにお腹がすいたので、おやつをいただきました。

クラッカーの欠片がちょこっと落ちたんだけど、リュウ、食べる?(「舐める?」の方が正しいか
リュウはもちろん!という感じでお皿を舐めていましたが・・・

それにしても、ちょっと横着過ぎやしませんか~?
080722-17

全然起き上がろうとしませんよ

しばらくして、私が納戸な仕事部屋に入ってしまうと、リュウはクッションの上に移動して、本格的に寝てしまいました。

080722-18

と思っていたら、起きてました。

「キョロリン、キョロリン」
080722-19

そのいたずらっ子みたいな顔が、なんとも言えないよ~。
リュウの様子を見に行って、逆に癒されてしまった私です。

その後、リュウは常に涼しい場所を求めては、リビングの中を移動していました。

今日はテーブルの下へも入り込んだり・・・
080722-20

またクッションに戻ったり。
080722-21

昨日の残りのふかし芋をおやつにあげてみたのですが、

またしてもこんな、横着な姿勢で食べています。
080722-22

一旦寝そべりが始まると、滅多なことでは起きあがったり、立ち上がったりしないと決めている感じ。

でも、さすがに散歩といったら立ち上がりました!
080722-23

ですが、昼間っからこんな横着犬だったリュウ、お散歩のときもかなり渋いものがありました・・・
いつものコースはすっかり飽きたらしく、マンションの入口を出ると、迷いもせず住宅街コースを歩き始めたリュウ。
砂場のある、時々ボール遊びをする公園へ来ました。

早い時間だと子供たちに占拠されてしまって、居場所がない感じになるのだけれど、今日はもうみんな帰ってしまったあと。いくらでも遊べるよ!

と思ったんですが・・・

リュウ、ボーっと突っ立ったまま、歩くことさえしません。

「ボーっ」
080722-24

そのうち、嬉しそうな顔で見上げたので、バッグからボールを出して見せたのですが・・・
投げても、全然追いかけません

080722-25

その後も公園に突っ立って、ボーっとしているだけのリュウ。
080722-26

じゃあ、ちょっと歩こうか。
うんぴーもしたいでしょ。

リュウのうんぴー指定場所の原っぱ駐車場へ行きましたが、普段ならここでクンクン始めるのですが、やっぱり歩き回りもせず、ただただ突っ立ってボーっとしているだけ。

一体、どうしちゃったの?
080722-27

暑すぎて、おかしくなっちゃいましたかね・・・
リュウを促して、商店街の方へ歩いていきました。
途中でようやくうんぴーを済ませ、商店街に面した公園の脇を歩いていたら、突然快活な様子になって、中に入る!と引っ張りました。

ここで、しばらく芝生の上をクンクンしていたリュウでしたが・・・

またしても、ボーっ!
080722-28

今日はだめだね、帰ろうか。
リュウは「喜んで!」と、帰る方向を目指しました。

商店街の途中で、以前、凛ちゃんと一緒にいるときに会ったののちゃんと再会。
リュウは覚えていたのかどうなのか、積極的にご挨拶をしていました。
ののちゃんは他のわんこが怖いらしいのですが、嫌がらずにご挨拶を返してくれました。
このあいだはちょっとリュウのことを怖がっていたけど、今日は大丈夫みたい!

ののちゃん、ちょっとは慣れたかな?
080722-29

ののちゃんと別れて、駐車場の前を通ったら、車がなくなっていて、代わりにつよさんのバイクが置いてありました。
ひょっとして、修理に出してくれた?
しばらくすると電話がかかってきました。
やっぱり修理に出してくれたらしく、「ギリギリで間に合ったよ」とつよさん。
これから電車で帰るから、と電話を切りました。

つよさんが帰ってくる時間を見計らって夕飯を作ったのですが、一向に帰ってくる気配がありません。
う~ん、一体、どこで油を売ってるのかしら・・・
予定時刻を1時間近く過ぎて、ようやく帰ってきたもよう。

私は気づきませんでしたが、リュウが気づきました。
080722-30

尻尾をブンブンに振り回して、つよさんが部屋に入ってくるのを待ち構えていました。
どうやら、ひとつ先の駅まで歩いてしまったらしく、そりゃあ時間がかかるわけよね。

夕飯を食べ終えて、つよさんは本格的に晩酌を始めました。
私は今朝の不規則な睡眠のせいか、眠くて眠くて仕方ありません。
和室でゴロンと横になっていました。

リュウは、晩酌をしているつよさんのおつまみを狙って、つよさんにぴったり張り付いていました。
「リュウ~」と呼んでみました。
リュウ、なんとすぐに飛んできてくれました。うわ~!感激!
そして、私の横にぴったりくっつくように寝そべりました。

しばらくして、つよさんがガサゴソっと音を立てて、つまみのナッツを口に入れました。
リュウ、むっくりと起き上がって、つよさんの方へ行ってしまいました。
「え~、リュウ、行っちゃうの?」と私が言うと、リュウは一度は振り返ったのですが、またつよさんの方へ歩いて行ってしまいました。
「行っちゃった・・・」
ところが、リュウは床に転がっていたボールをくわえて、私がいる和室にまた戻ってきたではありませんか。
そして、私とは離れた場所でボールをかじり始めました。
でも、すぐにボールをくわえて、私の方へポーンと放り投げ、それを追いかけるようにこちらに来て、今度は私の脇でボールをかじり始めました。

なんてやさしい犬・・・
感激・・・
うとうとしながら、リュウの背中を撫で、幸せをかみしめた私なのでした。

ボールをかじったあとは、リュウも一緒にうとうと。
080722-31

リュウ、ありがとう・・・









  1. 2008/07/22(火) 23:54:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月22日火曜日 朝

朝のお散歩レポート

まゆです。こんにちは。

今朝の日記は面白くないので、興味のない方は読み飛ばしてください(笑)
ブログを書くときに、カテゴリ分けの欄があるのですが、今まで特に分類をしていませんでしたが、
今日、初めて「我が家の記録」というカテゴリを作成しました。
このブログは、『幸せの703号室』のハハさまや、以前からリュウのことを気に掛けてくださっている方々への毎日のご報告、リュウと私たちの交流の記録、実家にいる母や兄弟たち、それからなかなか会えない友人たちへの近況報告などなど、いろいろを兼ねていますので、たまにはこんな記事があるのもご容赦ください。
えっ?いつもじゃないかって?
あっ!そうかも!!!そうでしたね~絵
あはははは!笑ってごまかしま~す!

夕べ、実は眠くて眠くて耐え切れず、10時少し過ぎごろに寝てしまいました。
そして、ふと目が覚めたら1時半。頭がすっきりして、なんでもやってやる~!!!ってな感じだったので、大掛かりな変更の依頼のあった仕事に着手。一段落したところで、また少し眠くなったので1時間半ほど寝て起きる、というかなり変則な睡眠をとってしまいました。

最初に目覚めたときに、そ~っと寝室を出たのに、しばらくして、そろり、そろりとリュウがやってきました。
つよさんと一緒に、あっちの部屋で寝ていれば?と言ったのですが、納戸な仕事部屋の入口から動こうとしません。

そのまま、そこで寝てしまいました。
080722-1

もう一度寝ようというときに、リュウはやっぱり一緒にくっついてきて、寝室に寝ました。
そして、2度目に起きたときには、元気に起きてきました。

「おさんぽ、いきますっ!」
080722-2

気合が入ってます(笑)

日曜日に、つよさんったらつよママの家へ鍵を忘れてきてしまったそうで、昨日も取りに行くのを忘れたというので、今朝はつよさんと一緒に家を出ることに。

いつものように、バイクの場所まで見送ります。
リュウはバイクがちょっと怖いので、エンジンをかけると、すぐにつよさんから離れてしまいます。

「行ってくるよ~」と目で合図するつよさん
080722-3

「行ってらっしゃーい」と、姿が見えなくなるまで見送るリュウ
080722-4

あれ?右に曲がったね。
あ、そうだそうだ、今日はつよママのおうちに寄るんだった。
リュウ、もう一回、つよさんのお見送りができるよ!

「ほんと?」

うん、ほんと。さあ、走って!

駐車場とは反対側にある、エントランスの方へ走っていくと、信号が変わって、道を曲がってきたつよさんが見えました。

「あ!ほんとだ!つよさんです~!」
080722-5

つよさん、私たちを見て、大笑いして行っちゃいました。

「行ってらっしゃい・・・」
080722-6

今度こそ、本当にお見送り。

つよさんのバイクが角を曲がって見えなくなると、リュウはおもむろに、いつもの方向へ歩き出しました。

いつもの草むらで。
080722-7

いつものことながら、ここでダラダラと過ごすと、リュウはもう大きい公園は嫌だと言いました。
それじゃあ、凛ちゃん公園へ行こうよ。
せっかく来たんだから、それに今日はちょっとだけ涼しいから、もうちょっとお散歩しようよ。

リュウは渋々ながら歩き出しました。
でも、凛ちゃん公園その2に着いたころには、すっかり楽しんでいる様子でした。

080722-8

リュウが嬉しそうにこちらを見上げたのですが・・・何が嬉しかったの?
080722-9

それほど広くもない凛ちゃん公園をひと回りして、凛ちゃん公園その1へ。

公園を取り巻く花壇の前で、1枚パチリ。
080722-10

今日も鴨はいませんでしたが、小川の脇の草むらの匂いをしつこく嗅いでいました。

「クンクン、クンクン」
080722-11

「芝生に入れたら、もっとたのしいこうえんなんだけどな~!」
080722-12

そうね・・・。でも、歩くところはいっぱいあるから、他のところで楽しもうよ。

凛ちゃん公園を出て、元来た道を戻っていって、ボール遊びにぴったりの公園までくると、リュウは当然のようにその中へ入っていきました。

にっこり笑って、こちらを見上げます。
080722-13

それはなにかな?ボール遊びがしたいってことかな?
じゃあ、ちょっと遊ぼうか。

ボールを出して、リュウのちょっと先に弾ませると、リュウは夢中になってボールを追いかけました。
夢中になり過ぎて、ボールを追い抜いてしまうほど。
そして、慌てて手で止めようとして、更に蹴飛ばしてしまうリュウ。
ハチャメチャになりながらボールを追いかけて、でもそれがとっても楽しい様子です。

でも、2~3回追いかけて、すぐに「もういいや~」ってなってしまいました。
こうなると、ボールを追いかけて、追いついても拾わず、下僕に拾わせます。
下僕・・・私しかいないでしょうTear Perspiration

出口に向かっていき、出口の手前にあったベンチに釘付けになってしまったリュウ。

しばし、ベンチ上の匂いを嗅いでいました。
080722-14

公園を出て、また遊歩道に戻って、家に戻ってきました。

マンションの入口を入ったところに、壁一面の鏡があるのですが、いつもその鏡をリュウが横目で覗くのを見て、今日はちゃんと見せてみました。
リュウ、以前見たときには、向こう側の犬に興味を示したのですが・・・
今日は「ボクとまゆさんでしょ?」ってな感じで、じっと眺めて終わりました。

鏡には、お散歩を終えて、楽しい余韻を残した表情のリュウが映っていました。

080722-15



  1. 2008/07/22(火) 12:45:33|
  2. 我が家の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月21日月曜日 午後~夜

プティ・ピクニック ~似た者同士~

一昨日のリュウのシャンプー、それから、昨日の私の美容院、これらのおめかしには、わけがあったのですが・・・
ジャ・ジャーン!
なんと、同じく703号室の卒業生の愛者くんと、今日の午後、デート(オトコ同士だが・・・)の約束をしていたんですheart03
私はハハさまのブログでリュウのことを知ったのでしたが、ブログを読み始めたのは、リュウの里親募集の1ヶ月ほど前からだったので、ハハさまのそれ以前の活動を全く知らなかった私。
リュウが我が家の家族になるかもしれない、という話になり、ハハさまとメールのやりとりをしているうちに、ハハさまやハハさまのこれまでの活動に俄然興味が沸き、ブログを全部読む決心をしました。

それにしても、ハハさまのブログはエネルギーの塊のようなブログですね。GWをいいことに、他のことは全てそっちのけで、朝から夜中まで、丸3日間かかって、ようやく全部読み終わりました。その中の、最初の方に愛者くんのことが書いてあって、それを読んでから、私はずっと愛者くんに会いたいと思っていました。
リュウが我が家に来て、ハハさまに愛者くんが割合近くに住んでいて、うちからも気軽に行かれる公園へ週末に行っているらしい、と聞いたときには、天にも昇る気持ちでした。
そして、今日という日を迎えました。

リュウは、いそいそとおめかしをする私をじっと見つめて、既にブルーな表情になりつつありました。

「またどっかおでかけですね」
080721-11

「は~あ、ボク、またおるすばんか・・・」
080721-12

違うよ、違うよ!リュウ!
リュウも一緒に行くんだよ!

「えっ!ほんと?」
080721-13

うん♪ほんと、ほんと!
だってね、今日はプティ・ピクニックなのよ~!

「ぷてぃ・ぴくにっく?」
080721-14

そう、プティ・ピクニック。
おいしいおやつと飲み物を持って、公園に行くの。いいでしょ?
プティ・ピクニック~、プティ・ピクニック~♪

私が変な節をつけて歌いだしたので、リュウはますます不審顔になってしまいました。

「まゆさん、なんかへんです・・・」
080721-15

だって、楽しいんだも~ん♪

「ボク、ぷてぃ・ぴくにっくって、キケンなかんじがする・・・」
080721-16

そんなことを言っていたのに、いざお出掛けの段になったら、リュウは大喜びでした。
リュウは、朝夕のお散歩の時間以外にお出掛けするのが、ものすごく嬉しくて好きみたい。
それが、たとえ5分の、ポストまでのお出掛けだったとしても・・・

「ほんとにボクもいっしょなんだ!」
080721-17

そうよ~。
それに、今日のお出掛けはゴージャズだから、リュウもきっと気に入るよ!

愛者くんと、大きい公園で待ち合わせをしていたので、いつもの遊歩道を通って公園に向かいました。

途中の小さい公園では、ジャブジャブ池(ちゃんと名前があって、ジャブジャブ入れるように作られた池だったんです)で、子供たちが大勢遊んでいました。

080721-18

途中の原っぱでお水を飲んで、ちょっと休憩。

「おでかけ、たのしいな~♪」
080721-19

リュウ、ベロを横に出しながらも、頑張って歩きました。
あとちょっとだからね!

愛者くんの母さまから、愛者くんは男の子にはガウガウしてしまうことが多いけれど、そうなっても知らん顔してください、と言われていました。
それを言ったら、リュウは犬見知りが激しくて、近寄りすらしないこともしばしば。
そんなふたりが会って、どんな展開になるのか、ちょっと楽しみでした。

駐車場には既に愛者くんと父さま、母さまが到着していました。
こんにちは~!と挨拶して、犬たちを見ると、全然ガウガウもしていないし、犬見知りもしていません!
すごい!これは、すごいことです!

みんなで木陰へ行って、新聞紙を広げ、そこに座りました。
人間用には、チーズケーキ、チョコレートケーキ、おせんべいなどのお菓子に、飲み物。
犬用には、愛者の母さまが焼いて持ってきてくださった手作りクッキー、ふかし芋、コラーゲンチップス、穴子の皮。
犬用おやつの方が充実していて豪華です・・・

「はい、クッキーをどうぞ」
080721-20

ふかし芋はおいしい?
080721-21

愛者くん、おいしい?
・・・あれっ!もうないやっ
080721-22

愛者くん、703号室を卒業するときの、サマーカットのライオン丸姿も超キュートだったけれど、今のふさふさの毛並も、凛々しくてかっこいいよ!

幸せそうで穏やかな笑顔の愛者くん
080721-23

リュウは愛者母さまにべったりくっついて、たぶん傍から見たら、愛者母さまがリュウの飼い主に見えたに違いありません。

母さま、お世話かけました!
080721-24

とっても嬉しそうなリュウ
080721-25

リュウはこの状況がわかっているのかどうか・・・
愛者母さまが、リュウのことを「好み」とおっしゃってくださったのも、わかっているのかどうか・・・

こんなにかっこつけてました。
080721-26

ちょっと笑えました。

703号室のハハさまが、愛者くんとリュウは、辛抱強いところとかキャラがかぶる、親同士も、同じ匂いがするから、きっと話が合うと思いますよ、とおっしゃっていたのですが、お見立て通りでした。さすが!

愛者くんとリュウ、気が合うふたりという感じでした。
これからの5枚連続、よくよくご覧ください。

080721-27

080721-28

080721-29

080721-30

080721-31

この5枚目の写真なんて、顔までそっくり!
愛ちゃんの母さまが「愛者とリュウくんは、目が似てる」とおっしゃっていたので、そのせいかもしれませんが、兄弟みたいによく似ているでしょ?

愛者くんに遊歩道をご案内することになり、みんなで連れ立って歩きました。
とってもとっても楽しいお散歩heart03

最近、川遊びを覚えた愛ちゃん、
小さい公園のジャブジャブ池をじっと眺めていましたが、入りませんでした。

080721-32

もう、すっかり仲良しの、似た者同士のふたり。
080721-33

愛者くんの方が積極的で、道端で出会ったわんことも、すぐにご挨拶していました。

「こんにちは!」
080721-34

顔見知りのリュウの方は知らん顔・・・

愛ちゃん、愛ちゃんの幸せな姿を見て、本当に嬉しかったよ!
ずっと、ずっと、この幸せが続きますように!
お互い、身体に気をつけて、長生きしようね!

また会おうね!
080721-35

名残りを惜しみながら、愛者くん、父さま、母さまとさよならして、まだうんぴーをしていなかったリュウは、遊歩道脇の原っぱでウロウロしていました。

「あ~、ボク、たのしかった~!!!」
080721-36

でしょ~?ねっ!言った通りだったでしょ!

うんぴーを済ませ、そろそろ帰ろうとしていたところへ、凛ちゃんが通りかかりました。
私が「凛ちゃん!」と声を掛けたのと、リュウが凛ちゃんに向かってダッシュしたのと、同時でした。

「ボク、きょう、ぷてぃ・ぴくにっくしたんだよ!」「そうなの?」
080721-37

でも、凛ちゃんはそれどころではなく、さっき鳴った花火の音で、もうおうちに帰るモードになっていたもよう。足早におうちに向かって歩き出してしまいました。
でも、分かれ道に来たあたりで、少し落ち着いて、凛ちゃんママと私の立ち話を許してくれました。
凛ちゃん、ありがとう~!

そして、このお方は・・・
080721-38

道端で我が家のように寛いでしまっていましたよ~。洗ったばっかりなのに・・・
でも、今日はいろいろ盛り沢山で、ちょっとくたびれちゃったかな。

美人さんの「三毛柴凛」ちゃん。
080721-39

ますますもって、寛ぐリュウ・・・
080721-40

凛ちゃんと別れて、家に帰ってから、リュウはぐったりと寝そべっていました。
あんまりぐったりしているので、具合でも悪いかしらと、ちょっと心配したのですが・・・

ごはんの声を聞いたとたん、これ
080721-42

全然大丈夫ね
安心しました。

今日、一番かわいそうだったのは、プティ・ピクニックに参加できなかったつよさん。
とっても残念がっていました。
写真で雰囲気だけ味わってもらったのですが、やっぱり愛ちゃんとリュウが似てる、似てると申しておりました。

そんな話の最中も、クッションの上でぐっすりのリュウ。
080721-41

いつも早めに寝るつよさんですが、布団を敷いたとたんに、リュウが和室に入っていって、すぐさまつよさんと一緒に寝ていました。

080721-43

今日はよほど疲れちゃったのね。
遠足の後の疲れみたいな、楽しい疲れって感じかな!

リュウがつよさんと寝室で寝てしまったあと、リュウが寝そべっていたクッションを見ると・・・

いつの間に持ち込んだのやら。
080721-44

愛者くん、父さま、母さま、今日は本当に楽しい時間をありがとうございました!
また、お目にかかれる日を楽しみにしていますrainbow



  1. 2008/07/21(月) 23:41:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2008年7月21日月曜日 朝~昼

モデルになりきる犬

まゆです。こんにちは。

今朝のリュウはご機嫌がよかったのでしょうか。
このところ、写真に撮られるのを嫌がって、わざとそっぽを向いたり、呼んでも全く振り向かなかったりということが多かったのですが、今日は違いました。
全く別犬になったかのように、呼べば必ず立ち止まって振り向いてくれるというサービスのよさ。
ちょっとモデル犬の気分を味わいたかったのかな?

そんなリュウの、なりきり写真をお届けします!

「きょうはいつもと反対方向の遊歩道だよ!」
080721-1

今日の夕方のお散歩は、大きい公園へ行くことが決まっていたので、朝はできれば別の場所へ行こうと、こちらの方へ引っ張ってきちゃいました。
リュウはいつものコースを歩きかけていたのですが、特に嫌がりもせずに歩いてくれました。

「しせつをぐるっと回る道だよ」
080721-2

この狭い道を、時々自転車とすれ違うのですが、今朝はちょっと早かったせいか、1台とすれ違っただけでした。

「ここでまがって、しせつの向こうの遊歩道をもどるんだよ!」
080721-3

何か建設予定かな?と思い、仮囲いを見ると、店舗なども入る複合ビルができるようです。徒歩だと微妙な距離ですが、魅力的なお店が入ってくれたら、来てしまうかもしれません。

向こう側へ辿り着きました。

「ここから、またおうちの方へもどっていくよ!」
080721-4

今日は脇を流れる川のせせらぎが一段と心地よく感じました。
この遊歩道、ずっとこの幅をキープしてくれるといいのですが、途中で急に狭くなります。

「これより、もっとせまくなっちゃうんだよ!」
080721-5

向こうからわんこが来ると、かなりの接近になってしまうので、他の犬にガウガウしてしまうわんこの場合は、すれ違いを避けて、道の向こう側へ除けていってしまうことが多いです。

「ここをまっすぐいくと、もうボクのおうち」
080721-6

リュウ、すっかり道を覚えました。
それにしても・・・
モデルというよりは、ツアコンっていう感じになっちゃいました

帰ってきて、そそくさとごはん作り。
ストックがなくなっていたのですが、昨日は思いがけず、つよママ訪問となってしまったので、ごはん作りが今日になってしまったんです。

でも、早起きしたから、いつもと同じくらいの時間にはできあがるからね!

「ボク、待ちきれないよ~!」
080721-7

リュウはお腹がすいたのか、キッチンの入口を陣取って、ごはんができあがるのを、今か今かと待っていました。
でも・・・

そのうち、待ちくたびれて寝てしまいました。

「zzz~」
080721-8

キッチンの入口をふさいでいるので、とっても不便だったのですが、あんまり気持ちよさそうに寝ていたので、起こすのはやめました。

さあ、できあがったよ!
ほら、いつもと同じ時間でしょ。

ごはんを平らげると、クッションに寝そべって、本格的なリラックスタイム。

「ボク、また眠くなっちゃったな・・・」
080721-9

しばらくすると、クッションから降りて、床にじかに寝ていました。

すっかり寝ぼけ顔のリュウ。
080721-10

床はひんやりして、気持ちがいいのでしょうね。
でも、クッションは柔らかくて寝心地がいいし、どちらも捨て難い感じ?

まあ、どっちでもいいから、今のうちにゆっくり眠っておきなさい。
今日の午後はお昼寝返上だからね!



  1. 2008/07/21(月) 13:00:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月20日日曜日 朝~夜

待てる犬

まゆです。こんにちは。

「おはよございます!」
080720-1

元気に朝の挨拶ができたところで、お散歩に出発~!
リュウは毎朝、この階段を下りるのに、私の後ろからくっついてきて、私のペースに合わせます。
ゆっくりの日はゆっくりと、小走りに下りていく日は駆け下りていきます。
今日はちょっとゆっくり。

080720-2

いつもの遊歩道。
いつもの光景。

080720-3

遊歩道脇の原っぱに入ろうとしたら、向こうの隅にわんこがいる気配がありました。
だんだん近づいてきます。

小次郎くんだ~!また会ったね!
080720-4

今日は雲が出ていて少し涼しかったのですが、暑がりの小次郎くんには暑かったらしく、ハアハアしていました。

リュウはここでうんぴーの場所を物色したり、うろうろしたり、ゆっくり過ごすのが好きみたい。
今日もボーっとしたり、クンクンしたり、ゆっくりしていました。

「ボー」
080720-5

と、そこへ、ランニング中のTさんを発見!
風邪を召されていたとお聞きしていたのですが、よくなられたのですね!
よかった!

リュウ、さっそくちゅー攻撃です。
080720-6

しばらくお話ししてTさんと別れたあと、そのまま歩いて小さい公園へ行きました。

立て札の脚をひたすらチェックするリュウ。
080720-7

小さい公園を出て、遊歩道の続きを歩きました。

池のある原っぱに到着。
080720-8

ここも、草ボウボウだったのですが、いつの間にか刈り取られていました。
ここまで来たら、大きい公園はすぐそこ。
今日は順調に大きい公園コースを行けそうです。

大きい公園に到着しました。
今日もやっぱり人がいっぱいいるね!

080720-9

公園に来たのに、あくびしてるし!
080720-10

リュウはぐるりと見渡して、原っぱの縁のあたりをソロソロと歩いて、そのまま出口に向かいました。
せっかくここまで来たのに、もういいの?っていうくらい、あっさりと。

家に帰ってくると、ごろ寝モードになっていました。

リビングにいてもごろ寝。
080720-11

納戸な仕事部屋の入口でごろ寝。
080720-12

今日は私もとてもだるくて、どうしてもどうしても眠くて仕方なかったので、お昼にほんの少しお昼寝をしました。
どういうわけか、月に1~2回、こういう日があります。
そういうときは、無駄な抵抗はせずに、素直に寝ることにしています(笑)

寝て、起きたら、私にぴったりくっつくように、リュウも寝ていました。
私はやることを思い出して飛び起きたのですが、リュウはまだ寝そべったまま。

お昼寝は気持ちいいもんね!
080720-13

しばらくすると、リビングのクッションに戻って寝ていました。

080720-14

目を覚ましたリュウに、おやつをあげてみました。
このところ、ずっと「いらない」と拒絶されていた穴子の皮・・・
え~!いらない?嫌いだったんだ・・・と、ちょっとショックだったのですが、どうせ食べないだろうと思いつつ、「食べる?」とリュウの目の前に差し出してみると・・・

「食べます~!」
080720-15

いともあっさりと、パクついてくれました。
昨日までの拒絶は、一体なんだったの???

「穴子の皮、けっこういける!」
080720-16

あっという間に平らげました

今日は夕方から美容院の予約を入れていました。
もう、あまりにもボサボサで限界!というのもあったし、おめかししなくちゃならない理由もあるんです。
昨日、リュウもシャンプーを済ませて、おめかししました。
うふふ!その理由というのは、明日ブログに載せますね!

そんなわけで、着替えて、いつものように鏡でチェックをしていた私を、リュウは立ち上がって嬉しそうに眺めていました。

「まゆさん、すずしそうですね」
080720-17

この組み合わせは初めてだけど、悪くないね。
ところでね、今日はこれからちょっとお出掛けするのよ。
でも、いつもより早く、つよさんが帰ってきて、リュウのお散歩をしてくれるから、それまでちょっとのあいだ、お留守番、お願いっ!

リュウ、とたんにジト目犬になってしまいました。

「さいきん、おでかけ多いですね・・・」
080720-18

ごめんね、リュウ!
ほんとはさ、私もリュウのことを連れて行きたいのよ。
電車にだってバスにだって、乗れたらいいのにね。
お店にだって、入れたらいいのにね。
でも、そういうわけにはいかなくて、リュウにお留守番してもらわなくちゃなの。
いつも一緒にいたい気持ちだけはわかって!

リュウに言い聞かせて外出しました。
久し振りの美容院。
美容師さんと犬話になり、他のスタッフの方々も交えて話しているうちに、彼らのうち3人が、実家で雑種を飼っていると判明。「雑種、いいよね」と雑種犬談義に花が咲きました。

さっぱりして、いい気分で美容院を出ると、つよさんから電話が。
「リュウも一緒に実家に来てるから!ごはんもあるよ!」
うわ~、なんて嬉しいお誘いheart0
急いでつよママ宅へ向かいました。

みんなのいる部屋の入口を開けると、我が家然としたリュウの姿が、真っ先に目に飛び込んできました。

「あっ!」
080720-19

まるで、ここんちの子です、というような顔です(笑)

しばらくは大人しく、用意されていた場所にいたリュウ。
080720-20

でも、みんなでごはんを食べ始めたら、うろつき始めてしまいました
ターゲットは、つよママ。

「おいしそうですね」
080720-21

ず~っと張り付いていました
つよママ、ごめんなさい~

でも、いつものように、誰も何にもくれないので、ようやく諦めたらしいリュウは、今度はつよさんの脇へ行って、寝そべってしまいました。

あぐらをかいているつよさんの、腕と脚の隙間から、こちらをジト目で覗くリュウ。
何か言いたげ・・・
080720-22

つよさんが、眠くなりそうだからと言うので、おいとますることに。来て、すぐに食べて、すぐに帰る私は、まるで食い逃げでした。つよママ、いつもながら、すみません・・・

3人でブラブラとお散歩がてら歩いて帰りました。
途中でアイスクリームが食べたくなったので、コンビニに寄ることに。

「ここで待ってるから、早く買ってきて」
080720-23

はい、は~い!
どれがいいかな、迷っちゃうな・・・
200円ぽっちの買い物に悩むオンナがコンビニを出ると、リュウが笑顔で迎えてくれました。

080720-24

みんなで仲良く帰宅。

リュウの足を拭く雑巾を用意していなかったので、玄関で「ちょっと待っててね」と待たされたリュウ。

とってもいい子で待っていましたよ。
080720-25

長らく待たせましたが、ずっとこの体勢でした。
一体、どのくらいの時間、我慢ができるのかな~。
特に教えたわけでもないのに、偉いなあ・・・

改めて、リュウに感心してしまった今宵なのでした。







  1. 2008/07/20(日) 23:15:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月19日土曜日 夕方~夜

白いところはより白く

寝ていたリュウに「お散歩に行こう!」と言うと、

「ん?」
080719-24

と起き上がってから、しばしボーっとして、それから、もう一度「お散歩」という声を聞くと、いきなりピョーンと飛び起きます。

今日も飽きもせず、遊歩道の脇の原っぱへ通います。ここが一番ゆっくりうんぴーができるらしく。

080719-25

そこで、しばらくウロウロしながら匂いを嗅ぎまくるのも好きな様子。

今日も絶好調の嗅ぎっぷりだね!
080719-26

さーてと、リュウくん、そろそろ先へ進もうか?

「ボク、そっちはいやだー」
080719-27

げげっ!そうなの?まあいいや。大きい公園は今朝行ったしね。

「うん」
080719-28

じゃあさ、そこを曲がって、凛ちゃん公園の方へ行こうか?

「そっちもやだー!」
080719-29

えっ?そっちもいや?参ったな・・・
じゃあ、リュウはどこへ行きたいの?

リュウにくっついていくと、家の方向へ向かって行こうとするではないですか。
いやいや、それはないでしょ。お散歩、出てきたばっかりだよ。
せっかく外に出てきたんだから、もうちょっと楽しまない?

ということで、家とは反対方向へ曲がって、違う道から凛ちゃん公園へ向かうと、リュウは素直についてきました。
よく、わけがわからん
でも、まあいいや。

凛ちゃん公園その2でウロチョロし、

080719-30

凛ちゃん公園その1へ行きました。

「きょうはカモさんがいないね・・・」
080719-31

リュウが追いかけたからじゃない?

リュウが入ってはいけない芝生に入りたがって仕方ないので、そそくさっと凛ちゃん公園その1を後にしました。

来た道を戻っていって、凛ちゃん公園その2の向かいにある、きれいな公園へ入って行ったリュウ。

「ここであそぶんだ♪」
080719-32

遊ぶっていうのは、これかな?

「♪♪♪!」
080719-33

ボールを見せたとたんに表情が変わったリュウ。
本当にボール好きだねぇ・・・

じゃあ、いくよ!

「うん♪」
080719-34

ボールを持って走り出すと、リュウも弾むように走り出します。

「わーい、わーい、わーい!」
080719-35

途中でボールを地面に弾ませて、それをリュウが取るのですが、どうもタイミングがいつも合わなくて、なかなか上手に取れません。それでも、リュウはこの遊びがとっても楽しいみたい。
いいよね、楽しければ。運動神経なんて、多少鈍くても・・・

ほんのちょっぴりボール遊びをして、道を戻っていきました。
最近は暑いからなのか、ボール遊びも長くは続きません。

結局、また遊歩道へ。一周してしまいました。
080719-36

家に帰ると、しばらくしてつよさんも帰ってきました。

「つよさん、おかえりなさいっ!」
080719-37

退屈なリュウには嬉しい瞬間です。
今日は、玄関にいるつよさんを呼ぶように、ワンワン吠えていたし・・・
最近、どんどん奔放になってきている気がするのは、気のせい?

「おーしおし、帰ったぞ」
080719-38

大歓迎のリュウに、つよさんも嬉しそうです。

夕食のあと、私はしばらく考えました。
リュウをお風呂に入れたい。撫でると、なんとなく脂ギッシュな感じだし。
額のあたりは、ダシ昆布の匂いがするし。ロンちゃんじゃないけど、いいダシが出そう・・・
でも、前回の大暴れを考えると、今日はしんどいな~。どうしよう・・・

悩んでいたら、つよさんが「リュウ、お風呂だって。ママと行ってこい!」と言いました。
えええ~!そ、そんな無理矢理な・・・

でも、夕飯の後片付けをやってくれるというので、残っていたエネルギーを振り絞って、リュウのシャンプーをすることに。
お風呂場の準備をして、つよさんにリュウを連れてきてくれるようにお願いすると、私が呼んだだけでは、決して近寄らない洗面所に、すんなりと入ってきます。どうして?

なんと、つよさん、食べ物で釣ってましたよ。リュウったら、すっかり騙されて、そのままお風呂場まで入ってきました。結局、リュウは何ももらえず、つよさんは「騙されちゃったな~♪」という声を残して立ち去って行きました・・・

さすがにちょっとかわいそう・・・
食べ物どころか、待っていたのはお風呂だもんね!

でも、前回ほどの大騒動にはならず、どうにかこうにかリュウのシャンプーを終え、ドライヤーはつよさんにお任せして、お風呂場を片付けてリビングに行くと、ピッカピカになったリュウからちゅーをいっぱいもらいました。
半ば無理矢理洗ったりしたので、嫌われたかも・・・と思っていたので、ほっとしました。
でも、少しずつ、リュウが嫌じゃない洗い方がわかってきたよ。

つよさんが、きれいになったリュウをまじまじと見て、「こいつの白いところって、こんなに白かったんだ・・・」と言いました。
言われてよく見ると、確かに。光を放つほど白く光っていました。
おお~、リュウ、きれいになったね~!ちょっと感動・・・
ってえことは、今まで、相当きちゃない犬だったってことね。あはは・・・

みなさんにも、ご覧いただきましょう。

洗濯前
080719-39

洗濯後
080719-40

写真じゃ、ちょっとわかりにくいですかしらね
というか、全然わかりませんね・・・
でも、本当にきれいになったんですよ!

なんだか、散髪したあとのような、すっきりした感じ。
080719-41

洗濯後のリュウは、今日もまたアイスクリームバーを食べる私たちに張り付いて、匂いのお裾分けをもらいました。

「んま~♪」
080719-42

すごいベロだね・・・

「ボク、やっぱり、このぼう、食べられるとおもう・・・」
080719-43

確かにキミの歯なら噛み砕けると思うけど、食べ物じゃないからやめときなさい

寝る時間になって、つよさんがお布団を敷いて、枕を放り投げたら、リュウの上に落ちてしまいました。
でも、リュウは知らん顔で枕に埋まったまま、ボールかじりに専念しています。

ねえ、ねえ、リュウ、苦しくないの?

「・・・・・」
080719-44

返事する暇もないようで・・・

でも、こんな状態なんですけど。

080719-45

そんなに平気なら!ってことで、枕でリュウの頭を包み込んでみました。

080719-46

全然平気らしく、いつまで経ってもそのままボールかじりをしているリュウなのでした・・・
いいよ。埋まりたいだけ、埋まってなさい



  1. 2008/07/19(土) 23:40:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2008年7月19日土曜日 朝~午後

新しいお友達

まゆです。こんにちは。

さあ、お散歩へ行こう!

「おさんぽです~」
080719-1

遊歩道に向かう途中にタクシー会社があるのですが、今朝はその前の道路で、鳥にパンをちぎって与えているおじさんがいました。

「気になる・・・」
080719-2

何度も振り返っていたリュウ、気になるのがパンなのか、それとも鳥なのか、未だに不明です・・・

遊歩道の脇の原っぱに入ったところで、ワンタくん公園でも会ったことのある、小次郎くんに会いました。
ワンタくん公園で会ったことがあるといっても、リュウがご挨拶するのは初めて。今までご挨拶できなかったのに、今日は頑張ったね!

「小次郎くん、お久しぶりです」
080719-3

小次郎くんは暑いのが苦手で、この季節になるとごはんを食べなくなってしまうんだそうです。
どんどん痩せてしまうので、いろいろやってみた結果、外でなら食べるということで、毎日お散歩の途中でごはんを食べる小次郎くん。

夏バテしないでね。
080719-4

小次郎くんと別れたあと、原っぱで少しゆっくりしました。

080719-5

小さい公園まで来て、更に先へ進もうとしたら、突然リュウが立ち止りました。

「そっちはいやだ!」
080719-6

そんなこと言わないで、ちょっと行ってみない?

ダメなときはダメなのですが、案外これでまた前へ進むことが多いんです。
今日も「まあ、いいか」という感じで歩き始めました。

大きい公園まで来ちゃいました!
080719-7

今日は土曜日なので、公園の中はいつもより人が大勢で、まだ7時前とは思えないほど。
原っぱの中央付近に、犬連れの集団もいました。
リュウはそちらの方を見て、

「ボク、あそこは行きたくないや・・・」
080719-8

と、全然違う方向へ歩き出しました。
まあ、遊歩道脇の原っぱでゆっくりしたから、これで帰ってもいいかな。

と思っていたら、ジーッと別の犬の集団を見ていたリュウが、急にそちらに向かって歩き出しました。

にこにこしています。
080719-9

でも、その集団の脇をウロチョロしただけで、近づこうとはせず、そのうちまた原っぱの中へ入って行きました。
どんどん進んでいくのでよく見ると、朝、よく会うトロイくんがいました。

どうやら、最初に見た集団の中にいたもよう。
解散して出口に向かって歩いてきたところのようでした。

「トロイくん、おはよう」
080719-10

トロイくんのママが「このあいだはパパさんと一緒だったね、リュウくん」と言いました。
そういえば、つよさんが、大きい公園で「リュウくん!」と声を掛けられたって言ってたっけ。
どんな人だった?どんな犬だった?と聞いても、全然覚えていなくて、誰だったんだろう・・・と思っていたところ。トロイくんだったんだ~。
それにしても、つよさんは覚えていなさ過ぎ!

トロイくんと話していたら、いつの間にかたくさんの犬たちが集まってきていました。
みんな初めてのお友達ばかり。

080719-11

リュウ、撫でてもらいました。
080719-12

こちらはサスケくん。
サスケくんのママと、いろいろなお話しをしました。
この公園も少し前には、時々犬が捨てられたりしたことがあるそうです。
その中には、ペットショップが捨てたんじゃないか、というような犬もいたんですって。

サスケくんとは、お互い恐々ですが、ご挨拶ができました。
080719-13

メソくんという男の子ともお友達になりました。
でも、リュウが一番気に入ったのは

モカちゃん。まだ6ヶ月のシュナウザーとヨークシゃテリヤのMIXだそうで
080719-14

珍しく、リュウが積極的でした。
080719-15

家に帰ってつよさんに話すと「こいつ、ロリコンだったのか・・・」なんて言ってました。
一緒にいるとそうは見えないのだけれど、確かにリュウはいい歳のおっさん犬なのよね

メソくんのパパにも、いっぱい撫でてもらったリュウ。ちょっと甘えていました。
080719-16

ほーら、大きい公園に来て、よかったでしょ?楽しかったでしょ?

「うん♪」
080719-17

家に帰ってきてからは、ひたすら寝そべって過ごしていました。
ごはんを作っているときには、キッチンの入口のすぐ脇で。
目だけきょろりんとこちらを見ています。

「おなかすいた~。まだ~?」
080719-18

ごはんを持ってキッチンを出たときだけ、むっくり起き上がり

「ごはんだ
080719-19

あとはまた、ひたすら寝ていました。

080719-20

今日は、既に昨日のうちに依頼の来ていた仕事をやる日。
デスクトップでないとできないので、いつものように納戸な仕事部屋にこもっていると、ひょっこりとリュウが入ってきました。

「きょうはここにいるよ」
080719-21

いいけど、あぢーと思うよ・・・
と言って、リュウの方を見たら、
既に、寝てました・・・

「zzz~zzz~」
080719-22

なにもそんな、物置然としたところで寝なくたって

それでも、しばらくそこで寝ていたリュウでしたが、突然「あぢー!」というように起き上がって、のっそりとリビングへ行ってしまいました。

少しして・・・

リュウはどうしてる?

「zzz~」
080719-23

やっぱり寝てました・・・
いい夢でも見てくださいな。




  1. 2008/07/19(土) 18:30:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月18日金曜日 午後~夜

一緒に居るための小道具

仕事の依頼がきていますが、締め切りは連休のあとだし、明日から集中してやることにして、今日は細々したことや、海岸プロジェクトの書き物や、このブログに時間を費やすことにしました。

私の足元の床の上では、リュウがお昼寝をしています。
080718-18

そう。ここはリビング。
いつもなら、このブログは納戸な仕事部屋でデスクトップPCに向かって更新しているハズなのですが・・・

ジャーン
080718-17

昨日のやすこ嬢とのお買い物というのは、これだったのですね。モバイルノートPCです。
海岸オフィスで仕事をするときに、各自モバイルPCを持ち込みます。私はモバイルを持っていないので、海岸のノートを借りて、出来上がったデータを自分宛にメールで送ったりして対処していたのですが、やはりちょっと不便。
海外にいるメンバーも交えてスカイプで話し合いを進めるときなども、私の名前で履歴が残らないので混乱するし、そのうち買わねば・・・と思っていたのです。

そこへやすこ嬢から、アサステックのモバイルにいいのが出たよ!と電話が。
アサステックというのは、元々マザーボードのメーカらしいのですが、変態のやすこ嬢の一番最初のPCはここのものだったそうで、とても快適だったということで、モバイルが出たときに、お勧めと言われていたのです。
ただ、最初に出たものはバッテリーが3時間ほどしかもたないというので、飛びつけなかったのですが、今回発売になったものは、8時間もつようになったというので、即買い!となりました。ほら、昨日、つよさんからあぶく銭のお裾分けももらったことですし。このPCを買えってことだったのね。

実際に使ってみると、私はオフィスをインストールしましたが、ワードなどは互換性のあるソフトが入っているようでした。買ってすぐに使えます、という触れ込みの通り、持ち運び用のケースやマウスも付いていて、PC本体も、必要なものは揃っているけれど、余計なものは入っていないコンパクト設計。本当にすぐに使える!という感じです。
コストパフォーマンスや、全体のバランスがいいモバイルPCという感じです。

私は白を選んだのですが、ランプの色が綺麗で、デザインも細かい部分に工夫をしている感じ、好感が持てます。
まあ、私の場合、仕事で使うといっても、文書を作ったり、ネットで調べ物をしたり、メールを送ったりといった程度なので、このモバイルで充分なのですが、この先、パワーポイントでプレゼンしたりといった使い方にまで広がってきたら、レッツノートくらいの充実したものが欲しくなると思います。
でも、金額は3~4分の1ですし、今のところはこれで大満足ですheart03


しかも、今、このブログを書いていて気づいたのですが、このモバイルがあれば、夏休みなどに実家に帰省したときにも、ブログを更新できるっていうことですね!使えますね。

それに、エアコンの効いたリビングで、リュウの様子を見ることができるっていうのは、私にとってはとっても快適です。

ねっ!リュウ。

見えるところにいるって、安心するね。
080718-19

リュウはたいてい寝ています。
いつもより、ぐっすり眠れているかな?

「横になってるだけだよ」
080718-20

リュウは、私がキッチンにお茶を淹れに行ったり、トイレに立ったりすると、必ずむっくりと起き上がります。

「どこかへいくの?」
080718-21

どこへも行かないよ。
今日はずっと一緒よ。

夕方になって、つよさんから電話が入りました。
いつもより早く帰れるから、夕ごはんを早くして欲しいって・・・
お腹すいちゃったのか?
そうなると、ごはん作りとリュウのお散歩の時間がかち合うので、リュウのお散歩はつよさんに行ってもらうことにしました。

リュウ、つよさんが帰ってくるまで、お散歩はもう少し待っててね。
080718-22

でも、地面が熱いから、ちょうどいいかもね。

しばらくすると、つよさんが帰ってきました。
私がキッチンにいるあいだ、気づいたらつよさんもリュウもいなくなっていました。
気づかないあいだにお散歩に行ってしまったもよう。

あと少しでごはんが出来上がるという頃になって、ふたりが戻ってきました。

「ただいまー」
080718-23

おかえり。
つよさん、ありがとう。

リュウはつよさんとお散歩に行ったせいか、遊びモードのスイッチが入ってしまったらしく、リビングに入ってくるなり、ボールを物色していました。

「どのボールであそぼうかな・・・」
080718-24

リュウ、もうすぐごはんだよ。

「ごはん・・・」
080718-25

それでもボールをくわえてクッションに持ち込んだリュウ。

「ボールあそびしてから、ごはんをたべるんだ!」
080718-26

あら、そうなの。どうぞどうぞ。

「・・・・・」
080718-27

夢中になってボールをかじっていたリュウでしたが・・・

絵
080718-28

つよさんが晩酌を始めて、つまみのナッツの袋を開けたとたん、これです。

「いいにおいです~」
080718-29

リュウ・・・花より団子よりボールじゃなかったのか?

それでも、ごはんのあとで、またボールかじりを始めましたよ。
昼間私といるときに、ボールをかじったりすることはあんまりないよねえ。なぜ?

「まゆさん、ボールあそびヘタだもん!」
080718-30

ガーンjumee
でもまあ、事実だからしょうがない・・・

食後に、小さなアイスクリームバーを食べました。
またしても、つよさんに張り付こうとしているリュウ。

リュウ、そこで何をやっているの?

「ボク、なんにもやってませんよ」
080718-31

これ、舐める?
食べ終ったバーを差し出すと、すっ飛んできました。

「いいにおいです~!」
080718-32

リュウは匂いだけでいいんだもんね。

「おいしいです~」
080718-33

いやいや、それは気のせいだと思うよ。
だから、棒をかじっちゃダメ!
棒なんか、食べられないよ・・・

それでも、大満足な顔のリュウなのでした。
080718-34



  1. 2008/07/18(金) 23:18:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月18日金曜日 朝~昼

わんパト再び

まゆです。こんにちは。

朝、私が目を覚ましたことに気づいたリュウが、伸ばしていた私の腕の上にあごを載せました。
080718-1

お散歩に行こうよっていう合図だね。
お散歩に、行こう、行こう!

「つよさんのおみおくり、してからです」
080718-2

つよさんと3人で家を出て、バイクの場所まで一緒に行きました。

今日も、つよさんの後ろ姿が見えなくなるまで見送っていたリュウ。
080718-3

さあ、今日はどのコースを行こうか?

リュウは迷わず、つよさんのバイクが行った方向へまっすぐ歩いて行きました。
その道は、ワンタくん公園コースだね。

ワンタくん公園は、ラジオ体操の真っ只中でした。
080718-4

しばらく公園をブラブラしていたのですが、うんぴーを済ませると、すぐにいつもの皆さんが体操をしている後ろに来ました。リュウ、どうやらこのあいだのように、みんなと一緒にお散歩に行くつもりのようです。

「ボク、たいそうがおわるの、待ってるよ!」
080718-5

体操が終わると、「リュウくん、よく来たね~」と撫でてもらいました。
080718-6

今日もみんなで連なってお散歩です。
リュウは相変わらず、同じくマイペースなサンちゃんと、一番後ろから参加。

080718-7

途中でワンタくんにも会えました!

「ワンタくん、ひさしぶりだね」
080718-8


サンちゃんはマイペースな上に、身体も小さいので、すぐに遅れてしまいます。
リュウはサンちゃんが気になるらしく、時々振り返って見ていました。

「サンちゃん、だいじょうぶ?」
080718-9

分かれ道で、それぞれ自分の家の方へ帰っていくのですが、リュウは最初のバイバイ組と一緒に歩きたがっていました。

「ボク、あっちに行きたいな・・・」
080718-10

リュウのおうちはこっちだよ。川を渡って、向こう側に行かなくちゃ。

川の向こう側へ渡る角のところで、以前にわんパトのメンバーだった方と行き会いました。
犬を亡くされたあと、また最近、里親になって新しい犬を迎え入れたそうです。
「他の犬がダメみたいで・・・」とその方が言うと、皆さん、口々に「あら、リュウくんも、最初はそうだったのよ」と言いました。
「何度か会ううちに、少しずつ慣れてくるかもしれないし、よかったらまたご一緒しましょう」とおっしゃっていました。
ここの方々は、来るものは拒まず、去るものは追わずという感じで、時々しか顔を出さない私たちのような者にも気持ちよく接してくださるので、とってもありがたいです。

川の向こうの道へ戻って、折り返すように歩く途中で、大人な公園にも立ち寄りました。
ここまで来ると、残っているのはハスキーのユウちゃんと、黒ラブのボニーちゃんとリュウだけ。
途中でユウちゃんとも別れ、最後にボニーちゃんとさよならをしました。

ボニーちゃんと別れて、家に向かおうとしたら、少し歩いたところでリュウが、行きたいところがあるというので、行ってみました。

リュウ・・・そっちはボニーちゃんの家の方だよ。袋小路みたいになっているから、こっちから帰ろう。

「ボク、ボニーちゃんにくっついて行きたかったんだ」
080718-11

そうなの。リュウがそんなこと言うの、珍しいね。
それにしても、きれいなおうちばっかりだね~。
ボニーちゃんも、ボニーちゃんのママも上品だもんね。
こういう場所がぴったりだね。

リュウ、今日のお散歩はどう?楽しかった?

「うん、たのしかったよ!ボク、みんなと一緒に歩きたかったんだ♪」
080718-12

にこにこ顔で帰ってきたリュウ。
お水を飲みなさいと言っても、全然飲もうとしないので、リュウが寝そべっている目の前にお水の器を置いてみました。

・・・飲んでるし。横着過ぎ!
080718-13

今朝は、リュウのおじやのストックがなくなってしまったので、作らないといけません。
いつもより、ごはんの時間を待たせてしまいました。

「ボクのごはんを作ってるの?」
080718-14

うん、そうなの・・・
待たせてごめんね汗
お腹すいたよね。

コトコト煮込んで、ようやく出来上がりました。

はい、ごはん。おまちどおさま。

リュウ、脇目も振らずに食べていました。
080718-15

以前はどうしてもひと口くらい残していたのですが、このところ、全部食べてくれるようになりました。
ごはんの後は納戸な仕事部屋へ来て、しばらく寝ていたリュウなのでした。
家中で、一番暑い場所なのにね・・・

080718-16



  1. 2008/07/18(金) 13:14:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月17日木曜日 朝~夜

つよさんデー

まゆです。こんにちは。

今朝、私は3時に起きました。
朝一番に締め切りがある仕事、夕べつよさんが帰ってきた時点でまだ終わっていなかったのですが、最近朝型人間になっている私は、夜遅くまでやるより、早起きしてやった方が効率もいいので、先に寝ることにしました。
早く寝ようよ~と、つよさんをけしかけて布団を敷いてもらい、寝たのは0時半。なので2時間半しか寝ていません。
今日もお休みというつよさんは、リュウの朝のお散歩をふたつ返事で引き受けてくれました。つよさんも時間さえあれば、リュウとお散歩に行くのは楽しくて大好きなもよう。元々犬好きは私の方でしたが、つよさんも同じ気持ちになってくれるのは嬉しいことです。

そんなわけで、まだ暗いうちから仕事をしていた私のところへ、リュウもやってきました。
つよさんと一緒に寝ていれば?と言ったのですが・・・やっぱり忠臣ですね。

朝早く、つよさんも起きてきました。
リュウ、朝はつよさんとお散歩だよ!

「つよさん、おはよございます」
080717-1

つよさんがキッチンで何やらやっているあいだ、リュウはあくびをしながら待っていました。

「ボク、はやおきしたからねむいです!」
080717-2

「でも、めをさまさないと・・・」
080717-3

伸びをして、リュウもお散歩の準備万端です。

「行ってきま~す」
080717-4

ふたりで出掛けていきました。
私もあと少しで仕事が終わるところまできていました。
つよさんのお陰で、二日連続で締め切りにギリギリ間に合いそうです。

それにしても、お散歩へ行ったきり、なかなか帰ってこないふたり。
もうかれこれ1時間半が経とうとしています。
どこまで行ったのかな・・・

と思っていたら、ようやく帰ってきました。

お帰り~!

「ただいまです~」


今日も大きい公園へ行ったそうです。
ラジオ体操はしてこなかったらしいけれど、じゃあ、公園の隅っこのテーブルにでも座って、お茶でも飲んできた?(笑)
・・・ってくらい、ゆっくりなお散歩だったね。

そのせいか、またオトコたちは、静かだと思ったら・・・

寝てました・・・汗

「また寝てるの~?」という私の声に起きたふたり
080717-6

今日は恒例の海岸オフィスでの仕事なのですが、いつもより忙しい。
というのも、会議の前に買い物をしようと、やすこ嬢と約束をしていたからです。

でも、今日もつよさんがお休み。
昨日のこともあったので、本当に頼っていいものか、やや不安はありましたが、彼も鬼ではないし、ギリギリのところで人否人を免れているので、もう一度信じて託してみることにしました。ちょっと大げさ?

と思っていた矢先に、出掛けるというじゃありませんか。
でも、今度こそ早く帰ってくるから、と。
信じていいの?このオトコ・・・

リュウは私が支度を始めると、どうやらお留守番の気配を感じたもようで、そんな表情のまま、下ぶくれ犬になっていました。

「きょうもおでかけですか」
080717-7

リュウ、今日はいつもお出掛けが決まっている木曜日なの。
このところお留守番が多くて、リュウにはかわいそうなのだけれど、許してね。
つよさんが早く帰ってきてくれるって言ってたから、それまでちょっとのあいだ、待っていてね。

お留守番をお願いするとき、リュウはいつも神妙な顔なのですが、

今日もこんな顔をしていました。
080717-8

でも・・・
私が手におやつを持っているのを見て、すぐさま切り替わった様子。

くれくれモードになってしまいました汗
080717-9

リュウが凝視しているものは・・・

これ。馬のアキレス腱です。
080717-10

それをあげたら、「じゃあ、行ってくるから、よろしくね」という私の声にも振り向かず、一心不乱にかじっていたリュウ。
まあ、いいか・・・

やすこ嬢とのお買い物、結局本当に買ってしまいました!
何を買ったかというのは、また明日の日記にでもアップします!
でも、私にとってはとっても嬉しいもので、リュウにとっても、まあまあいいもの・・・かな。

買い物でかなり時間を取られてしまったので、お昼はパンを買って海岸オフィスで食べることにしました。
会議の前にいろいろやりたいこともあったので。

今日はつよさんがリュウを見てくれるというので、それをいいことに、夕飯づくりもボイコットすることにしました。
たまにはいいでしょー!!!
って、昨日も確か、ボイコットした気がしますが・・・
何しろ、2時間半しか寝ていないので、今日は本当におかしくなっちゃっていた私なのでした。
買い物のときもちょっとハイだったし、買ったあとはもっとハイで、会議の最中も・・・
そんなわけで、全てをつよさんに任せて、会議のあともオフィスに残っていたやすこ嬢と私、20本仕入れたのに、既に残り5本になってしまった海岸ワインを眺めて、1本あけようか、という話になり、そこにいたカメラマンK氏も誘って、プチワインの会を急遽開催することに。K氏の奥さまも駆けつけて、4人でワイングラスを傾けたのでした。

家に戻ると10時過ぎになっていました。
リビングのドアをあけると、私を見たリュウが急にハイテンションになって、ボールをくわえて遊び始めました。

ブレブレですが、ボールを投げるリュウです。
080717-11

そのうち、座り込んでかじり始めました。
080717-12

つよさんは?と見ると、リビングの隅っこの床の上で、大の字になって寝ていました。
まるで子供です。

リュウ、つよさん、寝ちゃったのね。
退屈だったね。

「えへへへへ」
080717-13

笑ってごまかす、つよさん思いのリュウ。

それにしても、なんてだらしないオトコ!と思いながらも、仕方ないからお布団を敷いてあげようと思い、布団を敷いていたのですが・・・

「奥さん、奥さん、こっちで寝てくれない?」

という声で目が覚めました。
どうやら、私は押入れから布団を出したところで、そのまま寝てしまったらしく汗

「まったくもうな~、中途半端な布団の敷き方!」とつよさんになじられました。
布団、敷いてませんでしたから・・・
押入れから出して、半分広げただけでしたから・・・

人のこと言えないくらい、私もだらしないオンナだったのね涙
なんだか、とてつもなくがっくりきました・・・

ということで、結局布団はつよさんが敷いてくれ、
寝ようと思ったら・・・

すっかり呆れ果てたらしいリュウに、私の場所を占拠されていました・・・
080717-14

リュウ、リュウ、そこ、私の場所・・・
私をそこで寝かせておくれ

「いやです~。ボクもたまにはここでねたいです」
080717-15

そんなこと、言わないで・・・お願い!

「しょーがありませんねっ!ふん!」
080717-16

渋々場所を明け渡してくれたリュウなのでした。
結局、今日は夕方のお散歩もつよさんにやってもらったのね。
すっかりつよさんデーになっちゃったね。
でも、明日は私とお散歩しようね!
つよさん・・・お疲れさま!どうもありがとう。




  1. 2008/07/17(木) 23:22:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ