つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年7月9日水曜日 夕方~夜

お寺の鐘の後遺症

ずっと寝てばかりいたリュウですが、そろそろお散歩に行こうと立ち上がると、すぐに目を覚ましました。

「おさんぽですね」
080709-30


今日はどこへ行こうかしらね。
前々から、リュウにコングを買ってあげたいな~と思っていて、今日はお散歩の途中でペットショップに寄ってみよう!とひらめきました。
我が家の近くにペットショップが数件ありますが、1軒は普通の人は歩いては行かないだろう距離の場所。お散歩で立ち寄るには、ちょっと遠いかな・・・。それに、リュウがうちに来るときに、食器などをそこで揃えたのだけれど、コングは売っていなかった気がする。
一番近いペットショップにも、コングは置いてありません。
あと2軒、同じ道沿いにあるペットショップのうち、片方はおしゃれそうなお店だから、ひょっとしたらあるかも。今日はそこへ行ってみよう!

リュウと、大きい公園からの帰りに使う道を、逆行するように歩いて行きました。
リュウは、ちょっと「あれ?」と思った様子でしたが、そのままトコトコと歩いていって、すぐのところにある、小さい公園の中に入っていきました。

080709-31


いつもと違うコースだから、リュウはとっても嬉しそう。
080709-32


私の顔を見上げては、笑っていました。
080709-33


その道をず~っとまっすぐ歩いていくと、広い通りに出ます。ペットショップはその通り沿い。その通りを渡って、更にまっすぐ行く道が、例の不思議な道で、今朝、お寺の鐘がゴオォンと鳴った道です。
リュウは、広い通りに出る少し手前で、急に立ち止まりました。

「ボク、この先には行きたくないよ!」
080709-34


リュウ、このまままっすぐ歩いて行って、大きい公園へ行くと思ったようです。
行きたくないよね~。今朝の鐘の音は衝撃だったもんね。もう、二度と御免だと思ってるよね。
リュウがそのまま動かないので、「リュウ、まっすぐじゃないよ。そこの道をこっちに曲がるんだよ」と、いつものように、腕を大げさに振って、これから行こうとする方向を指すと、「それならいいよ!」と、また歩き出してくれました。

通りを渡って右に曲がると、ちょっと変わった色に外壁を塗った、例のペットショップがありました。
今まで、お店があいている時間に通ったことがなかったのですが、今日はお店の前にケージが出ていて、中に1頭、パピヨンがいるようでした。
近くまで来て、あらら・・・ここはペットショップじゃないわ。ドッグホテル?それにしては、中のケージにはパピヨンばかり。ブリーダーかしら?
ともかく、私の思い違いだったので、当然コングは買えず。
仕方ないので、広い通りを少し歩いて、道を渡って、住宅街をブラブラと歩きました。

結局、近所の商店街の中にある公園へ来てしまいました。
リュウが我が家に来たばかりの頃は、ここで毎日、夜のお散歩のときに走り回ったっけ。

今日はうんぴーをしたリュウ
080709-35


商店街を家に向かって歩いて、途中でパンダ公園に寄りました。
リュウはこの公園がどういうわけか、結構お気に入りなんです。
今日も自分から、当然のように道を曲がって、この公園へ入っていきました。

「あいかわらず、こわい顔のパンダだな~」
080709-36


「でも、ボク、もうちっとも怖くないも~ん!」
080709-37


家に戻ってきて、玄関で足を拭いているあいだ、いつもは大人しくしているリュウが、家の中へ入ろうとして大変でした。
鼻をクンクンさせています。なぜ?

足を拭き終わって、私が洗面所で雑巾を洗っているあいだ、リュウがしきりとこちらを気にしている様子でした。

080709-38


洗面所を出て、待たせていたリュウのリードを持ってリビングへ入れようとしたら、リビングのドアに阻まれた洗面所の方を向いて、しきりとクンクンしています。

「クンクンクン」
080709-39


やっぱり何か、洗面所に気になる匂いがある様子。
そこで、はっと気づきました。
昨日の朝、リュウが茂みの中から発掘してきたテニスボール、洗って洗面所に置いてあったんです。
ためしにリュウの行きたい方へ行かせてみました。

「クンクンクン。ボクが気になるのは、この中なんだ・・・」
080709-40


案の定、洗面所の中へ入り込んで、ボールが置いてある方向を見ていました。
普段、リュウはお風呂が怖いのか、洗面所へは入ってこようとしません。
それなのに、どんどん中へ入っていこうとしていました。
やっぱり、目当てはテニスボールだわね・・・
それにしても、本当によく利く鼻だねぇ。

リビングに入ったリュウ。
背中をこちらに向けて、一心不乱に何かやっています。

080709-41


回り込んで見てみると・・・
ああ、やっぱり!

ボールをかじっていました。
080709-42


なんとなく、クッションが手狭な感じね汗
080709-43


しばらくすると、かじりつかれたのか、寝てしまいました。
080709-44


そして、更に時間が経過して見ると・・・

あ~あ、すっかりはみ出しちゃってるよ・・・
080709-45


夜、いつもお布団を敷くのはつよさんの役目なのですが、今日は酔っ払ったまま、リビングの椅子で寝てしまったので、私が代わりに敷きました。
敷布団の上にシーツを掛けるや否や、リュウが布団の上に陣取ってしまいました。
暑くなると、我が家では上に掛けるのはトップシーツだけなのですが、リュウが陣取っていたところは、ちょうど私が寝る場所の足元あたり。トップシーツを掛けると、リュウが埋もれてしまいました。

でも、全然へっちゃらで、出てこようともしないリュウ
080709-46


リュウは無精なところがあると、前の日記にも書きましたが、今日もその無精が出てしまいましたね。
リュウったら、修道女にでもなった気分なのでしょうか。
すっかりその気みたいな顔で、ずっとシーツを被りっぱなしでした。

080709-47


でも、こんなところもかわいいと思ってしまう、心底親バカな私なのでした・・・



スポンサーサイト
  1. 2008/07/09(水) 23:32:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年7月9日水曜日 午後

はみ出し犬

私がこのブログにかかりきりになっていたので、リュウはそのうちリビングへ行ってしまいました。
しばらくして覗くと、ぐっすり眠っています。

「zzz~」
080709-22


リュウの寝顔を見ていると、とっても幸せな気持ちになります。
リュウは、本当に魔法使いのようだね。

「zzz~」
080709-23


でも、何かがちょっと、いつもと違う・・・
よくよく、リュウの寝姿を見てみました。

あら、ま。
080709-24


お尻がソファからはみ出していますね~!
080709-25


このままでは、落っこちてしまいそうです。
それにしても、この、ダランと垂れ下がった、ふさふさの尻尾がキュートheart03
リュウの尻尾は、くるりんと上がっているときには、トロリーバスのトロリーポールのようで、しかも、その先っぽだけが白くて、とってもチャーミング。
でも、垂れ下がると、これはこれでまたかわいい・・・
と、見入っている、ただの親バカ。

落ちてしまってはかわいそうなので、ほんの少し、ソファの上でバランスを取ってリュウの身体をずらしてあげました。

動かされても、寝入っているリュウ。

「zzz~」
080709-27


頭の方から見ると、脚を投げ出したような格好に見えます。
真剣に寝ている姿、本当に愛らしい。

「zzz~」
080709-28


しばらくすると、納戸な仕事部屋へまた戻ってきたリュウ。
でも、やっぱり眠りこけていました。

「zzz~」
080709-29


お散歩まで、こうして、ほとんどの時間を寝て過ごすリュウなのでした。


  1. 2008/07/09(水) 18:42:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年7月9日水曜日 朝~昼

ゴォンとお寺の鐘が鳴る

まゆです。こんにちは。

今朝もいつものようにお散歩に出掛けました。
080709-1


禿げ原っぱでうんぴーをしたリュウ。
やはりまだ、写真ボイコット中の様子。

「ふーんだっムカッ
080709-2


普段、家にいるときにカメラを向けても嫌がらないのに、お散歩のときは嫌みたいです。
リュウは途中で鳩を追いかけようとして、私に引き止められました。

「ハト、まて~!」
080709-3


写真を撮られるのは嫌だけど、気分は概ね良好の様子。
080709-4


写真、ブレまくりでごめんなさい汗

遊歩道の途中の、池のある原っぱに来ました。
ここを散策するのも好きなリュウ。
ここはクローバーがいっぱいなのですが、四葉はなかなか見つかりません。

橋を渡って、道に戻ろう!
080709-5


リュウ、今日はなんだか慎重に歩いていますね。
080709-6


時には、橋を渡る私の横を、ピョーンと池を飛び越えていくこともあるのですが。
今日は嫌がらずに歩いたので、大きい公園へ向かいます。

気分は上々の様子。
080709-7


またしても、ブレまくり写真でごめんなさい汗

公園の手前で横断歩道を渡って
080709-8


大きい公園に到着しました。

「こうえん、きもちいいな~♪」
080709-9


公園の真ん中付近で、小さいわんちゃんたちが大勢集まっているのが見えました。
リュウはそれを見て、中には入りたくないと言うので、公園の外側を歩いて、いつも帰るときに出る出口の方向へ向かいました。

また横断歩道を渡って、例の不思議な道に入ります。
途中でおじさまがひとり、「楽楽荘 楽しく遊んで学ぶ」と書いてある建物の入口から中を覗き込んでいました。
私も覗いてみると、入口に置いた台の上で、猫が爪とぎをしていました。
でも、なんだかちょっと様子が・・・
おじさまがこちらを振り返って、「本当はもう1匹いるんだよ」と言って立ち去っていきました。

リュウ、ご対面してみました。

「ちょっと怖そうな猫さんだな・・・」
080709-10


猫は、リュウを見つけると、思いっきり身体をガラスドアにくっつけて、まるで猫の拓本状態でした。
さっき、様子が変だと思ったわけがわかりました。猫は爪とぎをしていたのではなくて、下に敷いてあったカーペットを引っかいていたんですね。それで、時々爪が引っかかってしまって、ちょっと変な動きになっていたのでした。
猫のご機嫌がよろしくないようだったので、早々に退散しました。

しばらく歩くとお寺があります。
ちょうどお寺に差し掛かったあたりで、突然、ものすごい音が鳴り響きました。

ゴオォォォォ~ンびっくり

リュウ、その音で、びっくりして飛び上がったかと思うと、スタコラサッサと走り始めました。

「怖いよ、怖いよ、こわいよ~~~ビックリマークビックリマークビックリマーク
080709-11


ちょうど真上に鐘があったようで、ものすごい音だったことは確か。
人間の私もびっくりしたのだから、耳のいいリュウには、どれほどの爆音に聞こえていたことか。
パニック状態になるのも、無理ありません。

不思議な道のはずれまで来て、道を渡ったところで立ち止まり、しゃがんでリュウを抱きしめながら「びっくりしたね、びっくりしたね。でも、大丈夫よ。あそこはお寺で毎日鐘を鳴らしているの。今日はたまたまその時間に通っちゃったね。でも、もう大丈夫よ」と言いました。
リュウもようやく落ち着いて、私の顔をペロペロと舐めました。
「リュウ、何があっても、私がリュウのことを守ってあげる。だから、安心してね」と言うと、また、ペロペロと顔を舐めてくれました。
はあ~、これでまたひとつ、大きい公園を嫌がる要因ができてしまった気がします・・・

家へ帰ってくると、リュウはクッションやソファではなく、フローリングの床に寝そべっていました。

080709-12


冷たくて気持ちがいいのでしょうね。
キッチンにいる私がリビングに出て行くたびに、顔を持ち上げるリュウ。

「ごはん、まだ?」
080709-13


そのうち、猫さんみたいにグルーミングを始めました。

080709-14


リュウ、そろそろお風呂に入れないと。
自分でグルーミングを始めたということは、その合図のように思います。
撫でると、そこの毛が元に戻りにくくなっているくらい、ちょっと脂ギッシュなオトコになっているし、額のあたりはダシ昆布の匂いがして、いいダシが出そうなくらい。
前回大暴れだったので、今回も相当の覚悟で挑まねば・・・

ごはんを食べ終えて、私がいる納戸な仕事部屋にやってきたリュウ。
静かだと思ったら、またもやグルーミングに余念がない様子。
そのうち、お尻をペロペロと舐め始めました。

080709-15


リュウ、リュウ!

「なんですか?」
080709-16


どうしてお尻をペロペロするの?かゆいの?

私の質問を無視して、またお尻をペロペロしていました。

080709-17


そして、「カッ!」と何やら吐きそうになっていました。
それが3回ほど続いたので、リュウに「やめなさい!」と言いました。
やめろと言ったって、相手は犬ですから、すぐには聞きませんでした。
そこで、リュウがお尻に顔を向けたところで、手で制して「リュウ、そのうちお風呂で洗ってあげるから。今日は舐めるのをやめなさい」と言いました。

3回くらいそんなことを繰り返しました。

私が話しかけるたびに、神妙な面持ちで聞いているリュウ
080709-18


お尻を舐めようと顔を向けて
080709-19


舐めるのをやめていました。
080709-20


おおおお!
私の願いを聞き入れてくれた!
かなり感動~オレンジのきらきら

そのうち、寝入ってしまったリュウ
080709-21


今日は吐きそうになっていたからやめさせたのですが、本当のところ、やめさせてよかったのかどうなのか、わからずにいる私。
きっと、リュウは今まではずっと、自然に自分で自分の身体をお手入れしてきたのでしょうし、それは自然なことなのだとも思います。
放っておいて、いいものなのか。
勉強しなければならないことが、山のようにあると感じた今日なのでした。







  1. 2008/07/09(水) 12:25:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。