つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年7月28日月曜日 夕方~夜

リュウの心の後遺症

仕事、終わった~!
予定より早く終了~!!
リュウ、お散歩に行こう!!!

「ボク、ずっとたいくつだったよ」
080728-19

一日ヒマ犬のリュウは、だからこそ、お散歩は余計に楽しい時間のようです。

だって、こんなににっこにこ。
080728-20

いつものように、遊歩道脇の原っぱに入っていきました。
080728-21

リュウはあまりウロウロもせず、ジーッとしていました。
そして、そのうち、ちょっと小高くなったところの天辺で、お座りをはじめました。
家でもお座りなんて、滅多にしないのに。
というより、お座りが苦手なのかと思っていたくらいです。
でも、お座りをしたら、そのままの格好で、ずっと座り続けていました。

リュウ、もしかして、ちょっとかっこつけてる?
080728-22

そこへ、自転車に乗った小学生が3人、遊歩道をやってきました。
そして、どうやらリュウを見かけた様子。

「あ!犬がいる」
「ほんとだ!あ~、かわいい~!」
「かわいいっていうか、かっこいいっていうか・・・」
「かっこかわいい!」

そんなことを口々に言いながら、自転車を降りてリュウに見入っていました。
そして、「犬のところへ行ってみよう!」とひとりが言い出し、3人で原っぱに入ってきました。

080728-23

ところが、リュウは以前から子供がちょっと苦手な様子だったのですが、3人も一度に来てしまったので、恐怖が絶頂にきたもようで、ものすごい声で唸ってほえて、いつものリュウじゃないみたいになってしまいました。

子供たちはびっくりしていたのだけれど、それでひるんでしまうことはなく、どうにかリュウと仲良くしたいと思っている様子でした。
そこで、リュウが少し前まで、荒川の土手に住んでいたこと、土手にいた頃に子供にいじめられて、石を投げられたり、小屋に火をつけられてお尻を焦がしたりしたことなどを話し、だからもしかしたら、同じくらいの年頃の子が来ると、怖いのかもしれない、と伝えました。

すると、3人は「そんなことするなんて!」「火をつけられたの?身体も燃えちゃったの?」と驚き、「怖いのか~」とちょっと残念そうに言いました。

その中のひとりが、「怖いなら、犬の気持ちになってみよう」と言って、犬のように腹ばいになって、そ~っと近寄ってきました。

「リュウくん・・・」

080728-24

でも、ダメ。リュウはもう恐怖で頭がいっぱいの様子で、子供たちの状態が全然見えていないようでした。やっぱりワンワンほえてしまいました。
でも、果敢に頭を撫でようとして、リュウに「ガウ!」と威嚇され、私が「最初は下から手を出した方が、犬も怖くないのよ」と言うと、素直にそーっと差し伸べるように手を出したところを、やっぱり「ガウ!」と威嚇してしまったリュウ。

みんなごめんね・・・
今日仲良くなるのは諦めて、帰ることにしたようです。
また会ったら声を掛けてね~と言ったら、自転車のところから「リュウく~ん!バイバ~イ!!!」と、3人で手を振ってくれました。

080728-25

子供が苦手な理由は、あくまで私の憶測なのですが、703号室のハハさまからの話を考えると、やはりいじめられたことに起因するのでは、と思うと、いつもあんなに穏やかなリュウが、別の犬のようになる様を見て、リュウの心の中の大きな傷痕を感じずにはいられませんでした。

リュウ、子供だからって、ひどいことする子ばっかりじゃないんだ。
いつか、リュウがそのことをわかって、子供の前でも怖がらなくてもいられるようになるといいね。
リュウの心の後遺症は、どうしたら修復することができるのかしら・・・

子供たちが帰ってしまうと、ほら、もうこんな、いつもの穏やかな表情に。
080728-26

さあ、ちょっと歩こうか?
リュウは嬉しそうに立ち上がって、小高い丘を駆け下りました。

080728-27

リュウが走りたそうにしているので、遊歩道へ出てスキップをしてみました。

リュウ、嬉しそうに走り出しました!
080728-28

リュウと一緒に走りながら撮ったので、ブレブレでごめんなさい
でも、リュウが楽しそうにしている顔は、なんとなくわかるかしら・・・

080728-29

遊歩道を行って帰ってひとっ走り、それで気が済んで家に戻りました。

つよさんの帰りが遅くなると連絡があり、また母子家庭のようなひと時。
080728-30

ようやくつよさんが帰ってきて、食事をしていると、とっくにごはんを食べてしまったリュウは、私とつよさんを代わる代わる見ていました。

080728-31

ごはんを食べ終えると、つよさんが「リュウ、お散歩に行くか?」と言いました。

「おさんぽ、やった~!
080728-32

私も一緒に行って、途中でアイスを買おうという話になり、くっついていきました。

つよさんと一緒だと、必ずエレベーターに乗るんだよね。
080728-33

住宅街をぐるりと回って、コンビニまでやってきました。
「ここで待ってるから、買ってきて」と言われ、使いっぱしりになる私。

080728-34

アイスクリームを買って外へ出たら、リュウがいい子でお座りをして待っていました。
つよさんに、「お座り」と言われたらしいです。

080728-35

こういう、なんでもない日常のひとこまが、実は宝石のような煌めきを持っている・・・そう思います。
こんな日が、ずっと、ずっと、ずっと続きますように。



スポンサーサイト
  1. 2008/07/28(月) 23:39:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2008年7月28日月曜日 朝~午後

甘えっ子

まゆです。こんにちは。

一昨日、どうにか終わらせた仕事ですが、昨日取りまとめをやっているスタッフと話をしていて、まだ足りない文書があるというので、私の担当ではなかったのですが、引き受けることにしました。夕べ着手していたのですが、なかなか進まないので、早く寝て朝やることにして、今朝は4時に起きました。

リビングで仕事をしていたら、しばらくして、背後にのっそりと気配が。
リュウでした。
リュウったら、寝ていた寝室から、リビングに移ってきちゃったよ~!
そっちで寝てればいいのに・・・。

私のすぐ脇のクッションで、もう一度寝直すリュウ。
080728-1

私は部屋の灯りを消して、テーブルの上だけランプを灯して、仕事の続きにかかりました。
1時間ほどで、文書が書きあがったので、納品を済ませてお散歩に出ることに。
まだ5時だから、いつもよりは少し涼しいはず。

リュウ、お散歩だよ!

「やったー!」
080728-2

今日もいつもの遊歩道へ行きました。
原っぱはもう草ボウボウになってしまいましたよ。

リュウの向こう側、かなり茂っていますよね。
080728-3

でも、犬たちはここで用を足すのが好きならしく、多くの犬が歩くので、ちゃんと道もあります。
080728-4

リュウは用を足さずに、ブラブラと原っぱを歩いたあと、小さい公園へ向かいました。
小さい公園はきれいに草刈がされていて、リュウは「どこでうんぴーしよう・・・」とちょっと戸惑い気味でしたが、無事に用を足すことができました。

080728-5


大きい公園に向かって、更に進んで行こうとしたのですが、リュウが途中でいやだ~!とスタックしてしまいました。
そうか・・・じゃあ、凛ちゃん公園の方へ行ってみようよ!
いつもとは1本違う道から行ったので、歩いたことのない住宅街を歩いたりして、「知らない道って、おもしろいね」なんて言いながら、凛ちゃん公園その2に到着。

凛ちゃん公園も、すっかり草が抜かれていて、こざっぱりとしていました。

「いつもはここも草ボウボウなのに!」
080728-6

一段高く、ちょっとステージのようになった場所があるのですが、そこもいすもは草ボウボウで、リュウも入るのをためらうほどなのですが、

「こんなにきれいだったよ!」
080728-7

凛ちゃん公園その1へ行きました。
木の陰で、鳥がバサバサと飛んでいる音が聞こえ・・・結構大きな鳥という感じなのだけれど、姿は見えず。
鳥好きなリュウも、どこにいるのかと目を凝らしていました。

080728-8

リュウはいつもこの芝生に入りたがります。でも、ダメなのよ。
080728-9

その先にもうひとつ公園があるので、今日はそこへも足を伸ばしてみました。
080728-10

細長い敷地の公園で、誰もいないと思っていたら、奥の方のベンチにおじさんがひとり、座っていました。
リュウはそのおじさんが気になるらしく、最初は遠慮がちに見ていたのだけれど、そのうち近寄っていこうとしていました。
おじさんがチョコレートを食べていたからかな。
リュウは食べちゃだめなものなんだよ~。

リュウ、私に引っ張られるように出口に向かう途中で、舌なめずり。
080728-11

またいつもの遊歩道に戻ったら、朝日が眩しく照らしていました。
6時になると、もう空気が変わって暑くなってきます。

080728-12

さあ、帰ろうか。

「うん♪」
080728-13

リュウはごはんを待つあいだ、こんな格好をしていました。

なんか、寝違えそうだけど、大丈夫?(笑)
080728-14

私は、今日は納戸な仕事部屋でやる仕事が待っていたので、そちらにこもって仕事を始めたのですが、気づくとリビングにいたリュウが入ってきて、私の椅子のすぐ後ろに、椅子にくっつくように寝そべっていました。
う~ん、この部屋、暑いよ。
リュウ、あっちのお部屋にいなさい。

そう言うと、一度はリビングに戻ったのですが、しばらくして、またこちらの部屋に入ってきてしまいました。
まったくもって甘えっ子です。
でも、夏の盛り、熱中症になったら困るので、かわいいからって、そのままにはしておけないよ。

仕方ないので、納戸な仕事部屋の入口の、リビング側にクッションを置きました。
ここならまだ涼しいから大丈夫。
それに、私のことも、見えるでしょ?

リュウ、妥協してくれました。
080728-15

しばらくして見ると、向きが変わっていました。
リュウはほとんど寝て過ごしていますが、時々立ち上がって、クッションの上でぐるぐると回って、位置を変えたりしています。
座るときに、ドサっという感じで座るのですが、その座り方もなんだかかわいいんですよ。
な~んて、また親バカが出てしまいました

リュウくん、リュウくん、ご機嫌はいかが?

「ふつう~」
080728-16

あ、そ。

「あついから、うごきたくないよー」
080728-17

リュウ、じゃあ、ちょっとブラッシングでもしようか!
ブラッシングは犬とのスキンシップで、犬の心が充分に満たされるんだって!
リュウ、ちょっとこっちに来て。

リュウ、お掃除をすると勘違いしたのか、クッションから立ち上がったのはいいのですが、すぐにソファに寝そべっていました。
080728-18

それにしても、あんなにしょっちゅう座っていたソファなのに、このところ全然使わなくなってしまいました。
温度が違うのかな?そんなに?

このあと、ようやくリュウがソファから下りてきてくれて、ブラッシングができました。
手触り、最高~heart03
って、最後まで親バカでごめんなさい~





  1. 2008/07/28(月) 13:17:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。