つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年8月1日金曜日 昼~夜

みんなでアイス?

リュウはお散歩中はとっても元気なのですが、家の中では別犬のようにぐったりしています。

今朝も帰ってきたとたんにこれ↓
080801-18

でも、ごはんの匂いを嗅ぎつけると・・・

むっくり起き上がり、
080801-19

いよいよごはんだとわかると・・・

すっくと立ち上がります。
080801-20

なので、具合が悪いわけではなく、元気なんだとわかって安心します。

ごはんを食べると、体温が上がるのかしら?
たいてい床の上に寝そべるリュウ。

「だって、ここ、きもちいいんだよ!」
080801-21

でも、すぐにクッションに戻るよね。
ずっとそこに寝ていると、身体が痛くなりそうだもんね。

今日は家で書き物の仕事があったので、ずっと取り掛かっていました。
そのあいだ、リュウはずっと寝ていました。
時々声を出したり、しっぽを振り回したりしていたので、夢でも見ていたのかな?

でも、そんな風にぐっすり寝ている時間はとっても短くて、ほとんどの時間はうとうとしているだけだよね。
だって、私がちょっと動くと、

「あれ?おやつかな?」
080801-22

って、むっくりと頭だけ持ち上げたりするもんね。
でも、なんでもないとわかると、

「なんだ、ちがった」
080801-23

って、すぐにまた寝てしまうリュウ。

今日はずっと仕事にかかりきりになってしまって、リュウをほとんど構ってあげることができませんでした。
仕事の合間の息抜きに、リュウを撫でたり、ちょっとマッサージをしたりした程度。

夕方になって、ごはんの下ごしらえをして、お散歩の時間。

リュウ、リュウ!

「はーい。なんですか?」
080801-24

お散歩の時間だよ。お、さ、ん、ぽっ!

「やっとおさんぽのじかんか~!よーいしょっと!」
080801-25

リュウも伸びをして身体をほぐし、準備万端。

「おさんぽ、やったー♪」
080801-26

「やったやったー、はやくいこうよ!」
080801-27

玄関で大はしゃぎのリュウでした。

いつもの遊歩道へ行く道ではなく、昨日と同じ、1本向こうの道を歩いていると、横道から大きな黒いラブラドールがやってきて、「うー」といいながら、こちらに飛びついてきそうになりました。
ちょうど四つ角だったので、道を左に曲がってその犬を避けると、リュウが突然走り出したんです。

「えっ?なに、なに、なに???」

リュウに引っ張られて走りながらよく見ると、前方に凛ちゃんと凛ちゃんママさんの姿が!
「お~、ひ~さ~し~ぶ~り~!!!」
ハアハア言いながら挨拶をして、そこでまた立ち話をしてしまいました。

一昨日のジキルとハイドのおじさんのときには、おじさんと話しているあいだ中、ずっと後ろから鼻先でツンツン、ツンツンとつつきまくっていたリュウが、凛ちゃんのママさんだと大人しく待っていてくれます。
犬にだって、ちゃんとわかるんだよね。

凛ちゃんのママさんとだと、話が尽きず時間を忘れて今日もまたすっかり暗くなってしまいました。
名残りを惜しみながらさよならをして家に帰ると、つよさんからは、また遅くなるという電話が。

お散歩から帰ってきて、すっかりまたダレていたリュウ。
080801-28

でも、そんなに遅くならずに、つよさんが帰ってきました。
そういえば、森田さんのテキストが来てすぐ、つよさんと3人で外を歩いているときに、リュウが引っ張ったので、森田さん流のしつけをちょこっとやってみたんです。
そのお陰なのかなんなのか、それ以来、リュウはつよさんにも私にも飛びつかなくなりました。
飛びつく行為自体が、飼い主より自分が上、というアピールらしいので、ってことは、うまくいってるってことなのかな?

「よしよし、リュウ、ただいま!」
080801-29

リュウはつよさんに遊んでもらおうと、さっそく自分のおもちゃ入れへ駆け寄って、ボールを物色していました。

080801-30

元々クッションのところに黄色いボールがあったのですが、「それは使わないってことね」と言って、つよさんにおもちゃ入れに戻してもらうのを、リュウは見逃さずにずっと見ていました。

「ボクのボール・・・」
080801-31

そして、おもむろにまたおもちゃ入れへ行き、なにやら物色していたと思ったら、
080801-32

戻したばかりの黄色いボールをくわえて戻ってきました羆

でも、かじるのはオレンジのボールの方なのね・・・
080801-33

まあ、わかるよ。
かじったりしないけど、そばに置いておきたい気持ち。
こだわりというほどのものでもないけれど、でも、ちょっとしたこだわりだね。

食後の片付けを済ませてしまうと、つよさんがキッチンに立って、何やら始めていました。
冷凍庫に入れておいたバナナだ!
切ってお皿に盛り付けて、テーブルに持ってきてくれました。

リュウの目は、テーブルの上のバナナに釘付け。
080801-34

そのうち、食べている私に訴える目を向け始めました。
080801-35


凍っていて冷たいから、たくさんはダメだけど、ほんの少しならいいよ、といって、ひとかけらあげると、リュウはおいしそうに食べていました。

「あ~、おいしかった!」
080801-36

これなら、みんなで食べられるアイスになるね!
いつもつよさんとふたりでアイスを食べていると、リュウがちょっと不憫だったもんね。
これならいいね。

「うん、ボクもだいさんせい!」
080801-37

今年はアイスクリームの代わりに、冷凍バナナの登場回数が増えそうな我が家なのでした。



スポンサーサイト
  1. 2008/08/01(金) 23:12:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年8月1日金曜日 朝

ブラン・ニューの追求

まゆです。こんにちは。

「おっはよございます!」
080801-1

今朝もリュウと元気にお散歩に出掛けました。
私は性格的に、ひとつのところでじっとしているというのが苦手なタイプ。
物理的な意味合いというより、精神的な意味で、ですが。
いろいろが安定してくると、何か新しいことをやりたくなったり、もうちょっとうまくできないかと考えたり、まあ要するに、飽きっぽい性格ということでしょうか羆

飼い主がそんなだからか、どうやらリュウにもそんなところがあるらしく・・・
3日続けて朝のお散歩で大きい公園へ行ったら、今日はもう嫌なんですって。

リュウは、住宅街コースを勝手に歩き始めました。
そのコースだと、保育園の横にある、子供が遊ぶ公園へ立ち寄るのですが、今日もそこへ。
まだ朝早いので誰もいません。

「ふぁ~!」
080801-2

リュウもまだ眠そうです。
公園は、すぐに出てしまうこともあれば、ボールを追いかけて遊ぶこともあります。
今日は中をウロウロ歩くことにしたようですよ。

今までは近寄りもしなかったブランコに興味を示したり、
080801-3

公園の猫さんともご挨拶しました。

「きょうはいつもとちがう過ごし方だよ!」
080801-4

そうね~。
でも、リュウはうんぴーをしないといけないから、あの原っぱ駐車場へ行こうか。

リュウのうんぴー指定場所のひとつである原っぱ駐車場に行ったのですが、今日のリュウはそこへは全く足を踏み入れませんでした。

「まゆさん、こっちこっち!」
080801-5

そのまま、商店街の公園へ向かって行きました。

080801-6

でも、ここは通り過ぎるだけ。

そうだ、そうだ。
駅に行く途中の公園に行ってみようか。
リュウも異論はない様子。くっついてきたので、そのまま商店街を駅の方へ歩いていきました。

途中に大きな家があるのですが、その家の前にこんなものが。

080801-7

この季節になると、この家はアプローチの入口に精霊馬を毎年置いています。これもその一種なのかな?こういうのは初めて見ました。

あ!やっぱりあった!精霊馬。
080801-8

リュウは、最初ビクッとして、恐々と遠巻きに見ていました。
でも、興味があるらしく離れずにジーッと見ていて、そのうち相手が動かないとわかったらしく、そ~っと近寄っていきました。

「これ、なんだろう・・・」
080801-9

それはね、お盆に帰ってくるご先祖さまが、少しでも早く、楽に帰ってこられるようにっていう、馬と牛なんだよ。まあ、リュウにこんなこと言ってもわからないか。

それより、向こうの方でこっちを見ているわんこが!
地面に腹這いになって、ずっとこちらを見ています。

近寄っていったら、ようやく立ち上がりました。
080801-10

リンクちゃんですって。
リュウが見えたので、ずっと待っていたんですって。

「こんにちは」「はじめまして。こんにちは」
080801-11

それにしても、リュウはご挨拶が上手になったね~!

大きな通りを渡って、公園へ向かいました。
ぐるっと一周して、さて、どうしよう。

そういえば、この道は駅からの帰りにいつも途中で曲がってしまうから、まっすぐ行くとどうなっているのか、行ってみよう!

途中に大きな駐車場があって、臨時に1日千円で貸してくれるスペースがあるらしい。
妹たちが車で遊びに来たときには、ここの駐車場、いいかも!

少し行くと、駐車場とは反対側に公園を見つけました。

最初、カラスがいっぱいいたのですが、私たちが入っていくと、1羽、また1羽と飛び去っていきました。

080801-12

「わーい、またこうえんを見つけちゃった!」
080801-13

このあたりは、いっぱい公園があっていいね~。
楽しみが増えたね。

こんなにたくさん公園があるのに、リュウがうちに来る前には、立ち寄ったり、そこで時間を過ごしたりということはあまりしませんでした。
リュウが来てくれたから、こういう楽しい時間も増えたんだ~heart03
つくづく、リュウがうちに来てくれて嬉しいよ。

080801-14

更にまっすぐ行くと、あとは普通の住宅街でした。
このあたりは結構きれいなおうちや洒落たおうちが並んでいます。

ところが、突然、リュウが立ち止まってしまいました。

「やだー、そっちはやだー!」
080801-15

えっ?どうしたの?なんにもないよ。
さあ、行こう。

「ボク、こわいです~!」
080801-16

何があるかしらないけど、大丈夫。私が守ってあげるから!

リュウを引っ張って、なんとか歩いてもらいました。
それにしても、なんなのかな?
渋谷のロンちゃんとお散歩したときにも、たま~にこういうことがあったっけ。
犬は私たちの見えないものが見えるとかって聞いたことあるけど・・・それ?
だとしたら、ちょっと怖いな。

でも、無事に家に戻ってきました。

「きょうはあたらしいみちを歩いて、たのしかったよ!」
080801-17

たまには違う道を選ぶというのは、いろいろな発見があって、飽きっぽい飼い主とその犬には打ってつけのようです。




  1. 2008/08/01(金) 09:16:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0