つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年8月14日木曜日 朝~夜

留守中の出来事推察

まゆです。こんにちは。

リュウ~、お散歩に行くよ~!

「はーい!」
080814-1

今日も素直にいつもの草むらへ行きました。

080814-2

でも、その先の小さい公園へ行くのは嫌だ~と言うので、凛ちゃん公園の方へ行ってみることにしました。しばらく行っていなかったしね。

凛ちゃん公園へ行くには、途中で大きな通りを横切らなければなりません。
リュウは、その交差点の隅っこでうんぴーをしました。
うんぴー場所には神経質なのですが・・・こんな場所でもしちゃうんだ。

すっきりして凛ちゃん公園その2へ。
基本的にこの公園はうんぴーをするために行くような場所なので、今日は特に何をするということもなく、ウロウロ歩いて、すぐに出てきてしまいました。

080814-3

そのまま歩いて、凛ちゃん公園その1に到着。
いつもならすぐに中に入るリュウですが、今日は入ろうとせず、公園の外の通りを歩いて、別の入口から中へ入りました。

このところ、命が僅かな蝉が、ジーっといいながら飛んでいくのを頻繁に目にします。

「あ!またセミさんだ!」
080814-4

地面に落ちてジージーもがいている蝉は、注意しないとパックンチョしてしまいます。

凛ちゃん公園を出ると、もう少し先にある公園の方へ歩いてみました。
でも、その公園は素通りして、大通りまで行くと、横に川沿いの遊歩道があります。
道を渡って、そこを歩いてみました。

080814-5

大きい公園の方向へ歩いていくと、途中で大きな交差点があり、そこで遊歩道は一旦途切れます。
大通りを元来た方向へ渡って、車の通る道を少し歩いてから、住宅街の道に入って行きました。

途中のおうちが、道に面したところに勝手口があって、そのドアが開いていて、キッチンが見えたのですが、とっても気持ちよさそうなキッチンで、デザインのイメージが湧いてきました。
でも、こういうことって、それぞれのデザインも重要なのですが、一番重要なのは風の通り方や光の入り方なんですよね・・・。同じように設計しても、同じように気持ちよさを演出できないのは、そんな理由です。

080814-6

ずーっと歩いていくと、凛ちゃん公園のある通りに戻ってきました。
さっき素通りした公園にも、入ってみましたよ。

080814-7

いつものことですが、誰もいません。

公園を出て、家の方向へ戻っていくと、途中で黒柴のヤマトちゃんに会いました。
今日はパパさんではなくて、ママさんに連れられていました。そういえば、昨日もヤマトちゃんらしき黒柴を見かけましたが、あの子もやっぱりヤマトちゃんだったのね。ママさんに連れられていたから、よくわからなかったけれど。

その先で、小夏ちゃんに会いました。
兄弟犬のコウちゃんにはワンワン吠えてしまうリュウですが、小夏ちゃんは女の子だからか、自分から進んでご挨拶にいきます。

「おはよう!」
080814-8

小夏ちゃんのパパさんと、しばらく立ち話。
小夏ちゃんのパパさんは雑種犬が大好きなんですって!
身体は比較的丈夫だし、その子その子で特徴があるし、変なところもあったりして、それもかわいいんですって。

そうやって話をしていたら、またヤマトちゃんが戻ってきました。


ヤマトちゃんにだけはプレイバウするリュウですが、今日はちょっと引き気味な感じ。
080814-9

戻ってきちゃったのねー、と言うと、ヤマトちゃんのママさんが「もう、この人が気紛れで・・・」と言っていました。

日が上がってきたので、みなさんと別れて帰路に着きました。

部屋に入ると、すぐに入口脇の床に寝そべるリュウ。
この場所、結構好きみたいで、時々寝そべっています。

080814-10

でも、少しするとクッションに移動していました。

080814-11

今日は海岸オフィスへ行く日なので、その前にやっておきたいことがいろいろあって、バタバタとしていた私を見て、時々こんな風に起き上がっていました。

「まゆさん、いそがしそうですね」
080814-12

そうなの~!バタバタしてて、ごめんね!

気づくと、リュウはまた入口脇の床の上に移動していました。

080814-13

暑くなると移動、という感じ?
時々、リビングの私のすぐ横で寝そべっていたりもします。

しばらくして、またクッションに戻ったリュウ。

今日もまた北島選手が金メダルを取ったので、興奮して手を叩いていたら、リュウがびっくりして起き上がりました。

「な、なにごとですか!」
080814-14

ごめん、ごめん、リュウ汗
ついつい興奮しちゃっていけないわ・・・

眠っていたところを起こされた感いっぱいの、ちょっと寝ぼけた顔をしています。
080814-15

私が出掛ける支度を始めると、リュウはまたしても移動をして、こ~んなところで寝そべっていました。

080814-16

その、椅子の脚に顔をくっつけているのには、何か意味があるの?

いよいよ出掛ける段になり、リュウに留守番をお願い申し上げると・・・

「かしこまりました」
080814-17

と、健気に引き受けてくれました。
いつも、いつも、本当にどうもありがとう。
お留守番させてしまって、ごめんね。

「うん、ちょっぴり淋しいな。でも、ボク、がんばるよ」
080814-18

私も頑張って、できるだけ早く帰ってくるからね!

帰ってきてみてびっくり!
あ~らら、クッションの上のバスタオルが剥ぎ取られてるよ・・・

「ボク、いい子にしていたよ!」
080814-19

うん、いい子にしていたね。
でも、このバスタオルはどうしちゃったの~?(笑)

きっと、穴掘りをするように、引っかいて引っかいて、剥ぎ取っちゃったに違いありません。
やっぱり、ストレスになっているのかなあ・・・

人間と一緒に生活する以上、多かれ少なかれお留守番という事態は訪れるもので、それはもちろんゼロだったら幸せだけれど、ままならないのも現実。
だから、リュウにも我慢してもらわなくちゃならないのだけれど・・・その分、何か別の形で埋め合わせができればいいな・・・とは思っています。
犬のマッサージでも勉強しようかな~。あんまり意味ないでしょうか・・・汗

ともかく、早くお散歩に行こう!

「うん!いこう!」
080814-20

家を出ると、すぐに住宅街コースを歩き始めたリュウなのですが、裏の駐車場で見知らぬ人がバットの素振りをしていました。
確かにうちの車の横のスペースはあいているので、素振りをするには好都合かもしれませんが・・・でも、なぜ知らない人がこんな場所でやっているのでしょう。
車、殴ったりしないよね?
ちょっと不安になって、反対方向へ歩きかけたリュウに声を掛けて、駐車場の前を歩いてみました。
驚いたことに、バイクで来ていましたよ、その人。わざわざ?それとも、通りすがり?
どちらにしても、不思議。う~ん、なんだろうなあ・・・。
帰宅したつよさんにその話をすると、「今、わけのわからんことする人が増えているからな~」なんて言っていました。

商店街を通って、商店街に面した公園でうんぴーを済ませ、住宅街へ入ってぐるりと回って家に戻ってくると、もうさっきの素振り男はいなくなっていて、車も無事でした。は~、よかった!

「ふしぎだったね!」
080814-21

うん。不思議だった。まあ、何事もなかったからいいけど。

つよさん、このところ仕事が忙しく、毎晩遅くに帰ってきます。
今日もようやく帰ってきましたよ。

帰ってくるなり、リュウに捕まっていました。

「つよさん、つよさん~!」
080814-22

「つよさん、おかえりなさーい!」
080814-23

「つよさんって、おいしいな~ラブリィハート
080814-24

上の3枚、是非とも、リュウの舌にご注目ください(笑)

リュウに散々ちゅー攻撃されたつよさん、

すっかりぐったりの様子・・・
080814-25

でも、リュウが満足げだからいいよ!
たぶん、つよさんもそう思ってるよ。ねっ!つよさん!



スポンサーサイト
  1. 2008/08/14(木) 23:39:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。