FC2ブログ

つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年9月13日土曜日 午前~夕方

ジャック・スパロウ・リュウ&似非マッサージ師撃退!

家に帰ってくると、すぐさま納戸な仕事部屋にこもった私を追って、リュウも納戸な仕事部屋にやってきました。

部屋に入ってきたリュウを見ると・・・

口に骨ガムをくわえていました。
080913-44

しばらく納戸な仕事部屋の、私の椅子の後ろで寝そべっていたリュウでしたが、やはりこの部屋は他の部屋に比べると暑いらしく、その後はリビングに引っ込んでいました。

私がリュウの様子を見にいくと、そのたびにキョロリンとした目でこちらを見ます。

080913-45

おやつか何か、期待してる?
でも、お腹を壊したばっかりだから、今日はやめておこうね。

午後になって、またリビングを覗いてみると、こ~んな顔で眠っていました。

「zzz~ zzz~」
080913-46

今日は、溜まっていたこのブログを更新したり、面倒な計算はそっちのけですが、仕事の続きをしたり、家のことをちょっとやったり、リュウのおじやを作ったりしていて、あっという間に夕方になってしまいました。

リュウ!お散歩!

080913-47

一日、寝るしかやることがなく、退屈しきっていたリュウ、ヘラヘラ笑いながら散歩に出掛けました。

「エヘヘ、エヘヘ」
080913-48

家を出たところで、黒ラブちゃんとすれ違いました。

今日はどういうわけか、住宅街コースを選んで歩き出したリュウ。

080913-49

それも、いつものうんぴー場所の原っぱ駐車場や、保育園脇の走る公園の方ではなく、いつもとは違うコースを歩いていました。

080913-50

ポケット広場までやってきました。
このちょっと手前で、家を出たときにすれ違った黒ラブちゃんと、また行き会いました。
どうやら、お互い全く逆回転で住宅街を歩いていたようです。

080913-51

このままだと、普通に家に帰ることになりそうです。
でも、リュウは今朝もうんぴーをしていなかったので、どうにか遊歩道まで連れて行こうと思っていました。

リュウ、凛ちゃんちはどっちかわかる?

「そんなの、かんたん!ほら、こっちだよ!」
080913-52

リュウ、ちゃんと凛ちゃんの家がわかっているようです。
凛ちゃんの家の前を通り過ぎて、いつも遊歩道へ行くときに歩く道を、遊歩道に向かって曲がって少し行くと、向こうからTさんがやってきました。

リュウは大喜びで飛びついてしまいました汗

080913-53

「リュウくん、久し振り~」と、Tさんがいっぱい撫でてくださいました。

080913-54

ニコニコしていたリュウが、更にニッコニコになることが!

080913-55

なんと、後ろから声を掛けられて振り返ると、凛ちゃんがパパさん、ママさんと一緒に歩いてきました。

凛ちゃんのパパさんに撫でられるリュウ。
080913-56

凛ちゃんのママさんは買い物に行くというので、うちまで一緒に歩きました。
リュウはニコニコで家に帰ってきましたよ。

080913-57

家に着いてしばらくすると、つよさんが帰ってきました。
それまでまったりと寝そべっていたリュウは、突然元気に起き上がって、骨ガムをくわえてつよさんをお出迎え。

080913-58

つよさんに、「リュウ、口の中に、何を入れてるんだ?」なんて聞かれていました。

お迎えが済むと、そのままクッションへ来て、骨ガムをかじり始めたリュウ。

080913-59

しばしのあいだ、静かに骨ガムかじりをしていたリュウなのでした。

ところで、つよさんですが、なんとなくその気になって髪を伸ばしていました。
でも、仕事のときに邪魔だからと、バンダナを巻いたり、タオルを被ったりしていたのですが、先日、作業服屋さんでインナーキャップなるものを買ってきました。
ず~っと、どこかで見たことがある感じ・・・と思っていたのですが、今日思い出しました。
映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウ船長の被り物!

その話をしたらつよさんが、「リュウはジャック・スパロウみたいに目の周りにアイラインが入っているから、似合うかも」とわけのわからないことを言い出しました。
そして、リュウが大人しいのをいいことに、「おーい、リュウ、ちょっとこっち来てみろ」と、自分が被っていたインナーキャップを脱いで、「ジャック・スパロウ・リュウ!」とか言いながら、リュウに被せ始めました。

う~ん・・・ジャック・スパロウと言うよりは、ロシア帽子を被る幽霊っていう感じ?
だって~、手も目も「うらめしや~」ってなってるよ汗
080913-60

う~ん・・・ジャック・スパロウと言うよりは、売れない画家っていう感じ?
080913-61

う~ん・・・ジャック・スパロウと言うよりは・・・う~ん、う~ん汗・・・なにこれっ!
080913-62

う~ん・・・ジャック・スパロウと言うよりは・・・当たらない占い師っていう感じ?
080913-63

それにしてもリュウは、最初こそ嫌がって、被らされたキャップを取ろうとしていたのですが、私が「リュウ~、かっこいいな~、すごく似合うよ~、いいよ、いいよ~!」と、撮影のときにモデルをおだてるカメラマンみたいなことを言っていたら、キャップを取るのをやめてお澄まししていて、なかなか笑えました。

さて、つよさんは調子に乗って、今度はリュウをマッサージし始めました。
リュウは、やや警戒モードになっていました。
それと言うのも、つよさんの手つきが傍から見ていても、おぼつかないというか何というか・・・
あんまり気持ちが良さそうじゃないんですね。

「まっさーじなのかな?なんだろう・・・」
080913-64


「な、なにかがちがう!まっさーじじゃない!」
080913-65

「なにをやってるんだろう」
080913-66

つよさんの手つきを見て、確信を持ったらしいリュウ、

「ガウ!」
080913-67

かじる真似で威嚇して、似非マッサージ師を撃退していました。

「まったく、もームカッ
080913-68

リュウ、本当はつよさんの手を思い切りかじりたかったに違いありません・・・
でも、リュウは分別のある犬なので、代わりにボールをかじっていました。

「あ~、くたびれた・・・」
080913-69

どっと疲れが出たのか、一点見つめになってしまったリュウ。

しばらくこのまま、動きませんでした。
080913-70

全く、ストレスが溜まる家だわね!
でも、いいこともあるよ!

「いいこと?」
080913-71

うん。これから3人でお散歩に行こうって言ってるんだけど、どう?

「やった、やった、やったー!ボク、おさんぽにいきたかったんだー♪」
080913-72

今日は結構水分を摂っていたので、寝る前にちょこっとお散歩に行こうと話していたのでした。
リュウは私とふたりでは歩いたことのない道を、どんどん歩いていきました。
つよさんに聞いたら、帰りは通ったことがあるけれど、こちらから行くのは初めてだということでした。
前に、凛ちゃんと一緒に歩いた道だったかな。リュウはさすがに覚えが早いね。

リュウは草があると、行っては匂いを嗅ぎしていて、どうやらうんぴー場所を探しているもよう。
今日は夕方のお散歩のときにも、うんぴーが出なかったものね。

そうこうしていたら、とあるクリーニング屋さんの入口のポーチの上にお尻を突き出してしゃがみこみました。
ぎょえ!こんなところで?
慌てて紙を広げて無事にキャッチ成功。ほっとしました・・・
つよさんが、「間に合わなくて、やむなくここでした、っていう感じだね」と笑っていました。

080913-73

おしっこの方はさほどでもなく、でもうんぴーが出たから、やっぱりお散歩に出てきてよかったね。

お腹がすっきりしたらしいリュウ、ニッコニコで帰ってきました。

080913-74




スポンサーサイト



  1. 2008/09/13(土) 23:35:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年9月13日土曜日 朝

自転車凛ちゃんとお散歩

まゆです。こんにちは。

昨日の夕方のお散歩のときに、凛ちゃんのママさんと、明日の朝は大きい公園へ行こうと話していたので、今日はそのつもりで、出掛けるときからリュウを洗脳していました。

リュウ、おはよう。

080913-1

今日は凛ちゃんとお散歩だよ。大きい公園へ行こうよ!

「凛ちゃんと、おさんぽ?ラブリィハート
080913-2

そうだよ~。嬉しいね~。
大きい公園に行くんだよ!

リュウはちゃんと遊歩道の方に向かって歩いていきました。
そして、凛ちゃんのおうちの前の通りへ曲がっていったリュウ。

080913-3

「凛ちゃ~ん、おさんぽですよ~!」
080913-4

リュウ、凛ちゃんは自転車で行くんだよ。たぶんもう出掛けちゃったよ。
だから、早く大きい公園へ行こうよ!

「うん、わかった!」
080913-5

畑のあいだの道を通って、確実に大きい公園に向かって歩いています。

080913-6

時々突然止まってしまう、大きい公園100メートル手前を無事に突破し、あと少しで公園、というところまで来ました。
ここまで来たら、もう大丈夫。

「だって、凛ちゃんがいるんでしょ?」
080913-7

普段はすぐに原っぱに向かっていくために、通過してしまう入口の木をクンクンしたりして、デート前の緊張をほぐしている?(笑)

080913-8

原っぱの中に入っていきました。
大きい公園に来ても、原っぱに入りたがらないこともあるのですが、今日は順調でした。

080913-9

「凛ちゃん、いる?」
080913-10

いるハズなんだけど・・・う~ん、見当たらないな~。

「どこかに、きっといるですよ」
080913-11

リュウとふたりで、キョロキョロしながら原っぱの中にいると、向こうから凛ちゃんが走っていくる姿が見えました。

リュウ、リュウ!凛ちゃんが来たよ!

リュウを凛ちゃんの方へ引っ張っていこうとしたら、リュウは最初知らないわんこだと思ったらしく、「いやだ~」と踏ん張っていました。
でも、私が「凛ちゃんだよ、凛ちゃん!」と言うので、よく見たらしく、次の瞬間には凛ちゃんの方へ走っていっていました。

「凛ちゃん、おはようー」「おはようー!あたし、じてんしゃできたのよ!」
080913-12

凛ちゃんと会ってからも、マイペースなリュウは気になる木のところへ、クンクンしにいったり、自由気まま。

080913-13

みんなで、なんとな~く、出口の方向へ向かって、お話ししながらゆっくりと歩いていきました。

ぐるりの道の脇に、所々ベンチがあります。
凛ちゃん、その上に乗ると、急にお姫様モードになった様子。

「ここはあたしのばしょ!」「ひ~汗とか 凛ちゃん、こわい・・・」
080913-14

でも、リュウはご機嫌さんのようでした。
だって、ずっとこんな風にニコニコしていましたもの。

080913-15

そこへ、トロイくんがやってきました。
トロイくん、凛ちゃんとリュウの姿を見つけて、遠くからワンワン吠えながらの登場です。

でも、凛ちゃんはトロイくんと仲良しにご挨拶をしていました。

080913-16

リュウは吠えるトロイくんを見た瞬間から固まってしまっていました汗
逃げ腰になりながら、ご挨拶・・・できた?

080913-17

トロイくんのママさんが、「毎日新聞のリュウくんのことが書いてある記事、読んだわよ」と言いました。
サスケくんのママさんが、「これ、あのリュウくんの話によく似ているんだけど・・・」と言って、森絵都さんの「君と一緒に行きよう」の記事、上中下を持ってきてくれたので、それを読んでくださったそうです。
「もう、職場で読みながら、涙が出て困ったわ」とトロイくんのママさん。あの記事で涙が出て困ったのなら、703号室のハハさまのブログを読んだら、きっと号泣しますよね、ね!

このリュウの話なんだもんな~。

080913-18

トロイくんのママさんも、凛ちゃんのママさんも、「ただの話じゃなくて、実際にこの子が、って思うから、余計にね・・・」と話していました。

そんな話をしていたら、リュウが何やら遊びたそうな気配になってきたので、ちょっと失礼して原っぱへ戻ってみました。
「走ろう!」と誘うので、原っぱの中でちょっと走りました。

「わ~い、わ~い、わ~い!」
080913-19

「わ~い、わ~い、わ~い!」
080913-20

走っているときのリュウは、本当にとっても楽しそう。

ひとしきり走って、凛ちゃんがいるベンチに戻ると、リュウがどうしても「う~」と唸ってしまうコウちゃんがやってきました。

ほら~、凛ちゃんはこんなに仲良しだよ。
リュウは凛ちゃんの仲良しさんは、たいてい仲良しになれるのに・・・

080913-21

でも、今日は凛ちゃんがいてくれたお陰か、かなり近くまで寄ったのですが、「う~」と言いませんでした。よしよし!

リュウがまだうんぴーをしていなかったので、遊歩道を通って帰ることにしました。
凛ちゃんの後ろからくっついていきます。

080913-22

でも、途中で凛ちゃんを自転車に乗せることになり、立ち止まって凛ちゃんが自転車に乗るのを見ていました。
大人しく、いい子にしていて、とってもかわいかったですよ。
でも、乗ったあとはもっとラブリーheart0

特に、この後ろ姿が。
080913-23

ふとリュウを見ると、リュウがいつもと違う表情になっていました。
この表情、どこかで見たことがある・・・
そうだ!このあいだの旅行のときに、足柄SAでつよさんが食べていたアメリカンドッグを狙っていたときと、おんなじ顔だ!

080913-24

リュウ、ひょっとして、凛ちゃんのこと、獲物になってる?(笑)

リュウはなんだか不思議そうな顔で、ひとしきり凛ちゃんの乗っている自転車付近をクンクンしていました。

080913-25

「凛ちゃ~ん。そんな高いところで、おひめさまみたいだね・・・」
080913-26

「そお?うふふ・・・」
080913-27

自転車に乗る凛ちゃん、お澄まし顔で本当にお姫様然としていました。

遊歩道をまっすぐ歩いていくと、向こうから胡次郎くんがやってきました。
暑いのが苦手な胡次郎くん、8月の暑い盛りのときよりは、だいぶ涼しげな顔になっていました。
でも、まだごはんは外でなければ食べないのですって。

080913-28

胡次郎くんのママさんとお話ししているあいだ、凛ちゃんは野良猫ちゃんを見つけたらしく、さっそく追いかけにいっていました。

そちらがどうも気になって仕方ないらしいリュウ。

080913-29

「リュウも行ってみる?」と聞いたら、「行く~!」と喜び勇んで尻尾を振るので、胡次郎くんとさよならして、凛ちゃんのいるところへまっしぐらに走っていきました。

柵を潜り抜けて、猫ちゃんがいる塀のふもとへ。

お互いに見つめ合う、猫ちゃんとリュウ。
080913-30

恐れをなした猫ちゃんが、塀の奥の方へ逃げていってしまいました。
頭上には鳩が数羽。小さくて、まだ子供のよう。

さて、また遊歩道に戻って、今度は池のある原っぱの方へ入っていってみました。
気ままに行動している割には、凛ちゃんが気になって仕方ないリュウ。

「凛ちゃんは?」
080913-31

ちょっと移動するたびに

「凛ちゃんは、いる?」
080913-32

凛ちゃんの姿を必ずチェックしていました。

さて、また遊歩道へ戻って歩いていきました。
何となく一緒に歩きながらも、お互いマイペースでいられるというのは、居心地がいいものです。

080913-33

小さい公園にやってきました。
リュウは遊歩道でもうんぴーをしなかったので、小さい公園の草むらはどうかと思って入ってみたのですが・・・

080913-34

ニコニコしながら歩いているだけでした。

そうだ。ジャブジャブ池に行ってみよう!
芦ノ湖に入ったから、ジャブジャブ池も入る気になるかも。

でも、やっぱりダメでした・・・

080913-35

手前で必死に踏ん張っています。

小さい公園を出て、遊歩道へは入らずに道を曲がって凛ちゃんの家の方へ。
でも、リュウが途中の畑のあいだの道を歩くというので、ひょっとしてうんぴー?と思って、そこを歩くことにしました。

080913-36

気ままに、だいぶ歩いてから「あれ?凛ちゃんは?」と振り返ったりして。

080913-37

凛ちゃん、リュウに付き合って遠回りしてくれました。

畑の脇の道路に出て、そこを歩いていると、道の際にこんなかわいいものを発見!

080913-38

みんなの足跡だ~!かわいいなあ。
大きい足跡、小さい足跡、たくさんありました。
みんな、こんな隅っこを歩いているのね。

その道の向こうから、アンディがパパさんとママさんと一緒に歩いてきました。

リュウ、アンディのパパさんに初めて撫でてもらいましたよ。

080913-39

そのお陰か、今日はアンディに唸ることもありませんでした。
今日はコウちゃんにも、アンディにも唸らなくて、いい子だったね!

私がリュウに「アンディは同じところに住んでいるんだから、う~なんて言わないで仲良くしてね」と言うと、アンディのママさんが「男の子同士だものね。アンディも男の子がなんですよ」とおっしゃいました。
まあ、お互いさまではあるけれど、アンディはリュウに唸ったこと、一度もないよね。

凛ちゃんとの分かれ道のところで、またしばし立ち話。
今日は寝そべったりせずに、ちゃんと立ってるね~!

080913-40

と思っていたら、やっぱり座りこみました・・・汗

このリュウのポーズなのですが・・・
リュウは腹這いになるときに、独特なポーズをします。
今日も左前脚が、リュウのお得意ポーズになっています。

080913-41

「はあ~。ボク、たいくつしちゃったなー!!!」
080913-42

はいはい、わかりました。
じゃあ、帰ろう。

凛ちゃんとバイバイすると、一目散に家を目掛けて小走りになったリュウ。

080913-43

嬉しそうにまたまたリードをくわえて走っていました。



  1. 2008/09/13(土) 09:08:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0