FC2ブログ

つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年9月27日土曜日 午前~夜

一緒に過ごす時間の密度・・・みなさまにお尋ね・・・

朝ごはんを待つあいだ、リュウはこんな格好をしていました。

080927-18

ごはんだよ。

080927-19

食べ終わると、お昼寝タイム。

「zzz~、zzz~」
080927-20

今朝もたくさん走ったからか、真剣に眠っています。
でも、おやつの気配を感じると、すぐに起き上がります。

080927-21

今日はカッテージチーズビスケット。ちょうど3枚残っていました。

080927-22

まだ食べる?

「たべるですよ」
080927-23

はい、どうぞ。

「あ~ん♪」
080927-24

来月から新しい仕事が始まるので、今日はその打合せ。
新しい仕事と言っても、1年ほど前に半年間ほどやっていた仕事です。
でも、そのときには、本当にお手伝いという感じでやっていたのですが、今回はどうもそういうことではなく、将来、すべてを任されることになるかもしれない、という責任のある仕事になりそう。
私にそれだけの力があるか不安だし、これからどうなるかわからないけれど、がんばるよ。
そういえば、安井かずみさんも言ってたよ。

ありのままの能力に、加えられるだけの努力をしよう。
私が感じるものを美しいと思い、そう感じられる感性をもっと豊かにしていこう。
私が愛するものを愛し、もっと愛せる心を広げよう。
読み、見聞したことから、私が理解出来ることを取り入れ、もっと理解を深めよう、もっと読みもし見聞もしようと。

(安井かずみ著・女の素敵な生き方の選択・大和出版より)

「むずかしくて、よくわかんないけど、がんばるんだね」
080927-25

うん。やるからにはね。
リュウにも、今までより少し淋しい思いをさせてしまうかもしれないけれど・・・
でも、その分、もっと幸せな時間を増やすようにがんばるからね。
今までと、生活も少し変わるかもしれないけれど・・・
でも、私がリュウのことを大好きで、愛していて、大事だと思う気持ちは、全然変わらないし、たぶん、もっともっと、そういう気持ちが大きくなると思うの。だから、安心して。できる限りのことはするからね。

「うん。わかったよ。いってらっしゃい」
080927-26

7月の終わりごろにこのお仕事の話をいただいて、当初はリュウのこともあるし、私自身もリハビリが必要だし、週に1日の勤務ということで話がついていたのですが、今いるスタッフの方のいろいろな事情があって、その後、どうやらもっと勤務しなければならないという話になっていました。

先日、私が大泣きしてしまったのは、このことが原因でした。リュウにいっぱいお留守番をさせなければならなくなるかもしれない。もし、将来的にそういうことになったとしても、できれば徐々にお留守番を増やして、というやり方をしたかったのに、こんなに突然に!リュウは大丈夫かしら・・・そう思うと、泣けて泣けて、今、これを書いていても涙が出るくらいなのですが・・・それで、リュウを抱きしめて、「リュウはいっぱいお留守番できる?」と言いながら、ワアワア大泣きしたというのが、あの日の本当のところでした。

今日は来月のスケジュールを組みに伺ったのですが、おひとり、仕事を助けてくださる方が見つかったということで、私の出番は週に1日~2日のあいだに何とか納まりました。それでも、リュウのお留守番が増えることには代わりはありませんが。
リュウが喜ぶことをもっと考えて、一緒にいる時間を密度の濃いものにしよう!
どうしたらいいかしら・・・どうしたらいいでしょう?
何か、いいご意見のある方、もしよろしかったらご教示いただけませんか?

帰りの電車で、ハーゲンダッツの新商品の広告を見ていたら、急に食べたくなって、途中のコンビニに寄りました。つよさんだけでなく、私も相当コマーシャルにやられていますね汗
でも、まあ、いいんです。幸せって、私にとっては、そんなささやかなところにあったりするので。
コンビニで、ビールを買いにきていたつよさんとバッタリ。

そんなわけでふたりで揃って帰宅すると・・・

リュウが大喜びで出迎えてくれました。

080927-27

耳がすっかり下がっちゃってますね~。
凛ちゃんのママさんが、前に載せた写真をご覧になって、この顔がかわいいって言ってくださったのですが、改めて見ると、確かにかわいい。あ、親バカ発言、すみません。でも、あのいつもピン!と立っている耳が、どうしたらこうなっちゃうの?不思議です。

リュウは、つよさんが買ってきたものに興味津々です。

080927-28

さて、リビングに入っていくと・・・
ゲゲゲッ!

080927-29

リュウくん、すっかり寛いでいらっしゃいますが、なんかバスタオルがすごいことになってません?

「そうですかね?」
080927-30

「お留守番させられて、ヤケクソになってやったの?」と聞いたら、顔をしきりとペロペロしていましたよ・・・涙
ほんとにそ~ゆ~こと?だったら考えちゃうな・・・

私が食事を作るあいだに、つよさんがリュウのお散歩を引き受けてくれました。
リュウ、楽しそうに出て行ったのですが・・・

080927-31

ものの5分で帰ってきてしまいました。一体、どうしたの?
つよさんが「キミがまたどこかへ行っちゃうと思って、慌てて帰るって言うんだよ」と言うので、「どうしてそんなことがわかるの?」と聞いたら、「だって、いつもしないようなところで、おしっこジャアジャアして、それですぐ帰るって言うからさ」と。
あらら・・・
リュウ~!!!

リュウはそんな会話にはお構いなしの様子で、ボールを物色しにいって、でも手ぶらでクッションに戻ってきました。

080927-32

そして、転がしてあった骨ガムをかじり始めました。

080927-33

食事のあと、リュウはつよさんが食べていたするめイカが気になって仕方ない様子でした。
匂いだけ、舐めさせてもらっていました。

080927-34

でも、しつこくつきまとって離れません。

この後ろ姿、なかなかかわいいと思うのですが・・・

080927-35

横から見ると、やっぱり変なお座りに見えるな・・・

080927-36

リュウは真剣な眼差しをつよさんに向けていました。

080927-37

このあと、どうなるかと言うと・・・





すごい詰め寄り方です。
それから、こんな訴えが始まります。





でも、こんなに詰め寄っても訴えても、結局何ももらえないので、そのうちお座りはやめて、寝そべったはいいのですが・・・
やっぱり脚が変!

080927-38

反対側から見ると、こんな感じ。
これで寛げるの?

080927-39

リュウはこのあと、つよさんにもう一度お散歩に連れ出してもらったようでした。
今度は遊歩道へ行って、ちゃんとうんぴーをしてきたそうです。朝もしていなかったから、これでようやくお腹スッキリだね。

リュウと一緒に過ごす時間を、何とか工夫して、もっといい時間にしたいと思う私なのでした。





スポンサーサイト



  1. 2008/09/27(土) 23:38:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年9月27日土曜日 朝

ふたりドッグラン公園

まゆです。こんにちは。

さあさあ、お散歩に行きましょう!

「ボク、ずっと待ってたですよ」
080927-1

そうだよね。リュウは早起きだもんね。

「きょうは凛ちゃんちにいくですよ」
080927-2

今日は、っていつも行ってる気がするけど・・・
でも、いいよ、いいよ~。凛ちゃんがいたらいいね。

「やったー!」
080927-3

凛ちゃんの窓から、私たちの気配がわかったようで、凛ちゃんのママさんが顔を出していました。

080927-4

待ってて。今来るって。

080927-5

凛ちゃんが出てくると、尻尾の振りもすごいですが、鼻を鳴らす音も一段と大きくなりました。

080927-6

今日はいつもとは全然違う方向へ歩き出した凛ちゃん。ポケット広場の方へ向かっています。
さて、今日はどこへ行くのかな?凛ちゃんについていくと、新しい発見があって楽しいよね。

080927-7

リュウがうんぴー指定場所にしている原っぱ駐車場は、凛ちゃんもうんぴーをする場所のようです。
凛ちゃんはここで用を済ませたのですが、リュウはウロウロ歩いているだけでした。

080927-8

さて、このあとが大冒険でした。
民家のあいだの、細~い路地に入ってどんどんいくと、右手に大きなグラウンドが見えてきました。
ここ、誰でも入れる場所なんですって!知らなかった!

入口は4隅に4箇所あるのですが、正面からそのまま入る感じではなく、ちょっとLの字に曲がって入っていく感じ。ここ、そのまま扉をつけたらドッグランになりそう!

080927-9

さっそく長いリードに交換します。

080927-10

リュウはまだ他の犬と遊ぶことを知らないようなので、凛ちゃんと追いかけっこをする発想がないみたい。仕方ないのでテニスボールを出して投げると、いつものようにそれを追いかけていきました。

080927-11

凛ちゃんのママさんが、更に長くできるように、延長用のリードを貸してくださいました。
リュウ、伸び伸びと走り回って楽しそう!





凛ちゃんも、ママさんから凛ちゃんサイズのボールを出してもらって、追いかけて遊んでいました。
ご覧の通り、ここの広場は広いので、リュウが走っていたスペースと、凛ちゃんが走っていたスペースは重ならずにいたのですが、たまたまリュウが凛ちゃんの近くまで行ったときに、凛ちゃんのスイッチが入ってしまいました。

「あたしの、あたしの~。このボール、あたしのだからっ!」
080927-12

凛ちゃん・・・いつものかわいいお顔と違う・・・汗
大丈夫、リュウは凛ちゃんのボールじゃ小さすぎるし、リュウは自分のボールがあるから、取ったりしないよ。

「ボク、てにすぼーるがすきなんだ」
080927-13

でも、もう自分のボールを守ることで頭がいっぱいになってしまった凛ちゃんには、何も聞こえないようでした。
リュウが近寄ってこないように、凛ちゃんがワンワン吠えるので、リュウはそのたびに逃げていました。





飼い主は・・・凛ちゃんが吠えると、それに反応してリュウが走るので、おかしくって面白くって、ほったらかし。がはは。ひどい飼い主です。

りゅう、お陰でいっぱい走ることができました!

「これいじょう、そっちにいきたくないよ・・・」
080927-14

凛ちゃんのママさんと話をしているあいだ、リュウは私の後ろに隠れていました。

080927-15

本当に、リュウと凛ちゃんって面白いコンビね!

「そうかな・・・ボクはいつでもしんけんなんだけど」
080927-16

真剣だから面白いのよね!
でも、あの広場は走るのにいいね!
また走りに行こうね!

凛ちゃんに家の前まで送ってもらいました。
やっぱり凛ちゃんと一緒だと、新しい発見や楽しい展開があるのよね。

「ちょっとこわいときもあるけど」
080927-17

それでもまた、明日になったら、「凛ちゃんを迎えに行く!」と言うに決まっているリュウなのでした。




  1. 2008/09/27(土) 09:08:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0