つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年10月27日月曜日 午前~夜

お疲れ?

お散歩から帰ってきたリュウは、その足でつよさんが寝ている部屋へ行ったようです。
どれどれ、何をしているのか、覗いてみましょう。

081027-27

あらら。寝ているつよさんに、拉致されていますね~。
でも、それは不本意でもないらしく、しばらくのあいだ、つよさんと一緒に過ごしていました。

私がリュウの朝ごはんを作り始めると、その匂いにつられてか、リビングのクッションの上に移動して、そこで待機していましたが・・・

081027-28

ごはんを食べ終えると、またつよさんのいた寝床に戻っていました。
拉致は全然嫌じゃないってことね。

081027-29

私が郵便局へ行って、そのついでに買物もしてこようと家を出る頃には、つよさんもすっかり起き上がって、キッチンで何かガタガタとやっていました。
リュウもリビングのクッションへ来ていました。

081027-30

買物から帰ってくると、テーブルには朝ごはんが並んでいました。
まあ、この時間ですから、ブランチといったところでしょうか。
リュウも香りに吸い寄せられていました。

081027-31

リュウが欲しがっていた私たちのブランチメニューは、こんな。

081027-32

まあ、簡単なコンチネンタルブレックファーストっていう感じ。
でも、トーストにパセリが振りかけてあったのには驚きました。

今日も夜の仕事のつよさん、もうひと寝入りすると言って、寝室へ入っていきました。
リュウも当然のようについていきました。

081027-33

午後になって、リュウは寝室を出てリビングのクッションに移動してきました。

081027-34

そろそろおやつの時間かな。

私がゴソゴソとおやつの用意をしていたら、ムックリ起き上がりましたよ。

081027-35

そろそろリュウをシャンプーしないと・・・と思いながら、もう何日も経ってしまっています。
時々、かゆいらしくて後ろ足で身体を掻いています。

081027-36

変な目!
身体を掻くときは、いつもこんな顔をするリュウ。

ちょっぴり嬉しそうに、キョロリンとこちらを見ました。

081027-37

はい、おやつ、欲しい人~?

「はーい!」
081027-38

今日はベジタinガムのほうれん草と煮干だよん。
リュウはすぐにガムをくわえて、クッションの上でかじり始めました。

081027-39

まあ、こんなちょっぴりのおやつですから、一瞬で食べ終えていました。

リュウのおやつタイムに、つよさんと私もプリンを食べました。
食べ終えると、つよさんとリュウがボール遊びを始めたのですが、私は仕事があったので、ひとり納戸な仕事部屋へ。

さて、今日は少し早めにお散歩に出掛けることにしました。
リュウは、お散歩と言ったら、ウ~、ウ~、と唸りながら、しきりとリードをかじろうとしていました。

081027-40

玄関を出て、外廊下でもリードをくわえながら歩いています。
そんなにこの時間を待っていたのね。

081027-41

行った場所は代わり映えのない遊歩道脇の草むら。

081027-42

でも、今日はちょっと趣向を変えて、草むらのブッシュの向こうのスペースに入ってみました。
低木と低木の切れ目から、向こうに行かれるようになっていて、そちらもちょっとしたスペースがあるんです。

081027-43

朝は全然走らなかったから、今度は走るかと思って誘ってみたのですが、やっぱりほとんど走りませんでした。
早々に草むらも出てしまいました。

081027-44

遊歩道を歩いていると、ちょっと嬉しそうにリードをくわえたので、小走りになってみたら、リュウも小走りになっていました。

081027-45

しかも、家の方向へ向かって歩き出してしまいました。
あんなにさっき大喜びで出てきたばかりなのに。
それじゃあ、ワンタくん公園へ行こうか。

「いいです~。ボク、おうちかえるです~」
081027-46

えっ?本当に?
たったこれっぽっちのお散歩でいいの?
え~~~!

何だかわかりませんでしたが、帰るというのでそのまま帰ってきました。
ほんの30分程度のお散歩だよ・・・いいのか?
しかも、うんぴーしませんでした。

リュウはそんなことにはお構いないようで、納戸な仕事部屋で、私の足元のクッションの上ですやすやと寝てしまいました。リュウ、お疲れかな・・・
ウールを身に纏うリュウには必要ないようなものだけれど・・・なんとなく、かけてあげたくなっちゃうのよね、っていうことで、バスタオルをかけてあげました。

081027-47

しばらくすると、向きが変わっていてこんな風になっていました。

081027-48

つよさん並の寝相の悪さだわ・・・

今日はリュウとたったふたり。
本当に静かな夜を過ごしました。





スポンサーサイト
  1. 2008/10/27(月) 23:05:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年10月27日月曜日 朝

ちょっとずつ、ちょっとずつ

まゆです。こんにちは。

夕べ、私が寝ようと思ったら、やはりリュウに寝場所を取られていました。
こんな感じで寝ていたリュウでしたが・・・

081027-1

朝起きたら、私の足元で、じっとこちらを見ていました。

081027-2

お散歩に行く支度をしていたら、ちゃっかりまた私のいた場所に移動していましたが。

081027-3

さあ、お散歩に行こう!

081027-4

今日も遊歩道に向かって歩いていきました。

081027-5

遊歩道のちょっと手前で、遊歩道から出てきたペキニーズのロンちゃんに会いました。
今日はパパさんも一緒でした。

ロンちゃんはまだ1歳にならない子なので、遊びたくて遊びたくて、すぐに「遊ぼう~!」とおねだりに来るので、ただですら犬見知りの激しいリュウにとっては、ちょっぴり苦手だったようなのですが、今日はちゃんとロンちゃんに挨拶をしていました。

081027-7

しかも!
今まではちょっぴり離れた場所で、ただただ静観していただけだったのに、今日は「遊ぼう~!」と立ち上がったロンちゃんが、リュウの背中に手を置くのを、そのまま受け入れていました。

081027-6

これには、びっくり!
いつもなら、こうなる前に逃げるのに。
昨日といい、今日といい、リュウ、すごいね~。
少しずつみんなに慣れてきて、少しずつリュウも心を開いてきているのかな。
ちょっとずつ、ちょっとずつね。

ロンちゃんと別れて、遊歩道に入りました。

081027-8

ロンちゃんのママさんが「今日は淋しい草むらですよ」と言っていましたが、本当に誰もいませんでした。

081027-9

リュウはしばらく草をクンクン嗅いで、すぐにまた草むらから遊歩道へ出てしまいました。

081027-10

遊歩道から小さい公園の方へ歩いていくと、向こうからコウちゃんがやってきました。

081027-11

でも、今日はお互いに挨拶をするだけ。
全然遊ぼうとはしませんでした。
なのに、名残惜しそうに、コウちゃんの後ろ姿を見送るリュウ。

081027-12

今日は何となくリュウのノリが悪い感じ。さっきも草むらで「走ろうか!」と誘ったけれど、全く乗ってこなかったんです。
昨日の疲れが出ちゃってるのかな?

小さい公園の入口で、シュナちゃんに会いました。
シュナちゃんとも、普段はあまりご挨拶をしないリュウなのですが、今日はちゃんとしていました。

081027-13

小さい公園の丘の草むらへ行きました。
でも、草の匂いを嗅ぐでもなく、何をするでもなく、ちょっとボーっとしていたリュウ。

081027-14

下の道には、シュナちゃんに続いて、シーズーのチャッピーがやってきました。
チャッピーに会うのは久しぶりだね!

リュウは何となくというように、丘から下の道に下りていって、みんなのいる場所へ集いました。

3人、繋がってる(笑)
081027-15

チャッピーが行ってしまったあと、シュナちゃんとふたりになりました。
シュナちゃんは道に落ちていた小枝を拾ってくわえていたのですが、それを見て、シュナちゃんのお父さんが「お前、もう枝をくわえるのは、卒業したと思ってたんだけど」と言いました。子犬の頃には、よく枝をくわえたり、その枝をかじったりしていたけれど、最近はめっきりやらなくなっていたのだそうです。
枝をくわえているシュナちゃん、とってもかわいかったよ!

081027-16

そこへ、お散歩のおばさまが通りかかりました。
両手に何か持っているのを、シュナちゃんのお父さんが「それは何?」と聞きました。
「これね、カリン。公園に落ちてたのを拾ってきたの」
「ずいぶん大きいカリンだね。うちにもカリンの木があるけど、大きくても、そっちのくらいかな」と、シュナちゃんのお父さんが小さい方のカリンを指差して言いました。
「大きいわよね。これ、玄関に置くと、と~ってもいい匂いになるのよ」とおばさまが、にっこりしながら言いました。そして、「いい匂い、する?」と言って、上を向いてクンクンしていたリュウに嗅がせてくれました。

081027-17

カリンか・・・
家の庭に実のなる木があるのって、いいな・・・

ゆっくりと小さい公園をあとにして、また遊歩道の方へ向かいました。

081027-18

そして、再び草むらへ。
081027-19

草むらの端っこでウロウロしていると、反対の端っこの方で見覚えのある子が歩いているのが見えました。
あれ?ワンタくんじゃない?

ワンタくんでした。

081027-20

ワンタくんのお母さんが、リュウとワンタくんが似ているから、並んだ写真が欲しいと言うので、一緒に並べて写真を撮ってみましたが、ふたりがなかなかちゃんと並んでくれず、並んでも、どちらかがそっぽを向いたりしていて、撮影に手間取ってしまいました。
よく見ると、ワンタくんは顔の白いところだけでなく、脚の部分の白いところや斑の入り方、それから、尻尾の先だけ白いところなど、似ている部分がたくさんありました。
ワンタくんのお父さんに、リュウと並んだ写真を見せたいのですって!

081027-21

ちょっとだけ走ろうか、と草むらを走り始めました。

081027-22

走っている途中で、私が立ち止まってリュウに向き合うようにして「ガウ~」と言うと、リュウも「ガウ~」と返してくるのですが、それを見ていたワンタくんが、リュウと遊びたくなったらしく、乱入してきました。

081027-23

そのままの勢いで、ワンタくんと遊ぶかな?と思ったのだけれど、リュウは突然憑き物が落ちたみたいにスーッと普通になってしまって、ワンタくんとは遊びませんでした。
残念だけど・・・ちょっとずつね。
ワンタくんとは初対面のときからご挨拶ができたし、きっといつかコウちゃんのように遊べるようになる気がしています。

いつの間にか、小次郎くんが来ていました。
それから、名前はわからないけれど、よく行き会うラブを2頭連れた男性も来ていました。
小次郎くんがラブちゃんと最初じゃれていたのですが、そのうち、ワンタくんとプロレスを始めました。

081027-24

リュウが、もう帰る・・・と言うので、みなさんにさようならをして草むらを後にしたのですが、リュウはみんなが遊んでいる方を振り返っては見ていました。

081027-25

リュウも、みんなと遊びたいのね。
でも、何かそうできないものが心の中にあるのね。

私も今でこそ大人になって(というか、おばさんになって?)誰とでも話ができるようになりましたが、子供の頃は人見知りが激しくて、自分から人に話しかけることが全くできませんでした。
だから、リュウの気持ちは何となくわかる気がします。
実を言うと、今でも初対面の方に自分から話しかけるのは、とっても苦手な私なのですが。(でも、誰も信じてくれません・・・苦笑)

081027-26

リュウ!
リュウはちょっとずつ、ちょっとずつ、いろいろを克服しているように見えるよ。
だから、今のままで大丈夫。
ちょっとずつ、自分のペースでいいから。
そしていつか、やりたいことが全部、すんなりと何の躊躇もなく、できるようになるといいね!





  1. 2008/10/27(月) 08:26:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。