つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年11月8日土曜日 午前~夜

「ボク」「ボク」なリュウ

朝ごはんまでの時間、リュウはリビングのクッションの上で待機していました。

081108-24

ごはんを食べ終えると、すぐに納戸な仕事部屋にやってきました。
今日は一日本格的に寝る態勢のリュウ。
眠りながらも時々、尻尾をパタパタ振ったりしていたので、きっと夢を見ていたのでしょう。

081108-25

お昼過ぎに一旦起きておやつを食べました。
低アレルゲントリーツ1個、煮干を少し、それからベジタinガムのほうれん草を2本。

食べると、またすぐに眠ってしまいました。

「zzz~」
081108-26

このところ、主に仕事の面でいろいろな変化があり、自分自身の気持ちや、これからのことを考えてていました。
私はもともと欲張りで、やりたいことがたくさんあるのですが、だからといって、何かきちんとできているものはあるかしら。なんとなくいつも周辺がざわついていのはなぜかしら。そんなことも、しばらくずっと考えていました。
納戸な仕事部屋だって、納戸とはいえ、もっと片付けられるはず。
身の回りが片付かないのは、私の欲張りのせいで、欲張りなのは自分の軸が定まらないからだと気づいて、仕事もものも、思い切って全て整理しようと思い立ちました。
と考えていたら、パソコンがデータでいっぱいになっているという警告が。
リュウの写真が1枚も保存できないほどの状態でした。
そんなわけで、今日はパソコンのデータ整理にかかりきりになっていました。

データの整理を始めると、時間の経つのはあっという間。
驚くほどの速さで、もうお散歩の時間です。

081108-27

いつもより、少し遅れての出発になってしまったし、今日は朝からお天気がいまひとつだったので、外は既に薄暗くなっていました。

081108-28

暗いせいか、遊歩道ではなくて住宅街を歩き出したリュウ。
住宅街コースのときには、たいてい立ち寄る教会横の公園には、まだ子供たちがたくさん遊んでいました。
リュウは中に入りたがったのですが、リュウに「ひとりドッグラン公園へ行って、あそこで走ろうよ」と誘いました。

ひとりドッグラン公園へ行く途中、原っぱ駐車場に立ち寄りました。
うんぴーをするかな?と思ったのですが、全然その気配はなく、なぜだかそこで座り込んでしまいました。

081108-29

動かないときは、たいてい走りたいとき。
「走る?」と聞いたら、案の定笑顔で走り出しました。

081108-30

そのまま原っぱ駐車場を出て、道を小走りに走りながらひとりドッグラン公園へ向かいました。
ひとりドッグラン公園では、子供たちが野球をやって遊んでいたのですが、ちょうど終わって帰り支度を始めたところでした。

グラウンドの半分があいていたので、そちらで少し走っていたのですが、そのうちみんな帰ってしまうと、グラウンドをぐるぐると何周も回りました。

081108-31

リュウはいつものように、リードをくわえようと躍起になりながら走っていました。
そして、自分から出口の方へ向かっていきました。

081108-32

商店街を通って帰ろうと、そちらの方へ歩いていくと、向こうから焼き芋の車がやってきました。
リュウは最初の角で突然曲がったのですが、お魚屋さんへ寄りたかったので、リュウを引き戻しました。
でも、「ボク、やだー!」と言っています。
ひょっとして、焼き芋の車が怖いのかしら?
「大丈夫、大丈夫」と言いながら、焼き芋の車をやり過ごすと、リュウは普通に歩き始めました。

な~んだ。やっぱり。

「焼き芋~」の声が大きくて怖かったのか、赤い提灯が怖かったのか、何だかよくわかりませんでしたが、とにかくリュウは焼き芋の車が怖いようです。

お魚屋さんで買物をして、商店街を通って家に向かいました。

081108-33

玄関の前の道ではなく、裏の駐車場の道を曲がると、向こうからつよさんがバイクに乗って帰ってきて、駐車場に入るのが見えました。
リュウと私には全然気づいていない様子。
そ~っと近寄っていって、リュウが飛びついたらびっくりしていました。

「つよさん、おかえりです~」
081108-34

3人で家に戻りました。
ふとリュウを見ると、ソファの上でこんな格好に。
助けを求めているみたいです。

081108-35

下から見ると、こんなですよ。

081108-36

この図は結構笑えますね。

つよさんがソファの横に座ると、リュウは一気に甘えん坊モードになったようです。

081108-37

リュウの甘えん坊はごはんのときにも続いていました。

081108-38

これ、おねだりをしているようですが、食べ物をねだっているわけではありません。
遊んで欲しいのか、なんとか気を引こうとして、おもちゃを出してきたり、いろいろやった挙句です。
「ボク」「ボク、ボク~」ってなっているようです。

ごはんを食べ終えたので、まずはガウガウ遊びをしてみました。





次に、つよさんが犬ボールで遊んでくれました。

081108-39

途中で私も仲間に加わって、犬ボールを和室へ投げ入れたら、うまいことに洗濯物干に乗ってしまいました。
リュウ、消えたボールを探して、いつもはいかないような、物干の裏側まで入り込んでいました。

リュウく~ん、そこじゃないよお~!

081108-40

どうやら、ようやく気づいた様子。
でも、犬ボールを凝視したまま、じっとして動きません。

081108-41

どうしたものかと、考えあぐねている様子。

081108-43

遂に助けを求める目をこちらに向けました。

081108-42

リュウを抱っこして、鼻先にボールがくるようにしてあげのですが、抱っこされた時点で固まってしまったらしく、全然くわえようともしませんでした。
仕方ないので放り投げてやると、「この部屋にいたら、キケン!抱っこされる!」とばかりに、犬ボールをくわえて、ダッシュでリビングへ逃げ込んでしまいました。

081108-44

私は途中で納戸な仕事部屋へ引きこもったのですが、気づいたら家の中が妙にシーンとしています。
リビングに出てみたら、誰もいません。
リードとお散歩バッグもなくなっています。
どうやら、つよさんがリュウをお散歩に連れ出したようです。

しばらく経って、ふたりが帰ってきました。
大きい通りまで行って、ぐるっと回って帰ってきたそう。

081108-45

「うんぴーはした?」と聞いたら「しない」という返事。
「なんなんだか、わかんないんだよなー。行きたいっていうから行ったんだけど」とつよさん。
「行きたいって、どんな感じだったの?」と聞いたら、目で訴えていたんだそうです。

リュウは眠そうにあくびをしていました。

081108-46

つよさんもそろそろ寝るようです。

リュウも一緒にお布団に入ったら?

手招きしたら、素直についてきました。
そして、今日はちゃんと顔をお布団から出していましたよ。

081108-47

甘えん坊さんのリュウ。
今日は「ボク、ボク」ってなってたね。
でも、そんなリュウも大好きだよ!





スポンサーサイト
  1. 2008/11/08(土) 23:54:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年11月8日土曜日 朝

お散歩秋便り

まゆです。こんにちは。

今朝はお散歩に行くと言ったら、伸びを5回もしたリュウです。

081108-1

今日は遊歩道の方へ行くのね。

081108-2

タクシー会社の脇を通っていたら、おじさんに「リュウ!」と声を掛けられました。
このおじさんも、リュウの名前を覚えてくれたようです。嬉しいね。

081108-3

でも、なぜか素っ気無いリュウ。
「おっかしいな~。なんでシマちゃんだと、犬の方から寄っていくんだろう」と、今日も不思議そうなおじさん。

遊歩道に向かって、更に進んでいきました。
遊歩道の入口でクンクンするリュウ。

081108-4

ふと足元を見ると、グレーのタイルに儚い色の落ち葉が、とても綺麗。

081108-5

今日のリュウは遊歩道脇の草むらへは、入ろうとしませんでした。

081108-6

遊歩道の反対側から来たわんこが、草むらの中に入っていくのを、じ~っと見ていました。
お友達になりたかったのかな?

081108-7

遊歩道を出たところで、郵便局通りを歩いているコウちゃんを遠くに見つけました。
「あれ、コウちゃんじゃない?」と言っていたら、コウちゃんのお父さんが手を振ってくれました。
コウちゃんの方へ歩いていってこんにちは。

081108-8

コウちゃんはリュウを誘うように、くるっ、くるっと回っていたのですが、今日のリュウは全然遊びモードになりませんでした。
コウちゃん、気まぐれでごめんね汗

郵便局通りを戻って、小さい公園に行きました。
小さい公園の丘の草むらにも入ろうとしないリュウ。

081108-9

そのままどんどんまっすぐ、遊歩道の続きを歩いていきました。

081108-10

落ち葉を溜めていた堆肥場がさらわれていて、今年の落ち葉を入れる準備がされていました。
堆肥場の周りも、お掃除されたようで、なんとなくこざっぱりしていました。

081108-11

リュウは落ち葉が積もった上でうんぴーをしました。
落ち葉がカサコソと音をたてます。

さて、池のある原っぱまで来ると、リュウはここで走ろうと言い出しました。

081108-12

でも、ここはとっても走りにくい場所。
リュウ、大きい公園へ行って走ろうよ。

でも、今走りたいというので、走りながら大きい公園へ行くように、遊歩道の方へ戻っていきました。

081108-13

木の根元に大きなキノコを見つけました。
毒キノコかもしれないから、食べないでね。

081108-14

あと少しで大きい公園です。

081108-15

夏のあいだは、ここまで歩いてくるのが、暑くて嫌だったのかな。
寒くなってきて、大きい公園へ来る頻度が増えました。

081108-16

リュウは原っぱに入ると、私が「走ろうか」と言うか言わないうちに、パッカパッカと走り始めました。

081108-17

でも、思い切りグルグルと走り回ろうとすると、突然止まって地面の匂いを嗅ぎだしました。

081108-18

でも、走りたい気持ちはあるらしく、また誘ったら走り出しました。

081108-20

なのに、またまた地面の匂いをクンクン。
今日はずっとこんな調子でした。

081108-19

まあいいや。
秋の匂いでも満喫してください。

公園の落ち葉は葉っぱの緑と響きあって、さっきの儚げな落ち葉とは、また違う趣があります。

081108-21

リュウは公園にいるあいだ中、匂いばかりを嗅いでいました。

081108-22

いつものようにお寺の脇を通って帰りました。

途中の小さな公園も、入口だけちょこっと立ち寄りましたよ。

081108-23

朝のお散歩も秋いっぱい。
リュウがうちに来てくれたお陰で、季節を楽しむ時間が増えました。




  1. 2008/11/08(土) 08:24:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。