つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年11月11日水曜日 午前~夜

ボクのあだ名は・・・

家に帰ってくると、クッションの前でお公家さんになっていたリュウ。
扇子代わりの尻尾の陰から、そ~っとこちらを覗き見しています。
リュウのあだ名は「お公家犬」もしくは「お公家くん」に決定です。

081111-28

ごはんだよ、と言うと、必ずソファの上で伸びをしてから降りてきます。

081111-29

ごはんのあと、ちょっと犬ボールで遊びました。
でも、相手が私だとあまり面白くないらしく、すぐに終了・・・涙

081111-30

お昼前に保険の事務手続きのことで、いつもお願いしているNさんがいらっしゃいました。
前回はうちに来て割合すぐの頃で、そのせいかワンワン吠えてしまったリュウでしたが、今日は吠えることもなく、逆に自分からこうしてご挨拶に行っていました。

081111-31

ご挨拶が済むと、またソファの上でお公家犬に。

081111-32

Nさんが帰ってしまうと、納戸な仕事部屋にこもっていた私の傍へやってきました。
リュウにナチュラルジャーキーほっけというのを2本あげたのですが・・・

気づいたら、オイルヒーターと椅子の隙間から、顔を突っ込んで私を凝視していました。

081111-33

それはいかにも熱いでしょう。熱くない?

「それより、おやつです」
081111-34

う・・・また2本残っているのが、ひょっとしてバレてたか。
まあ、全部あげようと思っていたからよいのだが。

081111-35

1本あげて仕事に集中していたら、今度はオイルヒーターを引っ掻く音がしました。

見ると、リュウはこんなお澄まし顔ながら、訴える目でこちらを見上げています。

081111-36

今、オイルヒーターにお手したでしょ(笑)

残っていた1本をあげました。

081111-37

「はい、これでおしまい」と言ったのですが・・・
少しすると、またしてもオイルヒーターを引っ掻く音が。

見ると、同じくお澄まししながらも訴える目のリュウ。

081111-38

もうないよ。
ほら、ないでしょ。

空っぽになった袋を見せたら、せめても、という感じでその袋をペロペロと舐めていました。

081111-39

そして、もうないことがわかったらしく、諦めたように寝てしまいました。

081111-40

なにも、背中を向けなくても・・・涙

夕方になったので、お散歩に出掛けることに。

081111-41

今日は郵便局通りの方から、遊歩道へ向かうつもりのようです。

081111-42

すると、その道の途中でシュナちゃんに会いました。
朝はしょっちゅう会うけれど、夕方会うのは珍しいよね。
ひょっとして、初めてかもしれません。

081111-43

シュナちゃんは小枝をくわえていたのですが、そのうち、バリバリとかじり始めました。
シュナちゃんのおとうさんは「あれ?食べてるの?」な~んて、至って暢気そう。
「今日はもう、野球も終わっちゃったしな~。帰ったら、相撲しかないんだな」なんておっしゃっていました。

リュウはシュナちゃんと普通にご挨拶する日もあれば、今日のように、ちょっと逃げ腰の日もあります。
気まぐれでごめんね汗

081111-44

シュナちゃんと別れて、遊歩道ではなく、小さい公園へ行きました。
すぐに池の縁のデッキまで下りて行ったリュウ。
最近、ここに下りるのが好きなようです。

081111-45

水面を落ち葉が覆い尽くしていて、おっちょこちょいな私は地面と間違えて落っこちそうです。
気をつけなければ。

081111-46

デッキから上がって、今度は丘の草むらへ行くと、アメリちゃんが上ってきました。
アメリちゃんとは道の端と端ですれ違ったり、抱っこされていたりということが多く、近くで写真を撮ったことはありません。今日が初めてかな・・・
でも、アメリちゃんが向こうを向いちゃっていますね汗
ちょっと残念・・・

081111-47

丘の草むらでうんぴーをして、今度は遊歩道脇の草むらへ行きました。

081111-48

もう、あたりがすっかり薄暗くなってしまって、いつも撮っているモードでは被写体ブレがひどくて仕方がないので、ストロボを使うモードに替えましたが・・・これも背景の方まで明るくするモードなので、やはり被写体ブレしてますね。

草むらで走ってから帰りました。

081111-49

リュウが凛ちゃんの家の方から帰るというので、凛ちゃん通りを歩いたのですが、今日はもう暗いからか、窓辺に凛ちゃんはいませんでした。
リュウがくうんと鼻を鳴らしましたが・・・聞こえなかったみたいね。
それとも、お散歩に出掛けてしまってお留守かな。きっとそうだよ。残念だったね。

081111-50

マンションに戻ってくると、リュウは入口に入ったところで必ずクンクンとやります。

081111-51

今日はまだつよさんは帰ってきていませんね。
リュウの様子でわかります。

まだ時間が早かったので、納戸な仕事部屋にこもりました。
今、大々的に片付けを始めたところなんです!
リュウは居心地悪いと思うのだけれど・・・ガタガタやっているすぐ横で寝そべっていました。

081111-52

ところが、今日はつよさんがいつもよりずっと早く帰ってきたので、早めに食事の支度をすることにしました。
リュウは私と一緒にリビングに出てきて、ソファの上で助けを求めるポーズになっていました。

081111-53

今日も夕ごはんを食べ終えると、すぐさまつよさんの許へおねだりに行ったリュウ。

081111-54

さっき、きゅうりも食べたし、バナナも食べたし、お腹が空いてるっていうわけじゃ、ないわよね。
おいしそうな匂い、ってことかな!

珍しく、私の方へも来ましたが、目線はお皿に釘付け。

081111-55

あごの下に手を当てると、そのままあごを乗せてきました。
ちょっとズシンときました。

081111-56

食後にボール遊びをしました。

和室に転がっていったボールを追いかけていったリュウ。
ボールをくわえずに、入口まで戻ってきました。

081111-57

もう一度ボールを転がすと、今度はリビングへ転がっていきました。

ボールを追いかけていったのに、そのまま放置して、別のボールをかごから出そうとしているリュウ。

081111-58

でも、ボール遊びはもういいみたいで、ガウガウ遊びをやりました。
昨日掴んだコツを思い切り駆使して、ガブガブ私の腕をかじるリュウ。

081111-59

正面から見ると、ホ~の口だね。

081111-60

しまいには、前脚も出てきましたよ。
私も手でガウガウやっているので、それを阻止しようという魂胆です。

081111-61

少し遊んだあと、また納戸な仕事部屋の片付けに取り掛かりました。
いつ終わりが来ることやら。今回は長丁場になりそうです。

リュウもすっかりくたびれたように眠ってしまいました。

081111-62

遅い時間になったので、リュウを起こして「一緒にねんねの部屋に行こう!」と言ったら、リュウはむっくり起き上がって、素直に寝室にくっついてきました。




スポンサーサイト
  1. 2008/11/11(火) 23:35:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年11月11日火曜日 朝

コウちゃんとのプロレス、選手交代

まゆです。こんにちは。

ワンワン、ワンワン!今日は犬の日だ~!

今朝は早くにつよさんが仕事に出掛けたので、お布団を畳んでからお散歩に行きました。
毎日こうだとスッキリでいいのだけれど。

081111-1

今日も遊歩道コースですか~?

「ゆうほどう、いくです」
081111-2

でも、途中の畑のあいだの道で曲がりました。

081111-3

「ねえねえ、大きい公園へ行こうよ」と言ったのですが、それは無視され、遊歩道脇の草むらに連れてこられました。

081111-4

クンクンして、ちょうどうんぴーをし終えたところで、ワン太くんが自転車のおかあさんと一緒にやってきました。

081111-5

ワン太くんが砂掛けをしている、ちょうどその先にいたので、リュウのところに枯れた草やら土やらが、全部飛んできていました。
でも、リュウはこんなの、全然平気。動じていませんでした。

081111-6

しばらくすると、そこへコウちゃんがやってきました。
お腹スッキリのリュウは、遊ぶ気満々のようでした。

081111-7

でもまあ、どちらかというと、コウちゃんにやられている方が多い感じ。

081111-8

リュウも負けじとやり返そうと、コウちゃんを追いかけています。

081111-9

そこへ、その様子を見ていたワン太くんが乱入してきました。
その勢いに、コウちゃんがすぐに相手を務めました。

081111-10

おお!この写真、まるでコウちゃんがワン太くんの頭を丸呑みしているように見えますが、そんなわけ、ありっこないですよね~!あ~びっくりした。

081111-11

リュウはコウちゃんとワン太くんのはしゃぎっぷりに、腰が引けてしまって、近くで傍観ということになっていました。
というより、コウちゃんと遊んでいるワン太くんにヤキモチでも妬いているのか、時々ワン太くんに向かって「う~」とか唸っているような?遊んでいて楽しいときの唸りと、ちょっと区別がつきませんでしたわ。どっち?

081111-12

それが、だんだん遠くなり・・・
でも、気になって気になって。

081111-13

リュウ、そんなに気になるなら、一緒に遊んでおいでよ~!

「やだです~、見てるです~!!!」
081111-14

すっかり選手交代となってしまったプロレス。
リュウ、面白くない顔になってしまいました。

081111-15

それなら走ろうか、ということで、ふたりがプロレスをやっている丘の周りを、ぐるぐると走りました。

081111-16

よかった!だんだん楽しい表情になってきました。

081111-17

ひとしきりプロレスを楽しんだコウちゃんは帰っていき、リュウも走りを楽しんだので休憩。
ワン太くんのおかあさんがリュウを撫でてくださいました。

081111-18

ワン太くんは三宅島の噴火のときにまだ子犬で、預かりを募集していたときに、今のご家族と巡り会ったそうです。
三宅島の犬たちは、住民の方々が島へ帰ると共に帰った犬が多かったようでしたが、ワン太くんは預かり当初まだ子犬だったことから、そのままご家族が引き取ることに。
ワンタという名前は元々付けられていた名前だったそうです。
「いい加減な名前よね」とおかあさんは笑っていました。「せめて、ワンタのタは太いっていう字にしたの」とおっしゃっていました。

少しするとシュナちゃんが、珍しく「遊ぼう!」やってきました。

081111-19

こんなときにも、リュウは見ているだけです。
遊び友達は、まだコウちゃんだけと決めている?

081111-20

シュナちゃんは元々そんなにはしゃぐ子でもないので、プロレスにもならず、リュウは大人しくその場に立っていました。

081111-21

ワン太くんも、コウちゃんと遊んだ疲れがどっと出たように、その場で腹這いになっていました。

081111-22

リュウ、そのうちお座りを始めました。

081111-23

ワン太くんがそろそろ帰るというので、「リュウくん、またね」とおかあさんがまた撫でてくださいました。

081111-24

リュウ、もうひとっ走りしようか!

また、丘の周りや丘の上をぐるぐると走りました。

081111-25

走りながらリードをくわえることができたら、リュウにとっては成功!

081111-26

このあと、遊歩道をクンクンしながら、のんびりと家へ帰りました。

081111-27

今日は途中で選手交代になっちゃったけど、またコウちゃんとプロレスできるといいね!
それに、ワン太くんもきっと遊んでくれるよ!
みんなとプロレスができるようになるといいね!




  1. 2008/11/11(火) 09:33:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0