つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年11月12日水曜日 午前~夜

お散歩三昧

部屋に入ると、リュウはすぐさまつよさんが寝ている部屋に入っていきました。
しばらくして、和室の中を覗くと、リュウの姿がありません。
あれ?と思ってよく見たら・・・

081112-26

お布団から、尻尾だけが出ていました。

一体どんな風になっちゃってるの?

お布団をそ~っとめくって中を覗いてみると・・・

081112-27

中から外を覗く犬と目が合いました(笑)
すっかりお布団の中に潜り込んでいたリュウでしたが、「ごはんだよ」と呼んだら、お布団からピョコンと顔を出していました。

081112-28

しばらくするとつよさんも起きてきて、おもむろにリードを手にしました。
どうやら出掛けるようですが、リュウを一緒に連れて行ってくれるようです。
リュウはもちろん、大喜び。





2時間近くたって、ようやく帰ってきました。
バイク屋さんに用事があったつよさん、リュウを連れて出掛けて、バイク屋さんの近くの大きい公園へ立ち寄ったそうです。
リュウはテニスコートの周りをウロウロして、フェンスの向こう側のボールを取ろうと、フェンスをよじ登ろうとしたりして大変だったそうです。
ひとつだけ、ボロボロのボールをGETできたので、それで遊んで、おまけにうんぴーもしたとか。
えっ?うんぴー?朝もしたばっかりなのにね。

081112-29

さて、お昼になったので、リュウにおやつをあげてみました。
低アレルゲントリーツです。
このおやつ、それほど好きというわけではなさそうで、食べたり食べなかったりするのですが・・・
今日はチラリと見ただけで、全然食べようとしませんでした汗

081112-30

午後になって、つよさん、今度は幼馴染みの家へ行くと言い出しました。
またまたリュウを連れて行くようです。
リュウはやっぱりとっても嬉しそう。

081112-31

今度は小一時間で帰ってきました。
熱帯魚の水槽を見せてもらいに行ったそうですが、大きすぎるのと、諸々他に必要なものがあるらしく、譲ってもらうのはやめにしたそう。
リュウのことを「へー。雑種っていうからどんな犬かと思ったら、結構綺麗だし、いい顔してるね」と言ってくれたそうです。

Kくんに褒められたみたいよ、リュウ。よかったね。

081112-32

さっき食べなかった低アレルゲントリーツ、再びあげてみましたら・・・

081112-33

今度は食べました!
お腹が空いていたのでしょうか。

帰ってきてからは、今度はずっと私の横に張り付いていたリュウ。
ちゃんとバランスを考えているみたいね。

081112-34

さて、そろそろ夕方のお散歩に行きましょうか。
これで本日4度目のお散歩です。

081112-35

さて、今度はどこへ行く?

081112-36

「凛ちゃんちに、いくですよ」
081112-37

そうか、そうだね。
凛ちゃん、久し振りだものね。

凛ちゃんの家の前を通りかかろうとしたら、ママさんがちょうど窓から顔を出していました。
雨が少し降っているけれど、一緒にお散歩に行くことに。

凛ちゃん、ちゃんとレインコートを着て出てきました。
リュウは久し振りに凛ちゃんに会えて嬉しいのか、はしゃぎまくっていてカメラが姿を捉えきれなかったようです。

081112-38

凛ちゃんのレインコートはママさんのお手製。

081112-39

さて、いつものように凛ちゃんにくっついて歩きました。
途中の駐車場で、車の匂いをクンクン嗅ぐリュウ。
リュウはよく車の匂いを嗅いでいます。なんででしょう?

081112-40

この先の公園に寄って、凛ちゃんのママさんが凛ちゃんに「あそこのイタリアンレストランのところを通って、リュウくんの家の方へ行こうよ」と言いました。
すると凛ちゃん、天邪鬼になって他の道を行くことが多いのに、今日はママさんの提案通りにイタリアンレストランへ。
しかも、そのレストランの敷地にどんどんと入っていきました。

・・・どうやら、1度来たときに、このレストランが気に入ったのか、入る気満々のようです。

「あたし、知ってるんだ。ここから入るのよ」
081112-41

そうです、確かにテラス席の外からの入口はここ。

「おかしいわね。だれもあけてくれないわ」
081112-42

「でも、だいじょうぶ。こっちが本当の入口なのよ。あたし、知ってるんだから」
081112-43

「あっ!ここなら、ボクもきたことあるよ」
081112-44

「でも、ここからははいれないんじゃ・・・」「クンクン・・・どうもそのようね」
081112-45

凛ちゃん、さっきのテラスの入口に戻りました。

「ごめんくださ~い!あたしよ、あたし!」
081112-46

「ほら、このまえ、1回きたことあるでしょー!あたしよー」
081112-47

凛ちゃん、そこから入るのはどうやら諦めたようで、テラスの反対側の方へ回り込みました。

「こっちからは入れなかったかしら・・・」
081112-48

凛ちゃんのママさんが笑いながら、「凛、今日じゃなくてもっと暖かいときにゆっくり来ようよ」と言ったので、凛ちゃんもようやく中へ入るのは諦めたようでした。

うちの前まで一緒に帰ってきて、少し立ち話をしていたら、リュウが「ワン!」と吠えました。
すっかり飽き飽きしていて、家に帰りたかったようです。
それを聞いた凛ちゃんが、猛烈に吠えたのですが、リュウはもう一度「ワン!」と吠えました。
私はリュウに「ガウガウ~」とガウガウ遊びをけしかけたら、リュウもう~う~唸りながら乗ってきました。
それを見ていた凛ちゃん、更に猛烈に吠えていました。
声だけ聞いたら、犬同士が喧嘩していると思われたかもしれません。

帰ってくると、リュウはソファの上でお公家くんになっていました。

081112-49

そう言えば、あのあとまた出掛けたつよさんが、全然帰ってきません。

081112-50

リュウは、すっかり待ちくたびれて、大あくび小僧になっていました。

081112-51

「は~、つまんないな・・・」
081112-52

そして、更に待たされると、すっかり怒り顔に。

081112-53

ようやくつよさんが帰ってきました。
リュウは自分のごはんを食べ終えると、つよさんに張り付いていました。

081112-54

食事を終えたつよさんが、リュウをボール遊びに誘ってくれました。

081112-55

ひとしきり遊んで、つよさんがまた晩酌の続きを始めると、リュウのピョンピョン攻撃が始まりました。





もう一度遊んで欲しいのかと思って、つよさんがボールを蹴ったのですが、リュウは全然乗ってきませんでした。
う~ん。なんの要求でしょう・・・
もしや、お散歩?

何だかよくわからなかったのですが、じきにリュウは諦めて、つまらなそうにソファの上に寝そべっていました。

081112-56

そんなリュウを誘って、ガウガウ遊びをやりました。
今日は軍手をしたから、リュウの手が当たっても、全然痛くないよ~ん!

つよさんも、手にタオルを巻いて、獲物遊びをしてれました。





しかし、この遊びはあまりにもリュウが興奮するし、狩猟本能を増長させるだけかもしれず、ちょっと用心が必要な気がします。

つよさんが和室にお布団を敷くと、リュウも一緒にくっついていって、家の中がとたんに静かになりました。

和室を覗くと・・・

081112-57

リュウ、少々柴犬チックな顔をしています。
薄目をあけていたのですが、すぐに目を閉じて、本当に寝てしまいました。

「zzz~、zzz~」
081112-58

部屋にリュウの寝息が響くのを聞いて、つよさんがくすっと笑っていました。




スポンサーサイト
  1. 2008/11/12(水) 23:58:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年11月12日水曜日 朝

クンクン病

まゆです。こんにちは。

朝のリュウ
081112-1

これからお散歩です。

081112-2

タクシー会社の前を通って、遊歩道へ向かったのですが、途中のブルーベリー畑と畑のあいだの、この道を曲がっていきました。

081112-3

途中で走ろうと言われて走ったのですが、すぐさま地面をクンクンし始めました。
向こうの通りまで行って、道を曲がっていつもの遊歩道を反対側から入りました。

081112-4

草むらは誰もいなくて静か。リュウはしばらくクンクンと散策すると、遊歩道を小さい公園へ向かって歩き出しました。

081112-5

小さい公園の丘の草むらを突っ切っていきました。

081112-6

そのまま、遊歩道を進んでいきます。

081112-7

枯葉の積もったあたりで盛んにクンクンしていたリュウ。
そのうち、くるくるっと回ってウンピーをしました。

081112-8

遊歩道の途中で、突然立ち止まってしまいました。

「やだ~!もう、いかないですぅ」
081112-9

しょうがないな・・・
じゃあ、その先の大きな道まで行って、こっちに曲がって帰ろうよ。

リュウ、「それならいいよ」と歩き出しました。
でも、大きな道に出て、何となく道を横切る仕草をすると、リュウはそのまま道を渡って、遊歩道を更にどんどん先へ進んでいきました。

なあんだ。そんなに嫌っていうわけでもなかったのね。

リュウはバスが怖くて嫌いなので、大きな道に出るのが嫌だったのかもしれません。

途中、綺麗な色の花びらが散っている場所を通りかかりました。
椿のような花です。葉っぱもちょっと椿みたい。なんていう木かしら?

081112-10

その先の原っぱへ、今日もちらりと立ち寄りました。

081112-11

原っぱから少し歩くと、もう大きい公園です。

081112-12

リュウは原っぱへ入るなり、すぐにクンクン始めました。

081112-13

時々顔を上げたりするのですが・・・

081112-14

すぐにまたクンクン。

081112-15

あんまりクンクンばかりしているので、「走らない?」と誘ってみたら、嬉しそうに走り出しました。

081112-16

と思ったら、すぐに立ち止まって、またしてもクンクンです!
どうやらクンクン病のようです。

081112-17

離れたところにいた、白いテリア系らしきの犬が、ずっとこちらを気にしていました。
リュウも気になっていたらしく、遂にそちらの犬の方を見ながら、お座りしてしまいました。

081112-18

リュウ、もう少し走ろうか?

すぐに走り始めました。
でも、やっぱりすぐに地面をクンクンし始めました。
このところクンクンが増えたと思ったけれど、今日は本当にクンクン病だね。

081112-19

帰る方向へ歩きながら、落ち葉がいっぱいあったので、綺麗な葉っぱを拾いながら歩きました。

081112-20

リュウは、私が落ち葉を拾おうと手を伸ばすと、その前に鼻を寄せてクンクンしたりして、邪魔ばっかりしていました(笑)
今年は少し遅かったので、本当に綺麗な盛りを逃してしまったのですが、それでもなかなか綺麗な葉っぱが何枚か集まりました。

そろそろ帰ろうか。

081112-21

ふと見ると、公園前の道に落ち葉がいい感じに散らばって落ちていました。
こういう間合いは、なかなか出そうと思っても出せないものです。
デザインの参考になります。

081112-22

大きい公園から帰るときにいつも通る不思議な道。
不思議ポイントのひとつ、椅子が並んだ空地ですが、いつの間にやら椅子が1脚になっていました。

081112-23

小さな公園の前を通りかかって、「公園に入る?」と聞いたら、リュウはこんな表情で私を見上げました。

081112-24

ちょっと眩しそうなその目が、なんとも言えないね。

さて、家に帰りつくと、なんとつよさんがまだ寝ています。びっくり!
聞いてみると「仕事だったけど、やめた」って言うんですよ。
やめたって、そういう台詞は雇われている人間が言う言葉じゃないですよね。
一体どういうこと?と聞いたら、後片付けに行かなくちゃいけないと思っていたけれど、後片付けは別の人がやるから、行かなくても大丈夫と言われたそうで。
だったら最初からそう言ってよ!あ~、びっくりした。

そんな押し問答をして、リュウを待たせてあった玄関に戻ると・・・

081112-25

リュウったら、きちんとお座りをして待っていました。
ごめんね。でも、いい子だね。
いっぱい撫でたら、お返しにいっぱいベロリンチョされた私なのでした。





  1. 2008/11/12(水) 08:29:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0