つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年2月24日火曜日 朝~夜

みんなしあわせにな~れ!

まゆです。こんにちは。

リュウ、お散歩に行くと言っています。

090224-1

今朝は曇り空。何だか今週はパッとしないお天気が続くようです。
そのせいか、リュウはいつもの草むらではなくて、住宅街を歩き始めました。

090224-2

そのまま住宅街コースかと思いきや、途中でパンダ公園の道を曲がって、何だかワン太くん公園コースになってきたような・・・

090224-3

途中で、今まで一度として曲がったことのない道を曲がると言い出しました。
コの字型に戻ってくる道だから、結局同じ道に出るのだけれど・・・

「いいんです。まがるですよ」
090224-4

憮然とされてしまいました。
おっ!リュウの後ろに見える建物の階段のところに、建物の名前が書いてあるのですが、その前に犬の足跡マークが。ペットOKの建物なのでしょうか。

大きい通りで信号待ち。
やっぱりワン太くん公園ね。

090224-5

ワン太くん公園に行ってみると、今日は何だか大勢のわんこが集結していました。
まあ、それなりの広さのある公園なので、全く接触せずにも済みますから、リュウも平気で中に入っていきました。

090224-6

公園の入口付近でウルフくんに会いました。
2週間くらい前に草むらで会ったことがあった、コーギーっぽいと言っていたわんこです。
コーギーっぽいではなく、コーギーでしたよ。なぜ「ぽい」と思ったかと言うと、長々とした尻尾!
たぶんこの尻尾のせいです。
立派なコーギーじゃん。

090224-7

いつものようにアスレチックの裏側をクンクンしながら歩きました。
今日は椿の花がいっぱい落ちてるね!

090224-8

リュウは立ち止まると、ますます増えたわんこたちの集団を眺めていました。

090224-9

そして、そのうちお座りをして、じっと何かを見つめ始めました。

090224-10

リュウの視線の先にいたのは、この子。

090224-13

あちらもリュウの方をじーっと見ていたので、離れた場所だったとはいえ、お互いバッチリ目を合わせていたようです。

ふたりの様子に気づいた、飼い主らしきおばさまがこちらへやってきて、リュウにクッキーをくださったのですが、リュウは食べませんでした。

白いゴールデンはショコラくん。でも、ショコラはこのおばさまのおうちのわんこではなく、近所の家で飼われているのだそうです。
2年以上も小屋に閉じ込められて、全くお散歩をさせてもらえなかったショコラ。
見るに見かねておばさまがお散歩を買って出たそうです。

でも、お散歩から帰ってくると、一日、小さい小屋に閉じ込められてしまう。
飼い主に話して、せめて小屋の外へ出られるようにしてあげて、とお願いして外に出られるようになったそうなのですが、その日にショコラは繋いであった皮ひもを食いちぎって、脱走を試みてしまいました。
飼い主が仕事で探せないとほざくので、おばさまが探して警察署で保護されていたところを迎えに行ったそうです。
なのに飼い主ったら、家のシャッター閉めちゃって、ありがとうでもなかったんですって。

おばさま、おっしゃってました。「飼い主のことを考えると腹が立つから、もうショコラのことだけ考えようって思ってるの。保健所に連れてっちゃう人だっていっぱいいるんだから、そう考えたらまだ、ね」

そんな話をしばらくしていると、ボーダーコリーのアイちゃんがやってきました。
リュウがうちに来たばかりの頃に、一度この公園で会ったきり。2歳になったそうです。

090224-11

そうこうしていたら、広場の方にいた犬たちが、わらわらとこちらに向かってやってきました。

090224-12

リュウはショコラのことが怖いのか何なのか、ショコラが近くに来るとワンワンと吠えていました。
ん?ひょっとして白いレトリーバーの男の子は苦手?

中に、もうひとりゴールデンがいました。
こちらはサンデーちゃん、女の子です。

090224-14

サンデーのおうちには去年までもうひとりわんこがいたそうです。
その子はセンターへ行ってもらってきた子で、17歳で亡くなったそうです。

「ずっと2頭で飼ってたから、もう1頭、またセンターかどこかから引き受けようと思ってるんです」と、サンデーのお父さん。

090224-15

ショコラを連れてきたおばさまも、リュウのことを撫でてくださいました。

090224-16

そう言えば、リュウの兄弟のコロンも先週、とっても素敵なおうちの家族になりました。
ちょっとリュウがかわいそうになるくらい、優しい家族や先輩猫ちゃんと素敵なおうちで暮らすお坊ちゃまわんこになったコロン。これから、今までの分を取り戻すくらい、相当にかわいがられるだろうことが容易に想像できます。そんなしあわせを掴んでくれて、本当に心から祝福の気持ちでいっぱい。

そして、このたびは土手に最後に残った、ずっとコロンと一緒に暮らしてきた(ゴクドウ改め)ゴクウが、703号室のハハさまの手によって保護されたとのニュース。
しばらく703号室でリハビリをするそうですが、ナナちゃん似の本当にきれいでかわいい子、きっときっと素敵な家族のもとへ迎え入れられるだろうと思います。

みんな、みんな、みんな、この世に生を受けたのだから、しあわせに命を全うできる、そんな当たり前の日本に早くなってほしいと思います。
みんなしあわせにな~れ!!!
心の底から叫びたい。

リュウはというと、心の底から「はしろう!」と思っていたようで、みなさんとのお話しが一段落したところで「走る?」と聞くと、とたんに走り出しました。

090224-17

走っているあいだに、最後まで残っていたショコラもサンデーも帰り支度をして、それぞれの家へ向かいました。

ふたりを見送るリュウ。

090224-18

ショコラ、サンデー、どうもありがとう。
また会ったらよろしくね!

さて、ひとしきり走ったので、私たちも帰ることにしました。
公園の入口に向かう途中で、入ってきたお友達と会いましたよ。
以前にここであった、みっちゃんでした。

090224-19

みっちゃん、ちょっと大きいリュウを少し怖がっていたようだったので、早々に退散。

090224-20

今日はいっぱいお友達に会ったね。
リュウはショコラにちょっと吠えちゃったけど、でも前よりずっと上手に初めてのお友達と会えるようになったね。

090224-21

できないことではなく、できることを見ていこうと思います。

でもね、リュウ。
お散歩から帰ってきて、お布団の上に乗るのは、なしね!

090224-22

今日もほとんど寝て過ごすリュウ。
午後、目を覚ましているときに、ちょっぴりマッサージなんぞをしたら、気持ちよさそうでした。

090224-23

夕方のお散歩、行きません?

090224-24

また雨が降ってきてしまいました。
リュウったら、道のど真ん中でクンクンを始めてしまいましたよ。
ここはさほど車が通らないからいいようなもの。

090224-25

いつもの草むらにやってきました。

090224-26

クンクンをしていたら、そこへ雑種のわんこを連れた年配のご夫婦らしきふたりが入ってきました。

090224-27

わんこは草むらに入るとすぐにうんぴーのいい場所を見つけたようです。
ふたりで犬を取り囲むようにして立っています。
何気なく見ていたら、女性の方がチラチラとこちらを見ていました。
見ていると、スコップでうんぴーを埋めているようです。
どうして持ち帰らないのでしょうね。このあたり、結構いるんです、埋めていく人。
埋めるなら30センチくらい深く掘って埋めてほしいし、ドッグフードを食べている犬の糞は腐らないから、本当なら持ち帰って自宅で処分してほしい。

言いたかったけれど、気弱な私、言えませんでした・・・
もう少し近くで見ていたら言えたと思うのですが。

ねえ、リュウ。いっくら草むらがうんぴー場所だからって、できるだけきれいにしたいよね。

090224-28

リュウも無事にうんぴーを済ませ、それから草むらの中を何周も走りました。

090224-29

マンションの玄関ポーチのところで、雨の日にはリュウにブルブルと身体を振ってもらうのですが、今日は私が「リュウ、ブルブルして」と言うと、すぐさまブルブルやってくれました。

リュウ、すごい!今日は上手にブルブルできたね!

090224-30

帰ってくると、また納戸な仕事部屋で、唇のあたりをビロビロにして丸くなっていたリュウ。

090224-31

そのうち、つよさんがびしょ濡れになって帰ってきました。
濡れた合羽をベランダに干すために、納戸な仕事部屋を通過。

090224-32

夕ごはんの時間になったのですが、リュウ、全然ごはんを食べようとしません。
どうやらまたお腹がキュルキュルしているもよう。
そう言えば、夕方ブルブルしたご褒美にボーロをあげたのだけれど、いつもの食いつきと違ったっけ・・・

090224-33

少し経ってつよさんが食パンを小さくちぎっあげたら、2切れほど食べたそうです。
でも、ごはんは食べず。
また少しして、今度はささみジャーキーを小さく切ってあげると、それもまた食べました。
それで、リュウのところへごはんの器を持っていくと、リュウはクンクン匂いを嗅いでいたと思ったら、立ち上がって食べ始めました。

090224-34

あ~、よかった!
リュウが元気でしっかりごはんも食べてくれたら、それだけでいいの。
それだけでしあわせ。

さて、つよさんがお布団を敷いた気配がすると、リュウは何も言わずに納戸な仕事部屋から、和室の方へ移動していきました。

覗いてみたら、オトコの合宿所みたいな雰囲気で驚きました。

090224-35

リュウ!

「なあに?」
090224-36

もうお腹は大丈夫?

リュウ、何も言いませんでしたが、私の顔を舐めてくれました。

1時間ほど経って、また和室を覗いてみたら、今度は本格的なオトコの合宿所風情でしたが、あまりにひどいので写真は割愛します。どんな惨状だったかは、ご想像におまかせです。
つよさん、しっかり腹出して寝てたしね!




スポンサーサイト
  1. 2009/02/24(火) 23:34:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。