つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年2月25日水曜日 午前~夜

つよさんの独り言

朝のお散歩の帰り道に雨が降り出して、マンションの入口に到着するころには、リュウだけでなく傘をさしていなかった私まで、しっとりするくらいになっていました。

しっかり拭いて乾かして、リュウはリビングのソファへ。

090225-27

ごはんを食べ終えると、私と一緒に納戸な仕事部屋へやってきました。
今日は午後締め切りの仕事がきていたので、それをやっているあいだ、リュウは夢の中にいるようでした。



軽く吠えているようです。どんな夢を見ていたのかしら?
このあと、尻尾も振ったりしていたので、ひょっとしたらお散歩の夢でも見たのかもしれません。

締め切りの仕事はお昼過ぎに終え、他の仕事に着手しているあいだに、夕方のお散歩の時間になりました。
その頃にはすっかり目を覚ましたリュウ。
それにしても、つよさんに似て、すごい寝相ね・・・。
ソファの上のバスタオルがぐしゃぐしゃよ。

090225-28

リュウはお散歩に行くといったら、また犬のぬいぐるみを連れていこうとしていました。
「犬は置いていこうね」と言ったら、仕方なさそうに床に置いたリュウ。

090225-29

「ねえ、今日も大きい公園に行こうか!」と言ったら、リュウは畑のあいだの道を曲がっていきました。

090225-30

リュウが結構好きなマンションの片隅の小さなスペース。
最近立ち寄っていなかったけれど、今日は立ち寄って中を覗き込んでいました。

090225-31

そのまままっすぐ、大きい公園へ行くのかと思いきや、郵便局通りと交差するところで、小さい公園へ行くミニチュアダックスのケンくんと会ったら、急に気が変わったようです。

郵便局通りのケンくんとは反対側を歩き出したリュウ。
いつもの遊歩道まで来てしまいました。

090225-32

結局いつもの草むらへ。

090225-33

ここで何をするともなく、ボーっと突っ立っていたリュウ。
草むらの主になりそうなくらい。

090225-34

そこへアメリちゃんが通りかかりました。
アメリちゃんは自分より少しでも大きい犬は怖がって近寄らないようなのですが、リュウのことだけは自分から近寄ろうとするんですって。ママさんが「本当に、一体どこが違うのか、話ができたら聞いてみたいわ」とおっしゃっていました。
リュウのこと、気に入ってくれてありがとうラブリィハート

090225-35

動かなかったリュウに「おいで」と声を掛けて歩き出すと、リュウもようやく歩いてくれました。
アメリちゃんの後ろから、小さい公園の方へ歩いていったのですが、リュウは途中で立ち止まってしまいました。

090225-36

この先へは行きたくなさそうな顔。

「行きたくないの?」と聞くと、やはり踏ん張っています。
「じゃあ、こっちに行く?」と、郵便局通りを家の方へ歩き出すと、リュウもトコトコと歩き始めました。

090225-37

そのまままっすぐは行かず、ブルーベリー畑の脇道を曲がっていったリュウ。

090225-38

ブルーベリー畑の脇道でも途中で立ち止まって、まるで誰かと待ち合わせでもしているかのように、あっちを見たりこっちを見たり、何となく人待ち顔をしていました。
今度はブルーベリー畑の脇道の主になりそうなくらい、ボーっと動かずに突っ立っていました。

ようやく家に帰ってくると、私と一緒に納戸な仕事部屋にいたのですが、つよさんが帰ってくるとすぐさま出迎えに行っていました。
それも、犬のぬいぐるみをくわえて。

090225-39

夕食が終わると、リュウはつよさんと一緒に和室へ移動していました。
男同士のチューです。

090225-40

「つよさん、おこづかい少ないですね」
090225-41

そう、今日はつよさんのお給料日。
つよさん、お疲れさま。いつもどうもありがとう。

さて、リュウは犬のぬいぐるみを持ち込んできました。
つよさんと遊んでもらおうという魂胆です。

090225-42

つよさんもそれに応じていました。

090225-43

私も途中から参加。
リュウは今日も犬救出作戦に挑戦してみました。





が、なかなか難しい様子。
遂に犬は諦めて、部屋を出て行ったと思ったら、別のものをくわえてきましたよ。





でも、そこで犬を見せたら、「やっぱり、ボク、いぬすきです~」ってなっていました。

リュウ、ここなら助け出せるんだよね。

「できるですよ」
090225-44

簡単に犬をGETしました。

090225-45

遊んだあとは新聞を読むつよさんの足元でまったり。

090225-46

つよさんがお布団へ行くと、リュウもくっついていきました。

「ボク、まだねむくないですよ」
090225-47

でも、リュウはつよさんが帰ってくると、つよさんにベッタリなんだよね。
だから眠くもないのに、一緒にお布団に入っちゃうんだよね。
つよさん、とっても嬉しいと思うな。
口下手だから何も言わないと思うけど、私が代わりに言ってみようか。
独り言ではいっつも言っているハズなんだ。

「リュウ、いつもありがとなー!おまえって、ホントかわいいヤツだよ!」 

それから、照れ屋だから絶対に言わないと思うけど、もうひとつ代わりに言ってみようかな。

「リュウ、大好きだよ!!!」





スポンサーサイト
  1. 2009/02/25(水) 23:57:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年2月25日水曜日 朝

好きすきheart03土手どて~びっくり

まゆです。こんにちは。

リュウ、怖い顔してないで。お散歩に行くよ~♪

090225-1

今日は何か意志があってお散歩を出発したらしいリュウ。
どこへ行くつもりかな?

090225-2

農家の前を通って遊歩道のところで立ち止まって、ちょっと考えていたリュウ。

090225-3

いつもの草むら方面ではなく逆の方へ歩いていきました。

090225-4

大きい通りに出たのですが、まだまだ先に進むつもりのよう。これはワン太くん公園かな・・・?
でも、何かもっと意思を感じたのだけれどなあ。ん?ひょっとして・・・

090225-5

途中、遊歩道を挟んで公園と反対側の、リュウが必ず散策する枯葉が積もった場所で、今日もしばらくクンクン探索タイム。

090225-6

そのままサイクリング遊歩道を歩いていきました。
サイクリング遊歩道はリュウのいいうんぴー場所なのですが、今日もすっきりうんぴーが出たリュウ。

090225-7

うんぴーの後始末をしていたら、あれ?
後ろから来たのは、あれはコウちゃんでは?

090225-8

こんな場所で会うなんて、初めてだね~。

コウちゃん、うんぴーが出なくて「それで歩いていたらこんな場所まで来ちゃったんだよ」とお父さん。
早くお腹スッキリするといいね。

090225-9

リュウとしばらくハチャハチャと遊んでいました。

090225-10

時々どちらかが乗らない場合もあるので、今日みたいに一緒に遊べるのは嬉しいね。

さて、前へ進んでいったのですが、リュウは時々コウちゃんがちゃんと来ているか、振り返って見ていました。

090225-11

川沿いの道にぶつかって遊歩道が終わりました。
コウちゃんはサイクリング遊歩道から、普通の遊歩道にUの字にターンして戻っていくんですって。

090225-12

さて、リュウはワン太くん公園ではなく、反対方向へ迷わず歩いていきました。

090225-13

ん~、やっぱり、ひょっとして?

と思っていたら、やっぱりやっぱり!
リュウが向かったのは、先日行った土手でした。

道を渡って土手に到着するなり、リュウは「はしろうぜ!」ってなったのですが、そのまま上に駆け上っていきました。

090225-14

悠々とひとりで土手の上を歩いていたのですが、私も一緒に歩いてみました。
実際問題、人間の私は斜面を歩かねばならず、かなり歩きにくくはあるのですが。

「まゆさん、だいじょぶですか?」
090225-15

大丈夫よ~!

でも、優しいリュウは土手から降りてきてくれました。

090225-16

でも、すぐにまた土手の上に上がったリュウ。
というのも、土手の裾が広々しているのは限られた範囲だけなのです。
前回はそこで折り返していったのですが、リュウは折り返さず、どんどん先に向かって歩いていきました。

土手の上から柵の向こうの施設を覗き見するリュウ。

090225-17

かと思えば、川の方を見ながら闊歩していました。

090225-18

時々立ち止まって道を眺めたり。

090225-19

でも、土手の上ではほとんど小走りだったリュウ。
「るんるんる~ん♪」という鼻唄が聞こえそうな感じでしたよ。

もうすぐ土手が終わるというところで、裾へ下りてきました。

090225-20

土手が終わったところで広い通りに出ました。ここを施設に沿って右に曲がりました。
曲がってすぐの施設の入口。
リュウは当然というような顔をして、中に入っていこうとしていましたが、ここは入れないよ。
門のところにいかつい顔をした警備の人が立っていました。

090225-21

施設が途切れるところまでどんどん歩いていきました。
この施設の片隅に商業ビルを建設中なのですが、作業に来ていたおじさんが、リュウを見て急ににこっと笑ってくれました。

こういうとき、犬の力ってすごいなあって思います。
私ひとりだったら、おじさんはにっこりなんてしないものねえ。
おじさんが笑ったので、私もにこっとおじさんに返しました。
リュウのお陰で、言葉はなくても人と繋がることができるのよね。

さて、施設を挟んで土手と反対側にある遊歩道を、戻るように歩き始めました。
ここは結構自転車で通る人が多いのですが、今日は時間のせいか1台とすれ違っただけで済みました。

090225-22

途中、クンクンしながらもどんどん歩くリュウ。

090225-23

最近お散歩であまり歩かなくなっていたので、今日のリュウの「やる気」がちょっと嬉しい私。

090225-24

サイクリング遊歩道の入口まで戻ってきましたよ!

リュウ、一周したね!

090225-25

あとは大きい通り沿いにまっすぐ歩いて家に帰りました。
この通り沿いを歩くときは、たいてい外側の遊歩道のところを歩くのですが、今日は普通の歩道を歩いていきました。

090225-26

今日はいっぱい歩いて、私もとっても気持ちよかったよ!
リュウは土手を歩けて楽しかった?

私が聞くと、リュウは顔をいっぱい舐めて答えてくれました。

リュウがそんなに好きなら、またあの土手にお散歩しに行こうね。
いっぱい、いっぱい行こうね!




  1. 2009/02/25(水) 09:34:44|
  2. お散歩の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。