FC2ブログ

つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2009年7月17日金曜日 昼~夜

おうちはいいね!

来たときと同じように、談合坂SAで休憩することにしました。

090717-28

平日なので空いています。

090717-29

つよさんがトイレに行っているのを待つあいだ、リュウと私は売店の前にいました。
4月にライフデザインキャンプの帰りに立ち寄ったときに、行列がすごくて買うのを断念したソフトクリーム。
今日はさすがに誰も並んでいません。

ふとリュウの顔を見ると鼻の周りが膨らんでいました。

090717-30

つよさんがなかなか来ないので携帯で連絡を取ったら、車に戻ってしまったんですって!
私たちの居場所がわからなかったそうです。
少し経ってこちらに来てくれました。
リュウはつよさんの姿を見つけると、もう大喜び。

090717-31

跳びあがったまま、後ろ脚だけでしばらく立っていましたよ。

090717-32

ごまソフトクリームを買って、つよさんにもちょっぴり分けてあげました。
向こうの方に見晴台のようなところがあるよ。行ってみよう。

090717-33

リュウはソフトクリームを食べている私の方を、チラチラ、チラチラと見ながら歩いていました。
もう、もらえるつもりでいるみたい・・・汗
前に写真撮影でドッグラン公園へ行ったときに、ソフトクリームのコーンの最後の尻尾のところをあげたのを、もしかしたら覚えているのかもしれません。
今日も尻尾のところを1センチくらい、リュウにあげました。

さあ、この階段の上が見晴台だよ!

090717-34

リュウも景色を眺めています。

090717-35

見晴台の脇のスペースでしばらくクンクン。

090717-36

「きょうはふじさん、みえないですよ」
090717-37

下りは階段ではなく、緩やかな坂道を歩いていきました。
下の広々した場所に来ると、リュウは「はしろう!」と駆け出しました。

090717-38

リュウはしきりとリードをくわえようとしていました。
よかった、リュウが少しでも楽しいと思えるところがあって。

090717-39

車を停めた場所までのんびり歩きました。

090717-40

今回の旅行はリュウにとっては受難続きでかわいそうだったよね。
今日はほんのちょっぴりだけれど、遊べてよかった。

090717-41

車に乗り込んで我が家を目指します。

090717-42

リュウは後ろの座席での過ごし方が、だんだんわかってきたようです。

090717-43

それでも家の近くまで来ると、見慣れた風景だと思ったのか、前に乗り出してきてしまいましたが・・・汗
無事に我が家に到着。つよさん、運転お疲れさま。

090717-44

私たちが車から荷物を下ろしているあいだ、リュウはリビングの床で横になっていました。

090717-45

車を返しにいったつよさん、帰ってきてお昼ごはんを食べると、和室でバタンキューです。
リュウも一緒にバタンキュー。

090717-46

家族全員で少しお昼寝することにしました。
夕べもぐっすり寝て、寝不足なわけでもないのに、なんでこんなに眠いんだろ。

夜になって、つよさんがリュウのお散歩に行ってくれました。

090717-47

液晶が壊れたカメラで、夜写真を撮るのは相当大変だったと思うのですが、頑張って撮ってきてくれました。

090717-48

心なしか、いつもより上手に撮れている気がします・・・

090717-49

いつもの草むらへ行って戻ってきました。
今朝は車に乗るからと、朝ごはんはほんのちょっぴりで、足りない分をお昼に食べたリュウ。
それでも、ちょこっとだけれどうんぴーもしたそうです。

090717-50

夕ごはんを食べ終わると、本格的に寝ていました。
昨日、今日と疲れたね。

090717-51

つよさんがお布団を敷いてくれたので、クッションの上で寝ていたリュウに声を掛けると、リュウはムクッと起き上がって和室へ歩いていきました。

090717-52

今日は家族みんなで並んで寝ましょう!
何だかんだ言って、やっぱり家が一番落ち着きます。
でも、今回泊まったペンションもお勧めですよ!
勘を頼りに選んだのですが、清潔ですし犬連れにはいろいろ変な気兼ねもせずにいられて、かなり落ち着けます。
私の嗅覚を褒めてくれたつよさんなのでした。






スポンサーサイト



  1. 2009/07/17(金) 23:38:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年7月17日金曜日 朝~午前

湖畔にて

まゆです。こんにちは。

朝、目が覚めると何やら不穏な音が聞こえてきました。
う~ん、どう聞いても雨の音に感じる・・・
窓から外を眺めてみたら、やっぱり雨でした。

昨日が散々で目的地に到着しただけで終わってしまったので、今日は湖畔へ立ち寄ってしばらくブラブラしようと思っていたのに、雨ですか・・・

とりあえず傘もなくてリュウの朝のお散歩すらできない状態だったので、近くのコンビニへ傘の調達に行ってきました。

090717-1

傘を買ってペンションに戻ってくると、ちょうど雨がほとんど感じないくらいの小降りになっていました。
ちょうど良かった。お散歩に行こう!

090717-2

リュウは雨なんて何のその、草むらがあるとどんどん入っていきました。

090717-3

ペンションの前の道を下っていくと十字路に出て、右に曲がると公園と書いてあります。
そちらへ行ってみることにしました。

090717-4

途中、公園まで半分くらいまで来たところで、そろそろ折り返さねばならない時間になってしまいました。
リュウ、戻るよ。

090717-5

途中でうんぴーも済ませました。

090717-6

朝ごはんは昨日と同じテーブルで、リュウはまたもやテーブルの下に入り込んでいました。

090717-7

夕べは食べることに夢中で、写真を撮るのをすっかり忘れていましたが、朝ごはんのときにはしっかり撮ってみました。
パンに野菜やハムやソーセージなどを挟んで食べます。

090717-8

リュウはつよさんにパンのおねだりをしていましたが、もらえなかったみたい。

090717-9

食後のひとときを部屋で寛いで過ごします。

090717-10

つよさんが「リュウ、おまえ寝てるの?」という風に覗きこむと、リュウは「なんちゃってですよ」と目を開けていました。

090717-11

雨は結構激しく降ってきました。
まとめた荷物をつよさんが車に積んでくれました。
リュウはつよさんが部屋から出て行ってしまうと、私が声を掛けても振り返りもせず、ドアばかり見つめていました。

090717-12

つよさんの足音がして、入口のドアに駆け寄っていったリュウは、次の瞬間「キゃイン」と声を上げました。
つよさんが開いたドアにぶつかったようです。
うちのリビングは外開きだけど、ここは内開きだから・・・

懲りたリュウは、2度目はソファの上からドアを見守っていました。

090717-13

少し早めにチェックアウトをすることにしました。
ロビーにいると、パンジーちゃん、ボブくんのご家族が通りかかり、ご挨拶しました。
それからトッティーのお母さんも通りかかって「あら、もう帰るの?」と。
トッティーは代々木公園へよく行くそうです。
「代々木公園でバッタリ会ったら嬉しいわね」とお母さん。「じゃあ、またね」と言ってくださいました。

090717-14

せっかく来たので湖を見に行くことにしました。

090717-15

車を走らせているうちに、リュウはどんどん前に乗り出してきてしまいました。
細い隙間に身体を押し込んでいます。


090717-16

運転席の肘掛は、すっかりリュウのものになっていました。

090717-17

道の駅に車を停めて、目の前に広がる芝生の方へ行ってみることにしました。
芝生の中に犬は入れませんが、ちゃんと道があるので岸の近くまで行くことができます。

090717-18

湖を見たとたん、リュウは笑顔になっていました。

090717-19

道をどんどん進んでいきます。
どこまで行かれるのかしら。

090717-20

リュウは途中ではしゃいで、つよさんに「はしろう」と言っていました。

090717-21

リードをくわえて引っ張っています。
楽しい証拠。

090717-22

道がなくなって、ここから先は足場も悪い感じ。
そろそろ引き返そう。

090717-23

お天気がよかったら湖で泳げたかもね。残念だね。

090717-24

でも、リュウが少し笑顔になってくれたからよかった!
楽しみは次回に取っておきましょう。

090717-25

湖を背景にパチリ。

090717-26

再び車に乗り込んで、家に向かうことにしました。
名残惜しいけれど車を返さなくちゃならないし、このお天気はそんな私たちのためにはよかったのかも。
あんまりいいお天気だったら、せっかく来たのに名残惜しくて困ったかもだものね。

肘掛はリュウのあご乗せ台に・・・

090717-27

そうそう、泊まったペンションですが、どの場所も犬と一緒にいることができます。
部屋にユニットバスはついていますが、家族で入れるジャグジー風呂もあって、こちらは脱衣室まで犬が入れます。
お部屋に犬をひとりで残さないようにしてください、ということらしいです。
他の宿泊施設と少し違いますね。

つよさんと、今度はもっとゆっくりと、もう一度来たいね、と車の中で話したのでした。




  1. 2009/07/17(金) 11:02:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0