つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年1月31日日曜日 朝~夜

新しいお友達

まゆです。こんにちは。

今朝、散歩に行こうとしたら大喜びで和室へすっ飛んでいったリュウ。いつものようにおもちゃを取りにいったようなのですが、立っている後ろ姿が何か変・・・
と思っていたら、いきなり吐いてしまいました。

リュウ、大丈夫?

「うん、だいじょぶですよ」
100131-1

こちらの心配をよそに、リュウは元気にお散歩に出掛けました。
今日はワン太くん公園コースのもよう。
まずは草むら駐車場へ。

100131-2

それから大きい通りを渡り、住宅街を抜けていきました。

100131-3

ワン太くん公園に入ると、普段は右の方へ行くのですが、今日はいつもと逆方向の左手側に歩き始めました。

ただいま地面の蹴り飛ばし中。

100131-4

ゆっくりとクンクンしながらぐるりを歩いていきました。

途中でうんぴーも済ませ、またまたクンクン。

100131-5

ぐるりと公園の4分の3を周りました。
アスレチックには今日もトレーニングをするクマくんの姿が。

100131-6

ベンチの方へ歩いていったリュウ。
あら、誰かの忘れ物。

100131-7

そこへ、トレーニングを終えたクマくんがやってきました。
クマくんはリュウと遊びたい素振りだったのですが、リュウが乗り気じゃない様子。

100131-8

そんなこんなしていたら、今度は バセットハウンドくんがやってきました。
まだ1歳になっていないチビわんのプータくんだそうです。
プータくんと、恐る恐るご挨拶をするリュウ。

100131-9

と、そこへ今度はワン太くんがやってきました。
リュウと模様がそっくりなので、リュウが我家に来たばかりのころ、わんわんパトロールの方たちに「ワン太くんが来たかと思ったわ」と言われたことがありましたっけ。
だからといって、とっても仲良しというわけではありません。

100131-10

遠くに見えるのはヤマトちゃんかな?

100131-11

リュウ、突然走ろうと言い出しました。

100131-12

走り終わったリュウの後ろにくっついて回るヤマトちゃん。
これはいつもの光景。

100131-13

少し離れた場所に、初めて会うわんこさんが来ていました。
リュウは気になるけれどなかなか近寄れず、しばらく離れた場所で見ているだけでした。

100131-14

でも、そのうち歩き出して、少しずつ近寄っていきました。
みんなが集まる場所へまっすぐ行くのではなく、螺旋を描くように、円がどんどん小さくなるような具合に近寄っていきました。

100131-15

少し小さいファウファンちゃんと、大きいバーニちゃん。
バーニちゃんはチャウチャウとイングリッシュシープドッグのmixだそうです。
リュウ、バーニちゃんにはこれ以上近寄ることができませんでした。

100131-16

でも、ファウファンちゃんとはご挨拶ができたようです。

100131-17

初めてのお友達がいっぱいだったね。

100131-18

帰りはいつものように幼稚園通りを帰ってきたのですが、大きい通りの手前にある駐車場の入り込んでいました。

100131-19

「ごはん、まだ?おなかすいたですよ」
100131-20

ソファの上でごはんを待つときもあれば、こんな風にキッチンを覗いて待っているときもあり。

さて、今日は日曜日。外での仕事の日です。
リュウ、宝探しのおやつを隠すから、ちょっとこっちの部屋で待っててね。

隠し終わって見ると、扉の隙間からリュウがこちらをじーっと覗きこんでいました。

100131-21

出掛けるときに「宝探し、宝探し、用意、ドン!」と言うと、すぐに探し始めたリュウ。
こうなるともう何を言っても耳に入りません。

100131-22

今日はつよママの家で晩ごはん。
私より早く帰宅したつよさんが、つよママの家へリュウを連れていってくれました。

100131-23

覗き見写真になっちゃってるねー。
つよママの家に到着したふたり。
ひと息ついてからお散歩です。

100131-24

つよママの家に来ると、お散歩は近所の公園がお決まりのコース。

100131-25

お腹すっきりさせて帰ってきました。

100131-26a


さて、いざごはん、というときになって、リュウがとっても変な格好でごはんを食べ始めました。

100131-27a


なぜ?
なぜ、片脚を上げているの???

どこかが痛いのかと思ったのですが、そうではないみたい。
何故なのかがさっぱりわかりません。
「リュウ、大丈夫?」と声を掛けていたのですが、それにも知らん振り。
そしてそのうち普通に食べ始めました。

100131-28a

なんだったんだろう~。

ごはんを食べ終えたリュウは、つよさんの膝の上にあごを投げ出して甘えん坊モード。

100131-29a

と思ったら、今度は横になったつよさんと一緒に寝そべっていました。
リュウまで肘枕しているみたいよ。

100131-30a

リュウが私のところへ来たのは、りんごを食べているときだけでした。
私からりんごをもらうと、すぐにつよさんのところへ行って、再びおねだり。

100131-31a

帰りは自転車をひくつよさんと一緒に。

100131-32a

途中で原っぱ駐車場にもチラリと立ち寄りました。

100131-33a

無事にマンションに到着。

100131-34a

今日はやや控えめな場所でつよさんとお布団に入ったリュウなのでした。

100131-35a






スポンサーサイト
  1. 2010/01/31(日) 23:06:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月30日土曜日 朝~夜

タロくんとお相撲

まゆです。こんにちは。

「まだ、おさんぽ、いかないですか?」
100130-1

そんなことないよ~、すぐ行くよ~!

というわけで、今朝もやってきました。草むらです。
最初はクンクンしていたリュウなのですが・・・

100130-2

おやおや、何か見つけてしまったようです。

100130-3

テニスボールだ~。
あっ!くわえました。

100130-4

リュウくん、リュウくん・・・
それをくわえて、どこまで行くの?

100130-5

「えっとぉ・・・」
100130-6

「1かい、おくですよ」
100130-7

どうぞご自由に。

リュウ、ボールを置いてクンクンを始めました。

100130-8

でもまたすぐに、ボールの許へ。

100130-9

しばらくボールで遊んでいると、キャメロンちゃんがやってきました。

100130-10

ラブやゴールデンがちょっぴり苦手なリュウですが、キャメロンちゃんは大丈夫なゴールデンさん。

100130-11

ところが今日はキャメロンちゃんにボールが見つかってしまった瞬間、リュウは唸ってしまいました。

「ダメー!それ、ボクのー!」
100130-12

でも結局はボールを取られてしまい、一瞬呆然としたリュウ。
そうかと言って奪い返すでもなく、こんな格好でキャメロンちゃんがボールをかじるのを、じーっとガン見していました。

100130-13

キャメロンちゃんがボールを返してくれて、草むらから出ていってしまうと、もうボールはそっちのけで植え込みの裏などに探検気分で入っていったリュウ。
私に呼ばれて戻ってきました。

100130-14

・・・と、今度はタロくんの登場。

100130-15

ご挨拶したまではよかったのですが・・・

100130-16

このあと、お相撲好きのタロくんにいきなりお相撲を取らされ、びっくりしたリュウはまたまた唸ってしまいました。
そこへ、全く物怖じしないロンちゃんが登場し、すんなりタロくんとお相撲を取り始めました。
リュウは気になって仕方ない様子。

100130-17

それからすぐにタロくんとロンちゃんは小さい公園の方へ行きました。
まだ草むらに留まっていたリュウに、ロンちゃんのママさんが「リュウくんもおいで~」と声を掛けてくださったのを聞いて、リュウはすっ飛んでいきましたよ。ちょっと笑えるくらいいそいそとしていました。

100130-18

すぐにみんなに追いつきました。

100130-19

池までくると、リュウだけデッキの方に下りてクンクンしていたのですが、アメリちゃんやぶっちゃんが来て、道が急に賑やかになっていました。

100130-20

犬密度が高い・・・
リュウ、なぜかタロくんと再びご挨拶。

100130-21

草むらではボールのことで頭がいっぱいで、うんぴーどころではなかったようですが、丘の草むらに来てようやくそんな気分になったようです。

100130-22

そろそろ帰ろうとしていたら、チャコちゃんとすれ違いました。

100130-23

途中から丘の草むらにやってきたチャッピーくんと、ロンちゃんと連れ立って公園を出ました。

100130-24

ロンちゃんのおうちの前で、「ちょっと待ってて」と言われ待っていると・・・

100130-25

またしてもお土産をいただいてしまいました!
ロンちゃんのママさんのご実家から送られてきたというイカや「いちご煮」の缶詰など。
いつもいつも、おいしいものばかりいただいちゃってすみません

しかもロンちゃんとうちまで見送ってくれるという大サービス付き。

100130-26

うちのマンションの角で「バイバ~イ」と手を振って別れました。

100130-27

朝ごはんを食べ終えたリュウ。
またまた日光浴です。

100130-28

そのうち和室へ行ってひとりで遊び始めたので、好きにさせていたのですが、仕事部屋からふと視線を感じて目をやると・・・

100130-29

柱の陰から顔だけ覗かせてこちらを見ているリュウと目が合いました。

リュウ、そんなところから覗いていないで、こっちにおいで!

100130-30

リビングからクッションを持ってくると、その上で丸くなってお昼寝タイム。

100130-31

夕方のお散歩の出るタイミングを逸してしまい、暗くなってからの出発になってしまいました。

100130-32

朝と同じく草むらへやってきました。

100130-33

でもボール遊びはせず、その代わりグルグルと走りました。

100130-34

本日の夕飯メニューはロンちゃんちからいただいたイカで、ワタ焼きを作りました。
地味なおかずばかりだったせいか、リュウはおねだりせずに静かにクッションの上にいました。

100130-35

つよさんとお布団に入ったリュウ。
何となく仰け反り気味に寝ています。

100130-36

本日、ダイエット本を読んでとっても怖~い気持ちになった私は、本格的にダイエットを始めることにしました。
でも、その本に急激に痩せるのは身体に負担だし必ずリバウンドもくるとあったので、1ヵ月で1.5キロ減量目標の緩やかダイエットです。
はあ~。目標体重までは道のり遠そう・・・





  1. 2010/01/30(土) 23:09:59|
  2. お散歩の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2010年1月29日金曜日 朝~夜

探し残したおやつたち

まゆです。こんにちは。

朝からつよさんに張り付くリュウ。

100129-1

つよさんが仕事に出掛けてしまうと、枕の上でお公家くんになっていました。

100129-2

さて、お散歩に行こう。

100129-3

駐車場の通りを歩き始めたリュウ。
どうやらワン太くん公園へ行くつもりのようです。

100129-4

かつて空地だったこの場所は、まだ気になるらしく覗き見しながら通り越し・・・

100129-5

草むら駐車場もなぜか素通り。

100129-6

ワン太くん公園にやってくると、わんわんパトロール隊の犬たちが集っているところでした。
リュウの足取りも速くなります。

100129-7

ちょうど公園の入口から入ったところで、パトロール隊の犬たちはみんなで反対の入口から、お散歩に出掛けてしまいました。

みんなの後姿を見送るリュウ。

100129-8

アスレチックの裏のあたりでクンクンしているうちに、お腹もすっきりに。

100129-9

ちょうどそこへパールちゃん、アクアちゃん親子がやってきました。

100129-10

しばらくお話しすると、パールちゃんたちは帰っていき、また公園はリュウひとりのものに。
こうなったら走るっきゃないよ。

100129-11

リュウは走りながら「ガウ~」と言います。

100129-12

そして、必ずこの顔に。
ちょっとニヒルな笑い・・・

100129-13

このあと、公園をクンクンしながら一周しました。

100129-14

そしていつものように幼稚園通りを歩いて家に向かったリュウ。

100129-15

あのね、今日は長いお留守番の日なんだ。

100129-16

こんな日は部屋のあちこちに、小さなおやつをいっぱい隠します。
さっそくひとつ見つけたもよう。

100129-17

お留守番のあいだ、リュウがどんな風に過ごしているのか、一度見てみたいのですが・・・
今日は何をしていたのかしら。

夜はつよさんの方が早く帰宅したので、リュウのお散歩に行ってくれました。

100129-18

草むらに行って無事にうんぴーもしたそうです。
このところお腹の調子は順調♪

100129-19

私が帰宅したときには、ふたりがお散歩に出てしまったあとでした。
ふと着替えながらチェストを見ると・・・
あらら、リュウったら、宝探しのおやつを探し残してるよ。
それもふたつも!

100129-20

帰ってきたリュウを呼び寄せると、大慌てで探し始めました。
すぐに見つけてまずひとつをパクッとしたところ。

100129-21

だいたいいつもひとつは探し残しがあるのですが、今日はこの場所のふたつの他に、もう1ヵ所ありました。

夕ごはんのときに、またしてもつよさんに張り付いたリュウ。
今日はきのこソースのパスタだったのですが、パスタのときにフランスパンも食べるので、それをおねだりしているようです。
これまたつよさんがあげてしまいますし
それを見越して、リュウのごはんのおじやを少なめにしているから、まあいいか・・・

100129-22

そろそろ寝ようとお布団のところへ行ったら、すっかり寝ていたのはつよさんだけで、リュウは三つ指ついて待っていました。

100129-23

とうのは私の希望的観測で、この顔はどう見てもちょっと非難が混じった感じです
最近夜更かしな私に、何か言いたげなリュウなのでした。





  1. 2010/01/29(金) 23:09:33|
  2. 遊び・ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月28日木曜日 朝~夜

またしても小田原は雨

まゆです。こんにちは。

今朝はいつもよりちょっぴり早いお散歩タイム。

100128-1

リュウ、嬉しそうに「いくですよー」と振り返っていました。

100128-2

駐車場の通り沿いの空地、今日通りかかってみたら、もうこんな囲いがされていました。
いよいよおうちが建つようです。

100128-3

空地に立ち寄れなかったリュウ、仕方なくその先の草むら駐車場へ行きました。

100128-4

でも、目的地はそこではありません。
大きい通りを渡って住宅街を抜けて・・・

100128-5

ワン太くん公園へやってきました。

100128-6

そう言えば、つよさんは草むらでもリュウとボール遊びをしていたよね。
広い公園に来たし、今日は誰もいないから、ちょっとだけボールで遊んでみる?

100128-7

少し遊ぶとすぐに休むリュウ。

100128-8

でも、また鼻を膨らませてこちらを見上げ、遊びに誘ってきます。

100128-9

追いかけたボールをGETして意気揚々と歩くリュウ。

100128-10

まあ、3回も追いかけたらすぐに飽きてしまうのですが。
そのあとは、のんびりクンクンタイムです。

100128-11

公園をのんびり一周して外に出ると、お散歩をしているアイちゃんに偶然会いました。
今日は自転車でお散歩なんですって!

100128-12

リュウはアイちゃんの「あそぼうぜ」とやっていましたが、先を急ぐアイちゃんは行ってしまいました。
リュウ、全力というほどではないですが、小走りに追いかけていきましたよ。

100128-13

幼稚園通りを抜ける途中の駐車場の脇で、少しだけ草を食べたリュウ。
大きい通りに出ると、信号待ちをしているワンコさんを発見。
よく見たらコウちゃんでした。
このあいだ会ったときには、最近にしては珍しく「あそぼう」とやっていたからか、コウちゃんはリュウの方へ来たがっていたのですが、リュウは全然興味を示しませんでした。
どちらかと言うと「なんだ、あいつですよ」っていう感じ・・・

100128-14

朝ごはんを食べ終えて、今日は小田原へ出掛ける日なのでバタバタと支度をしていると、またしてもリュウがこんな格好で私を見ていました。

「また、おでかけですか?」
100128-15

いよいよ出掛ける段になると、淋しそうな顔になっていました。
ごめんね、ごめんね、リュウ~!

100128-16

前回の小田原ではジンクスを破って雨が降らなかったのですが、今日はまた降ってしまいました。
できるだけ早く帰ろうと、有料の早い電車に乗って帰ってきたのですが、つよさんの方が先に帰宅したので、リュウのお散歩はつよさんがやってくれました。

出掛けるときのリュウ。覗き見モードながら喜びが見てとれます。

100128-17

草むらへ行ってクンクン、うんぴーをしたあとは・・・

100128-18

「はしるですよー」
100128-19

まあ、つよさんとお散歩のときは、たいてい走っているらしいリュウ。

夜、ごはんを食べたあと図面を広げて、何やら仕事をしていたつよさんが「糊貸して」というので、テープ糊を出してくると、すぐにリュウが食いついてきました。

リュウ、これはね、食べ物でもおもちゃでもないのよ・・・

100128-20

夜はいつものようにつよさんと一緒にお布団に入ったリュウなのでした。

100128-21




  1. 2010/01/28(木) 23:59:18|
  2. お散歩の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月27日水曜日 朝~夜

お昼寝につきあう

まゆです。こんにちは。

リュウはまだお布団にいるの?

100127-1

いつの間にやら起きてきて、お散歩に行く準備をしている私を、こんな格好で待っていました。

100127-2

階段を下りたら飛び出し注意。

100127-3

今日は住宅街コースへいつつもりかな?
うさかめ公園の横のスペースでクンクンしていたら、奥の、やはりわんこがいるおうちのママさんが出てきて、ニコニコしながらリュウを見ていきました。

100127-4

お花屋さんの鉢植も必ずクンクンするので、おしっこをしやしないかと冷や冷やしますが、「そこはダメよ~」というと絶対にしません。今日も大丈夫でした。

100127-5

道で会ったトイプードルちゃん。
お互いちょっと気になる様子。

100127-6

商店街をどんどんまっすぐ・・・

100127-7

途中の公園に立ち寄りました。

100127-8

でも、今日はここにいたのはほんのちょっぴり。
すぐに裏の道の方へ。

原っぱ駐車場へ行くのにふたつ角を曲がるのですが、ふたつめの角にあるアパートの、入口脇に置いてあった植木鉢の上で、リュウが突然うんぴーの格好に!
焦ったのなんのって!
真ん中の青い植木鉢です。

100127-9

手のひらにティッシュを広げてキャッチできたから、よかったようなものの・・・
難易度高すぎだよ、リュウ。

ちょうどうんぴーを始末し終えて出発しようとしたところで、カエデちゃんとアトランに会いました。
どうやらリュウは突然のことに驚いた様子。
カエデちゃんに吠えたことなんてなかったのに、今日は吠えてしまいました

100127-10

吠えてしまってから誰なのかがわかった様子で、一生懸命後ろから追いかけていましたが。

100127-11

草むら駐車場はのんびりクンクンする場所。

100127-12

「むこうから、声がするですよ」
100127-13

もしかしたらサンちゃんかもね。

駐車場でクンクンしたあとは、いつものように教会横の公園へ行ったのですが・・・
教会は幼稚園にもなっていて、今日はお庭で園児たちが遊んでいてとても賑やか。

100127-14

リュウは公園の入口でしばらく突っ立っていたのですが、すぐに外に出てしまいました。

100127-15

帰りはポケット広場の方ではなく、マンション通りからコチャコチャと住宅街を行くコースを選びました。
途中の行き止まりの道も探索したり

100127-16

帰ってきて、朝ごはんができるのをこんな姿で待っていました。

100127-17

そして、食べ終えると今度はちょっぴりの日向で日光浴。

100127-18

私は徹夜明けだったので、やることだけとりあえずやって、少し寝るつもりでいたのですが、いよいよ寝ようと敷きっ放しのお布団のところへいくと、既に先客がいました。

リュウ・・・いつの間に。

100127-19

夕方も暗くなりかけたころに目が覚めました。
すぐまたリュウのお散歩です。
なんだか、一日失った感じ

100127-20

夕方のお散歩は草むらへ。

100127-21

草むらでクンクンしていると「こんにちは~」と声がして、見るとクウタンでした。

100127-22

一緒にいたアメリちゃんともご挨拶。ふたりとも小さい公園から帰る途中だったようです。

100127-23

クウたんとアメリちゃんはリュウとご挨拶が済むと帰ってしまいました。
「え~、みんなもう、帰っちゃうですか?」と、ちょっと淋しそうに見送るリュウ。

100127-25

でも、そこへまたお友達がやってきましたよ。ゴクウくんです。
いつもはお母さんと一緒なのですが、今日はお父さんと一緒。
ゴクウくんのお父さん、リュウを撫でてくださいました。

100127-24

珍しくゴクウくんと「あそぼうぜ」と走り回ったリュウ。
でも、お互いてんでバラバラの方向に向かって走っていました。
追いかけっこもストレスになったりするから、この方がいいかもね。特にリュウにはね。

100127-26

家に帰ってきてからの写真が、またしても全部覗き見写真になっていました。
リュウは自分のごはんを食べ終えると、今日はおねだりせずに大人しくクッションの上にいましたよ。

最後のこの写真だけは無事だったので載せることにします。

100127-27

ちょっとピンボケだけど・・・お許しください!




  1. 2010/01/27(水) 23:02:24|
  2. お散歩の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月26日火曜日 朝~夜

おもちゃ取り出しの術

まゆです。こんにちは。

お散歩前に待ちくたびれ中のリュウ。

100126-1

さあ、出発しよう!

100126-2

裏の駐車場の通りをまっすぐ行き、最近ずっと行きつけになっていた空地に入ろうとして・・・あれ!
どうやらおうちが建つようよ。

100126-3

その先の草むら駐車場でうんぴーを済ませました。

100126-4

でも、お散歩はこれから。
大きい通りを渡ります。

100126-5

ワン太くん公園へ行くまでの道は静かな住宅街。
途中で久し振りのゴクウくんに会いました。
今日はお父さんと一緒。

100126-6

公園では相変わらず派手な蹴り飛ばしをするリュウ。

100126-7

アスレチックの裏側から原っぱの方に向かいます。

100126-8

いつもゆっくりクンクンをするリュウですが、今日は更にクンクンが激しい感じ。

100126-9

見ていると、なんとなくまだうんぴーがしたいような・・・?

100126-10

入ってきたのとは反対の入口から、川沿いの道に出ました。

100126-11

「なんか、やってるですよ」
100126-12

そういえば、このあいだ凛ちゃんのママさんに会ったときに、この先の遊歩道とぶつかったところの木が何本か切られていて、どうやら橋がかかって道が伸びるらしいと話していたのですが、その工事をやっているもよう。
本当に木が切り倒されていて、川の向こうの、私が好きだった遊歩道は見る影もなくなっていました

暮れにおやつを買いに行ったときに、ちらりと遊歩道を行こうかと考えたのだけれど、ほんのちょっとの遠回りを不精したばっかりに、もう2度と歩けなくなっちゃったよ~

100126-13

ところでリュウはやっぱりサイクリング遊歩道へ来て、2度目のうんぴーをしました。
それで今日はウロウロと公園の中を歩き回っていたのね。

100126-14

遊歩道の先のカラスの空地にも立ち寄りました。
私はここはあまり好きではないのですが、なぜかリュウが入って行きたがる場所。
でも、ここも道ができたら潰されてしまうでしょう。
いつまでこの場所を楽しめるのかしらね。
まあ、それまではリュウにつきあうことにします。

100126-15

角の公園を抜けて、大きい通り沿いの遊歩道を歩いて帰ってきました。

100126-16

およよ、そこは畑だから、それ以上は入らないでね。

100126-17

さてさて、最近のおもちゃ入れのお話しでもしましょうか。
このところ、おもちゃ入れにこんな風に傘を被せてあるのですが、ここに入れたおもちゃが床に転がっているのに、傘はそのまま、ということが続いていたので、リュウがどんな風におもちゃを取り出すのか実演してもらうことにしました。

さて、撮影のスタンバイOKよ!やってみて!

100126-18

「こんなふうに、とるですよ。かんたん」
100126-19

鼻先でちょこっと傘を持ち上げて、隙間から目当てのおもちゃを上手に引っ張り出したリュウ。
他のおもちゃが落ちたり、傘の位置がずれたりもしていません。
おみそれしました~!

取り出した犬1号は、和室へくわえていってゆっくりかじって遊んでいました。

100126-20

午後に1回おやつタイム。
我家のおやつタイムは気まぐれに訪れます。

100126-21

夕方になって、今度はお留守番のおやつをもらいました。

100126-22

奥土居美可さんという知り合いのシンガーの方が、六本木のスイートベイジルでライブをやるので、仲間と出掛けることになっていました。
これまでにも何度か行くチャンスはあったのですが、いつも何か他の用事があって行かれず、今日ようやく叶いました!
奥土居さんは小柄な女性なのですが、どこにそんなパワーが?と思うような声、歌、表現・・・
普段とは全く違うオーラに包まれた様に感動して帰ってきました。

そしたらですよ。
うちのだらしない男たちったら・・・

つよさん、夕ごはんを食べて転寝したらしく、それがそのまま熟睡となってしまったようで
私が帰ってきた物音で目を覚まし、時間を確認して慌てていました。

100126-23adj

なんと!リュウのお散歩をやってないってぇええっ???!!!

大慌てで出掛けたつよさんとリュウ。

100126-24

リュウ、相当大喜びしていました。当然でしょう。
その割には行った先は地味にいつもの草むらなのね・・・

100126-25

でも、いっぱい走ってきたもよう。

100126-26

こんなにお散歩を待たされた腹いせに(?)、走りながらお散歩バッグをかじりまくっていたようです。

100126-27

それにしてもあり得ないお散歩タイム。
リュウ、ごめんね。
キミ、もう少し文句言っていいよ。
じゃないと、割に合わないよ。
だってほら、つよさんも私もこんなだから・・・ね。




  1. 2010/01/26(火) 23:21:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月25日月曜日 朝~夜

ストレッチ、ストレーッチ!

まゆです。こんにちは。

今日も性懲りもなく、ネックレスをつけてのお散歩。
だって似合っていてかわいいんだもん・・・

100125-1

「待て」は完璧にできるようになりました。
「待って」でも「待ってて」でもOK。

100125-2

草むらへ行ってクンクンしているうちに、すぐにうんぴーをしました。

100125-3

草むらでシェリーちゃんに会いましたよ。
このところお父さんと一緒のことが多かったのですが、今日はお母さんと。

100125-4

シェリーちゃんが行ってしまったあとも、ひとりで草むらをクンクンしていたリュウでしたが、なぜかお座りをしてしまいました。
全然動きません。

100125-5

ようやく歩き始めたと思ったら、遊歩道の向こうの植え込みの奥のフェンスから、畑の方を覗き見していました。

100125-6

再び草むらに戻ったのですが・・・

100125-7

またまた植え込みで覗き見。

100125-8

遊歩道をタクシー会社の通りの方へ歩いていく途中でも、今度は反対側の植え込みで覗き見をしていました

100125-9

今日はそのまま道を突っ切って、更に向こうの遊歩道を歩いていきましたよ。

100125-10

農家の前の通りを曲がって、途中の駐車場に入り込んでクンクン。
この場所は駐車場のお隣の畑との境目あたりです。

100125-11

三角草むらに立ち寄り・・・

100125-12

草むらの家へも行きました。

100125-13

リュウ!そこはよそのおうち!
趣味全開です・・・

100125-14

この分だと農家の中へも入ると言うだろうと覚悟していたのですが、今日は中から耕運機の音がしていたので、入口の木より向こうへは行こうとしませんでした。

「すごいおとだったですよ」
100125-15

帰ってきたリュウはキッチンの入口に陣取って、早くごはんを出せとプレッシャーをかけてきました。

「おなか、すいたですよ」
100125-16

ごはんを食べ終えたころにインターフォンが鳴ったので出てみると、生協の勧誘でした。
ふとリュウを見ると、すっかりお客さま待ちの状態に・・・

リュウ、誰も来ないよ。

100125-17

しばらくこの状態でずっと待ち続けていて、仕事部屋から「おいで」と呼ぶまで動きませんでした。

午後になって退屈そうにしているリュウにストレッチを施してみました。
そーっと脚を引っ張るだけですが。
ひと通りやり終えて、「ストレッチ、もう1回する?」と聞いたら、リュウが前脚を「ちょうだい」の時のように差し出してきたので、もうひと通り。
こんなんでも、気持ちいい?

100125-18

さて、そろそろお散歩に行かなくちゃと思っていたところへ、つよさんが帰ってきました。
リュウ、大はしゃぎでつよさんにくっついて回っていました。

100125-19

でも、お散歩はもっと嬉しかったらしく、玄関を出たらこんな顔。

100125-20

変わり映えのない草むらコースでしたが。

100125-21

でも、今日はちょっと他の道筋を行きたかったのか、畑の角のところで立ち止まって、しばらくどちらへ行こうかと思案しているようでした。
そしてブルーベリー畑の脇の道を曲がりました。

100125-22

郵便局通りに出てすぐの駐車場にさしかかると、リュウが突然うんぴーの格好に。
慌ててお尻の下にティッシュをあてがいました。何とかセーフ。

100125-23adj

うんぴーをしてしまうと、もう草むらへ行く気はなくなったらしく、そのまま道を引き返し始めたリュウ。
凛ちゃん通りを曲がっていきました。

100125-24

夕ごはんを食べたあと、ひとりで犬1号を出してきてかじり始めたリュウ。

100125-25

夜はつよさんと一緒にお布団に入っていきました。

100125-26

今日はおでこじゃなくて、お尻をつよさんに向けています。
この体勢で、時々おならもするそうです。




  1. 2010/01/25(月) 23:31:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月24日日曜日 昼~夜

探し物いろいろ

まゆです。こんにちは。

帰ってきてからのリュウは、仕事をしている私の横でずっと寝ていました。

100124-26

こんなに寝て、頭がボケやしないかと心配。
宝探しでもする?

100124-27

リビングと和室におやつをいっぱい隠しました。
隠しているあいだ仕事部屋で待機させられたリュウ、晴れて解禁の身となりました。

100124-28

CDラックの裏の、横桟の上におやつを発見したようです。

100124-29

スピーカーの上にもあった?

100124-30

和室にもいっぱいあるよ。

100124-31

朝失くしたペンダントヘッドが気になって、仕事の合間に今朝撮った写真を見ているうちに、落とした場所がだいたい特定できたので、明るいうちにお散歩に行って探すことにしました。

100124-32

夕方も草むらコース。まずは草むらでクンクン。

100124-33

そしてすぐに小さい公園へ向かいました。
遊歩道の入口でケアンテリアのエイビーちゃんというわんこさんに会い、どうやら気に入ってしまったらしいリュウ。
一緒に小さい公園へ行きました。

100124-34

丘の草むらには、既にいっぱいわんこがきていました。
クウちゃんも後ろ足だけで立っているよ!
トイプードルはこのポーズが得意なの?

100124-35

他にもヤヤちゃん、クロスくん、写真には写っていませんがアメリちゃんもいました。

100124-36

でもリュウは、やっぱりエイビーちゃんが気になる様子。

100124-37

さて、リュウがみんなから離れたところで山の入口の方へ行き、ペンダントのパーツを落としたらしい所の草をかき分けたり、枯葉を払ってみたりしながら、植え込みの根元なども探したのですが、やっぱり見つかりません。

100124-38

リュウも探してくれました。

100124-39

そうそう、確かにそこも怪しい。

100124-40

朝行き会ったときに、ヤヤちゃんのパパさんには失くしたことを話していたので、「見つかりました?」と声を掛けられました。
ヤヤちゃんのパパさん、パーツがないネックレスだったのだけれど、リュウがしているのを見て、「いやあ、これ、本当にかわいいなあ」って褒めてくださったんです。

100124-41

どんなに探しても見つからないので今日のところは諦めました。
作ってくださった坂本さんも「パーツが無くなったときには、身代わりになってくれたって思えばいいから」と言ってくださっていたっけ。
それにしても残念すぎますが
でも、もしかしたら身代わりじゃなくて、縁があったらまた戻ってくるよね、きっと。

丘に戻ってまたみんなのいる場所へ。
エイビーちゃんのお姉さんに撫でてもらったリュウ。
ちゅーをしようとしていました。

100124-42

そのあと、少しみんなから離れた場所へ行ったと思ったら、急に「はしろう!」ですって。

100124-43

エイビーちゃんのお姉さんに「リュウくんは大人しいですね。リュウくんでもスイッチが入っちゃうこと、あるんですか?」と聞かれました。「スイッチ?」と聞き返すと、「遊ぼうってはしゃいだり」とおっしゃるので「ええ、ええ、それはありますよ~。それも突然」と答えた直後だったんです。
実例をお見せできたという感じでした

100124-44

走って満足すると丘にいるみんなにさよならをして、また草むらに戻ってきました。
草むらにはラブちゃんがひとり。
ラブなのにリュウが大人しいと思っていたら、前にも小さい公園で会ったことのあるサンゴちゃんでした。
昨日の朝会ったパールちゃんの娘で、アクアちゃんの姉妹です。

100124-45

リュウの少しあとにやはり小さい公園から草むらに移動してきたヤヤちゃんは、大きなサンゴちゃんがちょっぴり怖い様子でしたが、近寄らないというだけで吠えたりはしませんでした。

100124-46

5時半を回ると、あたりはすっかり暗くなってきました。
それにしても日が長くなってきて、とってもとっても嬉しいです。

100124-47

今日はみんなでつよママの家へごはんを食べに行くことになっていたのですが、そのことをすっかり忘れていました。
おまけに仕事が全然終わっていません・・・
明日の朝までに送らないといけないので、どうにか今日中に終わらせてしまいたいところ。

つよママのところへは、つよさんだけで行ってもらいました。
ごめんなさい。

リュウはずっと私と一緒にいたのですが、つよさんが帰ってくるとすぐにつよさんの方へ鞍替えしていました。
何とか仕事を終えて納品を済ませ、寝ようと思ったら・・・

100124-48

思わず「お邪魔しま~す」と囁きながらお布団に入った私なのでした。




  1. 2010/01/24(日) 23:52:17|
  2. お友達の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月24日日曜日 朝

失くし物 

まゆです。こんにちは。

今日はまた朝から思いっ切りカメラの調子が悪く、最初の何枚かが全部覗き見写真になっていました。
記事にも何枚か覗き見写真を採用してしまったので、見づらいです。すみません 

朝のお散歩、本当は最初の草むらに行ったのですが、そんなわけでその写真は割愛、そのあと行った小さい公園から。

100124-1

小さい公園も、丘の前に池のデッキに下りていったのですが・・・
それから丘に行き、道を隔てた反対の植え込みでうんぴーをして、丘を突っ切ってスロープのところまでやってきました。

100124-2

今日はどうしてもスロープの手すりの向こう側が気になる様子。

100124-3

東屋の脇を通って山の入口のある道までやってきました。

100124-4

今日も坂本さんに作っていただいたネックレスをしてきたんですよ。
リュウ、似合ってるよ~

100124-5

今日は山の入口でクンクンしただけで中へは入らず、石橋を渡っていきました。

100124-6

そしていつも山に入ったときに下りてくる出口で、しばらくクンクンタイムを過ごしていました。

100124-7

再び池に戻ってクンクンしていると・・・

100124-8

アメリちゃんが通りかかりました。

100124-9

しばらく池のデッキの周りをクンクンしてから、アメリちゃんがいる丘の入口に向かうと、リッチーくんも来ていました。

100124-10

リッチーくん、柴犬が苦手で、リュウのようにちょっと柴犬っぽい犬もダメだということで、いつもお父さんが抱っこしていたりするのですが、今日はこんなに近くにいても全然平気でした。

100124-11

今までリッチーくんに吠えられたこともないし、リュウのことは平気なのかもね。

100124-12

と、ここで私はある重大なことに気づきました。
なんと!
リュウのネックレスの、一番大きなパーツがなくなっています
丸環を残して・・・
嫌だ~、一体どこで失くしたんだろう・・・

頭の中は真っ白でしたが、平静を装ってリュウが辿った道筋を思い出してみました。
スロープから東屋へ行って・・・山の入口あたりで写真を撮ったときには、ペンダントヘッドがついているのを確認しているから、きっとそのあとです。

ちょっと探してみることにしました。
リュウと東屋の方へゆっくり移動していきました。

100124-13

一応、スロープのところもチェック。
アメリちゃんのパパさんが、リュウを撫でにきてくださいました。

100124-14

ぐるりと探したけれど見つかりません
そんなこんなしていたら、ヤヤちゃんが公園に入ってきました。

100124-15

丘の麓までやってくると、ミニチュアピンシャー(たぶん・・・)のユウコちゃんに遭遇。
ユウコちゃん、リュウが大きいから、ちょっと怖かったみたい。

100124-16

ヤヤちゃんがこんな得意技を披露してくれました。

100124-17

さて、みんなにご挨拶も済んだので、再びペンダントのパーツ探しに乗り出しました。
一番怪しいのは山の入口と、出口のところ。

100124-18

どうやらリュウは私が探し物をしていることがわかったようで、一緒になって探してくれました。
茂みの中に鼻先を突っ込んでフガフガクンクンやっているのですが・・・

リュウ、何を探しているかわかってないよね?
もしかしたら見つけているかもしれないけど、絶対くわえて出てきたりはしないよね・・・

100124-19

心当たりを探したけれど見つからないので、諦めて草むらに戻るとリュウが「はしるですよ」と言いました。

100124-20

しばらく走って、鼻の周りが膨らんだところ。

100124-21

チャッピーくんがやってきましたよ。

100124-22

それからヤヤちゃんも、公園からこちらに移動してきました。

100124-23

みんなとバイバイしてタクシー会社の前の道を歩いていると、ブルーベリー畑の脇道にいるチャコちゃんに会いました。
今日はお姉ちゃんと一緒にお散歩です。

100124-24

チャコちゃんのお姉ちゃんと言葉を交わしていると、畑の道の向こうから「リュウちゃ~ん!」と呼ぶ声が。
見るとハスキーおじさんでした。
今日は愛想よくおじさんにご挨拶ができたリュウ。

100124-25

あ~、それにしても、あのペンダントヘッドは一体どこで失くしたのでしょう。
どうかどうか、見つかりますように・・・




  1. 2010/01/24(日) 10:26:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月23日土曜日 朝~夜

お留守番 + お留守番

まゆです。こんにちは。

リュウの胸元のネックレス、見えますか?
友人のアクセサリー作家の坂本由佳さんが、私のネックレスとお揃いで作ってくれたんです。
色合いがリュウの毛色にぴったりで、とても気に入っています。
今日は首輪ではなく、このネックレスをしてお散歩に行きました。

100123-1

草むらへ行く途中、久し振りにハスキーおじさんに会いました。
でも、リュウの頭の中はどうやらうんぴーのことでいっぱいだったようです。
おじさんがしきりと話しかけてくださったのに、ご覧の通り知らん顔。

100123-2

でも、おじさんは優しいので「リュウちゃん、うんぴーかな。行っといで!」と言ってくださいました。
草むら付近まで来ると駆け足になったリュウ。

100123-3

草むらに飛び込むなり、すぐにうんぴー場所を見つけたリュウ。
お腹がすっきりしたあとは、ゆっくりクンクンタイムです。

最近、草むらのお掃除が進んでいるようですが、これはきっとその道具ね。

100123-4

しばらくクンクンすると、リュウはその場で突っ立ったまま動かなくなってしまいました。

100123-5

朝日を浴びて、なんだか眩しそう。
ネックレスがキラキラしています。

100123-6

更に眩しそうな顔になりました。
リュウ、座り込みでポーズを取っています。
私が「ネックレス、似合うね~、かわいいね~」としきりと褒めたからかな?

100123-7

・・・と思っていたら、突然今度は走ろうと言い出しました。

100123-8

ガウ~!と声を上げながら走っているリュウ。

100123-9

そこへ誰かやってきましたよ。
あれは、パールちゃん、アクアちゃん親子かな。

100123-10

ラブラドールがちょっぴり苦手なリュウですが、パールちゃんとアクアちゃんとは、怖々ながらも吠えずにいられます。

100123-11

またしても覗き見カメラになってしまってわかりにくいのですが・・・
こんなに近くでお座りできるのも珍しい。

今日はパールちゃんに「あそぼう!」と誘いをかけていたので驚いていたら、パールちゃんがそれに反応していて、パパールちゃんのパパさんもびっくりしていました。

100123-12

パールちゃんのパパさんにボールを貸してもらったリュウ。

100123-13

そろそろボールを返そうとリュウに近寄っていくと、ボールをくわえて逃げ回っていました。

さて、今日は一日外での仕事の日です。
本当なら明日が当番なのですが、今週はちょっとイレギュラー。
リュウはすぐに宝探しにかかっていました。

100123-14

夜のお散歩はつよさんと。

100123-15

草むら駐車場へ行ったそうです。

100123-16

そこからワン太くん公園へも足を延ばしたもよう。

100123-17

今日はなんだかとってもくたびれてしまったので、仕事帰りにつよさんを呼び出して、近所のお店で夕ごはんを食べました。
食事をしているとシュナちゃんのお父さんが入ってきて、「あれ、珍しいね」って。
それからスタスタとカウンターの真ん中に座りました。
私たちはテーブル席にいて、帰るときに挨拶をしたら、「俺ね、毎日ここに来てるの。毎日来てよ」な~んて言っていました。
常連さんだったんですね。うちもたま~にこのお店に行きますが、行き会ったのは初めてでした。

家に帰ると、既に長いお留守番のあとだったにも関わらず、特に荒くれた風でもなく、リュウが出迎えてくれました。
リュウ、いつもどうもありがとう!

100123-18

一緒にお散歩したつよさんは出掛けてしまって、そうしたらふたりで戻ってきた!という感じで、大はしゃぎではありましたが、リュウがピョンピョン跳びつき始めると背中を向けるようにしたので、最近は跳びつきがなくなってきました。
顔ベロベロ攻撃は相変わらず激しいですが。

・・・って、最後の最後にまたしても覗き見状態でごめんなさい・・・


  1. 2010/01/23(土) 23:24:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月22日金曜日 朝~夜

タロくんにこんにちは

まゆです。こんにちは。

お散歩、出発進行!

100122-1

今日は草むらへ行く途中で凛ちゃん通を曲がりました。
曲がった先の危険な空地のところでアメリちゃんに会いました。
アメリちゃんはお散歩を終えて帰るところ。

100122-2adj

リュウは草むらへは行かず、郵便局通りからすぐに小さい公園へ入っていきました。

100122-3

池のデッキでしばしたたずむリュウ。

100122-4

道に上がって植え込みを経由して丘の方へ行きました。

100122-5

でも丘へは行かず、道を隔てた植え込みの方へ。
小さい公園に来ると、この場所でもうんぴーをすることが多いので、今日もてっきりそうだと思っていたら違いました。

100122-6

植え込みからまた道に戻ったところで、タロくんに会いました。
タロくんは鼻をクウンと鳴らしながら、しきりとリュウの方へ来ようとしています。

100122-7

このところ草むらへ来ると必ずと言っていいほどタロくんには会うので、リュウも少しは慣れてきたのか、自分から近寄って行こうとしました。

100122-8

大丈夫かな、大丈夫かな・・・
どうやら大丈夫でした。
唸りも吠えもしませんでした。
このあいだはちょっと唸っちゃったから、かなりの進歩だね。
タロくんが伸び上がっていたから、ちょっぴり怖かったかもしれないけれど、でも唸らなかったね~。

100122-9

このあと、リュウは丘の上でうんぴーをして、スロープから東屋の方へ行って、石橋を渡るとまた草むらへ戻っていきました。

100122-10

草むらは少しクンクンしただけで、タクシー会社の前の道へ。

100122-11

家に帰ってきて、朝ごはんを待つリュウ。

100122-12

その後は私と一緒に納戸な仕事部屋へ。
なんだか、恨めしそうな顔で見ているわねえ。

100122-13

あまりに退屈そうなので、小さなおやつをあげました。

100122-14

家のことなどやって仕事部屋に戻ると、クッションのカバーにしているバスタオルがこんなことに。

100122-15

寝相は間違いなくつよさんに似てきたわ。

さて、今日はSさんが亡くなってから大変な思いをしてきたやすこ嬢を励ます会というのが有志のあいだで催されることになっています。
リュウ、お散歩できなくてごめんね。
つよさんが帰ってきたらお散歩に行ってくれるからね。

「わかったですよ。おやつ、ちょうだいですよ」
100122-16

私が出掛けて1時間半ほどしてつよさんが帰ってきました。
ハーネスもリードもつけてもらったのに、廊下に出しっ放しにされているリュウ。
ちょっと怪訝そう。

100122-17

お散歩の詳細がよくわかりませんが・・・どうやら裏の道からいつもの空地へ行ったもよう。
たぶん草むら駐車場へも行ったと思うのですが。

100122-18

わかっているのはうんぴーをしなかった、ということと、ほんの15分足らずで戻ってきてしまった、ということだけ。

100122-19

会が終わって私が家に帰りつくと、寝床にはリュウがひとりきり。

100122-20

あれ?つよさんは???

あっ!いたっ!
どういう寝相?・・・

100122-21




  1. 2010/01/22(金) 23:29:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月21日木曜日 朝~夜

お尻、お尻、お尻~

まゆです。こんにちは。

今日はいきなりお散歩の写真から。

100121-1

うちの脇の道からうさかめ公園通りに入ったのですが、ちょうどゴミ収集車が来ていたためにリュウは少々おっかなびっくり。
バイクで新聞の回収をしていたおばさまに、「あらら、わんちゃん、びっくりするね。ごめんね」と言われました。
うさかめ公園に避難、避難

100121-2

ここまで来てしまえばもう大丈夫、とばかりに、公園を出たリュウは商店街を元気に歩き出しました。

100121-3

商店街の公園に立ち寄ってクンクン。

100121-4

公園の裏の通りから原っぱ駐車場へ行って、ここでもクンクン。
うんぴーもしました。

100121-5

この写真では澄ました顔をしていますが、、リュウは鳩たちに跳びつこうとしたんですよ。
鳩とかカラスとかの少し大きな鳥を見つけると、なぜかすぐに跳びつこうとしてしまうリュウ。
どうしたら跳びつかなくなるのかな・・・

100121-6

原っぱ駐車場を出て、教会横の公園までやってきたのですが・・・
いつもは静かな公園の隣の幼稚園、今日は子供が庭でいっぱい遊んびながら、歓声を上げていて、それはそれは賑やかです。
リュウは公園に入らずに、外からその様子をしばらくじっと眺めていました。

100121-7

でも危険はないと思ったのか、南の門から公園の中に入っていったのですが・・・
今度は作業車がデーンと置いてあって、何だか調子が狂ってしまったようです。
西の門から慌てて出てしまいました。

100121-8

いつもなら花の小路の方へ行くのですが、今日はマンション通りを行くそうです。

100121-9

こちらの道はあのおうちを通るコース。
出窓にお飾りのあるおうちです。
1月も20日を過ぎたから、お正月とは違うお飾りになっているかな・・・と思って見ると、違うのになっていましたよ。
カエルたち、マフラーをしたり、毛布にくるまったり、なぜか頭にみかんを乗っけたり・・・
思い思いの冬の支度をしています。

100121-10

お散歩から帰って朝ごはんんも食べてしまうと、リュウは納戸な仕事部屋のクッションの上で、ず~っと寝てばかりいました。

100121-11

暗くなる前にお散歩に行こう!

100121-12

草むらコースのときには、必ずと言っていいほど立ち寄る、地味だけどリュウの好きな場所。

100121-13

草むらでクンクンしていると・・・

100121-14

大きいわんこには特に引っ込み思案なライラちゃんがやってきて、リュウのお尻を嗅いでいきました。
後ろからだから近寄れたようですが、それでも以前は全然リュウには近寄れなかったから、少しは慣れてくれたのかな。

100121-15

ライラちゃんはすぐに、お友達の待つ小さい公園へ行ってしまいました。
しばらく草むらをクンクンしてから、リュウも小さい公園へ。
まずは池のデッキです。

100121-16

そこへ、ビュン!と誰かがやってきたと思ったら、ヤマトちゃんでした。
ヤマトちゃんもリュウのお尻をクンクン。

100121-17

丘にはいつものメンバーが。
ひと足先に行ったライラちゃん、アメリちゃん、それからあれはレノくんかな?

100121-18

そのレノくんが駆け寄ってきて、やっぱりリュウのお尻をクンクン。
今日はみんなにお尻クンクンされる日だね。

100121-19

その後、リュウはみんなからひとり離れて東屋の方へ行き、山の入口の道を下りていきました。

100121-20

そして再び草むらに戻ってきましたよ。
遊歩道を小さい公園の方へ急ぐ小さな影が。
クウちゃんのようです。まだみんないるよ。

100121-21

さて、夕ごはん前に、いつもよりちょっぴり早く帰ってきたつよさんが、リュウと一緒に遊んでくれました。
リュウはつよさんが壁に向かって投げつけるうなぎ犬を、じーっと見つめてスタンバイ中です。

100121-22

うなぎ犬のGETに成功!

100121-23

またつよさんがうなぎ犬を投げました。
投げた瞬間、リュウもうなぎ犬に向かってダッシュ!

100121-24

夕ごはんができたので、一旦中断。

100121-25

食べ終えてから再開したようです。

100121-26

リュウ、大張り切りで後ろ足だけで立ち上がったりしていました。

100121-27

GETしたうなぎ犬は、抱え込んでかじって遊びます。

100121-28


今日はたっぷりつよさんに遊んでもらって、リュウも少しは楽しかったかな?
お布団で寝る姿は、まるで人間のようです。

100121-29


かわいいリュウ!
おやすみなさい。





  1. 2010/01/21(木) 23:20:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月20日水曜日 朝~夜

のんびりデー

まゆです。こんにちは。

リュウはこれからつよさんとお散歩。
スタンバイ中です。

100120-1

タクシー会社の前を通って、草むらに行ったようです。

100120-1

リュウ、クンクンをいっぱいして、うんぴー場所も見つけたようです。

100120-3

写真がこれしかないので、本当のところどんな様子だったのかは、今ひとつわかりませんが。
でも、草むらに行っただけなのに40分くらい帰ってこなかったから、きっと楽しい時間を過ごしたのでしょう。

100120-4

つよさんがリュウとお散歩に行っているあいだ、やすこ嬢とふたりで朝ごはんの支度。
朝ごはんというより、もうブランチですね。
みんなでおしゃべりを楽しみながら、ゆっくり食事を楽しみました。

100120-5

リュウも朝ごはん。

100120-6

「ボク、やっぱり、こっちがいいですよ」
100120-7

あらら。
でも、リュウが食べていいものが、なんにもないな~。
それに、リュウは自分の分を全部食べたでしょ?

食事が終わったあとも、お茶を飲みながら3人でいろいろ話していました。
リュウはクッションの上で日向ぼっこをしながら、仲間に入っているような、入っていないような・・・

100120-8

でも、しっかり聞き耳だけは立てているようです。

「みんなが、まちがってないか、きいてるですよ」
100120-9

お昼も回って、そろそろみんな現実に戻らなければならない時間。
やすこ嬢は引越しの準備があるし、私はやらねばならない仕事があるし。
珍しく、リュウも廊下まで出てきて、やすこ嬢をお見送りです。

100120-10

「リュウくん、これからも仲良くしてね」
100120-11

今日は大丈夫みたい

夕方暗くなりかけたころに、つよさんがリュウをお散歩に連れ出してくれました。

100120-12


朝と同じく、またしても草むらです。

100120-13

激しい蹴り飛ばしなどもやったもよう。

100120-14

リュウ、元気そうですが、うんぴーはせずに、なんとゲボしてしまったそうです。

100120-15

でも、普通に元気に帰ってきました。

100120-16

夕べはいつになく夜更かしをしたつよさんは、今日はもうダウンのもよう。
夕ごはんを食べると、10時になっていないのに寝てしまいました。
リュウも一緒にお布団にくるまっていました。

100120-17

よくよくふたりを見ると、リュウはつよさんの腕枕の中ですよ。
あと少しで仕事も終わるから、そうしたら私も乱入するからね!





  1. 2010/01/20(水) 23:01:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月19日火曜日 朝~夜

犬に怖がられるシンドローム

まゆです。こんにちは。

お散歩前、これからハーネスを着けます、というところ。
嬉しそうに鼻の周りが膨らんだリュウ。

100119-1

マンションの裏の通りを歩いていたら、向こうからスズちゃんがやってきました。
お互いに「あそぼう」「あそぼう」となっていました。

100119-2

空地と草むら駐車場に立ち寄ったリュウ。

100119-3

草むら駐車場の前の道にトラックが停まっていて、リュウが駐車場から出ようとしないので、「こっちから出よう」と反対の口の方へ誘導しました。

100119-4

目指すはワン太くん公園だもんね。
今日はいつものように、アスレチックの裏からクンクンがスタート。
すぐにいいうんぴー場所を見つけたようです。

100119-5

広場の向こうに、少し毛足の長いわんこさんがいて、どうやらノーリードの様子。
リュウはそちらをずっと見ていました。

100119-6

するとしばらくして、その犬がパパさんの周りを走っていたと思うと、突然こちらに向かって走ってきました。
パパさんが一生懸命に名前を呼んでいます。なかなか帰らなかったのですが、あと5メートルというくらいのところで、踵を返してパパさんの許へ帰っていきました。

「ふう~、ボク、ちょっときんちょうしたですよ」
100119-7


リュウ、身体をぶるぶるっと震わせていました。
でも、またのんびりと静かなクンクンタイムが戻ってきました。
しばらくクンクンをして公園をあとにしました。

100119-8

いつものように幼稚園通りに入ると、幼稚園の前に通園の園児やお母さんたちが大勢いたのですが、リュウは一瞬立ち止まりはしたものの、興奮するわけでもなく、怖がる風でもなく、普通にそこを通り過ぎていくことができました。
小さい子が苦手なのに、よくがんばったね。

100119-9

「そのかわり、こっちいくですよ」
100119-10

またサイクリング遊歩道の方へ行こうと言っています。

まあ、いいよ。今日はそんなに時間に追われているわけでもないしね。

リュウは「ランランラン♪」という感じに、大好きなサイクリング遊歩道を歩いていました。

100119-11

でも、途中で「あれ?」というように立ち止まり、しばらく考えているようでした。

100119-12

しばらくその場に突っ立っていたリュウでしたが、急に向きを変えて下の遊歩道に下りていき、今度は来た方角へ戻っていきました。

100119-13

このまま行ったら、またワン太くん公園へ戻ってしまうって思ったのかしら?
遊歩道を歩いている最中に、カメラの電池が切れてしまいました

さて、家に帰ってくると納戸な仕事部屋で爆睡していたリュウ。

100119-14

私がお掃除を始めたら、ようやく起きたようです。
ついでだからリュウのブラッシングもしました。

いい子にしていたから、ご褒美のおやつね。

100119-15

今日は夕方からやすこ嬢がうちに来て、今後の仕事のことなど話し合うことになっていました。
私が準備をして、そろそろやすこ嬢が来る時間なので、リュウの散歩がてら迎えに行こうと着替えていると、リュウはまたお留守番かというような浮かない顔でこちらを見ていました。

100119-16

違うよ。リュウも一緒だよ。

100119-17

とたんに元気、元気になったリュウ。
うちの駐車場の通りを歩いていたら、管理人さんがお掃除をしてくださっていました。
リュウが管理人さんのところへツツツツーっと近寄って行くと、管理人のおじさんが「うちにも犬がいるから、匂いがするのかな?」と笑っていました。

100119-18

商店街では、タルト屋さんを覗いて、たまたま奥からお店に出ていたお姉さんに「こんにちは」をしたリュウ。

100119-19

商店街の公園にどうしても立ち寄るというので入ったのですが、奥で子供たちが遊んでいて、その声に少々ビビッた様子でした。

100119-20

入口付近でクンクンしただけで、すぐに公園を出てしまいました。

100119-21

でも大丈夫。
その先にある公園で散策をして、そこでうんぴーも無事に済ませました。

100119-22

公園の先に五差路があってバスも通る道。
どうやらリュウは、それほど広さがないのにバスが通る場所が苦手の様子。
すっかり立ち止まって固まってしまいました。

100119-23

「リュウ、一緒一緒だよ。大丈夫よ~」と言うと、ようやくゆっくり歩き出してくれました。
信号を待っていると、ラッキーなことに向こうからやすこ嬢が渡ってくるのが見えました。
リュウはこれ以上苦手な場所へ行かずに済みました。

100119-24

さっき立ち寄ったばかりの公園にもう一度入って・・・

100119-25

来た道を戻って、商店街までやってきました。

「ついてきてるですか?」
100119-26

やすこ嬢も私もコンビニで支払いを済ませ、そのままリュウのリードをやすこ嬢に預け、今度はスーパーへ。

100119-27

レジを済ませて買ったものを袋に入れている私を見つけたやすこ嬢が、リュウを窓のところまで連れてきてくれました。
写真は変な方を向いていますが、リュウもすぐに気づいてくれましたよ。

100119-28

「ボク、いいこでまってたですよ」
100119-29

ほんとね。本当にいい子だったね。

さて、家に帰ってきてからしばらくは平和だったのですが、なぜか突然、リュウがやすこ嬢に吠えるようになってしまいました。
今まで何度も家に来ていてリュウもそのたびに会っているのに、こんな風になったのは今日が初めてです。
一体どうしちゃったっていうの?

やすこ嬢がリュウと仲良しになるために、おやつ作戦をやってみました。
おやつはちゃっかり貰うリュウ。

100119-30

食事の最中は、ほとんどつよさんに張り付いていました。
前はやすこ嬢に張り付いていたものだったのですが。

100119-31

そういえば、またしても隠し撮りカメラになっていましたね。
本当に見難い写真でごめんなさい・・・

ごはんを食べながらツラツラとワインを飲んでいるあいだに、つよさんはうたた寝を始めました。
明日はお休みなんですって。幸せなうたた寝タイムですね。
その向こうでリュウも真似してうたた寝しています。

100119-32

その後、リュウはまた普通に戻っていてやすこ嬢が平気になったのですが、しばらくするとまた様子がおかしくなりました。
やすこ嬢が特に変わった動きをしたり、大きな声や変な物音を出したりということもないのに、です。
それなのに、今の今まで平気だったのに、突然顔が引きつって、横目でやすこ嬢を見上げるような感じで、「う~」と唸ったりするんです。

実はやすこ嬢の家にはドゥービーという名前のボーダーコリーがいるのですが、ドゥービーがいつからか突然、それまで全然平気だったのにやすこ嬢を怖がるようになってしまったそうなんです。
その怖がっているドゥービーと、今日のリュウの様子がそっくりだとやすこ嬢。
う~ん・・・なんだろうね・・・
私たちには見えないけれど、やすこ嬢の背後に、何かが取り憑いていて、犬たちには見えるとか???

2度目の「う~」のあとで、またまた仲直りタイム。
やすこ嬢にはリュウの正面に行かないように気をつけてもらって、リュウの横からおやつを差し出してもらいました。
でもこのときには、既に表情も様子も普通に戻っていたんですよね・・・

100119-33

やっぱり何か、犬にしか見えないものでもあるのかな???
今度透視のできる人にでも見てもらおうかしら、と半分真剣なやすこ嬢なのです。





  1. 2010/01/19(火) 23:47:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月18日月曜日 朝~夜

まゆ、リュウに叱られる汗

まゆです。こんにちは。

朝のお散歩は嬉しい、嬉しい。

100118-1

今日は玄関を出たところからクンクンが激しく、いろいろな場所をクンクンしまくりだったリュウ。
畑でもクンクン。

100118-2

遊歩道の入口で、何やら不審なものを発見?!
恐る恐る近寄るリュウ。

100118-3

ただの空袋でした。

草むらでもクンクン。

100118-4

クンクンしながらベンチに座る知らないおじさんの側にそーっと近寄って行って、後ろからクンクンしていたら、おじさんが気づいてリュウを撫でてくださいました。
でも、リュウったらおじさんがこちらを向いたとたんに、くるりと方向を変えてしまったんです。
誰かと間違えたのかな?

100118-5

「だれか、きたですよ!」
100118-6

草むらにやってきたのは、デリケートわんこのチャコちゃんでした。
チャコちゃん、他のわんこさんが苦手なようなのですが、リュウのことは平気なんですって。
他に仲良しさんを聞いたら、みんなリュウのお友達ばかりでした。
犬でも仲良しの輪ってあるのかな?

100118-8

リュウはチャコちゃんママにちゅーしていました。

100118-7

「また、だれか、きたですよ」
100118-9

小さい公園の方から、アメリちゃんもやってきました。

100118-10

チャコちゃんのママさん、アメリちゃんのママさんと話しているあいだ、リュウたちはのんびり日向ぼっこです。
リュウはすっかり省エネモード。

100118-11

実はまたしてもカメラが盗撮モードになってしまって・・・汗
そんなわけで、本当はもっと素敵なチャコちゃんとの2ショットがあったはずなんですが、まともにふたりで写っているのが、こんな写真しかありませんでした・・・

100118-12

さてさて、そろそろ帰ろうか。
みんなとバイバイして家に向かっていると、後ろから犬を呼ぶような合図が聞こえました。
振り返ると・・・なんと!コウちゃんでした。

このところお互い知らん顔のコウちゃんとリュウでしたが、今日は珍しく「あそぼうぜ」とリュウが跳びはねながらプレイバウ、コウちゃんはくるっくるっと、リードを軸にして、お得意の回転をやっていました。

100118-13

妹が結婚前に働いていたお店が新宿御苑前駅のすぐ近くにあるのですが、妹が辞めたあと、マスターが奥さんのきーちゃんとふたりで切り盛りしていました。
それがこのたび諸事情により、2月いっぱいで閉店するという知らせを受け、今日妹夫婦が行くというので、私も便乗することに。
独身時代は散々お世話になったお店です。

本当は午後のランチタイムが終わった頃に伺う予定だったのですが、突発的で急を要する仕事が入ってしまい、対処をしているうちに夕方に。
リュウ、つよさんが帰ってくるまでもうすぐだから、ちょっとちょっとのお留守番、お願いね。
(なぜかまたしても盗撮モード汗

100118-14

ビーフチップをお皿にして、カロリーカットチーズを乗せたのですが、一瞬で全部食べ尽くしていました。

100118-15

夜、帰宅したつよさんと一緒にお散歩です。

100118-16

今度は草むらではなく、裏の駐車場の通りの先にある、空地と草むら駐車場へ行ったもよう。

100118-17

でも、どうやらうんぴーもせずに帰ってきたようです。
朝もしなかったんだよ。大丈夫?

100118-18

その頃私は、お店から場所を移して、新宿の安くて美味しい居酒屋さんへ。
マスターが美味しいお店をたっくさん知っていて、まあ、このマスターにくっついて行けば、食べるものは間違いないという感じ。
今日のこのお店は、ずっと前から気にはなっていたけれど、入るのは初めてだったそうです。
でも、大当たりのお店でした。鼻が利くんですね、こういう人って。

100118-19

メンバーはマスター、きーちゃん、マスターと妹が表参道の店をやっていたときにアルバイトで来ていたゆきちゃん、妹の旦那さま、妹、私の6人。
去年の暮れの知った、マスターのどえらい生い立ち話とか、昔の思い出話とか、それぞれの近況報告とか、まあ話が尽きることはありません。

100118-19aadj

でも、まだまだ電車のある時間に帰ってきました。
みんながリュウの写真を見て、かわいい、かわいいと言ってくれました♪
またしても親バカは嬉しい♪

しかしながら・・・出迎えたリュウは少し不機嫌。
あんまりかわいい顔じゃありませんでした。

100118-20

「つよさんが、かわいそです」
100118-21

えっ?そう?

「つよさん、まゆさん、かえってきたですよ」「帰って来たぁ?誰が~?」
100118-22

つよさんは完全に寝ぼけていました。
それに、つよさんがかわいそうというより、リュウが遊びたいのに相手がいなくて、退屈だったってだけじゃない?

なんかそんな気がして仕方ないけど、まあ、いいや。

犬1号でちょっと遊んだら許してくれたリュウなのでした。




  1. 2010/01/18(月) 23:38:49|
  2. お散歩の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月17日日曜日 朝~夜

盗撮カメラ涙

まゆです。こんにちは。

今日は私も朝から仕事。
こんな日は朝5時起きなのですが、夕べ寝たのが2時だったので、つよさんに交渉してリュウのお散歩を引き受けてもらいました。
つよさんも仕事ですが、お散歩を代わってもらっても私の方が早起きせねば・・・だったので。

昨日からうちのカメラが時々覗き見隠しカメラみたくなっています。
今朝一番の写真も、こんながっくり

100117-1

リュウくんのお散歩を盗撮!って感じ?
盗撮する意味もないけど。

100117-2

途中の写真が全部隠し撮り風だったので、「どこへ行ったの?」と思っていたのですが、この写真を見てわかりました。
いつもの草むらですね。
今日はまた大きく地面が傾いていますがーん

100117-3

リュウはクンクンしたり、キョロキョロしたり。
何だか夜の写真みたい。

100117-4

つよさんに、「はしるですよー」と言っています。

100117-5

ボール遊びもしたのかな。
鼻が膨らんでにまーっとしていますね。

100117-6

草むらでうんぴーをすると遊歩道に出たようなのですが、タクシー会社の前の道で曲がらず、そのまま遊歩道をまっすぐ行って、農家の前の道を帰ってきたようです。

100117-7

リュウの朝ごはんは私の担当。
ごはんの器を持ってキッチンから出たら、察知したようです。

100117-8

そろそろ出掛ける支度。
着替えて鏡の前に立ったら、リュウがこんな顔でこちらを見ていました。
ファッションチェックのリュウ、これはOKの表情です。

100117-9

さて、出掛ける前にリュウの宝探し用のおやつを隠しました。

仕事部屋で待機させられていたリュウ、宝探し解禁となって、そろりと部屋から出てきました。

100117-10

今まで置いたことがない場所にも、いっぱい置いたから探してね!

100117-11

さっそく探し始めたリュウは、私が声を掛けても見向きもしません汗

100117-12

さて、今日は仕事から帰ると、リュウがまだひとりでお留守番をしていました。

100117-13

でも、すぐにつよさんも帰ってきました。
リュウ、後ろ足だけで立ち上がって、つよさんがリビングに入ってくるのを、今か今かと待っています。

100117-14

ドアをあけてあげると、玄関までお出迎えに行っていました。

100117-15

私が夕ごはんの支度、つよさんがリュウのお散歩と役割分担。
リュウ、とっても嬉しそう。

100117-16

草むらへ行って、リードをくわえながらつよさんと走ったリュウ。

100117-17

やっぱり、とっても嬉しそう。

100117-18

小さい公園へも行ったもよう。

100117-19

真っ暗な山の中へも入っていったのね。
私と一緒のときには、暗くなってから山へ入ることはないのですが、つよさんと一緒だと山へも行くのですね~。

100117-20

さてさて、お散歩から帰ってくると、またしてもカメラが盗撮バージョンになっていました汗
一応、雰囲気だけはお伝えできるかな・・・
つよさんの膝にあごを乗せておねだり中。

100117-21

諦めて寝ているところ。

100117-22

週に1回のショールームでの仕事を終えると、なぜだかぐったりとくたびれます。
へたをすると翌日も使い物にならないことも。とっても不思議なのですが。
そんなわけで、今日も誰よりも早くお布団に入ってしまいました。
つよさんとリュウ、今日はどんな風に寝ていたのかなあ・・・




  1. 2010/01/17(日) 23:48:20|
  2. お散歩の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月16日土曜日 朝~夜

作物ドロボー

まゆです。こんにちは。

朝、まだおねむのリュウ。

100116-1

今朝は草むら方面へお散歩。
途中の畑でリュウはまたしても作物に手を出そうとしていました。
実は手前の畑でわんこさんが作物を食べていたので、リュウもいいと思ったのかもしれません汗

100116-2

何とか畑からリュウをひっぺがし、草むらへ行きました。
ひっぺがしたと言っても、無理矢理引っ張ったりはしていませんよ。
リュウは名前を呼んで「おいで!」と言うと、こちらに来てくれます。

100116-3

しばらく草むらでクンクンしていると、わんこさんがひとりやってきました。
シェリーちゃんです。いつもはお母さんと一緒だけれど、今日はお父さんと一緒でした。

100116-4

なんと珍しいことに、リュウがシェリーちゃんに「あそぼうぜ」と誘っていました。
シェリーちゃんもリュウと一緒にピョンピョンしながらプレイバウをして、それから写真のようなポーズになりました。
シェリーちゃん、ちょっと疲れてお休みしたかったのかな。
リュウに落ち着いて!と言っているようです。
リュウもすぐにハチャハチャするのをやめて、静かになりました。

100116-5

シェリーちゃんが行ってしまうと、ひとりでのんびりとクンクンタイム。

100116-6

今日は草むらの隅々まで探検気分のようです。

100116-7

このあと、ヤヤちゃんにも会いました。
リュウは遊歩道を誰かが通ると、「だれがきたですか?」という顔をして、そちらを見ていました。

100116-8

雑種の大人しいわんこさんのふたり連れが遊歩道を通ると、リュウは草むらから出て後姿をしばらく見ていました。
それからおもむろに向きを変えて、家の方向へ歩き出しました。
今日はうんぴーはしなくていいの?

100116-9

遊歩道で草むらとは反対側の植え込みに入り込んで、塀の向こうを覗いたりしていました。
まだ探検気分のようです。

100116-10

さて、帰り道。
タクシー会社の前を通り過ぎ、凛ちゃん通りも少し過ぎたあたりで、後ろから声が聞こえました。
振り返ると、なんと凛ちゃん!
おうちに帰ってきたところで、道を横切るリュウの姿を見つけて、走ってきてくれたんですって。
リュウ、大喜びです。

100116-11

凛ちゃんのママさんとも久し振りだったので、しばらく立ち話をしていたのですが、突然リュウが引っ張るのでそちらへ行ってみると、畑まで連れてこられました。
どうやらリュウ、お腹の調子が今ひとつの様子で、草が食べたいようです。

よく見ると畑には結構みんなに踏みなさられた跡があり、食べられている草もちらほら見受けられます。
ドロボーですが・・・もー、いいや!という気になりました。
どうせまたこの草たちも途中で潰されるのでしょうし・・・でも、そうじゃなかったら・・・その時は考えよう、うん。

100116-12

凛ちゃんも一緒にくっついてきてくれました。
リュウが落ち着いたところで、みんなでまた凛ちゃん通りの角に戻りました。

なぜかニャロメ顔のリュウ。

100116-13

凛ちゃんのママさんとまた話をしていると、リュウがまたしても突然、私を引っ張り出しました。

こ、今度は、なに?

「なに?なに?」と言いながらリュウが行く方向へ歩き出すと、今度は走り出しました。
ひょっとしてうんぴーかも!

タクシー会社の前のあたりで、草むらの方からぶーちゃんがやってきました。
挨拶をしながら、凛ちゃんにぶーちゃんを紹介して、そのままリュウに引っ張られるがままに走りました。

カメラの調子が悪くて、レンズ半開きになってましたが・・・
辛うじて凛ちゃんとぶーちゃんの初対面場面が撮れました汗

100116-14

リュウはやっぱりうんぴーでした。
草むらに飛び込むと、すぐにうんぴー場所を見つけました。

お腹がすっきりして、ニコニコのリュウ。

100116-15

リュウ、畑に感謝しようね。

リュウが凛ちゃんのことをすっかり忘れて草むらでクンクン始めたので、「リュウ、凛ちゃんが待ってくれているかもよ」と言うと、慌てて遊歩道に出て歩き出しました。
もう帰っちゃったかな・・・と思っていたのですが、待っていてくれました。

凛ちゃん、どうもありがとうね!

散々話したので、ここでバイバイ。

100116-16

今日のごはんはカリカリです。
一昨日ぐらいから与えているのですが、リュウはどうやらすっかり飽きてしまったようで、全然口をつけようとしません。
仕方がないので手ですくって食べさせると、渋々ながら食べ始めました。

100116-17

しばらく手であげていると、そのうち弾みがついて自分で食べ始めてくれました。
やれやれ、ほっとしました。

ごはんを食べ終えると、ソファの上で爆睡です。

100116-18

・・・と思ったら、いつの間にかクッションに移動していました。

100116-19

30分置きぐらいに場所を変えるリュウ。
今日はピアノのレッスンがあるので出掛けたのですが、お留守番おやつをもらうときには、またソファに戻っていました。

100116-20

今日はいつもの赤坂見附ではなく、池袋のスタジオでレッスンでした。
私のあと、30分置いて次の人のレッスンだというので、久し振りに先生とお茶をしてから帰りました。
先生に「どんな犬を飼っているの?」と聞かれたので、携帯の待ち受けにしているリュウの写真を見せると、「かわいいねえ。ほんとにかわいいや」と言ってくださいました。
うふふ~♪親ばかは嬉しいです♪

家に帰ると、リュウが「うなぎ犬献上」という感じで出迎えてくれました。

100116-21

さてさて、今日はとっても忙しく、このあとつよママのところへ行くことになっていました。
つよママのお店が開店40周年記念で、昨日から明日まで記念にお客さまを招いていて、今日は土曜日でてんてこ舞いのようなので、つよさんと手伝いに行くのです。

その前にリュウのお散歩ね。

「やったー!おさんぽ、いくですよー!」
100116-22

外階段で既に鼻の周りが膨らんでいます。

100116-23

朝とは違って、裏の駐車場の方へやってきて、商店街を抜けたところで立ち止まり、「どっち、いくですか・・・」とちょっと迷っているようでした。

100116-24

でも、結局はまっすぐ進んで、空地に寄ってから草むら駐車場、といういつものコース。

100116-25

それから大きい通りを渡って、ワン太くん公園へ行きました。

100116-26

しばらくクンクンしていたリュウでしたが、途中でお座りを始めました。

100116-27

少し休むとまたクンクン。

100116-28

そして再びお座りタイム。

100116-29

でも、今度は走り始めました。

100116-30

走り終わってニヤッとしているリュウ。

100116-31

これでようやく帰る気になったようで、幼稚園通りを行きました。
そして幼稚園の先の団地の花壇に入り込んでいました。

100116-32

でも、実は本当のお散歩はここからでした。
リュウ、またしても私を、イタリアンレストランの駐車場から大きい通り沿いの遊歩道へ引っ張っていきました。
そしてサイクリング遊歩道へ。
うんぴーかな?と思ったらやはりそうで、お腹がすっきりするとすぐに道を引き返していきました。

100116-33

サイクリング遊歩道が終わるあたりで、突然リュウが茂みに顔を突っ込んでクンクンしていたと思ったら、口に何かをくわえて出てきました。
びっくりして手を突っ込むと、鶏の手羽中のような形をしたフライ・・・汗
大きくてすぐに飲み込めなかったからよかったけど。

↓ ↓ ↓ この写真、くわえてますよ。ちょっと嬉しそうでしょ。
100116-34

私にフライを奪われて、ちょっとがっかりのリュウ。

100116-35

さて、家に帰るとすぐにリュウにごはんを食べさせました。
ほどなくしてつよさんが帰ってきました。

リュウ、つよママのところへお手伝いに行ってくるからね。
お留守番お願いします。

今日は特別なおやつ、カロリーカットチーズです。

100116-36

リュウは宝探しのおやつもあるかと、キョロキョロしていましたが、今日は宝探しのおやつはありません。
ごめんね。

100116-37

お店に行ってみたらびっくり!
このお店、こんなに人が入れたのね~、というくらい、人でびっしりでした。
カウンターの中にまで入ってきているお客さまもいたくらい。
とてもじゃありませんが、カウンターの椅子だけでは足りず、アウトドア用の椅子とテーブルも出してのおもてなし。
私たちはイカを焼いたり、洗い物を片付けたり、お酒を出したり、てんてこ舞い。

帰り道の途中にあるラーメン屋さんで味噌ラーメンを食べて帰りました。

帰って、これまたびっくり!

100116-38

リビングのゴミ箱の方が大きくてやり甲斐がありそうなものだけれど、リュウがゴミを撒き散らすのは、決まって和室のゴミ箱です。

つよさんが寝てからしばらくしてお布団へ行って、またまたびっくり!
なんという寝相・・・

100116-39

と思っていたら、突然つよさんが寝ながら足を掻き始めました。
リュウ、ぎょっとしています。

100116-40

さて、明日は早いから、今日はこれにて。
おやすみなさ~いzzz




  1. 2010/01/16(土) 23:28:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月15日金曜日 朝~夜

宇宙犬リュウ

まゆです。こんにちは。

今朝のリュウはお散歩に行こうと言うと、うなぎ犬と遊び始めてしまいました。

ほら、お散歩に行くよ。お散歩頂戴してね。

100115-1

玄関を出て外廊下を歩いている最中、リードにピョンピョンと跳びついて大変でした。
ちょっぴり鼻の周りが膨らんでいます。

100115-2

階段を下りたところで今日も「待て」の練習をしました。
「そんなの、かんたんですよ」のリュウの顔。

100115-3

草むらに向かって歩いていると、向こうから「あー、リュウくん!」という声が。
ロンちゃんのママさんだー!

100115-4adj


駆け寄っていったリュウ、美人さんを前にちょっとキリッとした表情になりました。

100115-5

草むらでクンクンしていると、シェリーちゃんがやってきました。
お互い、我関せず。

100115-6

草むらを出ると今度は小さい公園へ。
まずは最近定番の池のデッキへ。

100115-7

丘の草むらの道を隔てた反対側にある植え込みでうんぴーを済ませると、丘の草むらでクンクンを始めたリュウ。
最初は誰もいなかったのですが、ふと見ると東屋にフウタくんがいました。
今日は風が冷たくてとっても寒かったので、フウタくんのお母さんもじきに立ち上がってこちらへやってきました。

100115-8

リュウ、ちょっぴり緊張気味。

100115-9

フウタくんのお母さんと、そこで立ち話が始まりました。
リュウは後ろの丘の草むらにいたのですが、ふと見るとすっかり省エネモードに。

100115-10

フウタくんのお母さんから有意義なお話しを聞いて別れると、リュウが「はしろう」と言い出しました。

100115-11

走り終わると下の道から石の橋を渡って、山へ入っていこうとしたリュウ。

100115-12

ところがフウタくんのお母さんと話しているあいだに時間が経ってしまい、そろそろ帰らないとならない時間になってしまいました。

リュウ、ごめんね!

大急ぎで公園を出て遊歩道に入ると、リュウはまた草むらの中に入っていきました。
そして、ベンチに腰を下ろしていた、初めて会うおじさんの側へ近寄っていきました。

100115-13


おじさんは最初は知らん顔をしていたのですが、そのうち振り返ってリュウの頭を撫でてくださいました。

草むらでも走ると言い出したリュウ。

100115-14

さっき山へ行かなかったから、じゃあ、ちょっとだけ。

100115-15

帰り道、今日もタロくんに会いました。
最近草むらコースだと毎回会います。
タロくんは今日もクウンクウンと鼻を鳴らしながら、ガードレールを潜ってリュウの方へ来ようとしていました。

100115-16

朝ごはんを食べ終えたリュウは、和室の窓際で日向ぼっこ。

100115-17

私は仕事に出掛けるために、支度をしていました。

リュウの宝探しのおやつも隠したよ。

そんなわけで今日も、ばら撒かれたおやつのことで頭がいっぱいで、行ってらっしゃいのちゅーをほとんどしてくれませんでした。

100115-18

夜のお散歩は私より早く帰ってきたつよさんが担当。

100115-19

草むら駐車場を通って、ワン太くん公園へ行ったようです。

100115-20

ワン太くん公園で走ったり・・・

100115-21

どうやらつよさんに跳びついたりしたもよう。

100115-22

はしゃいだあとは、水飲み場へ。

100115-23

宇宙犬になったリュウ
100115-24

いつもの幼稚園通りではなく、公園の正面の道から帰ってきたそうです。

100115-25

夕ごはん前に腹ペコな宇宙犬
100115-26

今日のお布団写真ですが、リュウは一緒に寝るというより、つよさんを見守っている感じでした。

100115-27

この写真は目を閉じいていますが、直前まで上半身を起こして、じーっとつよさんを見つめていたリュウなのでした。






  1. 2010/01/15(金) 23:01:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月14日木曜日 朝~夜

5歳若返り術

まゆです。こんにちは。

朝、つよさんが起きたら、リュウがこんな風にお布団からちょこんと顔だけ出していたそうです。

100114-1
つよさん撮影

私は昨日の疲れが出たか、いつもより少々寝坊しました。
この時間なら外もだいぶ暖かい・・・と思いきや、冷蔵庫の中にいるみたいじゃないですか!今週、ずっと寒いですね。

100114-2

草むらへ行く途中、リュウは畑の縁でクンクンしていたのですが、今日は作物を食べようとはしませんでした。

100114-3

最近お気に入りはブルーベリー畑の隅っこの、この狭いスペース。
必ず入り込んでいきます。

100114-4

今日は時間が少し遅かったからか、草むらに入るとすぐにうんぴーをしたリュウ。
それからのんびりとクンクンを始めました。

100114-5

「だれか、きたですよ」
100114-6

タロくんでした。鼻をクウンクウンとさせながら、一生懸命リュウの方へ来ようとしています。
リュウはそんなタロくんを見て、プレイバウをしていたと思ったら、お相撲を取るような格好になったりして、なんだかちょっと珍しい行動に出ていました。
遊びたかったのかな。それとも、本当は怖くて逃げたかったのかな・・・?

100114-7

タロくんが草むらから出ていってしばらくすると、リュウは私を見上げて「はしるですよ」という顔をしました。
走ってもいないのに、既に鼻の回りが膨らんでいました。

100114-8

リュウと一緒に草むらの中を走りました。
リュウは鼻を膨らませて、ついでにリードをくわえて走っていました。

100114-9

「まだはしるですよー」
100114-10

やっぱりリードをくわえながら、再び走りました。

100114-11

散々走って、ようやく草むらを出て家に戻りました。

100114-12

朝ごはんを食べ終えたリュウは、しばらく和室で寛いでいました。

100114-13

でも、少しすると私がいる納戸な仕事部屋にやってきました。
ひとり退屈しているリュウには、おやつタイムにビーフチップが支給されました。

100114-14

さて、今日も暗くなる前に夕方のお散歩に出掛けました。
実は明日からつよママのお店が40周年記念ということで、お客さまにお出しするから新年会のときに作ったチキン料理を作ってほしいとリクエストがありました。
昨日のうちにすっかり買物を済ませていたつもりだったのですが、にんにくが足りないことが判明。
お散歩のついでに八百屋さんに寄ることにしました。

100114-15adj.jpg

リュウ、まだまだまっすぐよ!

100114-16

まだ明るい時間、リュウが必ず立ち寄る公園では、子供たちがまだ大勢遊んでいました。

100114-17

でも、どうしても中に入るとリュウが言うので、公園に寄っていくことにしました。
さすがに子供たちが遊ぶ奥までは行かず、入口付近でクンクンして出てきましたが。

100114-18

さて、八百屋さんに到着。
他にお客さまがいないようなら、リュウを連れたままでも買物ができるのですが、今日は何人かいらしたので、お店のすぐ目の前で待っていてもらうことにしました。
八百屋さんは間口いっぱいのシャッターを全開にして営業しているので、お店の中からもリュウが見えるし、リュウからも買物をしている私の姿が見えます。リュウは大人しく待っていてくれました。

100114-19

にんにくを2つ買ってお散歩の続きを。
八百屋さんの手前の角を曲がってみることに。
ずっと行くとイートインのできるパン屋さんがありました。
どんなパンなのか、今度来てみようかな。

100114-20

適当なところで道をひょいっと曲がったら、教会横の公園と原っぱ駐車場のあいだの通りでした。
曲がってすぐ、ハッチに行き会いました。
私がワン太くん公園で行き会ったのに、名前を忘れてしまったわんこさんです。
その後、私がひとりで駅から家に向かって歩いている途中で、お散歩途中のハッチに会って、そのときに名前を聞いておいたので、今日は声を掛けることができました。

100114-21

リュウはまずは原っぱ駐車場に立ち寄ると言いました。
そしてここでうんぴーをしました。

100114-22

教会横の公園へ行くと、滑り台を滑るわんこがひとり。
ミニチュアダックスちゃんでした。

100114-23

入口へ入っていくと、なんとこのダックスちゃんはノーリードで、パパさんが「しまった!」と言ったのと同時に、リュウめがけてまっしぐらに走ってきました。
私が咄嗟にリュウを隠すように移動をしたので、ダックスちゃんは私に衝突してしまいました。
そこへパパさんが来て、ダックスちゃんを抱き上げてくれたので事無きを得ましたが・・・
でも、リュウは全然興奮していなかったね。

100114-24

公園の中で走ったりもしたのだけれど、ダックスちゃんはリードがないのか、そのあいだ、パパさんは抱っこをしたまま、ずっとベンチに座っていました。
何だか、リュウが乱入して邪魔したみたいになっちゃったけど・・・jumee☆uuummm1b

その後はポケット広場を経由して帰りました。

100114-25

さて、話は飛んで夕食後、まだ晩酌を続けていたつよさんが、ブツブツとリュウに向かって呟いていました。
何を言っているの?と聞いたら、「リフトアップ!」という返事。
「リュウの顔の皮がたるんでいるからさー。リフトア~ップ!ほら、5歳は若返った」

100114-26

「5歳は」って・・・汗
リュウ、まだ7歳なんだけど。まあ、もうすぐ8歳だけどさ

黙ってやられているリュウもリュウだわね~汗

100114-27

つよママのところへ持っていくチキン料理を、我家にしては大量に作っていたので、夕ごはんメニューも同じものにしてしまいました。
チキン料理はリュウが間違いなくおねだりしてくるもの。
今日もピョンピョン攻撃がすごかったのですが、誰にも相手にされないとわかると、おもちゃ入れからしまってあった犬1号を出してきてかじり始めました。

おもちゃ入れの上に花笠のような形の編みかごを、蓋みたいにして乗せてあったのだけれど、どうやって出したのかしら???
知らないあいだに取り出していて、編みかごも元通りになっていました。不思議。

100114-28

そのうちゴロンチョと横になって、ヘソ天までしていましたよ。

100114-29

ふと見ると・・・
ギャー!
犬1号が・・・
犬1号バラバラ事件に巻き込まれてしまった涙

この写真だとよくわかりませんが、両手がもげていて、というか途中で千切れていて、中の綿が散乱していました。

100114-30

遊んだあとはつよさんとお布団に入ったリュウですが・・・
なにか、今日の寄り添い方には普通じゃないものを感じるのは、私だけでしょうか。

100114-31






  1. 2010/01/14(木) 23:12:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月13日水曜日 朝~夜

原っぱ駐車場コース、マイナーチェンジ

まゆです。こんにちは。

今日はまた小田原へ行く日。
昨日の雨は上がって、かろうじて曇りです。まあ、雨でないからよしとしましょう。

100113-1

マンションを出てすぐの道を曲がり、そこをまっすぐ歩いていたら、途中でクウちゃんに会いました。

100113-2

しばらくクウちゃんと連れ立って歩いていましたが、途中でクウちゃんが曲がっていったので、そこでさよならをして、リュウはまだまっすぐ歩いて行きました。
今日はどこへ行くの?

100113-3

いつも原っぱ駐車場へ行く道の方から商店街に出て、商店街の公園までやってきました。

100113-4

公園ですぐにうんぴー場所を見つけたリュウは、お腹がすっきりすると今度は覗き趣味に走っていました。

100113-5

こんな隙間にまで入り込んであせ
これは奥を覗いて出てきたところです。

100113-6

さんざんあちこち覗いたあと、この公園の中をグルグルと走りました。
すっかりご満悦?

100113-7

みかんのような実がなる木があって、そこにたくさん実がついているのですが、ひとつが落ちていました。
リュウはちょっとクンクンしただけでした。

100113-8

このあとどこへ行くのかと思ったら、来た道を戻っていつものように原っぱ駐車場へ行きました。

100113-9

原っぱ駐車場でしばらくクンクンすると、教会横の公園へ。
いつものコースになりました。

100113-10

でも、帰り道はまたちょっと違って、住宅街をごちゃごちゃと歩くコースを選んだリュウ。
行き先は同じでも、歩くコースはたまには変えたいのかな。

100113-11

さて、家に帰ってきてものんびりしている時間はありません。
朝ごはんを食べて急いで支度をしました。
リュウは「宝探し、ヨーイ、ドン!」と言うと、私が「行ってくるからよろしくね」と言っても、ちらりともこちらを見ません。
おやつを探してばかりでした。

100113-12

今日の小田原はとてもお天気がよく、気持ちがよかったのですが、仕事で行ったのでほとんど建物の中で過ごしていました。
せめて帰りにお土産屋さんに寄って、ちょっぴり小田原気分を味わうくらい。

今日はたこわさを買ってみました。
前回やすこ嬢が買って美味しかったというので、つよさんにお土産です。

「おみやげ、なになにですか~?」
100113-13

リュウも興味津々。

帰宅がつよさんと私とほぼ同時だったのですが、ふたりともくたびれていたので、テーブルについてちょっとひと息ついていました。
そして落ち着いたところでつよさんはリュウのお散歩、私は夕ごはんの支度にそれぞれ取りかかろう、と和室へ行ってびっくり!

リュウ、やってました。
ゴミ箱の中にセットしていた袋ごと、外に出ていました。
まあ、中身がほとんどなかったのでこの程度でしたが。

リビングのゴミ箱はつよさんがポテトチップスの袋などを捨てていたので、リュウの手の届かない場所に移動させていたのですが、まあ和室のゴミ箱くらいなら害はないからと、そのままにしてあったんです。
全然興味を示さないこともあれば、今日みたいに中身がほとんどなくても引っ張り出していたりすることもあって、面白いな~と思います。
こういう部屋を見ると、思わず笑っちゃうんですよね。

100113-14

ところでつよさんは、リュウが顔をベロベロ舐めまくりなので、なかなかハーネスを装着できず、四苦八苦していました。
ちょっと笑えました。

100113-15

ハーネスをつけてもらったリュウは、またしてもうなぎ犬を連れていく、とくわえていました。

100113-16

夜は近場の遊歩道。

100113-17

草むらでうんぴーをして帰ってきました。

100113-18

夕食後、リュウは仲良くつよさんと一緒にお布団に潜り込んでいました。

100113-19

今日はまたまた長いお留守番をどうもありがとう!
リュウがお留守番を上手にしてくれているから、いつも安心して出掛けられるの。
本当にありがとうね。

ところで・・・
家に帰ったら、703号室の同窓生、マリンちゃんのママさんのあきさんから封書が届いていました。

なになに?なんだろう???

開けてみたら・・・

100113-20

わおわおわお~!!!
おみくじ入り開運干支あめと「土手犬六犬衆」のシール!
シールですよ、シール!
かわいすぎて、使えないですけどネ。
しかもおみくじは大吉ときたもんだっ!
新年早々、とっても嬉しい贈り物でした。
あきさん、どうもありがとーびっくりびっくりびっくり



  1. 2010/01/13(水) 23:15:29|
  2. お散歩の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月12日火曜日 朝~夜

奥ゆかし犬?

まゆです。こんにちは。

お散歩、出発進行!

100112-1

今朝はすぐの角を曲がって駐車場の通りに向かって歩いていると、向こうからスズちゃんがやってきました。

100112-2

スズちゃんはリュウを見ると駆け寄ってきたのですが、リュウはその勢いに怖気づいたか、ちょっぴり腰が引けた様子でご挨拶をしていました。

100112-3

スズちゃんと別れると草むら駐車場の方へ歩いていきました。
まずは途中の空地に立ち寄り・・・

100112-4

草むら駐車場にも立ち寄り・・・

100112-5

大きい通りに出るところで、突然リュウが立ち止まったので見ると、交通標識の上にカラスがいました。
リュウが跳びつこうとしたら、バサバサと飛んでいってしまいました。

100112-6

いつもの道順でワン太くん公園までやってきたリュウ。

100112-7

クンクンしていたのに、突然顔を上げて向こうの方を見つめています。

100112-8

種類は確認できなかったのですが、ラブラドールくらいの大きさのわんこさんがふたり、連れ立って広場を横切っていきました。

100112-9

それから今度はアスレチックの方をクンクン。

100112-10

広場をグルグル走るのも忘れません。

100112-11

走っていたら急に雨が降り始めました。
そこで慌てて帰ることに。

帰り道はいつもの幼稚園通り。
団地の花壇を踏み鳴らし・・・

100112-12

当然のようにイタリアンレストランの駐車場を横切っていきました。

100112-13

まだまだお散歩は続くもよう・・・
まあ、雨も止んでしまったから、まあいいか・・・と思いながらリュウにくっついていきました。

100112-14

大きい通り沿いの遊歩道から角の公園にやってきて、公園も突っ切ったリュウ。
遊歩道を隔てた向こう側にある、時折カラスがいる空地へ入っていきました。

100112-15

そして、今度はサイクリング遊歩道の方へ行こうとしたリュウ。

ねえ、リュウ。どこまで行くの?

100112-16

そう言われて立ち止まり、ちょっと考えていたのですが・・・

100112-17

サイクリング遊歩道へ行くのはやめて、その代わりというように角の公園に戻り、そこでクンクンを始めました。

100112-18

公園をゆっくりとクンクンしながら横切り、大きい通り沿いの遊歩道でも、のんびりクンクンをしながら進んでいきました。

100112-19

大きい通りを渡る前の、信号待ちのリュウ。

100112-20

歩きながら、時々私の方を見上げていました。

「おなか、だいじょぶですか?」
100112-21

そうか!それで今日はサイクリング遊歩道まで行かずに戻ってきたのね。
リュウ~、ありがとうね。

お腹の調子は落ち着いたものの、まだしっかり食べるには覚束なく、おかゆとヨーグルトで朝ごはんを済ませた私。
リュウに食べ終わったヨーグルトのカップを差し出すと、普段はこういうものは一切もらえないリュウ、何だかいつもと違う顔でカップを舐めまくっていました。

なんか、顔が長細くなっちゃってるね。

100112-22

一日、なんとなく調子が出ないまま過ごしていたら、いつもより早く帰ってきたつよさんが、リュウを夕方のお散歩へ連れ出してくれました。
今日はお散歩の途中で止んだ雨が再び降り始めると、今度は止まずに一日降り続いていたし、昨日に引き続きとっても寒かったので、つよさんに感謝です。

100112-23

いつもの草むらへやってきたリュウですが・・・

100112-24

なぜかリュウの後ろ姿の写真ばかり。
これも、

100112-25

これも、

100112-26

こんなのまで。

100112-27

ちょっとトホホな感じです。
お散歩から帰ってきたふたりは、和室でうなぎ犬遊びを始めました。

100112-28

夕ごはんは湯豆腐という渋いメニューにも関わらず、リュウがつよさんに張り付いておねだりモード全開でした。
つよさんが「鍋が出ているから、いつものように手羽の軟骨がもらえると思っているのかな!」と言っていたのですが、そのうち「リュウ、昆布が好きみたい!」と言い出しました。
つよさんったら、すっかりふにゃけて鍋の底にあった昆布を小さくちぎってリュウにあげると、リュウが美味しそうにぱくついたのを見て、「変な犬!」ですって。

100112-29

食後、リュウはまた洗面所にいるつよさんを、ドアの吊元の隙間から覗き込んでいました。
ドアが開いているから、行こうと思えば自分も洗面所に行かれるのですが、私に「どうぞ」と言われるまでは部屋から出ていきませんでした。
こういうところは奥ゆかしいのですが・・・

100112-30

つよさんが敷布団を敷き終えたとたん、お布団の真ん中にデーンと陣取ったリュウ。
こういうところは、全然奥ゆかしくありません汗

100112-31

でも、つよさんとお布団に入ったところを見たら、ふたりでひとつの枕を分け合っていました。
ん?やっぱり奥ゆかしい?

100112-32

まあ、どっちでもいいわ!
リュウは何をやってもかわいいから許す!

・・・とまあ、今日もこんな親バカ発言で締めくくり。
失礼しました。




  1. 2010/01/12(火) 23:16:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月11日月曜日 朝~夜

冴えない一日

まゆです。こんにちは。

実は夕べから今朝にかけて、10年振りぐらいの腹痛、吐き気に襲われ、何度もお布団とトイレを往復する事態に見舞われてしまいました。
夕べ、食後すぐに具合が悪くなったので、最初は食あたりかと思ったのですが、同じものを食べたつよさんはピンピンしています。それどころか、つよさんは前の日に買ったお刺身を食べているので、私より食あたりに遭いそうなものなのに平気だったんです。
考えられることと言ったら・・・夕べ買ってきたできあいのものの油が強すぎたとか、使っていた油が古くて、健康体ならなんてことないのが、体力が低下していたためにお腹にきてしまったとか。
実際、一昨日は作業を始めたら止まらなくなってしまい、昼間寝ていたことも相まって、気づいたら朝になっていたので、身体のリズムが狂っていたことは確かです。

朝になって、だいぶ気分はよくなったけれど、まだ本調子ではなく、ヨタヨタと歩きながらリュウのお散歩の準備をしました。

「まゆさん、だいじょぶですか」
100111-1

リュウのお散歩くらいなら、なんとか大丈夫。

家を出たすぐの角でキャバリアちゃんに行き会いました。
リュウは突然のことに驚いたようで、思わずワンワン吠えてしまったのですが、私が「大丈夫よ~。おいで~」と声を掛けると、私の顔を見て吠えるのをやめていました。
あちらはリュウに吠えられてびっくりしたらしく、まだ吠えてしまっていて・・・ごめんね。

タクシー会社の前の道を歩いていると、遊歩道から賑やかな声が聞こえてきました。
リュウも何だろうと思った様子で立ち止まりました。

100111-2

子供たちが先生や保護者と一緒にランニングをしている列でした。
ひとつの塊が去ったと思うと、しばらくして、また次の塊がやってきました。

遊歩道の入口まできて、まだランニングの子供たちが来るのが見えました。
子供たちが通ってしまうまで、待つことにしました。

100111-3adj

静かになったので遊歩道に入ろうとしたら、もうひとつの集団が草むらの横あたりを走っているのが見えました。
リュウはそれを見て、自分から植え込みの裏側に逃げ込んでいました。

100111-4

最後の集団がお母さんたちに叱咤激励されながら通り過ぎてしまうと、あたりは本当に静かになりました。
ゆっくり草むらへ向かっていきました。

100111-5

草むらでしばらくクンクンしたリュウは、小さい公園へも足を延ばしました。
まずは池のほとりをクンクン。

100111-6

デッキ沿いに歩き、反対の口から道に上がってきました。

100111-7

丘の草むらまで来たところで、リュウが突然前方を見て立ち止まりました。

100111-8

何かと思ったら・・・
あら、まあ。ヤヤちゃんだ。
今日はお姉ちゃんと一緒でした。

100111-9

リュウ、ご機嫌でご挨拶です。

100111-10

まだ小学生のお姉ちゃんは、リュウにはちょっと怖い存在。
でも、唸ったり吠えたりせずにいました。
リュウはちょっと構えちゃっていますが、ヤヤちゃんのお姉ちゃんが後ろ向きでいてくれたし、こういう感じで何度か会ううちに大丈夫になれるかな。
ヤヤちゃんのお姉ちゃんは、やたらに撫でようとしたりしないし、リュウには安心ね。

100111-11

このあと、リュウはヤヤちゃんから離れたと思ったら、スロープの向こうの草の生えている場所へ行き、そこでしばらく草を食べていました。
そして急にお座りをしたと思ったらゲボしてしまいました。

でも、すぐまたケロっとして、ヤヤちゃんのそばへ行くと、そこへシュナちゃんがやってきました。
前は毎日のように会っていたシュナちゃんだけれど、今日は1週間振りくらいかな。

100111-12adj

リュウはひとり、東屋の向こう側を歩いて山の入口の道へ行きました。
山に行くのかと思ったら、入口を素通りして石の橋を渡り、下の道に下りてしまいました。
途中でチャッピーくんが公園に入ってきたのが見えました。

100111-13

そのまま草むらに戻ると、ちょうど草むらを出て行くシェリーちゃんとすれ違いました。

100111-14

リュウが突然「はしろう」と言い出したのですが、走るのはちょっと辛い感じ。
でも、リュウが何度も「はしろう!」と言うので、いつもよりはヨタヨタでしたが、少し走りました。

100111-15

さすがにいつもと様子が違うと思ったらしく、だんだんスピードがゆっくりになって、そのうち立ち止まってしまったリュウ。ごめんね汗
そのうち、座り込んでしまいました。
またゲボでもするのかと思ったのですが、どうもそうではないみたい。

100111-16

そうこしていたら、チャッピーくんが小さい公園から草むらに移動してきました。
今日はお父さんも一緒でした。「運動不足だから、引っ張ってきたの」とチャッピーくんのお母さんがニコニコしていました。
チャッピーくんのお父さんは初めてお会いしたのですが、とても穏やかで優しそうな方でした。

100111-17

チャッピーくんが行ってしまうと、今度はタロくんがやってきました。
前に凛ちゃんとお相撲を取って、リュウがヤキモチを妬いてしまった相手です。
でも、今日はお互いに「あそぼうぜ」って言っていました。
凛ちゃんがいない普通の場面で会ったら、きっと仲良くできると思っていたのですが、案の定です。

100111-18

そしてタロくん、お父さんに引っ張られ気味でしたが、なんとかご挨拶もできました。

100111-19

さて、お散歩から帰ってきて、リュウにごはんを食べさせたものの、自分は何も食べる気にならず、送らなければならないメールだけ送って、少し寝ることにしました。
リュウも私に付き合って寝てくれました。

2時間ほど横になったものの、明日締め切りの仕事があったので、それが気になって一旦起き、資料などに目を通したのですが、そのあいだもリュウはひとりでお布団の中にいました。

100111-20

2時間後。まだ寝ていました。
大きなお布団にひとりで寝るのって、犬にとっても気持ちがいいのかもしれないですね。

100111-21

結局、私はまた少し寝ることになりました。
どうも身体全体がだるく、連絡が来たやすこ嬢に話すと「風邪かもしれないよ」とのこと。
先週、彼女も体調を崩したのですが、そのときの症状とよく似ているというのです。
ただ、私は熱が出ていないのと、咳や鼻水など、風邪らしい症状がないこと、お腹の中のものがなくなってからは、吐き気や下痢も治まったことを考えると、風邪とも言い切れず。
ともかく仕事をしていても集中できず、一向にはかどらないので、しばらく大人しく寝ることにしました。

熟睡して目が覚めたら、だいぶ身体が軽くなっていたので仕事を再開しました。
直後につよさんが帰ってきて、リュウのお散歩を引き受けてくれました。
つよさ~ん、ありがとう。助かったよ~。

100111-22

リュウは草むら駐車場へ行って、うんぴーもせずに草ばかり食べていたそうです。

100111-23

でも、元気にごはんは食べたので、ご安心を。

100111-24

それにしても、ちょっと冴えない一日でした。
仕事は何とか今日中に終えることができたので、明日一日ゆっくり休もうと思います。
リュウともちゅーしたいしね!




  1. 2010/01/11(月) 23:13:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月10日日曜日 朝~夜

今年最初の長いお留守番

まゆです。こんにちは。

今朝はいつもよりちょっぴり早いお散歩。

100110-1

商店街を突っ切って、草むら駐車場の方へ行きました。

100110-2

空地は素通りし、草むら駐車場も素通りしかけたのですが、引き返して道側からちょこっとだけ、クンクンしていました。

100110-3

住宅街を抜けて・・・

100110-4

向かった先はワン太くん公園。
今日はワンワンパトロール隊が集まる時間だったので、大勢のわんこさんがいました。

100110-5

みなさんがリュウに気づいて「リュウちゃ~ん、こっちへおいで!」と呼んでくださいました。
恐る恐る近寄っていくリュウ。

100110-6

仲良しのきなこちゃんとはご挨拶ができたものの・・・

100110-7

他のわんこさんには、リュウが怖がって近寄れなかったり、相手のわんこさんから「う~」と言われたり・・・
みなさんとは少し離れた場所にいました。

100110-8

そこへやってきたドンくん。ドンくんはリュウとはお友達です。
ドンくんも保護犬で、リュウと同じ頃に引き取られたようなのですが、当初は人慣れも犬慣れもしていないということで、訓練士さんのところへ出されたりしていました。

今日はドンくんのママさんが「最近、大丈夫になってきたんですよ」と嬉しそうでした。
本当にドンくん、以前とは全然違った様子で、とってもフレンドリーになっていてびっくり。
私がドンくんを撫でていたら、「あら、ドンくん、大丈夫なのね」とワンワンパトロールの方が驚いていました。
私は前から大丈夫でしたけれど、今日のドンくんはやっぱり以前とは違う感じでした。
それまでどんな環境にいたのかは知らないけれど、そんなところばかりではないって、おうちが安全で安心な場所だって、きっとわかったのでしょうね。嬉しくなりました。

リュウはしきりとドンくんに「あそぼうぜ」とやっていました。

100110-9

その後、ドンくんはワンワンパトロール隊の輪の中へ。
リュウは反対に、どんどん離れた場所へ。

100110-10

みなさん連れ立って、これから川沿いの道をお散歩のようです。
リュウは後姿を見送っていました。

100110-11

今日はここでどんど焼きがあるもよう。どんどが組まれていました。
私も子供の頃は田んぼの真ん中に組まれたどんどに、門松や書き初めを燃やしに行ったものでした。

100110-12

広場を突っ切って、反対側のアスレチックの方へ行くと、そちらでもクンクンを始めたリュウ。

100110-13

でも、うんぴーはせずにまた広場に出てくると、走ろうと言い出しました。

100110-14

そして、やっぱり鼻を膨らませていました。

100110-15

公園を出ると幼稚園通りを行ったのですが、今日は団地の外側の花壇ではなく、その内側にある花壇の方へ足を踏み入れていました。
こちらの花壇も荒れ放題です・・・

100110-16

そのあと、イタリアンレストランの駐車場を突っ切ろうとしていたリュウでしたが、パパさんに連れられたコッカーちゃんが、レストランの入口へ向かうスロープを歩き出すと、そちらへついていってしまいました。

100110-17

「あれ?コッカーちゃんが、いないです」
100110-18

ほんとねえ。どっちの道に行ったのかしらね。

「ボクもかえるですよ」
100110-19

リュウ、本当は大きい通り沿いの遊歩道に行きかけていたのですが、途中でやめたようです。

「やっぱり、あっち、いけばよかったですかね」
100110-20

今日は今年初の外での仕事の日。
また長いお留守番の始まりです。

リュウには宝探しのおやつをたっぷり用意しました。
「宝探し、よーい、ドン!」と言うと、さっそくひとつ見つけたようです。

100110-21

そのまま、まずは和室を探していました。

100110-22

夜のお散歩は、私よりひと足早く帰宅したつよさんが行ってくれました。

100110-23

まずは草むらでクンクン。

100110-24

それから小さい公園の池の縁のデッキへ。

100110-25

丘の草むらへも行ったようです。

100110-26

でも、結局は草むらに戻ってきてうんぴーをしたようです。

帰り道・・・おや!
まさか、畑の作物、食べたりしてないよね?・・・汗

100110-27

夕ごはんが鶏メニューだったせいか、リュウはつよさんのひざにつかまり立ちをして、ずっとおねだり体勢でした。

100110-28

でも、何にももらえなかったのよね。
気晴らしにうなぎ犬で遊びました。

100110-29

それにしても、何だか急にだるい感じがしてきました。
お腹の調子がよくありません。
いつもなら、つよさんやリュウが寝てから寝るのですが、真っ先にお布団に潜り込みました。
そして、あとから入ってきたつよさんに、胃薬と水を持って来いと言って、ひんしゅくを買いました。
こんなこと、珍しいな。ゆっくり寝て元気出そうっと。




  1. 2010/01/10(日) 23:50:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月9日土曜日 朝~夜

細切れお留守番

まゆです。こんにちは。

お散歩へ行ってきま~す!

100109-1

今朝は寒かったのか、畑を見たら日陰の部分にだけ霜がうっすらと残っていました。
少しわかりにくいですが、リュウの尻尾のあたり、手前の杭のところも、そこの影の部分だけに霜が。

100109-2

こちらの写真の方がわかりやすいですね。

100109-3

遊歩道の手前で、小さなわんこさんとすれ違いました。お互いちょっと気になる様子で、振り返りながらも上手にすれ違うことができました。

100109-4

草むらに入っていくと先客がいたのですが、リュウが珍しくそちらへ突進していきました。

100109-5

そこにいたのは来月お誕生日を迎えるという、トイプードルのヤヤちゃん。はじめまして。

100109-6

リュウはヤヤちゃんが相当気に入った様子で、初めて会ったのに「あそぼうぜ」と誘っていました。

100109-7

そうかと思ったら、すーっとヤヤちゃんから離れていったので何かと思ったら、うんぴー場所を探し始めました。
そしてヤヤちゃんの方をチラッと見てからうんぴー。

「ヤヤちゃん、見てないですよね」
100109-8

「あれれ?ヤヤちゃんはどこ、いったですか?」
100109-9

遊歩道の方にヤヤちゃんがいるのを見つけて、再び張り付きだしました汗

100109-10

本当にしつこいオトコになっていたリュウ。
あんまりしつこいと、ヤヤちゃんに嫌われちゃうゾ。

100109-11

そんなことを言っていたら、「す、すみませ~ん汗」という女性の声がして、その直後、ゴールデンさんが乱入してきました。
「この子が、どうしてもそちらに行くって言うんで・・・」とママさん、引っ張られてやってきました。

100109-12

ラブラドールはかなり苦手、ゴールデンもちょっぴり苦手なリュウ、でも全く怯んでいませんでした。
おや?と思ってよく見ると・・・な~んだ、キャメロンじゃない!
ヤヤちゃんと3人、仲良くご挨拶です。

100109-13

このあと、キャメロンがヤヤちゃんの方をクンクンしだしたら、突然リュウがキャメロンに「う~」と言いました。
するとキャメロン、こんな体勢に。

「あたし、なにもしないから」
100109-14

なんだろうね、リュウは。
女の子のキャメロンちゃんにもヤキモチ妬いたのかな?

しばらくみんなで平和に過ごし、最初にキャメロンちゃんが、次にヤヤちゃんが帰っていきました。
リュウはヤヤちゃんの後姿をじーっと見つめていました。

100109-15

家に帰ってごはんを食べると、リュウは納戸な仕事部屋のクッションの上でこんな格好に。

それって寛げるの?

100109-16

今日は両親のお仲人さん家族の新年会に呼ばれています。
お仲人さんとは言え、親戚同然の付き合い、いえ、もっとそれ以上に親しくさせていただいているご家族です。
でも、新年会に呼ばれるのは初めて。

本当はつよさんも一緒に呼ばれていたのですが、つよさんは消防の出初式があるので、今日は私ひとりで行ってきます。

リュウ、お留守番でごめんね。
でも、もう少ししたら、つよさんが帰ってきてくれるからね。

リュウの頭の中は宝探しのおやつのことでいっぱいのようでした。

100109-17

新年会はご長男がやっている多国籍料理の出る洋風居酒屋といったお店で、ランチタイムを貸切にして行われました。

普段はおうちの中に引っ込んでいる、ここの家族のジャムちゃん。美人さんです。
食べ物屋さんのわんこさんなのに、おねだりしないところが素晴らしい!

100109-17a

「でも、いただけるものは、いただくのheart02
100109-17b

これはペットの亀。甲羅がガメラです。

100109-17c

口を開けると迫力満点!
肉食らしいので、「下手に手を出したりすると、指を食いちぎられるよ!」との警告あり。

100109-17d

こちらはご長男のご子息のペット。
この亀さんは草食なので危害を加えたりはしないそうです。
ものすご~く早く走るというので、それが見たかったのですが、大勢に囲まれてさすがにちょっと驚いてしまったようで、すごい走りが見られなかったのが残念。

100109-17e

帰りは駅前の、みんなが「貝屋さん」と呼ぶお魚屋さんへ案内されました。
そこだけすごい人だかり。でもすぐその訳がわかりました。
まー、なんとお刺身の安いことよ!しかも新鮮!買って帰りました。

うちの最寄の駅についたところでつよさんに電話。
夕方から今度は懇親会の準備に出掛けると言っていたのです。
ちょうど今、家を出たところ・・・と言われ、タッチの差でした。

リュウ、細切れのお留守番、どうもありがとう。
みんなが出たり入ったりして、なんだか落ち着かなかったでしょう。

100109-18

新年会で昼間から飲んでしまった私。帰りの電車でもほろ酔い加減だな~と思ってはいたのですが・・・
家に帰って安心したとたんに、猛烈に眠気が襲ってきました。
ふと見ると、和室にはどうやらつよさんがお昼寝した跡があり、お昼寝布団が敷いてあります。
これ幸いとばかりに、バタンキュー。

気づいたらしっかり夜になっていました。
時計を見て、びっくり!!!
リュウ、添い寝している場合じゃないよ。お散歩行こうって言ってよ!

「でも、まゆさん、ねてたですから・・・」
100109-19

リュウはそういう子なんだよね涙
ありがとね。

さあ、とにかくお散歩へ。

100109-20

夜も向かった先はいつもの草むらでした。

100109-21

しばらく草むらをクンクンしてがんばったリュウでしたが、うんぴーには至りませんでした。

100109-22

いつもなら遊歩道が途切れたところで曲がるのですが、今日は曲がらずその先の遊歩道へ。

100109-23

農家の前の道を曲がって、角にある駐車場に立ち寄りました。

100109-24

ちょっと駐車場には見えませんが・・・ここも駐車場。
この向こうが畑になっています。

100109-25

結局うんぴーなしで帰ってきました。

100109-26

リュウ、お腹は大丈夫?

100109-27

夜、1時を過ぎてつよさんが帰ってきました。
何か食べているわけでもないのに、つよさんに張り付くリュウ。

100109-28

じきにお布団に入ったふたり。

100109-29

私は変な時間に寝てしまったので、夜は目が冴えてしまいました。
そんなわけで気になっていたことに着手したのですが、寝ればよかったー!
後悔先に立たずです。




  1. 2010/01/09(土) 23:36:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月8日金曜日 午前~夜

少し遠出のお散歩

今日は午後からの仕事がキャンセルになってしまいました。
今年に入ってずっとお天気がよく、時間のあるときにリュウとゆっくり過ごしたいと思っていたので、これはいいチャンス!
リュウと少し離れた公園まで行ってみることにしました。

支度をしている私を見て、またお留守番と思ったらしいリュウは、すっかり諦め顔。
というか、ちょっとうらめしげ。

100108-19

リュウ、今日はリュウと一緒にお出掛けなのよ。

でも、まだちょっと半信半疑のリュウ。

100108-20

玄関を出て階段室まで来たところで本当だと確信したらしく、鼻を膨らませていました。

100108-21

近所の商店街を抜けて・・・

100108-22

どんどんまっすぐ行くと、大きい通りに出ます。
そこを更にまっすぐ。

途中、信号待ちをしている車の列に混じって、バイクが1台並んでいたのですが、リュウは突然そのバイクに駆け寄っていって、バイクの人に跳びつこうとしていました。
見ると、つよさんと同じバイクです。しかもつよさんが来ている作業着に似たような服装をしている人でした。

100108-23

リュウに「つよさんじゃないよ。違う人よ」と何度も言ったのだけれど、バイクのエンジンの音でつよさんだと思い込んだリュウは、なかなかその人から離れようとしませんでした。

なんとかリュウの気を逸らせることに成功し、どんどん歩いていき、ようやく目的地の公園までの道のりの半分ちょっとまでやってきました。
以前、リュウとこの道を歩いて公園へ行ったのは、1年とちょっと前。703号室のハハさまと会うために行ったときでした。
あの時は703号室のお子たちへのプレゼントを途中で買ったのですが、リュウはそのことを覚えていたのか、お店まで来るとまずは看板犬(?!)をクンクン。それから、お店の入口まで私を引っ張っていきました。

100108-24

このお店はリュウを迎えるためのものを買ったお店。
リュウが来る前日になっても、まだごはんの器や何やかや、どれにするか迷っていた私だったのですが、ようやく意を決して仕事帰りにこのお店に向かいました。
駅から走って行ったのですが閉店直後になってしまい、看板を片付けているスタッフの方に「明日は朝何時からやっていますか?」と聞いたら、中にいる店長さんのところへ行って戻っていらして、「よかったら今日、まだいいですよ」と買物をさせてくださったんです。
いつ来ても気持ちよく買物のできるお店です。
リュウ、また来ようね。

このあたりからだんだん街が華やいできます。いろいろな興味深いお店が並ぶあたりにさしかかり、人も増えてきました。
人混みが全然平気なわんこさんもいるようですが、リュウはどうも人が大勢いる場所は苦手らしく、次の大きな交差点付近まで来ると、早くその場から立ち去りたいかのように、ぐいぐいと引っ張り始めました。
信号待ちのあいだ隣にいた年配の女性に、「綺麗な犬ですね」と話しかけられました。「なにか怖いの?」と言われ「人混みも苦手で、それにたぶんバスも怖いんです」と言うと「大丈夫だからね」とリュウに言いました。

信号を渡ると、大きい通り沿いの道は人通りもあるので、1本裏手の道を入ることにしました。
この通り沿いにかつてあったお店で、つよさんと初めて会ったんだったっけ。
このお店の2階です。今は窓際にサーフボードが立てかけられたバーになっていました。

100108-25

さあ、ここをまっすぐ行くと公園よ!
平日の昼間なのに、結構人がいますね。

100108-26

やっと公園に到着。リュウはすぐに枯葉の中をクンクンし始めました。

100108-27

私は池の周りをぐるりと一周するつもりだったのですが、すぐ目の前にあった橋に向かってリュウが歩き出したので、くっついていくことに。

100108-28

リュウったら、まるで自分の庭を案内するように、私の前をどんどんと歩いていきました。

100108-29

橋を渡るとすぐ、階段を上がった先にカフェがあるのですが、リュウはそちらへ向かって上り始めました。
そしてカフェの手前でクンクン。

100108-30

クンクンし終わると、カフェの入口まで行ってしまいました。

そうね、ちょっとたくさん歩いたし、喉も渇いたからお茶でもしようか。

100108-31

お店に通され、好きな場所をどうぞ、と言われたので、一番奥の隅っこに陣取りました。
ここなら、リュウが少しピョンピョンしたりしても、あまり人に迷惑をかけることにはならなさそうです。

ランチを食べ損ねていたので、ケーキか何かを食べることに。
お店の人にもお勧めを聞いたりして、ヴェトナムのバナナケーキというのにしました。
暖かいのと冷たいのとあるそうですが、冷たい方がおいしさがぎゅっと凝縮した感じでお勧めと言われたので、それにすることに。このカフェは食事などもできるのですが、全体的にアジアンなメニューです。

100108-32

ケーキを食べながら昨日の記録などをつけていたら、リュウが膝にあごを乗せてきました。

100108-33

そうだね、リュウもおやつタイムにしよう!

100108-34

リュウはピョンピョンするどころか、声も出さずにとってもいい子にしていました。
帰る前にトイレに行ったのですが、リュウに「ちょっとだけだからね。ここで待っててね」と言うと、大人しく待っていてくれました。本当に優秀~!
リュウとふたりだけでカフェに来るのはひょっとして初めて?最近は家でもピョンピョン攻撃をしたり、ホーホー犬になったりするので、もしかしたらそうなるかも・・・と少し覚悟をしていたのですが、全然そんな心配はいらなかったようです。
リュウはきっと状況が読める賢い犬なんだわ、と親バカな納得をした私。

100108-35

カフェを出て、今度はリュウの時間ね。

100108-36

リュウは嬉しそうに走り始めました。

100108-37

ひとしきり走ると、こんな満足げな顔に。

100108-38

本当は池の先の広場へも行きたかったのだけれど、だんだんと日が翳ってきたので、池の周りを歩くだけにしました。
リュウも広場の方から聞こえる電車の音に、ちょっと驚いている風に橋を渡ってしまったので、そのままカフェの反対岸に渡りました。

100108-39

池にはスワンボート1艘と普通の手漕ぎボートが2艘浮かんでいました。

100108-40

その先の少し広々とした場所に来ると、リュウは突然「はしるですよ」と言い出しました。
広い場所に来ると血が騒ぐらしいです。

100108-41adj

そろそろ明かりが灯り始めた公園。出口へ向かいます。

100108-42

公園の前の通りにもドッグカフェのあるショップがあるのですが、そこでチーズを買うことにしました。
そうしたら、以前住んでいた家の近くの、犬の自然食のお店で作られているドッグフードがあったので、臨時用にひとつ買うことにしました。
1キロ入りだって。ちょっと重いかな~汗
でも、いいや。がんばる!

リュウも片っ端から鼻をクンクンさせて物色していました。

100108-43

お店の人にも「綺麗ね~。ハンサムくんね」と褒められ、ジャーキーやらクッキーやらをいくつかいただいたリュウ。
ジャーキーは全部食べたようですが、クッキーはひとかじりしただけで、あとはいらないと言っていました・・・
せっかくくださったのに・・・すみませんあせ

100108-44

でも、お店のことはいたく気に入った様子で、一旦外に出かけたのにまた中に戻っていって、ひと通り眺めまわしていました。

100108-45

また今度来ようね。

「もうちょっと、いたいですよ」
100108-46

早くしないと明るいうちに帰れなくなるから、そろそろ帰ろうね。

帰りは大きい通りは避けて、一本裏手の道を歩いていきました。

100108-47

最初は人がたくさんいたのですが、じきにまばらになってきました。
いくつかのお店が違うお店に変わっていたり、このあいだかずと入ったカフェも取り壊されていたりで、この街もまた少し変わっていくようです。

途中にちょっとした公園があるのですが、リュウはそこに入りたがっていました。
でも、ここはペットを入れてはいけない公園です。

リュウ、ごめんね。ここにはリュウは入れないんだ・・・

100108-48

この通りは楽しげなお店がたくさんあるのですが、この公園の手前の道あたりから、こ洒落たお店が全くなくなり、昔から営業しているようなお店ばかりの、ガラッと趣の違う感じになります。

そしてここから先はもう住宅街という角のところに、ちょこっとだけまた洒落たお店があるのですが、その中に1軒、時々立ち寄ってしまうヨーロッパのステーショナリーなどが売られているお店があります。
いつも前を通るたびに「まだ無くなってないかしら」と心配になるのですが、大丈夫。今日もありました。

100108-49

それから次の角にはとっても古いけれど、1階だけがなぜか洒落ているアパートがあります。
以前、そこの一番隅っこは子供の英会話教室のような感じだったのですが、何か別のお店になっていました。
その隣も元々お店でしたが、違うお店が入ったみたい。

100108-50

住宅街の真ん中に魚屋さんがあって、そこから交差する通りはかつては賑やかな商店街でした。
その通り沿いにつよママの家もあるのですが、角のお魚屋さんで買物をしていきました。
結構いいお魚を仕入れているお店なんです。

リュウは買物を済ませると、その角を曲がってつよママの家へ行こうとしました。

リュウ、今日はまっすぐおうちに帰るよ。

少し歩いたところで、向かい側から「あれ?リュウくん!」と声を掛けられました。
見たら、なんとロンちゃんのパパさんとママさん!
まあまあ、こんなところで!と、お互いにびっくり。

100108-51adj

年が明けてから初めて会ったので、新年のご挨拶をして、ちょっと立ち話をして別れました。
ロンちゃんパパさん、ママさん、今年もよろしくね!

100108-52

その先のちょっと大きい通りを渡ってすぐのところに、農家がその日に採れた作物を売っている場所があるのですが、そこでもちょこっと買物をしました。
ピンピンしている小松菜を買い、「冬の定番三浦大根」と書かれた大根を見て、「おいしそう・・・」と思ったのですが、持ってみたらあまりに重い!既にリュウのごはん1キロを持っているし、既に荷物が重い。家まであと少しだけれど、やっぱりちょっと無理かな・・・と断念しました。

原っぱ駐車場の脇を通りかかり、リュウが少し立ち寄りたがっていたので中に入りはしたのですが、すぐにまた出てきてしまいました。

100108-53adj

その先の教会の横の公園に入ると、リュウは急にキラキラと目を輝かせ、「はしるですよ」と言いました。

100108-54

うわ~、走るの?
わかった、いいよ。ちょっと待ってて。

荷物を全部ベンチに下ろし、公園の中をリュウと走りました。

100108-55

でも、いつもこんなに歩かないのに、急に歩いたためか足が少し痛く、切れの悪い走りをしていたので、リュウも走る気が途中で失せてしまったようでした。
ゴメン・・・汗

あとはひたすら家に向かって歩きました。

100108-56

リュウはさすがにくたびれた様子で、ごはんを待つあいだはクッションの上でウトウトとしていました。

100108-57

食後、TVで「もののけ姫」をやっていたのでつよさんと観ていたのですが、何かが物足りない。
そうだ。いつもTVの前に立ちはだかってピョンピョンするリュウがいないんだわ。

リュウはひとり、納戸な仕事部屋のクッションの上で寝そべっていました。

100108-58

リュウ、かえって疲れさせちゃったみたいね。ごめんね。
普段、こんなに歩かないのに、急にいっぱい歩いたりしていけなかったね。
でも、ちょっとは何か楽しかったかなあ。
私の自己満足だけだったら悲しいなあ。

「もののけ姫」の合間にリュウのところへ行っては、リュウを撫でたり抱きしめたりしたのですが、リュウはそのたびに優しく私の顔を舐めてくれました。

お布団に入ってからは爆睡?と思いきや・・・
爆睡していたのはつよさんだけで、リュウは目を開けていました。
疲れすぎちゃって眠れないとか?

100108-59

リュウ、今度はリュウがもっと寛いだり楽しんだりできるようにしようね。
今日は本当にどうもありがとう。
リュウと一緒に遠出のお散歩、私はとっても楽しかったよ。
リュウも少しでも楽しかったらいいんだけど・・・





  1. 2010/01/08(金) 23:14:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月8日金曜日 朝

久々のお散歩デート

まゆです。こんにちは。

お散歩へ行くよ、と言ったらうなぎ犬を振り回してばかりだったので、「行かないの?」と聞いたらこんな顔に。

「いくですよちょい怒り
100108-1

今朝は裏の通りへ。ワン太くん公園コースです。

100108-2

今日は空地は素通りして、草むら駐車場でしばらくクンクン。

100108-3

大きい通りまで出てきました。いつもならすぐに左に曲がるのですが、リュウはここで立ち止まってしばらくじーっと考えていました。

100108-4

そしていつもとは反対方向の交差点に向かって歩き出しました。
ワン太くんコース、逆周りでもするつもりでしょうか。

100108-5

大きい通り沿いの遊歩道を歩いて・・・

100108-6

サイクリング遊歩道までやってきました。

100108-7

サイクリング遊歩道を歩き始めてすぐのところで、リュウはうんぴーをしました。
それから更にまた進んでいる途中で、向こうからわんこさんが来るのが見えたのですが・・・

あれ?凛ちゃんじゃない?

リュウは全然眼中にない様子で、地面をクンクンしていたのですが・・・
もう少し近くまで来てみると、やっぱり!やっぱり凛ちゃんでした!

凛ちゃんとリュウ、プレイバウするふたり。

100108-8

それからふたり、ハチャハチャと走り回り始めました。
写真を見ると凛ちゃんだけ走っているように見えますが、実はリュウも一緒に走っていました。
一緒に、というか各々が勝手に勝手な方向に走っている感じで、ほとんど逆方向に向かって走っていたので、ふたりが同時に走っている写真をカメラに収めることができませんでした。

100108-9

しばらく再会を喜ぶかのように走り回ったふたり、ようやく落ち着きました。

100108-10

リュウはワン太くん公園にでも行くつもりだったのかもしれませんが、もう凛ちゃんに会ってしまったらそんなことはどうでもよくなってしまったらしく、一緒に元来た方向へ歩き出しました。

100108-11

大きい通りを渡って、凛ちゃんと一緒のとき以外はほとんど通らない道に入りました。
この駐車場は凛ちゃんが必ず立ち寄るチェックポイントなんですって。

100108-12

チェックが済んだ凛ちゃんを「あそぼうぜ」と誘ったリュウ。

100108-13

なぜかそれで弾みがついたのか、いきなりさっき凛ちゃんがチェックをしていた塀に駆け寄っていったかと思ったら、ピョーンと跳び越え、一瞬のうちに塀の向こうへ。
あれよあれよという間でした。

100108-14

「こんなこと、できるんだよ」と、凛ちゃんにかっこいいところを見せたかったのかもしれません。
なんかちょっと、そんな感じでしたよ。

さて、その先にある草むらの家でもふたりのチェックが入りました。

100108-15

リュウも凛ちゃんを見習って、隙間チェックです。

100108-16

その後、しばらく日向でのんびりしたふたり。

100108-17

凛ちゃん通りの入口でバイバイしました。

「凛ちゃん、ひさしぶりだったですよ」
100108-18

リュウは帰り道、鼻を膨らませて走っていました。

凛ちゃん、今日もどうもありがとう。
今年またよろしくね!




  1. 2010/01/08(金) 10:55:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月7日木曜日 朝~夜

最近の日課

まゆです。こんにちは。

今朝、私は飛び起きました。何しろ夕べは頭が朦朧としてきたので、肝心の計算間違いなどがあってはいけないと、仕事を少し残し、今朝早く起きてやるつもりで寝てしまったのが、起きたら6時。時計を見た瞬間にすっかり目が覚めました。そのくらいの時間には全てを終わらせている予定だったのに・・・

私が仕事を終えるまで、リュウは静かに待っていてくれました。

100107-1

昨日のお散歩は草むらばかりだったので、今朝は違うコース。
それもちょっと珍しいコースで、うさかめ公園の通りから商店街に出ると、途中の焼菓子のお店の角を曲がっていきました。
焼菓子屋さんのメーターをクンクン。

100107-2adj

そこからまた道を曲がって、商店街の公園の裏手側の道に出てきました。
どうやら原っぱ駐車場に向かっているようです。

100107-3

リュウは駐車場の近くまで来ると、急に走り出して駐車場に駆け込んでいました。

100107-4

そしてすぐにクンクンして、うんぴーの格好になっていました。
のんびり商店街を歩いている場合じゃなかったんですね。

広い駐車場を柵で4つに分けているのですが、一番端っこだけ中桟がなく私でもすんなり出入りができるので、リュウもそこを選んで向こう側へ行っていました。

100107-5

今日は同じ柵を行ったり来たり、何度も繰り返していました。

100107-6

駐車場を出ると、すぐ前にあるおうちの前でもクンクン。
そこはよそのおうちの入口だから、おしっこはダメよ。

100107-7

教会横の公園にやってきました。

100107-8

公園の中をクンクンしながら歩いているうちに、滑り台の麓まできたので階段を途中まで上がり、「リュウもおいでよ」と呼んだのですが・・・
リュウ、階段を上がるのが怖い様子で、じっと私を見つめるのみ。

100107-9

それが、そのうち前脚だけ階段を上ってきたので、「そうそう!」と声を掛けると、更に上に上がってきました。
私がいるあたりまで来たところで、怖くないと思ったのかどうか、急に勢いをつけて天辺まで駆け上っていったリュウ。
滑り台から滑り降りようとして、私に止められました。

100107-10

いえね、リュウは下りられると思ったのですが、リードを持っている私がね・・・汗
滑り台が急なのもあったし、何より横幅が・・・はまってしまいそうだったんですもの ^_^;

滑り台の階段を下りると、弾みがついたらしいリュウは「はしろう!」と言い出しました。

100107-11

公園を出たあとは、いつものように花の小路ガーデンを通っていったのですが、途中に建っている割合最近できたばかりのおうちを覗き見していました。

100107-12

うちの裏の通りまでくると、時々草を探す社宅の植え込みで、今日も草を探しては食べていました。

100107-13

その先にある駐車場の中は、今まで一度立ち寄ったことがあるかどうかなのですが、今日は奥の方までクンクンと探索していました。

今朝のお散歩のリュウは寄り道大魔王でした。
お日さまがぽかぽかして気持ちがよくて、まだまだ外にいたかったのかも。

100107-14adj

朝ごはんを食べ終えると、和室でこんな風に寛いでいました。

100107-15

今日は明日の仕事の準備があったので、ずっとデスクにいた私につきあって、リュウも納戸な仕事部屋のクッションの上にいたのですが、お昼過ぎごろ、急に立ち上がったかと思ったら、うなぎ犬をくわえてリビングのドアに張り付きました。

100107-16

何事かと思ったら、つよさんが帰ってきました。

あれ?仕事は?

聞けば今日は仕事を休んで、地域の消防分団の団員として、明後日行われる出初式の予行演習に出たんですって。
全然知らなかったわ。どうりで今朝、いつもより寝坊しているな~と思っていたのよ!

100107-17

リュウはうなぎ犬くわえたまま、ずっとつよさんのあとを追っていました。

100107-18

つよさんは冷蔵庫にあった秋刀魚の開きを焼いて、お昼ごはんを食べ始めました。
リュウはつよさんの傍らで日向ぼっこ。

100107-19

こんなにつよさんのコバンザメになっていたのに、つよさんったらお昼ごはんを食べ終えると、さっさと出掛けてしまいました。
何やら買いに行くと言っていたけれど、たぶんフラフラと街歩きをしに行ったに違いありません。

リュウは再び私のいる仕事部屋にやってきて、クッションの上で爆睡していました。

100107-20

私の仕事が結構時間を取りそうだったので、夕方のお散歩はつよさんにいってもらうことになっていたのですが、つよさん、出掛けたっきりなかなか帰ってきません。

昼間、リュウに「お部屋のお掃除をしたら、今日も宝探しをしようね」と約束をしてあったので、つよさんを待っているあいだに、宝探しをすることにしました。最近の日課になりつつあります。

カップの中に隠したおやつは素通りのリュウ。
全部探し終えてから、カップにトライするつもりのよう。

100107-21

リビングをざっと探し終えると和室へ行き、またリビングに戻ってきて、今度は丹念に隅々をチェックしていました。

100107-22

さてさて、ようやくつよさんが帰ってきましたよ。
リュウ、この顔を見ると、ガウガウ言いながらリードをくわえていたに違いありません。

100107-23

やってきたのは草むら。

100107-24

真っ暗なのに、ボール遊びができたの?

100107-25

20分ほどで、ふたり帰ってきました。

100107-26

ごはんを待っているときのリュウを見たら、なんだか正座をしているみたいで笑ってしまいました。
三つ指ついてそう・・・

100107-27

今日も自分の分を食べてしまうと、私たちの周りをウロウロして何やらおねだりモードになっていたリュウ。
つよさんにはなだめられ・・・

100107-28

私とはうなぎ犬で遊びました。

100107-29

食後、ふとデスクからリビングを見ると、リュウのお尻が見えていました。
そこに突っ立って何しているの?と思って見たら、つよさんが和室の襖を閉めていたので、リュウが入りたくても入れずにいたのでした。
それにしても、何も言わずにず~っと襖の前で突っ立っているだけなんて・・・

100107-30

中に入れてもらうと、すぐさまつよさんの横へ潜り込んだリュウ。

100107-31

明日は私も仕事で出掛けるので、元旦以来のお留守番。
リュウ、よろしくね。




  1. 2010/01/07(木) 23:05:14|
  2. 遊び・ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月6日水曜日 朝~夜

おじさんと友達になる

まゆです。こんにちは。

今朝、タクシー会社の前を通りかかると、大勢の運転手さんたちが一斉に道に出てきて、畑沿いの停められたタクシーに向かっていきました。
リュウもその最後尾からくっついていきます。

100106-1

いつもは私が起きるまで静かに待っているリュウが、今日は枕元でバタバタしていたので、それで目が覚めました。
どうもお腹が少しですがキュルキュル鳴っているようでした。

畑をふと見たリュウ。
いつもお腹の調子を整えるときに食べる草、そっくりの植物がたくさん植えられているのが目に留まったようです。

でも、それはたぶん作物だから、食べちゃダメよ汗

100106-2

「たぶん」というのも変なのですが、ここの畑で作物が実って収穫されているところを、ほとんど見たことがありません。
以前にも麦のようなものが植えられていたのですが、途中で刈り取られてしまったし、ブロッコリーも放置され、そのうち潰されていましたし。

もし、このイネ科らしい植物もそうなる運命なら、リュウが少し食べるのを許してほしいのだけれど・・・
真相がわからないだけに、ダメと言うしかありません。

リュウは遊歩道脇の植え込みに入り込みながら、草むらを目指しました。
草むらでクンクンしているうちに、すぐにうんぴーをしました。

そこへパールちゃん、アクアちゃん親子がやってきました。
ラブちゃんがちょっと苦手なリュウですが、このふたりとはうちに来たばかりの頃、川沿いの道を一緒にお散歩したこともあり、吠えずにいられるラブちゃんたちなのです。
でも、だからと言ってご挨拶などもしませんが。

100106-3

さて、お次は小さい公園へ。

100106-4

丘の草むらではリキちゃんがひとり、のんびりクンクンしていました。
でも、ちょうど帰るところだったようです。

100106-5

リュウは道の脇にあった看板を見つけて、丹念に匂いを嗅いでいました。

100106-6

それから丘の草むらを突っ切って、向こう側のスロープへ。
スロープの脇の一段下がったスペースに、いつも食べるのと同じ草を見つけました。
一本一本の匂いを嗅ぎながら、選り分けて食べるリュウ。

100106-7

スロープを上がって、今度は山へ入っていきました。

100106-8

熊笹の茂みにも潜り込んでいきます。
私が入り込めないような場所へもどんどん行くので、そのたびに呼び戻されてしまいました。

100106-9

呼ばれると、いたずらしていた子供が慌てて戻ってくるような感じで、すっ飛んでくるリュウ。
何度かすっ飛んでいるうちに、楽しい気分になってしまったのか、急に走ろうと言い出しました。

100106-10

でも、山の上は地面がツルツルしていて滑る場所も多い上に、起伏もあってリュウはともかく、伸び伸びと走れる場所ではないので、「山を下りてから走ろうね」と言いました。
でも、山を下りているうちに、すっかり走ることを忘れてしまったみたい。

郵便局通りを曲がって歩いていると、道の反対側を向こうからコウちゃんがやってきました。
でも、お互いほとんど知らん顔。
前はあんなに仲良くしていたのにね。

100106-11

家に帰ってきて朝ごはんを食べ終えると、和室の窓際の日向でお尻を暖めながら、リュウが寝そべっていました。

100106-12

年末にいただいた仕事の締め切りが明日なので、今日は形振り構わずやっていたのですが、犬ってそういうのに敏感ですよね。
普段なら私のデスクの横にあるクッションへ来て寝そべるのに、今日のリュウはずっとリビングのソファにいました。

100106-13

本当につまらなそうな顔!
宝探しでもする?

「どっこいしょ。たからさがし、するですよ」
100106-14

休憩タイムに、まずは和室におやつをばら撒きました。
リュウが和室を探しているあいだに、リビングにもばら撒く作戦。

ソファから下りたリュウ、キョロキョロと部屋を見回してもどこにもおやつがないので、ちょっと戸惑ったようでした。

100106-15adj

和室に誘導すると、さっそく宝探しを開始していました。

100106-16

和室のおやつを探し尽くしてしまうと、今度はリビングへやってきました。
まずはTV台の上のおやつを総ざらい。

100106-17

リビングを一周するとまたしても和室へ行って、鼻をクンクンさせながら、おやつはないかと探していました。

残念だけど、さっき全部見つけちゃったみたいよ。

100106-18

でも、まだリビングに少し、探し残しているおやつがありました。

椅子の座面にひとつ見つけました!

100106-19

結構しつこく探しているもんなのね。

探し終えると今度は納戸な仕事部屋にやってきたのですが、再びつまらなそうな顔になっていました。

100106-20

一日、こんな顔ばかりしていたリュウでしたが、明るい表情になる瞬間もあるものです。

「おさんぽ、いくですか?」
100106-21

ちょうど今、仕事の切りがいいし、お散歩に行ってきちゃおう。

飽きもせず、またしても行き先は草むら。
タクシー会社の前の通りですれ違った小さいわんこさん、お互いちょっと興味がある様子で、カーブを切りながらすれ違い、すれ違ってからも振り返って見てはいたのですが・・・
今にもこちらに来そうなあちらのわんこさん、でも、立ち止まってリュウの様子を見ていました。
リュウも気になる様子で見ていたのですが、ちょっぴり怖かったのか、近寄るのをやめて近くの茂みをクンクンし出すと、あちらのわんこさんも歩いていってしまいました。

でも、やっぱり気になる?

100106-22

この時間、お散歩するわんこさんが結構大勢いたのですが、草むらには誰もおらず、リュウはのんびりクンクンをしていました。

100106-23

その様子を草むらの脇の遊歩道のベンチで、ニコニコしながら見ていたおじさんがいたのですが、リュウはその人をじーっと見ていたと思ったら、急に駆け寄っていきました。

100106-24

おじさん好きのリュウ。
ご挨拶してからも、何やらお話ししているような顔で見上げていました。

100106-25

おじさんの家にも8月までタロウという13歳のわんこさんがいたそうです。
でも、死んでしまったんですって。
「最後は何にももごはんを食べなくなっちゃってね・・・」とおじさん。
タロウがいなくなってからは淋しくて淋しくて、夜も眠れないこともあるんだよって。

おじさんはひとしきりタロウくんの話をすると、よいしょ、と腰を上げて「さあ、お前もお散歩に行っておいで」とリュウに言いました。

歩きながら振り返ってリュウに手を振るおじさんを見送るリュウ。

100106-26

草むらに戻ると、リュウが「はしるですよ!」と言いました。

100106-27

走れる今がサイコー!
走れる今は、いっぱい走ろう~!!!

グルグルと草むらの中を走り回り、「もういいや」と思うとリュウは突然立ち止まります。
こんな顔で。

100106-28

そのあと、またしばらくクンクンをしてから帰りました。

100106-29

そろそろ夕飯の買物に行かなくちゃ・・・と思っていたら、つよさんが帰ってきて知り合いのお寿司屋さんへ行って、挨拶がてら食事をしてくると言うので、これ幸いと仕事の続きをやっていました。

いい加減ちょっとお腹がすいてきたのですが、時間もないのでトーストを焼いて、お行儀悪く仕事場に持ち込んで食べていたら・・・
リビングにいたリュウがやってきました。
そして、突然腹這いになりました。

100106-30

確かにそのポーズを取るとおやつを貰えることもあるけれど・・・
それはゲームのときだけよ。

でも、最後に耳のひとかけらをあげました。
どうもリュウには甘いなあ、私汗

つよさんが帰って来ると、またしてもうなぎ犬をくわえて、振り回しながらつよさんを追っかけまわしていましたよ。

100106-31

仕事を全部終えてから寝ようと思ったのですが、頭が今ひとつシャキッとしていないので、計算の部分や見直しは朝早く起きてからやることに。

お布団に入ると、なぜか枕のあたりに後ろの脚を乗せて、ずいぶん布団からはみ出ていたリュウが、起き上がってウロウロし始めたので、「おいで」と呼ぶと安心したようにお布団の中に入ってきました。
寝るときにリュウがいなかったらと考えると・・・
お散歩のときに会ったおじさん、淋しくなくなる日が、いつかはくるかしら。




  1. 2010/01/06(水) 23:07:26|
  2. お散歩の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年1月5日火曜日 朝~夜

吠え吠えのお散歩

まゆです。こんにちは。

「いま、まてって、いったですよね?」
100105-1

言いましたよ~。そうじゃないとリュウは飛び出して行くし、誰か人がいたら危ないでしょ。

今朝は少し雨が降ったのか、地面がちょっと濡れていました。
ちょうどいいお湿りぐらいでしたけれど。

100105-2

今日も草むらにやってきたリュウ。
いつもの木の下で蹴り飛ばしをやっていました。

100105-3

草むらは軽くクンクンしただけで、すぐに小さい公園へ。
入ってすぐのところでアメリちゃんに会ったのですが、リュウは知らん顔で池の方へ下りていきました。

100105-4

でも、アメリちゃんのことはちゃんとわかっていたようです。
下を歩きながらもアメリちゃんの姿を見ていて、池から上がるところでちょうど行き会いました。

100105-5

会ってしまうと大変で、やっぱり今日も匂いを嗅ぎまくっていましたよ汗
アメリちゃん、怒らないでいてくれて、ありがとうね。

100105-6

丘の草むらから、ひとり東屋の方へやってきました。
さっき遊歩道のベンチで見かけたシェリーちゃんが、スロープの向こうに見えます。

100105-7

アメリちゃんはチャッピーくんに会ったようです。

100105-8

リュウ、珍しく東屋のベンチの匂いをクンクン。
いつものおじさんの匂いでもしたのかな?

100105-9

東屋の脇で、いつもリュウが食べる草を発見。
それにしても、この草はまた巨大だねえ~!

100105-10

丘の草むらに戻ると、アメリちゃんのところに、ビアンくんというグレーのトイプードルが来ていました。
時々ここで行き会うけれど、ご挨拶をしたことのないわんこさんです。

100105-11

リュウはいきなりビアンくんに吠えてしまいました。
今まで、この距離で吠えたことなんてなかったのに。
ひょっとしたら、ビアンくんがアメリちゃんと仲良くしていたので、ヤキモチを妬いたのかもしれません。
吠えたくせにお尻の匂いを嗅がせてもらっていました。

100105-12

実はビアンくんは同じマンションに住むわんこさん。
ママさんのことは、時々マンションの入口でお見かけしていました。
なので、ビアンくんと一緒にこの公園にいらっしゃるのを見て、あれ?と思っていたのだけれど、やっぱりそうでした。同じマンションでした。

そのせいなのか、なんなのか・・・
ビアンくんとは少し離れた場所で、ビアンくんとリュウの間に私が立ったらもう吠えなくはなりましたが、リュウはまだちょっと文句言いたげな感じでした。

100105-13

丘の草むらから道を隔てたところにある植え込みに行って、そこでクンクンとうんぴー場所を探したリュウ。
無事にいい場所を見つけることができました。
タロくんが大きい公園の方へ歩いていくのをやり過ごしていました。

100105-14

アメリちゃんのママさんと、いかに犬が人を見るかという話をしているあいだ、アメリちゃんとリュウは気持ちよさそうに日向ぼっこ。

100105-15

そのリュウは、お散歩から帰ってきて、朝ごはんを食べたあとも、和室の窓際で日向ぼっこをしていました。

100105-16

ねえ、リュウ、今日も明るいうちのお散歩に行こうか。

「えっ?おさんぽ?」
100105-17

でも、そのうなぎ犬は置いていこうね。

「わかったですよ」
100105-18

昨日は朝夕、そして今朝もお散歩は草むらコースだったので、そろそろ別のところへ行くだろうと思ったら、案の定でした。

100105-19

いつもの空地にちょこっと立ち寄り、草むら駐車場はほとんどスルーで、大きい通りを渡ったあとは駆け足でワン太くん公園へやってきました。

100105-20

自転車置場のこのロープ。
なんども潜っては、私に「リュウ、ピョンしてよ」と言われ、ようやくピョンしてくれました。

100105-21

それで弾みがついたのか、「はしろうぜー!」とはしゃぎ顔。

100105-22

でも、それよりもうんぴーという重要課題があったので、まずはそちらから。

100105-23

アスレチックの裏で無事に済ませて広場の方へ行くと、フレンチブルドッグのブウちゃんがやってきました。
リュウ、何度か会っているのに、ちょっと吠えてしまいましたよ。
ブウちゃん、まだ1歳になっていないのに、リュウみたいな大きな犬に吠えられて驚いたのか、ブウちゃんまでワンワン、と対抗するように吠えちゃっていました。
ブウちゃん、ごめんね汗

100105-24

リュウが走ろうというので走っていたら、離れた場所でブウちゃんも走っていました。

帰り道、幼稚園通りでふと思い立って、階段以外の場所でもちゃんと「待て」ができるかどうかやってみました。
歩いている最中に「待て」と言って、リードの長さ分私だけ歩きます。
リュウ、ついてきません。上手に待っています。

100105-25

「よくできたね~!おいで!」と言うと、すっ飛んできました。そこでご褒美のおやつをあげました。
3回やって、3回とも上手にできました。

さてさて、我家には暮れに買った大玉の白菜があります。
チビチビと食べて、ようやく普通の白菜くらいの大きさになりました。
それからネギも抱えるほどあります。
それで今晩は鍋にすることに。

締めのおうどんを食べていたら、リュウが欲しがってピョンピョン始まりました。
「今日は全然おやつをあげていないから、リュウにはこれをあげる」と、ターキービスケットをあげることに。

100105-26

しか~し、拒否されました汗
一旦はくわえていったのですが、ペロッと舐めただけでテーブルの下に転がしてありました。

そんなことしたら、もう何も貰えないのよー!

そのうち今度はホーホー犬になったリュウ。
つよさんと私がTVを観ているのが、どうも気に食わない様子。
つよさんがうなぎ犬でリュウと遊びました。

100105-27

後片付けをしてふと見ると、リュウがドアの吊元の隙間から覗き込んで何かを見ているので、何を見ているのかと私も覗いてみたら・・・
見えたのは、洗面所で歯を磨くつよさんでしたsc06

100105-28

そんなに気になるなら、つよさんのところに行ったら?

「どうぞ」と言うと、ようやくリビングを出てつよさんのところへ。

100105-29

夜、いつものようにつよさんとリュウが寝るお布団に入ってから、何か違和感を感じて起き上がり、電気をつけてみたら・・・

100105-30

おやおや。さっきまでつよさんの向こう側にいたリュウが、いつの間にやらつよさんの枕の上にデーンと構えていましたよ。
枕を取られたつよさんは、布団に潜り込んで変な体勢。

これじゃ、つよさんの背骨が曲がっちゃうわ~と、掛け布団をバサッと持ち上げて掛け直したら、あ~ら不思議。ふたりとも普通の体勢になったとさ。
リュウはつよさんの向こう側ではなく、つよさんと私のあいだに入ってきていましたけれどね!




  1. 2010/01/05(火) 23:29:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2010年1月4日月曜日 朝~夜

お留守番じゃなくても宝探し音符

まゆです。こんにちは。

さあ、お散歩行くよ~♪

100104-1

今朝はまっしぐらに草むらにやってきたリュウ。
いつものようにクンクンしたり、地面の蹴り飛ばしをしたり。

100104-2

ところが、途中で急に立ち止まってしまいました。
少し鼻を上に向けて、クンクン、クンクンと何やら空中の匂いを嗅いでいます。

100104-3

「クンクンクンクン」
100104-4

そのうち、あれあれあれ?
リュウったら座り込んでしまいました。
そして匂いを嗅いでいた方向をじーっと見つめています。

100104-5

どうしちゃったの?と聞いても、狛犬のように静かに座ったまま。
仕方ないので、しばらくそのままに。

少しするとようやく立ち上がったのですが、鼻を向けていた方向へは行こうとしません。
草むらの中を戻るように歩きながら、地面をクンクンしていたのですが、突然クンクンしながら「ワン!」と吠えました。

クンクン、ワン!クンクン、ワ、ワン!

そのうち、顔を上げて本格的にワンワンと吠え始めてしまいました。

100104-6

リュウが吠えている方向を見ても、誰もいないし、変わったものは何もない。
どうしてそんなに吠えちゃってるの???
はてなが100個くらいあっても足りないくらいの不思議さだったのですが、なんとなく怖がっているような感じがしたので、遊歩道に出て来た方向へ戻ってみました。

リュウ、大慌てという感じで、スタコラサッサと駆け足です。

100104-7

そのくせして、途中で立ち止まって、さっき凝視していた方をじーっと見ています。
そしてまた、スタコラサ。

100104-8

遊歩道の切れ目のところでも、またまた振り返って見るリュウ。
何かいる?
怖いならやめとけば?

100104-9

そのままタクシー会社の前の道を曲がって帰りそうになったので、「リュウ、うんぴーしてないから、うんぴーしようよ」と、まっすぐ遊歩道へ誘導しました。
でも、遊歩道を歩き出してもこの通り。

100104-10

更にその先の遊歩道も小走りに進み、大きい通りを渡ってからも、まだ後ろを振り返っていたリュウ。
一体、あの草むらの向こうに、何があったというの?????

100104-11

角の公園の、通りを隔てた空地まで来ると、ようやくだいぶ落ち着いた感じになりました。

100104-12

このまま、うんぴー百発百中のサイクリング遊歩道まで歩いていきました。

100104-13

サイクリング遊歩道でも、時折振り返ってみたりはしましたが、もう走ったりはありませんでした。

100104-14

うんぴーを済ませ、突き当たりの川沿いの道を少し歩いて、すぐまた折り返すように続く住宅街の道に入りました。
来た方向に戻っているのですが、もう怖がってはいません。

大きい通りの遊歩道まで戻ってきました。

100104-15

リュウはもうさっき吠えていたことは、すっかり忘れたかのようにのんびりと歩き、イタリアンレストランの敷地に寄り道までしていました。

100104-16

幼稚園通り沿いにある、前にも草を探して飛び込んだ駐車場に立ち寄りました。
どうやら草が食べたかったもようです。

100104-17

でも、もうあまりリュウがいつも食べる草が残っていませんでした。
そこで大きい通りを渡って、いつもの草むら駐車場にも行ってみました。

100104-18

このあと、空地にも立ち寄ったのですが、そこにはほとんど目ぼしい草がなく、諦めて帰ってきました。

今日は仕事もあるし、このブログもアップしたいし、デスクにかじりついての一日。
リュウは私のすぐ脇で爆睡していました。

100104-19

午後になって目を覚まし、伸びをしていたリュウ。

「ねえ、今日はお留守番じゃないけど、宝探ししようか?」

100104-20

さっそくおやつを隠してリュウを呼ぶと、リュウは部屋をぐるりと見回し、それから「なんで?まゆさん、いるですよ。なんで、たからさがし?」というような顔をして、おやつも探さずに、しばらく私のことを見ていました。

100104-21

お留守番じゃなくたって、宝探しはあるんだよ~。
さあ、宝探し、宝探し!

私が声を掛けると、すぐにリュウは探し始めました。

テレビ台の上のおやつGET!

100104-22

オーディオの陰にも1個見つけたよ!

100104-23

椅子の座面にも。

100104-24

見えているおやつを全部探し終わると、今度はカップに隠れたおやつの番です。

100104-25

和室のカップも、次々と倒していきました。

100104-26

リュウが軽々とカップを倒したりどかしたりして、中のおやつを食べているのを見て、なんだかジーンときましたよ。
だって、一番初めにカップに入れたおやつを取るゲームをしたときには、こんなに上手に中のおやつを取れなかったものね、リュウ。
普段、リュウがどんな風におやつを探しているのかがちょっとわかって、私も楽しい宝探しゲームでした。

さて、夕方のお散歩は、今日も明るいうちに。
朝、あんなに怖がっていたので、よもや草むらへは行かないだろうと思っていたのに、リュウはぜ~んぜん、気にしていないようでした。
しっかり草むらに向かっています。

100104-27

それどころか、ブルーベリー畑の脇の道をどんどん歩いていきました。
朝、怖がっていた方に嫌でも行ってしまう道です。

100104-28

リュウは草むらへは行かず、小さい公園へ入っていきました。
朝、公園の方に向かってあんなにワンワン吠えていたのにね。
本当にあれは、なんだったんだろう・・・

丘の草むらにはお友達がチラホラいました。

100104-29adj

リュウは大好きなアメリちゃんにくっついて、しばらく嗅ぎ回るオトコになっていました。

100104-30

そこへヤマトちゃんがお母さんに連れられてやってきました。
リュウのところへ来たので、リュウもヤマトちゃんにプレイバウをしたのですが、そのまま彼女は疾走していきました。
アメリちゃんのパパさんが、「ヤマトちゃんはお父さんと一緒だと、いつもここでのんびりしてるのに、お母さんと一緒だと、ああやってすぐに走って行っちゃうんだよね」と笑いながら言いました。

リュウはそれからみんなと離れて、ひとり山の中へ。
熊笹の茂みに入り込んだりしていました。

100104-31

天辺へ来ると、しばらく景色を眺めて楽しんでいる風なリュウ。

100104-32

山を下りると、丘の方を見たりしてしばらく考えていたのですが・・・

100104-33

やっぱりもう、草むらへ行くことにしたようです。
草むらの反対の入口の方にわんこさんがいるのを見て、リュウはお座りをしていました。

100104-34

柴犬系のわんこさんと、ちょこっとご挨拶をしかけたのですが、ガウするといけないのでそこそこにして離れました。
何度か会っているうちに、もっと仲良くなれるかもしれませんが。

そのわんこさんが草むらから出てしまうのと入れ違いくらいに、イタリアングレーハウンドのふたり連れがやってきました。
気になるけれど近寄らず、離れたところで見ていたリュウ。

100104-35

彼らが立ち去ってから、その場所へ行って匂いをクンクンと嗅いでいました。

少し薄暗くなってきましたが、ほんの少しだけれど日が長くなってきたようです。
12月は5時っていったら真っ暗だったものね。

家に帰って買物に出掛けようとしていたら、会社の人たちと毎年恒例のゴルフに出掛けたつよさんから電話があり、打ち上げでたくさん食べてしまったから、ごはんはいらないですって。
自分の分だけとなると、とたんにいい加減になる私。
リュウも夕ごはんタイムまで、またひとしきり爆睡していました。

100104-36

でも、つよさんが帰ってくると大はしゃぎ。
うなぎ犬を出してきて、ひとりで振り回して遊んでいました。

100104-37

腹這いになってかじっていたと思ったら、仰向けになってかじったり。

100104-38

そんなわけで、私とも少しうなぎ犬で遊びました。

夜のふたり。

「ねえねえ、つよさん、きいてくださいですよぉ」
100104-39

って、たぶんリュウはそんなこと言ってないと思いますが、ふたりでひとつの枕で寝ている姿がそんな風に見えたのよ!
私がお布団に入ると、今度は私の方を向いて寝たリュウなのでした。




  1. 2010/01/04(月) 23:14:23|
  2. 遊び・ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。