つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年1月7日木曜日 朝~夜

最近の日課

まゆです。こんにちは。

今朝、私は飛び起きました。何しろ夕べは頭が朦朧としてきたので、肝心の計算間違いなどがあってはいけないと、仕事を少し残し、今朝早く起きてやるつもりで寝てしまったのが、起きたら6時。時計を見た瞬間にすっかり目が覚めました。そのくらいの時間には全てを終わらせている予定だったのに・・・

私が仕事を終えるまで、リュウは静かに待っていてくれました。

100107-1

昨日のお散歩は草むらばかりだったので、今朝は違うコース。
それもちょっと珍しいコースで、うさかめ公園の通りから商店街に出ると、途中の焼菓子のお店の角を曲がっていきました。
焼菓子屋さんのメーターをクンクン。

100107-2adj

そこからまた道を曲がって、商店街の公園の裏手側の道に出てきました。
どうやら原っぱ駐車場に向かっているようです。

100107-3

リュウは駐車場の近くまで来ると、急に走り出して駐車場に駆け込んでいました。

100107-4

そしてすぐにクンクンして、うんぴーの格好になっていました。
のんびり商店街を歩いている場合じゃなかったんですね。

広い駐車場を柵で4つに分けているのですが、一番端っこだけ中桟がなく私でもすんなり出入りができるので、リュウもそこを選んで向こう側へ行っていました。

100107-5

今日は同じ柵を行ったり来たり、何度も繰り返していました。

100107-6

駐車場を出ると、すぐ前にあるおうちの前でもクンクン。
そこはよそのおうちの入口だから、おしっこはダメよ。

100107-7

教会横の公園にやってきました。

100107-8

公園の中をクンクンしながら歩いているうちに、滑り台の麓まできたので階段を途中まで上がり、「リュウもおいでよ」と呼んだのですが・・・
リュウ、階段を上がるのが怖い様子で、じっと私を見つめるのみ。

100107-9

それが、そのうち前脚だけ階段を上ってきたので、「そうそう!」と声を掛けると、更に上に上がってきました。
私がいるあたりまで来たところで、怖くないと思ったのかどうか、急に勢いをつけて天辺まで駆け上っていったリュウ。
滑り台から滑り降りようとして、私に止められました。

100107-10

いえね、リュウは下りられると思ったのですが、リードを持っている私がね・・・汗
滑り台が急なのもあったし、何より横幅が・・・はまってしまいそうだったんですもの ^_^;

滑り台の階段を下りると、弾みがついたらしいリュウは「はしろう!」と言い出しました。

100107-11

公園を出たあとは、いつものように花の小路ガーデンを通っていったのですが、途中に建っている割合最近できたばかりのおうちを覗き見していました。

100107-12

うちの裏の通りまでくると、時々草を探す社宅の植え込みで、今日も草を探しては食べていました。

100107-13

その先にある駐車場の中は、今まで一度立ち寄ったことがあるかどうかなのですが、今日は奥の方までクンクンと探索していました。

今朝のお散歩のリュウは寄り道大魔王でした。
お日さまがぽかぽかして気持ちがよくて、まだまだ外にいたかったのかも。

100107-14adj

朝ごはんを食べ終えると、和室でこんな風に寛いでいました。

100107-15

今日は明日の仕事の準備があったので、ずっとデスクにいた私につきあって、リュウも納戸な仕事部屋のクッションの上にいたのですが、お昼過ぎごろ、急に立ち上がったかと思ったら、うなぎ犬をくわえてリビングのドアに張り付きました。

100107-16

何事かと思ったら、つよさんが帰ってきました。

あれ?仕事は?

聞けば今日は仕事を休んで、地域の消防分団の団員として、明後日行われる出初式の予行演習に出たんですって。
全然知らなかったわ。どうりで今朝、いつもより寝坊しているな~と思っていたのよ!

100107-17

リュウはうなぎ犬くわえたまま、ずっとつよさんのあとを追っていました。

100107-18

つよさんは冷蔵庫にあった秋刀魚の開きを焼いて、お昼ごはんを食べ始めました。
リュウはつよさんの傍らで日向ぼっこ。

100107-19

こんなにつよさんのコバンザメになっていたのに、つよさんったらお昼ごはんを食べ終えると、さっさと出掛けてしまいました。
何やら買いに行くと言っていたけれど、たぶんフラフラと街歩きをしに行ったに違いありません。

リュウは再び私のいる仕事部屋にやってきて、クッションの上で爆睡していました。

100107-20

私の仕事が結構時間を取りそうだったので、夕方のお散歩はつよさんにいってもらうことになっていたのですが、つよさん、出掛けたっきりなかなか帰ってきません。

昼間、リュウに「お部屋のお掃除をしたら、今日も宝探しをしようね」と約束をしてあったので、つよさんを待っているあいだに、宝探しをすることにしました。最近の日課になりつつあります。

カップの中に隠したおやつは素通りのリュウ。
全部探し終えてから、カップにトライするつもりのよう。

100107-21

リビングをざっと探し終えると和室へ行き、またリビングに戻ってきて、今度は丹念に隅々をチェックしていました。

100107-22

さてさて、ようやくつよさんが帰ってきましたよ。
リュウ、この顔を見ると、ガウガウ言いながらリードをくわえていたに違いありません。

100107-23

やってきたのは草むら。

100107-24

真っ暗なのに、ボール遊びができたの?

100107-25

20分ほどで、ふたり帰ってきました。

100107-26

ごはんを待っているときのリュウを見たら、なんだか正座をしているみたいで笑ってしまいました。
三つ指ついてそう・・・

100107-27

今日も自分の分を食べてしまうと、私たちの周りをウロウロして何やらおねだりモードになっていたリュウ。
つよさんにはなだめられ・・・

100107-28

私とはうなぎ犬で遊びました。

100107-29

食後、ふとデスクからリビングを見ると、リュウのお尻が見えていました。
そこに突っ立って何しているの?と思って見たら、つよさんが和室の襖を閉めていたので、リュウが入りたくても入れずにいたのでした。
それにしても、何も言わずにず~っと襖の前で突っ立っているだけなんて・・・

100107-30

中に入れてもらうと、すぐさまつよさんの横へ潜り込んだリュウ。

100107-31

明日は私も仕事で出掛けるので、元旦以来のお留守番。
リュウ、よろしくね。




スポンサーサイト
  1. 2010/01/07(木) 23:05:14|
  2. 遊び・ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。