つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2010年1月19日火曜日 朝~夜

犬に怖がられるシンドローム

まゆです。こんにちは。

お散歩前、これからハーネスを着けます、というところ。
嬉しそうに鼻の周りが膨らんだリュウ。

100119-1

マンションの裏の通りを歩いていたら、向こうからスズちゃんがやってきました。
お互いに「あそぼう」「あそぼう」となっていました。

100119-2

空地と草むら駐車場に立ち寄ったリュウ。

100119-3

草むら駐車場の前の道にトラックが停まっていて、リュウが駐車場から出ようとしないので、「こっちから出よう」と反対の口の方へ誘導しました。

100119-4

目指すはワン太くん公園だもんね。
今日はいつものように、アスレチックの裏からクンクンがスタート。
すぐにいいうんぴー場所を見つけたようです。

100119-5

広場の向こうに、少し毛足の長いわんこさんがいて、どうやらノーリードの様子。
リュウはそちらをずっと見ていました。

100119-6

するとしばらくして、その犬がパパさんの周りを走っていたと思うと、突然こちらに向かって走ってきました。
パパさんが一生懸命に名前を呼んでいます。なかなか帰らなかったのですが、あと5メートルというくらいのところで、踵を返してパパさんの許へ帰っていきました。

「ふう~、ボク、ちょっときんちょうしたですよ」
100119-7


リュウ、身体をぶるぶるっと震わせていました。
でも、またのんびりと静かなクンクンタイムが戻ってきました。
しばらくクンクンをして公園をあとにしました。

100119-8

いつものように幼稚園通りに入ると、幼稚園の前に通園の園児やお母さんたちが大勢いたのですが、リュウは一瞬立ち止まりはしたものの、興奮するわけでもなく、怖がる風でもなく、普通にそこを通り過ぎていくことができました。
小さい子が苦手なのに、よくがんばったね。

100119-9

「そのかわり、こっちいくですよ」
100119-10

またサイクリング遊歩道の方へ行こうと言っています。

まあ、いいよ。今日はそんなに時間に追われているわけでもないしね。

リュウは「ランランラン♪」という感じに、大好きなサイクリング遊歩道を歩いていました。

100119-11

でも、途中で「あれ?」というように立ち止まり、しばらく考えているようでした。

100119-12

しばらくその場に突っ立っていたリュウでしたが、急に向きを変えて下の遊歩道に下りていき、今度は来た方角へ戻っていきました。

100119-13

このまま行ったら、またワン太くん公園へ戻ってしまうって思ったのかしら?
遊歩道を歩いている最中に、カメラの電池が切れてしまいました

さて、家に帰ってくると納戸な仕事部屋で爆睡していたリュウ。

100119-14

私がお掃除を始めたら、ようやく起きたようです。
ついでだからリュウのブラッシングもしました。

いい子にしていたから、ご褒美のおやつね。

100119-15

今日は夕方からやすこ嬢がうちに来て、今後の仕事のことなど話し合うことになっていました。
私が準備をして、そろそろやすこ嬢が来る時間なので、リュウの散歩がてら迎えに行こうと着替えていると、リュウはまたお留守番かというような浮かない顔でこちらを見ていました。

100119-16

違うよ。リュウも一緒だよ。

100119-17

とたんに元気、元気になったリュウ。
うちの駐車場の通りを歩いていたら、管理人さんがお掃除をしてくださっていました。
リュウが管理人さんのところへツツツツーっと近寄って行くと、管理人のおじさんが「うちにも犬がいるから、匂いがするのかな?」と笑っていました。

100119-18

商店街では、タルト屋さんを覗いて、たまたま奥からお店に出ていたお姉さんに「こんにちは」をしたリュウ。

100119-19

商店街の公園にどうしても立ち寄るというので入ったのですが、奥で子供たちが遊んでいて、その声に少々ビビッた様子でした。

100119-20

入口付近でクンクンしただけで、すぐに公園を出てしまいました。

100119-21

でも大丈夫。
その先にある公園で散策をして、そこでうんぴーも無事に済ませました。

100119-22

公園の先に五差路があってバスも通る道。
どうやらリュウは、それほど広さがないのにバスが通る場所が苦手の様子。
すっかり立ち止まって固まってしまいました。

100119-23

「リュウ、一緒一緒だよ。大丈夫よ~」と言うと、ようやくゆっくり歩き出してくれました。
信号を待っていると、ラッキーなことに向こうからやすこ嬢が渡ってくるのが見えました。
リュウはこれ以上苦手な場所へ行かずに済みました。

100119-24

さっき立ち寄ったばかりの公園にもう一度入って・・・

100119-25

来た道を戻って、商店街までやってきました。

「ついてきてるですか?」
100119-26

やすこ嬢も私もコンビニで支払いを済ませ、そのままリュウのリードをやすこ嬢に預け、今度はスーパーへ。

100119-27

レジを済ませて買ったものを袋に入れている私を見つけたやすこ嬢が、リュウを窓のところまで連れてきてくれました。
写真は変な方を向いていますが、リュウもすぐに気づいてくれましたよ。

100119-28

「ボク、いいこでまってたですよ」
100119-29

ほんとね。本当にいい子だったね。

さて、家に帰ってきてからしばらくは平和だったのですが、なぜか突然、リュウがやすこ嬢に吠えるようになってしまいました。
今まで何度も家に来ていてリュウもそのたびに会っているのに、こんな風になったのは今日が初めてです。
一体どうしちゃったっていうの?

やすこ嬢がリュウと仲良しになるために、おやつ作戦をやってみました。
おやつはちゃっかり貰うリュウ。

100119-30

食事の最中は、ほとんどつよさんに張り付いていました。
前はやすこ嬢に張り付いていたものだったのですが。

100119-31

そういえば、またしても隠し撮りカメラになっていましたね。
本当に見難い写真でごめんなさい・・・

ごはんを食べながらツラツラとワインを飲んでいるあいだに、つよさんはうたた寝を始めました。
明日はお休みなんですって。幸せなうたた寝タイムですね。
その向こうでリュウも真似してうたた寝しています。

100119-32

その後、リュウはまた普通に戻っていてやすこ嬢が平気になったのですが、しばらくするとまた様子がおかしくなりました。
やすこ嬢が特に変わった動きをしたり、大きな声や変な物音を出したりということもないのに、です。
それなのに、今の今まで平気だったのに、突然顔が引きつって、横目でやすこ嬢を見上げるような感じで、「う~」と唸ったりするんです。

実はやすこ嬢の家にはドゥービーという名前のボーダーコリーがいるのですが、ドゥービーがいつからか突然、それまで全然平気だったのにやすこ嬢を怖がるようになってしまったそうなんです。
その怖がっているドゥービーと、今日のリュウの様子がそっくりだとやすこ嬢。
う~ん・・・なんだろうね・・・
私たちには見えないけれど、やすこ嬢の背後に、何かが取り憑いていて、犬たちには見えるとか???

2度目の「う~」のあとで、またまた仲直りタイム。
やすこ嬢にはリュウの正面に行かないように気をつけてもらって、リュウの横からおやつを差し出してもらいました。
でもこのときには、既に表情も様子も普通に戻っていたんですよね・・・

100119-33

やっぱり何か、犬にしか見えないものでもあるのかな???
今度透視のできる人にでも見てもらおうかしら、と半分真剣なやすこ嬢なのです。





スポンサーサイト
  1. 2010/01/19(火) 23:47:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0