つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2010年2月2日火曜日 夕方~夜

静かな攻防

今日は私が仕事で忙しくしていたので、家の中でのリュウの写真が一枚もありませんでした。

朝のお散歩が遅かったから、夕方のお散歩タイムはあっという間にやってきました。

100202-35

玄関ポーチを下りたところで、まずは丹念にクンクンと。

100202-36

また草むらへ行って走るつもりなのか、朝と同じコースを歩き始めました。

100202-37

道の反対側の畑の際に低木が植えられているのですが、リュウはしばらくそこでクンクンしていたと思ったら、いきなりお尻を向けて半分腰を下ろすような変な体勢になりました。

おーっと、おっと!
なんとなんと、うんぴーです。
大慌てでリュウのお尻と低木の隙間に、ティッシュを広げた手を差し入れてキャッチしました。
今日も難度の高い場所でのキャッチになりました。たまにこういうことがあります。

100202-38

うんぴーをしてしまったせいか、リュウはもう草むらへ行く気はなくなったようです。
草むらとは反対方向の遊歩道に入っていきました。

100202-39

遊歩道を突っ切って出た農家の前の道を曲がったリュウ。

100202-40

途中、農家の入口でクンクン。

100202-41

ほんのご近所をぐるっと回っただけで終わりのお散歩。

100202-42

夕ごはんのときに食べるリュウのごはんがなかったので作っているあいだ、リュウは納戸な仕事部屋に置いたクッションの上で、こんな風に寝そべっていました。

100202-43

夕ごはんの時間になると、リュウは最後の方でホーホーと言い始めました。
よく見ると鼻の周りも膨らんでいますね。

それにしてもリュウ、なんかちょっと、怒ってる?

100202-44

しまいにはつよさんに張り付いて、ピョンピョン攻撃まで出てしまいました。
ごはんを食べ終えたつよさん、リュウと一緒に和室で遊ぶことにしたようです。

100202-45

と言っても、リュウがほとんどうなぎ犬を独り占めでしたが。

つよさんがお布団を敷いたあとに和室に行ってみると・・・

100202-46

リュウは枕ふたつを文字通り股にかけて独占していましたよ。
でも、まだ寝るつもりではないらしく、場所を移してうなぎ犬で遊び始めました。

100202-46

リュウがうなぎ犬をカジカジやっているあいだに、私は自分の場所を確保しなければー!

100202-48

リュウはリュウでこんなかわいい顔で、私を惑わそうとしています。
とまあ、常に静かな攻防が繰り広げられている我家なのです。





スポンサーサイト
  1. 2010/02/02(火) 23:37:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年2月2日火曜日 朝

犬は喜び庭駆けまわり~

まゆです。こんにちは。

今朝起きたら外が雪で真っ白になっていました。
びっくり!!!
凍っているといけないので、少し時間が経って暖かくなってから出掛けようと待っていたら、リュウのお腹が鳴る音が聞こえました。

お腹空いちゃうよね。
朝ごはん、ちょっとだけ食べようか。

100202-1

朝ごはんを食べ終えて、少し食休みをしてからお散歩に出掛けました。

100202-2

マンションを出てすぐのところで、同じマンションに住むぶっちゃんに行き会いました。

100202-3

道にもまだ雪がいっぱい残っています。

100202-4

畑までやってくると、あたり一面真っ白でした。
リュウは畑の中に入ったかと思うと、いきなりピョンピョンと跳び始めました。まるでウサギのようです。

リュウ、作物を潰しちゃうよ。こっちにおいで。

100202-5

リュウがあんまりピョンピョンやっているので、足が冷たいのだと思っていた私
「犬は喜び庭駆け回り」って言うけれど、そうじゃなくて足が冷たいだけなのね・・・と、リュウを見て本気で思ったのですが・・・

草むらにやってきました。
草むらも真っ白!

100202-6

突然リュウが「うひょひょーい!」という顔になって、雪の上を走り回り始めました。

100202-7

あまりにも早く走っているので、リュウの姿を全然追いきれません

100202-8

リュウは私を中心にして、グルグル、グルグルと回っています。

100202-9

そして、どんどんスピードが速くなりました。

100202-10

ちびくろさんぼのトラみたいに、そのうちバターになっちゃうんじゃないかと心配になるくらい、グルグルと走り回っていたので、「リュウ!おいで」と呼んでみたら、ちゃんとこちらにやってきました。

100202-11

ようやくちょっと落ち着いて、雪の上をクンクンし始めました。

100202-12

周りの風景を見る余裕も出てきました。

100202-13

リュウの足跡。かわいいね。

100202-14

あたりはシーンとしてとても静か。
リュウは立ちつくして、じーっと何かを見つめたりしていました。

100202-15

雪の上をのっしのっしと歩くリュウ。

100202-16

普段なかなか撮れない写真を撮ろうと、初老の男性がカメラを持ってやってきました。
リュウったら何が気に入らなかったのか、後ろからワンワン吠えてしまいました

100202-17

リュウ、いいのよ。大丈夫よ。
写真を撮っているだけなのよ。

100202-18

我に返ったリュウ、また走り始めました。
今度は私にも一緒に走ろうと言いました。

100202-19

ちょっぴり満足した顔。

100202-20

何だか鼻のあたりが、ずっと膨らんだまんまだね。

100202-21

草むらを出て小さい公園へ向かいました。

100202-22

丘の入口には、雪だるまの親子。
誰がいつ作ったのかな?

100202-23

もう少し上がった場所に、もうひとつ雪だるま。

100202-24

この雪の中、果敢にも山の中へ入っていきました。

100202-25

天辺から下の景色を眺めるリュウ。

100202-26

山を出ると、すぐの石の橋を渡って、またまた山の入口の道へ行き、もう一度山へ入ろうとしていました。

リュウ、山はさっき行ったからもういいにしようよ。
ただですら滑って転びそうなのに、雪の中だもの。怖いよ。

100202-27

丘へやってくると、リュウはまたまた走りました。

100202-28

おや、向こうにスズちゃんが。

100202-29

リュウのところへ駆け寄ってきてくれたスズちゃんと、ご挨拶が済むと・・・

100202-30

すぐさま「遊ぼうぜ」とやっていました。

100202-31

スズちゃんと、雪で真っ白な丘の草むらの上を、一緒に走ったリュウ。
うちに来たばっかりのころは、こんな光景は想像できなかったよね。

ふたりで並んで、公園の反対の口から外へ出ました。

100202-32

栗畑の横を通って、畑のあいだの道をトコトコと。
ふたりして、雪の上をわざわざ選んで歩きます。

100202-33

うちの前までスズちゃんと一緒に歩いて帰ってきました。

100202-34

今日は雪の上をいっぱい走って、楽しいお散歩だったね!
スズちゃんもどうもありがとう。





  1. 2010/02/02(火) 09:49:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リュウのバースデー速報

まゆです。こんにちは。

お陰さまでリュウは3月3日の昨日、無事に8歳のお誕生日を迎えることができました。
とぉ~ってもささやかながら誕生日会もやりましたので、詳しくはまたこのブログにアップしますね。

改めて土手時代からずっとリュウを助けてくださっていた703号室のハハさまや、そのお仲間のKさん、リュウが土手から保護されたときに助けていただいた華ママさん、毎日のお散歩で行き会うご近所のわんこさんやそのパパさんママさんたち、703号室の同窓生たちやハハさまや華ママさんとのご縁で繋がった方々、それからこのブログに遊びに来てくださっているみなさまにお礼を言いたいと思います。みなさま、どうもありがとうございます!

これからもず~っとずっと、元気なリュウでいてね。


                    「ボクのにがおえけーきだって。にてるですか?」
                    100303-s



2010・03・03




  1. 2010/02/02(火) 01:03:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12