つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年4月23日金曜日 朝~夜

lack of communication

いずれがアヤメかカキツバタ・・・

「もう、おはなが、さいてるですよ」
100423-0

花菖蒲なのかアヤメなのかカキツバタなのか、ちょっとわかりませんが・・・
パッと見はカキツバタっぽい。
でも、時期的に言ったらアヤメ?アヤメにしても早過ぎますよね。
まだ5月にならないですもの。
しかも、このところのこの寒さ。
いや、その前の暑さで間違えちゃったかな???




まゆです。こんにちは。

朝、仕事から帰ってきたつよさんに起こされました。
急いで支度をしてリュウとお散歩へ。
リュウ、嬉しいらしく鼻の周りがふくらんでいます。

100423-1

今朝はほんの少しですが雨が降っていました。
こんな日はたいてい住宅街コースなのですが、降りが激しくなかったせいか、草むらに向かいました。

100423-2

「あっ、おはなが、さいてるです」
100423-3

今朝のリュウは雨の中、またしてもボーっと立ちん坊。

100423-4

時々思い出したようにクンクンします。

100423-5

そしてまたボーっとします。

100423-6

今日はうんぴーもせず、「もういいや」という感じで草むらを出てしまいました。
そして遊歩道の向こう側の植え込みを少し探索していました。

100423-7

つよさんも帰ってきていたので、早く家に帰りたかったのかな?
タクシー会社の前の道を歩いていると、学生寮の勝手口から出て来たおじさんが、リュウを見ながらニコニコしていて、リュウもおじさんに気づいて振り返っていました。
そしておじさんは更にニコニコしていました。

100423-8

夕べ寝たのが遅かったのに、今朝は予定より早く起こされてしまったので、リュウにごはんをあげたとたんに睡魔に襲われました。
つよさんは既にお布団の中に潜り込んでいました。
ごはんを食べ終えたリュウもつよさんの横に。
私もちょっとだけお昼寝しよう・・・

しかし、これがとんだことに!
ほんのちょっと寝るつもりが、起きたら午後の2時近くになっていました。
あわわわわ!と言って飛び起きて、朝の時点でなくなってしまったリュウのおじや作りを始めました。
それから、夕方出掛けるのでその準備。
つよさんの晩ごはんも作らなくちゃ。

と思っていたら、つよさんが起きてきて出掛けるというのでびっくり。
なんと、今日も夜の仕事だったんですって。知らなかった・・・
完全にコミュニケーション不足です。
リュウのお散歩はつよさんにお願いするつもりでいたので、ふたりで大慌て。
私がごはんの用意をして、つよさんがお散歩に連れていってくれました。

リュウは大喜び。
ひどい写真ですが、喜んでいるのはわかります・・・

100423-9

朝と同じく草むらへ行って、今度は無事にうんぴーをしてきたようです。

100423-10

用だけ足して帰ってきたリュウ。

100423-11

つよさんが出掛けて直後、私も外出の時間。

リュウ、今日はいつもと違って夜のお留守番なんだ。
よろしくお願いね。

100423-12

帰宅すると大喜びで出迎えてくれて、まずは顔をベロベロ舐められました。
それからおもむろに犬2号をくわえてやってきたリュウ。
やっぱり何かをくわえてくるのね。

100423-13

つよさんが昼間寝ていた布団を片付ける暇もなく出掛けてしまったので、リュウはどうやらそこで寝ていたもよう。
私が仕事部屋に行っても、お布団の上でまったりしていました。

100423-14

夜ふたりして留守のことはほとんどないので、ちょっぴりリュウが心配ではあったのですが、全然そんなの関係なく上手にお留守番ができたリュウ。
今日も本当にどうもありがとう。




スポンサーサイト
  1. 2010/04/23(金) 23:53:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010年4月24日土曜日 朝~夜 | ホーム | 2010年4月22日木曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/1010-83251921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。