つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年5月1日土曜日 朝~夜

ちょっと興奮の一日

鼻の上のバッテン。
やんちゃの証・・・

100501-0




まゆです。こんにちは。

今朝は朝ごはんを食べるつよさんに張り付いていたリュウ。

100501-1

今朝もお散歩は草むらコース。
途中のタクシー会社のところでシマおじさんに声を掛けられました。

100501-2

それを見たハスキーおじさんも、「リュウちゃん~」と言いながら撫でに来てくださったのですが・・・
リュウはシマおじさんには愛想よくしていたのに、もう心は草むらな様子。
ハスキーおじさんは、「うんぴーしたいって感じだね!行っといで!」と言いました。

100501-3

案の定、草むらに到着するとすぐにうんぴーをしたリュウ。
それからボーっとし始めました。

100501-4

草むらで少しボーっとしてから、今度は小さい公園へ。

100501-5

丘の草むらの次は東屋の脇でクンクン。

100501-6

さて、今日は山に入っていったリュウ。

100501-7

熊笹の中を傍若無人に潜り込んでいました。
「おいで~」と呼ぶと戻ってきてはくれますが。

100501-8

山の天辺で見たら、リュウ、鼻の上に何か乗せていました。
熊笹の海で潜ったときにくっつけてきたようです。
リュウがお澄まし顔なので笑ってしまいました。

100501-9

山を下りると再び草むらに戻ったリュウ。
ベンチに腰掛けて朝ごはんを食べているおじさんの方へ、スルスルスルーっと近寄っていきました。
おじさんはニコニコしながら、リュウに手を差し伸べてくださいました。よかったね。

100501-10

そのあと「はしろう!」という顔を一瞬したのですが、走ることなく草むらを出て行ったリュウ・・・
遊歩道を出たところで、ちょうど通りかかった男性に跳びつこうとしてしまいました。

男性はちょっと驚いたようでしたが、犬好きな方だったらしく、これまたニコニコしながらリュウを撫でてくださいました。

リュウ、「はしろう!」と言ったときにちょっと興奮して、そのまま遊歩道に出てしまったのかな。
はしゃいで跳びつこうとした感じだったので・・・
優しい、犬好きな人でよかったね。驚かせてすみません

100501-11

草むらに入ったときに、出て行くチャマくんを見かけていたのですが、タクシー会社の前の通りを出たところで見つけ、今度はチャマくんの方へ走り寄っていったリュウ。

そのくせして「う~」なんて唸っていましたよ。なんだろう・・・
チャマくんはこちらにお尻を向けて知らん顔。
そのお陰でリュウの興奮もすぐに収まったもよう。
チャマくん、ありがとう。

100501-12

帰りにまたシマおじさんに撫でてもらいました。

100501-13

さてさて、今日もお出掛けの私。
リュウ、毎日でごめんね。

100501-14

さっそく宝探しのおやつを見つけたリュウ。

100501-15

今日は電車で逗子へ行き、そこからタクシーで葉山の先、三浦半島へ行く途中にある別荘へ。

100501-27

といっても、もちろんうちの別荘じゃありません。
うちの別荘なら、リュウを置いていくわけがないですものね。

最近、この物件を購入した方からインテリアのご依頼をいただいたので、打ち合わせがてら現場調査に行ったのです。

窓の外はこの景色!
屋上からは江ノ島や富士山も見えて、それはゆったりのんびりな場所。
ここで波の音を聞きながら、ビールを飲むのがご依頼主のご希望。

100501-28

間断なく聞こえてくるザブーン、ザブーンという波の音。
1/fのゆらぎとかいうそうですが、仕事で行ったのに、本当に癒されてしまいました。
私は山国育ちなので、夏を海で過ごすということがあまりなく、山の方が親しみ深いのですが、今日は海の魅力をすっかり満喫してきました。

帰宅すると、ちょっぴりいじけたリュウがうなぎ犬をくわえてお出迎え。
バスタオルもちょっとぐちゃぐちゃです。

100501-16

リュウ、長い時間、ひとりぼっちにしてごめんね。
いつもどうもありがとう。

さっそくお散歩へ。

100501-17

夜のお散歩も草むらでした。
今日は畑のあいだの道を入っていって、その先にちょっと芝生のある場所でうんぴー。
同じ場所へ行くにも、たまには違うコースがいいのね。

100501-18

草むらの入口で、地面をしばらくクンクンしていたリュウ。
何かいい匂いでも?

100501-19

用は足してしまったので、草むらではクンクンばかりしていたリュウでした。

100501-20

「かえるですよ」
100501-21

家に帰ってもしばらくつよさんは帰ってきませんでした。
今日はちょっと遅い様子。

ようやく帰ってくると、リュウはやっぱりうなぎ犬をくわえてお出迎えしていました。

100501-22

今日は近所のタルト屋さんで久し振りにタルトを買って、食後に食べていました。
リュウはピョンピョン攻撃をしかけてきました。
タルトが食べたくて仕方ない様子。
顔を見たら鼻が変なふうに膨らんでいるし・・・
今日はちょっと興奮気味な一日だったね。

100501-23

そうね、リュウにも何かあげようか。

カンガルーのあばら骨をあげたら、和室にくわえていって、そちらでかじっていました。

100501-24

あっというまに骨を平らげたリュウは、再びリビングに戻ってきました。
そして私の手をペロペロ。
いい匂いでもしたのでしょうか。

100501-25

食べたら眠くなって、畳の上でゴロンとしていたら、つよさんがお布団を敷いてくれました。
リュウはこれからシーツを掛けるお布団の上でまったり。
上からシーツを被せられても、全然ひるむ様子もありません。

100501-26

リュウ、シーツを敷くからこちにおいで!

呼ばれてようやく渋々とお布団から立ち上がったリュウなのでした。




スポンサーサイト
  1. 2010/05/01(土) 23:24:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010年5月2日日曜日 朝~夜 | ホーム | 2010年4月30日金曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/1018-5747b144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。