つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2010年5月3日月曜日 朝~夜

リュウ、おやつの流儀

「おなか、すいたですよ・・・」
100503-0




まゆです。こんにちは。

お散歩前は鼻が膨らむリュウ。

100503-1

今日はワン太くん公園コースのようです。
まずは、いつもの草むら駐車場へ。

100503-2

ツツジが満開ではないですが、だいぶ咲いています。

100503-3

大きい通りを渡ると、いつもは公園までまっすぐ歩いて行くのですが、今日はどういうわけか最初の角を曲がってしまいました。

100503-4

突き当たりは幼稚園通り。
いつもと逆パターンで公園へ行くつもりのようです。

幼稚園通りは少し狭いのですが、向こうからラブちゃんのふたり連れがこちらに向かってくるのが見えました。
リュウは若干ラブちゃんが苦手なところがあり、興奮するといけないので、団地の横道に入ってやり過ごす作戦。

いよいよラブちゃんたちが来て、見たらパールちゃんとアクアちゃん親子でした。
な~んだ。パールちゃんたちなら大丈夫。

100503-5

公園に行ってみると、ワンパトのわんこさんたちが大勢集まっていました。

100503-6

リュウはひとり気ままにクンクンです。
そのうちうんぴーも済ませ、更にクンクンしていました。

100503-7

そこへ、ワンパトの群れから少し離れた場所にいた、小さな黒いわんこさんのリードが、ママさんの手を離れてしまって、リュウをめがけてまっしぐらに走ってきました。

わんこさんとリュウのあいだに入るように移動して、立ちふさがるようにしました。
リュウは興奮せずにいつもの調子でのんびりしたものでした。
ママさんが大慌てで走って連れ戻しにやってきました。
黒柴ちゃん、まだ7ヵ月なんですって。

ママさんに連れ戻される黒柴ちゃん。

100503-8

少しすると、ワンパトのわんこさんたちは、みんなで連れ立ってお散歩に行ってしまいました。
リュウにはそういう団体行動は無理みたい。
どうやらそんなところは、飼い主の私に似てしまったかも・・・

100503-9

しばらくクンクンしていたと思ったら、リュウは突然「はしろうー!」と言いました。

100503-10

少し走ってまたクンクン。

100503-11

すると今度はワン太くんがやってきました。
リュウはワン太くんに「あそぼうぜ」と言っていました。

100503-12

ワン太くんが行ってしまうと、またしても「はしるですよ」とリュウが言いました。
まさかしゃべるわけではないですが、私の顔をじっと見上げてニコっとするんです。

100503-13

なのでまたしばらく走りましたよ~

リュウと走るのは楽しいです

100503-14

さてさて、今日はまっすぐ帰らずにいつもと反対の入口を出て、川沿いの道を歩きました。

100503-15

いつもはサイクリング遊歩道の方を歩くことが多いのだけれど、今日は普通の遊歩道を選んだリュウ。
のんびり、のんびりのお散歩です。

100503-16

公園を突っ切って大きい通り沿いの遊歩道を歩いて。
つよさんと一緒のときには、どういうわけかこのコースは歩かないそうで。

100503-17

再び大きい通りを渡って我家へ。
リュウ、時々私の方を振り返りながら歩いていました。

100503-18

朝ごはんを待つあいだ、クッションの上であご投げ出しスタイル。

100503-19

連休の中で、今日だけ唯一お休みといえばお休みという感じの日。
仕事もしますが、友人たちとランチの約束があります。

リュウがソファから動かないので、そのまま宝探しのおやつを隠したのですが、目の前にあるのを知っていても、いいと言うまではパクっとやらないのがリュウのおやつの流儀。
どこにあるか、わかりますか?
トレイの上の楊枝入れにしている四角い入れ物の、ふたの上にゴミみたいに小さくポチっとあるのがおやつです。

100503-20

でも、合図とともに今度は脇目も振らずに探し始めます。

100503-21

今日はインテリアスクール時代の友人ふたりと、丸の内ブリックスクエアへ行ってきました。
就職したての頃はこのあたりにオフィスがあって、毎日通ったものでした。
懐かしいけれど、すっかり様変わりした丸の内。

三菱一号館美術館、と~っても混んでいて長蛇の列でした。
私たちはランチだけだったので、そんな列を窓から眺めながら、まだ独身の友人たちの恋のお話しなどを聞いて、のんびりと。

帰宅するとリュウはまず顔舐めをしようと跳びついてきました。

100503-22

そして今度は犬1号を探しにいって、くわえて改めてお出迎えしてくれました。

100503-23

ふと見ると、床にゴミが散乱しています。

100503-24

リビングのゴミ箱を片付けるのを忘れちゃった

リュウのお目当てはタルトの入っていた箱と、鼻かんだティッシュ?

和室にはお菓子の箱とやはり鼻かんだティッシュが持ち込まれて、おやつを隠していた紙コップとともに散乱していました。

100503-25

箱はどちらもゴミ箱の奥に突っ込んだはずだけど、よくゴミ箱を倒さずに出せたね~!
リュウすごいね!

なんだか、見当違いなところに感心してしまった私。
言われたリュウもきょとんとしていました。

そんなことより、お散歩だよね

100503-26

もう暗くなっていたのですが、遊歩道の入口でココくんに行き会いました。
草むらには誰もいなかたのですが、クンクンしているあいだに、ココくんもやってきました。

100503-27

それから今度はテッちゃんが、パパさんとお姉ちゃんと一緒にお散歩にやってきました。
テッちゃんが来たころには、リュウはれんぎょうの植え込みの裏のスペースに入り込んでいました。
そこへ、テッちゃんのお姉ちゃんがキックボードでやってきたので、リュウはびっくりして少し吠えてしまいました。

テッちゃんのお姉ちゃんが植え込みの向こうへ行ったので、そちらを凝視していました。

リュウ、大丈夫だよ~。
仲良し、仲良しだよ。

100503-28

草むらを出て家に帰りつくと、リュウは玄関で「ん?」という顔をしました。

100503-29

そして裏口をクンクンして、エレベーターのドアもクンクンして、階段もクンクンして駆け上っていきました。
てっきりつよさんが帰ってきたと思ったのですが・・・

「ピンポーン!」
・・・・・
誰も出てきません。

100503-30

鍵を開けてみたら、まだ帰ってきていませんでした。
リュウ、間違えちゃったね~。

「かえってると、おもったですよ・・・つかれたですよ」
100503-31

リュウ、今日はお留守番のあいだ、一体何をしていたのでしょう。
ごはんを食べたあとも、クッションの上でぐっすりと寝ていました。
ずっと吠えてたとか?まさかね・・・
しかし、疑いたくなるような眠りっぷりですよ。

100503-32

つよさんがお布団を敷いてからは、つよさんとぐっすり。

100503-33

いや、この体勢じゃ、ぐっすり眠れなかったかも・・・





スポンサーサイト
  1. 2010/05/03(月) 23:43:56|
  2. 日常のできごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010年5月4日火曜日 朝~夜 | ホーム | 2010年5月2日日曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/1021-31af8bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)