つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年5月7日金曜日 朝~夜

しょぼくれの一日

リュウの尻尾、おもしろ~い!

100507-0





まゆです。こんにちは。

「はやく、おさんぽ、いくですよ」
100507-1

今朝はまたお腹がキュルキュル鳴ってしまっていたリュウ。
早く草を食べたい様子で、とっとこ走って草むらに向かいました。

100507-2

途中の麦畑だったところは、麦の練り込みも済んで、作物を植える準備にかかったようでした。
畑の隅っこに、ひと株だけ残っていた麦の葉っぱを食べるリュウ。

100507-3

ブルーベリー畑の脇の道を入っていき、その途中でうんぴーをしたリュウ。
どうやら草むらまでは間に合わないと思った様子。

郵便局通りで凛ちゃんとすれ違いました。
リュウは凛ちゃんの姿が見えたところで、「キューン」と鼻を鳴らして、凛ちゃんの方へ駆け寄っていきました。

「おはよう、リュウくん」「おはよさんです」
100507-4

草むらに到着。

100507-5

クンクンしながら時々草を食べていたリュウ。
なんと!2度目のうんぴーをしました。
夕べしなかったから、その分?

少ししたところでロンちゃんが来たのですが、リュウは草食べに専念していました。
そこへ今度はアメリちゃんの登場!
するとリュウはいそいそとアメリちゃんにご挨拶に行くではないですか!

100507-6

女の子に対してだと、こうも態度が違うわけね・・・

そこへ通りかかったリッチーくんが、遊歩道から草むらの中に入ってきました。
リッチーくんは以前に柴犬さんにかじられそうになり、それ以来、柴犬のような形のわんこさんが怖くなってしまったらしく、リッチーくんのお父さんはリュウを見ると、リッチーくんを抱っこしてそーっと離れていってしまうのです。でも、リッチーくんの様子を見ていると、リュウのことは平気みたい。
今日もその話になったのですが、アメリちゃんのママさんも、「リュウくんのことは、大丈夫よね~」と言いました。

実際、すぐ近くにいたのですが、大丈夫そう。

100507-7

リュウはみんなには無関心で、相変わらずマイペースな様子でしたが。

100507-8

リッチーくんとアメリちゃんが小さい公園へ行ってしまうと、ロンちゃんとふたりになりました。

100507-9

そこへ今度はロンちゃんのお友達のおじさんが通りかかりました。
おじさん、いつもポッケにわんこのおやつを入れているらしく、ポッケから出してロンちゃんにあげていました。

100507-10

それを羨ましそうに見つめていたリュウへも「ほい、どうぞ」とおじさんがおやつをすすめてくださったのですが・・・

100507-11

じーっと眺めたままで、食べようとしませんでした。

せっかくなのに、すみません

おじさんは笑って「すみませんね。庶民の食べ物で」な~んて言っていました。
うちのおやじさんみたいな人です・・・

それでもまだもの欲しそうに、おやつをもらうロンちゃんとおじさんの手元を見ていたリュウ。
実はこの写真はややクールに見えますが、おじさんの手元付近に顔を寄せていて、いかにもおねだり風の様子だったんですぅ・・・

100507-12

そこでおじさん、もう一度「どうぞ」と差し出してくださいました。

100507-12

なににさ~、やっぱり食べないし。
おじさん、ありがとう。

リュウは初めての人の手からだと、なかなかものを食べようとしないところがあるから、今日もそれかな。

帰ってくるとみんなで爆睡しました。
夜勤明けのつよさん。
寝不足が祟っていた私。
リュウは・・・ただの付き合い?

夕方近くになって、つよさんが仕事に出かける前にごはんを食べました。
つよさんの足元は、つよさんが家にいるときの、最近のリュウの定位置。

つよさんが出掛けることが何となくわかるのか、ちょっぴりしょぼくれ気味な感じ。

100507-14

寝ているときから雨音がしていたのですが、お散歩のときにも降り止まず。

100507-15

お向かいのマンションに住むおばさまが通りかかり、なぜかリュウは吸い寄せられるようにおばさまの方へ。
おばさまは「綺麗な顔してるね~」とリュウを撫でてくださいました。

100507-16

今日は裏通りの方から商店街の公園へやってきました。

100507-17

しばらく公園でボーっとしていると、「リュウくん!」と声を掛けられました。
見ると自転車に乗ったロンちゃんのママさんでした。

100507-18

リュウがしばらく公園でボーっとしていたので、そのままお付き合いしていたのですが・・・
どうやら向かいのスーパーからつよさんが出てくると思っているらしい。
スーパーの入口ばかり、さっきから凝視しています。

リュウ、つよさんはお仕事に行ったんだよ。
あそこにはいないよ。帰ろう。

なんとなく淋しげなリュウ。
ちょっとしょぼくれてる?

ロンちゃんのママさんと一緒に商店街を歩いていきました。
するとリュウが途中で突然「こっちいくですよ」とうさかめ公園の通りを曲がりました。

普段はうさかめ公園なんて、ほとんど立ち寄ることがないのに、今日は珍しく中に入っていきます。

100507-19

「ここに、きたかったですよ」
100507-20

うっそだ~!
でも、ほんとっぽく鼻が膨らんでたね。

うちのマンションの角で、わざわざ自転車を停めてリュウを撫でてくださったロンちゃんママに、リュウはちゅーでお返ししていました。

100507-21

今日は変な時間にごはんを食べたので、夕ごはんはなし。
リュウは納戸な仕事部屋で、キョロリン、キョロリンとこちらを見ていました。

100507-22

そのうち、スヤスヤと寝てしまいましたが。

100507-23

リュウ、お布団を敷いたから、こっちで寝たら?

「まゆさんは?」
100507-24

私ももう少ししたら寝るからね~。

一段落したところで和室へ行くと・・・

「おそいですよ」
100507-25

ごめんごめん
一日しょぼくれていたリュウに、最後叱られてしまった私なのでした。





スポンサーサイト
  1. 2010/05/07(金) 23:47:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010年5月8日土曜日 朝~夜 | ホーム | 2010年5月6日木曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/1025-96e098cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。