つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年7月9日水曜日 朝~昼

ゴォンとお寺の鐘が鳴る

まゆです。こんにちは。

今朝もいつものようにお散歩に出掛けました。
080709-1


禿げ原っぱでうんぴーをしたリュウ。
やはりまだ、写真ボイコット中の様子。

「ふーんだっムカッ
080709-2


普段、家にいるときにカメラを向けても嫌がらないのに、お散歩のときは嫌みたいです。
リュウは途中で鳩を追いかけようとして、私に引き止められました。

「ハト、まて~!」
080709-3


写真を撮られるのは嫌だけど、気分は概ね良好の様子。
080709-4


写真、ブレまくりでごめんなさい汗

遊歩道の途中の、池のある原っぱに来ました。
ここを散策するのも好きなリュウ。
ここはクローバーがいっぱいなのですが、四葉はなかなか見つかりません。

橋を渡って、道に戻ろう!
080709-5


リュウ、今日はなんだか慎重に歩いていますね。
080709-6


時には、橋を渡る私の横を、ピョーンと池を飛び越えていくこともあるのですが。
今日は嫌がらずに歩いたので、大きい公園へ向かいます。

気分は上々の様子。
080709-7


またしても、ブレまくり写真でごめんなさい汗

公園の手前で横断歩道を渡って
080709-8


大きい公園に到着しました。

「こうえん、きもちいいな~♪」
080709-9


公園の真ん中付近で、小さいわんちゃんたちが大勢集まっているのが見えました。
リュウはそれを見て、中には入りたくないと言うので、公園の外側を歩いて、いつも帰るときに出る出口の方向へ向かいました。

また横断歩道を渡って、例の不思議な道に入ります。
途中でおじさまがひとり、「楽楽荘 楽しく遊んで学ぶ」と書いてある建物の入口から中を覗き込んでいました。
私も覗いてみると、入口に置いた台の上で、猫が爪とぎをしていました。
でも、なんだかちょっと様子が・・・
おじさまがこちらを振り返って、「本当はもう1匹いるんだよ」と言って立ち去っていきました。

リュウ、ご対面してみました。

「ちょっと怖そうな猫さんだな・・・」
080709-10


猫は、リュウを見つけると、思いっきり身体をガラスドアにくっつけて、まるで猫の拓本状態でした。
さっき、様子が変だと思ったわけがわかりました。猫は爪とぎをしていたのではなくて、下に敷いてあったカーペットを引っかいていたんですね。それで、時々爪が引っかかってしまって、ちょっと変な動きになっていたのでした。
猫のご機嫌がよろしくないようだったので、早々に退散しました。

しばらく歩くとお寺があります。
ちょうどお寺に差し掛かったあたりで、突然、ものすごい音が鳴り響きました。

ゴオォォォォ~ンびっくり

リュウ、その音で、びっくりして飛び上がったかと思うと、スタコラサッサと走り始めました。

「怖いよ、怖いよ、こわいよ~~~ビックリマークビックリマークビックリマーク
080709-11


ちょうど真上に鐘があったようで、ものすごい音だったことは確か。
人間の私もびっくりしたのだから、耳のいいリュウには、どれほどの爆音に聞こえていたことか。
パニック状態になるのも、無理ありません。

不思議な道のはずれまで来て、道を渡ったところで立ち止まり、しゃがんでリュウを抱きしめながら「びっくりしたね、びっくりしたね。でも、大丈夫よ。あそこはお寺で毎日鐘を鳴らしているの。今日はたまたまその時間に通っちゃったね。でも、もう大丈夫よ」と言いました。
リュウもようやく落ち着いて、私の顔をペロペロと舐めました。
「リュウ、何があっても、私がリュウのことを守ってあげる。だから、安心してね」と言うと、また、ペロペロと顔を舐めてくれました。
はあ~、これでまたひとつ、大きい公園を嫌がる要因ができてしまった気がします・・・

家へ帰ってくると、リュウはクッションやソファではなく、フローリングの床に寝そべっていました。

080709-12


冷たくて気持ちがいいのでしょうね。
キッチンにいる私がリビングに出て行くたびに、顔を持ち上げるリュウ。

「ごはん、まだ?」
080709-13


そのうち、猫さんみたいにグルーミングを始めました。

080709-14


リュウ、そろそろお風呂に入れないと。
自分でグルーミングを始めたということは、その合図のように思います。
撫でると、そこの毛が元に戻りにくくなっているくらい、ちょっと脂ギッシュなオトコになっているし、額のあたりはダシ昆布の匂いがして、いいダシが出そうなくらい。
前回大暴れだったので、今回も相当の覚悟で挑まねば・・・

ごはんを食べ終えて、私がいる納戸な仕事部屋にやってきたリュウ。
静かだと思ったら、またもやグルーミングに余念がない様子。
そのうち、お尻をペロペロと舐め始めました。

080709-15


リュウ、リュウ!

「なんですか?」
080709-16


どうしてお尻をペロペロするの?かゆいの?

私の質問を無視して、またお尻をペロペロしていました。

080709-17


そして、「カッ!」と何やら吐きそうになっていました。
それが3回ほど続いたので、リュウに「やめなさい!」と言いました。
やめろと言ったって、相手は犬ですから、すぐには聞きませんでした。
そこで、リュウがお尻に顔を向けたところで、手で制して「リュウ、そのうちお風呂で洗ってあげるから。今日は舐めるのをやめなさい」と言いました。

3回くらいそんなことを繰り返しました。

私が話しかけるたびに、神妙な面持ちで聞いているリュウ
080709-18


お尻を舐めようと顔を向けて
080709-19


舐めるのをやめていました。
080709-20


おおおお!
私の願いを聞き入れてくれた!
かなり感動~オレンジのきらきら

そのうち、寝入ってしまったリュウ
080709-21


今日は吐きそうになっていたからやめさせたのですが、本当のところ、やめさせてよかったのかどうなのか、わからずにいる私。
きっと、リュウは今まではずっと、自然に自分で自分の身体をお手入れしてきたのでしょうし、それは自然なことなのだとも思います。
放っておいて、いいものなのか。
勉強しなければならないことが、山のようにあると感じた今日なのでした。







スポンサーサイト
  1. 2008/07/09(水) 12:25:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2008年7月9日水曜日 午後 | ホーム | 2008年7月8日火曜日 午後~夜>>

コメント

こんにちは。
うちのココロもたまにおちりを気にして舐めます。
私はうまく肛門腺を絞れないので、そんなときは病院で絞ってもらうのですが(だいたい月1~2回)、そうするとスッキリするみたいで舐めなくなります。
わんこによって違うけど、試してみては?
舐めた直後にチューしにこられると、ちょっとツライですもんねー(笑)。
  1. 2008/07/12(土) 10:14:58 |
  2. URL |
  3. みほこ #ehTwTV66
  4. [ 編集]

みほこさま

こんにちは。
やっぱり肛門腺の可能性が高いですよね。
私もそう思って見たのですが、溜まっている感じではなかったのです。
それっきり舐めないので、単にお尻のお掃除だったのか、肛門腺だったのか、はたまた違う理由なのか、不明のままなのですが、次回舐め舐めのときには、もう少し肛門腺を探ってみようと思います。
直後のちゅーはご遠慮申し上げたいですよね!(笑)
ご遠慮申し上げると、リュウはキョトンとした顔になっています。
  1. 2008/07/15(火) 16:00:22 |
  2. URL |
  3. まゆ #NL852uQM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/105-6c75089d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)