つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年6月2日水曜日 朝~夜

お兄ちゃんなリュウ

今朝のつよさんとリュウ。
まともに寝てます

100602-1





まゆです。こんにちは。

今朝起きてきたリュウが、納戸な仕事部屋のクッションのあたりをしきりと嗅ぎ回っていました。
どうやらここに隠したはずの骨ガムがない!と思っている様子。

100602-2

しばらく探して見つかったのですが、なんと!
片方の結び目だけになっていました。

「これっぽっち・・・おかしいですよ」
100602-3

骨ガムはまたあげるから。
お散歩に行こう!

100602-4

草むらにやってきました。

100602-5

草むらをすぐに出て、小さい公園へ行ったのですが、公園の入口付近で知らないおばさまから「兄弟?」と聞かれました。
リュウとチャミ、兄弟に見えますかしら?
こんな格好のところは、兄弟に見える?

100602-6

どんな格好であれ、兄弟にするにはちと無理がある感じではありますが、仲良くしているのは確かです。
おばさまにはチャミは友達の犬なんですよ、と言うと、「種類はなんですか?」と聞かれました。チャミはチワワでリュウは雑種ですと言うと、「雑種なの?これが雑種?」と驚いていました。
リュウは立派な雑種ですよ~。

丘の草むらでクンクンしていると、トイプードルさんがやってきました。
チャミ、怖がりながらもご挨拶に行きました。

100602-7

リュウはチャミに見本を見せるようにご挨拶をしていましたよ。

100602-8

丘の草むらからスロープを上がって、東屋の脇まで来たふたり。

100602-9

どうもチャミは丘の草むらにやってきたハクちゃんが気になる様子。
ジャーマンシェパードだよ。大きいよ~!

100602-10

山の入口の道から石橋を渡りました。

100602-11

そして、ふたりで示し合わせたように、ここでクンクン。

100602-12

公園を出て、また草むらに行くようです。

100602-13

リュウはユキヤナギの下に潜り込んだりなんだりしていました。

100602-14

あっ、誰か来たようです。

100602-15

黒柴さんでした。
チャミ、果敢にもご挨拶に行っていました。

100602-16

このあと、しばしまったりしたふたり。

100602-17

ようやくリュウが立ち上がって、走ると言い出しました。

100602-18

容赦なく

100602-19

走らされましたぁ~

100602-20

そろそろ帰りましょう。

100602-21

遊歩道ですれ違ったおばさまに、「綺麗な子ね~」と褒められたリュウ。
ちょっと嬉しいね。

タクシー会社のところではハスキーおじさんに声を掛けられました。
相変わらず無愛想なリュウ。

100602-22adj

でも、シマおじさんにはフレンドリー。
何が違うの?

100602-23

そこへゴクウくんが通りかかりました。
チャミ、今日もゴクウくんとご挨拶をしていました。

100602-24

普段、ゴクウくんが来てくれても知らん顔のリュウですが、こうなるとちょっと気になるみたい。

100602-25

さて、家に帰ってくると、チャミとリュウ、ふたりしてキッチンの入口に詰めかけて、朝ごはんの催促です。

100602-26

ごはんを食べ終わると和室へ行ったリュウでしたが・・・
骨ガムで獲物の儀式をしていたのですが、心なしかちょっぴり淋しげな感じ。
このあと、骨ガムは食べてしまったようです。

100602-27

骨ガムを食べ終わると、納戸な仕事部屋のクッションへ移動してきたリュウ。

100602-28

そろそろリフレッシュタイム。
今日のおやつは砂肝ジャーキーです。

100602-29

チャミにも小さいかけらをひとつ。

100602-30

このあと、リュウはすっかり爆睡。

100602-31

ところが、爆睡していると思っていたリュウが、時々起き上がってはチャミに向かって「う~」と唸るんです。
リュウに「リュウ、チャミと仲良くしてね」と声を掛けたのですが、それからも数回唸るリュウ。
チャミは私の椅子の下。

100602-32

まりにリュウが唸るので、椅子の下を覗いてみたら、私の足元にあるゴミ箱をチャミが漁っているところでした。
リュウはどうやらたしなめていたようです。
そんなお兄ちゃんなところもあるのね。
そういえば、リュウはチャミが来て2日めくらいに、外の物音に反応してキャンキャンと吠えていたチャミに、「ウォン!」と一喝するということもあったっけ。

まあ、そんなこともありましたが、また仲良く夕方のお散歩に出掛けました。

100602-33

裏の駐車場の通りから、草むら駐車場にちょこっと立ち寄って、大きい通りを渡ると、住宅街をどんどん歩いていきました。

100602-34

目指していたワン太くん公園に到着。

100602-35

公園の広場の向こうの草のところで、既にわんこさんたちが集っているのが見えました。
リュウはうんぴーを済ませると、そぉ~っとそちらへ近寄っていきました。
そこにいたのはメイちゃんやすずちゃんといったお馴染みさんと、初めて会うビーグルさんとトイプードルのモカちゃん。

100602-36

モカちゃんのママさんに撫でてもらったチャミ。

100602-37

リュウも撫でてもらいました。

100602-38

それからチャミはようやくモカちゃんとご挨拶。

100602-39adj

リュウは前にも一度会ったことのある、黒ラブの女の子とご挨拶をしていました。
珍しい~!ひょっとして、チャミ効果かもしれません。

100602-40

しばらくみんなとのんびり過ごしたあと、チャミも一緒に3人で走りました。

100602-41

広場をぐるぐると走っていると、それを遠くから見ていたらしいバセットハウンドのプータくんが、楽しい気持ちになってしまったのか、こちらに向かって突進してきました。
プータくん、ちょうどノーリードになっていたから大変。どうやらチャミがターゲットの様子。チャミ、キャンキャンいいながら逃げる、逃げる。
そこへ現われたのが、なんと!お兄ちゃんリュウでした。
プータくんに向かって「ウォン、ウォン!」とすごい勢いで食ってかかり、プータくんを撃退。
チャミ、事無きを得ました。よかった~

「こわかった・・・」
100602-42

ごめんね、チャミ。
さあ、もう帰ろう。

100602-43

今日はつよさんの帰りが遅く、レンズ豆を野菜や鶏肉と一緒においしく煮込んだけれど、まだ帰ってきません。
仕事部屋で仕事の続きをしていたら、リュウがクッションのところへやってきて、つきあってくれました。

100602-44

だいぶしてからつよさんが帰ってきたのですが、その頃にはすっかり眠くなってしまった私。
せっかく作ったレンズ豆の煮込みを食べることなく、そのまま寝てしまいました。
というわけで、今日はつよリュウの寝姿写真がありません。ごめんなさい~






スポンサーサイト
  1. 2010/06/02(水) 23:40:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<リュウの2周年記念プレゼントに応募くださったみなさまへ | ホーム | 2010年6月1日火曜日 午後~夜>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/06/16(水) 19:35:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/06/17(木) 09:48:18 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/1057-48d64615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。