つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年7月10日土曜日 朝~夜

過去の記憶は消えずとも

お散歩前のワクワク顔。

100710-0




まゆです。こんにちは。

前の日記からずいぶんと日を置いてしまいました。見たらもう1ヶ月以上!その間にチャミもおうちに帰って、すっかり我家はいつものつよまゆリュウの3人家族に戻っています。
チャミファンで時々いらしてくださった方々、全く更新されないのでヤキモキなさったに違いなく、また、変わらずリュウを気に掛けて毎日のように訪れてくださっている方々もいらして、みなさまへは本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

なんだかよくわかりませんが、5月のGWあたりから急に仕事が忙しくなり、先月は至上最高の忙しさで死ぬかと思ったくらいです。今まで忙しいと思っていたのなんて、まあ赤ちゃんみたいなものだったなと思います。そんなわけで更新が途絶えてしまいました。
今月に入って少し落ち着き、先週末に大きな仕事が一段落して、ようやく普通の生活に戻ったところです。

この1週間はボケボケして時間があれば寝てばかり。ブログのことも気になってはいたのですが、どうしても身体が動かずで、今日になってようやく再開です。
チャミがいた日々の記録も、そのうちアップできればな~とは思っていますが、完璧主義の性格を少し緩めて、できるときにできるだけという感じでやっていこうと考えています。

この1ヶ月とちょっと、リュウ、とっても元気でしたよ。
チャミがいて今まで見られなかった姿などもあり、う~ん、やっぱりいつかアップしたいな。

今朝のお散歩は草むら方面でした。
途中の道でコウちゃんとすれ違ったのですが、お互い距離を保ちつつ、何となく様子を見ている感じ。コウちゃんのお父さんが「何やってるの」と声を掛けていました。
私はコウちゃんに「久し振りね~」と言って頭を撫でたのですが、そうしたらリュウが急にワンワンとコウちゃんに吠えてしまいました

100710-1

4歳になる前のコウちゃんとは仲良くしていたのだけれど、コウちゃんも大人になって微妙な関係になってしまったということでしょうか。

少し行くとタクシー会社の前でハスキーおじさんに声を掛けられました。
でも、最初にリュウのところへ来てくれたのはシマおじさん。

100710-2

それからハスキーおじさんが撫でに来てくれました。

100710-3

遊歩道の入口では、今度はココくんに行き会いました。

100710-4

そしてその先では、ロンちゃんとトトくんがお話しをしていました。

100710-5

そこへリュウも乱入してご挨拶などをし、ロンちゃんと一緒に小さい公園へ向かいました。
最近あまり下りなかったトンボ池のデッキへ。

100710-6

そこからまっすぐに丘へ向かうと思いきや、途中の川のほとりへ寄り道。

100710-7

丘の草むらでしばらくクンクンしたあと、東屋へ行きました。
ここは風通しがよくて気持ちがいいのですが、今日はことに涼しい風が吹いてきます。
ロンちゃんはベンチに跳び乗るなり、いきなりこのポーズ(笑)

100710-8

「きょう、きもちいいですよ」
100710-9

そうね、ちょっと日差しはあるけれどね。

リュウは丘の草むらでも、のんびりと寛いでいました。

100710-10

そこへやってきたのはフクちゃん。
ちょっと久し振りな感じです。

100710-11

フクちゃんが行ってしまうと、今度は若い女性が連れたトイプードルさんがやってきたのですが、なぜかリュウはその子に向かって吠えてしまいました。

100710-12

リュウ、以前より吠えることが増えた気がします
チャミがいたときのストレスの名残りでしょうか。それとも、今の生活に何か以前とは違うストレスを感じているのかなあ・・・

そんなことを考えていたらヤヤちゃんとゼロくんがやってきました。
今日はパパさんと一緒です。パパさんにお会いするのは3ヶ月振りくらいかも。

100710-13

さて、そろそろ公園を出ることにして入口の方へ向かっていきました。
リュウは帰りもまたトンボ池の方へ下りていき、今度は草を食べていました。

100710-14

草むらへも行くというので行ってみると、ここでも草食べ。

100710-15

しばらく草をモグモグして、ロンちゃんと一緒に帰りました。

100710-16

ロンちゃんのおうちの前でバイバイです。
ロンちゃんは本当はリュウと会ったとき、既にもう小さい公園にも行ったあとだったようなのですが、リュウにつきあってくれて、なんと2時間もお散歩してしまったそうです。

ロンちゃん、バイバイ。またね。

100710-17

のんびりお散歩を終えて、リュウはニコニコで帰ってきました。

100710-18

さて、朝ごはんの時間になったのですが、リュウは和室から出てきません。
何度声を掛けても、こ~んな格好でこちらを見るばかり。

100710-19

リュウ、私はこれからお出掛けしちゃうんだけど・・・リュウはごはんは食べないの?

「おでかけ、するですか?」
100710-20

リュウのお腹が小さく鳴っているのが聞こえました。
この分だとしばらくはごはんを食べることができそうにありません。
迷った挙句、ごはんはそのままにして出掛けました。

今日は東京ビッグサイトでブックフェアがあり、姜尚中さんの講演があるので行ってきました。
その後、ブックフェアの会場へも行き、洋書のセールに目を奪われて2冊ほど買ってきてしまいました。
普通に買う金額の半分くらいだったんだもの。

帰宅すると、リュウは跳びつきながらちゅーをしてきました。
ちょっと怖い感じです
でも、元気でいてくれてよかったわ。
ごはんも食べてありました。

100710-21

20分ほどすると、今度はつよさんも帰ってきました。

100710-22

まずはリュウのお散歩に行って、それからごはんを作ることにしました。
リュウは脱衣室にいるつよさんが気になる様子。

100710-23

つよさんとお散歩に行きたそうなリュウをなだめて玄関を出ると、リュウはこんなニコニコ顔で歩き出しました。

100710-24

いつもより時間は遅いけれど、近場で終わらせようなんていう考えは毛頭ない様子。
ワン太くん公園の方へ歩き出しましたよ。
途中の草むら駐車場へも立ち寄りました。

100710-25

さて、公園にやってきました。
入口からちょっと入ったところで、若者4人が花火をしていました。

100710-26

彼らを遠巻きにしながら、公園をぐるりと回っているうちにうんぴーをしました。
広場の向こう側の草むらまでやってきたリュウ。
立ち止まって、しばらく入口の方を眺めていました。
花火のために小さな焚き火をしていて、その日がどうも気になる様子。

100710-27

しばらくするとクンクンと歩き出したのですが・・・

100710-28

やっぱり気になる様子。

100710-29

少しして、猛烈に吠え始めてしまいました。
私はリュウを撫でながら「リュウ、大丈夫よ。大丈夫よ」と言い続けました。
何度か言うと、リュウも吠えるのをやめてくれました。

リュウ、もしかしたらお尻を焦がしたときの火事のことを思い出したのかもしれないね。
でも、ここは大丈夫な場所よ。
私が一緒にいるから、大丈夫よ。

心の中でそう思いながら、しばらくリュウを撫でていました。

リュウはそれ以上は吠えることなく、公園を出るといつものように幼稚園通りを入っていきました。
道を歩きながら振り返ったときの顔が笑っていたのでほっとしました。

100710-30

帰って大急ぎで夕ごはんを作って食べたら、つよさんはそろそろ寝る時間。
リュウもつよさんと一緒にお休みタイムです。

100710-31

日々、いろいろなことがあるなかで、リュウは何を思って何を感じているのかな。
思い出したくない過去に繋がること、例えば今日の焚き火のようなものも、私たちと一緒にいる日々の中で書き換わることがあるのかな。
そうだったらいいのに。
リュウの昔の辛い記憶が消える日は来ないかもしれないけれど、ずっとず~っとつよさんと私が、リュウのことを守っていくよ。





スポンサーサイト
  1. 2010/07/10(土) 23:49:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010年7月17日土曜日 朝~夜 | ホーム | 2010年6月3日木曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/1060-fafdb805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。