つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年7月15日火曜日 午後~夜

冷え冷えタイム

納戸な仕事部屋でしばらくボール遊びをしていたリュウでしたが、この暑さに、いつの間にか涼しいリビングへ退散していました。

私が様子を見に行くと、寝ていたリュウが起き上がりました。

「おやつですか?」
080715-17


おやつじゃないよ汗
リュウが元気か見に来ただけよ。

リュウは、納戸な仕事部屋に戻る私にくっついて、部屋に入ってきました。
リュウ、ここは暑いと思うよ~。やめておいた方がいいよ。

「ボク、ちょっとおひるねするね」
080715-18


と寝ていたリュウでしたが、

「あぢ~よ、あのへや、あぢ~!」
080715-19


と、リビングにすぐに戻っていきました。
時々覗いてみると、なんだかとっても暑苦しそう。
そんなふかふかの毛皮を着込んでるしね、無理もないか。

・・・と、そこでひらめきました

「まゆさん、なんですか?これ」
080715-20


うっふふのふ~♪
これはね~、冷え冷えタイムグッズだよ~ん!
これから、リュウくんを素晴らしき冷え冷えの国へ連れて行ってあげましょう~オレンジのきらきら

冷凍庫で凍らせた保冷材で、リュウの背中や脇腹を撫でていたら、リュウは気持ちがいいのか、だんだん寝そべって、仰向けになってきました。

「つめたくて、きもちいいよ」
080715-34

そして、しまいには、こんな犬の開き状態に。

「う~ん、まいった・・・」
080715-22


お気に召していただけたかしら?

「えへへ。きもちよかったよ!」
080715-23


じゃあ、また冷え冷えタイム、やってあげるね!

しばらくすると、リュウはすやすやと眠ってしまいました。
080715-24


昨日のお散歩のときは、時間が早すぎて暑かったのか、すぐに戻ってきてしまったので、昨日より少し遅い時間にお散歩へ出掛けることにしました。

待ちわびていたらしいリュウ、またしてもボールをくわえてきて大騒ぎです。

「アヘアヘアヘアヘアヘ~!」
080715-25


アヘアヘじゃないよ。お散歩だってば。

「あれ?」
080715-26


今日はちょっと買い物もあったりしたので、いつもとは全然違う道を行きました。
すると、思いもかけない通りの角で、なんと!凛ちゃんに会いました。

リュウったら、すごく嬉しそう。
080715-27


買い物があったので、凛ちゃんには先に行ってもらって、後から凛ちゃんを追いかけたリュウ。
「あそこの公園にいるから、ゆっくり来てね~!」という凛ちゃんママの言葉など、全く聞こえなかったらしく、ものすごい勢いで走ること、走ること・・・
私はちょっとばかり嵩張る荷物を持っていたので、ゼエゼエ言いながら引っ張られる羽目に。
かっちょわりっ汗

いつも切羽詰まってから、目的の場所に駆け込む凛ちゃん、今日もそんな感じで100メートル以上走らされてしまった凛ちゃんママと、それを追いかけたリュウに走らされた私、ふたりで「ちかれた~」とバテてました。

今日のリュウはいつも以上に凛ちゃんストーカーと化していました。
常に凛ちゃんの居場所を確認。

「凛ちゃん、いる?」
080715-28


いるよorz

またしても凛ちゃんママに、住宅の影にひっそりと隠れた場所にある、「寂れた」公園を教えてもらい、そこから遊歩道へ行って、いつもと違う道を通っていたら、向こうからとっても小さなキャバリアがやってきました。

ののちゃんです。はじめまして。
リュウと同じ6歳の女の子。
リュウが大きいから、ちょっと怖かったみたい。

リュウは、かなり積極的にご挨拶に行っていました。
080715-29


「ボク、怖くないよ。ボクのお尻のにおいをかいでみて!」
080715-30


でも、やっぱりちょっと怖かったみたい。
しばらくお話をして、ののちゃんと別れました。

凛ちゃんともその先の分かれ道でバイバイして、家に帰りました。

今日はつよさんがまだ帰ってきていませんでした。
用事で出掛けて、そのままつかまってしまったもよう。
遊んでくれる人がいないので、リュウも退屈です。

おっさんくさい、下ぶくれ犬になっていました。
080715-31


納戸な仕事部屋で仕事をしていると、しばらくしてつよさんが戻ってきました。
リュウは私の横にいたのですが、つよさんが帰ってくるとリビングへ引っ越していきました。
少しして、つよさんがお布団を敷いたらしい気配。
リュウはどうしてる?

「ボク、ここのクッションにいるよ」
080715-32


リュウも、つよさんと一緒に寝たら?
こっちに来てもいいし、そこにいてもいいし、つよさんと一緒に寝てもいいけど、寝るならつよさんと一緒に寝たら?

リュウはきょとんとした顔で私を見上げていました。

納戸な仕事部屋に戻った私、少しして気になったのでリュウの様子を見に行くと、
リビングにいません。
あれ?
和室を覗いてみました。

なんだ~、つよさんと一緒に寝ることにしたのね!よしよし!
080715-33


忠臣リュウは、夜遅くまで仕事をしている私に、いつも控えている犬でしたが、自分の身体のことを考えて、健康第一の生活を送ることに決めたようです。
めでたし、めでたし。


スポンサーサイト
  1. 2008/07/15(火) 23:26:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年7月16日水曜日 朝~夜 | ホーム | 2008年7月15日火曜日 朝~昼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/124-821e5c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。