つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年7月28日月曜日 夕方~夜

リュウの心の後遺症

仕事、終わった~!
予定より早く終了~!!
リュウ、お散歩に行こう!!!

「ボク、ずっとたいくつだったよ」
080728-19

一日ヒマ犬のリュウは、だからこそ、お散歩は余計に楽しい時間のようです。

だって、こんなににっこにこ。
080728-20

いつものように、遊歩道脇の原っぱに入っていきました。
080728-21

リュウはあまりウロウロもせず、ジーッとしていました。
そして、そのうち、ちょっと小高くなったところの天辺で、お座りをはじめました。
家でもお座りなんて、滅多にしないのに。
というより、お座りが苦手なのかと思っていたくらいです。
でも、お座りをしたら、そのままの格好で、ずっと座り続けていました。

リュウ、もしかして、ちょっとかっこつけてる?
080728-22

そこへ、自転車に乗った小学生が3人、遊歩道をやってきました。
そして、どうやらリュウを見かけた様子。

「あ!犬がいる」
「ほんとだ!あ~、かわいい~!」
「かわいいっていうか、かっこいいっていうか・・・」
「かっこかわいい!」

そんなことを口々に言いながら、自転車を降りてリュウに見入っていました。
そして、「犬のところへ行ってみよう!」とひとりが言い出し、3人で原っぱに入ってきました。

080728-23

ところが、リュウは以前から子供がちょっと苦手な様子だったのですが、3人も一度に来てしまったので、恐怖が絶頂にきたもようで、ものすごい声で唸ってほえて、いつものリュウじゃないみたいになってしまいました。

子供たちはびっくりしていたのだけれど、それでひるんでしまうことはなく、どうにかリュウと仲良くしたいと思っている様子でした。
そこで、リュウが少し前まで、荒川の土手に住んでいたこと、土手にいた頃に子供にいじめられて、石を投げられたり、小屋に火をつけられてお尻を焦がしたりしたことなどを話し、だからもしかしたら、同じくらいの年頃の子が来ると、怖いのかもしれない、と伝えました。

すると、3人は「そんなことするなんて!」「火をつけられたの?身体も燃えちゃったの?」と驚き、「怖いのか~」とちょっと残念そうに言いました。

その中のひとりが、「怖いなら、犬の気持ちになってみよう」と言って、犬のように腹ばいになって、そ~っと近寄ってきました。

「リュウくん・・・」

080728-24

でも、ダメ。リュウはもう恐怖で頭がいっぱいの様子で、子供たちの状態が全然見えていないようでした。やっぱりワンワンほえてしまいました。
でも、果敢に頭を撫でようとして、リュウに「ガウ!」と威嚇され、私が「最初は下から手を出した方が、犬も怖くないのよ」と言うと、素直にそーっと差し伸べるように手を出したところを、やっぱり「ガウ!」と威嚇してしまったリュウ。

みんなごめんね・・・
今日仲良くなるのは諦めて、帰ることにしたようです。
また会ったら声を掛けてね~と言ったら、自転車のところから「リュウく~ん!バイバ~イ!!!」と、3人で手を振ってくれました。

080728-25

子供が苦手な理由は、あくまで私の憶測なのですが、703号室のハハさまからの話を考えると、やはりいじめられたことに起因するのでは、と思うと、いつもあんなに穏やかなリュウが、別の犬のようになる様を見て、リュウの心の中の大きな傷痕を感じずにはいられませんでした。

リュウ、子供だからって、ひどいことする子ばっかりじゃないんだ。
いつか、リュウがそのことをわかって、子供の前でも怖がらなくてもいられるようになるといいね。
リュウの心の後遺症は、どうしたら修復することができるのかしら・・・

子供たちが帰ってしまうと、ほら、もうこんな、いつもの穏やかな表情に。
080728-26

さあ、ちょっと歩こうか?
リュウは嬉しそうに立ち上がって、小高い丘を駆け下りました。

080728-27

リュウが走りたそうにしているので、遊歩道へ出てスキップをしてみました。

リュウ、嬉しそうに走り出しました!
080728-28

リュウと一緒に走りながら撮ったので、ブレブレでごめんなさい
でも、リュウが楽しそうにしている顔は、なんとなくわかるかしら・・・

080728-29

遊歩道を行って帰ってひとっ走り、それで気が済んで家に戻りました。

つよさんの帰りが遅くなると連絡があり、また母子家庭のようなひと時。
080728-30

ようやくつよさんが帰ってきて、食事をしていると、とっくにごはんを食べてしまったリュウは、私とつよさんを代わる代わる見ていました。

080728-31

ごはんを食べ終えると、つよさんが「リュウ、お散歩に行くか?」と言いました。

「おさんぽ、やった~!
080728-32

私も一緒に行って、途中でアイスを買おうという話になり、くっついていきました。

つよさんと一緒だと、必ずエレベーターに乗るんだよね。
080728-33

住宅街をぐるりと回って、コンビニまでやってきました。
「ここで待ってるから、買ってきて」と言われ、使いっぱしりになる私。

080728-34

アイスクリームを買って外へ出たら、リュウがいい子でお座りをして待っていました。
つよさんに、「お座り」と言われたらしいです。

080728-35

こういう、なんでもない日常のひとこまが、実は宝石のような煌めきを持っている・・・そう思います。
こんな日が、ずっと、ずっと、ずっと続きますように。



スポンサーサイト
  1. 2008/07/28(月) 23:39:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<次の更新 | ホーム | 2008年7月28日月曜日 朝~午後>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/07/30(水) 07:57:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

華ママちゃんも、甥っ子にリュウが吠えたと言っていました。自分からは近づかないけど来られると嫌みたいって。
私は土手の頃のリュウを見ていて、リュウが子供に吠えるなんて逆に驚きです。
土手の頃は、子供が意地悪していても、尻尾を振っていたので・・・。
そう思うと、リュウも自己主張が少しできるようになって来たんだな、そしてそうなったのと同時に、トラウマがまだ消えずに残っているからそれが噴出したのかなと思います。やだったのよね本当は。いやで当たり前だよね。何にもしていないのに汚いとか、死ねとか言われていじめられるんだから。。。
でもリュウ、今が幸せで本当に良かったね。意地悪する子供ばかりじゃないから少しは慣れようね^^
  1. 2008/07/30(水) 23:10:10 |
  2. URL |
  3. ハハ #-
  4. [ 編集]

リュウ君、優しいまゆさんを守ろうとしたのかな?
いつも優しい目をしてるリュウ君を見てると、そんな気がします。
うちの子の事で恐縮ですが、パルも放浪してる時、虐められたのか
目に傷がありました。近所にも悪ガキが居て、パルを脅かしたり
石を投げたりしたので、子供が苦手で「う~」とか「がう~」とか言います。
なので、オヤツを持っている時は、子供にオヤツをあげてもらってます。
オヤツを貰う時は平気なんですけどね~
リュウ君は、まゆさんのお家に来てから、色んな事を学習してると思います。
だから、今回の事もいつか克服出来るんじゃないかな?
それにしても、その男の子達、イイ子ですね~
四つんばいになって、リュウ君と近付こうとするなんて、優しい子達です。
リュウ君、頑張ってね♪
  1. 2008/07/30(水) 23:59:31 |
  2. URL |
  3. パルママ #-
  4. [ 編集]

>、「怖いなら、犬の気持ちになってみよう」

あぁ~、世の中こんな子達ばかりなら
不幸な犬猫なんていなくなるのになぁ。

人間だって怖いもの、嫌なものあるもんね。
リュウくん、ムリせずながーい目で慣れるといいですね。
怖いもの、少ない方が生活楽しくなるもんね。
でも、どうしてもダメならそれも個性。

大丈夫なもの、楽しいものに囲まれて暮らせばいいさー。
まゆさん、つよさん、大好きなひともイッパイできたもんね。
  1. 2008/07/31(木) 21:49:20 |
  2. URL |
  3. JARA #hemLMyTg
  4. [ 編集]

鍵コメさま

お返事が遅くなってしまって、本当にごめんなさい。
デリケートなお気遣いをしていただいていたことに気づき、私の言葉が足りなかったと反省しています。
またご連絡しますね!
いつもありがとうございます。
  1. 2008/08/10(日) 10:14:07 |
  2. URL |
  3. まゆ #NL852uQM
  4. [ 編集]

ハハさま

ハハさま、すっかりお返事が遅れてしまってごめんなさい。
リュウが小さい子が苦手のようだと気づいたときに、華ママさんのおうちではどうだったのかと思っていました。やっぱりそうだったんですね。
リュウが石を投げられてもニコニコしていたとお聞きしていたので、威嚇するように吠えたときにはちょっとびっくりしたのですが、私もハハさまと同じように、自己主張ができる気持ちになってきたのだと感じました。
少しは私に守ってもらえると、信頼してくれているのかな、と嬉しいです。
実家に帰ると妹のところに小学生が3人いますし、どうなることか思いやられますが、リュウは利口な犬なので、少しずつわかってくるのではないかと思っています。
焦らず、ゆっくり、リハビリができればいいなと思っています。
  1. 2008/08/10(日) 10:17:56 |
  2. URL |
  3. まゆ #NL852uQM
  4. [ 編集]

パルママさま

コメントのお返事がすっかり遅れてしまって、本当にごめんなさい。いつもありがとうございます。
人間だって、怒られた人のことは怖いと思うし、暴力をふるう人には近づきたくないと思うし、だからリュウが吠えてしまうのは仕方ないと思います。心の傷はなかなか癒えないかもしれませんが、いつか、みんながみんなそういうわけではないことがわかる日が来たら、リュウも、もっと心安らかになれるだろうな、と思うと、時間をかけても少しずつでもわかっていけたらいいな・・・と思っています。
子供におやつを与えてもらうっていうの、いいアイディアですね!今度は、そうしてみます。
ところであの子たち、腹這いのふたりはなんと女の子だったんです!私も男の子と間違えてしまい、「女の子なんだー」と言われてしまいましたv-356
自転車で帰るところの写真の、一番手前に写っている小さな子、その子だけがひとり男の子でした・・・。
でも、本当に素朴で素直でいい子たちで、どんなご家庭にお育ちかと、ご両親に会ってみたくなりました。
  1. 2008/08/10(日) 10:29:13 |
  2. URL |
  3. まゆ #NL852uQM
  4. [ 編集]

JARAさま

コメントをいただいていたのに、お返事がこんなに遅くなってしまって、本当にごめんなさい!ありがとうございます。
私もこの子のこの言葉に感動しました。こういう風に考えられる、られないの違いって、一体どこからくるのでしょうね。毎日の生活のいろいろな積み重ねからには違いありませんが・・・。でも、こんな子がいることに、まだまだ捨てたもんじゃないとほっとした日でもありました。
本当にJARAさんがおっしゃる通りで、怖いものが少ない方が、リュウにも楽なので、できれば子供だからって、みんな怖いわけではないということがわかる日がいつか来ればいいな~なんて思っています。時間がかかっても。
またふ~みんにもお会いできればと思います!リュウ、だいぶ他のわんこにも慣れてきたので、次回はもっと違うかも!と期待する親バカな私です。
  1. 2008/08/10(日) 10:44:01 |
  2. URL |
  3. まゆ #NL852uQM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/148-7d9061d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。