つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年7月30日水曜日 午前~午後

気配を感じて


お散歩から帰ってすぐはまだ早いので、ごはんまで少し時間があります。

得意の下ぶくれ犬に大変身!
080730-25

しばらくすると、ぐっすり寝てしまったリュウ。

安心するのか、頭をソファにくっつけて寝ていました。
080730-26

ごはんの時間。
リュウ、ごはんだよ!

「ごはん!」
080730-27

リュウは一生懸命、おいしそうに全部食べてくれます。
須崎先生の本には、噛むこともできるから、鶏の手羽元を生であげるとよい、と書いてあったのですが、リュウは硬い骨を噛み砕くことがあまり好きではないみたい。
最初の頃はそれでもバリバリと食べていたのですが、何度かあげているうちに、骨をかじらなくなってしまいました。
まだ手羽元が少し残っていたので、茹でてお肉だけほぐして、今日はそれをトッピング。

080730-28

リュウがごはんを食べているあいだに、私はお客さまに出すいろいろな書類の整理をしていました。
支払いもあるし、朝一番に郵便局へ行こう。

ごはんを食べ終えたリュウ、いつものように、私に「食べ終わったよ」と合図に来ました。
ごはんを食べ終わると、私の脚を鼻先でツンとつつくんです。

そして、とたんにあけていた箱に興味を示し始めました。

「なんですか?これ」
080730-29

お仕事で使う、いろんなものが入っているのよ!

さて、準備ができました。ちょっと郵便局に行ってくるわ。
リュウは既にリビングのクッションの上で、つまらなそうにダレ犬になっていました。

「あぢー」
080730-30

ねえ、リュウ!

「えっ?なんですか?」
080730-31

こ~んないいもの見つけちゃった!
無添加手作りクッキーだってよ。
このあいだ、いただいたのを忘れてたわ。食べる?

「たべます、たべます!」
080730-32

それでね、悪いんだけど、ちょっと郵便局へ行ってくるから、お留守番をお願いね。
すぐに帰ってくるからね。

玄関を出ると、お向かいのTさんが上の階の方とお話しをしていました。
上の方はミニチュアダックスを飼ってらして、もう17歳らしいのですが、具合が悪くて食事もできないので、流動食を作って、もう3週間、自宅で介護していらっしゃるというのです。
ここでもまた、例の屋上の犬の話が出ました。
あの飼い主はひどい人で、前にミニチュアダックスを飼っていたのだけれど、お散歩のときには自転車で、犬が血だらけなのに引きずり回していて、結局死んでしまった、なんていう話まで出てきました。
あそこのおばあさんっていう人も、同じように犬を殴るのよ、とも。
う~ん・・・昨日話した限りでは、そんなことをするような人にはとても思えないのですが、でも、私も自分で怒鳴られているし、近所の人の話はこんな話ばかりなのです。
・・・だとすると、やっぱりジキルとハイド?
ちょっと、何が何やら混乱状態になっています。

気を取り直して郵便局へ行き、帰ってきて仕事にかかりました。
リュウは、リビングから納戸な仕事部屋にやってきました。
少しの時間でもお留守番が淋しかったのかな。

でもね、リュウ。

「なあに?」
080730-33

リュウが今いるところは、コンピューターのすぐ前なの。
電磁波っていうのが、すごいのよ。
ダンボールのふたが立てかけてあるのは、前にリュウがこの近くによくいたから、まあ気休めにしかならないようなものだけど、何もないよりはいいと思って置いてあるの。
でも、そんなすぐ前にいるのは危険だわ。
そこじゃなくて、こっちに来なさい。

リュウは、すぐに立ち上がって、入口の方のスペースに移動してくれました。

「ここなら、いい?」
080730-34

うん。そこならいいわ。

でも、しばらくして、だんだん部屋も暑くなってきました。

ねえ、リュウ、この部屋にいるのは、リュウにはちょっと危険だから、リビングに行きなさい。おいで。

手招きしたけれど、リュウはリビングに来ようとしません。
困ったなあ・・・

そうだ、じゃあ、ここなら、どう?

リビングと納戸な部屋の間のドアのところへ、クッションを移動させてきました。

ここなら、お互い見えるし、リュウも涼しくて快適だよ!

リュウ、クッションに移動してきてくれました。

080730-35

「リュウ~!」と手を振って、「ほーら、見えるでしょ!」と言うと
しばらくして、リュウはほんのちょっと、向きを変えていました。

「このほうがみえる」
080730-36

すぐそばにいるわけじゃないけれど、気配を感じていられるっていうのは、とってもいいね!
私にとっても、それはとても心安らぐことです。

少しすると、リュウはいつものこんな格好で寝てしまいました。

「zzz~」
080730-37

この寝姿も、私に癒しを与えてくれるもののひとつ。
リュウの動きのひとつひとつが、リュウの持っているもののひとつひとつが、
リュウの存在そのものが、私にどれだけのものを与えてくれていることか。

この幸せに感謝します。





スポンサーサイト
  1. 2008/07/30(水) 18:29:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年7月30日水曜日 夕方~夜 | ホーム | 2008年7月30日水曜日 朝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/154-c2b6041a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。