つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年7月30日水曜日 夕方~夜

リュウの塩分補給法?!

夕方になったので、昨日からの計画通り、夕飯の準備を始めました。
さあ、そろそろお散歩の時間。

リュウ、リュウ!
寝ていたリュウを起こします。

「なあに?まゆさん」
080730-38

お待たせしたね。お散歩に行こう!

「やったー!おさんぽだー!」
080730-39

出掛けにつよさんが帰ってきました。
ちょっと用事で出るけど、すぐ戻るからって。

リュウがいつものように遊歩道の方へ向かって行き、いつもの角を曲がりかけたのですが、その向こうに、例の屋上の犬が飼い主のおじさんと一緒にいるのが見えました。
おじさん、ガードレールに寄りかかるようにしています。

もしかして、私たちが来るのを待っていたりして?
いや~、そんなことはないだろう・・・
でも、通りかかったら、またいろいろ話しかけられるだろうな・・・

私は、自分が遭遇したおじさんのギャップのある印象や、近所の評判などが自分の中でごちゃごちゃになっていて、おじさんとどのように接していくか、決めかねている部分がありました。
別に、会ったときの状況で対処すればいい話ではあるのですが、まあ、早い話、今日はおじさんに会うのに気乗りがしなかったのです。
明日締め切りの仕事がまだ残っていて、ゆっくり話ができる時間もなかったし、どうせなら、時間のあるときの方がいいな、そう思ったのでした。
それで、リュウを引っ張って、1本先の道まで行き、そこから遊歩道へ向かって行きました。

リュウも、問題ない様子。
080730-40

歩いていくと道が交差するところへ来て、畑が広がっているので、おじさんがいたあたりが見渡せます。
おじさんが、ガードレールに寄りかかるのをやめて、犬を連れてちょうど歩き出しました。
おじさんと犬の姿が建物の陰に消え、私たちが畑のところへ来ました。リュウと、遊歩道と平行にある、畑の間の道にいると、女の子に連れられた犬が、ひょこひょこと潅木の間から後ろ足で立ち上がってこちらを見ているのが見えました。
その姿があまりにかわいらしくて笑ってしまうと、犬と女の子がこちらにやってきました。
リュウも、自分からそのわんこにご挨拶に行っていました。

「こんにちは。ボク、リュウです」
080730-41

思っていたより小さな犬でした。脚が長いから、立ち上がったときに背が高く見えたみたい。
ちょびちゃんという名前で、怖がりわんこさんで、初めての犬にこんなに近寄れたのは、リュウが初めてだと、びっくりされていました。

リュウと一緒にいると、そういうわんこに時々出くわします。
リュウは、そういうわんこちゃんだと、自分からご挨拶ができるのね。
自分と同じ、怖がりさんだって、ちゃんとわかるんだね。

ちょびちゃんと別れて、遊歩道の脇の草むらへ行きました。
向こうの、小高いところの上で、2頭の犬がじゃれている様子、飼い主さん同士の明るい声が響いていました。
リュウと、その様子を見るともなく見ていました。

080730-42

しばらくして、「さようなら~」と声がして、そのうちの1頭がこちらに向かってやってきました。

リュウはすぐにピョンピョンと跳ね始め、プレイバウなどもしていましたよ。びっくり!
080730-43

あれ?それにしても、どこかでお見かけしたような・・・
あ!そうだ、リュウがおさんぽれぽーとをした日に会った、くうちゃんだ!

くうちゃんはお転婆さんで、いっぱい遊びたがっていましたが、リュウも2度目だからか、おどおどせずに一緒にいました。

「えへへ!あそびましょうよ!」「ついていかれるか、ボク、ちょっとしんぱい・・・」
080730-44

くうちゃんは、さっきじゃれていたわんこさんが大好きで大好きで仕方ないんですって。
リュウも、こうして何度も会っているうちに、もっと仲良しになれるかもね。

くうちゃんと別れたあとも、しばらく草むらにいたのですが、今日はうんぴーをしませんでした。

080730-45


それにしても、ちょっと前にあんなに禿げ原っぱになったばかりだというのに、草が伸びましたよ。

リュウ、草のお風呂に入っているみたいです。

080730-46

家に帰ってくると、ごはんの時間まえ居眠りタイム。
お散歩で消耗したエネルギーを取り戻すつもりでしょうか。

080730-47

出掛けにすれ違ったつよさんですが、すぐ帰ると言ったのに、なかなか帰ってきません。
電話してみましたが留守電なので、連絡があるまで待つことに。
でも、リュウはかわいそうだから、先にごはんを食べさせました。

リュウがごはんを食べてしまってからも、つよさんは全然帰ってきませんでした。
リュウはひとりでボールをかじって遊んでいました。

080730-48

つよさん、11時近くになって、ようやく帰ってきましたよ!
全然すぐじゃないし・・・羔

帰ってくると、リュウを撫でまくっていました。
080730-49

食事を終えて、寝る支度にかかったつよさんを追いかけて、リュウも和室に行きました。

「つよさん、つよさん~!」
080730-50

つよさんのことを、ベロベロに舐めまくっていましたよ。
ベロベロ、ベロベロ、どこまでもベロベロ。

顔が終わると、今度は腕をベロベロ

「つよさん、おいしいです~!」
080730-51

やっぱりね。そうだと思ったよ。
つよさん、汗をかいているから、しょっぱくてちょっとおいしいのでしょう。
さしずめ、リュウの塩分補給っていうところ?
犬に塩分は必要ないんだけどな~羆

ところで・・・

つよさんが帰ってくる前にリュウがかじっていたボールですが・・・

こんな無残な姿に!
080730-52




スポンサーサイト
  1. 2008/07/30(水) 23:59:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年7月31日木曜日 朝 | ホーム | 2008年7月30日水曜日 午前~午後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/155-7e2925cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)