つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年8月2日土曜日 朝

充実感たっぷりのお散歩

まゆです。こんにちは。

リュウに「お散歩行くよー」と言ったら、いつものようにボールを探し出してきて遊び始め、夢中になってしまったリュウ。

080802-1

リュウ、リュウ!
お散歩だよ!

「あっ!そうだった!」
080802-2

今朝も遊歩道に向かって歩いて行くと、途中のマンションの脇に精進馬がたくさん置かれていました。
この先の畑の隅にも。

今日もリュウはギョッとしたように立ち止まって、少し離れたところから恐々覗き込んでいたのですが、そのうち少しずつ近寄っていきました。

「なんだろう???」
080802-3

いつもの遊歩道までくると、リュウは草むらのある方に行きたがりませんでした。
もう飽き飽きしちゃったのかな?
それで、反対方向へ行くことを提案してみたら、最初は渋々だったのだけれど、そのうち普通に歩き出しました。

080802-4

遊歩道が一旦途切れて、大きい通りを渡ると公園があります。
木が茂っていて薄暗い公園の脇に遊歩道が続いています。

「ここをまっすぐだね!」
080802-5

突き当たると左右に遊歩道が続いているので、右に曲がって、途中の橋を渡ってみようと思い立ちました。
橋を渡ると向こう側にも左右に遊歩道があります。
そこを左に行くと、ず~っと先の方で橋を渡る前の遊歩道と合流するので、そこで折り返して帰ってこられます。
このルートを一周することに決定!

「こっちだよね!」
080802-6

遊歩道をずっと歩いていくと、少しして、右にまた遊歩道があるのを見つけました。
この場所に橋さえかかっていたら、さっきの橋までぐるりと回りこまなくても、この公園の脇の遊歩道から、この遊歩道にまっすぐ入れるな・・・という位置です。
ちょっと歩いてみようか。
すぐさま計画変更です。

「ボクも知らないみちをあるくの、だいすきだよ!」
080802-7

最初はちょっとした公園のような風情だったのが、どんどん歩いていくと、様子が変わってきました。
そして、私の好みの風景が広がるポイントに到着。
う~ん、この向こうの道の光の感じとか、植物の様子とか、なんだかわくわくするな~!
こんな場所に小さな小屋みたいな家があったら住みたいなあ!

080802-8

妄想狂の私は、すぐに「こんな家で、こんな間取りで、庭がこんな風で・・・」と妄想が始まってしまいました。でも、実際にはそんな家があるわけもなく、畑が続いていました。これはこれでいいわheart0

ずっとずっと歩いていくと、公園に出くわしました。

「こんなところまできちゃったよ!」
080802-9

どうやらここが、遊歩道の終点のようです。

「端っこまできたんだね!」
080802-10

そこで、今歩いてきた道を折り返して、元来た遊歩道へ戻ることにしました。

ここは、私がさっき妄想を膨らませた場所。
おおらかな風景がいい感じ。

080802-11

来るときには全然気づかなかったけれど、こんな古井戸の名残りもありました。

080802-12

面白い道だったね!
しょっちゅう行くかといったら、そうは行かないかもしれないけれど、あそこの妄想ポイントを見に、時々行きたくなりそう。

元の遊歩道へ戻って歩き出すと、向こうから子犬を連れたご夫婦が向かってきました。
すれ違うときに子犬を抱っこして、狭い道をやり過ごそうとしたら、奥さまの方がリュウを見て、
「まあ~、きれいな子ね~!何歳?」と聞きました。
「そうなの、6歳なの。かわいいわね~」とおっしゃるので、「あの子は何歳ですか?」と聞いたら、
「それがまだ3ヶ月なのよ」という返事。お散歩デビューっていうことですね。

080802-13

子犬とご夫婦と別れて、遊歩道をどんどん歩き、合流スポットで折り返すと、少しして大人な公園が見えてきました。
私はその先のワンタくん公園へまっすぐ行こうと思っていたのですが、リュウが中に入りたがったので、大人な公園へ寄ることに。まだ朝早いというのに、男性がふたり、ベンチに腰掛けてお話しをしていました。

080802-14

大人な公園の反対の入口から出ると、ワンタくん公園はちょっとごちゃごちゃ歩いて行くことになります。
でも、せっかくだから、ワンタくん公園にも行こう!

行ったら、見事にだ~れもいませんでした。

「だれもいないね!」
080802-15

草むらに差し掛かると、リュウは急にスイッチが入ったようにプレイバウをして、私に走ろうと誘ってきました。

「まゆさん、はしろうよ!」
080802-16

おーし、眠いけど、いいよ~!走るぞ~!!!

080802-17

リードをかじろうとトライしながら走るリュウと、必死に走る私。
この姿は周りから見たら、なかなか面白い図なのかも・・・。まあ、いいや。

ちょっとヘトヘトしてきたし、リュウも小走りになったので、そのまま徐々に歩くスピードにして、公園を出ました。
そういえば、この先にもうひとつ、小さい公園があたっけ。前に凛ちゃんに教えてもらったよね。
あそこへ行って、裏の通りから帰ろうか。

どこだっけ?と思いながら歩いていくと、ありました!
凛ちゃんママさんが「しょぼい公園」って言っていたから、「ショボ公園」って呼ぼうかね?
本当の名前はあるんだけど。

ショボ公園でも楽しそうなリュウ
080802-18

裏手の住宅街に出て、家までまっすぐの道を歩いて行くと、途中で、なんと凛ちゃんに会いました。
先に凛ちゃんに気づいたのはリュウです
突然走り出したので、なにごと???と思いながら一緒に走っていたら、前方に凛ちゃんとママさんの姿が。
うわ~、凛ちゃんだ!おはよー!
それにしても、私より先に気づくとは!
距離的に、鼻が利いたとしたら、ものすごく優秀な鼻という感じがするくらいの場所だったので、見て気づいたのかな???
どっちにしても、すごいわ。

「おはよー!」
080802-19

凛ちゃんはまずは近くの空き地が目的地のようだったので、そこまで話をしながら一緒に行きました。
話をしていたら、ブーンとバイクが通過していって、凛ちゃんママさんが「あ!リュウくんのお父さん!」と言い、同時くらいにリュウも「あ!つよさんだ!」と気づいたもようで、そのあともずっと後ろ姿を目で追っていたのですが、私は通り過ぎてから、ふたりの声と様子で気づいた有様。あはははは~!妻失格?

凛ちゃんはワンタくん公園へ行くつもりの様子、一旦はバイバイしたのですが・・・
080802-20

なぜか、また凛ちゃんママさんとお話しが始まってしまい、結局、凛ちゃんは公園へ行くのを諦めて、帰ると言い出しました。
凛ちゃん、ごめんね~羆
そのうち、私は凛ちゃんに嫌われてしまうかもしれません~!

一緒に帰ってきて、うちの角で、今度は本当にバイバイしました。
080802-21

今日は、初めての道も歩いたし、コースの開拓もできたし、最後に凛ちゃんに会えたし、盛りだくさんで充実感たっぷりのお散歩タイムでした。

帰ってから、リュウはこの通り。

「くたびれたー」
080802-22

下ぶくれ犬の寝顔!なかなかおもしろいっ!







スポンサーサイト
  1. 2008/08/02(土) 09:19:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年8月2日土曜日 昼~夜 | ホーム | 2008年8月1日金曜日 昼~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/160-ec00dc2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。