つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年8月23日土曜日 朝

どこでも寛げる特技

まゆです。こんにちは。

このところ東京はめっきり涼しくなりましたが、みなさんのお住まいの地域はいかがでしょう。
毎年、お盆を過ぎると急に秋の気配を感じて、なんとなく淋しいような気持ちになってしまいます。
風邪などお召しになりませんように・・・

朝、いつもの時間に目が覚めたのですが、涼しいのをいいことに、もうひと寝入りしてしまいました。
そんなわけで今朝のお散歩はいつもより1時間遅れです。

「ボク、ずっとまってたよ!」
080823-1

そうだね~。ごめんね、リュウ!
リュウが要求吠えや要求舐めや要求鼻こすりつけなどをしないのをいいことに、寝坊しちゃったよ。

今日も遊歩道に向かって歩いていったのですが、途中の道でリュウが「ボク、ここ曲がっても、いい?」と見上げるので、「ここ、曲がりたいの?いいよ」と言って曲がりました。

その道は凛ちゃんの家の前の通り。
リュウ、ひょっとして、凛ちゃんとお散歩に行くつもりでしょうか。

リュウ、やっぱり凛ちゃんの家の前で立ち止まりました。
080823-2

「凛ちゃん、でてこないかなー」
080823-3

窓を見たけれど、今日は凛ちゃんが覗いていません。
リュウ、凛ちゃんはまだ寝てるかもしれないし、もしかしたらもうお散歩に出ちゃったかもよ!

「クンクン。凛ちゃんのにおいがしますー」
080823-4

今日は凛ちゃんとお散歩は諦めよう。
リュウのリードを引っ張ると、リュウは素直に歩き出しました。

そのまま、道をまっすぐ進んでいきました。
この道を歩くのも初めてだね!
なんと、給食センターなんかがある。知らなかったー。

080823-5

大きい通りに出ると、今度はいつもの畑のあいだの道を歩くことにしました。

080823-6

リュウは畑の中に入りたがって仕方ありません。
「そこはダメ」「入っちゃダメ」「ダメダメ」と言いながら歩いていると、ちょっと悲しい気持ちになります。
リュウに、「ダメダメばっかり言って、ごめんね」と言うと、リュウは顔を舐めてくれました。

リュウは時々クンクンしながら歩いていました。

080823-7

あと100メートルほどで大きい公園というあたりまで来たときに、後ろから自転車と一緒に走ってきた、小柄なハスキーが追い越していきました。
そのとたん、リュウが立ち止まってしまいました。

「ボク、やっぱりやだー!」
080823-8

ありゃりゃ。せっかくここまで来たのに?

そこへ、公園の方から歩いてきたおばさまが「あらあら、どうしたの?」と話しかけてくださいました。
「公園に行くのが嫌だって言うんです」
「あら、嫌なの。どうしてかな?」
「たくさん犬がいるからでしょうか・・・」
いつもより時間が遅いので、それだけわんこもいっぱいいるのです。

「他のわんちゃんが怖いのかな?そうなの、そうなの」
080823-9

リュウが嫌がるので、すごすご戻ることにしました。
でも、おばさまとお話ししながらで、おばさまはリュウが途中でおしっこしているときも、立ち止まって一緒に歩いてくれました。

いつもの遊歩道脇の草むらに入る道まで来て、おばさまとさよならし、草むらに入りました。
リュウ、さっきからうんぴー場所を探していたんです。

草むらでウロウロしながらクンクンと歩いたのですが、なかなか、ここという場所が見つからない様子。

「なんか、きょうは気に入ったとこがないよ!」
080823-10

そこへ、小さい公園の方から凛ちゃんが来るのが見えました。

リュウ、ほら、凛ちゃんが来たよ!

リュウは大喜び。ふたりで草むらを出て、遊歩道にいる凛ちゃんに向かって行きました。
凛ちゃんは小さい公園で、まだ僅かに命がある、地面に落ちた蝉とかれこれ30分も戯れていたそうで。
なのに、リュウのカキータタイムに付き合って、またまた小さい公園に逆戻りしてくれました。

どうやら、凛ちゃんはうんぴーが出た様子。

リュウは凛ちゃんが気になるらしく、全然です汗
080823-11

全然ダメなので、仕方なくまた草むらに戻ったのですが、ここでもやっぱりダメで、今日は諦めて帰ることに。

080823-12

「リュウくん、うんぴー出なかったって、ホント?」「うん・・・」
080823-13

「もうっ!しんけいしつ過ぎるのよ!」「ひえっ汗とか
080823-14

凛ちゃんに、ちょっと代弁していただきました汗

そこへ、凛ちゃんとも、リュウともお友達のヤマトちゃんがやってきました。
今日はパパさんと一緒です。
ヤマトちゃん、元気にご挨拶してくれましたが、リュウは女の子パワーに押され気味?

080823-15

ヤマトちゃんが去っていったあと、遊歩道を出て家の方へ向かって歩いていきました。
途中で畑のあいだの道に入っていったリュウ。ひょっとして、もよおしてくれました?

080823-16

クンクン匂いを嗅いでいたと思ったら、くるくると回り始めました。これはいい感じ!
ところが!リュウがお尻を向けたのは、ブルーベリー畑を覆ったネットの方。
う~、うんぴー、取り難し!
でも、なんとかキャッチに成功。凛ちゃんママさんにも「あれをキャッチするのは大変ね」と同情していただきました・・・

080823-17

ようやくお腹がスッキリしたところで、みんなで家に向かって歩いていると、向こうからわんこがひとり。あれはペキニーズ?
ん?ちょっと見覚えあるような・・・

凛ちゃんのママさんが「ペキニーズですよね?」と尋ねたら、連れていたパパさんが「はい、そうです」と。
すかさず「お名前は?」と聞くと、「ロンです」と。
わー、やっぱり!やっぱりロンちゃんだー。
今まで、ママさんと一緒にいるところしか会ったことがなかったので、ちょっと自信なかったんだけど、やっぱりロンちゃんだったよ。

でも、ロンちゃん、女の子の凛ちゃんに夢中。

080823-18

リュウも腰が引けちゃっていたので、ちょっと離れたところから、ふたりの様子を見ていました。

080823-19

凛ちゃんの家の手前に広い空き地があり、その脇で少し立ち話をしていました。
リュウ、なぜかこの空き地が大好きで、いつも入って行こうとするんです。
聞けば、いろんなわんこが来てはおしっこをしていくそうで。やっぱりね。
リュウは、こともあろうに、その中に入って腹這いになりそうになったので、慌てて引っ張り出しました。

「ボク、ここに入っちゃ、ダメなのか・・・」
080823-20

引っ張り出されたあとは、ちゃんと言うことを聞いて中には入ろうとしませんでした。
聞き分けのいいわんこです。よしよし。

でも、少しして気づいたら・・・

「はあ~。なかに入りたいなー」
080823-21

ぎょえー。こんな格好に。
地面に腹這いですよ・・・涙
でも、あんまりダメダメ言ってもかわいそうなので、これは許してあげることに。

なのですが、これを許したばっかりに、このあとは更にすごいことになっていました。
まあ、こんなのは序の口。

「この人たち、はなしがはじまると、ながいんだなー」
080823-22

少しすると・・・

「もう、ここでくつろいじゃお!」
080823-23

わー、寝そべる?寝そべるのね?
もう、とっくに寛いでいると思うんだけど・・・

道の反対側をわんこが歩いていきました。
凛ちゃんのママさんが急に笑い出したので、リュウを見ると・・・

あややや~。なんとも横着な。

「だれ~?」
080823-24

通り過ぎているときは、もっと横着な感じだったようで汗
「リュウくん、横着~!」と凛ちゃんママさんに思いっきり笑われました。
でも、これで私がひとりで横着、横着と言っているわけではないことが証明されたわけです。

もー、こんなところで寝そべっちゃうんだもんね・・・
凛ちゃんママさんは「いいのよ。いいねー、リュウくんはどこでも寛げて。いいことよ」って言ってくださるのですが・・・
いいことなの?いいのかな?う~ん・・・
いいことに、しよう!
どこでも寛げる特技って、精神的にはよさそうだもんね・・・ダメ?




スポンサーサイト
  1. 2008/08/23(土) 09:11:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年8月23日土曜日 午前~夜 | ホーム | 2008年8月22日金曜日 夕方~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/204-f91bf066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)