つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年9月14日日曜日 午前~夜

くっつき虫

お散歩から帰ってくると、リュウはクッションの上でごはんを待っていました。

080914-19

自分の分はさっさと食べ終えて、私が食べているところへ近寄ってきました。
私は食べているものをリュウに分けてあげることは皆無なので、普段はこんな風に近寄ってはこないのですが、どうやら海苔の匂いにつられたかな?

海苔ならいいよ。食べる?

080914-20

パリパリと乾いた音をたてて、リュウは美味しそうに海苔を食べました。
もう1枚分けてあげて、はい、おしまい。
今日は上あごにくっつけたりせずに、上手に食べることができましたよ。

リビングでパソコンを開いて、ブログをアップしている私の後ろで、リュウは寝そべることに決めたようです。

080914-21

このブログを一気に書いたので、ちょっとくたびれてリュウの真似をして床に寝そべりました。リュウのクッションがちょうど枕にいい高さだったので拝借していたら、リュウは気になっているようで、チラチラとこちらを見ていました。

「いいもん。ボク、まゆさんのばしょをかりるもん」
080914-22

わざわざ私の椅子の足元に移動してきました。
しばらくすると・・・

「あのクッション、ボクのばしょなのに・・・」
080914-23

面白くなさそうな表情でこちらを見ていたかと思うと、

「もういいや!ここで寝ちゃえ!」
080914-24

どうやら開き直ったようです。
私が椅子に戻っても、ずっと足元にいて、時々私に踏まれていました。

お昼少し前に、今度はいよいよ面倒な計算をやろうと、私が納戸な仕事部屋に引っ込むと、これ幸いとばかりに、リュウはクッションへ戻ってきました。

080914-25

でも、せっかくクッションが戻ってきたのに、しばらくして気づいたら、納戸な仕事部屋の入口に来て、そこで寝そべっていました。

080914-26

あともうひと息で仕事も終りそうです。
ちょっとひと休み。リュウもおやつを食べる?

やぎミルククッキーだって。
080914-27

どう、おいしい?

「うん、おいしいよ~♪」
080914-28

全部で3枚あげたのですが、残りの2枚はリュウのクッションの隅っこに置いたものを、リュウが自分で取って食べていました。
でも、その横着なこと。
立ち上がったりしようとせず、首だけ伸ばして口にくわえました。
首を伸ばすたびに、尻尾の先がぴょこんと上がるのが、ちょっとかわいいんですけれどね。

080914-29

食べ終わると、もうこんなつまらなそうな顔で寝そべっていましたよ。
相変わらず窮屈そう。

080914-30

私は仕事の仕上げに取り掛かり、夕方まで没頭していました。
さて、と。
このところ日が暮れるのが早くなって、6時を過ぎるともう暗くなってしまうので、明るいうちに帰ってこられる時間に散歩に出ようと時計を見て慌てました。
もうお散歩に行かなくちゃ!

リュウ、お散歩に行くよ!

080914-31

ふて寝していたリュウ、見るとクッションの上のバスタオルがぐしゃぐしゃになっていました。
そういえば、さっきクッションを引っかくような音がしてたっけ。
その調子でお砂場でも、穴を掘ったらいいのに。きっと楽しいよ。

今日は迷わず遊歩道へ向かって歩いていたのですが、途中の畑のあいだの道で曲がってしまいました。

080914-32

そして、次の角で曲がると、また遊歩道に向かって歩き出しました。
いつもとは反対側から、いつもの遊歩道に入ると、脇の草むらに入ったリュウ。
草に埋もれています。

080914-33

まるでジャングル探検隊のよう。

草むらをウロウロしたのですが、ここではうんぴーは出ませんでした。
あまりにも草がボウボウなので、私に気を遣っているのかもしれません・・・って、そんなことはないか。

そのまま、今度は小さい公園に入っていきました。

080914-34

この時間はたいていそうなのですが、小さい公園には小型のわんこたちがいっぱい集まっています。
入口でその気配を感じただけで、いつもは「やっぱりやめた~」となっていたのですが、今日はどんどん中へ入っていきました。

小さい子たちはみんなそろそろ帰る頃のようで、丘の草むらから道の方へ降りてきていました。
リュウは誰もいない丘の草むらへ入っていきました。

080914-35

でも、どうやら他のわんこたちが気になっている様子。
時々振り返って見ていました。

080914-36

少しウロウロしているあいだに、無事にうんぴーをすることができました。

しばらくすると、黒柴の男の子が、元気に丘を駆け上ってきました。
リュウも、黒柴くんの方へ、自分から近寄っていきました。

080914-37

力丸くん。まだ1歳半くらいだそうで、遊びたくて仕方ない様子。
リュウは、自分から近寄っていきはしたものの、その勢いについていかれない様子。

080914-38

力丸くん、リュウ目掛けて飛びつこうとしました!

080914-39

リュウ、逃げ足が速いです!シャッターを切った瞬間には、もう逃げていました。

力丸くんとバイバイすると、今度はシュナちゃんがお父さんに抱っこされてやってきました。
お父さん、「もう相撲は終わっちゃったかな」と時計を見ていました。
ちょうど終わっちゃいましたね~っていう時間でした。
そのうち、シュナちゃんが、通りかかった他のわんこの方へいきたくて、すっ飛んでいってしまいました。

薄暗くなりかけたので、公園を出て帰ることに、
遊歩道ではなく、公園の前の道を歩いていきました。
途中で凛ちゃんの家の前の通りに出ると、リュウが当然のように曲がっていきました。

080914-40

凛ちゃんの家を通り過ぎたあたりで、ちょっと見たいものがあったので引き返していると、私たちが歩いてきた方向から凛ちゃん一家が歩いてくるのが見えました。
凛ちゃん、今日もパパさん、ママさんと一緒にお散歩だったようです。

リュウは凛ちゃんのパパさんのところへ真っ先にご挨拶に行っていました。
「凛ちゃんを、ボクのおよめさんに」って?まさかね(笑)

凛ちゃんのママさんとちょこっとお話しをして家に帰りました。
凛ちゃんは、ママさんと話しているあいだ、ずっと窓からこちらの様子を見ていました。

さてさて、今日の夕飯は餃子。
餃子を焼いていたら、リュウがキッチンの入口に立って中を覗き込みました。
いい匂いがする?
でも、かわいそうなことに、この匂いで期待満々なのに、ごはんは餃子じゃないんだなー!

私たちが食事をしているあいだ、テーブルの上が気になって仕方ない様子でした。

080914-41

そして、遂には私の脇へきてお皿の中を覗き込んでいました。
今朝、海苔をあげちゃったからいけませんでしたね~。

080914-42


食後、後片付けもせずに床に転がってテレビを観ていました。
リュウは構ってほしかったのかな?珍しく、テレビの前に立ちはだかったりしていました。

080914-43

「まゆさん、もうねるですか?」
080914-44

いや、そういうわけじゃないんだけどね。
でも、眠たいねぇ・・・

ちょっと和室の畳の上で寝転がることにしました。
私が和室に入って寝転ぶと、リビングの床に寝転んでいたリュウと目が合いました。
しばらくすると、床に爪が当たるリズミカルな音がして、リュウが部屋に入ってきました。

「まゆさん、ボクもいっしょにねるですよ」
080914-45

リュウはストンと座ったかと思うと、私の腕に背中をぴったりくっつけるように寝そべりました。
昼間といい、今日はくっつき虫モードだね。

さて、どのくらいの時間、そうやってうたた寝していたでしょうか。
気づいたら、つよさんが布団を敷いてくれているところでした。
はっとして立ち上がって、再び目が覚めるほどはっとしました。

リュウは?リュウがいない!

「そこにいるよ」とつよさんに言われて見ると・・・

080914-46

あ、いた・・・敷布団の下だし・・・

リュウ、相変わらずの横着振りで、いくら呼んでも、なかなかそこから出てこようとしませんでした。
もう、そのまま寝てれば!と言いたくなったくらい。
冬が思いやられます・・・



スポンサーサイト
  1. 2008/09/14(日) 23:44:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<更新予定 | ホーム | 2008年9月14日日曜日 朝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/244-dba8846c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。