つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年10月2日木曜日 朝(後編)

ダメ亭主

給食センターをまっすぐ行くと、道の先で見覚えのある姿が。

リュウ、ダッシュしました!

081002-12

そう、見覚えのある姿は凛ちゃんでした。
ようやくお散歩に出てきたところのよう。

081002-13

一緒にもう少し歩くことにしたら、リュウもにこにこです。

081002-14

凛ちゃんにくっついて行くと、リュウのうんぴー指定場所の原っぱ駐車場へやってきました。
ここは凛ちゃんも指定場所のようです。

手前の駐車場から、お隣の駐車場へ移動した凛ちゃんを追いかけて、出口に回って、お隣の駐車場へ移ったら、既に凛ちゃんはさっきいた駐車場へ戻っていました。

081002-15

まるで忍者だね、凛ちゃん(笑)
凛ちゃんのママさんはスリムで身軽なので、凛ちゃんがくぐっていく駐車場と駐車場のあいだの柵を、同じようにくぐって移動していたのです。
私はズボンのお尻が破れるといけないので、そんな危険は冒せません。
わざわざ入口に回りこんで移動します。
あ~、早く元の体型に戻りたい・・・涙

081002-16

駐車場の角のところで、よく見かけるけれど、ご挨拶をしたことのなかったわんこと会いました。
凛ちゃんがお友達だったので、初めてご挨拶ができました。
リキちゃんという名前だそうです。
リキちゃんとリュウ、ちゃんと鼻と鼻をくっつけて、ご挨拶をしていました。
リキちゃんは小さくて、目がくりんとかわいくて、万年子犬みたいなわんこです。

081002-17

さて、リキちゃんと別れて、近くにある教会横公園へ向かいました。
公園に入ろうとすると、既に先客が。ラブラドールです。
どうやら、ラブが苦手らしい凛ちゃんが立ち止まると、リュウも立ち止まりました。

「あたしのきらいなラブだわ・・・」「凛ちゃん、ラブがきらいなの?」
081002-18

「そーよ、きらいなの。あんた、いい?いっせーのせ、でワンワンっていうのよ!」「う、うん・・・」
081002-19

ラブちゃんがこちらに向かってやってくると、いっせーのせで、凛ちゃんが、それにすぐさま続いてリュウも、ワンワンと吠え始めました。

リュウ~!
ひとりだったら、絶対に吠えたりしないくせに・・・
まったく、オンナの言いなりになるなんて、ダメ亭主そのものだね・・・

ダメ亭主と言ったら、凛ちゃんのママさんも大笑いして、「凛が悪いことばっかり教えてる」なんて言っていました。

リュウは、そんなことにはお構いなく、ここへ来たら走るんでしょ?とばかりに誘ってきました。

081002-20

凛ちゃんそっちのけで走りましたよー。

081002-21

なぜ、そんな横目で見る?

081002-22

ところで、この公園には滑り台があります。
ちょっと上まで行ってみようと、突然思い立ち、リュウと一緒に階段を上ってみました。

081002-23

おー、いい眺め。
高いところは苦手なリュウは、最初はどうしようかとおっかなびっくりだったのですが、そのうち慣れてきたようです。

081002-24

同じ場所から3つの滑り台が出ていたので、まっすぐ降りていく滑り台で降りてみようかとも思ったのですが、案外滑り台って筋を痛めたりしかねませんよね。やっぱりやめました。
ちょっとリュウと一緒に滑ってみたくもあったのですが。

081002-25

下に下りて、リュウに「ガウ~」とやったら、リュウも乗ってきて、ガウガウ遊びが始まりました。
ところが、それを見ていた凛ちゃんが、ジャンプしながら私がガウガウやっている手に「ガウ!」と来て、同じく「ガウ~」とやっていたリュウと鉢合わせしました。

リュウ、ちょっと怯えています。

081002-26

この程度で怯えるなんざ、やっぱりダメ亭主だわね。

凛ちゃんのママさんは、凛ちゃんに「まゆさんにガウなんてしちゃ、だめでしょー」と言っているのですが、「凛、よくやった!」とふきだしをつけたくなるような絵ですね。いひひ。

081002-27

公園を出て、家に向かって歩きます。
リュウが前を歩いている!珍しいっ!

081002-28

うちのマンションの隣の駐車場で、凛ちゃんのママさんと家事の話などをしていたら、シェリーちゃんという、凛ちゃんのお友達が通りかかりました。

「はじめまして」「はじめまして。ボク、リュウだよ」
081002-29

リュウ、シェリーちゃんのママさんにいっぱい撫でてもらいました。

081002-30

立ち話をしていると、いつもはすぐに腹這いになってしまうリュウが、珍しく立っていました。

081002-31

そして、リュウの代わりに、凛ちゃんがへたれていました。

081002-32

でも、ほどなくして、リュウも立つのをやめていました。

081002-33

リュウが眩しそうな目で見上げています。

081002-34

・・・と思ったのですが、どうやら眠かっただけのよう。
すぐにこんな格好に。

081002-35

リュウ、ごめんごめん。帰って寝たかったのね。
じゃあ、帰ろう!

凛ちゃんと別れて帰るとなったら、こんなに元気になってしまったリュウなのでした。
おうちで寝られるのが、嬉しいのね。

081002-36

それにしても、ヒドイ写真ですね~!本当に、こんなのばっかりなんです・・・
修理に出せばいいのですが、そうなるとその間の写真が撮れなくなるので、悩みどころ。
いつもおつきあいいただいて、本当にありがとうございます!








スポンサーサイト
  1. 2008/10/02(木) 08:30:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年10月2日木曜日 午前~夜 | ホーム | 2008年10月2日木曜日 朝(前編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/279-eb7c02d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)