つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年10月3日金曜日 午前~夜

リュウ、よくがんばった!

ごはんやおやつをもらうとき、リュウはこんな顔をします。

081003-19

デザートは、私のバナナのお裾分け。

081003-20

リュウ、なんだか、神妙にしています。

081003-21

私が出掛ける支度をしているときは、いつもとは何だかちょっと違っていて、あまりこちらを見ていませんでした。

081003-22

でも、いよいよ出掛ける段になって、切なくなるような表情で、こちらをじ~っと見上げていたリュウ。

081003-23

いつもなら、クッションに座ったままで、見送りなんてしないのに、リビングの入口までついてきました。

081003-24

リュウ~!

胸が詰まりそうな気持ちを振り払って、「なるべく早く帰るから、待っててね」と声を掛けて出掛けました。
そして、道々考えました。
こんなに長い時間、リュウにお留守番をさせたことがないから、私自身がとても緊張していて、それが全部リュウに伝わってしまっているようです。
リュウを信じると言っておきながら、どこかで心配をしている私。
そういうの、リュウは全部わかっているんだ。
だから、リュウも不安になって、いつもと様子が違ったんじゃないかしら・・・

私は、リュウを本当に信じることにしました。
だって、今までだって、お留守番を上手にしていたリュウだもの。
ちょっとばかり時間が長いからって、急にお留守番ができなくなるはずがないって。

ようやく家に帰りついたら、夜の8時になっていました。
リュウは大喜びでリビングの入口まで出迎えに来ました。

リュウ、リュウ、どうもありがとう!
元気でいてくれて、どうもありがとう!
お留守番、上手にできたんだね。よくがんばったね!

しかも、クッションの上のバスタオルも、今日はそれほど乱れていませんでした。

081003-25

さあ、お散歩に行こう!

リュウは大喜びでした。

081003-26

この一瞬で、お留守番のことなんて、全部忘れられたらいいのにな!

081003-27

お散歩がよほど嬉しいらしく、とにかくにこにこのリュウ。

081003-28

私は、リュウが走りたければ、いくらだって走ろうと思っていたのですが、リュウは真っ暗なのにも関わらず、遊歩道に向かって行きました。

クンクンと匂いを嗅いで回るリュウ。
いいよ、ゆっくり、ゆっくり楽しんでね。

081003-29

立ち止まって、あっちを向いたり・・・

081003-30

こっちを見たり。

081003-31

遊歩道でうんぴーも済ませました。
そうしたら、リュウは「ボク、もう満足だ~!」って、家に向かってそそくさと歩き出しました。

マンションの入口を入ると、リュウは裏口のドアの靴摺あたりの匂いをクンクンと嗅いでいました。
そして、ピンときたようです。
オードドアが開くと、猛ダッシュで階段目がけて走ったかと思うと、階段を駆け上っていきました。

つよさんも、帰ってきたのかな?

試しに、玄関のチャイムをピンポーンと鳴らしてみたら、つよさんが開けてくれました。

081003-32

リュウの鼻ってば、やっぱりすご~い!

褒めているのに、ごはんを待つあいだ、こんなブルーな顔をしていたリュウ。

081003-33

お腹がすいちゃったかな・・・

ごはんを食べ終えると、珍しくテーブルの上を気にして、つよさんに張り付いていました。

081003-34

今日は水炊だったのですが、鶏の匂いに誘われたかな?

081003-35

つよさんが何もくれないので、今度はつよさんを反対側から攻め始めました。

081003-36

デザートのモンブランプリンを食べていたら、ますますリュウの攻めが激しくなりました。

081003-37

「つよさ~ん!」
081003-38

顔を見上げただけじゃ、ダメとわかると・・・

「これでもですかー!」
081003-39

つよさん、笑っちゃっていましたよ。

結局、何も貰えなかったリュウでしたが、しばらくすると、そんなことはすっかり忘れたようでした。

081003-40

そして、今度はつよさんをボール遊びに誘っていましたよ。

081003-41

つよさんとボールの追いかけっこ。

081003-42

しばらくボール遊びをしたリュウは、今度は私にガウガウ遊びをせがんできました。
一度やめても、すぐに鼻先や前脚で私の手を突いて「ガウガウやってー」とおねだり。

だって~、リュウったら、最初は甘噛みなんだけれど、だんだん興奮してきて、歯が当たって痛いんだもん!

私が、痛い、痛いとわめいていたら、一生懸命に手を舐めてくれたリュウなのでした。




スポンサーサイト
  1. 2008/10/03(金) 23:59:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年10月4日土曜日 朝 | ホーム | 2008年10月3日金曜日 朝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/282-c9b55651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。