つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年5月20日 夜

公園をはしご

夕方のお散歩で、ようやくうんちをしたリュウ。
昨日、電話で不遇な環境にいたリュウを6年間、ずっと見守り、ごはんや医療の面倒をみてきてくださった、703号室のハハさまから、食が細くて毎日出ないことも多いから、それほど心配しなくていいと教えていただいていたので、とりあえず心配するのはやめようと思っていたのですが、いや~、出ましたよ。よかった、よかった。

夕方は大きな公園まで行ったのですが、夜はまた3人で近所をぶらっとしました。私が、リュウと歩いていて見つけたちっちゃい公園の話をしたら、つよさんが「どこだよ?どこだよ?」と聞くので案内すると、「なんだよ、ほんとにちっちぇ~!ちっちぇ~!」と大笑い。だからちっちゃいってば。

みんなでその公園へ入って行ったのですが、リュウは途中で足を止めて、それから足を踏ん張って、もうそっちには行きたくない、と駄々をこねました。犬は人には見えないものが見える、とよく聞くので、何か見えるのかと思い、「リュウくん、あっちに何か見えるの?」と聞いてみたら、つよさんが「あれが怖いんじゃないの?」と指をさしました。そちらを見てみると・・・。

子供用の動物の形をしていて、下がバネになっていて、ボヨンボヨンと弾む乗り物があって、パンダとコアラの顔をしているのだけれど、顔のいたるところがハゲちゃっていて、目もぎょろりんとしていて、確かになんだか怖い感じ・・・。つよさんは大笑いしながら「これは怖いよな~、怖いよ」と、でも、しっかりパンダの上に載ってボヨンボヨンやっています。私は思わず「体重制限があるんじゃないのっ?!」と叫んでいました。

リュウが怖がるので、ちっちゃい公園を出口の方へ向かうと、リュウは恐ろしい魔物から逃れるかのように、大慌てでピューっと走って公園を飛び出しました。本当に怖かったんだねぇ。

その後、もう少し大きいけれど小さい公園へ行きました。ここは、昼間は子供たちが大勢でボール遊びなどをしているところです。でも、夜は誰もいなくて、リュウは、公園に入ったとたんに、またリードをかじかじして、嬉しそうにピョンピョンしました。それでまた、公園を何週もぐるぐると、リュウと一緒に走り回った私。この歳になってこんなに毎日走り回ることになろうとは。身体を鍛えねば・・・。

それから、もうひとつ公園をはしごしました。そこでもやっぱり走り回って、私はもう限界を感じていました。そうだよ、どうして途中でつよさんにリードを託さなかったんだろう・・・。アホだ、我ながら、超アホだ・・・。

ところで、昨日の夜と、今日の朝は、ハハさまが作って持ってきてくださったごはんを食べたリュウでしたが、今日の夜ごはんは私が作ったごはんをあげてみました。
食べてくれよ~、と祈るような気持ちで。
最初は口をつけようとしなかったのだけれど、ごはんがついたスプーンを差し出したらちらっと舐めて、それからペロペロと全部ついていたごはんを食べてくれて、そのまま器の方へ移って、全部食べてくれました!やっほ~!!!

リュウくん、一生懸命に食べています。

080520-2


今まで、土手から引き上げられて保護されてから、場所が変わるたびに、なかなかごはんを食べなくなっていたリュウくんだけに、我が家に来たらやっぱり絶対に食べなくなるだろうと覚悟を決めていたので、しっかりごはんを食べる様子を見るのは、感慨深いものがありました。
食べてくれてどうもありがとう。ほんと、嬉しいよ、リュウくん!

夜のお散歩で公園をはしごして戻ってきても、まだあのパンダとコアラが怖いって感じに、目が吊り上ってしまったリュウ。

「ボク、あのパンダとコアラ、きらい」
080520-3

はいはい、そうだね、わかったよ。

夜、寝ようとして寝室の襖を開けたつよさんが、大笑いしていたので見ると・・・

既にお布団の中にいて、顔だけちょこんと出したリュウが。

085020-4


「お前、一緒に布団で寝るのかよ~」と嬉しそうなつよさん。

「ボク、一緒に寝るです」
080520-5


平和な一日が終わろうとしています。




スポンサーサイト
  1. 2008/05/20(火) 23:59:59|
  2. お散歩の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年5月21日 昼 | ホーム | 2008年5月20日 昼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/3-41604799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)