つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年10月26日日曜日 夜

本日4度目のお出掛け

うちの近所にイタリアンレストランがあるのですが、そこが改装してテラス席ができたことは知っていました。
せっかくテラスがあるんだから、犬連れOKだったら尚よいのにね~と、凛ちゃんのママさんとずっと話していたのですが・・・
どうやら近くに住んでいらっしゃるらしい、柴犬の美月ちゃんのママのナツさんに、わんこOKだと教えていただいたので、行ってみない?とつよさんに提案してみました。
つよさん、夜勤明けの今日も朝から仕事をしていて、たぶん相当な時間寝ていないので、却下されるかも・・・と思っていたのですが、すんなりOKが出ました。

そんなわけで、お散歩から帰ってくると、すぐさまお出掛けの支度。
敏感なリュウは、いつもと違う空気を察知して、ちょっと堅い表情になっていました。

081026-70

「ボク、つよさんからはなれないです」
081026-71

ずっとつよさんに付き纏っていたリュウに
「じゃあね。行ってくるねー」と言うと・・・

「いくって、なんのことですか」
081026-72

かなり真剣な表情。

「嘘だよ~!リュウも一緒だよ~!」と言うと、急にワシャワシャとはしゃぎ始めました。

「やった~!ボクもいっしょにいくんだも~んビックリマーク
081026-73

「ね~、つよさん、ね~!」
081026-74

そうね、そうだね。リュウも一緒だね。

081026-75

レストランまでは歩いて3分。
さすがにこの季節、夜ともなれば少し空気が冷たくなるせいか、テラス席は誰もいませんでした。

081026-76

リュウ、テーブルの向こう側へ行って、顔だけ出してみたり。

081026-77

でも、じきに落ち着いて床に座っていました。

081026-78

ところが、ところが。
次々といい匂いのするプレートが運ばれてくると、いても立ってもいられなくなった様子。

081026-79

リュウのためにおやつも用意してきたのですが、あまり早い時間からあげると、食べ過ぎてしまう恐れがあるので、しばらく放置していたのですが、パスタを食べ始めたあたりから、リュウにもおやつをあげ始めました。

では、ここから、リュウの「あ~ん」な顔6連発をどうぞ!

081026-80
081026-81
081026-82
081026-83
081026-84
081026-85

もちろん、おやつとおやつのあいだには、それなりのインターバルがあったのですが、そういうときのリュウはこんな。

081026-86

私たちの様子をじ~っと見ていて、「自分たちばっかり食べてる!」と思うのかどうか、「ボクも!」「ボク、ここにいるよ!」とアピールするために、一歩下がってピョンと跳び上がるんです。
リードがそれほど長くないので、跳び上がると言ってもほんの5センチ足らずなのですが・・・

つよさんが「最近、要求するようになっちゃったんだよな~」と言いました。
まあ、要求ばかりするのは躾上好ましくはないと思うけれど、リュウの場合は今まで一切、そういうことをしたくてもできなかった子だから、できるようになったというのは、我が家にとってはいいことだよね、と言いました。
つよさん「そうだよな~。今まで、ずっとまだ遠慮があったのかな・・・」
私たちに対して、リュウが遠慮なくいられるというのが基本。それから、要求の度合いがひどかったり、図に乗った、わがままな要求だったりした場合には躾が入るということになるのでしょう。
今のリュウの程度の要求は、容認の範囲かな、とふたりで話し合いました。
これが、食事のたびにこうなる、というのでは困りますが。

食事がデザートに突入すると、改めてまたリュウの着目の度合いが高まりました。

081026-87

でも、もうもらえないとわかったらしく、大人しく諦めていました。

081026-88

さて、そろそろ帰りましょう。

081026-89

会計を済ませて、お店を出たところでつよさんとリュウの記念撮影をしたのですが・・・
どうしてこんな顔?

081026-90

つよさんに見せたら、本人もガハガハと大笑いしていました。
「なんかな~。自然とこんな顔、しちゃうんだよな~」

帰ってくると、つよさんがリュウの足を拭いてくれました。
「リュウ、足出せ」と言ったら、いきなり舌を出されて顔をベロベロに舐められていました。





落ち着いたのもつかの間、つよさんとリュウがボールで遊び始めました。
ひとしきり遊び終わって、リュウはリビングのクッションの上でまったりしていました。

081026-91

今日はお散歩も含めて、いっぱいお出掛けしたから、リュウはいつもよりちょっぴりくたびれているでしょう。
秋の夜長をのんびり過ごした我が家なのでした。




スポンサーサイト
  1. 2008/10/26(日) 23:02:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年10月27日月曜日 朝 | ホーム | 2008年10月26日日曜日 午前~夕方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/436-c2327280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)