つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年11月6日木曜日 午前~夜

おねだり作戦

朝ごはんを食べ終えたリュウは、ソファの上で平べったくなっていました。

081106-16

なんとなく嬉しそうな表情です。
私まで嬉しくなります。

今日は本当は海岸会議の日だったのですが、お散歩から帰ってくるとめまいが激しくなり、起きているのも辛い状態になってしまったので、お休みさせていただくことにしたのでした。
夕べから何となく変ではあったのですが。
少しするとだいぶ治まってはきたのですが、どこかふわ~っとした感じで本調子ではなく、やはり大人しくしていた方がよさそう。

私が新聞を読んでいると、リュウはおもちゃのかごのところへ行って、ボールをくわえて和室へ持っていきました。

081106-17

どうやら遊んで欲しい様子。
リュウにボール遊びを誘われるなんて、滅多にないことだから、もちろんすぐに遊び始めました。

リュウは私が投げたボールを上手にキャッチすると、そのボールを今度は私の方へ投げてよこします。
でも、口で投げるから、コントロールが大変。まあ、たいてい変なところへ転がっていってしまいます。

081106-18

変なところへ転がったボールを取るのは、私の役目。
リュウが投げたボールだから、順番からして、私が取ると思っているフシが有ります。

081106-19

ホ~の口をしているリュウ。
この口はボールをくわえるときの口です。
時々、ボールをくわえていなくても、この口をして顔を振り上げて、架空のボールを投げることもあります。
お散歩に行くよ、と言われたときとか、楽しい気分になったときによくやります。

081106-20

しばらく遊んだら、リュウも飽きてもうどうでもよくなったみたい。
私は納戸な仕事部屋へ行きました。
リュウも一緒にくっついてきて、デスクの脇のクッションの上で丸くなりました。

081106-21

そのうち、本格的に寝てしまったリュウ。

081106-22

夕方になると、リュウもトロトロと目を覚ましました。
お散歩に行こう!

081106-23

いい加減、遊歩道は飽き飽きなのですが、リュウがそちらへ行くというので、いつものように遊歩道へ向かいました。

081106-24

草むらの手前の遊歩道脇、ここは時々リュウがうんぴーをする場所です。
今日はしませんでしたが。

081106-25

遊歩道はガランとしていて、誰もいませんでした。
リュウが、訴えるような目をこちらに向けています。

081106-26

誰もいなくて、走るには打ってつけ。
すぐに走り始めました。

081106-27

ところが、すぐに走るのをやめてしまったリュウ。
小さい公園の方角から、誰かが吠えている声がしきりとします。
リュウは気になって仕方ない様子。
ずっとそちらの方ばかり見ていました。

081106-28

誰かが喧嘩でもしているのかな?
気になるなら、ちょっと見に行ってみる?

「こ、こわいです~」
081106-29

大丈夫よ。私が守ってあげるからね。

行ってみたら、郵便局通りで、フェンスに繋がれたわんこがふたり、ワンワンと盛んに吠えまくっていました。
あらら。飼い主さんは?どこかへ用事で出掛けてしまったのでしょうか。
時間的に郵便局ではなさそうですが・・・
早く帰ってきてくれるといいね。

081106-30

このふたりの吠え声を聞いていると、犬を放置することがどれほど犬にとってストレスであるかがわかる気がします。

ふたりの横を通り過ぎてからも、リュウは気になるのか、時々振り返って見ていました。

081106-31

大丈夫!リュウのことは、こんな目に遭わせないからね。
でも、すぐにこのふたりを飼い主さんが迎えにきました。
よかった、よかった。

リュウも安心したのか、すぐのブルーベリー畑の脇の畑のあいだの道に入って、そこで走りました。
走っている途中で急に立ち止まるので、何かと思ったらうんぴーでした。
お腹もすっきり!また走ります。

081106-32

家の前の通りで、ワンパトのボス、ユウちゃんに会いました。
昨日の夕方も遊歩道で行きあったんだっけ。
「暗くなる前に、行ってこなくちゃ」と、大きい公園目指して、急ぎ足で行き過ぎていきました。
今日も通りのこっちと向こうで、挨拶だけしてすれ違いました。

帰ってくると、夕飯までまたソファの上で丸くなっていました。
デコッパチ顔です。

081106-33

つよさん、帰ってくるなり、「おかしいなあ、おかしいなあ」とリュックの中をゴソゴソと探し始めました。
どうやらお土産にお菓子をいただいたようで、4つのうち1個がどこかへ行ってしまったらしく。
つよさんにはよくあることです。

ごはんのあとで、お茶を飲みながらお菓子をいただきました。
リュウがすぐに反応して、おねだりモードになっていました。

081106-34

私が食べているのを見て、飛び上がって「ワン!」とか言っていましたよ。
いよいよ要求吠えまでするようになってしまったか。
リュウ、それはやり過ぎだよ。

私はリュウの方を見もしないで、黙々と普通に食べていました。

吠えても鉄の心を持つ女には通用しないと諦めたらしいリュウは、今度はつよさんに詰め寄っていました。
なぜか唇がビロビロしています。

081106-35

つよさんも知らん顔してあげずにいたら、膝に前脚を乗せて、立ち上がってしまいました。

081106-36

つよさん、包み紙を舐めさせていました。
匂いでもするの?
おいしい?

081106-37

全く、これだからおねだりされるんだよ!と言っていたら、案の定、次のおねだりが始まりました。

081106-38

手を替え品を替え、いろいろなおねだり作戦に出るリュウ。

でも、今度は何ももらえなかったので、遂に諦めて定位置に戻ってくれました。

081106-39

食後、つよさんとリュウは早々に寝室へ入ってしまいました。
私も、明日は外での仕事だから、いつもより早起きしなくちゃ、と早めに寝ることに。

081106-40

私がお布団に入って、掛け布団を上げながらリュウに「ここにおいで」と言うと、リュウは頭から布団の中へ突っ込んでいき、そのままストンと寝そべりました。
私のイメージでは、リュウの頭が私の顔の横にくるハズが、なぜか尻尾が・・・

何回声を掛けても、その体勢のまま落ち着いてしまって動こうとしないので、そのまま寝ることにしました。
おやすみ、リュウ。




スポンサーサイト
  1. 2008/11/06(木) 23:21:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年11月7日金曜日 朝~夜 | ホーム | 2008年11月6日木曜日 朝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/460-420f2082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)