つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年6月15日 朝~昼

察しのいい犬?

まゆです。こんにちは。

今朝のお散歩前のリュウ
080615-1


これから出発するところです。
今日は大きい公園へ行きました。
原っぱには、日曜日でたくさんのわんこがいたせいか、リュウが行きたがらなかったので、公園をぐるりと一周できる道へ。

途中、紫陽花がきれいに咲いていました。
紫陽花大好きheart03な私。
リュウは・・・

「ふわぁ~、ねむっ!」
080615-2


ぜぇ~んぜん!興味なさそう(笑)
でも、綺麗だよね!紫陽花!

「クンクン・・・それより、なんかいい匂いがします」
080615-3


やっぱり興味なさそう。
でも、私がしつこく綺麗、綺麗というので、最後には付き合ってくれましたよ。

リュウ、最高に優しい顔です!嬉しいわ!ありがとう。

「ボク、やさしい犬なんだ」
080615-4


公園からの帰りには、不思議な道がひとつあって、前からどうしても気になっているものが。

これ、一体、誰の、何のための場所?
080615-5


不思議です。
他にも、こんなものがあったり。

080615-34


新品なのに、なぜかひしゃげてる・・・
不思議です。

まあ、いいや。

家に帰ると、ちょうどつよさんが出掛けるところでした。

「つよさん、いってらっしゃい!」
「行ってきます」
080615-6


ところで、このところリュウはごはんをほんのひと口分だけ残す、というのを繰り返していて、

今日もひと口ダイエット?
080615-7


でも、毎度のことですが、
リュウ、あとちょっとだから、がんばって食べて!
と、器を手で持ってあげると

080615-8


きれいに平らげるんです。
080615-9


ただの甘えでしょうか・・・汗

でも、そんな甘えたことばかりも言ってられないよ!
お掃除、お掃除!

リュウはさっそくソファへ退散。
080615-10


そのあいだに和室の掃除をしました。

リュウ、悪いんだけど、キミのソファをお掃除するから、ちょっとどいてくれない?

ほら、ここに下りて。
080615-11


とお願いしたら、納戸な仕事部屋へ退散したリュウ。
てっきりクッションの上かと思いきや、

入口はいってすぐのところ!踏むってばっ!
080615-12


今度はこの部屋をお掃除したいな~。悪いんだけど・・・

「わかりました」
080615-13


リビングのソファの方へ行きそうになるリュウを、こっち、こっち、と和室の方へ誘導していると

「こっちですね・・・」
080615-14


おお、リュウ、だんだんわかってきたね。

「ここでいいですか?」
080615-15


うん、いいよ!ちょっとのあいだね。ありがとう。

納戸な仕事部屋もリビングもすっかりきれいになって、リュウはリビングに置かれたクッションでようやく落ち着きました。

げげっ!でも・・・
また、頭が埋まってるよ・・・
それで、落ち着ける?

「うん、だいじょぶ」
080615-16


でも、なんか私が気になるわ。
クッションを直すと、そのまま素直にクッションの上に頭を載せたリュウ。

「zzz~♪」
080615-17


だったのですが・・・
しばらくして見たら
あやや、またそんな体勢で!

「いいんです~。だいじょうぶです~」
080615-18


そうなのね・・・
だって、ぐっすり寝てるもんね。

「zzz zzz zzz~♪」
080615-19


その、まっすぐ伸ばした前脚が、キミの脱力感を物語ってるよ。
でも、そんな脱力犬も、おやつには勝てず、

「おやつ~!!!」
080615-20


慌てて飛び起きてきました(笑)

今日は日曜日だけど、急ぎの大事なお仕事があるから、木曜日の続きで海岸オフィスへ行かなくちゃなの。またお留守番させて悪いんだけど・・・

などと、リュウには言わず、
大好きな納豆を器に入れて、

リュウがおやつに夢中になっているあいだに・・・
080615-21


こっそりとリビングを出ようとしたら、その瞬間にリュウが振り向きました!
まずい!と思って、すぐにトイレのドアを開けて、中に入る振りをして出掛けようとしたら、
リビングのドアのスリットから、リュウが覗いているのが見えてしまった・・・。

なぜ?ひょっとして、私が出掛けるのを察してしまった?
それ、頭よすぎるよ、リュウ・・・

「まゆさん、どこ行くですか?」
080615-22


どこにも行かない、どこにも行かない汗とか
それより、リュウ、おやつは?おいしいおやつがあるじゃない!

と、器を覗いたら・・・

え"~っビックリマーク
ウソっビックリマークビックリマーク
空っぽビックリマークビックリマークビックリマーク

リュウ~、一瞬で食べちゃったの~!!!
ウソでしょ・・・がーん

本当はクッションの上に、あとからリュウが気づいて「ルン♪」ってなれるように、サプライズおやつを置いてあったのですが、
仕方ない・・・それをあげて、その隙に出掛けるか・・・

「ボク、アキレス腱も上手にかじれるようになったよ!」
080615-23


今度は成功しました。
でも、察しのいい犬になったんじゃなくって、単に食いしん坊で食べるのが早かったってだけね・・・
飼い主としては、ちょっとがっかりなような・・・ほっとするような・・・?


スポンサーサイト
  1. 2008/06/15(日) 14:51:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2008年6月15日 夜  | ホーム | 2008年6月14日 午後~夜>>

コメント

お留守番のご挨拶

我が家ではお留守番をさせる時、必ず「今からお出かけしてくるからお家を守っていてね~」「お留守番お願いね」などと言ってから出かけます。
2階で寝ている時もわざわざ言いに上がりますが、彼女(愛犬)は頭だけ起こして話を聞き、大抵「うん、わかったよ!」という顔をしてまたコテッと寝ます。
昔、犬の飼い方などという本を読んだら犬に気付かれないように出かけたほうが良いと書いてありましたがうちではそんなことはないと確信しています。
いつも話しかけていると多くの言葉を理解し、きちんと言ってから出かけたほうが安心して信頼関係が築けると思いますがどうでしょう。
りゅうくんも賢い子なので理解できるのではと思いますが・・・。何か他に黙って出かけたほうがいい理由があるのかしら・・・。

ところでりゅうくん、もう可愛すぎですね。
それにまゆさんのりゅうくんに対する愛情がとても暖かく感じられて毎日ブログ楽しみにしています。
  1. 2008/06/22(日) 00:33:34 |
  2. URL |
  3. さくらママ #Y.dAJHUQ
  4. [ 編集]

さくらママさま

さくらママさまのおっしゃっていること、本当によくわかります。
うちの実家でも母がシーズーを飼っているのですが、父が亡くなってひとりになってからは、以前より外出も増えたので、しょっちゅうお留守番させているようですが、出掛けるたびにさくらママさまのように「お出掛けするから、お留守番お願いね」と言って出掛けるようです。
私も最初、とても迷ったのですが、リュウが子犬の頃から一緒に暮らしていればいいのですが、大人になってから突然一緒に暮らし始め、まだ新しい環境にもしっかり慣れていないうちからお留守番をしてもらわなければいけなかったので、できるだけストレスのない方法を、と思い、気づかれないように出掛ける、という選択をしました。
でも、一緒に暮らしている中で、リュウにはしょっちゅう話しかけているし、言葉はわからないまでも、リュウにもこちらの意向をある程度は理解しているように感じられるところもあります。なので、黙って出掛けることがなんだか不自然に感じているのも事実です。
ドッグトレーナーの森田さんのお話なども聞いたので、少し勉強して、我が家に一番合った方法を探していこうと思っています。
示唆をいただき、本当にありがとうございます。
  1. 2008/06/30(月) 12:16:48 |
  2. URL |
  3. まゆ #NL852uQM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/60-93c16e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)