つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年3月5日木曜日 夕方~夜

いつまでも元気でいよう

今日は久し振りに晴れたので、いつもよりちょっぴり早めにお散歩に出掛けることにしました。
そうだ!ついでにリュウのカリカリごはんを買いにいこう!

090305-19

玄関を出る前からお店の名前を言っていたので、リュウはちゃ~んと行く場所がわかったようです。
何も言わないのにそちらの方面へ向かって歩いていきました。

090305-20

サイクリング遊歩道の途中でうんぴーをして、お腹をスッキリさせました。
どんどん歩いていくと、途中で1歳の柴ちゃんに会いました。
リュウ、今日も大人らしい振る舞いができました。

つよさんが言うには「柴犬とは相性がいいみたい」だそうですが・・・
でも、確かにリュウの仲良しさんは柴ちゃんが多いかも。
フクちゃん、凛ちゃん、ヤマトちゃん・・・みんな柴犬だもんね。

090305-21

さて、川沿いの道に突き当たると、橋に向かって歩いていきました。

090305-22

橋の道を隔てた反対側が例の土手です。

せっかく来たから、土手で少し遊んでいこうか?

リュウ、大喜びですぐに「はしるです!」と言いました。

090305-23

土手を往復走って満足して、また道を渡って橋を渡りました。

090305-24

細長い公園を抜けていきます。

090305-25

途中で、こんな隅っこを歩き始めたリュウ。

090305-26

なぜかと言うと、どうやら原因は公園の真ん中でお散歩の中休みをしていた、このふたりのわんこたちのようです。

090305-27

ふたりいたから怖かったのか何なのか・・・
ともかく、できるだけ接触しないようにしていたのは確か。

無事に通り過ぎてどんどん歩くかと思ったら、どうやらさっきのわんこたちが気になるらしく、途中で立ち止まって振り返っていました。

090305-28

まあ、シャイボーイってことで・・・汗
それにしても、犬見知りするときとしないときとあるのですが、何が違うのかしら?
人間でもとっつきやすく思える人とそうじゃない人がいるから、それと同じかな?

公園を抜けると横断歩道まで行って道を渡ったリュウ。
ちゃんとわかってるね。

090305-29

「まゆさん、きたですよ」
090305-30

たくさん種類があるフードの中から、どれにしようかと吟味していたら、お店のお姉さんがリュウにおやつをくれました。

090305-31

おやつをもらったからか、レジにいるお姉さんに、何度も熱い視線を送るリュウ。

090305-32

お店を出ると、横断歩道で車が途切れるのを待ちました。
リュウの後ろはいろいろな小物を売るお店のようですが、いつもいつも閉まっています。
いつもは時間が遅いからかと思っていたのですが、どうもそういうわけでもないみたい。

090305-33

さあ、帰りは細長い公園ではなく、遊歩道を歩いていこう。

090305-34

ここ、リュウがすごく好きそう・・・と思っていたら、案の定入り込んでいました。

090305-35

1本通りを渡って、さらに遊歩道の続きを歩いていると、向こうから犬を連れてきた女性が「リュウくん?リュウくんですか?」と声を掛けてきました。
大きなマスクをしていたから、最初は誰だかよくわからなかったのだけれど、よくよく見てわかりました。
小次郎くんのお母さん!
だって、小次郎くんも、なんだか小さくなったようで、別のわんこに見えてしまって。

090305-36

「あのね、小次郎、病気になったのよ。原因は全然わからないんだけど、脳梗塞みたいになっちゃって。これでもだいぶ元気になったの。ごはんもね、30分くらいかけないと食べられなくなっていたのが、ようやく普通よりすこしゆっくりめくらいに食べられるようになってね」とお母さん。

倒れたりしたわけではなかったようなのですが、ある日突然目が細くなって、急におじいさんわんこみたいになったんですって。
そのうち、ちゃんと歩けなくなったので慌てて病院へ行ったのだそうです。

原因がわからないのは心配だけれど、元気に歩けるようになってよかったね。
でも、本当に痩せちゃってひと回り小さくなったようで、最初は小次郎くんだってわからなかったわ。
原因がわかるといいのだけれど・・・
小次郎くん、まだ10歳だよ。まだまだだよ。
元気で、もっと長生きしてねって言いました。

小次郎くんのお母さんと話をしていたら、お散歩ちゅうの柴犬ちゃんがやってきました。
リュウ、今度はなんだかちょっと怖かったらしく、う~なんて唸ってしまっていました。

090305-37

小次郎くんと別れて、遊歩道をどんどん歩いていきました。
小次郎くん、突然そんな風になって、お母さん、さぞかしびっくりしたことでしょうね。
でも、いつなんどき、何が起こるかわからないのよね。
できればさようならは老衰がいいよね。
病気なんかでなく、命を全うできたらいいんだけどね。
お互い、いつまでも元気でいようね。できる限りいろいろなことに気を配って気をつけるから。

090305-38

川沿いの道に出たので、橋に向かって歩いていきました。

090305-39

川の反対側に渡って川沿いの道を歩きます。

090305-40

帰りはどこを曲がっても帰れるのだけれど、どこから帰るかと思ったら、お砂場公園へ入っていきました。

090305-41

お砂場公園へ来たとたんに、突然「はしろうよ!」と言い出したリュウ。

090305-42

ここはそれほど広くないうえに、お砂場があったりブランコがあったりするので、少々走りにくい公園ではあったのですが、がんばって走りました。
いつまでも、こうして元気に走れるといいんだけど。

お砂場公園へは来たけれど、さすがにワン太くん公園へは行かず、すぐの通りは車の抜け道になっていて、ことにこの時間は交通量が多いので、1本向こうの幼稚園通りから帰りました。

信号を渡って、もうすぐ我が家。

090305-43

ごはんまでの時間は、いつものようにソファの上で。
リュウのこの顔、なんとなく好きheart03

090305-44

私たちより先にごはんを食べ終えたリュウは、つよさんの足元で大人しくしていました。

090305-45

食後は私と一緒に納戸な仕事部屋にいたのですが、つよさんがお布団を敷いたようなので、リュウに「お布団の部屋へ行ったら?」と言うと、和室へ入っていきました。

090305-46

リュウ、おやすみ。
今日はいい夢見られるかな?
リュウ、おやすみ。
明日はいい日にできるかな?




スポンサーサイト
  1. 2009/03/05(木) 23:07:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年3月6日金曜日 朝~夜 | ホーム | 2009年3月5日木曜日 朝~午後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/608-10cccea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。