つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2009年5月20日水曜日 朝~夜

新しいお友達いっぱい!

まゆです。こんにちは。

リュウ、なんだか眩しい顔。

090520-1

今朝は久し振りにタクシー会社のところでシマおじさんに会いました。
「最近はリュウちゃんがこっちに駆け寄ってくれるようになった」と、おじさんは嬉しそうでした。

090520-2

今朝は草むらには誰もいませんでした。
ぼんやり過ごしていると、そこへシュナちゃんがやってきました。

090520-3

シュナちゃんのお父さんが「リュウちゃんのお母さんにお願いがあるんだけど」と言いました。「やってもらいたいことがあるんだ」
「何かしら。私にできること?」と聞くと、シュナちゃんの耳掃除をしたいけれど暴れるので、お父さんが押えているから掃除をしてほしいということでした。
なーんだ、そんなことならお安い御用。
シュナちゃんの耳の中に洗浄液を入れて、ティッシュで吸い取りながら拭き取ります。
シュナちゃんのお父さんは乗せるのが上手で、「リュウちゃんのお母さん、上手だなー」「リュウちゃんのお母さん、こんなに丁寧にやってくれて」と褒めてくださるので、いい気分で耳掃除を完了。

そのあいだ、リュウはずっと座って待っていてくれました。

090520-4

お掃除が終わったのでリュウを繋いであった木からはずして、「リュウ、走ろうか!」と言うと大喜びになりました。

090520-5

走って走って、こんな顔に。

「がおー!」
090520-6

草むらを出て、小さい公園へ。

090520-7

丘から東屋の向こうを通って、石の橋を渡りました。

090520-8

そのまま今度は池へ。

090520-9

隅っこにいた鴨の夫婦にちょっかいをかけにいって、逃げられてしまいました。

090520-10

草むらに戻ってくると、パピヨンのピクちゃんがいました。

090520-11

しばらくするとスズちゃんもやってきました。
ピクちゃんとスズちゃんは仲良しのようでした。

090520-12

しばらくみんなと一緒に過ごして、それから思い思いの場所へ。
リュウは草むらの中をクンクンしてうんぴーを済ませると、遊歩道へ出てお水を飲みにいきました。

090520-13

家に帰ってくると和室の窓のところで腹這いになったリュウ。
風通しがよくて気持ちいいのかな?

090520-14

ごはんを食べ終えるとリビングの床に腹這いになりました。

090520-15

ここしばらくずっと髪を切りたいと思っていたのですが、なかなか美容院へ行く時間がありませんでした。
でも、今日はチャンス。電話をしていたらちょうどいい時間が空いているというので、お願いすることにしました。

2年ちょっとずっと伸ばしていたのですが、この陽気だし久し振りにバッサリやりたくなって、ロングだった髪をベリーショートにしてもらいました。
「リュウは私だってわかってくれるかしら・・・」なんていう心配は必要ありませんでした。

靴ガムをくわえながらお出迎えしてくれて、そのままちゅーもしようとしたけれどできず、かなりウロウロと戸惑っていました。

090520-16

やっぱりリュウの判断材料は音と匂いなのね。

「うん。すぐわかったですよ」
090520-17

夕方のお散歩は遊歩道ではなく、草むら駐車場へ行きました。

090520-18

今日はワン太くん公園コース。
・・・と思っていたら、駐車場を出たところでリュウは立ち止まって、しばらく考え込んでいました。

090520-19

そして歩き出したと思ったら、来た道を戻っていって、結局いつものタクシー会社の前の道に出てきました。
なんだ。やっぱり草むらコースなのね。

途中で行き会ったわんこさん。
柴犬の女の子でジョリちゃんというそうです。
お互い気になっていて、でもちゃんとご挨拶ができないというはにかみ屋さんでした。

090520-20

でも、やっぱり気になっていたらしく、リュウはガードレールを回りこんで、ジョリちゃんがいたあたりをクンクンと嗅ぎまくっていました。

090520-21

遊歩道に入って草むらの入口まで来ると、今度はゴールデンちゃんに会いました。
このわんこさんも初めて会うわんこさん。キャメロンちゃんだそうです。
ママさんと小学生の男の子と一緒に歩いていて、その男の子は少し前にうちのマンションの前でリュウを撫でようとして、吠えられてしまった3人組のひとりだと判明。リュウのことを覚えていてくれたのでした。

090520-22

さて、キャメロンちゃんと別れて草むらをクンクンしていると、クウちゃんがやってきました。
跳びつきそうな勢いでご挨拶に来たクウちゃんに、リュウはちょっぴり驚きの表情。

090520-23

草むらを出て、このところ定番になった小さい公園へ行きました。

090520-24

丘の脇のスロープを歩いていって、山の方へ向かいました。

090520-25

このところぱったりと山へは入らなくなっていたリュウでしたが、今日は入っていきました。
リュウとこの山を歩くの、とっても久し振りだよ。

090520-26

向こう側へ歩いていって、縁ギリギリの場所に立ったリュウは、下の道を覗き込んでいました。
しばらく覗いていると、シュナちゃんが通りかかったので「こんにちは!」と声を掛けたのですが、お父さんはしばらく私だとわからなかったようでした。
少し経ってから「やあ、リュウちゃんのお母さん、髪を切ったの?素敵な感じになったね」ですって。
褒め上手ですよね。

090520-27

山を下りてそのまま草むらへ戻ると、またまた新しいわんこさんに出会いました。
今度はボーダーコリーのフライちゃん。またしても女の子です。

090520-28

しばらく一緒にいると、シュナちゃんもやってきました。
シュナちゃんは大きいフライちゃんに、ちょっぴり吠えてしまっていました。

090520-29

フライちゃんが行ってしまうと、今度はシェルティーがやってきましたが、草むらの向こうの端を歩いていたので、ご挨拶はしませんでした。
シェルティーちゃんの方を見つめるシュナちゃんとリュウ。
後姿がかわいいなheart03

090520-30

今日、シュナちゃんはお父さんは息子さんの家族と、車で水天宮へ行ったそうです。
車に酔わないかと心配していたそうですが、全然平気だったって。
安産祈願に行かれたそうです。元気な赤ちゃんが生まれますように!

そんなお話しを聞いているあいだ、省エネ犬のリュウはすっかり寛いだ風に腹這いになっていました。

090520-31

さあ、そろそろ帰ろうか。
でも、その前にちょっと走ろう!

090520-32

帰ってくるとリュウは、和室の入口の風の通りが一番よくて涼しい場所に寝そべっていました。

090520-33

つよさんが帰ってくる気配がすると、玄関までお出迎えに行っていました。

090520-34

ところで今日はリュウのおじやがなくなってしまったので、新しいおじやを作ったのですが、なんと!そのおじやを半分くらい残しました。なぜ?
別に何か変わった食材を入れたりしていないのですが。
だからと言っていつもと全く同じというわけでもなく。だから飽きたというのとも違うと思うのですが。
なぜ、なぜ、なぜ???
つよさんが少し食べさせたりしていたようですが、やっぱりちょっぴり残っていました。

リュウはごはんそっちのけで、つよさんがお布団を敷くとなんちゃってトトロを持ち込んでかじって遊んでいました。

090520-35

3人でちょっぴりですが、トトロ遊びをしました。

090520-36

私はその後、納戸な仕事部屋に引っ込んでいたのですが、しばらく経って和室を覗くと・・・

オトコたち・・・
キミたちってば・・・
どうしてそんな、お布団からはみ出るようにして、片隅で寝てるのかね?

090520-37

つよさんの寝相にあいた口がふさがりませんでした。




スポンサーサイト
  1. 2009/05/20(水) 23:10:25|
  2. お友達の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年5月21日木曜日 朝~夜 | ホーム | 2009年5月19日火曜日 午後~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/699-284e6783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)