つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2009年5月29日金曜日 朝~夜

本屋さんでリュウを探す

まゆです。こんにちは。

今朝もリュウはお散歩に行こうとして、ハーネスをつけようとしているのに、まるでお散歩に行きたいない犬のようにクッションの上に腹這いになったまま固まっていました。
これ、毎回のことなんですよね。別にハーネスが嫌いというわけではないようだし、お散歩は大好きなのに、う~ん・・・なんででしょう???

090529-1

でも、ようやく出掛ける準備が整って、今日もそぼ降る雨の中お散歩に出発です。

090529-2

今日は昨日ともまた違うコースで、農家の前の道を通って遊歩道に向かいました。
でも、途中で家の前が草むらになっている家のある通りを曲がってしまったので、結局遊歩道は歩かず。

090529-3

草むらの家の前をクンクンするのが好きなリュウなのですが、今日は珍しく車が停まっていたので、クンクンは諦めた様子。素通りしていきました。

090529-4

大きい通りを渡るとサイクリング遊歩道。
最初は平行して走る普通の遊歩道の方を歩いていきました。

090529-5

でも、たいていいつもなのですが、途中でサイクリング遊歩道の方へ上がっていきます。
今日もそうでした。

090529-6

この少し先にリュウのうんぴー場所があります。
今日もそこでお腹すっきりになりました。

090529-7

雨は結構降っていて、川沿いの道に出たころには、リュウの顔はしみだらけになっていました。

090529-8

遊歩道を折り返すのはつまらないので、お砂場公園を通っていくことに。
公園に入ったとたんに、リュウはこんな笑顔になりました。

090529-9

そして、走ろう、走ろうと誘われたのですが、何しろ傘はさしているし長靴だしといった、身動きの取りにくい状況のうえに、この公園は小さいのにブランコやら滑り台やらお砂場やらがあって、走り回る場所が狭いんです。
私がもたもたと難儀しながら走っていたにも関わらず、リュウは愛想笑いなのかヘラヘラしながら、走るとは言えないスピードで公園の中を駆けていました。

090529-10

「リュウ、ここは走りにくいから、こっちで走ろうよ」と、走りながら公園を出て道に出たのですが、リュウはそのころにはすっかり走るのをやめてしまっていました。

ひょっとして、私に気を遣った?

駐車場が好きなリュウは、途中の駐車場に立ち寄っていました。

090529-11

そしてイタリアンレストランの駐車場を突っ切って、大きい通りに出ました。

090529-12

家に辿り着いたころには、こ~んなにしょぼい顔になってしまったリュウ・・・
なんか、顔を殴られたみたいだわね。

090529-13

でも、ブルブルっと2回やって、家に帰ってきてからタオルで拭いたら、いつものリュウに戻りました。
よかった、よかった。

090529-14

朝ごはんを食べながら新聞を読んでいたら、和室でリュウが遊んでいるような音がしました。
のぞいてみると、久し振りに靴型ガムを相手に、跳び付いたり跳び退いたりを繰り返していました。
そして、時々くわえては放り投げるのですが、もしかして「あそぼうぜ」って、靴型ガムに誘いをかけているのかな・・・?わからん。

090529-15

今日な何だかとってもくたびれていたので、お昼寝をしたのですが、起きたら足元でリュウも一緒に寝ていました。

090529-16

いかんいかん。やることがいっぱいあったんだわ。
納戸な仕事部屋に行ってパソコンに向かっていると、リュウも和室から移動してきました。

ところで今日は703号室のハハさまの書いた本の発売日だわ。
雨が降ってるけど、絶対に今日買いたいの。
リュウ、ちょっとだけお留守番、お願いしていい?

090529-17

そんなわけで夕方になって隣町の本屋さんへ出掛けました。
ハハさまから事前に「大きめの本屋さんへ行ってください」と言われていたので、私と相性のよい、一番よく行く本屋さんへ行ったら、なんとそこにはありませんでした。
「リュウの本、リュウの本、リュウはどこ?」
やっぱりありませんでした。

こんなことなら、もうこの本屋さんとは縁切りだわねっムカッ

次に行った本屋さんには検索コーナーがあったので、初めてお世話になってみました。
一発で出てきて「在庫有り」って!うれしー!!!
もう、これからはこっちに通うあるよ。考えてみたら、こっちの方が駅から近いし。

さっきのように、「リュウはどこ?」と探して、本はすぐに見つかりました。文芸書コーナーに平積みになっていて、森絵都さんの「君と一緒に生きよう」もすぐ近くにありました。

隣街からひと駅だけ電車に揺られるあいだに1章の途中までを読んで、矢も楯もたまらず駅の隣のカフェに飛び込んで続きを読みました。リュウに心の中で「30分だけ時間をちょうだい」ってお願いして。
読みながら涙が出て仕方ないのですが、そのまま泣きながら読んでいました。
ハハさまの文章には、何も格好つける必要なんてない、素の私をそのまま出していいんだって、なぜかそう思わせる力がありますね。

超マッハで2章まで読んで、それからページを飛ばしてリュウのところと最後の章を読んで、家に走って帰りました。
早くリュウに会いたかった。リュウに会って、力いっぱい抱きしめて、いっぱいいっぱい撫でたかった。

そんなことを思いつつも、途中で自分の本でもないのに、出版記念と称して焼き菓子のお店でタルトを買い、そこでお店をひとりで切り盛りしている女性に本の表紙を見せると、「あー!」とすぐにリュウだとわかってくれました。「私も買って読んでみます」って、嬉しいです。

家に帰った私に、リュウはキョトンと、ちょっとびっくりしたような顔をして撫でられていたのですが、私の気持ちが撫でれば撫でるほど手を伝ってリュウに流れ込んでいるような、そんな感覚を覚えるほど、どんどん笑顔になっていきました。

さあ、お散歩に行こう。リュウとお散歩、大好きだよ!

090529-18

私の嬉しい気持ちが移ったように、リュウもはしゃぎながらリードをくわえて歩いていました。

090529-19

そして、そのまま小走りに進んでいきました。

090529-20

リュウ、かわいいね。リュウ、どこでも好きなところへ行っていいよ。どこでもついていくよ。

ちょっとお留守番をさせてしまったし、大喜びで出たのでどこか少し遠いところへ行くと思っていたのに、リュウは草むら駐車場で少し過ごすと、しばらく考えてから元来た道を戻っていきました。

090529-21

リュウ、もうお散歩終わり?
ねえ、もっといっぱいお散歩してもいいんだよ。

090529-22

結局リュウがもういいというので、ほんの短いお散歩は終わり、玄関先で足を拭いていたらつよさんが帰ってきました。
さっそくつよさんにも、買ってきたばかりの本を見せました。

「にてるですか?」
090529-23

リュウがどういうわけか、本をベロベロ舐めようとして大変でしたよ。
自分のことが書いてあるってわかったのかなあ~。

食事のときには、つよさんに張り付いていました。
今日はチキンをソテーしたのですが、リュウは鶏肉にやたらと反応するんです。

追い駆けるのも、食べるのも好きなのね・・・

090529-24

食後にTVを観ていたつよさんの横で、なんちゃってトトロをかじって遊ぶリュウ。

090529-25

テーブルの上を片付けて、買ってきたタルトを食べました。
ハハさま、出版おめでとうございます!!!

090529-26

リュウ、「いいなー、ボクもほしいなー」って、私にもつよさんにもおねだり攻撃。

090529-27

でも、何ももらえないとわかると諦めて、クッションの上でまたトトロをかじっていました。

090529-28

食べ終えたつよさん、リュウを和室に呼んでトトロごっこをしてくれました。
つよさんが「用意」と言うと、つよさんの脇の方でお座りして、次に備えます。
そしてつよさんがトトロを壁にぶつけると、それを空中でキャッチ。
以前よりだいぶキャッチが上手になってきました。

090529-29

寝てしまったふたりを覗きにいくと、このところの私の呟きがわかったのか、リュウは私とつよさんのあいだに寝ていました。

090529-30

リュウ、何度も言うけれど、うちの子になってくれて、どうもありがとうね!
本当にありがとうね!

さっきは超マッハで読んでしまったので、また最初からゆっくりとページを開き、全部読み終えました。

本を読んで、よく生きていてくれたものだと、改めてつくづく思ったのでした。
そして、リュウと出会わせてくださったハハさまに、感謝の気持ちを新たにしたのでした。




スポンサーサイト
  1. 2009/05/29(金) 23:14:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年5月30日土曜日 朝~夜 | ホーム | 2009年5月28日木曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/710-fb02a9c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)