つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2009年6月14日日曜日 朝~夜

つよさんが帰ってきた!

まゆです。こんにちは。

お散歩へ行こうと家を出てから、外廊下のところでリュウが立ち止まったのでどうしたのかと思ったら、そこで一回大きな伸びをしました。

090614-1

今日もマンションの脇道を素通りしたから、草むらコースなのね。

090614-2

草むらがジャングル状態になっているのが嬉しいらしく、ニコニコになっていました。

090614-3

草むらから出て小さい公園へ向かう途中、郵便局通りを渡るところでトトくんに会いました。
相変わらずマイペースで愛想のないリュウ。

090614-4

そのまま、ろくにご挨拶もせずに小さい公園へ入っていってしまいました。

090614-5

ジャブジャブ池の向こうにロンちゃんがいるのが見えます。
リュウは丘の草むらに入っていきました。

090614-6

あとから小さい公園にやってきたトトくんと、今度はちゃんとご挨拶していました。

090614-7

ロンちゃんは東屋のベンチへ移動していました。
さっき来たシュナちゃんもお父さんと一緒にベンチに腰掛けていました。
リュウも東屋へ入っていくと、ロンちゃんのママさんが撫でてくださいました。

090614-8

ロンちゃんはシュナちゃんの方へ少しずつ近寄っていきました。

090614-9

ふたりでご挨拶。

090614-10

東屋のすぐ脇の丘の草むらで、ムクドリのような鳥が瀕死の状態で時々バタバタしていました。
みんなでこんなときにはどうしたらいいのかしらね、と話していたのですが、いい策が出ず。

あーだ、こーだと話していてふとリュウを見ると、すっかり退屈しきっていました。

090614-11

そろそろ帰ろうか。
立ち上がるとまた鼻が膨らみました。

090614-12

丘の草むらへ出ると大はしゃぎを始めたので、ちょっと走り始めたら、大喜びでパッカパッカと走り始めました。
丘の草むらを3~4往復しました。

090614-13

リュウが歩き出したので走るのをやめて、下の道に下りていくと、少し前からジャブジャブ池の脇で佇んでいたわんこに、リュウが興味を示し始めました。

090614-14

ミニチュアピンシャーのポッキーちゃん、まだ7ヶ月ですって。
「見た目がそのままなんで、ポッキーなんです」とパパさん。
ポッキーちゃんが遊ぼう、遊ぼうとリュウの方へ跳びつこうとするのを、パパさんがリードを引っ張って止めていました。
リュウはこういうちびわんはあまり得意ではないのですが、ちゃんとご挨拶ができました。

090614-15

そのままポッキーちゃんと別れて草むらへ戻ったリュウは、そこで草をむしゃむしゃと食べ始めました。

090614-16

ひょっとして・・・と思っていたら、やっぱり。
リュウ、そこでゲボをしてしまいました。

大丈夫?

「うん、まあまあね」
090614-17

でも、マンションの前に到着すると、ご褒美のおやつをおねだりする風な顔をしていたので、あげてみたらパクっと食べていました。大丈夫みたい。

ごはんも普通に食べて、食休みなのか畳の上で寝そべっていました。
その場所、風通しがいいのよね。

090614-18

でも、私が納戸な仕事部屋にいると、しばらくしてこちらにやってきました。

090614-19

今日は午後に友人のジャズの発表会があるので、聴きにいく予定になっていました。
4月にライブをやった友人で、7月の私とのミニミニライブで歌ってくれる人です。
彼女は峰純子さんという偉大なジャズボーカリストに師事していました。
峰先生が亡くなってからは、峰先生のバックでピアノを演奏していた森田さんに伴奏をお願いして、残ったお弟子さんの多くが自主レッスンを続けているのです。
今日はそのお弟子さんの有志10人の発表会です。

リュウには申し訳ないけれど、今日は早く帰ってくるからお留守番をお願いね。

実は昨日のお留守番のときに、リュウはきょろきょろと部屋の中を見回して、宝探し用のおやつを探している素振りを見せていました。
今日はそれほど長いお留守番ではないけれど、昨日の今日だし、宝探しも楽しみなのかな、と思って和室に紙コップに隠したおやつも用意していました。

納戸な仕事部屋にいたリュウをリビングに移動させると、リュウはすぐにおやつの気配に気づいたようです。

あっちを向いてクンクン
090614-21

こっちを向いてクンクン
090614-20

まずはクッションの上でおやつボールを渡しました。

090614-22

リュウはさっそくボールをかじり始めたけれど、大丈夫かな・・・汗

090614-23

友人の発表会、とってもよかったです。
みなさん、去年と比べてぐっと上達していて、自主練習なのにすごい!と。
いろいろな方とお話ししたのですが、「峰先生がいらっしゃらなくなって、みんな自立心が出たのかも」ということでした。
人間って意識が変わるといろいろが変わるんですね。改めてそう思いました。

感動して帰ってくると、既につよさんが旅行から帰ってきていました。
ちょうど今しがた到着したということで、さっそく3人でお散歩に出掛けることに。

090614-24

リュウは玄関を出ると、いつもの草むらとは逆方向に歩き出しました。
どこに行くつもりかな?

「ゆうほどう、いくですよ」
090614-25

遊歩道の入口あたりにきたところで、ポツ、ポツと雨が降り出しました。
リュウは遊歩道の植え込みに入り込んで、そこでクンクンするとお腹もすっきりさせました。

090614-26

ポツ、ポツだった雨、ポツポツの頻度が上がってきました。
この分だとじきにサーっとひと雨きそうな気配です。
本当なら大きい通りを渡ってサイクリング遊歩道へ行くところなのですが、今日は断念して大きい通りに沿って曲がりました。
リュウは時々つよさんを見上げながら歩いていました。

090614-27

イタリアンレストランの交差点のところで、リュウは道を渡ろうと思ったらしく、信号待ちをしていたのですが、やはりだんだん雨が激しくなってきたので「リュウ、ごめんね。今日は雨が降ってきちゃったから、おうちに帰ろう」とリュウに謝って帰ることに。

090614-28

それでもニコニコしているところが、リュウのいいところです。
そんなだから、余計に申し訳なくて。

リュウ、ごめんね。行かれるときにはどこまでも行くからね。

090614-29

家に帰ってきてもニコニコのリュウ。
久し振りにみんなで揃ってのお散歩が楽しかったのかもしれません。

090614-30

夕食後、つよさんのお土産の水饅頭を食べているときに、バスで配られたお菓子をテーブルに出してきました。
まるで子供の頃の遠足のおやつね。

090614-32

気配を察したリュウ、すぐにむくっと起き上がりました。

090614-31

そしてつよさんに張り付いていましたが、な~んにももらえませんでした。
今日はたくさんおやつを食べたしね!

090614-33

夜、つよさんがお布団を敷くのを手伝って、そのまま布団の上で旅行の話や峰純子さんの話などをしていたら、リュウが寝そべっていた私の脚にあごを乗せてきました。

090614-34

少しでも何かしら関わっていたいリュウ。
脚だったら重くないから、いつまでだってOKだよ!

本当はすぐにメールのお返事を書いたり、明日の仕事の準備をしたりと思っていたのですが、私はいつの間にやらこのまま寝てしまったようです。
夜中に私にペっタリとくっついてきたリュウの気配で目が覚めました。




スポンサーサイト
  1. 2009/06/14(日) 23:07:43|
  2. お友達の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年6月15日月曜日 朝~夜 | ホーム | 2009年6月13日土曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/729-3da3ddaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)