つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2009年6月22日月曜日 朝~夜

気を遣う犬

まゆです。こんにちは。

「ふぁー、きょうはどっちへいくですかね」
090622-1

昨日はひどいことになっていたカメラですが、今朝になってみたら普通に戻っていました。
中に入り込んだ水分が夜のあいだに蒸発してくれたようです。
このまま何事もなければいいのですが絵文字名を入力してください

今日もやっぱり草むらへ向かっていきました。

090622-2

おしっこをしては、蹴り飛ばし。

090622-3

草むらを小さい公園の方へ歩いていくと、ベンチに剪定の作業の方々が座っているのが見えました。
リュウはどうやらそちらが気になる様子。

090622-4

そろそろと近づいていきました。
クンクンしながら背後の方から忍び寄っていったリュウ。

気づいた作業員の方が振り返って「テツの匂いがするのかな?」と言いました。
ん?あれ?あー!
なあんだ、テッちゃんのお父さん!

090622-5

そういえば、昨日は小さい公園の方から歩いていらしたのを見て、「うーん、どこかで会ったことがあるような・・・。テッちゃんのお父さんにも似ているし、昔仕事で関わったホリプロのNさんにも似てる。まあ、似てるだけよね」なんて思っていたのでした。
テッちゃんのお父さんだったよ。

テッちゃんのお父さんはリュウを撫でると「おっ!この子、フカフカだね!」とびっくりしていました。
リュウは見た目ではよくわからないのですが、同じ大きさの子と比べると毛が細くて柔らかいので、撫でるとフカフカな感じがするんです。

リュウはテッちゃんのお父さんの向かい側に座っている人の方へも、クンクンと近寄っていきました。
「俺は猫の匂いがするかも」

090622-6

みなさんの休憩時間も終わり、リュウも草むらから小さい公園へ移動してきました。

090622-7

丘の草むらへ来ると、リュウは立ったまま動かなくなってしまいました。
時々あるんですよね。どっちへも行きたくなくて、その場でずっと立ったままっていうことが。

090622-8

しばらくしてようやく歩き出したリュウ、東屋の脇を通って山の入口へ行きました。
山に入る?入ってもいいよ。

090622-9

リュウは頭上をクンクンしていたのですが、そのまま石の橋の方へ歩き出しました。

山へは行かないの?

「きょうはいかないですよ」
090622-10

珍しく脇の門から出て、草むらへも寄らずに郵便局通りを歩いていきました。

090622-11

凛ちゃん通りの角のところで、やはりお散歩帰りのトトくんと会いました。
トトくんも同じ通り沿いに住んでいるのよね。

090622-12

トトくんはおうちが見えるとダッシュをしていきました。
あとからゆっくり、トトくんのマンションの前まで来たリュウは、入口をクンクン、クンクンとしばらく嗅いでいました。

「ここ、トトくんのおうち?」
090622-13

そうよ。トトくんのおうちよ。

「ふーん。どこのおへやだろう?」
090622-14

タクシー会社の前の通りを歩いていると、後ろから「リュウくん!」と声を掛けられました。
見るとロンちゃんのママさんでした。
これからお仕事ね。行ってらっしゃい。

090622-15

月曜日はどうしても前日の疲れを引きずってしまうのですが、今日は潔くお昼寝をすることにしました。
リュウも私に付き合って、一緒にお昼寝をしてくれました。

目覚ましが鳴ったので起きて納戸な仕事部屋に行くと、リュウもやってきてクッションの上に腹這いになりました。

090622-16

そのうち実家の母から電話が掛かってきて話し込んでいると、リュウはそのまま寝てしまいました。
クッションの端が少し折れ曲がったところを枕のようにしていました。

090622-17

つよさんが帰ってきたので電話終了!
ずいぶん長電話をしちゃったわ!いけない、いけない。

リュウ、遅くなってごめんね。お散歩に行こう。

090622-18

草むらに向かって歩いていると、道の反対側をゴールデンを連れたきょうだいが向こうからやってきました。
「こんばんは!」とお互い挨拶をしてすれ違おうとすると、「えっと・・・リョウじゃなくて・・・リュウ?リュウだ!」と連れていた女の子が言って、それから「キャメロンです」と言いました。
ああ、キャメロン!わからなかったわ・・・と思っていたら「毛を切っちゃってラブラドールみたいになっちゃったから、わからないですよね」と。

090622-19

あら、本当だわ。ラブラドールみたい。わからなかったわけだわ。

しばらく話をして、男の子が小学校2年生、お姉ちゃんの方が高校1年生で弓道をやっているということがわかりました。
とっても素直で仲良しのきょうだいで、いつもこうして一緒にお散歩していてかわいいなあ。
どんな風に育てていらっしゃるのか・・・そういえばママさんは気さくな明るい感じの方だった気がします。

キャメロンと別れて草むらへ。

090622-20

リュウはクンクンしながら歩き回ってうんぴーをしました。

090622-21

暗かったせいか、草むらではそれほど長居せずに帰ると言い出しました。
つよさんも帰ってきているしね。

なのですが、道の途中で立ち止まって、上をクンクンしたりあっちを向いたりこっちを見たりして、しばらく立ち止まってしまったリュウ。

090622-22

「どうしたの?」と聞くと、しばらくしてようやくまた何事もなかったかのように歩き出しました。
マンションの玄関ポーチでふとリュウを見ると、鼻の周りが膨らんでいました。
なぜ?

090622-23

夕食のときには、つよさんの足元でずっと寝そべっていたリュウ。

090622-24

その後も昔のミュージカル映画を観ていたつよさんと一緒にリビングで過ごしていたのですが、そのうちのっそりと納戸な仕事部屋に入ってきました。

私がひとりで淋しいって思ったの?大丈夫だよ。

090622-25

小一時間、私の脇で寝そべって、またのっそりと立ち上がって、今度はリビングのソファの上へ。

090622-26

なんだか気を遣いまくっているような・・・?

つよさんが和室へ行くと、リュウも一緒に入っていきました。
私が覗くと・・・

「なんですか?」
090622-27

「なんだ・・・しゃしんか」
090622-28

今日は私の場所を空けてくれていたリュウなのでした。
さんきゅ~heart0




スポンサーサイト
  1. 2009/06/22(月) 23:38:24|
  2. お散歩の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年6月23日火曜日 朝~夜 | ホーム | 2009年6月21日日曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/737-e36e5512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)