つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年7月25日土曜日 朝~夜

シュナちゃん邸訪問

まゆです。こんにちは。

つよさんも私も起きたあとのお布団で、リュウはいつの間にかど真ん中にきて寝ていました。

090725-1

今朝も元気にお散歩に出発!
タクシー会社のところで、シマおじさんとご挨拶。

090725-2

でも、どうやらリュウはうんぴーのことしか頭になかったらしく、ちょこっとご挨拶をすると一目散に遊歩道へ向かっていきました。

090725-3

今朝の蹴り飛ばしはいつにも増して派手汗
雨が続いていた地面は柔らかく、かなり掘り返してしまったみたい。

090725-4

リュウはうんぴーをしたあとも、草むらでしばらくクンクンしていました。

090725-5

今日は珍しくタクシー会社の道へは戻らず、郵便局通りから帰ると言い出しました。
途中、畑のあいだの道をちょっと入った電柱でクンクンをしたリュウは、前方にフクちゃんが歩いていくのに気づいた様子。
私に「フクちゃんのところへ行こう!」と促されたのだけれど、その先のバス通りがやはり嫌な様子で、立ち止まってじっと見るばかり。

090725-6

結局、道を引き返して郵便局通りに戻りました。
すると前方からベルちゃんがやってきました。
ベルちゃん、久し振り~!

090725-7

ベルちゃんのママさんに、ハハさまの本の話をすると、興味を持ってくださいました。
「そういう内容の本なら、リュウちゃんが出ていなくても読みたいわ」と。
保護犬の話など、あまりご存知なかったようで、「現実を知らないとだわね」とおっしゃってくださいました。

090725-8

ベルちゃんもリュウと同じくちょっぴり怖がり屋さん。
普段、他のわんこさんだとどんどん逃げていってしまうのだそうですが、「リュウちゃんとだと自然体だわ」とママさん。
それは嬉しいね。

090725-9

ベルちゃんとバイバイしてすぐに、小さい公園の方からシュナちゃんがやってきました。
シュナちゃんもお散歩を終えて帰る途中のようです。
一緒に歩き出しました。

090725-10

いつもなら家の前の通りで曲がるのですが、今日のリュウはどうしたわけか、シュナちゃんと一緒にまっすぐ行こうとします。
そんなわけで、しばらく仲良く一緒にお散歩をすることにしました。

090725-11

途中のポケット広場の花壇には、小さなお花がたくさん咲いていました。
原っぱ駐車場に咲いているお花と同じような気がするのですが・・・

090725-12

ポケット広場の先の角を曲がろうとしたところで、リュウの好きなおじさんに行き会いました。
おじさんはこれからお散歩に出掛けるところのようです。

090725-13

昨日、一昨日とシュナちゃんの家の玄関先に大きな蛙が出現したとかで、蛙が大の苦手のシュナパパさんはほうきとちりとりで蛙を捕獲して、川っぺりで放したそうなのですが、リュウの好きなおじさんは「俺は蛙は平気なんだ。こんなでっかいガマ蛙も素手で掴んじゃうよ。でも、俺は虫がダメなんだ~」と言いました。
シュナちゃんのパパさん、「俺は虫は平気だなあ」と言い、「それじゃあ、お互いの家で苦手なのが出たら、呼び合えばいいんですよ」なんていう話に落ち着きました。
おふたりは年齢も1歳しか違わないのですが、おうちもすぐ近くなんだそうです。

そんな話のあいだ、大人しく待っていたシュナちゃんとリュウ。

090725-14

そこへ、シュナちゃんとお友達らしき別のシュナウザーがやってきました。
リュウ、ちょこっとだけですが、ご挨拶ができました。

090725-15

さて、角を曲がって、すぐの角をまた曲がると、シュナちゃんのパパさんが「ここがうち」と、外壁を塗り替えたばかりのような白い綺麗なおうちを指差しました。
家の前まできて、「シュナちゃん、じゃあね」と言うと「いや、ちょっとおいでよ」とパパさん。
お言葉に甘えてお庭訪問をさせていただきました。

お庭に入るなり、クンクン、クンクンと植木を渡り歩いて匂いを嗅ぎまわったリュウ。
「そこはダメよ」と言うと、シュナちゃんのパパさんが「おしっこだったらいいよ」と言いました。
「いえいえ、匂いが残りますから」「いや、いいんだよ」な~んて話しているうちに、リュウがシャーっとおしっこをしてしまいました・・・落ち込み
シュナちゃんのおうちもテリトリーにしちゃったわけね汗

090725-16

丸く綺麗に刈り取られたサツキは、パパさんがご自身でなさるそうです。
シュナちゃんのトリミングもやってしまうパパさんだものね。

シュナちゃんはおうちの敷地の中で、すっかり寛いだ様子。

090725-17

「ボクもここのおうちがいいなーラブリィハート
090725-18

お礼を述べて門から外へ出ると、シュナちゃんがお見送りに出てきてくれました。

「ここ、あたしんちだからね」「う・・・うん汗
090725-19

シュナちゃんのおうちからうちまでは、すぐの角を曲がってまっすぐ行けばすぐです。
その途中の角地に出窓のあるおうちがあって、今はこんな飾りつけがされています。

090725-20

もうひとつの窓の方はもっと楽しい感じなのですが、それはまたの機会にご紹介します。
なにせ、よそさまのお宅の窓なので、写真を撮るにも勇気がいります汗

いつもよりのんびりのお散歩を終えて、マンションの入口の到着しました。

「おもしろかったですよー」
090725-21

今日は新しい仕事の依頼がきたので、朝ごはんのあとは仕事部屋にこもっていたのですが、2度も宅急便がきました。
そのたびにリビングにすっ飛んでいって、ソワソワするリュウ。

090725-22

でも、それ以外は退屈な時間が続きました。

090725-23

夕方になって、今日はいつもより少しだけ早めにお散歩に出ることにしました。

090725-24

いつも匂いを嗅ぐだけで、結局マーキングはしない塀。
今日もでした。

090725-25

途中のマンションのお庭では、今日も我がもの顔。

090725-26

草むらには誰もおらず、静かな時間が流れていました。

090725-27

今日は小さい公園まで足を延ばしてみました。
丘の草むらで、またしても派手な蹴り飛ばし汗

090725-28

丘の草むらにはシェパードのハクちゃんと、小学生くらいの男の子が来ていました。
ハクちゃんはまだ子犬で遊びたい盛り。リュウの方へ勢いよく行こうとするのを、お父さんに止められていました。
男の子はハクちゃんのおうちの子かな?リュウの方へも近寄ってきましたが、挨拶をしながらもきちんと距離を置いてくれたので、リュウも興奮せうせずに普通にしていました。

090725-29

リュウは丘の草むらでうんぴーをして、ゆっくりと草むらの方へ戻っていきました。

090725-30

もう一度草むらの中をクンクンしながら歩いて、今度こそ帰ることに。

090725-31

リュウ、なぜか期待満々の表情でこちらを見上げています。

090725-32

ロビーの中に入っていくと、同じマンションに住むチワワのぶっちゃんと行き会いました。
今日は妹さんが連れていらしたのだけれど、バッグの中にちょこんと納まっていたので、最初はぶっちゃんがいるのに気づかなかったくらい。

090725-33

少し話をしていたら、別の住人のおばさまが通りかかって、リュウに「綺麗な子ね!」と言ってくださいました。

家に帰って夕飯の支度をしていると、すぐにつよさんが帰ってきました。
いつもより1時間ほど早いお帰りです。
早めにお散歩に行っておいてよかった。

明日は一日外での仕事で朝も早いので、私も早めに寝ようと寝室へ行くと・・・
お布団の片隅に寝るつよさんの横で、お布団を横断するように寝そべるリュウの姿。

090725-34

私の場所がないのだが~
と、ちょっと淋しい気持ちになりました。





スポンサーサイト
  1. 2009/07/25(土) 23:18:17|
  2. スペシャルお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年7月26日日曜日 朝~夜 | ホーム | 2009年7月24日金曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/781-04716088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。