つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年7月29日水曜日 朝~夜

まゆのワガママ

まゆです。こんにちは。

今朝は珍しくつよさんが朝のシャワーを浴びていました。
寝ているあいだにたくさん汗をかいてしまったうえに、いつもは車で行く仕事場に、今日は電車で行かなければならないとあって、慌てて浴びたようです。

つよさんがシャワーを浴びているあいだ、リビングのドアの前で待っていたリュウ。

090729-1

こうなっちゃうと、つよさんが部屋に入ってこない限り動こうとしません。
つよさんが出てくると、つよさんのあとをつけ回していました。

090729-2

ようやくお散歩に出たものの、まだ家にいるつよさんが気になって仕方ない様子。

090729-3

それでもなんとか出発することができました。
タクシー会社の前の道を草むらに向かってGO!

090729-4

ところが、草むらへまっすぐには行かず、凛ちゃん通りを曲がってしまいました。
既にお散歩を終えたらしい凛ちゃんが、窓から外を眺めていました。

090729-5

リュウは凛ちゃんの家の前で鼻を鳴らして立ち止まったのですが、「凛ちゃんはもうお散歩に行っちゃったと思うよ」と言うと、再び歩き始めました。

すると郵便局通りで、草むらの方からこちらへ歩いてくる犬が見えてきました。
まだ遠くにいるときには「シーズー?」と思っていたのですが、近くまでくるとトトくんでした。

リュウとトトくん、お互いに興味があるようなないような、なんとも言えない雰囲気でした。

090729-6

トトくんと別れて遊歩道に到着しました。

090729-7

草むらにいると、すぐさまジョンくんがやってきました。
ジョンくんは1歳に見たないちびワン「なのですが、ちびワンがあまり得意でないリュウが相手をする、少ないなかのひとりです。

090729-8

ジョンくんのママさんが、「リュウくん、小顔ですね~。いいなあ。ジョンはなんだか最近、顔が長くなってきちゃって・・・」と言いながら、リュウのことをいっぱい撫でてくださいました。

090729-9

そのとき、リュウが突然すごい勢いで吠え始めました。
見ると、以前にも行き会って猛烈に吠え掛かってしまったコッカーくん。
私はおやつをかざしながら「リュウ!いいのよ。リュウ!」と何度も呼びました。
するとリュウはようやくおやつに気づいた様子で、トコトコとこちらにやってきて、すっかり吠えるのを忘れてしまったようでした。

リュウはコッカーくんの方へ駆け寄っていったジョンくんと、コッカーくんとのやり取りが気になる様子でずっと振り返って見ていました。

090729-10

今朝のお散歩は、ジョンくんといっぱいお話しできてよかったね!

090729-11

でも、昨日の夕方のお散歩時に、ジョンくんにとってはショックなことがあったそうです。
ジョンくんが大きい公園でお嬢さんに連れられてお散歩に行ったときに、誤って手からリードが離れてしまったそうです。
そして、一目散に別のわんこさんの方へ駆け寄っていくと、その犬の飼い主の男性が「リードを放したら、ダメじゃないか!」とお嬢さんたちを叱ったそうです。
そして、なんと!あろうことか、お嬢さんが「ごめんなさい」と言うと、いきなりジョンくんを蹴飛ばしたというのです。

なんてオヤジだ!

犬が嫌いな人だったならともかく、ご自分でも犬を飼っているというのに、しかもジョンくんは何も悪くないのに、その犬を蹴飛ばす人の神経がわかりません。
いや、ほんと、そのオヤジは相手が私でなくてよかったと思わねばなりません。
私だったら、間違いなくそのオヤジを蹴飛ばしていたところです。

でも、ジョンくんは大切にかわいがられているから、そんなオヤジに蹴られたからって、人嫌いになったりはしないよね。

家に帰ってきたリュウは、まだ家にいてTVを観ていたつよさんの膝にあごを載せて、まったりと朝のひと時を過ごしていました。

090729-12

つよさんが出掛けてしまうと、リュウは和室に移動して、そこで寝そべっていました。

090729-13

そんな最中にピンポーンと玄関チャイムの音。
つよさんがお世話になっている保険の担当者の方でした。
インターフォン越しにお話しをして用件は済んだのですが、リュウは飛び起きてきてすぐさまリビングのドアの前を陣取っていました。

090729-14

「お客さまね、もう帰ったのよ」と言ったのだけれど、それがわかるまで5分ほどかかったようです。

さて、今日はイレギュラーなスケジュールですが、午後から海岸オフィスに行くことになっていました。
久し振りにS氏も来られるということで、いよいよ今手掛け始めている新しいプロジェクトを、本格始動させるための打合せがあるのです。

リュウ、お留守番になっちゃってごめんね。

今日は特別な時しかもらえない、鶏の胸肉ジャーキーがご褒美おやつ。

「くださいですよ」
090729-15

夜になって帰宅すると、リュウがなんちゃってトトロをくわえて、ドアを開けたとたんに飛び出してきました。

090729-16

すっかり遅くなっちゃったけれど、お散歩に行こう!

リュウ、鼻の周りが膨らんでいますねえ。

090729-17

ところでこんなに暗くなってからの草むら方面は、非常に危険です。
だって、無数の蛙がいるんですもの。
どうしてもそれが怖くて仕方なかった私は、マンションの入口を出ると、いつもとは逆方向に何気なく歩いてみました。
リュウは抵抗もせずにくっついてきました。

そして、遊歩道まで来ると、草むら方面に向かっていこうとしたところを、「リュウ、こっちに行こう」と反対方向へ歩き出すと、今度も大人しくくっついてきました。

ところが、ところがです。
遊歩道を少し歩いたところで、リュウが立ち止まって草むら方面を振り返ってしまいました。
やはりあちらへ行きたい様子。

090729-18

でも、どうしても蛙の恐怖に直面したくなかった私は、半べそをかきながらリュウに「リュウ、あっちに行くのはやめようよ。蛙がべトン、べトンっていっぱいいるんだよ。踏んじゃうよ。蛙がいっぱいいるのは、苦手なんだ」と訴えると、仕方ないという様子でまた歩いてくれました。

090729-19

でも、途中で平行して走る道が見えたところで、リュウがそちらへ行きたがっていたので、私もここは妥協して遊歩道からはずれて、平行している道の方へ行きました。

090729-20

さっき歩いてきた農家の前の道に戻ると、家の方へ歩いて行ったのですが、リュウはまだうんぴーをしていません。
このあたりでリュウがうんぴーをする可能性があるとすると・・・
草むらの家!
次の角で曲がって、草むらの家に向かいました。

ところが、この家は人が住んでいるようなのですが、昼間でも何だかひっそりとして、あまり人の気配を感じません。
夜になってここへ来るのは初めてだったのですが、1箇所だけ電気のついている部屋があり、やはりひっそりとしています。
リュウも私と同じような感覚を抱いた様子で、何か違う、と思ったのでしょう。いつもならクンクンする場所でもクンクンもせずに、早々に立ち去っていきました。

090729-21

結局、うんぴーもしないままに帰ってきちゃったね・・・
リュウ、ごめん。本当にごめん・・・涙

蛙ごときに怯えるなんて、自分で自分が嫌になりました。

リュウは玄関ポーチの匂いをしきりと嗅いでいました。
つよさんが帰ってきたか、チェックをしているみたいでした。

090729-22

結局つよさんが帰ってきたのは、それから2時間近くも経ってからでした。
今日は電車が人身事故の影響でダイヤが乱れていて、私が帰ってくるときにも信じられないくらいの混みようだったのですが、つよさんが帰ってきた時間にも相変わらず混んでいたようです。
普段電車に乗り慣れないつよさんは、クタクタになって帰ってきました。

090729-23

食事のあいだ、ずっとつよさんに張り付いていたリュウ。

090729-24

でも、今日という今日は何にも貰えませんでした。

ちょっと、いえ、かなりガッカリな様子のリュウ。

090729-25

でも、お布団に入ったつよさんの腕をいっぱい舐めて、溜飲を下げたようです。

090729-26

これからしばらく、夜のお散歩の蛙対策を真剣に練らねば・・・
ちょっと頭を抱えている私なのでした。




スポンサーサイト
  1. 2009/07/29(水) 23:44:20|
  2. お散歩の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年7月30日木曜日 朝~夜 | ホーム | 2009年7月28日火曜日 朝~夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/785-d8cd1a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。