つよ・まゆ・リュウのきょうもぽかぽか

土手出身のリュウとその家族のおとぼけな毎日

2008年6月30日 朝~昼

親バカ宣言

まゆです。こんにちは。

朝、ものすごい土砂降りの音がしていたのですが、お散歩に行く頃にはあがっていました。
お散歩のときに傘をさすのはとても邪魔なので、レインブーツの次にはレインコートとレインハットを揃えたくなっている私。傘を置いて行けるというのは、とっても嬉しい。

「ねえ、ねえ。おさんぽに行こうよ」
080630-1


そうでした、そうでした。お散歩ね。

いつもの遊歩道は、ひどい水溜りでした。
リュウが我が家に来たばかりの頃は、雨がたくさん降ったあとは、遊歩道がこんな風になるなんて知らなかったので、ひどい目に遭ったこともありましたが、今はもうレインブーツがあるのでへっちゃら。

リュウは、なにやら、丹念に匂いを嗅いでいました。
080630-2


昨日、小さな公園の池には入れなかったリュウですが、水溜りは平気な様子。
匂いを追うのに夢中になっていました。

「なんか、気になるにおいがするな~」
080630-3


いつものように遊歩道から小さな公園に入って行こうとしたら、リュウが嫌だと言うので、凛ちゃん公園へ向かいました。

途中で出会った豆柴くん。
リュウ、上手にご挨拶ができました。
080630-4


リュウは、前に比べて、ずいぶんとがんばって社交的になってきたね。

凛ちゃん公園その1は花壇があって、いろいろな花が咲いています。
普段は花より団子のリュウだけれど、雨上がりで花が匂い立つのか、今日はクンクンと花の匂いをたくさん嗅いでいました。

「この花はおいしそうだな」
080630-5


う~ん・・・やっぱり花より団子か・・・

「においしかわからないよ~!どんなお花?」
080630-6


と思ったのかどうか・・・
花壇と花壇のあいだに、所々ベンチになっているところがあるのですが、そこへよじ登ろうとしていました。

「ここに乗ったら、お花が見えるよね」
080630-7


でも、リュウはちょっと考えて、ベンチに乗るのはやめにしたようでした。
凛ちゃん公園その2へも寄って、用を足しての帰り道。

「雨がやんで、よかったね♪」
080630-8


お~!リュウが久々にお散歩中にいい笑顔でこちらを向いてくれましたよ。
このところずっと、散歩中は撮影拒否状態でしたから、これはかなり嬉しいことです。

さて、今日から新しく依頼のあった仕事に取り掛かり始めました。
リュウも、納戸な仕事部屋に入ってきて、いつものように私に付き合うつもりの様子。
でも、最初のうち、落ち着きなく、ずっと突っ立ったままでした。

リュウ、どうしたの?
この部屋じゃなくて、リビングにいてもいいのよ。
リュウが好きな場所にいて、いいのよ。

「どこにしようか、今かんがえてるの」
080630-9


仕事はいつもに比べてかなり大型のものなので、じっくりと考えながら進めていかないといけません。集中力が必要ですが、あまりに大型なので、集中力が途切れがちになります。
途切れそうになると、リュウを見ます。

いつの間にかクッションの上に落ち着いていました。
080630-10


しばらく仕事に没頭して、ふとリュウの方に目を向けると、あれ?いない・・・
リビングを覗いたら、いました、いました。

まん丸になって寝ていたのだけれど、私の気配を感じて、ほんの少し薄目をあけた様子。

080630-11


この姿を見るだけで、心の中がすっとします。
近寄っていくと、リュウは今度はしっかり起きて顔を上げて、リュウを撫でていた私の手をペロペロと舐めました。

080630-12


エネルギーチャージ、おしまい!
さ、仕事の続き!

納戸な仕事部屋に戻ってしばらくすると、そ~っと気配を消したように静かに、リュウが部屋に入ってきました。
時々、部屋を出て行ったのも入ってきたのも、気づかないくらいのときがあります。

しばらく遊んでいたボールを放り出して、居眠りを始めたリュウ。
080630-13


ボールが3つ、きれいに並んでいて、なんだかかわいいね。

少ししてまた見ると、今度は向きが変わっていました。
リュウは寝ている最中に突然立ち上がって、くるくるとクッションの上で回って、向きを変えたりします。

かわいい寝姿heart0
080630-14


親バカですね。
このブログ自体が、親バカの成せる技。(技ってほどのこともないですが汗
でも、リュウが我が家に来てこのブログを始めて1ヶ月ちょっと、今でもこのブログに遊びに来てくださっている方々は、きっとこの親バカを暖かい目で見守ってくださっている方々ばかりだと思い、
また、私が「リュウ、かわいい!」と思う部分にも、共感してくださっている方々が多いのでは、と思い、
今さらながらですが、ここに親バカ宣言をします!
言わなくても、わかってるって!と突っ込みを受けそうですが。
でも、ほら。夕日に向かって、好きな子の名前を叫ぶ、みたいな、あんな感覚でしょうか?
時々、声を大にして、言ってみたい愚かなことって、ありませんか?
大人になって、叫びたくなるようなことなんて、もうなくなったような気になっていたけれど・・・

そんな思いを、リュウに呼び戻されてしまった、今日このごろの私です。



スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 13:36:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年6月30日 夕方~夜 | ホーム | 2008年6月29日 夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryu020303.blog19.fc2.com/tb.php/86-4df00e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)